銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で7周年。2400作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

メランコリア

2012年11月01日 17時04分24秒 | 洋画ドラマ
MELANCHOLIA/11年/デンマーク・スウェーデン・仏・独/135分/SFドラマ/劇場公開(2012/02/17)
-監督-
ラース・フォン・トリアー
『アンチクライスト』
-脚本-
ラース・フォン・トリアー

-出演-
キルステン・ダンスト『スパイダーマン3』・・・ジャスティン
シャルロット・ゲンズブール『アンチクライスト』・・・クレア
アレキサンダー・スカルスガルド『バトルシップ』・・・マイケル
ブラディ・コーベット『ファニーゲーム U.S.A.』・・・ティム
キャメロン・スパー・・・レオ
シャーロット・ランプリング『バビロン A.D.』・・・ギャビー
イェスパー・クリステンセン『007/慰めの報酬』・・・リトル・ファーザー
ジョン・ハート『インモータルズ -神々の戦い-』・・・デクスター
ステラン・スカルスガルド『ドラゴン・タトゥーの女』・・・ジャック
ウド・キア『G.I.フォース』・・・ウェディング・プランナー
キーファー・サザーランド『ミラーズ』・・・ジョン
<ストーリー>
惑星衝突という“世界の終わり”に直面した姉妹を中心に、壮大なストーリーが展開する。

世界が終わる。
その衝撃の瞬間をあなたは目撃する――。


<感想>

二部構成の作品なんだけれども、これ第一部いる?
披露宴をダラダラ流しているだけやん。
(その前に車の移動だけでどれだけ尺取ってるねん。)
しかもだな、自分の披露宴なのに丸でやる気なしのジャスティン。
わがままし放題、やりたい放題で、どんだけ出席者に迷惑かけんねんて、すっげぇ苛々してくるんだが。
娘が娘なら親も似たり寄ったりで
(あ、逆か。親がこんなんだから娘が情緒不安定になっちまうのか。どっちでもええけど)
「身内の結婚式なんて糞喰らえ!」
なんてな言葉をスピーチで発言して、挙句勝手に披露宴抜け出して用意された部屋の風呂に入っている母親。
親父は何処かアホっぽいし。
そうこうしている内になんかしらんが披露宴後に新婚夫婦別れていますけれども。

どないなっとんねんこの娘、この親。

なんで姉ちゃんだけはまともなんやろね。

んで第二部が始まった途端

ジャスティン急にどうした!?

みたく第一部にあった明るさは何処行ったのか、完璧までの躁鬱状態に陥っていてビックリしたわ。

展開が意味不明にコロコロと変わりすぎやて。

惑星メランコリアが地球に衝突するのかしないのかを姉ちゃん視点で描いた第二部はそこそこに良い感じで観れたので、未見の方でこれから観てみようと思ったら第一部すっ飛ばしていきなり第二部から観てもなんら問題ないかと思います。

ラストシーンはかなり衝撃的な画になっていて自分的には見入っちゃうものはありました。
冒頭のスローモーション垂れ流し含め映像は凝っています。
しかしストーリーはラース・フォン・トリアー監督らしい鑑賞者側もブルーになりそうな程に陰湿で救いようがないので要注意かと。
「観るんじゃなかった・・・」と思いたい方は是非どうぞ。

オフィシャル・サイト(英語)
オフィシャル・サイト(日本語)

評価:★★☆
12/11/01DVD鑑賞(旧作)

にほんブログ村
レンタル開始日:2012-08-03
メーカー:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

ここからは未成年は閲覧禁止だよ。
おっぱい観たけりゃ大人になれ!
























【キルステン・ダンストのヌード展】へようこそ

全裸でメランコリアの光を浴びながら恍惚の表情を浮かべるジャスティン。
お顔があれなんで全然萌えません。
ただ形大きさだけは一丁前によろしい。
ムラムラ度(1/5)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 51 【フィフティ・ワン】 | トップ | シャーク・ナイト »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じくでした (ミス・マープル)
2012-11-01 17:16:03
レビューの中には、素晴らしい世界観と書いている方もいて、これはわたしのオツムの弱さで理解できないのかと落ち込んでおりました。
そうです。こんな陰気な映画なんてありえなせんわ!
ジャスティンのイカレ具合もよろしくないし、なぜに庭で全裸になるんだろう。
わたしもこの顔は嫌いです。色気があるのはお胸だけと拝見しました(^_^;)
唯一まともに見えたお姉ちゃんもやっぱりねえ。
なんでこんな陰気な映画を作るんでしょうか。
と陰気になる映画でした。
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2012-11-01 18:03:19
こんばんは!
早速のコメント有難うございます。

わたしも先ほど色んなブロガーさんのレヴューを読ませて頂いたのですが、殆どの方が絶賛されていました。

あれ?じゃあわたしくらいなもんか、こんな評価しているのは

と思っていましたが、マープルさんも同じでしたか^^

なんでしょうね、これ。
ほんとすべてに暗さを感じさせますし、観ていてもちっとも心に響いてきませんし。
第二部みたく普通に世界終焉を描いた作品じゃダメだったんでしょうか。
第一部がほんと観ていて辛かったですよ、色んな意味で。
トリアー監督が (morkohsonimap )
2012-11-01 22:57:28
鬱病治療中に書かれた脚本だそうで、

私も鬱病と診断されたことがありますけど
確かに第1章はイラっと来ました

ま、ダンストのオッパイしか見所ない映画だった

ってか、劇場の上映システムがBlu-ray上映だけに
これなら家で寝っころがって見てる方が

>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2012-11-01 23:39:19
こんばんは。
コメント&TB有難うございます。

トリアー監督の実体験をそのまま映像に移し替えた感じなのでしょうか。
周りの人の影響により鬱状態に陥っていく様を第一章では描きたかったのでしょうが、自分としてはイラッとするものしか感じられませんでした。

ダンストは顔が・・・ねぇ。
某ミュージシャンが女装した感じで全然色気を感じません。
こんばんは~☆ (Puff)
2012-11-05 00:02:17
えへへ…
私も第一章は絶賛したでありますが、
確かに無駄に長かったですね。
これはある意味、第二章を引き立てる為の試練かも知れません(笑)
ウチでも書きましたが、ステラン様の親子初共演が見れて舞い上がる位嬉しかったです。キャッ

トリアー監督、観客を鬱にさせる為に作ったのではないかと思えちゃったり。
映画の中で全世界の人々を道連れに、死を、、なんてね。ハハ

ところで、
>某ミュージシャンが女装した感じで
ヒントを教えて下さい!考えてしまって眠れません!
>Puffちんへ (ヒロ之)
2012-11-05 20:48:26
こんばんは!

Puffちんには申し訳ないのですが、第一章はほんと退屈で何度早送りしようかと思ったことか
Puffちんみたく何かに夢中になれる要素があればまだ腰を下ろして見れたのかもしれませんが、ちょっと私には苦痛な第一章ではありました。

トリアー監督の作品はどれも(といっても『アンチクライスト』くらいしか観てませんが)、観客をどんよりさせるようなものばかりですね。
こういう世界観が好きな人は楽しめるんだろうなとは思いますが、やっぱ凹む映画よりもハッピーになれる映画の方がボクは好きだなぁ。
(だったら観るなよって話でしょうが、映画好きなら何でも見ないとねぇ・・・って矛盾してますか?^^;)

ヒントというよりも答えなんですが、私の好きなミュージシャンにスマッシング・パンプキンズというオルタナティブバンドでフロントマンのビリー・コーガンという人物がいるのですが、彼がカツラをつけて女装するとこういう感じになるなぁって何時も思っているんですよ。多分私だけでしょうけど、そんな事思っているのは笑

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
メランコリア (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:SF映画 一般 「メランコリア」原題:melancholia監督:ラース・フォン・トリアー2011年   デンマーク=フランス=イタリア=スウェーデン=ドイツ映画        135分キャスト:キルステン・ダンストン     キーファー・サザ...
ある終末の詩~『メランコリア』 (真紅のthinkingdays)
 MELANCHOLIA  豪華な披露宴の主役として、幸せいっぱいなはずの新婦ジャスティン(キル ステン・ダンスト)は、次第に憂鬱な気分に囚われ始める。姉のクレア(シャル ロット・ゲンズブー...
「メランコリア」 美しい破滅 (はらやんの映画徒然草)
予告編でのその美しい映像に惹かれ、絶対に観ようと思っていた作品。 気がついたら公
メランコリア (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
メランコリア [Blu-ray]クチコミを見るラース・フォン・トリアーが描く美しくもユニークな終末映画「メランコリア」。冒頭8分間の、プロローグの映像美に酔いしれる。ジャスティンは ...
『メランコリア』 (2011) / デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ (Nice One!! @goo)
原題: MELANCHOLIA 監督: ラース・フォン・トリアー 出演: キルスティン・ダンスト 、シャルロット・ゲンズブール 、キーファー・サザーランド 、シャーロット・ランプリング 、ウド・キアー 公式サイトはこちら。 前作『アンチクライスト』は結構消化不良...
メランコリア~死に至る病 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Melancholia(鬱病)。「死に至る病」のキェルケゴールを生んだ国らしいデンマーク映画。ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲン ...
『メランコリア』 (こねたみっくす)
世界が終わる。そのとき全てから解放される。 長年散発的な鬱病を患ってきたラース・フォン・トリアー監督だからこそ描くことのできる、幽閉されていた心が解放されたときに見え ...
メランコリア/キルステン・ダンスト (カノンな日々)
鬼才ラース・フォン・トリアー監督が惑星衝突による地球滅亡の危機を背景に世界の終わりに直面する姉妹の物語を描いた作品です。かなり抽象的ではありながらもあの予告編の映像に ...
*『メランコリア』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:デンマーク+スウェーデン合作映画、ラース・フォン・トリアー監督、キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、 キーファー・サザーランド、シャーロット・ランプリング、ウド・キアー出演。
『メランコリア』 2012年2月8日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『メランコリア』 を試写会で鑑賞です。 冒頭から『ツリー・オブ・ライフ』の再来かと思いました で、2時間15分はやばいと思ったけど、最後まで観てきました 【ストーリー】  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な...
映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...
メランコリア (538ねん。)
ラース・フォン・トリアー監督凄いですよね 鬱病で療養中にそのものズバリ「鬱病」というタイトルの 脚本を書いて仕舞われるとは・・・ 鬱のお話しではあるんですけど、タイトルの 「メランコリア」とは地球にぶつかろうとする惑星の名前 確かに巨大惑星が地球に衝突する....
メランコリア・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
憂鬱なる滅びの詩。 デンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督の耽美な終末譚は、突然出現した巨大な蒼い惑星・メランコリアの接近によって、この世界の終わりに直面する、ある姉妹の葛藤を描く物語...
メランコリア / MELANCHOLIA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなった....
『メランコリア』 あなたが立つのはどちら側? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。  それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。  ラース・フォン・トリアー監督...
メランコリア (迷宮映画館)
うーん、やな人間ばっかりだなあ、世の中・・
メランコリア (心のままに映画の風景)
ジャスティン(キルステン・ダンスト)とマイケルの披露宴は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷で盛大に催された。 しかし、情緒不安...
メランコリア (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MELANCHOLIA】2012/02/17公開 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 135分監督:ラース・フォン・トリアー出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット...
メランコリア (2011) (肩ログ)
MELANCHOLIA デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 監督:ラース・フォン・トリアー 出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、キーファー・サザーランド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロ...
メランコリア (映画的・絵画的・音楽的)
 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。 ?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...
メランコリア (pure's movie review)
2011年 デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイス作品 135分 ブロード・メディア配給STAFF監督・脚本:ラース・フォン・トリアーCASTキルステン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール アレキサンダー・スカルスガルド キーファー・サザーランド こちらも試写会....
メランコリア (ダイターンクラッシュ!!)
2012年3月4日(日) 17:25~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『メランコリア』公式サイト ラース・フォン・トリアーが嫌いだ。 嫌いだが、不愉快な人間が出てきて、興味深かったりするので、観てし...
メランコリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  とにかく長いオープニングである。まるで時間が止ったかのようなスローモーション映像で、馬と女と少年がゆっくりと動き、謎の惑星が地球に衝突してしまうのだ。 オープニングで、既に惑星衝突という結論が出てしまったが、この映画は全くSFタッチでは描かれ...
「メランコリア」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
キルティン・ダンスト、最初から最後までメランコリー。 結婚式当日なのに、メランコリー。 盛大な結婚式を挙げてもらってるのに、遅刻はするわ、席ははずすわ。 これには、さすがのシャルロット・ゲンスブールも辟易。 皺を刻んで、「なまいきシャルロット」の頃のツル...