羽ばたき飛行機製作工房

小型羽ばたき機(オーニソプター、Ornithopter、Flapping Wing)専門の研究開発サイトです

メイカーズバザール大阪に出展します

2015-06-23 06:30:00 | 案内(イベント)

直前案内になってしまいましたが、今週末の土日に大阪南港ATCで開催されるメイカーズバザール大阪 vol.2に、ファブラボ北加賀屋メンバーとして出展します。

会場では、進化を続ける当工房の機体群を展示します。話題のラピッドプロトタイピングツールmbedを活用して開発した制御システムを搭載した最新作も展示。手軽に楽しめるゴム動力3Dプリント羽ばたき機の新作も、会場限定販売予定です。

近隣のみなさまのご来場をお待ちしております。

なお、今夏はほかにも多数の展示会・イベントに出展予定です。今後順を追ってご案内します。

コメント

サーボダイレクトドライブ型羽ばたき機フライト動画アップしました

2015-06-14 19:00:00 | Video Clips(羽ばたき機)

前回の記事で紹介したサーボダイレクトドライブ型羽ばたき機の飛行テストの模様を公開しました。屋外で気持ちよく羽ばたいて飛んでいます。

(上の画像クリックで動画にジャンプ)

2号機製作準備中。お楽しみに!

 

コメント

サーボダイレクトドライブ型羽ばたき機の開発

2015-06-07 10:00:00 | 製作記事(羽ばたき機)

試してみたいとかねがね思っていたサーボダイレクトドライブ型羽ばたきメカにトライしてみました。

この方式は、海外でいくつかの前例があります。

S-1 Robotic Bird

eMotionButterflies

とくに、当ブログの3月の記事でも紹介したFESTO社のeMotionButterfliesは、羽ばたき機構だけでなく群れを組んでの自律飛行などさまざまな新機軸を盛り込んでおり、目をみはらされます。

今回はコンセプト実証ということで、試作対象を羽ばたき機構のみにしぼりました。その代り当工房の流儀に従い、上記の先輩機達に比べ大幅な軽量化をはかりました(飛行重量9グラム)。

実は最初の試作で使ったサーボがアンダーパワーだったので、よりトルクの大きいサーボに換装して飛べるようになりました。飛行テストの映像は追い追いアップします。

キーとなる制御システムはmbedを利用して開発。使用しているのは高性能の32ビットマイコンARM Cortex M0シリーズです。開発にあたっては、筆者が所属しているFablab北加賀屋の電子工作上級者のみなさんに大変お世話になりました。

コンセプトの有効性が実証できたので、これからさまざまなデザインに応用していきたいと思っています。

機体スペック
全幅                 550mm
全長                 200mm
飛行重量              9.2g
(70mAhLi-po電池含む)

  製作年月   2015年5月

コメント (2)

名古屋市科学館で講演を行った際の映像(高解像度版)

2015-05-02 13:27:12 | 報告記事(その他イベント)

2015年4月18日(土)に、名古屋市科学館で「3Dプリンターで骨組みをつくる!?」と題して行った、羽ばたき飛行機に関する講演の一部映像(高解像度版)をアップしました。以下のリンクをクリックするとご覧いただけます:

3Dプリンターで骨組みをつくる!?トンボやハチドリのように宙を舞う飛行機!

コメント

名古屋市科学館で講演を行った際の映像

2015-04-25 13:30:40 | 報告記事(その他イベント)

2015年4月18日(土)に、名古屋市科学館で「3Dプリンターで骨組みをつくる!?」と題して行った、羽ばたき飛行機に関する講演の一部映像をアップしました。以下のリンクをクリックするとご覧いただけます:

持参の羽ばたき飛行機3機のデモフライト

ツイスター型羽ばたき機イカロスのデモフライト

タンデム8連翼羽ばたき飛行機フライング・モバイルのデモフライト

3Dプリンターとバイオミメティクスについての説明

映像の解像度が低くてすみません。高解像度版は追ってアップ予定です。

 

コメント

名古屋市科学館で講演を行いました

2015-04-20 06:22:20 | 報告記事(その他イベント)

先日の記事でご案内していた通り、2015年4月18日(土)に、名古屋市科学館で羽ばたき飛行機に関する講演を行いました。

小中学生を中心に200名を超える参加者があり、デモフライトを交えて約1時間の講演を熱心に聴いていただきました。

当日の模様を撮影した動画は、編集のうえ近日あらためて紹介予定です。

コメント

自律飛行するロボット蝶々eMotionButterflies

2015-03-28 12:00:00 | 関連情報(羽ばたき機技術関係)

数年前から、精密な鳥型の羽ばたき機SmartBirdや、トンボの飛翔を完全再現したBionicOpterなどを発表してきたドイツのFAメーカーFesto社が、今年は自律飛行するロボット蝶々eMotionButterfliesを発表しました。これまでと同様ハノーバーメッセで公開される模様。

今回の新作は、蝶の飛翔を生き生きと再現しているだけでなく、自重30グラム足らずの機体にGPSを内蔵し、周囲の監視カメラからのデータとも連携して、複数の機体の群れが人間による操縦なしに室内を自律飛行するという、昆虫型飛行ロボットと呼ぶにふさわしいスペックになっています。

大企業がここまで本気を出してくると当方のようなアマチュアは立つ瀬がないのですが、小型羽ばたき飛行機というテーマに継続的に取り組み続ける姿勢には敬服です。当方も今年は自律飛行の技術的可能性を探求しようと思っていた矢先でもあり、おおいに刺激になります。

Festo社発表資料はこちら

コメント

久しぶりの新作羽ばたき機

2015-03-25 00:00:00 | 製作記事(羽ばたき機)

来月の講演会に向けた久しぶりの新作機。機構的には2年前のFlying Crawler(フライング・クローラ)と同系で、左右の4連動翼を独立して制御できるツインモータ仕様ですが、プロポーションを変更、サイズもかなり拡大しています。例によって、3Dプリントパーツとカーボンロッドを組み合わせてフレームを構成。機体の脇に見えるのは先日新調したDSM2送信機(技適取得済)。

講演会当日は会場内でデモ飛行も行う予定です。お楽しみに。

機体スペック
全幅                 900mm
全長                 800mm
飛行重量              30.0g
(100mAhLi-po電池含む)

  製作年月   2015年3月

コメント

4月に名古屋市科学館で講演を行います

2015-03-08 19:30:30 | 案内(イベント)

2015年4月18日(土)に、名古屋市科学館で「3Dプリンターで骨組みをつくる!?」と題して、羽ばたき飛行機に関する講演を行います。

この講演は、イベントを主催する中部科学技術センター様からのご依頼によるものです。

これまでも、Maker Faire Tokyoやニコニコ学会βなどで短時間のプレゼンテーションを行ったことはありますが、300名以上を収容する会場での1時間に及ぶ講演は初めてのことですので、なかなか緊張します、

3Dプリンティングとバイオミメティクスという、旬のテーマを切り口にしてとのリクエストですが、小中学生の皆さんが主な聴講者とのことなので、あまり難しすぎず、興味深く聴いてもらえるよう、構想を練っているところです。いつも好評の各種羽ばたき機の実演フライトもできるだけ多く行おうと思っています。

事前の申し込みが必要ですが、参加費は無料とのことですので、名古屋近隣にお住いの方は参加をご検討いただけると幸いです(下記リンクから内容・手順を確認のうえ、ハガキまたはメール、FAXにて申し込んでください)。

名古屋市科学館ホームページへのリンク

中部科学技術センターホームページへのリンク

コメント

主翼幅1,500mm無尾翼羽ばたき機の室内フライト

2015-02-01 15:00:00 | Video Clips(羽ばたき機)

遅くなりましたがこれも先日久しぶりに参加したSSFC例会で撮影した映像です。昨年10月にロールアウトした機体ですが、飛行中の方向安定性不良を、羽ばたき角の調整により改善。また、パワー不足だったサイドスラスターを大径のプロペラに変更して操縦性も改善しました(下の画像クリックで動画にジャンプ)。

コメント