羽ばたき飛行機製作工房

小型羽ばたき機(オーニソプター、Ornithopter、Flapping Wing)専門の研究開発サイトです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

羽ばたき2号機

2005-12-29 13:22:30 | 製作記事(羽ばたき機)

1作目がユーモラスな飛びっぷりでクラブのメンバーにウケたのに味をしめて製作した羽ばたき2号機。ぐんと寸法を縮めて手の平サイズに仕上げた。見かけはかわいいが、飛行テストでは翼面が小さすぎて推力が足りないのかあまりうまく飛ばず。その後ゴム動力仕様に先祖がえりして余生を送っている。

       機体スペック
全幅                200mm
全長                150mm
飛行重量          約7.5g
(30mAhLi-po電池含む)
製作年月  2005年12月

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電動Luna初号機

2005-12-25 10:02:29 | 製作記事(羽ばたき機)

初めてまともに飛んだ記念すべき機体。これ以降、SSFCIAC-ASOなどの飛行会に常連参加するきっかけとなった。基本的には市販のゴム動力フリーフライト機Lunaを改造して電動化したもの。田中さん開発の超軽量赤外線受信機IRXA351を搭載。ラダーとエレベータのコントロール用にそれぞれ100オームの自作アクチュエータを装着した3CH仕様。この頃から入手可能になった軽量な70mAhLi-Po電池が期待に違わぬ性能を発揮、全備重量13gの機体を軽快に持ち上げる。モータは当時人気の7mmコアレスモータ(通称オレンジモータ)
2005年12月24日、柿生でのクリスマス飛行会で、床からの自力離陸や、空中停止、ホバリングからのハンドキャッチなど、羽ばたき機ならではの面白い機動を見せて、参加者から大きな驚きで迎えられた。

       機体スペック
全幅                360mm
全長                300mm
飛行重量           約13g
(70mAhLi-po電池含む)
製作年月  2005年12月
コメント
この記事をはてなブックマークに追加