エバ夫婦の山紀行ログ

道産子60代サラリーマン
主に夫婦で登った北海道の山を中心に紀行文を載せています。

樽前山(1022m) 再訪

2017年07月15日 | 山紀行 (道央・札幌・積丹)
新たな仲間たちとの出会い山行・・・
932峰~樽前山(1022m) 再訪
■ 山 行 日    2017年7月14日(金)   日帰り
■ コ ー ス    7合目ヒュッテ~932峰~樽前山
■ メ ン バ ー     CLすみちゃん、miyaさん、GEN3、エバ
■ 登 山 形 態     登山道
■ 地 形 図    1/25000地形図   「樽前山」
■ 三角点・点名   932峰は三角点無し
           樽前山 一等三角点 点名「樽前岳 タルマエダケ」

■ コースタイム    周回タイム  3時間55分
<周回タイム>
10:20         登山口スタート
11:15~20      風不死岳分岐 休憩
11:55~12:35   932峰 ランチタイム
13:30         樽前山
13:40         下山開始
14:15         ヒュッテ駐車場


★ 乱入・・・
猛暑が続く北海道の中でも比較的気温が低い苫小牧地方。
苫小牧市の最高気温は27℃予報。七合目ヒュッテの駐車場には8:30に着き気温は24℃だった。
朝から照り付ける太陽の光は強く、どんどん気温が上がる気配は否めない。
それでも少し風がありそうなので救われるかも・・・と期待はしていた。

さて、駐車場で待合せ
今日は、HYMLの仲間すみちゃんのパーティーに私が急きょ乱入する事となった。
メンバーのすみちゃん以外は初対面だったが、事前にライングループを作って紹介し合っていたので
初対面とは思えない出会いになった。

最初に来たのがGEN3・・・長野ナンバーの車と聞いていたのですぐに分かった。
次にリーダーすみちゃん・・・挨拶もそこそこに弾丸トークが始まる。
そして、miyaさんはちょっとアクシデントか10時過ぎの到着だった。

ともあれ皆さんは若くどんな山行になるのか楽しみだった・・・。


★ コース・・・
参加すると決まれば色々気になって口出す悪い癖。
夕方から用事があって山行には時間制限が・・・そんな訳でコースは私が提案した反時計回りを
勧めて時間調整することになった次第だ。



7合目ヒュッテ前の登山口からスタートする


前方に風不死岳を望みながら軽快に歩く・・・


七、八分咲きのタルマエソウの群落


イワギキョウ  (撮影:すみちゃん)


モウゼンゴケ


花撮りおじさん? (撮影:miyaさん)

★ 観察・・・
本日、初対面のGEN3(ゲンさん)。
長野県出身で富良野市在住との事。すみちゃんと山で知り合ったのがキッカケで今日のお誘いだったらしい。
北海道にはまだ来たばかりらしく樽前山も始めてというから私のガイド力が試される。
山と釣り好きだけど熊は怖くて一人では山に行けない・・・と嘆く。

一方、miyaさんは札幌在住。すみちゃんとYAMAPで知り合ったらしい。
パーティーの中で最年少。美姿勢・美脚のスペシャリストと知り「なるほど~」とうなずく。

そして、リーダーすみちゃん。
九州出身。北海道はまだ1年目なのに山に目覚め家要らず・・・なんて。
おしゃべり大好きでもう止まらない。誰かの「ストップ」指示が欲しいらしいと本人談。
5月のアポイ岳が初対面。その後すぐにHYMLにも入会。来週は沢登りに初挑戦する。

これが私の観察記。
最初の出会いは大切で、忘れないように記するのが一番。
でも花の観察も忘れてはいませんよ・・・(笑)



ニョロニョロならぬヒカゲノカズラ

★ 爽快な風・・・
花畑から回ったつもりもタルマエソウだけが目立ちイソツツジやマルバシモツケなどの花期は
過ぎてしまったようでチト寂しい花畑だった。

暑いのでのんびりと会話をしながら花見と撮影を繰り返し歩きます。
リーダーはすみちゃんなのに何故か私が先頭を仕切る・・・ゴメン。

樽前山の北斜面から吹き降ろす南風が爽やかで気持ち良く、時々足を止めては深呼吸する。
樽前山は、普段から比較的風は強いが今日ほど風を有難いと思ったことはない。

932峰への尾根に上がると直接当たる風が気持ち良く、何度も足を止めては全身涼しむ。



932峰への登り


932峰標識


冷麺が人気のランチタイム  私だけ熱いカップヌードル

★ ランチタイム・・・
時間も丁度お昼に932峰頂上に到着。
それぞれが用意したランチでゆっくり休憩を取る事になった。
昨日のライングループの会話の中でも話題になっていた「冷麺」
しかし、今朝コンビニに入っても見つからず3軒探して見つけたと言うのはすみちゃん。
保冷材で冷やした冷麺。凍らせたペットボトル。氷の入ったボトル。
プチッと作る氷入れアイスコーヒー。デザートのみかんも人気だった・・。

ゆっくりと約40分のランチタイム・・・とても楽しかったです。



932峰から望む樽前山 (撮影:miyaさん)


932峰にたたずむ男・・ (撮影:miyaさん)


932峰で絵になる美形・・・すばらしいですね!


932峰 ランチのデザート (撮影:miyaさん)


932峰集合写真 (背景の山は風不死岳)

ハプニング!・・・

932峰集合写真? タイマーセットが2秒だった!


932峰集合写真 何を指さす・・・

★ 時間制限・・・
本当は西山と神社を経由して東山に登る予定だった。
しかし、気の向くままのんびりしていると時間はしっかりと経過していた。

13時を回っていたので西山を経由したら時間が微妙だった。
リーダーと相談し西山はパスして東山の本峰を登って下山する事にした。

飛び入りなのになんか申し訳なかったが、初ピークを踏むGEN3にはもう一度チャレンジする
チャンスを与えた・・・という事で納得して頂いた。



932峰からの下山 前方は樽前山

二人のパフォーマー・・・



高所が苦手と分かるmiyaさんのへっぴり腰・・・

岩に登れば急変、スペシャリストの本能が騒いだか?・・・

樽前山東山ピークへの登り

GEN3初登頂おめでとう!・・・

GEN3は初登頂の樽前山でしたぁ~・・・


駆け降りる若者たち・・・

★ これを機に・・・
自分にとっても新しい仲間がどんどん増える事はとても新鮮で刺激ある事である。
つい自分たち流の登山ばかりだと単調になりかねないが、新メンバーと出会う事で新しい登山の世界を
知る事が出来ると言っても過言ではない。

初心者と言われる登山者とベテランと言われる登山者の違いってどこにあるのか・・。
知識と経験は元よりいかに場数を踏んで危険を乗り越えて来たか・・その違いは少なくともあるだろう。
ただ知識ってどこまで頭に詰め込めば良いのか。経験って登山の年数だけを言うのか。
そんな定義はあるのか?

まぁそんな事、今はどうでもいいことで出会いを大切に知り合った仲間たちとこれから
どう付き合って行けるのか?付き合ってくれるのか?それが気になるところである。

来週は、すみちゃんの沢登りデビューに同行する事にした。
あれだけおしゃべり好きのすみちゃんもよそ見は即ケガに繋がりかねないからと脅かしては元も子もないか。

これを機に互いに良いお付き合いが出来る事を願ってこの紀行を締めたいと思う・・・。
お疲れ様でした。



汗を流した後のビールは最高!!  (撮影:miyaさん)


すみちゃんの入浴半額券でワンコインのお得感 丸駒温泉





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道最高峰をひと回り・・・ | トップ | キラキラ公園と樽前神社祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL