あんな事こんな事あったもん♪

心の中をイラストや写真付で発信。時折文章だけの時もあり文体は気分次第です。
お付き合いくだされば感謝です。

求めている礼拝を、求めている私。

2013-10-30 | 思ったことあったこと

 写真は先日の『アガペ』でだされたおやつです。

 数ヶ月かけて、マンションのお部屋を
 新築のように全面改装されて、白亜の豪邸風になったT家。

 お玄関入って、瞬間たじろぐ  ***(@m@;)ワォッ***


 三人のアガペなんだけど、私以外、
 全てのこと(特にお・も・て・な・し)に長けている方々なので
 私は、どーすればいいんじゃろ~~なんて考えるのも面倒なので
 あんまり考えず、おもてなしを味合わさせて頂いているだけなので
 素敵なお家2軒で私は受けるだけの「アガペ」。
 メッチャ感謝である。スンマセン・・・・である(笑)

 今回の学びは
 【世とは違う神の方法】

『神は、知恵ある者をはずかしめるために、
この世の愚かな者選び、強い者をはずかしめるために、
この世の弱い者を選ばれたのです。』

『また、この世の取るに足りない者や見下されている者を
神は選ばれました。
すなわち、有るものをない者のようにするため、
無に等しい物を選ばれたのです。

これは、神の御前でだれをも誇らせないためです。
          (第一コリント1:27.28ヨリ)

【誇るものは主を誇れ】


私は自分を誇らせるものは何もありません。
両股関節を人工のものに替えられ
今右膝は軟骨が無くなって、本当に痛いのです。
舞台で跳びはねて踊っていた自分は影も形もありません。

足を引きずってゆっくりしか歩けない自分は
ほんとうに何も誇れません。

肉的には、欠陥品な自分です。
デモ、魂と霊と心は以前よりも充実し、燃えています。

今私の霊は、とても飢え渇いています。

この世的でなくて、主の世界の中で思う存分
霊的に満ち溢れている礼拝の中に埋没したいと思っています。

イエス様の十字架は私の誇りであり、私への愛です。
その事を満喫したいのです。
しっかりと味わいたいのです。

危ないんじゃあないの?って言われても思われても構いません。
心と霊が満たされる礼拝を求めています。

聖霊様のお働きが顕著に感じられ、礼拝の初めから終わりまで
聖霊様の流れが滞らない!!渋滞しない、停滞しない!!

そんな礼拝を心から求めています。

それは自分が何かをして、誰かがなにかを持ってきて
できるようなものではないのです。

聖霊様がしてくださらなければならないのですから、感謝です。
ハレルヤ、聖霊の風よ四方から吹いてきて下さい!!
と祈るばかりです・・・・・。





 
 

     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いいな~このメッセージ大好きです。ぜひ読んで~~!!

2013-10-27 | 思ったことあったこと
菅野 直基(新宿福興教会・牧師)


「湖の上を歩く秘訣 ~神の世界の空気を読む~」


イエス・キリストが水の上を歩いて渡る奇跡の湖に旅行客がやってきた。

湖の向こう岸へ渡る船があるので行ってみると、
「一人50ドル」という看板があった。

観光客は、「なんてこった。たったこれだけの距離で50ドルも取るのか!
キリストも歩いて渡るはずだ!?」とつぶやいた。

これはジョークです。

キリストがガリラヤ湖の水の上を歩いた本当の理由は違うと思いますが、
キリストは、湖の上を歩きながら、
弟子であるペテロに、「来なさい」と声をかけられました。

ペテロは、単純にキリストの言葉を信じて、
ガリラヤ湖の水の上を歩き出しました。

キリストの言葉を信じているうちは何も疑問に思うことはなかったのに、
ふと波を見たら恐くなり、理性が働き出し、我に返りました。
その瞬間体が湖に沈み、キリストに助けを求めて助けてもらいました。


神の一人子であるキリストの言葉を信じている時には、
ペテロは湖の上を歩きました。
しかし、環境を見てキリストの言葉を疑った時に、
湖の上を歩けなくなり沈んでしまいました。

この出来事が教えることは、

ペテロは、湖の上を歩いたのではなく、

キリストの「来なさい」という言葉の上を歩いていたのです

ペテロが、キリストの言葉から目を反らしたら、
波という現実を見て恐ろしくなり、
「人間が湖の上を歩けるはずがない!?」と理性が働き、
キリストの言葉を疑った時に、ペテロの足はキリストの言葉の上から、
湖の上に移り、湖に沈んでしまったのです。


聖書は、この出来事を次のように記しています。

--------------------------------------------------------

『夜中の三時ごろ、イエスは湖の上を歩いて、彼らのところに行かれた。
弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、「あれは幽霊だ」と言って、
おびえてしまい、恐ろしさのあまり、叫び声を上げた。
しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、
「しっかりしなさい。わたしだ、恐れることはない」と言われた。

すると、ペテロが答えて言った。
「主よ。もし、あなたでしたら、
私に水の上を歩いてここまで来いとお命じになってください。」

イエスは「来なさい」と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、
水の上を歩いてイエスのほうに行った。

ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、
「主よ、助けてください」と言った。

そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。

「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」

(マタイの福音書14章25節~31節)

----------------------------------------------------------

この世の中で、現実は現実です。
それを否定する必要はありませんし、現実は認めることが大切です。

しかし、キリストが、目で見ている現実と違うことを言われたとしたら、
キリストの言葉の方を信じることが信仰なのです。

「人が湖の上を歩けるはずがない!?」。これが現実です。

しかし、キリストが「来なさい!」と言われたら、それは現実を超える現実なのです。

キリストは、神ご自身です。
神が、この世界に何もなかった時に、「光あれ」と言われたら、光が現れたのです。


『神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった。」
(創世記1章3節)


あなたがどんな逆境に立たされ、絶体絶命のピンチだと思っても、

キリストが
「大丈夫だ。私が共にいてあなたを守る。」と言われたら、
「絶対に大丈夫!」だと信じて下さい。

キリストは、ご自分を信じて頼るあなたに
「あなたの信じた通りにあなたになれ」と言われ、
逆境を乗り越えさせて頂けます。

これが信仰者の生き方です。


聖書は宗教書ではありません。
まして、人生の参考書でもありません。

聖書は神の言葉です。

神は、全宇宙とこの地球を言葉で造られました。
また、人間以外の生き物も言葉で造られました。

人間だけは、ご自分に似せて手作りで造られました。

聖書は創造者(主)の言葉です。神が語られたら、それが全てです。

犬は飼い主に忠実に従います。しかし、
私たち人間は、自分を造られた神を忘れたり、ないがしろにすることがあります。

しかし、今日、神様から離れた生き方をお詫びし、悔い改めましょう。

「悔い改め」とは、「反省」したり、「後悔」することではなく、
「心の向きを神に向け」、考え方を変えることです。

神を信じ、神の言葉を信じて生きて人生に立ち返ることこそ、
人間本来の生き方です。


日曜日の朝、教会に行きませんか。

神を礼拝し、神の言葉を聴き、神の言葉を信じ、
神の言葉に従って一週間をスタートしましょう

そうしたら、あなたもペテロが体験したように、
試練や苦しみの湖、悪魔の誘惑と攻撃の湖、病の湖、
問題や呪いの湖、死と地獄の湖の上を渡ることができ、
天国の向こう岸にまで歩き続けることができます。

湖を渡る秘訣は、現実を認めながらも、
神が現実と違うことを言われたならば、
それが現実だと信じることです。

「KY」とは、「空気読めない人」のことを言いますが、空気を読み過ぎると心が病んでしまいますよ。
大切なことは・・・・・・・・

神の言葉を信じること。つまり、神の世界の空気を読むことです。

--------------------------------------------

インターネットを通して神さまを礼拝することもできます。
下記3つのアドレスから生放送で礼拝を視聴することができます。

「生放送」〈1〉朝10時半~昼12時 〈2〉夕4時半~6時

① 新宿福興教会HP http://www.geocities.jp/sgr_ch/
② ニコニコ動画  http://nico.ms/l/co114841
③ ステッカム(stickam)TV http://www.stickam.jp/profile/pastor

新宿福興教会HP http://www.geocities.jp/sgr_ch/
(メッセージを下されば、みなさんの近くの教会を紹介致します。)

説教要約(Sermon summary)blog http://pastor.ti-da.net/

良い一週間でありますように。God bless you!

************************************************************************

Facebookに投稿された菅野牧師先生の記事です。ハレルヤ。
私はこの師のメッセージが大好きです。

聖霊様が生きて、このメッセージを通して
読む人々に力を当てて下さっているように
こころから感じます。

いつも、勝手にシェアさせていただいて・・・感謝しています。
ありがとうございました。

たとえお一人でも、この記事を読んで
教会に行ってみようと思える方が起こされますように切に祈っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イエス様の平安の中にいなければ・・・・・。

2013-10-25 | 思ったことあったこと

 孫達が次々と高熱を出していたので、生きた心地がしなくて
 このワンちゃんのように、三白眼的な表情で疲れてしまった私。

 (溶連菌とかいう聞いたこともない菌だったようですが、
  抗生剤で元気になってきたと連絡がありました。感謝です)

 誰だって病気の好きな人は居ないけど
 私は、人様よりも、異常なほどに自分以外の家族の病に
 心が折れまくってしまいます。(それが飼い犬デアッテモ・・・・・デス)

 先に逝ってしまった娘のことが いまだに・・・・
 心に受けた傷が、癒やされずに、
 孫達の病とかで又血がにじみ出てくるからだと思います。

 【怖れ】は私達の【平安】を奪い去ってゆきます。

 主イエスは「わたしはあなたがたに、わたしの平安を残します」と言われました。
 私達はイエス様の平安のなかにあるのです。

 それを本当に忘れないようにしなければ・・・・と
 信仰の薄さを今日、つくづくと感じ、悔い改めました。

 主よ。許してください。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンドイッチだいすき~~なんです。

2013-10-24 | 思ったことあったこと

 私はチョット変わっていて、生卵や半熟卵は生臭くて食べられないのですが
 カッチンカッチンに湯がいたゆでたまごは大好きなのです。

 いつも、朝食で、卵サンドを食べたいのに
 作るのを忘れてしまって「しまった~」っていつも思うのです。

 で、今日は昨夜から、明日の朝は絶対卵サンドを食べるゾ!!
 なんて決心をして作った、ゆで卵ときゅうりのサンドイッチをやっとこさっと食べることが出来ました。

・・・・・なんてことない事ですが・・・・・(笑)嬉しかったんです。

 おかずパンが甘い菓子パンより大好きな私

 自分で作ったものは、やっぱり、すんごく美味しいです。

 出来たてだからかな? 
 コンビニとかのは、それなりに美味しいんだけど・・・・・
 やっぱり違うんですよね。

 自分で作ったほうが格段に旨さが違う気がします!!!!!

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かばの郵便配達人より・・・「ひとにぎりの米」

2013-10-23 | 思ったことあったこと
  『ひとにぎりの米』
  

【インドのカルカッタでのお話
ハーベストタイムのホスト中川健一先生と、福田光男とそのご家族に、
翻訳、画家、ナレーション、そして制作スタッフの方々の奉仕に感謝し ます。
どうか愛を受取られますように、また他にも伝えられますように。 かば博士】

  
  (貼り付けようとしましたが、どうしても私には出来ません。)

 YouTube「ひとにぎりの米」で見て下さい。           


  このお話は、現実的には納得出来ないことかもしれません・・・・
  私も途中でそう思いました。

  ひとつの家族がそれでお腹いっぱいにはなりません。
  そのもらった「ひとにぎりの米」を隣の家に分けにいくお母さん。

  ふたつの家族等、とてもとても現実的には助けられない!って思います。

  デモ創造主なる神様には、出来ないことなど何も無いのです。

聖書の中に、
  「5つのパンと2匹の魚で男性5千人のお腹を満腹にして、なお
    12のかごいっぱいに残った」(マルコ福音書6:36~44)
 同じことをイエス様は二度も弟子たちの前でなさった。 
とあります。

それを思い出した時、「そうなんだ!」と納得でき、心が安らぎました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝起きたら。すぐ祈る。

2013-10-22 | 思ったことあったこと
この記事は私のフェイスブックのお友達になってくださっている牧師さんのものです。
素晴らしいのでシェアさせていただきました。

菅野 直基

「携帯だけでなく、あなたも充電が必要です」


充電とは何でしょうか? 今iPhoneの充電をしていますが、充電コードでコンセントにつないでいます。
しかし、コンセントの先は発電所とつながっています。

私たちにとっての発電所とは何でしょう?

神です。

神ご自身としっかりとつながる時に、充電がされます。

どうぞ、朝起きたら、まず神に祈り、神と直結し、一日の力を得て下さい。
大切なことは、まず祈る習慣です。


「トイレに行ってから・・・」「歯を磨き、顔を洗ってから・・・」・・・、
あっという間に祈りの時間はなくなっていきます。

私は、寝て起きたらまず祈ります。
自分のために祈り、家族や教会員の一人一人、
友人知人、町のこと国のこと、
世界のことを祈ります。

そうしたら、私の心は力で満たされ、さらに、
今日何をすべきかを神様が教えてくれます。

まず朝起きたら、祈ることをお勧めします。



祈りは、携帯の充電に例えられるとしたら、どれだけ大切なことでしょうか。
祈りは、私たちに取って最も必要なことです。

してもしなくてもいいことで、できればした方がいいことではありません。
必ずしなければならないことです。

最後に、主の祈りを分かち合いたいと思います。
一緒に祈って一日をスタートして下さい。

天にまします我らの父よ
願わくは
み名をあがめさせたまえ
み国を来たらせたまえ
み心の天に成る如く地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らに罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦したまえ
我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ
国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり
アーメン


-------------------------------------------------------------

私も最近そうするように導かれました。

朝のひと時・・・・ではなくてパッと目が覚めたら
そのままの状態で祈ります。

俯いている時もあります。
横向きの時もあります

そんな姿勢を気にしません。

以前は神様に失礼かな~なんて思って
シッカリ姿勢を整えてから・・・・なんて思っていると
祈ることを忘れてしまいます。

トイレにいっても、キッチンに立っている時も
思ったら祈ります。

ながら祈りです。

運転中もそうします。

異言(聖霊様が与えてくださったことば)で祈るほうが運転中はいいと思います。

異言は便利です。是非、異言を神様に求めてほしいと思います。
すると自由に祈れるようになります。
場所をわきまえることが大切なことですが・・・・・。ハレルヤ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一病息災・・・・ですかね。

2013-10-18 | 思ったことあったこと

  東京であった同窓会と愛犬の病気が重なって、
  同窓会は本当に楽しかったんだけど・・・・

  ホテルで寝られなかったり、思い出すと動悸がしたり・・・・で
  結構私的には負担だったみたい・・・・。

  弱い弱い人間です。デモ創造主なる神様は
  【わたしは弱い所にはたらく】と聖書の中から
  言って下さっていますから感謝していますし、力強いです。アーメン。

  ウツは治ったけどパニック症は残っていたので
  用心で、持って行っていた安定剤が切れちゃって・・・・

  ちょっと困った状態になりかけちゃったんですね。
   (軽いパニックなので大丈夫なんですが)

  祈ると不安感が霧散してゆくのですが
  又すぐ不安の雲がこころにかかってくるのに
  ちょっと疲れちゃいました。

  そんなこんなで、風邪も今ひとつはっきりしないのもあって
  昨夜はしんどくなってしまって、寝付きも悪くなったので
  梅酒を少しいただきました。

  お酒は、あんまり私の身体には合っていないのですが
  たまに、ほんの少しいただくと寝られるような気がするのですが
  本当はそうではないらしいですね・・・・・。

  深い眠りにはならないそうなんです。

  今日もまだ、疲れが取れていなくて・・・・・。
  歳がいくと、回復が遅いですね

  お薬は、お医者に行って、安定剤と誘眠剤を
  頓服として処方してもらいました。

  デモもっているだけで、できるだけ飲まないようにしたいと思っています。

  【一病息災】という言葉もあるように、あんまり気にしないで
  感謝して、お付き合いしてゆくつもりです。

  主イエス様も聖霊様も私の傍らにいてくださいますから。アーメン
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何がそんなに、忙しいのですか?

2013-10-17 | 思ったことあったこと
とっても素敵でとっても素晴らしい詩をかいておられるChikako Parkさん。
お顔は存じ上げないのですが、
Facebookでの私のお友達のふじおか けいこさんが
いつも彼女の詩をシェアして下さっておられます。

どれも素晴らしい信仰に満ちた美しい詩(ウタ)なのですが
今朝のは特に私の心に衝撃的だったのでシェアさせていただきました。
-------------------------------------------------------------

何が そんなに 忙しのですか?
自分が したい事を 全部しながら
主人の 世話を まともにしないで
妻の 話も よく 聞かないで
子供達が どんな 悩みがあるのか 気にもしないで
遠くに 暮す 親を 尋ねても 行かないで
隣り人の 苦しみを 見てみぬ振りしながら
食べて 飲んで 遊んで
世の中を 楽しむ事に 専念しながら
時間がないと 言い訳する あなたに, そして 私に
神様が 必ず 尋ねられる日が 来ます.
一体 何が そんなに 忙しいのか?
まず 自分に 任せられた
小さな事に 忠実な人に なりましょう

詩:Chikako Park

------------------------------------------------------------

面倒くさがりで、受け身な姿勢ばかりで、与えない自分に
主イエス・キリストより叱られた気がしました。

小さな事、私がせねばならないことをしようって
心を入れ替えようと思っています。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

融通の効かない自分。遊べる人は羨ましい~カモ

2013-10-10 | 思ったことあったこと

  Faicebookとかオンラインゲームとかスマホとかで遊べる人を時々いいな~って思う。
   (時々・・・・だよ)

  電車に乗っても道歩いていても、はたまた自転車に乗りながらとか
  マナー問題での是非はあっても、遊べるっていうか
  音楽聞いておられることもありだろうが・・・・。
  それだけ夢中になれるのが、すごい!って思う。

  FBでも驚いたことに、中高年の方がしっかりと遊んでおられる。
  いっぱいいっぱいシェアしたり(それも遊びだと思う)・・・・・。
  仮想ゲームみたいなことを楽しんでられる。
  
  
  すごく楽しんで居られるんだろうな~~。
  
  きっとそんなヒトは人生を、私なんかより
  何倍も楽しめる人なのだから
  もっと高齢になっても、絶対にボケないって思う。

  それは羨ましい・・・・・・・・。


  私なんか、自分がわけわからん事はやりたくないヒトなので
  なんだか、私とは違うんだな~って思う。

  そんな風になれたらいいな~~って思うこともあるけど、
  それも私らしくないかも~~って心閉じてしまいそうだ。

  人生明るく楽しめることは素晴らしいことだとは思うけど
  自分は結構引いてしまうので、つまんない人だなーッて思う。

  要するに、遊べないヒト・・・デモ八方美人なので、
  人様には格別いい顔をするが、
   無理すると心がしんど~くなる厄介なヒト。

  人間関係は昔から自分自身の中では、うまくいかない私。

  そんな融通性のない私なので、
  ネットは我が想いを発信するひとつの手段であるのだ。
  
  片親だったし、祖父母も頼りない母親も好きでなかったし
  心から信用してなかった。

  大人のメチャクチャ汚い部分を嫌ほど見せられた生育期であった。

  ひとりっ子だったし、精神的にどっか歪んでいたって思う。

  辛いことがあっても、誰にも相談せず、生きてきた私なので
  こうなったのかもしれないね。


  【イエスさまを信じた時、全て自分をも含めて
     イエス様のお名前で赦されたし、許したが・・・・・】

  ま~あんなこんなで、堅いッチャ-堅いんだが・・・・。
  (脳が堅いのは、問題有りかな?!)

  一時、息子がダウンロードしてくれたスマホ(タブレットとか)の
  無料で遊べるゲームをしてたけど、それにとらわれるのがアホらしくなって
  結局、長続きはしなかった。

  写真のように、気のおけない方と森でお茶できるような遊びなら
  いっぱいいっぱい嬉しいけど・・・
  (おまえはアリスか?

  

  

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も明日もあさっても守られている私タチ。

2013-10-08 | 思ったことあったこと

 【明日はどんな日か、私は知らない
    
                
      晴れか嵐か曇になるか


  私は、あすを心配しない、
     
            
      イエスがわたしを守られるから


  明日はわたしには、わからないけど

           
      あすを守られるイエスがおられる~♪】

  
  私はこの賛美が大好きで、賛美歌手として教会に呼んでいただいていた頃は、
  よく歌わせていただいた。

  その頃、時々、PAをしてくださっていた丹羽さん(故人)が

  「これは大好きです。あなたが歌っているのを聞くと鳥肌がたって震えが来ます」と仰っていた。

  真に、賛美を歌わせてもらっていた時は、自分ではなく聖霊様が豊かに導いてくださっていたっと
  恥ずかしげもなく言い切ることが出来る。

  それ故に現実的に眼の前に起こることは、辛さ百倍って感じだったが・・・。

  故に今は、軽く賛美歌いますって言えないしんどさがあるのだ。
   (年齢的なものも無いとは言えないが)
 
  ***************************************************************

  今朝。@びわこシャローム@という教会に行っていた時
  懇意にして頂いていたO兄が、
  いま、毎日 聖書のみことばをFacebookに挙げておられる。

  そのみことばで、いろいろと黙想するのがいま、私の大好きなことのひとつになっている。

  今日も黙想したら、主が私にしっかりと想いを与えてくださったような気がして
  此処に記録したいって思った。

***************************************************************************

  9そこでモーセは、主が彼に命じられたとおりに、主の前から杖を取った。

  10そしてモーセとアロンは岩の前に集会を召集して、彼らに言った。

  「逆らう者たちよ。さあ、聞け。
   この岩から私たちがあなたがたのために水を出さなければならないのか。」

  11モーセは手を上げ、彼の杖で岩を二度打った。
  すると、たくさんの水がわき出たので、会衆もその家畜も飲んだ。
  (民数記20章)


   ~~~~
  
     この世の歩みがどんなに辛くても、導いているのは指導者でなくて主なる神様なのである。

     主はいつも聖であられ、義であられ、絶対に!!絶対に正しいのである。

     私も指導者の力、人間性を見るのでなく、
     又目の前にある出来事を見つめて恨み落ち込むのでなく、

     真の指導者、義と愛と真なる主イエス様が教会の上におられ、
     導いておられることを忘れてはならないっと思う。

     昔、とても辛かった時、BCの牧師婦人であられるA姉が

    【この御方は良いお方なのだから、良い神様なのだから・・・・】

     と励ましてくださったので私は辛さを乗りきれたと思う。
     
     今もその言葉を、辛い時反芻しては励ましをもらっている。ハレルヤ~


((記事とは無関係な写真は散歩の途中買ってきたお花と好きなペロペロキャンデーBOXである。))



    

 
  

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月6日45回目の結婚記念日

2013-10-06 | 思ったことあったこと


今日は(10月6日)私達夫婦の45回目の結婚記念日です。


45年前の7月7日に初めて会って、8月6日に婚約、そして10月6日に結婚しました。
なんで、こんなに早かったのでしょうか?
それは私らにもわからないです、ハイッ

彼はずーっと東京出張ばかりで、初めて会ってから結婚するまで
電話ばかりで、会ってデートしたのは2度ほどでした。

今の人から見たら、信じられないようなお付き合いでの結婚でした。

デモそうでなければならなかった理由が、私ら人間間ではなく
天の父なるお方の、ご計画があったのでしょう・・・・。

そう思わないと、全てのつじつまが合わないんです。不思議ですが・・・・・。

今朝礼拝後、牧師先生にお祈りをお願いしました。
礼拝中に、私が「そうしよう」って思ったのです。

快く祈ってくださった先生のお祈りで、胸がいっぱいになり、
何故か感動して、涙が溢れました。

結婚記念日で、教会で、牧師先生に祈ってもらったこと、初めてだったのではないでしょうか。
とっても不思議な感覚でした。

デモ、主の豊かなご愛を感じられました。    
感謝でした。

今朝も夫と話していましたが、今は我ら夫婦の紅葉が美しくなっている時でしょうか
後は、枯れて散ってゆくのです。

本当に水の流れのようなあっと言う間の45年間でした。
いろんなことがありましたが、みんな流れて行きました。

同じ長さの年月を、共有出来る時間は、もうありません。

ただただ、感謝、感謝でいっぱいです。

夫に感謝、子どもたちに感謝、そして主なる神様に感謝です。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

10月は好きですが嫌いです(イラスト)

2013-10-04 | 思ったことあったこと
  一年の中で10月は一番好きですが、一番嫌いです。

私にとって、良かったこと、しんどかったこと、悲しかったこと 嬉しかったこと
それらが10月に殆ど集中しているからです。


すごくしんどかった暑さから解放され、
涼しい風に癒やされる心地よい10月・・・・。

年々季節はズレこんできているけど、矢張り朝晩の涼しさは
格別なものがあります。

今まで暑くて出来なかったことが、何でも出来るような気分になります。

しかし、今年の10月は、なんだか何にもしたくありません。
なぜなのかしらん・・・・。

昨年とちょっと違っているような気がします。

一年、としをとったからでしょうか・・・・。
70歳に手が届くようになってくると、
毎年毎年、心と体の状態がちがってきているのを実感します。


さっき、気分が少し落ち込んできたので
賛美歌を三曲ひとりで歌いました。

天に向かってあげていた手のひらがピリピリとして
身体中がしびれたような感じになり
心が、温かいもので包まれてゆき、涙があふれました。

聖霊(主)なるお方が私の傍らに、間違いなくおられました。

ハレルヤ

賛美歌の歌詞と主のぬくもりに、とても励まされ、
久しぶりにイラストが描けました。

毎年、毎年
10月がくると、一日一日が、心のひだに食い込んでくるようです。
明暗が私の心で錯綜します。

だから・・・・・10月は一番好きですが、一番嫌いです。

でも・・・・・・・・・
主はいつの季節も生きて働いて下さっておられますから
10月も感謝します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想い出のパズル(イラストあり)

2013-10-03 | 思ったことあったこと




昔、ピアノの伴奏をして下さって、一緒に教会をまわってくれていた
今は横浜在住のNAOちゃんが、西宮に住んでいた時に、
私が出した絵手紙を、大切にとって置いててくれて、それを先日、持ってきてくれました。

私も憶えていないような絵もあって、これがその一枚。

懐かしい~な~。

今は、此処にいないサッチャンが残していったパズル絵。
結構何枚も、納戸にある。

それを買った時の絵手紙・・・・・。

懐かしくて、懐かしくて、胸が痛いほど・・・・です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のリビングの風景午前と午後

2013-10-02 | 思ったことあったこと




イブちゃんは、孫達が来ると、お玄関まで挨拶にでてきますが、
すぐに何処かへ消えてしまいます。 

怖いんですね~幼い子どもたちが・・・・・。分かるような気がします、ハイッ

そして彼らが帰ると、すぐ何処からか現れて、規定の位置でイビキかいて寝ます。
きっと彼らがいる間は 何処にいても、安心して寝ていないんだと思います(爆笑)))

上二人は慣れてきたようですが、末っ子が、この顔のようにヤンチャになりつつあります。

女ボスになるかもしれんみたいな~要素あるかも~。

そして知恵がついてきて、人の顔色や諸々をジーッとみています。
お兄ちゃん二人も良い(かな?)お手本です。

泣き真似なんてお手の物でごじゃりますよ~。

 

ママはこの顔見たさにワザと泣かせてよろこんではります~ 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加