旅ゴハン
ガキ2人のママ 子連旅、食べ歩き爆走中!お得旅行、B級グルメ、神奈川情報も♪ 学生生活終了!国家資格とって再就職したよ 
 




今年の夏はちょっと泳ぎ足りなかった・・。

9月ならまだ間に合うか? とまだ泳げそうな海を探したところ。
ありました! 伊豆七島 式根島(公式サイトこちら)

海がキレイ 
温泉がある 
魚釣りもできる 
星も綺麗 

他にも島はありますが、他の伊豆七島に比べこじんまりしていて野趣あふれる温泉が魅力的 

9月の週末で行こうと東海汽船で空き状況を調べると、9月と言えども週末はかなりの混雑で次々満席に。(焦) 

東海汽船 公式サイト  ちょっと高いけど早くつく高速船、仕事帰りにも行けちゃう夜行便の大型客船 出港の港も色々あるし旅のスタイルに合わせて選べるよ 満席でもキャンセル待ちもできます。

9月運が悪ければ台風にぶち当たる確率も高いですがどうかな?と式根島の長期天気予報を度々チェック。


さてさて、9月の金曜夜 天気雨 
気圧の谷がぶち当たっている状況 前の週はたしか台風で欠航・・・。
東海汽船に問い合わせると 船は出港しますと。( とりあえず良かった。)


出港は23時 竹芝桟橋はかなりの人がっ



大型客船「サルビア丸」に乗って旅の始まりです~。
大型客船は、客室ランクでは 安い順から 2等、特2等、1等、特1等、特等とありますが夜行便な為ちょっと奮発して特2等を。同行者は2等、特2等が満席でとれず更に上の1等を予約しました。   


こちらが特2等。2段ベット式で、ある程度プライバシーもキープされます。

なかなか快適です。 
各ベットにはコンセントもあり、スマホの充電も心配なし。

・・・通路で寝ている人もいたのであれは席無し券だったのかな。
出港してから、空きがある場合は先着順で船室のランクアップのキャンセル待ちもありました。

船内の様子も少し   軽食の自販機。


ビールは、免許証が必要です (私は免許書を忘れ旦那のを借りる羽目に・・)。310円ですが、冷えたビールが飲めます。

さぁ ちょこっと夜食を食べて、歯磨き、寝る準備 
お休みなさい~ 朝目覚めれば 8時に式根島に到着です、わくわく。



そして早朝・・・大島着は5時。
そろそろ大島に到着のアナウンスが流れます。 そこで衝撃的なアナウンスが  

「なお、次の利島は悪天候の為欠航になりましたのであらかじめご了承ください。」

 そんな事あるの
そう言えば、出発前に、竹芝のターミナルで、切符に「天候によっては、欠航する場合があります」とスタンプされましたが、台風などでで完全欠航の事かと思ってました。

式根島はどうなるの? まさか欠航とか? どうなるんでしょ?
心配ではありましたが眠いのでもう少し寝ましょう 

しばらくして・・。
「現地と協議した結果、安全に接岸できない為、式根島、新島行きは欠航となります。本船は、最終目的地である神津島に向かいます・・・」とのアナウンスが。 

その時に初めて知りました。「欠航」とは、船が出ないだけでなく、船は出たものの、自分の行き先の港に着かない場合も含まれることを 

欠航が決まった時点で慌てて本日の宿に連絡。
宿の女将さんも、連絡きてますよ、仕方ないですね。とキャンセル料はなし。 ありがとうございます。 

船の外を見るとかなりの高波です。上陸予定だった式根島を眺めるのは哀しい。船は揺れるけど大型客船だけあり、どうにか大丈夫、次男は酔いに弱いので寝かせました。(全体的に見て若干名 酔ってリバースしている人がいましたが)

というわけで、

ばーん。神津島でーす。ちょっと早めに8:30頃到着しました。基本上陸はできないのですが、気分の悪い人等はチケット提示で桟橋までは降りられます。

 

海は荒れていましたが、コバルトブルーの海と美しい島の景色、温泉もあるみたい。新島で下りられなかった若者集団が、意を決して行き先変更して下船していきました。

うーん、降りたい。でも、宿もとってないし、この天気が明日も続いたら、帰ってこれるのかしら? 色々考えて、再び船に乗って、帰路へ。私たちは下船扱いされないので、来るときに予約した特2等の船室がキープされています。(東海汽船のほうで、売らないのだそうです。)

さてさて、9時半帰りの便の出港です。 神津島で折り返し来た道を戻ります。帰りに天候が回復していれば復路でまだ上陸のチャンスはあります

また長い船旅です、船内の様子を再び。船内のレストランです♪

 
営業時間は限られていますが、レストランで暖かい食事も。
この日は、荒天で、油で揚げる料理(とんかつ、から揚げなど)はできないようです。きつねうどんをいただきました。

 結局、新島、式根島、利島は帰りも接岸できず。
東海汽船としてもギリギリまで頑張ってくれた感はありましたが、仕方なし。船の受付では途方に暮れた乗客と対応に追われる船員さんが・・。

さて、このまま竹芝まで帰れば、料金は全額払い戻し(のようです、要確認のこと)。
でも島での休日を楽しみにしている子供たちを考えると、船の旅のみでおしまいとはあまりにも可愛そう。そうこうしているうちに、「式根島、新島、利島は駄目ですが、大島には接岸します」という趣旨のアナウンスが。さっそく旦那が、ケータイ電話で、宿を予約してくれました。(竹芝から神津島までの航路は、全域で携帯の電波がはいります。船室では無理でしたが、デッキなら通話もクリア。)

てな訳で、ジェット船では1時間半ちょいで行けちゃう大島に15時間かけて到着した旅行記でした。東海汽船さんにちらっと聞いたところ、出港したのに着岸できないケースはあまりないケースだとか? 
大島の旅は次回つづく、式根島へは来年必ず。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





夏休みですねー♪
今年の夏は久々の海外旅行に行こうと計画してます。
旅行先を選ぶポイントはやっぱり安全と子供も楽しめるってことかな。

シンガポールは
 安全度が高い
 子どもでも楽しめ子連れ旅に良い
 食べ物が美味しい
 国内を移動しやすい
 英語が通じるので子供の英会話力UPが狙えるかも
なかなか良いと思います。

シンガポールはホテルが高いと言われていますが、子供が12歳迄だったら添い寝無料というホテルもありうまくやればお安くできるかもしれません。

シンガポールは観光立国なので政府観光局にメールすれば無料で資料を送ってくれるので旅行前に送ってもらうと良いですね♪
日本語のパンフレットで3種類送ってくれました。
公式ガイドブック
シンガポールに行くべき50の理由
大きい観光地図


チャンギ空港内にも日本語のパンフレット置いてあるそうですが事前に見たいので送ってもらいました。

以下のメールアドレスに
住所、電話番号、氏名、旅行目的、必要部数を記入して送ってもらいます。

STB_infoJapan@stb.gov.sg


すぐにメールで自動返信がきて。ヤマトメール便で3日位で届きました

こちらも参考にしてね♪
シンガポール政府観光局の公式サイト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




真鶴にあるイタリアンレストラン「マコ」におじゃましました。おばちゃんが一人で切り盛りする小さな店です。
(前にブログにコメントいただいた方のお奨めで行っていました、ありがとう♪)

人気店らしく、テーブルが空くのを少し待ってから入店しました。

店内はウッディな感じ。

こちらのランチのシステムは、1名1,000円。カウンターの向こうでおばちゃんが作る料理(大抵は大皿料理)を、セルフサービスで小皿に持って、自席でいただきます。(食べ放題というか、気まぐれ料理と言うか・・・)


イカとインゲンの炒め物を持ってみました。インゲンがしゃきしゃきでとても新鮮な素材を使っているのが分かります。

美味しかったひじき。
この店の名物のようです。市販されているひじきより大きく、歯ごたえもしっかりしています。
子供も大喜び。


フライドチキンが出てきました。カリカリ、熱々で、ファーストフードとは違う家庭の味という感じです。

ピザは、大皿料理とは別にオーダーして焼いてもらいます。

ピザ生地がもちもちで、普段食べているピザとは全く違うものです。これだけでも食べる価値あり。

この日は他にパスタなどもありました。(写真撮り忘れ)

マコのランチは、11時の開店直後(10時開店に変更になったそうです。)に行くとデザートも食べられる時があるみたいです。口コミ上々だったので食べたかったな。旅ゴハン一家は逆に閉店間際に間に合ったという感じ。食べ物にありつけてよかったです。  早めに行くのが良いみたいですよ。

マコばぁの人柄にひかれて常連さんがたくさん。 高台にあるので、カウンターの後ろから海が見渡せます。
カウンターのお皿が空になってしまう時もあるので、常連さんは「お肉系なんかない?」「お魚系まだ食べてないのでお願いします」とリクエストしてました。
マコばぁはお客さんに「お腹1杯になった?」と気にしてくれたりするので、遠慮なくお願いするとよさげです。2012年7月初旬の記事
 

※ マコばぁばぁの息子さんより変更のお知らせいただきました。
開店時間 10時~14時 夜もやっている日あり?
新しく限定10名様限り来てからのお楽しみ♪サブメニューが追加されました
お客様からの希望ノートからピックアップし当日のサブメニューが決まるとのこと
夏限定かき氷は自分でオリジナルでトッピングに出来るそうです♪


場所など基本情報はこちら→イタリアンレストラン・マコ

旅ゴハン記事→真鶴子供と磯遊びの記事コチラ 琴ケ浜で磯遊び


旅ゴハン記事→真鶴ハイキングの記事コチラ 駅から真鶴ハイキング



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




週末を利用して、那須・塩原方面に出かけてきました。
那須はたびたび訪れていますが、どこへ行ってもお金がかかるイメージ。

今回、旅ゴハン一家が訪れたのがこちら。

栃木県立「那須野が原公園」 入場無料、駐車場無料

千本松にある広大な公園で、オートキャンプ場、アスレチック、貸自転車、草ソリすべり、夏はプールもオープン

公式HP⇒那須野が原公園


お目当てはこちら、フィールド・アスレチック
30種類のアスレチックにチャレンジ
有料施設で、大人300円、小中学生150円(安い!)


こちらがチャレンジの目安。結構手ごわいのもあるのかも。
受付の人によると、「体力に合わせてやってください」とのこと。


受付で料金を払い、ゼッケンを付けて出発です。
1か所2分として、30か所で1時間目標。


スタート直後の種目。まだ余裕。


楽勝かと思いきや、途中から結構ハードな種目が連続します。


途中の感じ。森の中にあるので、森林浴気分。


ようやく、半分を過ぎました。元気な子供たちをよそに、大人は段々よれよれに。


まだまだ続きます。


ようやくゴールが見えてきました。
大人は、いくつかキャンセルして、約90分でゴール。
小学6年生の長男は、30種目全てに挑戦し、29個クリア。
次男は、もう1回やりたいと言っていました。(勘弁して)


こちらがフィールド・アスレチックの概要。よくやったな~。
かなりの運動量で、旦那は、お腹周りが少しスリムになったと言っていました。やってみると分かりますが、フィールド・アスレチックは、全身運動です。


最後は、車で数分のところにある千本松牧場に移動して、ソフトクリームをいただきました。(こちらも駐車場無料)

那須・千本松エリア、このエリアだけでも、本気で回ると1日では遊びきれません。


那須野が原公園位置図
東北道・西那須野塩原ICからすぐ。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





話題のうんこ漢字ドリルを買ってみました・・・。



小学生って、ほんとにうんこ好きだから、苦手な漢字学習もどうにかなるんじゃないかと。



保護者向けにはこんなメッセージが



中身はこんな感じです。



巻きグソのイラスト入りで子供にはバカうけですが、大人でも ぷぷっと笑えます。よくぞこんな漢字ドリルを作ったもんだ開発者!と感心してしまいます。

あの漢字嫌いなお兄ちゃんがうんこの枠の中に丁寧に字を書いているのでうんこ効果はあるのではないでしょうか。お友達の中でも話題だそうです。

              

人気沸騰中で在庫切れの学年もあるので欲しい方はお早めに。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
子どもが夢中になって勉強する!全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル。新学習指導要領対応。たとえば3年で習う「号」なら…出席番号順にうんこをてい出する、「月刊うんこ」の四月号で、ぼくのうんこがしょうかいされている、うんこを表す記号を考えました…。事前調査で「めちゃくちゃおもしろい、すごく楽しい」「これは絶対子どもが食いつく」と大絶賛!男の子も女の子も、親御さんからも笑い声の上がった、おもしろくてしっかり漢字が身につく最強ドリルです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ