国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-30 08:52:09 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 


●憲法9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


●ニュース
村山談話の継承、不明瞭=安倍首相の米議会演説

志位委員長「異常な対米従属の姿勢」と批判

米国が日本保護に核兵器を使用へ、アジア太平洋での核抑止力を維持―ロシアメディア

安倍首相が45分間の米議会演説で語ったこと

「安倍首相、議会演説で謝罪を」=元慰安婦らが集会―韓国

沖縄知事、日米首脳の辺野古確認に「強い憤り」

特別取材:日米は731部隊の細菌戦の罪を密かに覆い隠している―日本人学者、近藤昭二氏を取材

小出裕章先生:権力者はそこまでやるんだな…ひどい…実に理不尽…

小出裕章先生:権力者はそこまでやるんだな…ひどい…実に理不尽…


「日本の一番長い日」「日本のいちばん醜い日であった」

本木雅弘演じる昭和天皇の姿も!役所広司『日本のいちばん長い日』特報公開!

●昨日は、「昭和の日」街宣車がやたらと「君が代」を流し、うるさかった!!
警察は取り締まらない!!(グルになっているのか?)

●安倍さんががんばってアメリカの上下両院の合同議会で過去の秘密を隠し続けるために演説をした?
天皇制護持の為に結んだ密約(731部隊の人体実験、細菌戦を実施した時のデータの公表はしない)の解明がいよいよ難しくなる?
人体実験・細菌戦の資料はますます開示されなくなる。原爆の非人道性も、日本政府は強く訴える事はないだろう。ポーズで核拡散防止を訴える事はあっても。
アメリカの核の傘の下、日米同盟はますます強化され、日本の軍事力は増強され、思想統制が厳しくなる?


●今週の某週刊誌が“「あの戦争」を読む”という記事で著名な歴史家HとSの対談を載せている。

そこには細菌戦のことも書かれていて、「ハバロフスク公判書類」『細菌兵器ノ・・・・』がソ連のプロバガンダとH氏、S氏が共に言っている。
この本は、アメリカが731のデータを全て独占し、その代わりに731部隊員を全員戦犯免責にしたことから、ソ連が独自にハバロススクで日本の細菌戦の裁判を1949年12月にやり、それに基づいて書かれた本だ。
・プロバガンダではなく、ソ連が日本が犯した細菌戦の非人道的な行為を世界に訴え、東京裁判では訴えられなかった天皇裕仁を再び裁判にかけようとしたものだ。
アメリカはこれを、ソ連のシベリア抑留した捕虜の強制労働を隠蔽するためにしたものだとして、でっち上げだとして無視した。

・もう1つH氏は「日本人に見せるためにだけにこの本を造ったのがすごい」と言っているがこれは近藤氏によればロシア語を含めて7ヶ国語に翻訳され、世界に公開されたとのこと。
ハバロフスク裁判 


こうやって、日本やアメリカは731の人体実験・細菌戦の事実の隠蔽に必死だ!!


特別取材:日米は731部隊の細菌戦の罪を密かに覆い隠している―日本人学者、近藤昭二氏を取材
【新華社東京4月27日】日本のNPO法人「731部隊・細菌戦資料センター」の共同代表、近藤昭二氏が近ごろ新華社記者の取材に応じた際、日本は戦後米国に全ての731部隊の研究資料を渡すことを条件に、米国と昭和天皇と細菌戦の責任者の戦争責任を問わないという裏取引を行っており、今日まで日本と米国はまだ関連史料を公開していないと語った。

近藤氏は次のように語った。日本への戦後統治を順調に実現させるため、米国は日本の天皇制を維持させる必要があった。天皇の戦争責任を問わないという点で、日米は利益において合意に達していた。同時に、ソビエト連邦に対抗する必要により、米国は731部隊の研究資料がソビエト連邦の手に渡るのを見たくない。石井四郎(731部隊の創始者)はこの機に乗じて米国に交渉を持ちかけ、この裏取引が最終的に成立させた。日本は全ての731部隊のデータ資料を米国に渡し、また米国は昭和天皇と石井らの責任を問うことはなかった。

「私はかつて極東国際軍事裁判の審判に参与した米国人検察官と自ら話をしたことがあります。その検察官の話によると、東京に到着する前に、彼の上司であるキーナム(音訳)氏が天皇の戦争責任は問えないと伝えていたと言っていました。米国は最初から天皇制の維持を決めていたんです」と近藤氏は語った。

近藤氏は、細菌や毒ガスなどの生物・化学兵器は経済的且つ実利的で、銃砲と比べ殺傷能力や致死率が高く、自然資源の乏しい日本にとってはたいへん魅力があった。当時、国際社会では細菌兵器や毒ガスの使用禁止が取り決められていたが、日本は厳守しなかったと指摘している。

近藤氏は「生物・化学兵器の研究は非常に危険で、その濫用を阻止できるのはつまり倫理です。倫理の厳格な制限がない場合、戦時に731部隊が行った細菌戦が繰り返されないとはとても保証しかねます」、「私たちは必ず厳格な審査機関を設立することで関連の研究が生命理論に合っているかを監督しなければなりません。そして過去の歴史に対して厳格な検証を行うことが、ちょうど倫理体制を構築させる重要な材料となるのです。」と語っている。

731部隊の罪を暴き続ける、ペスト被害の生存者たち





731部隊めぐる日本と米国の密約、ジャーナリストの近藤昭二氏語る

「731部隊はどこまで明らかになったか、この部分はまだ謎」
4月26日近藤昭二講演 001 

4月26日近藤昭二講演 002 

4月26日近藤昭二講演 003 

4月26日近藤昭二講演 004 

4月26日近藤昭二講演 005 


●映像でみる731部隊とは
(参考)黒い太陽731 


終戦50年特別企画
731部隊(アメリカとの取引き・戦犯免責の経緯、部隊員の証言等)


知ってるつもり「731部隊と医学者たち」


731細菌部隊と帝銀事件との真相1


●731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?





・戦争を主導した大元帥、昭和天皇を始め、陸軍参謀総長、閑院宮、海軍軍令部総長、伏見宮、南京大虐殺に関わった上海派遣軍司令官、朝霞宮、影で動いた三笠宮、731部隊と関係のあった竹田宮等々、天皇、皇族は誰一人東京裁判で裁かれなかった!!
金と地位がそうさせたのか?

裕仁の朝廷は1940年10月、戦争が敗北に終った場合に天皇制を守ることを目的とした後方計画を開始した。
第1段階は皇族を責任ある地位から退ける事であった。
第2段階は彼らが戦争準備の過程で何の役割も演じなかったかのように見せかける表向きの筋書きをつくることであった。
菊の垂幕の背後への引退は、10月3日に・・・・75歳の閑院宮が、陸軍参謀総長の職を辞した時に始まった。・・・(『天皇の陰謀』下 バーガミニ著P134 より)

・アジアで多くの人々が虐殺されたのに、天皇はじめ皇族方は誰も処刑されなかった?
・731部隊での人体実験と細菌戦の最高責任者は誰だ?
・沖縄戦で多くの日本人が犠牲になった。その沖縄をアメリカに渡したのは誰だ?
・恐怖政治により、思想犯は拷問にかけられ、投獄され、死んだ者も多かった。
・1945年5月25日の東京の空襲では皇居の一部が燃えた。火事を防げなかった消防士は後に射殺体となって発見された!!
・(1942年)3月10日、マッカーサーがコレヒドールから脱出の大逃避行に出発する数時間前、英国外相イーデン卿は下院での演説において、全世界に向かい、日本が香港において忌まわしい残虐行為を広範に行ったことを明らかにした。・・・・3月13日に木戸内大臣は裕仁にイーデンの香港事件暴露の演説のことを報告した。裕仁はこのようなことの再発を防ぐ方策は何もとらなかった。裕仁の叔父達や軍関係の助言者達の立場は日本軍は残虐行為を犯すことによって自己の任務を一層忠実に遂行するようになるし、また敵に降伏してはならない、もし降伏すれば彼らが敵に対してした事を自分達に対してされるのだ、ということを彼らに信じさせるためにも必要であるというものであった。(『天皇の陰謀』下、バーガミニ著P335)
日本軍より虐殺と強姦も多発していた



●摂政時代の裕仁(ひろひと)

この写真は大正天皇崩御の一週間前、1926年12月18日に宮内省(昔はでかかった。庁ではなく省)から発表されたもの。
大正天皇が病気だった5年の間日本を統治していたので、裕仁は日本の為に自分がどうすべきか、それをどう実行に移すべきかを既に天皇になる前に知っていた。
夢は、八紘一宇の世界?大日本帝国か?ご趣味は生物学。国民は臣民、民草。天皇の股肱。
体制を批判すると治安維持法で検挙され、拷問にかけられ、殺された。

三木清

・・・1930年代末から1940年代にかけては、抜群の語学力を生かして、ヨーロッパの最先端の知的成果を取り入れながら、マルクス主義をより大きな理論的枠組みのなかで理解しなおす「構想力の論理」を企てていたが、未完で終わる。さらに最後には親鸞の思想にふたたび惹かれている。
1945年、治安維持法違反の被疑者高倉テルを仮釈放中にかくまったことを理由にして検事拘留処分を受け、東京拘置所に送られ、その後に豊多摩刑務所に移された。この刑務所は衛生状態が劣悪であったために、三木はそこで疥癬をやみ、また腎臓病の悪化とともに、体調を崩し、終戦後の9月26日に独房の寝台から転がり落ちて死亡していることが発見された。48歳没。・・・敗戦からすでに一ヶ月余をへていながら、政治犯が獄中で過酷な抑圧を受け続けている実態が判明し、占領軍当局を驚かせた。旧体制の破綻について、当時の日本の支配者層がいかに自覚が希薄であったのかについての実例である。この件を契機として治安維持法の急遽撤廃が決められた。



●敗戦前から敗戦後の流れを想像してみると?
アメリカは、戦争中から日本人が天皇を神とあがめている事を知っていた。それを利用して占領統治円滑に進めようとした。日本とアメリカは敗戦前から、交渉を極秘にしていて、日本政府も空襲の事、原爆投下の情報をあらかじめ入手していた。そして広島に原爆が投下されるときに、畑俊六(当時第2総軍司令官)に第2総軍を広島に集めさせ、敗戦後に日本で天皇制打倒の反乱が起きないように壊滅させた。
・広島に原爆が投下されると、アメリカに心象をよくしようと日本医学者が現地に入り、原爆の被害状況を調べて181冊の報告書を作成し英文にしてアメリカに敗戦後渡した。(治療はほとんどしない)

8月14日から15日には宮城で某宮様が中心となって偽装クーデターを起こさせ、天皇の力を見せ付ける場面を作り第1総軍もおさえた。そして阿南(あなみ)陸相を自決させ、降伏の段取りをした。

マッカーサーの主張などによりアメリカは、秘かに天皇制護持を容認していた。
アメリカも日本に配慮し、マッカーサーの日本上陸を余裕を持たせた。それまでに日本政府は、天皇の戦争責任に関わる極秘文書を焼却した。
・1945年8月30日にマッカーサーが厚木飛行場に降り立った時、「ジェネラル石井はどこにいるか?」と言って、部下にその行方を探させた。
・アメリカ占領軍の上層部は、石井四郎を早くから探し出し懇意にしていた。1945年11月20日行方不明のはずの石井四郎と若松町の石井の家で6名の米軍将校と会食をしている。
・占領軍上層部は中国の情報や日本人捕虜によって人体実験・細菌戦の情報の大まかな部分はつかんでいたが詳しい情報は得ていなかった。
・占領軍上層部は、天皇を利用した占領統治を優先するため、天皇の戦争責任が問われる問題は、東京裁判では取り上げなかった。
・731部隊の事は、細菌兵器開発に後れを取っていたアメリカが、極秘に調査団を送って調査させた。
・731を調べる調査団が来日したが、サンダース、トンプソンの時は、731部隊員は人体実験の事を極秘命令なので口を割らなかった。
・1947年1月、ソ連が柄沢の供述から、人体実験の情報を得たので、石井の訊問を要求した。アメリカは、事前に石井から人体実験の情報を聞き出し、ソ連には、アメリカと組み、うまく芝居を打って情報を与えなかった。
・1947年6月にアメリカは、731部隊の人体実験に関するフェルレポート、12月にヒルレポートを作成した。
・GHQ法務部のニール・スミスが、「捕虜に対する人体実験及び解剖」という明確な罪状によって、平房の石井部隊、新京の第100部隊や東京の陸軍軍医学校の医師や関係者などを根こそぎBC級戦犯として法廷に持ち込もうとしたが、参謀2部のウィロビーが法務部の調査を中止させた。
・1948年1月26日「帝銀事件」が起き、捜査が731部隊に及びそうになると、またもやGHQは731部隊の関係者の捜査を中止させた。
・占領時アメリカは、郵便や報道を厳しく検閲し、日本国内で原爆の事や731部隊の情報が出ると厳しく取り締まった。1950年代に入り「ハバロフスク裁判資料」が出たが、ソ連のシベリア抑留などの戦争犯罪を隠すものだとしてまともに取り上げなかった。
・戦後731部隊員がアメリカに渡り、A(炭疸菌感染)レポート、G(鼻疽菌感染)レポート、Q(ペスト菌感染)を書き上げ、アメリカの生物兵器開発に協力した。 
・戦後、アメリカ政府・日本政府は731の情報【奉天の捕虜収容所の聞き取り文書やフェルレポートの各論、衛生学校記事(一部開示)、その他】を行方不明として隠している!!



あの戦争が、侵略戦争であり、多くのアジアの人々の命を奪った事は、紛れもない事実であり、大変な犯罪行為であった。とりわけ、中国では、毒ガス戦・細菌戦を頻繁に行い、残忍な殺戮も多かった。




【5/9】第15回 水俣病記念講演会
1956年5月1日に発生が報告されて以来半世紀、水俣病は日本が強引に近代化を進める中で惹き起こされたために、またあまりに悲惨であったために、現在もなおこの社会を鋭く問うています。・・・

「いま、人として」

2015年5月9日[土]午後1時―4時30分(12時30分開場)有楽町マリオン朝日ホール

・チッソと雅子
雅子の母方の祖父江頭豊は60年代取締役、70年代会長、相談役の要職にあり、水俣病の原因が工場にあると知りつつの操業をとめようとしなかった。
・チッソと昭和天皇
チッソは、戦前朝鮮で電力事業を手がけ、大もうけした。
1931年と1949年に昭和天皇はチッソ水俣工場に行幸した。
・1942年確認できる最初の水俣病患者が発病
・田宮猛雄とチッソ
北野政次731部隊2代目隊長(東大卒)が戦後東大伝研に現れたとき、それを庇護したのは田宮猛雄伝研所長であった。田宮は日本医学会の大ボスで、多くの伝研所員を「徴兵逃れ」を餌に731部隊や同仁会に送り込んでいた人物。
昭和20年9月2日、東大助教授A(伝研2部)は1644部隊(南京栄部隊)で行った人体実験を苦にして自分の研究室でガス自殺をしている。(以上「731部隊細菌戦の医師を追え、高杉晋吾著より)
「医学界主流にあった東京大学医学部を中心として作られた田宮委員会は、水俣病つぶしの有力な手段であり、日本化学工業協会とチッソから研究費をもらっていたが、表に出ないもくろみは、米国の公衆衛生院(NIH)から熊大へ支給された三万ドルの研究費をねらったらしいことが、複数の関係者の証言で裏づけられる。」医学は水俣病で何をしたか 宇井純より

日本人を大量虐殺した天皇家の皇太子妃・雅子の一族

水俣病Q&A 

水俣病 


●国策と犠牲



特別講演
「医師の歴史的・社会的責任ー731部隊ーABCC・RFEF・予研(感染研)・IAEA・UNSCEAR・日本財団ー重松逸造ー山下俊一・長瀧重信という人脈を解くー」
松井英介
4月7日NPO731細菌センター総会 005 




長崎新聞3月9日







●日本医学会総会

日本医学会総会、京都で開幕 山中教授講演、震災も議論


日本で医学シンポジウムを開催、731部隊などの医学犯罪問題について討論す

日本医学会総会では、なぜ731部隊のことが話し合われないのですか?

まだ、戦中の思想から脱却できない?(密約の影響?上からの命令、731の事は口にするな!!)
科学動員・・・日本に近代科学が定着するのは明治期であるが、それは富国強兵策の一環としてであった。つまり科学・科学者ははじめから国家に奉仕する科学あるいは科学者であった。すなわち富国強兵のための手段の1つであったのだから。『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より


ドイツ精神医学精神療法神経学会は戦時中の残虐行為について謝罪表明しているのに!!

戦争であれば、「お国のため」ということで残虐行為は許される?

天皇陛下が、慰霊の旅を続けられている。
天皇、皇后両陛下 70年前の戦跡残るパラオへ「慰霊の旅」

陛下は、731部隊跡地や南京には行かれないのですか?

ノーベル医学賞を受賞された山中教授や神の手を持つ天野教授などは、731をどの様に思っているのでしょうか?

安倍首相はなぜこういうパフォーマンスを故意にするのですか?

お祖父さんの岸信介は満洲に731部隊の施設が完成する頃にいましたが、岸は731についてよく知っていたのではないですか?
1936年(昭和11年)10月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満。1937年(昭和12年)7月には産業部次長、1939年(昭和14年)3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-30 08:51:09 | Weblog
「医は仁なり」ではなく
まさしく、「医は意なり」!!
日本医学会の総会は皇太子を迎え、無事に終ったかどうかは知りませんが、このポスターを「医は意なり」とはどういうことか考えてしまう。
その1
731部隊めぐる日本と米国の密約、ジャーナリストの近藤昭二氏語る

その2
院長「調査報告書に誤認」 - 生体肝移植4人死亡

その3
憲法では、戦力は保持しない事になっているが、それはまったく無視され、国防費は年々増額され、国民にはその使い道が不透明!!
研究者の成果はいったい何に使われる?テロ対策で研究費が増額されたが、反対にそれが生物化学兵器の開発に使われていないか?
731部隊の戦後、化学戦 




その4
皇太子さま、「世界水フォーラム」にビデオメッセージ
私は、水の件では、関東軍防疫給水部(731)を連想してしまう。
石井が、天皇の前で濾過したおしっこを飲んだ?石井式濾水機。
石井四郎と天皇の接触「死の工場」シェルダン・H・ハリス著p84(柏書房)より


その5
日本医学会総会と聞くと、この写真を思い出してしまう。戦後の医学界は731の事は、上層部の圧力で反省できないでいる!!
1942年、東大の安田講堂の前で撮られた記念写真、国家総動員法はすでに1938(昭和13)年には発令され、帝大の先生方は嫌がる弟子達を「お前を破門するぞ!」などと脅しながら731部隊へ送った。この写真には、石井(初代、第3代731部隊長)、北野(第2代731部隊長)、増田知貞(1644部隊、部隊長代理)など731部隊の日本医学会に於ける力を見せつけている!!東大・京大・慶大等の先生方は、治安維持法におびえ、国家に協力せざるを得ない状況に追い込まれていた!!もちろん、積極的に陸軍軍医学校防疫研究室(新宿)の嘱託となり、731に指示を出していた先生?方もいた!!皇国日本の為に?

医学者も「八紘一宇」のための戦争に駆り出された!!
「医の倫理の問う」p60秋元寿恵夫著より(勁草書房)

「医学者たちの組織犯罪」p222常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦部隊と自決した2人の医学者(常石敬一、朝野富三著)より(新潮社)



中国侵略旧日本軍第七三一部隊遺跡中心エリアでの考古整理作業が完了
復元されつつあるロ号棟(捕えられた中国人・ロシア人などがここに入れられ、様々な生体実験、生体解剖がなされ、細菌兵器の開発を進めたところ)
ハルピンの731部隊跡(現在)



●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

1938年 御前会議

同じ事は統帥部長が大陸命、大海令に基づいて出す更に重要な命令や指令についてもいえる。まず陸海軍の作戦課で作られた草案は、部課長クラスにより修正され、次長から総長へと指揮系統に沿って上げられてゆき、発令される前に天皇の裁可を仰ぐため最終的には天皇に上奏される。このように、日本の戦争体制全体の活力となったばかりか、侵略戦争を遂行するための政策、戦略、命令を注意深く吟味して裁可した自由に行動できる個人として、天皇の責任はきわめて大きい。
p285より


●天皇と731の関係は?
・天皇は生物兵器に関心があった。(『死の工場』シェルダン・H・ハリス著(p229)

1925年9月赤坂御所に生物学研究所設置「昭和天皇」p61ハーバード・ピックス著(講談社)

1925年、ジュネーブ協定締結・・・毒ガスの禁止だけでなく、ポーランド代表の提案を入れ、細菌兵器の使用禁止もうたっている。・・日本とアメリカは批准しなかった。石井四郎、遠藤三郎に細菌戦の重要性を主張!!「医学者たちの組織犯罪」p60 常石敬一著より(朝日新聞社)

天皇の神格化1928(昭和3)年即位の礼(天皇:大元帥27歳)(約1年間かけて行われ、最後は大嘗祭)裕仁は現人神(あらひとがみ)になる。
27歳の若さで現人神?頭の中では大日本帝国の夢が膨らんでいたのであろうか?

大日本国憲法では
第三條
天皇ハ聖ニシテ侵スヘカラス
第四條
天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
第十一條
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
となっている。天皇が神で神聖であり、元首であり、陸海軍に責任を持つことになっている。

ところが戦後補償裁判では「国家無答責」の法理によって、国・天皇の責任が一切追及されない。
何で、戦後も旧憲法が生きているのか?
(参考)国家無答責の法理(こっかむとうせきのほうり)とは、国家無答責の原理ともいわれ、大日本帝国憲法のもとでは官吏は天皇に対してのみ責任を負い、公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする法理をいう。

1925年・・・治安維持法制定(国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。)
昭和3年(1928年) 昭和天皇 即位の大礼


・1928(昭和3)年、昭和天皇の即位式・・・ほぼ1年かけて現人神・大元帥になった。(27歳)
日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台もこの時期に築かれた。1928年、田中内閣は化学・生物兵器禁止国際議定書〔1925年調印の「窒素生ガス、毒性ガス又はこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」のこと。日本の批准は1970年〕の批准を見送った。翌年には枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎてとても実行できないと言う。・・「昭和天皇」p170ハーバード・ピックス著(講談社)
・1929(昭和4)年、昭和天皇、陸軍軍医学校視察、どのような目的があったのか?(軍医学校の中に1932年に防疫研究室が設置され、33年に規模を拡大。多くの京大や東大の教授達が嘱託として働き、731部隊などにいろいろな指令を出した。)「陸軍軍医学校50年史」より
軍刀には不思議な力がある?



・小泉元中将と助教授を結び付ける唯一の“接点”も細菌戦部隊だった。小泉は陸軍省医務局長時代、細菌戦準備を提唱した石井四郎元中将の最もよき理解者の1人であったし、後援者でもあった。小泉元中将の支援なくして日本の細菌戦部隊はありえなかったと言ってもよい。
その細菌戦部隊とかかわり、そこで人体実験を強いられたのが、自殺した助教授である。彼は医学者としては、手を染めてはならない人体実験を繰り返し、その良心の呵責から死を選んだのである。
小泉元中将を、日本の細菌戦を推進し、大きな流れを作った人物と位置づければ、助教授はその流れに巻き込まれ、のみ込まれた1人といえよう。・・・
(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』常石敬一・朝野富三著より)
小泉親彦・・・1932年(昭和7年)、近衛師団軍医部長に就任。1933年、陸軍軍医学校校長。1934年(昭和9年)、陸軍軍医総監(陸軍中将相当官)となり陸軍省医務局長に就任。1937年(昭和12年)、官名が陸軍軍医総監から陸軍軍医中将に改められた。階級としては、軍医中将は軍医として最高位である。1940年(昭和15年)、勲一等旭日大綬章受章。1941年(昭和16年)、第3次近衛内閣で厚生大臣に就任、次の東條英機内閣でも留任した。
1945年(昭和20年)、連合国軍の取り調べを拒否し、割腹自殺を遂げた。
軍医時代の小泉の大きな仕事
1、厚生省設置の推進  2、日本における毒ガス戦の基礎を築く  3、防疫研究室新設に協力し、この近衛師団軍医部長を兼務していた時、近衛師団の土地約5000坪の土地を「譲与」した。(1933年10月、新たな防疫研究室完成)
・厚生省とは国民の健康を増進するために作られたのではなく、強い兵隊を作るために作られたのか?
・毒ガスの人体実験は平房の731部隊の施設で516部隊と合同で行った。
・陸軍軍医学校と防疫研究室は、地下道でつながり、その地下道には、コンクリート製の水槽があって、ホルマリンの中に死体が、15、6体浮かんでいた。(『証言731石井部隊』郡司陽子著)(731部隊で、生体解剖したものを飛行機で研究室まで運んだのか?)
小泉親彦(こいずみちかひこ)

1933年防疫研究室完成(731部隊の司令塔)、1936年(陸軍軍医学校50周年)遂に防疫機関(731部隊)の新設をみるに至れり。
ここで、防疫研究室新設の理由として、欧米各国と比べ「我が国に之が対応施設なく」と述べられている。しかしすでに軍医学校にはこの研究室より規模も大きく、名称も似かよっている「防疫部」が設けられていたのである。対応施設云々こそ、細菌戦研究の研究室である事を、暗に認めたものであろう。この表現でも、一般に公開することを予定した文書においては、ぎりぎりの線であろう。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より)
『陸軍軍医学校50年史』P184 

防疫研究室『陸軍軍医学校50年史』より

731部隊全景(『続・悪魔の飽食』森村誠一著)

・4宮殿下、陸軍軍医学校50周年式典にご臨席・・・731部隊(細菌戦)・毒ガス戦にかける思いも強かったのでは?
閑院宮(かんいんのみや)・・・1931年~40年陸軍参謀総長
梨本宮・・・元帥、敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。
朝香宮・・・1937年(昭和12年)12月2日、上海派遣軍司令官を拝命し、直後の南京攻略戦に参加。南京大虐殺に関与。
東久邇宮(ひがしくにのみや)・・・太平洋戦争時は防衛総司令官・陸軍大将に就く

・4宮殿下陸軍軍医学校の50周年の式典に臨まれる。


久邇宮(香淳皇后の父親)・・・生物学戦争についての情報を提供し続けた?

・永田鉄山・・・石井の特に細菌戦研究についての主張は、陸軍省や参謀本部において次第に支持を集めて行った。彼の意見を支持した人間のうち最も有力な人物が、1931年当時陸軍省軍務局軍事課長(陸軍中佐)で、1934年には実質的に最も力を持っていた局長である軍務局長(陸軍少将)に就任する永田鉄山だった。ちなみに、後に石井部隊が創設されてから、部隊長の石井の部屋には永田鉄山の胸像が飾られていたという。国家総動員を唱えていた。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著)

・1937年(昭和12年)・・国民精神総動員【第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。】「国体の本義」(神勅や万世一系が冒頭で強調されており、国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。)
・1938年(昭和13年)・・国家総動員法発令【総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。】
・1941年(昭和16年)・・「臣民の道」7月の第3次近衛内閣時に文部省教学局より刊行された著作である。欧米の個人主義思想を否定し、ただ国体の尊厳を観念として心得るだけでなく、国家奉仕を第一とする「臣民の道」を日常生活の中で実践する在り方を説いている。
戦陣訓発表 (生きて虜囚りょしゅうの辱はずかしめを受けず、死して罪禍ざいかの汚名おめいを残すこと勿なかれ。)


1940年(昭和15年)皇紀2600年?に東京オリンピックを開催する予定だった。

道徳の強化、「日の丸」・「君が代」の強制、秘密保護法で隠す動き、軍事力強化、集団的自衛権を行使可能にする流れは
何か昔の動きと似ていませんか?

オリンピックよりも、脱原発、福島・東日本の復興にお金をかけたらいかがですか!!






●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

著者より読者へ

私はまた、いっそうの注意を払い、1952年の占領の終了以後、日本の報道機関が表した、およそ30万ページの、伝記、再現報道、そして省かれていた文書の復元物などを調べた。そうして私は、ことに、多くのインタビューを基にした再現報道の中から、一語一語に注意して読むに値する数千ページの資料を発見した。私は、高い当局筋に関する資料(#)は二次資料として最重要なものであり、それはなまじの一次資料より、はるかに正直に事を語っていると思う。また、戦争を生き延び、いまだ生存している、有力な老人たちから口述で得られる情報も、価値あるものである。

(#) ことに、退役した特高警察少将、おおたに けんじろう〔漢字名不詳〕による2巻の回想録、皇后の兄〔弟〕の私的出版による小冊子、退役した陸軍諜報部の、たなか たかよし〔漢字名不詳〕中将による未発表の5,000ページの大作、そして、むろふし てつろう、たかはし まさえ、ふじしま たいすけ、しまだ としひこ、秦郁彦、おやけ そういち、あがわ ひろし、くろだ ひさた〔各漢字名不詳〕、による文献である。

私は、こうしたすべての資料を、慎重にではるが、徹底的に使用した。それらを扱うにあたっては、時間的前後関係と因果関係に高い信憑性をおいた。私は、古い新聞記事であるとか、日本人が着いていた地位であるとか、個人記録にある記述(ж)とかといった、日本人のとった行動の論争の余地のない記録をことのほか重視した。私が著したニュアンスや説明は、ほとんどそのすべてが口述によって表されたものである。情報提供者の何人かは、匿名を条件としたが、それを求めなかった人もいた。幾人かは、私が彼らに会見したことを、まったく秘密にするよう望んだ。現代の日本でも、あまりに自由に語ると危険をもたらすことがあるため、私は彼らとのそういう約束を守った。

(ж) そのほとんどは、自衛隊の非制服職員である秦郁彦の好意によって提供されたものである。秦氏は『日中戦争史』や『軍ファシズム運動史』の著者である。









●日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめてなおも歩き続ける
軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光
住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日々
長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より




混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・『731部隊 細菌戦の医師を追え(今も続く恐怖の人体実験)』(高杉晋吾著 徳間書店)

Ⅵ 米謀略資金とツツガ虫病人体実験

米軍援助資金の契約の窓口・元石井部隊研究者


浅沼はマスコミの取材に対してこう答えていた。
「もし米陸軍406部隊との共同研究なら先方の意志がかなり入って来るはずだが、我々の研究グループは学者の自主性に基づいて独自のプログラムを組んで研究を進めており、軍事利用は考えられない」
北岡正見も次のように答えている。
「ヒモ付き研究にありがちな密室性は全く無く、むしろ援助資金のおかげで日本中の詳しいツツガ虫病の発生地図を作ることができ日本の研究水準が上がられた」
私は、①自主性を持ったグループで、②独自のプログラムを組み、③秘密性は無く、④ツツガ虫病発生地図を作るなど日本の研究水準が上げられた、という浅沼や北岡らの見解を全部否定するつもりはない。しかし「軍事利用は考えられない」というのは随分とぼけた見解だと思った。
軍隊が出す資金による研究に「軍事利用は考えられない」という見解はまず一般的には成り立つものではない。軍隊が出す研究資金は「軍事利用が前提だ」と考えるのがこの世の常識である。アメリカ軍は慈善鍋を並べてラッパを吹くおもちゃの軍隊ではないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-29 07:23:21 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 


●今日は、「昭和の日」国民の祝日になっている。
あの戦争を起こした昭和天皇の誕生日が「昭和の日」として休日にされるのには抵抗がある。おかしくありませんか?
この日にあわせて、安倍は戦争の謝罪もせず、米上下両院で演説。いったいいくらの金が動いたのだろう?
昭和天皇の戦争責任を感じる者にとって、なんともいたたまれない!!
天皇「裕仁」は、戦争を起こした人だからヨーロッパでは有名だろう!!
安倍は侵略戦争の反省をしないからアジアで有名?
“国旗・国歌対応” 大学教授らが反対声明
欧米は昭和天皇、アジアは安倍首相=「知っている日本人」1位―新聞通信調査会[時事]
やはり、安倍首相と天皇家はつながっていた!!
天皇と親戚の安倍晋三首相


特別取材:日米は731部隊の細菌戦の罪を密かに覆い隠している―日本人学者、近藤昭二氏を取材
【新華社東京4月27日】日本のNPO法人「731部隊・細菌戦資料センター」の共同代表、近藤昭二氏が近ごろ新華社記者の取材に応じた際、日本は戦後米国に全ての731部隊の研究資料を渡すことを条件に、米国と昭和天皇と細菌戦の責任者の戦争責任を問わないという裏取引を行っており、今日まで日本と米国はまだ関連史料を公開していないと語った。

近藤氏は次のように語った。日本への戦後統治を順調に実現させるため、米国は日本の天皇制を維持させる必要があった。天皇の戦争責任を問わないという点で、日米は利益において合意に達していた。同時に、ソビエト連邦に対抗する必要により、米国は731部隊の研究資料がソビエト連邦の手に渡るのを見たくない。石井四郎(731部隊の創始者)はこの機に乗じて米国に交渉を持ちかけ、この裏取引が最終的に成立させた。日本は全ての731部隊のデータ資料を米国に渡し、また米国は昭和天皇と石井らの責任を問うことはなかった。

「私はかつて極東国際軍事裁判の審判に参与した米国人検察官と自ら話をしたことがあります。その検察官の話によると、東京に到着する前に、彼の上司であるキーナム(音訳)氏が天皇の戦争責任は問えないと伝えていたと言っていました。米国は最初から天皇制の維持を決めていたんです」と近藤氏は語った。

近藤氏は、細菌や毒ガスなどの生物・化学兵器は経済的且つ実利的で、銃砲と比べ殺傷能力や致死率が高く、自然資源の乏しい日本にとってはたいへん魅力があった。当時、国際社会では細菌兵器や毒ガスの使用禁止が取り決められていたが、日本は厳守しなかったと指摘している。

近藤氏は「生物・化学兵器の研究は非常に危険で、その濫用を阻止できるのはつまり倫理です。倫理の厳格な制限がない場合、戦時に731部隊が行った細菌戦が繰り返されないとはとても保証しかねます」、「私たちは必ず厳格な審査機関を設立することで関連の研究が生命理論に合っているかを監督しなければなりません。そして過去の歴史に対して厳格な検証を行うことが、ちょうど倫理体制を構築させる重要な材料となるのです。」と語っている。

731部隊の罪を暴き続ける、ペスト被害の生存者たち





731部隊めぐる日本と米国の密約、ジャーナリストの近藤昭二氏語る

「731部隊はどこまで明らかになったか、この部分はまだ謎」
4月26日近藤昭二講演 001 

4月26日近藤昭二講演 002 

4月26日近藤昭二講演 003 

4月26日近藤昭二講演 004 

4月26日近藤昭二講演 005 


●映像でみる731部隊とは
(参考)黒い太陽731 


終戦50年特別企画
731部隊(アメリカとの取引き・戦犯免責の経緯、部隊員の証言等)


知ってるつもり「731部隊と医学者たち」


731細菌部隊と帝銀事件との真相1


●731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?





・戦争を主導した大元帥、昭和天皇を始め、陸軍参謀総長、閑院宮、海軍軍令部総長、伏見宮、南京大虐殺に関わった上海派遣軍司令官、朝霞宮、影で動いた三笠宮、731部隊と関係のあった竹田宮等々、天皇、皇族は誰一人東京裁判で裁かれなかった!!
金と地位がそうさせたのか?

裕仁の朝廷は1940年10月、戦争が敗北に終った場合に天皇制を守ることを目的とした後方計画を開始した。
第1段階は皇族を責任ある地位から退ける事であった。
第2段階は彼らが戦争準備の過程で何の役割も演じなかったかのように見せかける表向きの筋書きをつくることであった。
菊の垂幕の背後への引退は、10月3日に・・・・75歳の閑院宮が、陸軍参謀総長の職を辞した時に始まった。・・・(『天皇の陰謀』下 バーガミニ著P134 より)

・アジアで多くの人々が虐殺されたのに、天皇はじめ皇族方は誰も処刑されなかった?
・731部隊での人体実験と細菌戦の最高責任者は誰だ?
・沖縄戦で多くの日本人が犠牲になった。その沖縄をアメリカに渡したのは誰だ?
・恐怖政治により、思想犯は拷問にかけられ、投獄され、死んだ者も多かった。
・1945年5月25日の東京の空襲では皇居の一部が燃えた。火事を防げなかった消防士は後に射殺体となって発見された!!
・(1942年)3月10日、マッカーサーがコレヒドールから脱出の大逃避行に出発する数時間前、英国外相イーデン卿は下院での演説において、全世界に向かい、日本が香港において忌まわしい残虐行為を広範に行ったことを明らかにした。・・・・3月13日に木戸内大臣は裕仁にイーデンの香港事件暴露の演説のことを報告した。裕仁はこのようなことの再発を防ぐ方策は何もとらなかった。裕仁の叔父達や軍関係の助言者達の立場は日本軍は残虐行為を犯すことによって自己の任務を一層忠実に遂行するようになるし、また敵に降伏してはならない、もし降伏すれば彼らが敵に対してした事を自分達に対してされるのだ、ということを彼らに信じさせるためにも必要であるというものであった。(『天皇の陰謀』下、バーガミニ著P335)
日本軍より虐殺と強姦も多発していた



●摂政時代の裕仁(ひろひと)

この写真は大正天皇崩御の一週間前、1926年12月18日に宮内省(昔はでかかった。庁ではなく省)から発表されたもの。
大正天皇が病気だった5年の間日本を統治していたので、裕仁は日本の為に自分がどうすべきか、それをどう実行に移すべきかを既に天皇になる前に知っていた。
夢は、八紘一宇の世界?大日本帝国か?ご趣味は生物学。国民は臣民、民草。天皇の股肱。
体制を批判すると治安維持法で検挙され、拷問にかけられ、殺された。

三木清

・・・1930年代末から1940年代にかけては、抜群の語学力を生かして、ヨーロッパの最先端の知的成果を取り入れながら、マルクス主義をより大きな理論的枠組みのなかで理解しなおす「構想力の論理」を企てていたが、未完で終わる。さらに最後には親鸞の思想にふたたび惹かれている。
1945年、治安維持法違反の被疑者高倉テルを仮釈放中にかくまったことを理由にして検事拘留処分を受け、東京拘置所に送られ、その後に豊多摩刑務所に移された。この刑務所は衛生状態が劣悪であったために、三木はそこで疥癬をやみ、また腎臓病の悪化とともに、体調を崩し、終戦後の9月26日に独房の寝台から転がり落ちて死亡していることが発見された。48歳没。・・・敗戦からすでに一ヶ月余をへていながら、政治犯が獄中で過酷な抑圧を受け続けている実態が判明し、占領軍当局を驚かせた。旧体制の破綻について、当時の日本の支配者層がいかに自覚が希薄であったのかについての実例である。この件を契機として治安維持法の急遽撤廃が決められた。



●敗戦前から敗戦後の流れを想像してみると?
アメリカは、戦争中から日本人が天皇を神とあがめている事を知っていた。それを利用して占領統治円滑に進めようとした。日本とアメリカは敗戦前から、交渉を極秘にしていて、日本政府も空襲の事、原爆投下の情報をあらかじめ入手していた。そして広島に原爆が投下されるときに、畑俊六(当時第2総軍司令官)に第2総軍を広島に集めさせ、敗戦後に日本で天皇制打倒の反乱が起きないように壊滅させた。
・広島に原爆が投下されると、アメリカに心象をよくしようと日本医学者が現地に入り、原爆の被害状況を調べて181冊の報告書を作成し英文にしてアメリカに敗戦後渡した。(治療はほとんどしない)

8月14日から15日には宮城で某宮様が中心となって偽装クーデターを起こさせ、天皇の力を見せ付ける場面を作り第1総軍もおさえた。そして阿南(あなみ)陸相を自決させ、降伏の段取りをした。

マッカーサーの主張などによりアメリカは、秘かに天皇制護持を容認していた。
アメリカも日本に配慮し、マッカーサーの日本上陸を余裕を持たせた。それまでに日本政府は、天皇の戦争責任に関わる極秘文書を焼却した。
・1945年8月30日にマッカーサーが厚木飛行場に降り立った時、「ジェネラル石井はどこにいるか?」と言って、部下にその行方を探させた。
・アメリカ占領軍の上層部は、石井四郎を早くから探し出し懇意にしていた。1945年11月20日行方不明のはずの石井四郎と若松町の石井の家で6名の米軍将校と会食をしている。
・占領軍上層部は中国の情報や日本人捕虜によって人体実験・細菌戦の情報の大まかな部分はつかんでいたが詳しい情報は得ていなかった。
・占領軍上層部は、天皇を利用した占領統治を優先するため、天皇の戦争責任が問われる問題は、東京裁判では取り上げなかった。
・731部隊の事は、細菌兵器開発に後れを取っていたアメリカが、極秘に調査団を送って調査させた。
・731を調べる調査団が来日したが、サンダース、トンプソンの時は、731部隊員は人体実験の事を極秘命令なので口を割らなかった。
・1947年1月、ソ連が柄沢の供述から、人体実験の情報を得たので、石井の訊問を要求した。アメリカは、事前に石井から人体実験の情報を聞き出し、ソ連には、アメリカと組み、うまく芝居を打って情報を与えなかった。
・1947年6月にアメリカは、731部隊の人体実験に関するフェルレポート、12月にヒルレポートを作成した。
・GHQ法務部のニール・スミスが、「捕虜に対する人体実験及び解剖」という明確な罪状によって、平房の石井部隊、新京の第100部隊や東京の陸軍軍医学校の医師や関係者などを根こそぎBC級戦犯として法廷に持ち込もうとしたが、参謀2部のウィロビーが法務部の調査を中止させた。
・1948年1月26日「帝銀事件」が起き、捜査が731部隊に及びそうになると、またもやGHQは731部隊の関係者の捜査を中止させた。
・占領時アメリカは、郵便や報道を厳しく検閲し、日本国内で原爆の事や731部隊の情報が出ると厳しく取り締まった。1950年代に入り「ハバロフスク裁判資料」が出たが、ソ連のシベリア抑留などの戦争犯罪を隠すものだとしてまともに取り上げなかった。
・戦後731部隊員がアメリカに渡り、A(炭疸菌感染)レポート、G(鼻疽菌感染)レポート、Q(ペスト菌感染)を書き上げ、アメリカの生物兵器開発に協力した。 
・戦後、アメリカ政府・日本政府は731の情報【奉天の捕虜収容所の聞き取り文書やフェルレポートの各論、衛生学校記事(一部開示)、その他】を行方不明として隠している!!



あの戦争が、侵略戦争であり、多くのアジアの人々の命を奪った事は、紛れもない事実であり、大変な犯罪行為であった。とりわけ、中国では、毒ガス戦・細菌戦を頻繁に行い、残忍な殺戮も多かった。




【5/9】第15回 水俣病記念講演会
1956年5月1日に発生が報告されて以来半世紀、水俣病は日本が強引に近代化を進める中で惹き起こされたために、またあまりに悲惨であったために、現在もなおこの社会を鋭く問うています。・・・

「いま、人として」

2015年5月9日[土]午後1時―4時30分(12時30分開場)有楽町マリオン朝日ホール

・チッソと雅子様
雅子様の母方の祖父江頭豊は60年代取締役、70年代会長、相談役の要職にあり、水俣病の原因が工場にあると知りつつの操業をとめようとしなかった。
・チッソと昭和天皇
チッソは、戦前朝鮮で電力事業を手がけ、大もうけした。
1931年と1949年に昭和天皇はチッソ水俣工場に行幸した。
・1942年確認できる最初の水俣病患者が発病
・田宮猛雄とチッソ
北野政次731部隊2代目隊長(東大卒)が戦後東大伝研に現れたとき、それを庇護したのは田宮猛雄伝研所長であった。田宮は日本医学会の大ボスで、多くの伝研所員を「徴兵逃れ」を餌に731部隊や同仁会に送り込んでいた人物。
昭和20年9月2日、東大助教授A(伝研2部)は1644部隊(南京栄部隊)で行った人体実験を苦にして自分の研究室でガス自殺をしている。(以上「731部隊細菌戦の医師を追え、高杉晋吾著より)
「医学界主流にあった東京大学医学部を中心として作られた田宮委員会は、水俣病つぶしの有力な手段であり、日本化学工業協会とチッソから研究費をもらっていたが、表に出ないもくろみは、米国の公衆衛生院(NIH)から熊大へ支給された三万ドルの研究費をねらったらしいことが、複数の関係者の証言で裏づけられる。」医学は水俣病で何をしたか 宇井純より

日本人を大量虐殺した天皇家の皇太子妃・雅子の一族

水俣病Q&A 

水俣病 


●国策と犠牲



特別講演
「医師の歴史的・社会的責任ー731部隊ーABCC・RFEF・予研(感染研)・IAEA・UNSCEAR・日本財団ー重松逸造ー山下俊一・長瀧重信という人脈を解くー」
松井英介
4月7日NPO731細菌センター総会 005 




長崎新聞3月9日





●日本医学会総会

日本医学会総会、京都で開幕 山中教授講演、震災も議論


日本で医学シンポジウムを開催、731部隊などの医学犯罪問題について討論す

日本医学会総会では、なぜ731部隊のことが話し合われないのですか?

ドイツ精神医学精神療法神経学会は戦時中の残虐行為について謝罪表明しているのに!!






・「鉄証如山」・・・731の残虐行為の証拠は山の如く存在する!!
・川田龍平さんが現在の医療問題を熱く語っています!!
・石田勇治氏(東京大学大学院総合文化研究科教授、ドイツ近現代史)が、日本とドイツの謝罪の違いについて語っています。
「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」などより浮かぶ数々の疑問!!
2015/04/12 【京都】医の倫理-過去・現在・未来- 日本医学会総会2015関西並行企画「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」(動画)
封印された真実1 

上記の動画などからの抜粋や想像。
・731部隊や100部隊は、昭和天皇(大元帥)の裁可をうけて軍令陸甲第7号が出され、平房や長春に設置された。
・731部隊では、日本の大義(お国、医学の進歩)のため、医の倫理は全く無視され、人体実験(生体実験・生体解剖)が日常的に行われた。
・お金東京地方裁判所 が余りない日本にとっては、その人体実験を通して、日本軍は細菌爆弾・細菌兵器を作ることが急務であった。
・1999(平成11)年9月22日の東京地裁の判決・・・731部隊については、「…1938年、満州国ハルビンの平房に731部隊のため数十棟の建物を備えた研究所と付属の飛行場が建設された(…細菌兵器の大量生産、実戦での使用を目的としていたものであり、そのため、『丸太』と称する捕虜による人体実験もされた。…〈証拠略〉が具体的であり、右の存在と人体実験がされていたことについては、疑う余地がないと認められる。)。」と認定した。
・1997年の細菌戦の訴訟が起きて、一審、二審の裁判では、細菌戦による原告らの被害事実と日本の国家責任を認定している。時効が成立しているので、賠償と謝罪は認められなかった。その判決文の中で、これ以上の高次な判断は国会の場でやって対処してもらう。という結論を出している。
裁判所が、事実認定して、最高裁で、国会で高次の判断を出しなさいと言っているのに、政府の方は何の動きもしない!!
・細菌戦を実施したことを示す金子順一論文発見(2011年)
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書
・731の番組を作るとき、日本からの情報が出てこないので、アメリカや中国、ソ連の情報を使って、モザイクをしていくような作業で確定して行く。
・敗戦時、日本の将官が命令を出して、日本軍の証拠を2晩かけて焼却処分した。
・習近平体制になってから731部隊の資料(関東憲兵隊の資料)も500ページ平均のものが84冊出している。政府が督励している、国家プロジェクトとしてやっている。日本は隠すばかり、国家間の差がはげしい。日本政府はずっと無視している。ごくわずかの研究者しか検討していない。
・日本政府は731部隊の存在は認めているが、そこで人体実験が行われた事も、中国で細菌戦を行い、被害者が多数出た事も認めていない。
・人体実験が行われて、細菌兵器を作っていたことが全世界にばれると、戦犯として昭和天皇(大元帥)が裁かれるので、日本は、ソ連が参戦するとすぐに731部隊を完全に破壊して、証拠湮滅を急いだ。マルタ(被験者)は全て殺して焼き、松花江(しょうかこう)に捨てた。隊員家族は真っ先に日本へ帰還させた。(多くの残留日本人がいるにもかかわらず)
・マッカーサーは、厚木の飛行場に降りる前から日本軍が生体実験、細菌兵器の開発をしていたのをある程度知っていた?アメリカは日本の文化の特質を研究していた。「菊と刀」の文化より、天皇に対しては忠誠を強いられていることを知っていた。その天皇を使って占領政策を円滑にしようとした。
だから、帝銀事件が起き、731部隊員に捜査が及ぶ事になると、国民に731部隊のことがばれるので(その結果、天皇にもその責任が及ぶ事にもなりかねない)マッカーサーはGHQ法務部の731部隊の調査はやめさせた。極秘に731部隊の事を調べ、データ収集する中で、731部隊員を全員免責にした。軍医であった増田知貞も、取調べ後、公職追放を解かれて大学教授の夢が見えてきたが、直後にオートバイ事故で死亡した。
1945年6月の報告書

・サンダースが平房を視察しようとするとマッカーサーはやめさせた!!(天皇の責任にかかわるから?)

・1945年の敗戦の年の11月に行方不明のはずの石井はアメリカ人将校にディナーを振舞っている。
・天皇を戦犯訴追すると、アメリカの交渉相手がなくなってしまう。天皇家の資産は相当だった。
天皇家の財産
・マッカーサーと天皇の会談は11回極秘に行われ、沖縄の事、731の事、原爆の事さまざまな事について話し合われ、すべて内容は極秘??
密約は731部隊についても存在する?
・731部隊は「バターン死の行進」で生き残った捕虜に奉天監獄で、生体実験を行った。
・奉天監獄で捕虜だったアメリカ人がアメリカ政府に訴えた公聴会の記録も非開示。その事が全米にばれると、731の事が問題になる?アメリカ政府自体が責任を問われる。天皇の事も。だからアメリカと日本を密約を結んだ。情報の非開示。
・クリントン政権では、戦時中のアメリカや日本の情報が情報公開などによって、結構見られたが、ブッシュ、オバマになってからは情報を出していない。日本とアメリカが非開示ということで密約している?
・フェルレポートに列挙された19本のレポートの1つも出ていない。アメリカ政府も開示していない。
・防衛省は衛生学校校長だった金原節三(きんばらせつぞう)が寄贈(2028点)した文書の一部を、市民が裁判を起こしてやっと出したが、肝心な部分は出さない!!最初の3年間のところは4冊しか出していない。金原節三は1941年当時陸軍省医事課長で細菌戦に関与していた。裁判は継続中。
・日本政府にアメリカが返還したとする731部隊の文書を問い合わせても行方不明としてきちん資料を出さない。
・戦後、731で研究されて書かれた論文が、京大や東大などで公然と認められ、博士号が授与されている事実!!(もちろん人体実験のことがあからさまに書かれている。)以下は、西山勝夫氏(滋賀医科大学)の『731部隊関係者等の京都大学における医学博士の学位の授与過程』より

・日本医学会は731の犯罪を追及しようとしている人たちの意見を無視し続けている!!
(『日本医療の原罪』(高杉晋吾著)p16より

・鬼塚氏などの書物を読むと、天皇は2発の原爆投下のことはあらかじめ秘密のルートから情報を得ていた。東京大空襲の情報も得ていたのかもしれない。
アメリカは、取引相手を初めから天皇にしていたのでは。だから、東京大空襲では皇居は狙わなかった。(一部は損害を蒙ったが)
・日本医学界の縦社会を、(体育系)を象徴する例。(教授の言ったことには逆らえない!)
九大生体解剖事件で若い研究生が米兵を採血した後、石山教授が「海水を注射しろ」と言うと、「もうその実験はウサギの実験でやっていますからいいじゃないですか」と返すと、教授は「ウサギじゃ意義?がない」と言って、強行させた。
・中国では戦後70周年ということで731部隊跡の世界遺産への申請に向けて準備が進んでいる。また、細菌戦被害地では、細菌戦の検証ということで「史料集」などがたくさん出る予定!!中国へ行ったときに日本人は過去に中国でどんな事が行われたかを知らないで行くと、驚くことばかりかもしれない。
中国で出されている細菌戦の一般向けの本(表紙)
1941年に日本軍は大量のペスト菌で汚染されたノミ、米、綿を空中投下したため、常徳権県庁所在地及び郊外農村でペスト病の大規模な流行を引き起こした。


将来、こんな記念碑が建つかもしれない?

・医学部に入学すると1年生から解剖に入る。結局人間をモノとしてみて「人と人とが接する」医学教育ではない。
・日本政府は、日本とドイツは全く違うから比較する必要はないと言っているが、違うから比較する必要がある。それぞれのケースをより深く比較しなければならない。
・外務省のホームページ
歴史問題Q&A
問8.ドイツに比べて、日本は過去の問題への取り組みが不十分なのではないですか。

日独両国ともに、「過去の問題」に対して誠実に対応してきています。
一方で、ドイツと日本では、先の大戦中に何が起きたのか、そして戦後どういう状況下で戦後処理に取り組んだのかといった歴史的経緯が全く異なります。例えば、日本は、当時の国際社会によって一般的に受け入れられていた方式に則り、サンフランシスコ平和条約等に従って国家間で賠償等の問題を一括処理しましたが、ドイツは戦後、東西に分断されていたことから、我が国のように国家間で賠償等の問題を一括処理することが出来なかったことなどにより、結果的にナチスの犯罪の犠牲者への個人補償という形をとったものと承知しています。
このように、日本とドイツは、それぞれ異なる方式により戦後処理を行っており、両国の取組みを単純に比較して評価することは適当ではありません。
・石田氏の評価 点数40点・・・大事な事はほとんど触れていない。どのように過去と決着をつけてきたのかきちんと比較する事が大事。
・ドイツは謝罪をしていないという声があるが、それは90年代まではいえたが、その後は指導者が謝罪している。
94年 ローマン・ヘルツォーク大統領・・・ワルシャワ蜂起を鎮圧した50年目の記念日、ポーランドの国会で「ドイツがポーランドに与えた全ての苦しみに対してゆるしを請います。
次の大統領であったヨハネス・ラウは強制労働の補償基金の設立の交渉の始まりに遅すぎた補償を詫びて「私はドイツ支配下で奴隷労働、強制労働を行わなければならなかった全ての人々に思いを馳せ、ドイツ国民の名においてゆるしを請います。私たちは彼等の苦しみを忘れません」という声明を発表している。
・また、ドイツは植民地支配と関係ないだろうと言われることがあるが、2004年シュレーダー政権時の経済開発大臣(女性)がナミビアに出かけて行って、100年前に起きたドイツ帝国軍が現地のヘレロ族の反乱を鎮圧した際、その鎮圧が残虐で20世紀最初のジェノサイドという歴史的評価が与えらたが、それに対して、謝罪をしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-29 07:22:06 | Weblog

●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

1938年 御前会議

大本営の設置によって、昭和天皇は祖父明治天皇さえできなかった行動的な大元帥として振舞う事がより容易であることがわかった。天皇による最高命令の伝達、すなわち大陸命(陸軍に対する統帥命令)、大海令(海軍に対する統帥命令)は、各方面軍司令官、軍司令官、しばしば師団長、艦隊司令官宛にも直接出され、参謀総長と軍令部総長とは天皇の命令の〔伝達者〕として機能した。・・・


●天皇と731の関係は?
・天皇は生物兵器に関心があった。(『死の工場』シェルダン・H・ハリス著(p229)

1925年9月赤坂御所に生物学研究所設置「昭和天皇」p61ハーバード・ピックス著(講談社)

1925年、ジュネーブ協定締結・・・毒ガスの禁止だけでなく、ポーランド代表の提案を入れ、細菌兵器の使用禁止もうたっている。・・日本とアメリカは批准しなかった。石井四郎、遠藤三郎に細菌戦の重要性を主張!!「医学者たちの組織犯罪」p60 常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦、略年表「消えた細菌戦部隊」p238常石敬一著(ちくま書房)


天皇の神格化1928(昭和3)年即位の礼(天皇:大元帥27歳)(約1年間かけて行われ、最後は大嘗祭)裕仁は現人神(あらひとがみ)になる。
27歳の若さで現人神?頭の中では大日本帝国の夢が膨らんでいたのであろうか?

大日本国憲法では
第三條
天皇ハ聖ニシテ侵スヘカラス
第四條
天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
第十一條
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
となっている。天皇が神で神聖であり、元首であり、陸海軍に責任を持つことになっている。

ところが戦後補償裁判では「国家無答責」の法理によって、国・天皇の責任が一切追及されない。
何で、戦後も旧憲法が生きているのか?
(参考)国家無答責の法理(こっかむとうせきのほうり)とは、国家無答責の原理ともいわれ、大日本帝国憲法のもとでは官吏は天皇に対してのみ責任を負い、公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする法理をいう。

1925年・・・治安維持法制定(国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。)
昭和3年(1928年) 昭和天皇 即位の大礼


・1928(昭和3)年、昭和天皇の即位式・・・ほぼ1年かけて現人神・大元帥になった。(27歳)
日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台もこの時期に築かれた。1928年、田中内閣は化学・生物兵器禁止国際議定書〔1925年調印の「窒素生ガス、毒性ガス又はこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」のこと。日本の批准は1970年〕の批准を見送った。翌年には枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎてとても実行できないと言う。・・「昭和天皇」p170ハーバード・ピックス著(講談社)
・1929(昭和4)年、昭和天皇、陸軍軍医学校視察、どのような目的があったのか?(軍医学校の中に1932年に防疫研究室が設置され、33年に規模を拡大。多くの京大や東大の教授達が嘱託として働き、731部隊などにいろいろな指令を出した。)「陸軍軍医学校50年史」より
軍刀には不思議な力がある?



・小泉元中将と助教授を結び付ける唯一の“接点”も細菌戦部隊だった。小泉は陸軍省医務局長時代、細菌戦準備を提唱した石井四郎元中将の最もよき理解者の1人であったし、後援者でもあった。小泉元中将の支援なくして日本の細菌戦部隊はありえなかったと言ってもよい。
その細菌戦部隊とかかわり、そこで人体実験を強いられたのが、自殺した助教授である。彼は医学者としては、手を染めてはならない人体実験を繰り返し、その良心の呵責から死を選んだのである。
小泉元中将を、日本の細菌戦を推進し、大きな流れを作った人物と位置づければ、助教授はその流れに巻き込まれ、のみ込まれた1人といえよう。・・・
(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』常石敬一・朝野富三著より)
小泉親彦・・・1932年(昭和7年)、近衛師団軍医部長に就任。1933年、陸軍軍医学校校長。1934年(昭和9年)、陸軍軍医総監(陸軍中将相当官)となり陸軍省医務局長に就任。1937年(昭和12年)、官名が陸軍軍医総監から陸軍軍医中将に改められた。階級としては、軍医中将は軍医として最高位である。1940年(昭和15年)、勲一等旭日大綬章受章。1941年(昭和16年)、第3次近衛内閣で厚生大臣に就任、次の東條英機内閣でも留任した。
1945年(昭和20年)、連合国軍の取り調べを拒否し、割腹自殺を遂げた。
軍医時代の小泉の大きな仕事
1、厚生省設置の推進  2、日本における毒ガス戦の基礎を築く  3、防疫研究室新設に協力し、この近衛師団軍医部長を兼務していた時、近衛師団の土地約5000坪の土地を「譲与」した。(1933年10月、新たな防疫研究室完成)
・厚生省とは国民の健康を増進するために作られたのではなく、強い兵隊を作るために作られたのか?
・毒ガスの人体実験は平房の731部隊の施設で516部隊と合同で行った。
・陸軍軍医学校と防疫研究室は、地下道でつながり、その地下道には、コンクリート製の水槽があって、ホルマリンの中に死体が、15、6体浮かんでいた。(『証言731石井部隊』郡司陽子著)(731部隊で、生体解剖したものを飛行機で研究室まで運んだのか?)
小泉親彦(こいずみちかひこ)

1933年防疫研究室完成(731部隊の司令塔)、1936年(陸軍軍医学校50周年)遂に防疫機関(731部隊)の新設をみるに至れり。
ここで、防疫研究室新設の理由として、欧米各国と比べ「我が国に之が対応施設なく」と述べられている。しかしすでに軍医学校にはこの研究室より規模も大きく、名称も似かよっている「防疫部」が設けられていたのである。対応施設云々こそ、細菌戦研究の研究室である事を、暗に認めたものであろう。この表現でも、一般に公開することを予定した文書においては、ぎりぎりの線であろう。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より)
『陸軍軍医学校50年史』P184 

防疫研究室『陸軍軍医学校50年史』より

731部隊全景(『続・悪魔の飽食』森村誠一著)

・4宮殿下、陸軍軍医学校50周年式典にご臨席・・・731部隊(細菌戦)・毒ガス戦にかける思いも強かったのでは?
閑院宮(かんいんのみや)・・・1931年~40年陸軍参謀総長
梨本宮・・・元帥、敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。
朝香宮・・・1937年(昭和12年)12月2日、上海派遣軍司令官を拝命し、直後の南京攻略戦に参加。南京大虐殺に関与。
東久邇宮(ひがしくにのみや)・・・太平洋戦争時は防衛総司令官・陸軍大将に就く

・4宮殿下陸軍軍医学校の50周年の式典に臨まれる。

久邇宮(香淳皇后の父親)・・・生物学戦争についての情報を提供し続けた?

・永田鉄山・・・石井の特に細菌戦研究についての主張は、陸軍省や参謀本部において次第に支持を集めて行った。彼の意見を支持した人間のうち最も有力な人物が、1931年当時陸軍省軍務局軍事課長(陸軍中佐)で、1934年には実質的に最も力を持っていた局長である軍務局長(陸軍少将)に就任する永田鉄山だった。ちなみに、後に石井部隊が創設されてから、部隊長の石井の部屋には永田鉄山の胸像が飾られていたという。国家総動員を唱えていた。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著)

・1937年(昭和12年)・・国民精神総動員【第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。】「国体の本義」(神勅や万世一系が冒頭で強調されており、国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。)
・1938年(昭和13年)・・国家総動員法発令【総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。】
・1941年(昭和16年)・・「臣民の道」7月の第3次近衛内閣時に文部省教学局より刊行された著作である。欧米の個人主義思想を否定し、ただ国体の尊厳を観念として心得るだけでなく、国家奉仕を第一とする「臣民の道」を日常生活の中で実践する在り方を説いている。
戦陣訓発表 (生きて虜囚りょしゅうの辱はずかしめを受けず、死して罪禍ざいかの汚名おめいを残すこと勿なかれ。)


1940年(昭和15年)皇紀2600年?に東京オリンピックを開催する予定だった。

道徳の強化、「日の丸」・「君が代」の強制、秘密保護法で隠す動き、軍事力強化、集団的自衛権を行使可能にする流れは
何か昔の動きと似ていませんか?

オリンピックよりも、脱原発、福島・東日本の復興にお金をかけたらいかがですか!!




日本の真相 鬼塚英昭


天皇の陰謀 はじめに


●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

著者より読者へ

戦争が終わって22年後の1967年、日本で二つのさらに重要な日記が出版された。その一つは、1931-1936年の間に書かれた本庄繁大将の日記である。彼は満州侵略を指揮し、また、侍従武官おおよび軍事輔弼として裕仁に仕えた。第二の日記は、杉山元大将のメモで、彼が、参謀本部を代表して天皇本部に仕えた1940年から1945年にわたって書かれたものである。これらの一次資料は、1970年以前には、いずれも、欧米の日本専門家には消化されず、また、欧米の学術雑誌にもさして引用されなかったものである。また、それらは、裕仁の軍事輔弼らによる話を含んでおり、1946年より部分的に入手可能であった木戸や原田による二つの日記類を補完する貴重な資料である。
これら、木戸、原田、本庄、杉山の四つの日記類は、1930年から1945年までの日本の指導者たちの最高の討議内容として知られるものの半分以上を含んでいる。
それに加えて、私は、占領の初期数ヶ月の間にアメリカの諜報員が入手したほとんどの、警察記録、人事記録、政党などの討議資料、軍事記録を調べた。また、私は、極東国際軍事法廷に、日本および西側関係者により記録として残された、20万ページ余りの、証言、法廷手続き、証拠の書類に目を通した。私はさらに、1940年代末から1950年代初めの間に、東京で発刊された暴露記事や追想録などの類をも洗ってみた。


まやかし裁判
君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?


731部隊展開催のお願い!!



●日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめ遺跡の前に跪(ひざまず)く
オバケ煙突の下、不気味に笑う悪魔の目鼻
ここで焼却されたマルタは虚空に消えた
その無念の粒子を今なお人々は呼吸する
この空間には癒されぬ死の怨霊がくすぶり続ける
だが誰もそのことを声高に語ろうとしない
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・『731部隊 細菌戦の医師を追え(今も続く恐怖の人体実験)』(高杉晋吾著 徳間書店)

Ⅵ 米謀略資金とツツガ虫病人体実験

米軍援助資金の契約の窓口・元石井部隊研究者


これを先述の北野の「防疫秘話」(其ノ十)と合わせれば間違いなく浅沼は731部隊に研究者として参加していたのである。ツツガ虫病研究の米軍資金の窓口を731部隊の浅沼が行なっているという事実は、私に大きなショックを与えた。私は、今にして思うのだが、囚人人体実験で浮かび上がった、〔米軍(サムス)―東大伝研・田宮猛雄―国立予防衛生研究所・北岡正見、浅沼靖―囚人人体実験―(ルーツは731部隊)〕という構図は、そのまま、〔米軍(スマデル)―東大伝研・田宮猛雄―国立予防衛生研究所・北岡正見、浅沼靖―ツツガ虫研究資金―(ルーツは731部隊)〕という共通した構図を持ち、それは、〔米軍―日本の国家機関―731部隊―人体実験〕という共通根を持っている、と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-28 05:02:07 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”



・戦争を主導した大元帥、昭和天皇を始め、陸軍参謀総長、閑院宮、海軍軍令部総長、伏見宮、南京大虐殺に関わった上海派遣軍司令官、朝霞宮、影で動いた三笠宮、731部隊と関係のあった竹田宮等々、天皇、皇族は誰一人東京裁判で裁かれなかった!!
金と地位がそうさせたのか?

裕仁の朝廷は1940年10月、戦争が敗北に終った場合に天皇制を守ることを目的とした後方計画を開始した。
第1段階は皇族を責任ある地位から退ける事であった。
第2段階は彼らが戦争準備の過程で何の役割も演じなかったかのように見せかける表向きの筋書きをつくることであった。
菊の垂幕の背後への引退は、10月3日に・・・・75歳の閑院宮が、陸軍参謀総長の職を辞した時に始まった。・・・(『天皇の陰謀』下 バーガミニ著P134 より)

・アジアで多くの人々が虐殺されたのに、天皇はじめ皇族方は誰も処刑されなかった?
・731部隊での人体実験と細菌戦の最高責任者は誰だ?
・沖縄戦で多くの日本人が犠牲になった。その沖縄をアメリカに渡したのは誰だ?
・恐怖政治により、思想犯は拷問にかけられ、投獄され、死んだ者も多かった。
・1945年5月25日の東京の空襲では皇居の一部が燃えた。火事を防げなかった消防士は後に射殺体となって発見された!!
・(1942年)3月10日、マッカーサーがコレヒドールから脱出の大逃避行に出発する数時間前、英国外相イーデン卿は下院での演説において、全世界に向かい、日本が香港において忌まわしい残虐行為を広範に行ったことを明らかにした。・・・・3月13日に木戸内大臣は裕仁にイーデンの香港事件暴露の演説のことを報告した。裕仁はこのようなことの再発を防ぐ方策は何もとらなかった。裕仁の叔父達や軍関係の助言者達の立場は日本軍は残虐行為を犯すことによって自己の任務を一層忠実に遂行するようになるし、また敵に降伏してはならない、もし降伏すれば彼らが敵に対してした事を自分達に対してされるのだ、ということを彼らに信じさせるためにも必要であるというものであった。(『天皇の陰謀』下、バーガミニ著P335)
日本軍より虐殺と強姦も多発していた



731部隊めぐる日本と米国の密約、ジャーナリストの近藤昭二氏語る

「731部隊はどこまで明らかになったか、この部分はまだ謎」
4月26日近藤昭二講演 001 

4月26日近藤昭二講演 002 

4月26日近藤昭二講演 003 

4月26日近藤昭二講演 004 

4月26日近藤昭二講演 005 


731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?



●摂政時代の裕仁(ひろひと)

この写真は大正天皇崩御の一週間前、1926年12月18日に宮内省(昔はでかかった。庁ではなく省)から発表されたもの。
大正天皇が病気だった5年の間日本を統治していたので、裕仁は日本の為に自分がどうすべきか、それをどう実行に移すべきかを既に天皇になる前に知っていた。
夢は、八紘一宇の世界?大日本帝国か?ご趣味は生物学。国民は臣民、民草。天皇の股肱。
体制を批判すると治安維持法で検挙され、拷問にかけられ、殺された。


小林多喜二



●敗戦前から敗戦後の流れを想像をする?
アメリカは、戦争中から日本人が天皇を神とあがめている事を知っていた。それを利用して占領統治円滑に進めようとした。日本とアメリカは敗戦前から、交渉を極秘にしていて、日本政府も空襲の事、原爆投下の情報をあらかじめ入手していた。そして広島に原爆が投下されるときに、畑俊六(当時第2総軍司令官)に第2総軍を広島に集めさせ、敗戦後に日本で天皇制打倒の反乱が起きないように壊滅させた。
・広島に原爆が投下されると、アメリカに心象をよくしようと日本医学者が現地に入り、原爆の被害状況を調べて181冊の報告書を作成し英文にしてアメリカに敗戦後渡した。(治療はほとんどしない)

8月14日から15日には宮城で某宮様が中心となって偽装クーデターを起こさせ、天皇の力を見せ付ける場面を作り第1総軍もおさえた。そして阿南(あなみ)陸相を自決させ、降伏の段取りをした。

マッカーサーの主張などによりアメリカは、秘かに天皇制護持を容認していた。
アメリカも日本に配慮し、マッカーサーの日本上陸を余裕を持たせた。それまでに日本政府は、天皇の戦争責任に関わる極秘文書を焼却した。
・1945年8月30日にマッカーサーが厚木飛行場に降り立った時、「ジェネラル石井はどこにいるか?」と言って、部下にその行方を探させた。
・アメリカ占領軍の上層部は、石井四郎を早くから探し出し懇意にしていた。1945年11月20日行方不明のはずの石井四郎と若松町の石井の家で6名の米軍将校と会食をしている。
・占領軍上層部は中国の情報や日本人捕虜によって人体実験・細菌戦の情報の大まかな部分はつかんでいたが詳しい情報は得ていなかった。
・占領軍上層部は、天皇を利用した占領統治を優先するため、天皇の戦争責任が問われる問題は、東京裁判では取り上げる予定はなかった。
・731部隊の事は、細菌兵器開発に後れを取っていたアメリカが、極秘に調査団を送って調査させた。
・731を調べる調査団が来日したが、サンダース、トンプソンの時は、731部隊員は人体実験の事を極秘命令なので口を割らなかった。
・1947年1月、ソ連が柄沢の供述から、人体実験の情報を得たので、石井の訊問を要求した。アメリカは、事前に石井から人体実験の情報を聞き出し、ソ連には、アメリカと組み、うまく芝居を打って情報を与えなかった。
・1947年6月に731部隊の人体実験に関するフェルレポート、12月にヒルレポートを作成した。
・GHQ法務部のニール・スミスが、「捕虜に対する人体実験及び解剖」という明確な罪状によって、平房の石井部隊、新京の第100部隊や東京の陸軍軍医学校の医師や関係者などを根こそぎBC級戦犯として法廷に持ち込もうとしたが、参謀2部のウィロビーが法務部の調査を中止させた。
・1948年1月26日「帝銀事件」が起き、捜査が731部隊に及びそうになると、またもやGHQは731部隊の関係者の捜査を中止させた。
・占領時アメリカは、郵便や報道を厳しく検閲し、日本国内で原爆の事や731部隊の情報が出ると厳しく取り締まった。1950年代に入り「ハバロフスク裁判資料」が出たが、ソ連の戦争犯罪を隠すものだとしてまともに取り上げなかった。
・戦後731部隊員がアメリカに渡り、A(炭疸菌感染)レポート、G(鼻疽菌感染)レポート、Q(ペスト菌感染)を書き上げ、アメリカの生物兵器開発に協力した。 
・戦後、アメリカ政府・日本政府は731の情報(奉天の捕虜収容所の聞き取り文書やフェルレポートの各論、衛生学校記事、その他)を行方不明として隠している!!



あの戦争が、侵略戦争であり、多くのアジアの人々の命を奪った事は、紛れもない事実であり、大変な犯罪行為であった。とりわけ、中国では、毒ガス戦・細菌戦を頻繁に行い、残忍な殺戮も多かった。




【5/9】第15回 水俣病記念講演会
1956年5月1日に発生が報告されて以来半世紀、水俣病は日本が強引に近代化を進める中で惹き起こされたために、またあまりに悲惨であったために、現在もなおこの社会を鋭く問うています。・・・

「いま、人として」

2015年5月9日[土]午後1時―4時30分(12時30分開場)有楽町マリオン朝日ホール

・チッソと雅子様
雅子様の母方の祖父江頭豊は60年代取締役、70年代会長、相談役の要職にあり、水俣病の原因が工場にあると知りつつの操業をとめようとしなかった。
・チッソと昭和天皇
チッソは、戦前朝鮮で電力事業を手がけ、大もうけした。
1931年と1949年に昭和天皇はチッソ水俣工場に行幸した。
・1942年確認できる最初の水俣病患者が発病
・田宮猛雄とチッソ
北野政次731部隊2代目隊長(東大卒)が戦後東大伝研に現れたとき、それを庇護したのは田宮猛雄伝研所長であった。田宮は日本医学会の大ボスで、多くの伝研所員を「徴兵逃れ」を餌に731部隊や同仁会に送り込んでいた人物。
昭和20年9月2日、東大助教授A(伝研2部)は1644部隊(南京栄部隊)で行った人体実験を苦にして自分の研究室でガス自殺をしている。(以上「731部隊細菌戦の医師を追え、高杉晋吾著より)
「医学界主流にあった東京大学医学部を中心として作られた田宮委員会は、水俣病つぶしの有力な手段であり、日本化学工業協会とチッソから研究費をもらっていたが、表に出ないもくろみは、米国の公衆衛生院(NIH)から熊大へ支給された三万ドルの研究費をねらったらしいことが、複数の関係者の証言で裏づけられる。」医学は水俣病で何をしたか 宇井純より

日本人を大量虐殺した天皇家の皇太子妃・雅子の一族

水俣病Q&A 

水俣病 


・国策と犠牲



特別講演
「医師の歴史的・社会的責任ー731部隊ーABCC・RFEF・予研(感染研)・IAEA・UNSCEAR・日本財団ー重松逸造ー山下俊一・長瀧重信という人脈を解くー」
松井英介
4月7日NPO731細菌センター総会 005 




長崎新聞3月9日






●日本医学会総会

日本医学会総会、京都で開幕 山中教授講演、震災も議論


日本で医学シンポジウムを開催、731部隊などの医学犯罪問題について討論す

日本医学会総会では、なぜ731部隊のことが話し合われないのですか?

ドイツ精神医学精神療法神経学会は戦時中の残虐行為について謝罪表明しているのに!!

戦争であれば、「お国のため」ということで残虐行為は許される?

天皇陛下が、慰霊の旅を続けられている。
天皇、皇后両陛下 70年前の戦跡残るパラオへ「慰霊の旅」

陛下は、731部隊跡地や南京には行かれないのですか?

ノーベル医学賞を受賞された山中教授や神の手を持つ天野教授などは、731をどの様に思っているのでしょうか?

安倍首相はなぜこういうパフォーマンスを故意にするのですか?

お祖父さんの岸信介は満洲に731部隊の施設が完成する頃にいましたが、岸は731についてよく知っていたのではないですか?
1936年(昭和11年)10月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満。1937年(昭和12年)7月には産業部次長、1939年(昭和14年)3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。

「医は仁なり」ではなく
まさしく、「医は意なり」!!
日本医学会の総会は皇太子を迎え、無事に終ったかどうかは知りませんが、このポスターを「医は意なり」とはどういうことか考えてしまう。
その1
731部隊めぐる日本と米国の密約、ジャーナリストの近藤昭二氏語る

その2
院長「調査報告書に誤認」 - 生体肝移植4人死亡

その3
憲法では、戦力は保持しない事になっているが、それはまったく無視され、国防費は年々増額され、国民にはその使い道が不透明!!
研究者の成果はいったい何に使われる?テロ対策で研究費が増額されたが、反対にそれが生物化学兵器の開発に使われていないか?
731部隊の戦後、化学戦 




その4
皇太子さま、「世界水フォーラム」にビデオメッセージ
私は、水の件では、関東軍防疫給水部(731)を連想してしまう。
石井が、天皇の前で濾過したおしっこを飲んだ?石井式濾水機。
石井四郎と天皇の接触「死の工場」シェルダン・H・ハリス著p84(柏書房)より


その5
日本医学会総会と聞くと、この写真を思い出してしまう。戦後の医学界は731の事は、上層部の圧力で反省できないでいる!!
1942年、東大の安田講堂の前で撮られた記念写真、国家総動員法はすでに1938(昭和13)年には発令され、帝大の先生方は嫌がる弟子達を「お前を破門するぞ!」などと脅しながら731部隊へ送った。この写真には、石井(初代、第3代731部隊長)、北野(第2代731部隊長)、増田知貞(1644部隊、部隊長代理)など731部隊の日本医学会に於ける力を見せつけている!!東大・京大・慶大等の先生方は、治安維持法におびえ、国家に協力せざるを得ない状況に追い込まれていた!!もちろん、積極的に陸軍軍医学校防疫研究室(新宿)の嘱託となり、731に指示を出していた先生?方もいた!!皇国日本の為に?

医学者も「八紘一宇」のための戦争に駆り出された!!
「医の倫理の問う」p60秋元寿恵夫著より(勁草書房)

「医学者たちの組織犯罪」p222常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦部隊と自決した2人の医学者(常石敬一、朝野富三著)より(新潮社)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015-04-28 05:00:55 | Weblog



・「鉄証如山」・・・731の残虐行為の証拠は山の如く存在する!!
・川田龍平さんが現在の医療問題を熱く語っています!!
・石田勇治氏(東京大学大学院総合文化研究科教授、ドイツ近現代史)が、日本とドイツの謝罪の違いについて語っています。
「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」などより浮かぶ数々の疑問!!
2015/04/12 【京都】医の倫理-過去・現在・未来- 日本医学会総会2015関西並行企画「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」(動画)
封印された真実1 

上記の動画などからの抜粋や想像。
・731部隊や100部隊は、昭和天皇(大元帥)の裁可をうけて軍令陸甲第7号が出され、平房や長春に設置された。
・731部隊では、日本の大義(お国、医学の進歩)のため、医の倫理は全く無視され、人体実験(生体実験・生体解剖)が日常的に行われた。
・お金東京地方裁判所 が余りない日本にとっては、その人体実験を通して、日本軍は細菌爆弾・細菌兵器を作ることが急務であった。
・1999(平成11)年9月22日の東京地裁の判決・・・731部隊については、「…1938年、満州国ハルビンの平房に731部隊のため数十棟の建物を備えた研究所と付属の飛行場が建設された(…細菌兵器の大量生産、実戦での使用を目的としていたものであり、そのため、『丸太』と称する捕虜による人体実験もされた。…〈証拠略〉が具体的であり、右の存在と人体実験がされていたことについては、疑う余地がないと認められる。)。」と認定した。
・1997年の細菌戦の訴訟が起きて、一審、二審の裁判では、細菌戦による原告らの被害事実と日本の国家責任を認定している。時効が成立しているので、賠償と謝罪は認められなかった。その判決文の中で、これ以上の高次な判断は国会の場でやって対処してもらう。という結論を出している。
裁判所が、事実認定して、最高裁で、国会で高次の判断を出しなさいと言っているのに、政府の方は何の動きもしない!!
・細菌戦を実施したことを示す金子順一論文発見(2011年)
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書
・731の番組を作るとき、日本からの情報が出てこないので、アメリカや中国、ソ連の情報を使って、モザイクをしていくような作業で確定して行く。
・敗戦時、日本の将官が命令を出して、日本軍の証拠を2晩かけて焼却処分した。
・習近平体制になってから731部隊の資料(関東憲兵隊の資料)も500ページ平均のものが84冊出している。政府が督励している、国家プロジェクトとしてやっている。日本は隠すばかり、国家間の差がはげしい。日本政府はずっと無視している。ごくわずかの研究者しか検討していない。
・日本政府は731部隊の存在は認めているが、そこで人体実験が行われた事も、中国で細菌戦を行い、被害者が多数出た事も認めていない。
・人体実験が行われて、細菌兵器を作っていたことが全世界にばれると、戦犯として昭和天皇(大元帥)が裁かれるので、日本は、ソ連が参戦するとすぐに731部隊を完全に破壊して、証拠湮滅を急いだ。マルタ(被験者)は全て殺して焼き、松花江(しょうかこう)に捨てた。隊員家族は真っ先に日本へ帰還させた。(多くの残留日本人がいるにもかかわらず)
・マッカーサーは、厚木の飛行場に降りる前から日本軍が生体実験、細菌兵器の開発をしていたのをある程度知っていた?アメリカは日本の文化の特質を研究していた。「菊と刀」の文化より、天皇に対しては忠誠を強いられていることを知っていた。その天皇を使って占領政策を円滑にしようとした。
だから、帝銀事件が起き、731部隊員に捜査が及ぶ事になると、国民に731部隊のことがばれるので(その結果、天皇にもその責任が及ぶ事にもなりかねない)マッカーサーはGHQ法務部の731部隊の調査はやめさせた。極秘に731部隊の事を調べ、データ収集する中で、731部隊員を全員免責にした。軍医であった増田知貞も、取調べ後、公職追放を解かれて大学教授の夢が見えてきたが、直後にオートバイ事故で死亡した。
1945年6月の報告書

・サンダースが平房を視察しようとするとマッカーサーはやめさせた!!(天皇の責任にかかわるから?)

・1945年の敗戦の年の11月に行方不明のはずの石井はアメリカ人将校にディナーを振舞っている。
・天皇を戦犯訴追すると、アメリカの交渉相手がなくなってしまう。天皇家の資産は相当だった。
天皇家の財産
・マッカーサーと天皇の会談は11回極秘に行われ、沖縄の事、731の事、原爆の事さまざまな事について話し合われ、すべて内容は極秘??
密約は731部隊についても存在する?
・731部隊は「バターン死の行進」で生き残った捕虜に奉天監獄で、生体実験を行った。
・奉天監獄で捕虜だったアメリカ人がアメリカ政府に訴えた公聴会の記録も非開示。その事が全米にばれると、731の事が問題になる?アメリカ政府自体が責任を問われる。天皇の事も。だからアメリカと日本を密約を結んだ。情報の非開示。
・クリントン政権では、戦時中のアメリカや日本の情報が情報公開などによって、結構見られたが、ブッシュ、オバマになってからは情報を出していない。日本とアメリカが非開示ということで密約している?
・フェルレポートに列挙された19本のレポートの1つも出ていない。アメリカ政府も開示していない。
・防衛省は衛生学校校長だった金原節三(きんばらせつぞう)が寄贈(2028点)した文書の一部を、市民が裁判を起こしてやっと出したが、肝心な部分は出さない!!最初の3年間のところは4冊しか出していない。金原節三は1941年当時陸軍省医事課長で細菌戦に関与していた。裁判は継続中。
・日本政府にアメリカが返還したとする731部隊の文書を問い合わせても行方不明としてきちん資料を出さない。
・戦後、731で研究されて書かれた論文が、京大や東大などで公然と認められ、博士号が授与されている事実!!(もちろん人体実験のことがあからさまに書かれている。)以下は、西山勝夫氏(滋賀医科大学)の『731部隊関係者等の京都大学における医学博士の学位の授与過程』より

・日本医学会は731の犯罪を追及しようとしている人たちの意見を無視し続けている!!
(『日本医療の原罪』(高杉晋吾著)p16より

・鬼塚氏などの書物を読むと、天皇は2発の原爆投下のことはあらかじめ秘密のルートから情報を得ていた。東京大空襲の情報も得ていたのかもしれない。
アメリカは、取引相手を初めから天皇にしていたのでは。だから、東京大空襲では皇居は狙わなかった。(一部は損害を蒙ったが)
・日本医学界の縦社会を、(体育系)を象徴する例。(教授の言ったことには逆らえない!)
九大生体解剖事件で若い研究生が米兵を採血した後、石山教授が「海水を注射しろ」と言うと、「もうその実験はウサギの実験でやっていますからいいじゃないですか」と返すと、教授は「ウサギじゃ意義?がない」と言って、強行させた。
・中国では戦後70周年ということで731部隊跡の世界遺産への申請に向けて準備が進んでいる。また、細菌戦被害地では、細菌戦の検証ということで「史料集」などがたくさん出る予定!!中国へ行ったときに日本人は過去に中国でどんな事が行われたかを知らないで行くと、驚くことばかりかもしれない。
中国で出されている細菌戦の一般向けの本(表紙)
1941年に日本軍は大量のペスト菌で汚染されたノミ、米、綿を空中投下したため、常徳権県庁所在地及び郊外農村でペスト病の大規模な流行を引き起こした。


将来、こんな記念碑が建つかもしれない?

・医学部に入学すると1年生から解剖に入る。結局人間をモノとしてみて「人と人とが接する」医学教育ではない。
・日本政府は、日本とドイツは全く違うから比較する必要はないと言っているが、違うから比較する必要がある。それぞれのケースをより深く比較しなければならない。
・外務省のホームページ
歴史問題Q&A
問8.ドイツに比べて、日本は過去の問題への取り組みが不十分なのではないですか。

日独両国ともに、「過去の問題」に対して誠実に対応してきています。
一方で、ドイツと日本では、先の大戦中に何が起きたのか、そして戦後どういう状況下で戦後処理に取り組んだのかといった歴史的経緯が全く異なります。例えば、日本は、当時の国際社会によって一般的に受け入れられていた方式に則り、サンフランシスコ平和条約等に従って国家間で賠償等の問題を一括処理しましたが、ドイツは戦後、東西に分断されていたことから、我が国のように国家間で賠償等の問題を一括処理することが出来なかったことなどにより、結果的にナチスの犯罪の犠牲者への個人補償という形をとったものと承知しています。
このように、日本とドイツは、それぞれ異なる方式により戦後処理を行っており、両国の取組みを単純に比較して評価することは適当ではありません。
・石田氏の評価 点数40点・・・大事な事はほとんど触れていない。どのように過去と決着をつけてきたのかきちんと比較する事が大事。
・ドイツは謝罪をしていないという声があるが、それは90年代まではいえたが、その後は指導者が謝罪している。
94年 ローマン・ヘルツォーク大統領・・・ワルシャワ蜂起を鎮圧した50年目の記念日、ポーランドの国会で「ドイツがポーランドに与えた全ての苦しみに対してゆるしを請います。
次の大統領であったヨハネス・ラウは強制労働の補償基金の設立の交渉の始まりに遅すぎた補償を詫びて「私はドイツ支配下で奴隷労働、強制労働を行わなければならなかった全ての人々に思いを馳せ、ドイツ国民の名においてゆるしを請います。私たちは彼等の苦しみを忘れません」という声明を発表している。
・また、ドイツは植民地支配と関係ないだろうと言われることがあるが、2004年シュレーダー政権時の経済開発大臣(女性)がナミビアに出かけて行って、100年前に起きたドイツ帝国軍が現地のヘレロ族の反乱を鎮圧した際、その鎮圧が残虐で20世紀最初のジェノサイドという歴史的評価が与えらたが、それに対して、謝罪をしました。


●あの戦争を起こした昭和天皇の誕生日が「昭和の日」として休日にされるのには抵抗がある。
昭和天皇の戦争責任を感じる者にとって、なんともいたたまれない!!
天皇「裕仁」は、戦争を起こした人だからヨーロッパでは有名だろう!!
安倍は侵略戦争の反省をしないからアジアで有名?
欧米は昭和天皇、アジアは安倍首相=「知っている日本人」1位―新聞通信調査会[時事]
やはり、安倍首相と天皇家はつながっていた!!
天皇と親戚の安倍晋三首相


●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

1938年 御前会議

御前会議は、1938年1月11日から1941年12月1日までの間に、少なくとも8回開催された。出席者は、天皇をはじめ、参謀総長・次長、軍令部総長・次長、陸相、海相、首相、蔵相、外相、枢密院議長、企画員総裁だった。
・・・御前会議は、通常、大本営政府連絡会議のあとに開かれ、連絡会議ではあらゆる利害関係者が合意に達していたため、昭和天皇は御前会議で「裁可」すべき案件の内容を事前に知っていた。御前会議とは、天皇自らの行為に責任を負うのではなく、側近の助言にしたがい裁可しているに過ぎず、あたかも真の立憲君主であるように見せかけることを本来の目的としていた。・・・
御前会議は「天皇の意思」を「国家の意思」に正式に変換する装置であった。・・・


●天皇と731の関係は?
・天皇は生物兵器に関心があった。(『死の工場』シェルダン・H・ハリス著(p229)

1925年9月赤坂御所に生物学研究所設置「昭和天皇」p61ハーバード・ピックス著(講談社)

1925年、ジュネーブ協定締結・・・毒ガスの禁止だけでなく、ポーランド代表の提案を入れ、細菌兵器の使用禁止もうたっている。・・日本とアメリカは批准しなかった。石井四郎、遠藤三郎に細菌戦の重要性を主張!!「医学者たちの組織犯罪」p60 常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦、略年表「消えた細菌戦部隊」p238常石敬一著(ちくま書房)


天皇の神格化1928(昭和3)年即位の礼(天皇:大元帥27歳)(約1年間かけて行われ、最後は大嘗祭)裕仁は現人神(あらひとがみ)になる。
27歳の若さで現人神?頭の中では大日本帝国の夢が膨らんでいたのであろうか?

大日本国憲法では
第三條
天皇ハ聖ニシテ侵スヘカラス
第四條
天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
第十一條
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
となっている。天皇が神で神聖であり、元首であり、陸海軍に責任を持つことになっている。

ところが戦後補償裁判では「国家無答責」の法理によって、国・天皇の責任が一切追及されない。
何で、戦後も旧憲法が生きているのか?
(参考)国家無答責の法理(こっかむとうせきのほうり)とは、国家無答責の原理ともいわれ、大日本帝国憲法のもとでは官吏は天皇に対してのみ責任を負い、公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする法理をいう。

1925年・・・治安維持法制定(国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。)
昭和3年(1928年) 昭和天皇 即位の大礼


・1928(昭和3)年、昭和天皇の即位式・・・ほぼ1年かけて現人神・大元帥になった。(27歳)
日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台もこの時期に築かれた。1928年、田中内閣は化学・生物兵器禁止国際議定書〔1925年調印の「窒素生ガス、毒性ガス又はこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」のこと。日本の批准は1970年〕の批准を見送った。翌年には枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎてとても実行できないと言う。・・「昭和天皇」p170ハーバード・ピックス著(講談社)
・1929(昭和4)年、昭和天皇、陸軍軍医学校視察、どのような目的があったのか?(軍医学校の中に1932年に防疫研究室が設置され、33年に規模を拡大。多くの京大や東大の教授達が嘱託として働き、731部隊などにいろいろな指令を出した。)「陸軍軍医学校50年史」より
軍刀には不思議な力がある?



・小泉元中将と助教授を結び付ける唯一の“接点”も細菌戦部隊だった。小泉は陸軍省医務局長時代、細菌戦準備を提唱した石井四郎元中将の最もよき理解者の1人であったし、後援者でもあった。小泉元中将の支援なくして日本の細菌戦部隊はありえなかったと言ってもよい。
その細菌戦部隊とかかわり、そこで人体実験を強いられたのが、自殺した助教授である。彼は医学者としては、手を染めてはならない人体実験を繰り返し、その良心の呵責から死を選んだのである。
小泉元中将を、日本の細菌戦を推進し、大きな流れを作った人物と位置づければ、助教授はその流れに巻き込まれ、のみ込まれた1人といえよう。・・・
(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』常石敬一・朝野富三著より)
小泉親彦・・・1932年(昭和7年)、近衛師団軍医部長に就任。1933年、陸軍軍医学校校長。1934年(昭和9年)、陸軍軍医総監(陸軍中将相当官)となり陸軍省医務局長に就任。1937年(昭和12年)、官名が陸軍軍医総監から陸軍軍医中将に改められた。階級としては、軍医中将は軍医として最高位である。1940年(昭和15年)、勲一等旭日大綬章受章。1941年(昭和16年)、第3次近衛内閣で厚生大臣に就任、次の東條英機内閣でも留任した。
1945年(昭和20年)、連合国軍の取り調べを拒否し、割腹自殺を遂げた。
軍医時代の小泉の大きな仕事
1、厚生省設置の推進  2、日本における毒ガス戦の基礎を築く  3、防疫研究室新設に協力し、この近衛師団軍医部長を兼務していた時、近衛師団の土地約5000坪の土地を「譲与」した。(1933年10月、新たな防疫研究室完成)
・厚生省とは国民の健康を増進するために作られたのではなく、強い兵隊を作るために作られたのか?
・毒ガスの人体実験は平房の731部隊の施設で516部隊と合同で行った。
・陸軍軍医学校と防疫研究室は、地下道でつながり、その地下道には、コンクリート製の水槽があって、ホルマリンの中に死体が、15、6体浮かんでいた。(『証言731石井部隊』郡司陽子著)(731部隊で、生体解剖したものを飛行機で研究室まで運んだのか?)
小泉親彦(こいずみちかひこ)

1933年防疫研究室完成(731部隊の司令塔)、1936年(陸軍軍医学校50周年)遂に防疫機関(731部隊)の新設をみるに至れり。
ここで、防疫研究室新設の理由として、欧米各国と比べ「我が国に之が対応施設なく」と述べられている。しかしすでに軍医学校にはこの研究室より規模も大きく、名称も似かよっている「防疫部」が設けられていたのである。対応施設云々こそ、細菌戦研究の研究室である事を、暗に認めたものであろう。この表現でも、一般に公開することを予定した文書においては、ぎりぎりの線であろう。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より)
『陸軍軍医学校50年史』P184 

防疫研究室『陸軍軍医学校50年史』より

731部隊全景(『続・悪魔の飽食』森村誠一著)

・4宮殿下、陸軍軍医学校50周年式典にご臨席・・・731部隊(細菌戦)・毒ガス戦にかける思いも強かったのでは?
閑院宮(かんいんのみや)・・・1931年~40年陸軍参謀総長
梨本宮・・・元帥、敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。
朝香宮・・・1937年(昭和12年)12月2日、上海派遣軍司令官を拝命し、直後の南京攻略戦に参加。南京大虐殺に関与。
東久邇宮(ひがしくにのみや)・・・太平洋戦争時は防衛総司令官・陸軍大将に就く

・4宮殿下陸軍軍医学校の50周年の式典に臨まれる。

久邇宮(香淳皇后の父親)・・・生物学戦争についての情報を提供し続けた?

・永田鉄山・・・石井の特に細菌戦研究についての主張は、陸軍省や参謀本部において次第に支持を集めて行った。彼の意見を支持した人間のうち最も有力な人物が、1931年当時陸軍省軍務局軍事課長(陸軍中佐)で、1934年には実質的に最も力を持っていた局長である軍務局長(陸軍少将)に就任する永田鉄山だった。ちなみに、後に石井部隊が創設されてから、部隊長の石井の部屋には永田鉄山の胸像が飾られていたという。国家総動員を唱えていた。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著)

・1937年(昭和12年)・・国民精神総動員【第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。】「国体の本義」(神勅や万世一系が冒頭で強調されており、国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。)
・1938年(昭和13年)・・国家総動員法発令【総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。】
・1941年(昭和16年)・・「臣民の道」7月の第3次近衛内閣時に文部省教学局より刊行された著作である。欧米の個人主義思想を否定し、ただ国体の尊厳を観念として心得るだけでなく、国家奉仕を第一とする「臣民の道」を日常生活の中で実践する在り方を説いている。
戦陣訓発表 (生きて虜囚りょしゅうの辱はずかしめを受けず、死して罪禍ざいかの汚名おめいを残すこと勿なかれ。)


1940年(昭和15年)皇紀2600年?に東京オリンピックを開催する予定だった。

道徳の強化、「日の丸」・「君が代」の強制、秘密保護法で隠す動き、軍事力強化、集団的自衛権を行使可能にする流れは
何か昔の動きと似ていませんか?

オリンピックよりも、脱原発、福島・東日本の復興にお金をかけたらいかがですか!!



日本の真相 鬼塚英昭



●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

著者より読者へ

アメリカ占領軍に入手された第二の日誌は、『西園寺・原田回顧録』として知られるものである。これは、表面上は日本のもっとも著名な自由主義政治家、西園寺候――彼が91歳の1940年11月まで、天皇に代々の首相を指名するにあたっての助言をする役にあった――のノートである。ただ実際は、この回顧録は、西園寺の政治秘書であった原田熊雄男爵――西園寺の部下として天皇の密使として動いていたゴシップ好きで陰険な便宜主義者――がまとめたものである。
この『西園寺・原田回顧録』の英語版は、25巻からなり、国際軍事法廷の弁護側が使用する目的で、1946年から47年の間に、自発的な日本人チームによって作成された。その翻訳は名文ではるが不正確である。たとえば、幾箇所かで、内大臣――天皇の主席民間輔弼――が内務大臣――警察行政にあたる内閣官僚――と訳されている。
その日本語版は、1952年から1956年の間に、『西園寺公と政局』との書名のもとで、八巻にわたって出版された。欧米の学術界に代わってそれを読んだ英国人学者は、明らかに通読したのみで二冊の本を書き、その中で、国際軍事法廷の弁護目的で用意されたその不注意な翻訳をもっぱら引用していた。
1956年、この回顧録は、さらに、9巻のシリーズとして、限定版で再出版された。それは、原田のノートも含み、8巻が本文で、最後の1巻は索引となっている。これはたいへん有用である。私が知る限りだが、私を別にして、ほとんどの欧米学者は、この入手の困難で高価な第9巻を活用していない。





731部隊展開催のお願い!!





●日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめ引込み線を歩いた
視界が不意に三角形に切り取られ
やがて歴史の暗渠(あんきょ)に足を踏み入れる
見上げれば天を突く巨大な残骸
ただれ崩れ落ち、悲しみの肉塊のように
灰色の空の下で泣いている
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・『731部隊 細菌戦の医師を追え(今も続く恐怖の人体実験)』(高杉晋吾著 徳間書店)

Ⅵ 米謀略資金とツツガ虫病人体実験

米軍援助資金の契約の窓口・元石井部隊研究者


話を戻すと、私はこの調査で浅沼と流行性出血熱と北野政次とのつながりを調べたのだが、はっきりと浅沼が731部隊の研究に加わっていた事を突き止めたのは、東大医学部図書館で文部省資源科学研究所彙報(いほう)「満州産野ねずみの巣内における生態」についての研究報告のなかで「稿を進めるに先立って、当時ご鞭撻(べんたつ)を賜った北野政次博士・・・ら諸氏に厚くお礼を申し上げたく・・・云々」と浅沼が書いていることからであった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-27 12:04:58 | Weblog

※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”

731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?




・戦争を主導した大元帥、昭和天皇を始め、陸軍参謀総長、閑院宮、海軍軍令部総長、伏見宮、南京大虐殺に関わった上海派遣軍司令官、朝霞宮、影で動いた三笠宮、731部隊と関係のあった竹田宮等々、天皇、皇族は誰一人東京裁判で裁かれなかった!!
金と地位がそうさせたのか?

裕仁の朝廷は1940年10月、戦争が敗北に終った場合に天皇制を守ることを目的とした後方計画を開始した。
第1段階は皇族を責任ある地位から退ける事であった。
第2段階は彼らが戦争準備の過程で何の役割も演じなかったかのように見せかける表向きの筋書きをつくることであった。
菊の垂幕の背後への引退は、10月3日に・・・・75歳の閑院宮が、陸軍参謀総長の職を辞した時に始まった。・・・(『天皇の陰謀』下 バーガミニ著P134 より)

・アジアで多くの人々が虐殺されたのに、天皇はじめ皇族方は誰も処刑されなかった?
・731部隊での人体実験と細菌戦の最高責任者は誰だ?
・沖縄戦で多くの日本人が犠牲になった。その沖縄をアメリカに渡したのは誰だ?
・恐怖政治により、思想犯は拷問にかけられ、投獄され、死んだ者も多かった。
・1945年5月25日の東京の空襲では皇居の一部が燃えた。火事を防げなかった消防士は後に射殺体となって発見された!!
・(1942年)3月10日、マッカーサーがコレヒドールから脱出の大逃避行に出発する数時間前、英国外相イーデン卿は下院での演説において、全世界に向かい、日本が香港において忌まわしい残虐行為を広範に行ったことを明らかにした。・・・・3月13日に木戸内大臣は裕仁にイーデンの香港事件暴露の演説のことを報告した。裕仁はこのようなことの再発を防ぐ方策は何もとらなかった。裕仁の叔父達や軍関係の助言者達の立場は日本軍は残虐行為を犯すことによって自己の任務を一層忠実に遂行するようになるし、また敵に降伏してはならない、もし降伏すれば彼らが敵に対してした事を自分達に対してされるのだ、ということを彼らに信じさせるためにも必要であるというものであった。(『天皇の陰謀』下、バーガミニ著P335)
日本軍より虐殺と強姦も多発していた



●「731部隊はどこまで明らかになったか、この部分はまだ謎」
4月26日近藤昭二講演 001 

4月26日近藤昭二講演 002 

4月26日近藤昭二講演 003 

4月26日近藤昭二講演 004 

4月26日近藤昭二講演 005 




●摂政時代の裕仁(ひろひと)

この写真は大正天皇崩御の一週間前、1926年12月18日に宮内省(昔はでかかった。庁ではなく省)から発表されたもの。
大正天皇が病気だった5年の間日本を統治していたので、裕仁は日本の為に自分がどうすべきか、それをどう実行に移すべきかを既に天皇になる前に知っていた。
夢は、天皇中心の八紘一宇の世界?大日本帝国か?ご趣味は生物学。国民は臣民、民草。天皇の股肱。
体制を批判すると治安維持法で検挙され、拷問にかけられ、殺された。


小林多喜二



●敗戦前から敗戦後の流れを想像をする?
アメリカは、戦争中から日本人が天皇を神とあがめている事を知っていた。それを利用して占領統治円滑に進めようとした。日本とアメリカは敗戦前から、交渉を極秘にしていて、日本政府も空襲の事、原爆投下の情報をあらかじめ入手していた。そして広島に原爆が投下されるときに、畑俊六(当時第2総軍司令官)に第2総軍を広島に集めさせ、敗戦後に日本で天皇制打倒の反乱が起きないように壊滅させた。
・広島に原爆が投下されると、アメリカに心象をよくしようと日本医学者が現地に入り、原爆の被害状況を調べて181冊の報告書を作成し英文にしてアメリカに敗戦後渡した。(治療はほとんどしない)

8月14日から15日には宮城で某宮様が中心となって偽装クーデターを起こさせ、天皇の力を見せ付ける場面を作り第1総軍もおさえた。そして阿南(あなみ)陸相を自決させ、降伏の段取りをした。

マッカーサーの主張によりアメリカは、秘かに天皇制護持を容認していた。
アメリカも日本に配慮し、マッカーサーの日本上陸を余裕を持たせた。それまでに日本政府は、天皇の戦争責任に関わる極秘文書を焼却した。
・1945年8月30日にマッカーサーが厚木飛行場に降り立った時、「ジェネラル石井はどこにいるか?」と言って、部下にその行方を探させた。
・アメリカ占領軍の上層部は、石井四郎を早くから探し出し懇意にしていた。1945年行方不明のはずの石井四郎と若松町の石井の家で6名の米軍将校と会食をしている。
・占領軍上層部は中国の情報や日本人捕虜によって人体実験・細菌戦の情報の大まかな部分はつかんでいたが詳しい情報は得ていなかった。
・占領軍上層部は、天皇を利用した占領統治を優先するため、天皇の戦争責任が問われる問題は、東京裁判では取り上げる予定はなかった。
・731部隊の事は、細菌兵器開発に後れを取っていたアメリカが、極秘に調査団を送って調査させた。
・731を調べる調査団が来日したが、サンダース、トンプソンの時は、731部隊員は人体実験の事を極秘命令なので口を割らなかった。
・1947年1月、ソ連が柄沢の供述から、人体実験の情報を得たので、石井の訊問を要求した。アメリカは、事前に石井から人体実験の情報を聞き出し、ソ連には、アメリカと組み、うまく芝居を打って情報を与えなかった。
・1947年6月に731部隊の人体実験に関するフェルレポート、12月にヒルレポートを作成した。
・GHQ法務部のニール・スミスが、「捕虜に対する人体実験及び解剖」という明確な罪状によって、平房の石井部隊、新京の第100部隊や東京の陸軍軍医学校の医師や関係者などを根こそぎBC級戦犯として法廷に持ち込もうとしたが、参謀2部のウィロビーが法務部の調査を中止させた。
・占領時アメリカは、郵便や報道を厳しく検閲し、日本国内で原爆の事や731部隊の情報が出ると厳しく取り締まった。「ハバロフスク裁判資料」などもソ連の戦争犯罪を隠す物だとしてまともに取り上げなかった。
・1948年1月26日「帝銀事件」が起き、捜査が731部隊に及びそうになると、またもやGHQは731部隊の関係者の捜査を中止させた。
・戦後731部隊員がアメリカに渡り、A(炭疸菌感染)レポート、G(鼻疽菌感染)レポート、Q(ペスト菌感染)を書き上げ、アメリカの生物兵器開発に協力した。 





・国策と犠牲(内容紹介)


特別講演
「医師の歴史的・社会的責任ー731部隊ーABCC・RFEF・予研(感染研)・IAEA・UNSCEAR・日本財団ー重松逸造ー山下俊一・長瀧重信という人脈を解くー」
松井英介
4月7日NPO731細菌センター総会 005 





長崎新聞3月9日



●ニュース
日米首脳会談のシナリオは出来ている?日本政府もロビー活動やお金をたくさん用意して下院での安倍首相の演説を実現させた?
安倍首相、アメリカへ出発 28日にオバマ大統領と首脳会談へ

米高官、過去の談話継承促す発言相次ぐ 安倍首相訪米前

放射能汚染の恐ろしさ!!
チェルノブイリ原発事故29年 大統領が追悼

米国が日本を見捨てる日、中国の台頭できしむ日米同盟―英紙

沖縄戦の日本兵・満山さん 反戦手記、増刷重ね



●日本医学会総会

日本医学会総会、京都で開幕 山中教授講演、震災も議論


日本で医学シンポジウムを開催、731部隊などの医学犯罪問題について討論す

日本医学会総会では、なぜ731部隊のことが話し合われないのですか?

ドイツ精神医学精神療法神経学会は戦時中の残虐行為について謝罪表明しているのに!!

戦争であれば、「お国のため」ということで残虐行為は許される?

天皇陛下が、慰霊の旅を続けられている。
天皇、皇后両陛下 70年前の戦跡残るパラオへ「慰霊の旅」

陛下は、731部隊跡地や南京には行かれないのですか?

ノーベル医学賞を受賞された山中教授や神の手を持つ天野教授などは、731をどの様に思っているのでしょうか?

安倍首相はなぜこういうパフォーマンスを故意にするのですか?

お祖父さんの岸信介は満洲に731部隊の施設が完成する頃にいましたが、岸は731についてよく知っていたのではないですか?
1936年(昭和11年)10月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満。1937年(昭和12年)7月には産業部次長、1939年(昭和14年)3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。

「医は仁なり」ではなく
まさしく、「医は意なり」!!
日本医学会の総会は皇太子を迎え、無事に終ったかどうかは知りませんが、このポスターを「医は意なり」とはどういうことか考えてしまう。
その1
生体肝移植で死亡も“手術中止は今後検討”


その2
憲法では、戦力は保持しない事になっているが、それはまったく無視され、国防費は年々増額され、国民にはその使い道が不透明!!
研究者の成果はいったい何に使われる?テロ対策で研究費が増額されたが、反対にそれが生物化学兵器の開発に使われていないか?
731部隊の戦後、化学戦 




その3
皇太子さま、「世界水フォーラム」にビデオメッセージ
私は、水の件では、関東軍防疫給水部(731)を連想してしまう。
石井が、天皇の前で濾過したおしっこを飲んだ?石井式濾水機。
石井四郎と天皇の接触「死の工場」シェルダン・H・ハリス著p84(柏書房)より


その4
日本医学会総会と聞くと、この写真を思い出してしまう。戦後の医学界は731の事は、上層部の圧力で反省できないでいる!!
1942年、東大の安田講堂の前で撮られた記念写真、国家総動員法はすでに1938(昭和13)年には発令され、帝大の先生方は嫌がる弟子達を「お前を破門するぞ!」などと脅しながら731部隊へ送った。この写真には、石井(初代、第3代731部隊長)、北野(第2代731部隊長)、増田知貞(1644部隊、部隊長代理)など731部隊の日本医学会に於ける力を見せつけている!!東大・京大・慶大等の先生方は、治安維持法におびえ、国家に協力せざるを得ない状況に追い込まれていた!!もちろん、積極的に陸軍軍医学校防疫研究室(新宿)の嘱託となり、731に指示を出していた先生?方もいた!!皇国日本の為に?

医学者も「八紘一宇」のための戦争に駆り出された!!
「医の倫理の問う」p60秋元寿恵夫著より(勁草書房)

「医学者たちの組織犯罪」p222常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦部隊と自決した2人の医学者(常石敬一、朝野富三著)より(新潮社)






・「鉄証如山」・・・731の残虐行為の証拠は山の如く存在する!!
・川田龍平さんが現在の医療問題を熱く語っています!!
・石田勇治氏(東京大学大学院総合文化研究科教授、ドイツ近現代史)が、日本とドイツの謝罪の違いについて語っています。
「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」などより浮かぶ数々の疑問!!
2015/04/12 【京都】医の倫理-過去・現在・未来- 日本医学会総会2015関西並行企画「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」(動画)
封印された真実1 

上記の動画などからの抜粋や想像。
・731部隊や100部隊は、昭和天皇(大元帥)の裁可をうけて軍令陸甲第7号が出され、平房や長春に設置された。
・731部隊では、日本の大義(お国、医学の進歩)のため、医の倫理は全く無視され、人体実験(生体実験・生体解剖)が日常的に行われた。
・お金東京地方裁判所 が余りない日本にとっては、その人体実験を通して、日本軍は細菌爆弾・細菌兵器を作ることが急務であった。
・1999(平成11)年9月22日の東京地裁の判決・・・731部隊については、「…1938年、満州国ハルビンの平房に731部隊のため数十棟の建物を備えた研究所と付属の飛行場が建設された(…細菌兵器の大量生産、実戦での使用を目的としていたものであり、そのため、『丸太』と称する捕虜による人体実験もされた。…〈証拠略〉が具体的であり、右の存在と人体実験がされていたことについては、疑う余地がないと認められる。)。」と認定した。
・1997年の細菌戦の訴訟が起きて、一審、二審の裁判では、細菌戦による原告らの被害事実と日本の国家責任を認定している。時効が成立しているので、賠償と謝罪は認められなかった。その判決文の中で、これ以上の高次な判断は国会の場でやって対処してもらう。という結論を出している。
裁判所が、事実認定して、最高裁で、国会で高次の判断を出しなさいと言っているのに、政府の方は何の動きもしない!!
・細菌戦を実施したことを示す金子順一論文発見(2011年)
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書
・731の番組を作るとき、日本からの情報が出てこないので、アメリカや中国、ソ連の情報を使って、モザイクをしていくような作業で確定して行く。
・敗戦時、日本の将官が命令を出して、日本軍の証拠を2晩かけて焼却処分した。
・習近平体制になってから731部隊の資料(関東憲兵隊の資料)も500ページ平均のものが84冊出している。政府が督励している、国家プロジェクトとしてやっている。日本は隠すばかり、国家間の差がはげしい。日本政府はずっと無視している。ごくわずかの研究者しか検討していない。
・日本政府は731部隊の存在は認めているが、そこで人体実験が行われた事も、中国で細菌戦を行い、被害者が多数出た事も認めていない。
・人体実験が行われて、細菌兵器を作っていたことが全世界にばれると、戦犯として昭和天皇(大元帥)が裁かれるので、日本は、ソ連が参戦するとすぐに731部隊を完全に破壊して、証拠湮滅を急いだ。マルタ(被験者)は全て殺して焼き、松花江(しょうかこう)に捨てた。隊員家族は真っ先に日本へ帰還させた。(多くの残留日本人がいるにもかかわらず)
・マッカーサーは、厚木の飛行場に降りる前から日本軍が生体実験、細菌兵器の開発をしていたのをある程度知っていた?アメリカは日本の文化の特質を研究していた。「菊と刀」の文化より、天皇に対しては忠誠を強いられていることを知っていた。その天皇を使って占領政策を円滑にしようとした。
だから、帝銀事件が起き、731部隊員に捜査が及ぶ事になると、国民に731部隊のことがばれるので(その結果、天皇にもその責任が及ぶ事にもなりかねない)マッカーサーはGHQ法務部の731部隊の調査はやめさせた。極秘に731部隊の事を調べ、データ収集する中で、731部隊員を全員免責にした。軍医であった増田知貞も、取調べ後、公職追放を解かれて大学教授の夢が見えてきたが、直後にオートバイ事故で死亡した。
1945年6月の報告書

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-27 12:03:54 | Weblog
・サンダースが平房を視察しようとするとマッカーサーはやめさせた!!(天皇の責任にかかわるから?)

・1945年の敗戦の年の11月に行方不明のはずの石井はアメリカ人将校にディナーを振舞っている。
・天皇を戦犯訴追すると、アメリカの交渉相手がなくなってしまう。天皇家の資産は相当だった。
天皇家の財産
・マッカーサーと天皇の会談は11回極秘に行われ、沖縄の事、731の事、原爆の事さまざまな事について話し合われ、すべて内容は極秘??
密約は731部隊についても存在する?
・731部隊は「バターン死の行進」で生き残った捕虜に奉天監獄で、生体実験を行った。
・奉天監獄で捕虜だったアメリカ人がアメリカ政府に訴えた公聴会の記録も非開示。その事が全米にばれると、731の事が問題になる?アメリカ政府自体が責任を問われる。天皇の事も。だからアメリカと日本を密約を結んだ。情報の非開示。
・クリントン政権では、戦時中のアメリカや日本の情報が情報公開などによって、結構見られたが、ブッシュ、オバマになってからは情報を出していない。日本とアメリカが非開示ということで密約している?
・フェルレポートに列挙された19本のレポートの1つも出ていない。アメリカ政府も開示していない。
・防衛省は衛生学校校長だった金原節三(きんばらせつぞう)が寄贈(2028点)した文書の一部を、市民が裁判を起こしてやっと出したが、肝心な部分は出さない!!最初の3年間のところは4冊しか出していない。金原節三は1941年当時陸軍省医事課長で細菌戦に関与していた。裁判は継続中。
・日本政府にアメリカが返還したとする731部隊の文書を問い合わせても行方不明としてきちん資料を出さない。
・戦後、731で研究されて書かれた論文が、京大や東大などで公然と認められ、博士号が授与されている事実!!(もちろん人体実験のことがあからさまに書かれている。)以下は、西山勝夫氏(滋賀医科大学)の『731部隊関係者等の京都大学における医学博士の学位の授与過程』より

・日本医学会は731の犯罪を追及しようとしている人たちの意見を無視し続けている!!
(『日本医療の原罪』(高杉晋吾著)p16より

・鬼塚氏などの書物を読むと、天皇は2発の原爆投下のことはあらかじめ秘密のルートから情報を得ていた。東京大空襲の情報も得ていたのかもしれない。
アメリカは、取引相手を初めから天皇にしていたのでは。だから、東京大空襲では皇居は狙わなかった。(一部は損害を蒙ったが)
・日本医学界の縦社会を、(体育系)を象徴する例。(教授の言ったことには逆らえない!)
九大生体解剖事件で若い研究生が米兵を採血した後、石山教授が「海水を注射しろ」と言うと、「もうその実験はウサギの実験でやっていますからいいじゃないですか」と返すと、教授は「ウサギじゃ意義?がない」と言って、強行させた。
・中国では戦後70周年ということで731部隊跡の世界遺産への申請に向けて準備が進んでいる。また、細菌戦被害地では、細菌戦の検証ということで「史料集」などがたくさん出る予定!!中国へ行ったときに日本人は過去に中国でどんな事が行われたかを知らないで行くと、驚くことばかりかもしれない。
中国で出されている細菌戦の一般向けの本(表紙)
1941年に日本軍は大量のペスト菌で汚染されたノミ、米、綿を空中投下したため、常徳権県庁所在地及び郊外農村でペスト病の大規模な流行を引き起こした。


将来、こんな記念碑が建つかもしれない?






●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

1937年 大本営設置

11月初旬までに、近衛首相、天皇、陸海軍統帥部は、現地の陸海軍を統制し、国策を実施するには、より合理的で効率的な最高指導体制が必要であると認識するようになっていた。すでに内閣企画院が10月に設置されていた。
天皇は、27日には近衛の提案に基づき、宮中に大本営(天皇の司令部)を設けるよう命令を下した。大本営は、これを通じて天皇が大元帥としての憲法上の役割を果たす事ができ、陸海軍がより一致して行動ができるようにするための、純然たる軍事機構だった。大本営設置後、1週間に数日、午前中の数時間、参謀総長、軍令部総長、陸相、海相、陸海の作戦担当部課長、侍従武官が宮中で執務した。200名以上の定員を持つ大本営は、近衛が本来心に描いたような戦争遂行と政略並びに戦略を調整する効率的な機構ではなく、むしろ当初は無計画に将校を集めたものだった。



●天皇と731の関係は?
・天皇は生物兵器に関心があった。(『死の工場』シェルダン・H・ハリス著(p229)

1925年9月赤坂御所に生物学研究所設置「昭和天皇」p61ハーバード・ピックス著(講談社)

1925年、ジュネーブ協定締結・・・毒ガスの禁止だけでなく、ポーランド代表の提案を入れ、細菌兵器の使用禁止もうたっている。・・日本とアメリカは批准しなかった。石井四郎、遠藤三郎に細菌戦の重要性を主張!!「医学者たちの組織犯罪」p60 常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦、略年表「消えた細菌戦部隊」p238常石敬一著(ちくま書房)


天皇の神格化1928(昭和3)年即位の礼(天皇:大元帥27歳)(約1年間かけて行われ、最後は大嘗祭)裕仁は現人神(あらひとがみ)になる。
27歳の若さで現人神?頭の中では大日本帝国の夢が膨らんでいたのであろうか?

大日本国憲法では
第三條
天皇ハ聖ニシテ侵スヘカラス
第四條
天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
第十一條
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
となっている。天皇が神で神聖であり、元首であり、陸海軍に責任を持つことになっている。

ところが戦後補償裁判では「国家無答責」の法理によって、国・天皇の責任が一切追及されない。
何で、戦後も旧憲法が生きているのか?
(参考)国家無答責の法理(こっかむとうせきのほうり)とは、国家無答責の原理ともいわれ、大日本帝国憲法のもとでは官吏は天皇に対してのみ責任を負い、公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする法理をいう。

1925年・・・治安維持法制定(国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。)
昭和3年(1928年) 昭和天皇 即位の大礼


・1928(昭和3)年、昭和天皇の即位式・・・ほぼ1年かけて現人神・大元帥になった。(27歳)
日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台もこの時期に築かれた。1928年、田中内閣は化学・生物兵器禁止国際議定書〔1925年調印の「窒素生ガス、毒性ガス又はこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」のこと。日本の批准は1970年〕の批准を見送った。翌年には枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎてとても実行できないと言う。・・「昭和天皇」p170ハーバード・ピックス著(講談社)
・1929(昭和4)年、昭和天皇、陸軍軍医学校視察、どのような目的があったのか?(軍医学校の中に1932年に防疫研究室が設置され、33年に規模を拡大。多くの京大や東大の教授達が嘱託として働き、731部隊などにいろいろな指令を出した。)「陸軍軍医学校50年史」より
軍刀には不思議な力がある?



・小泉元中将と助教授を結び付ける唯一の“接点”も細菌戦部隊だった。小泉は陸軍省医務局長時代、細菌戦準備を提唱した石井四郎元中将の最もよき理解者の1人であったし、後援者でもあった。小泉元中将の支援なくして日本の細菌戦部隊はありえなかったと言ってもよい。
その細菌戦部隊とかかわり、そこで人体実験を強いられたのが、自殺した助教授である。彼は医学者としては、手を染めてはならない人体実験を繰り返し、その良心の呵責から死を選んだのである。
小泉元中将を、日本の細菌戦を推進し、大きな流れを作った人物と位置づければ、助教授はその流れに巻き込まれ、のみ込まれた1人といえよう。・・・
(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』常石敬一・朝野富三著より)
小泉親彦・・・1932年(昭和7年)、近衛師団軍医部長に就任。1933年、陸軍軍医学校校長。1934年(昭和9年)、陸軍軍医総監(陸軍中将相当官)となり陸軍省医務局長に就任。1937年(昭和12年)、官名が陸軍軍医総監から陸軍軍医中将に改められた。階級としては、軍医中将は軍医として最高位である。1940年(昭和15年)、勲一等旭日大綬章受章。1941年(昭和16年)、第3次近衛内閣で厚生大臣に就任、次の東條英機内閣でも留任した。
1945年(昭和20年)、連合国軍の取り調べを拒否し、割腹自殺を遂げた。
軍医時代の小泉の大きな仕事
1、厚生省設置の推進  2、日本における毒ガス戦の基礎を築く  3、防疫研究室新設に協力し、この近衛師団軍医部長を兼務していた時、近衛師団の土地約5000坪の土地を「譲与」した。(1933年10月、新たな防疫研究室完成)
・厚生省とは国民の健康を増進するために作られたのではなく、強い兵隊を作るために作られたのか?
・毒ガスの人体実験は平房の731部隊の施設で516部隊と合同で行った。
・陸軍軍医学校と防疫研究室は、地下道でつながり、その地下道には、コンクリート製の水槽があって、ホルマリンの中に死体が、15、6体浮かんでいた。(『証言731石井部隊』郡司陽子著)(731部隊で、生体解剖したものを飛行機で研究室まで運んだのか?)
小泉親彦(こいずみちかひこ)

1933年防疫研究室完成(731部隊の司令塔)、1936年(陸軍軍医学校50周年)遂に防疫機関(731部隊)の新設をみるに至れり。
ここで、防疫研究室新設の理由として、欧米各国と比べ「我が国に之が対応施設なく」と述べられている。しかしすでに軍医学校にはこの研究室より規模も大きく、名称も似かよっている「防疫部」が設けられていたのである。対応施設云々こそ、細菌戦研究の研究室である事を、暗に認めたものであろう。この表現でも、一般に公開することを予定した文書においては、ぎりぎりの線であろう。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より)
『陸軍軍医学校50年史』P184 

防疫研究室『陸軍軍医学校50年史』より

731部隊全景(『続・悪魔の飽食』森村誠一著)

・4宮殿下、陸軍軍医学校50周年式典にご臨席・・・731部隊(細菌戦)・毒ガス戦にかける思いも強かったのでは?
閑院宮(かんいんのみや)・・・1931年~40年陸軍参謀総長
梨本宮・・・元帥、敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。
朝香宮・・・1937年(昭和12年)12月2日、上海派遣軍司令官を拝命し、直後の南京攻略戦に参加。南京大虐殺に関与。
東久邇宮(ひがしくにのみや)・・・太平洋戦争時は防衛総司令官・陸軍大将に就く

・4宮殿下陸軍軍医学校の50周年の式典に臨まれる。

久邇宮(香淳皇后の父親)・・・生物学戦争についての情報を提供し続けた?

・永田鉄山・・・石井の特に細菌戦研究についての主張は、陸軍省や参謀本部において次第に支持を集めて行った。彼の意見を支持した人間のうち最も有力な人物が、1931年当時陸軍省軍務局軍事課長(陸軍中佐)で、1934年には実質的に最も力を持っていた局長である軍務局長(陸軍少将)に就任する永田鉄山だった。ちなみに、後に石井部隊が創設されてから、部隊長の石井の部屋には永田鉄山の胸像が飾られていたという。国家総動員を唱えていた。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著)

・1937年(昭和12年)・・国民精神総動員【第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。】「国体の本義」(神勅や万世一系が冒頭で強調されており、国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。)
・1938年(昭和13年)・・国家総動員法発令【総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。】
・1941年(昭和16年)・・「臣民の道」7月の第3次近衛内閣時に文部省教学局より刊行された著作である。欧米の個人主義思想を否定し、ただ国体の尊厳を観念として心得るだけでなく、国家奉仕を第一とする「臣民の道」を日常生活の中で実践する在り方を説いている。
戦陣訓発表 (生きて虜囚りょしゅうの辱はずかしめを受けず、死して罪禍ざいかの汚名おめいを残すこと勿なかれ。)


1940年(昭和15年)皇紀2600年?に東京オリンピックを開催する予定だった。

道徳の強化、「日の丸」・「君が代」の強制、秘密保護法で隠す動き、軍事力強化、集団的自衛権を行使可能にする流れは
何か昔の動きと似ていませんか?

オリンピックよりも、脱原発、福島・東日本の復興にお金をかけたらいかがですか!!



日本の真相 鬼塚英昭


天皇の陰謀 はじめに


●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

著者より読者へ

文献調査や資料のノートに、私は、一千冊の書籍や文書からの引用を残し、私にとっての情報の諸細目とした。しかし、そのほとんどは、個別の詳細あるいは洞察を提供するのみであった。百に一つがおおいに役立ったのみで、百に二つほどは1960年以降に出版されたものであった。
戦後、占領軍に移管された一次資料のうちでもっとも重要であったのは、日記であった。要職にある日本人のすべてが、脅迫や、日本の政界にあってはよく起こりうる事実無根の責任を負わされないために、公的生活についての記録を残していた。もちろん、こうした日々の記録はすべて、他人や後世の目を意識した中で書かれたものである。それらは、いつでも、特高警察の手によって押収され、裁判所での証拠とされるかも知れなかった。またそれらは、後に、無一文となった孫が出版しないとも限らなかった。そして、皇居の官吏の場合、裕仁自身による徴発やきまぐれな閲覧にさらされる恐れもあった。
用心深く書かれたこうした日記のうち、最も有力な議員によるの二つの日誌は、占領が始まって二年間の間に、アメリカ人の手にわたった。一つは木戸日記であり、内大臣をつとめ、1940年から45年まで裕仁の主席民間輔弼であった、木戸幸一侯爵が書いたもので、1930年から45年までを記したものである。うち、十分の一に満たない部分が、弁護あるいは告発のいずれかの観点から翻訳され、極東国際軍事法廷に証拠として提出された。残りの九割は、現在、入手可能なものとしてある限りでは、1966年に東京大学出版局より出版されるまでは公表されなかった。それでも、この日記は、もっとも出来事の多発した日々が「特記事項なし」とノートされており、不完全な記録のように思われる。


まやかし裁判
君はアジアを解放する為に立ち上がった昭和天皇のあの雄姿を知っているか?


731部隊展開催のお願い!!







●日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

聞け、この沈黙の慟哭を
平房の涙、地底の叫びを
見よ、この虐げられた大地を
名も知れぬ鳥たちが番人のように私を見下ろしている
記憶は人間の地底を永劫に流れ続ける
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より





混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・『731部隊 細菌戦の医師を追え(今も続く恐怖の人体実験)』(高杉晋吾著 徳間書店)

Ⅵ 米謀略資金とツツガ虫病人体実験

米軍援助資金の契約の窓口・元石井部隊研究者


「流行性出血熱」という奇怪な病気については後で述べよう。しかし、これは地方の風土病から、異様な大流行を朝鮮戦争後に韓国で招いた致死率の高い病気で、現在でも「731部隊の業績は、唯一、孫呉熱→流行性出血熱」と一部の人は言っている。私はこれをひそかに「731熱」と呼ぶことにしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-26 07:16:57 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展



731に関係する簡単な映像作品を作ってみませんか?





・戦争を主導した大元帥、昭和天皇を始め、陸軍参謀総長、閑院宮、海軍軍令部総長、伏見宮、南京大虐殺に関わった上海派遣軍司令官、朝霞宮、影で動いた三笠宮、731部隊と関係のあった竹田宮等々、天皇、皇族は誰一人東京裁判で裁かれなかった!!
金と地位がそうさせたのか?


●摂政時代の裕仁(ひろひと)

この写真は大正天皇崩御の一週間前、1926年12月18日に宮内省(昔はでかかった。庁ではなく省)から発表されたもの。
大正天皇が病気だった5年の間日本を統治していたので、裕仁は日本の為に自分がどうすべきか、それをどう実行に移すべきかを既に天皇になる前に知っていた。
夢は、天皇中心の八紘一宇の世界?大日本帝国か?ご趣味は生物学。国民は臣民、民草。天皇の股肱。



あの戦争が、侵略戦争であり、多くのアジアの人々の命を奪った事は、紛れもない事実であり、大変な犯罪行為であった。とりわけ、中国では、毒ガス戦・細菌戦を頻繁に行い、残忍な殺戮も多かった。





・国策と犠牲(書評)


長崎新聞3月9日


●東京大空襲
図書館にありました。早乙女勝元さんが戦後70周年ということで編集したのですね。
各地の図書館に置かれるといいですね。
東京の空襲は何回もあり、犠牲者は3月10日の空襲では10万人以上!空襲としては史上最大規模の大量虐殺!!


しかし、皇居は狙いから外された。戦後の取引のため?
犠牲者遺族に、国からは何の補償もない。

・昭和20年3月東京大空襲の後、石井(731部隊長)は家族全員をハルピンへ呼び寄せた。
地位と金があったからできた!!

・自死した東大助教授Aはどうであったか。
昭和20年4月、Aが所属していた伝研第2研究部長の田宮教授が東大医学部長兼人となり、研究部の方はA1人にまかせっきりになった。田宮教授は朝、家を出て、いったん、これも兼任の伝研所長室に立ち寄り、決済など最低限の用件を済ませるとそのまま医学部へ直行。終日戻る事はなかった。
(1920年5月の空襲で)Aは家を焼け出された後、和泉町の隣りの永福町に家を借り、毎日、伝研に通った。だが、この空襲以後、彼は目に見えてやつれていった。自宅では縁側でうずくまり、研究室では、茫然と窓の外を眺める時間が増えていった。「ウィスキー」を浴びるように飲むようになったのもこのころ。飲んでは酔い、酔ってはまた飲んだ。「ウィスキー」と言っても、研究用アルコールに砂糖を混ぜた代用品である。・・・(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』より)

原爆被災地の広島・長崎、それに大規模空襲があった東京、唯一地上戦の行われた沖縄などは、犠牲者を国家で追悼すべきではないのですか?
戦争責任を、ハッキリさせて2度と戦争はしないという誓いの下に!!
ドイツのドレスデン空襲では、大統領が参列して追悼している!!
ガウク氏は式典で、「ドイツ人の犠牲者を悼むとき、(ナチス)ドイツの戦争遂行による犠牲者を忘れてはならない」と呼びかけた。
独ドレスデン空襲70年で追悼式典


日本は、重慶などの都市に戦時中無差別爆撃を行っていた!!


最高裁で敗訴が確定した東京大空襲訴訟が問いかけたもの 戦争被害を国民は受忍できるのかより抜粋
被告、国は「戦争被害 は国民が等しく受忍(我慢)しなければならない」という受忍論を展開。1審・2審はこれを追認しました。さらに東京地裁・高裁は「戦地で実際に戦闘行為を行った軍人らの救済には合理的な根拠があり、民間被災者の差別ではない」「被災者は数多く存在しており、どんな救済措置を講じるかについて国会には広い裁量が認められる」「原告らが旧軍人らとの間の不公平を感じることは心情的には理解できるが、戦争被害者にどのような援助をするかは立法を通じて解決すべきだ」などと指摘し、訴えをすべて退けていました。

この裁判で、東京の市井の人々が被害を受けたのは、日本が戦争を起こした開戦責任と、なかなか戦争を終わらせなかった責任に由来することをはっきりさせる意味もありました。つまり、大日本帝国の侵略戦争という違法行為が外国の人ばかりか、国民までも傷つけることになるのです。

ウィキペデアより
東京は1944年(昭和19年)11月14日以降に106回の空襲を受けたが、1945年(昭和20年)2月26日,2月28日特に1945年(昭和20年)3月10日、4月13日、4月15日、5月24日未明、5月25日-26日の5回は大規模だった。その中でも「東京大空襲」と言った場合、死者数が10万人以上と著しく多い1945年3月10日の空襲を指すことが多い。この3月10日の空襲だけでも罹災者は100万人を超えた。

アメリカからみた【東京大空襲】第二次世界大戦

当時のニュース(今も、報道統制が厳しくなっていて変わりがないとおもうが。)
天皇陛下戦災地御巡幸
かしこくも天皇陛下におかれましては3月18日帝都戦災時に・・・・民草救済の状況、工場の被害状況に寄せたまいし大御心のほどを拝し奉り、我ら一億等しく暴戻アメリカ撃滅の決意をいよいよ固め、広大無辺の・・・・
・なんで1人の被災者も画面に出さず、臣下は直立不動で立っているのだ?自民党はこんな状況に戻したいのか?(八紘一宇)
・今の天皇は神様なのか知らないが、その当時は天皇は44歳で現人神、大元帥、国民は、民草だった。朝鮮の台湾・中国の人は2等国民とか3等国民とか言っていた時代であった。
・まだ、戦争を継続した。この後も容赦ない各地での米軍の空襲、悲惨な沖縄戦、広島・長崎の原爆投下、ソ連参戦、731部隊のマルタと呼ばれた人々の虐殺、施設破壊、真っ先の逃亡!!中国に残された日本人の悲劇的な状況、シベリア抑留・・・
・戦後の裁判・・・どういうわけか天皇・皇族・731部隊関係者は1人も裁かれず、東京裁判はA 級戦争犯罪人を裁いた。訴追されたのは28人だったが、うち2 人は公判中に病没、1人は精神障害で免訴となり、25 人が判決を受けた。全員有罪、7 人が絞首刑、他は終身禁固~禁固7 年の判決が下された。
ところで、日本帝国が植民地支配していた朝鮮や台湾から徴兵・徴用された軍人・軍属のなかに、侵略戦争を計画・準備・遂行した東条英機などと同じように戦犯とされ、裁判で裁かれた人たちが多数いる。彼らはBC級戦犯裁判で裁かれ、うち朝鮮人23 人、台湾人21人が死刑とされ、刑死している。残りの朝鮮人125 人と台湾人147人は無期刑あるいは有期刑とされた。1950年代に入ると多くの朝鮮人戦犯が仮釈放・満期釈放された。だが、出所するときに持たされたのは東京都内分の交通費と軍服だけ。家族も頼れる知人もない日本で極貧生活を強いられ生活苦と厭世感から2人の自殺者が出た。
このままでは生きてゆけないと彼らは「韓国出身戦犯者同進会」を結成し日本政府に援護を求めた。・・・
・戦犯として、訴追された朝鮮人148人のうち3人だけが軍人・兵士であり、ほかは捕虜収容所の監視員という名の軍属だった。・・・・
・被曝後の広島に入り、市民を救援した朝鮮人部隊8876部隊の人たちは、敗戦になると、反乱を恐れた軍部から強制的に朝鮮に戻され、その後、被曝で亡くなった人もいた。政府はこういう人たちも全く無視した。
東京大空襲 

「日本人」戦犯と して裁かれ、処刑さ れた 朝鮮人
年表でたどる韓国・朝鮮人BC級戦犯の歴史


●ニュース
「村山談話」などと合致望ましい~米高官

「歴史の生き証人」の元慰安婦女性、米議会で安倍首相に謝罪を求める「目を大きく開けて私を見てほしい」―仏メディア

米下院議員25人が、歴史問題で安倍首相に「謝罪」を促す書簡を駐米大使宛てに送付=米国ネットには疑問の声も

県外移設へ協力を 玉城氏、米議員に知事書簡

日中戦争時は不拡大と言いながらずるずる拡大していった!!
政府 集団的自衛権の見解で限定行使強調








●日本医学会総会

日本医学会総会、京都で開幕 山中教授講演、震災も議論


日本で医学シンポジウムを開催、731部隊などの医学犯罪問題について討論す

日本医学会総会では、なぜ731部隊のことが話し合われないのですか?

ドイツ精神医学精神療法神経学会は戦時中の残虐行為について謝罪表明しているのに!!

戦争であれば、「お国のため」ということで残虐行為は許される?

天皇陛下が、慰霊の旅を続けられている。
天皇、皇后両陛下 70年前の戦跡残るパラオへ「慰霊の旅」

陛下は、731部隊跡地や南京には行かれないのですか?

ノーベル医学賞を受賞された山中教授や神の手を持つ天野教授などは、731をどの様に思っているのでしょうか?

安倍首相はなぜこういうパフォーマンスを故意にするのですか?

お祖父さんの岸信介は満洲に731部隊の施設が完成する頃にいましたが、岸は731についてよく知っていたのではないですか?
1936年(昭和11年)10月に満州国国務院実業部総務司長に就任して渡満。1937年(昭和12年)7月には産業部次長、1939年(昭和14年)3月には総務庁次長に就任。この間に計画経済・統制経済を大胆に取り入れた満州「産業開発5ヶ年計画」を実施。

「医は仁なり」ではなく
まさしく、「医は意なり」!!

日本医学会の総会は皇太子を迎え、無事に終ったかどうかは知りませんが、このポスターを「医は意なり」とはどういうことか考えてしまう。
その1
2病院の「特定機能病院」取り消しへ


その2
憲法では、戦力は保持しない事になっているが、それはまったく無視され、国防費は年々増額され、国民にはその使い道が不透明!!
研究者の成果はいったい何に使われる?テロ対策で研究費が増額されたが、反対にそれが生物化学兵器の開発に使われていないか?
731部隊の戦後、化学戦 




その3
皇太子さま、「世界水フォーラム」にビデオメッセージ
私は、水の件では、関東軍防疫給水部(731)を連想してしまう。
石井が、天皇の前で濾過したおしっこを飲んだ?石井式濾水機。
石井四郎と天皇の接触「死の工場」シェルダン・H・ハリス著p84(柏書房)より


その4
日本医学会総会と聞くと、この写真を思い出してしまう。戦後の医学界は731の事は、上層部の圧力で反省できないでいる!!
1942年、東大の安田講堂の前で撮られた記念写真、国家総動員法はすでに1938(昭和13)年には発令され、帝大の先生方は嫌がる弟子達を「お前を破門するぞ!」などと脅しながら731部隊へ送った。この写真には、石井(初代、第3代731部隊長)、北野(第2代731部隊長)、増田知貞(1644部隊、部隊長代理)など731部隊の日本医学会に於ける力を見せつけている!!東大・京大・慶大等の先生方は、治安維持法におびえ、国家に協力せざるを得ない状況に追い込まれていた!!もちろん、積極的に陸軍軍医学校防疫研究室(新宿)の嘱託となり、731に指示を出していた先生?方もいた!!皇国日本の為に?

医学者も「八紘一宇」のための戦争に駆り出された!!
「医の倫理の問う」p60秋元寿恵夫著より(勁草書房)

「医学者たちの組織犯罪」p222常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦部隊と自決した2人の医学者(常石敬一、朝野富三著)より(新潮社)





・「鉄証如山」・・・731の残虐行為の証拠は山の如く存在する!!
・川田龍平さんが現在の医療問題を熱く語っています!!
・石田勇治氏(東京大学大学院総合文化研究科教授、ドイツ近現代史)が、日本とドイツの謝罪の違いについて語っています。
「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」などより浮かぶ数々の疑問!!
2015/04/12 【京都】医の倫理-過去・現在・未来- 日本医学会総会2015関西並行企画「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」(動画)
封印された真実1 

上記の動画などからの抜粋や想像。
・731部隊や100部隊は、昭和天皇(大元帥)の裁可をうけて軍令陸甲第7号が出され、平房や長春に設置された。
・731部隊では、日本の大義(お国、医学の進歩)のため、医の倫理は全く無視され、人体実験(生体実験・生体解剖)が日常的に行われた。
・お金東京地方裁判所 が余りない日本にとっては、その人体実験を通して、日本軍は細菌爆弾・細菌兵器を作ることが急務であった。
・1999(平成11)年9月22日の東京地裁の判決・・・731部隊については、「…1938年、満州国ハルビンの平房に731部隊のため数十棟の建物を備えた研究所と付属の飛行場が建設された(…細菌兵器の大量生産、実戦での使用を目的としていたものであり、そのため、『丸太』と称する捕虜による人体実験もされた。…〈証拠略〉が具体的であり、右の存在と人体実験がされていたことについては、疑う余地がないと認められる。)。」と認定した。
・1997年の細菌戦の訴訟が起きて、一審、二審の裁判では、細菌戦による原告らの被害事実と日本の国家責任を認定している。時効が成立しているので、賠償と謝罪は認められなかった。その判決文の中で、これ以上の高次な判断は国会の場でやって対処してもらう。という結論を出している。
裁判所が、事実認定して、最高裁で、国会で高次の判断を出しなさいと言っているのに、政府の方は何の動きもしない!!
・細菌戦を実施したことを示す金子順一論文発見(2011年)
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書
・731の番組を作るとき、日本からの情報が出てこないので、アメリカや中国、ソ連の情報を使って、モザイクをしていくような作業で確定して行く。
・敗戦時、日本の将官が命令を出して、日本軍の証拠を2晩かけて焼却処分した。
・習近平体制になってから731部隊の資料(関東憲兵隊の資料)も500ページ平均のものが84冊出している。政府が督励している、国家プロジェクトとしてやっている。日本は隠すばかり、国家間の差がはげしい。日本政府はずっと無視している。ごくわずかの研究者しか検討していない。
・日本政府は731部隊の存在は認めているが、そこで人体実験が行われた事も、中国で細菌戦を行い、被害者が多数出た事も認めていない。
・人体実験が行われて、細菌兵器を作っていたことが全世界にばれると、戦犯として昭和天皇(大元帥)が裁かれるので、日本は、ソ連が参戦するとすぐに731部隊を完全に破壊して、証拠湮滅を急いだ。マルタ(被験者)は全て殺して焼き、松花江(しょうかこう)に捨てた。隊員家族は真っ先に日本へ帰還させた。(多くの残留日本人がいるにもかかわらず)
・マッカーサーは、厚木の飛行場に降りる前から日本軍が生体実験、細菌兵器の開発をしていたのをある程度知っていた?アメリカは日本の文化の特質を研究していた。「菊と刀」の文化より、天皇に対しては忠誠を強いられていることを知っていた。その天皇を使って占領政策を円滑にしようとした。
だから、帝銀事件が起き、731部隊員に捜査が及ぶ事になると、国民に731部隊のことがばれるので(その結果、天皇にもその責任が及ぶ事にもなりかねない)マッカーサーはGHQ法務部の731部隊の調査はやめさせた。極秘に731部隊の事を調べ、データ収集する中で、731部隊員を全員免責にした。軍医であった増田知貞も、取調べ後、公職追放を解かれて大学教授の夢が見えてきたが、直後にオートバイ事故で死亡した。
1945年6月の報告書

・サンダースが平房を視察しようとするとマッカーサーはやめさせた!!(天皇の責任にかかわるから?)

・1945年の敗戦の年の11月に行方不明のはずの石井はアメリカ人将校にディナーを振舞っている。
・天皇を戦犯訴追すると、アメリカの交渉相手がなくなってしまう。天皇家の資産は相当だった。
天皇家の財産
・マッカーサーと天皇の会談は11回極秘に行われ、沖縄の事、731の事、原爆の事さまざまな事について話し合われ、すべて内容は極秘??
密約は731部隊についても存在する?
・731部隊は「バターン死の行進」で生き残った捕虜に奉天監獄で、生体実験を行った。
・奉天監獄で捕虜だったアメリカ人がアメリカ政府に訴えた公聴会の記録も非開示。その事が全米にばれると、731の事が問題になる?アメリカ政府自体が責任を問われる。天皇の事も。だからアメリカと日本を密約を結んだ。情報の非開示。
・クリントン政権では、戦時中のアメリカや日本の情報が情報公開などによって、結構見られたが、ブッシュ、オバマになってからは情報を出していない。日本とアメリカが非開示ということで密約している?
・フェルレポートに列挙された19本のレポートの1つも出ていない。アメリカ政府も開示していない。
・防衛省は衛生学校校長だった金原節三(きんばらせつぞう)が寄贈(2028点)した文書の一部を、市民が裁判を起こしてやっと出したが、肝心な部分は出さない!!最初の3年間のところは4冊しか出していない。金原節三は1941年当時陸軍省医事課長で細菌戦に関与していた。裁判は継続中。
・日本政府にアメリカが返還したとする731部隊の文書を問い合わせても行方不明としてきちん資料を出さない。
・戦後、731で研究されて書かれた論文が、京大や東大などで公然と認められ、博士号が授与されている事実!!(もちろん人体実験のことがあからさまに書かれている。)以下は、西山勝夫氏(滋賀医科大学)の『731部隊関係者等の京都大学における医学博士の学位の授与過程』より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2015-04-26 07:15:38 | Weblog
・日本医学会は731の犯罪を追及しようとしている人たちの意見を無視し続けている!!
(『日本医療の原罪』(高杉晋吾著)p16より

・鬼塚氏などの書物を読むと、天皇は2発の原爆投下のことはあらかじめ秘密のルートから情報を得ていた。東京大空襲の情報も得ていたのかもしれない。
アメリカは、取引相手を初めから天皇にしていたのでは。だから、東京大空襲では皇居は狙わなかった。(一部は損害を蒙ったが)
・日本医学界の縦社会を、(体育系)を象徴する例。(教授の言ったことには逆らえない!)
九大生体解剖事件で若い研究生が米兵を採血した後、石山教授が「海水を注射しろ」と言うと、「もうその実験はウサギの実験でやっていますからいいじゃないですか」と返すと、教授は「ウサギじゃ意義?がない」と言って、強行させた。
・中国では戦後70周年ということで731部隊跡の世界遺産への申請に向けて準備が進んでいる。また、細菌戦被害地では、細菌戦の検証ということで「史料集」などがたくさん出る予定!!中国へ行ったときに日本人は過去に中国でどんな事が行われたかを知らないで行くと、驚くことばかりかもしれない。
中国で出されている細菌戦の一般向けの本(表紙)
1941年に日本軍は大量のペスト菌で汚染されたノミ、米、綿を空中投下したため、常徳権県庁所在地及び郊外農村でペスト病の大規模な流行を引き起こした。


将来、こんな記念碑が建つかもしれない?

・医学部に入学すると1年生から解剖に入る。結局人間をモノとしてみて「人と人とが接する」医学教育ではない。
・日本政府は、日本とドイツは全く違うから比較する必要はないと言っているが、違うから比較する必要がある。それぞれのケースをより深く比較しなければならない。
・外務省のホームページ
歴史問題Q&A
問8.ドイツに比べて、日本は過去の問題への取り組みが不十分なのではないですか。

日独両国ともに、「過去の問題」に対して誠実に対応してきています。
一方で、ドイツと日本では、先の大戦中に何が起きたのか、そして戦後どういう状況下で戦後処理に取り組んだのかといった歴史的経緯が全く異なります。例えば、日本は、当時の国際社会によって一般的に受け入れられていた方式に則り、サンフランシスコ平和条約等に従って国家間で賠償等の問題を一括処理しましたが、ドイツは戦後、東西に分断されていたことから、我が国のように国家間で賠償等の問題を一括処理することが出来なかったことなどにより、結果的にナチスの犯罪の犠牲者への個人補償という形をとったものと承知しています。
このように、日本とドイツは、それぞれ異なる方式により戦後処理を行っており、両国の取組みを単純に比較して評価することは適当ではありません。
・石田氏の評価 点数40点・・・大事な事はほとんど触れていない。どのように過去と決着をつけてきたのかきちんと比較する事が大事。
・ドイツは謝罪をしていないという声があるが、それは90年代まではいえたが、その後は指導者が謝罪している。
94年 ローマン・ヘルツォーク大統領・・・ワルシャワ蜂起を鎮圧した50年目の記念日、ポーランドの国会で「ドイツがポーランドに与えた全ての苦しみに対してゆるしを請います。
次の大統領であったヨハネス・ラウは強制労働の補償基金の設立の交渉の始まりに遅すぎた補償を詫びて「私はドイツ支配下で奴隷労働、強制労働を行わなければならなかった全ての人々に思いを馳せ、ドイツ国民の名においてゆるしを請います。私たちは彼等の苦しみを忘れません」という声明を発表している。
・また、ドイツは植民地支配と関係ないだろうと言われることがあるが、2004年シュレーダー政権時の経済開発大臣(女性)がナミビアに出かけて行って、100年前に起きたドイツ帝国軍が現地のヘレロ族の反乱を鎮圧した際、その鎮圧が残虐で20世紀最初のジェノサイドという歴史的評価が与えらたが、それに対して、謝罪をしました。





●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

1937年 第2次上海事変

上海には蒋介石の最精鋭部隊と雑多な「補助部隊」がいた。・・・8月15日、天皇の大命により松井石根(いわね)大将が軍司令官となり、その5日後、上海派遣軍が送り出された。・・・
同時に、長崎県大村基地から4時間かけて20機の海軍機が中国の首都南京に初の渡洋爆撃を行った。このときの海軍機「96式陸上爆撃機」は、当時、山本五十六(いそろく)提督の指導のもと、将来の対米戦争を想定して開発されたものであり、山本はそのためのテストを行いたかったのである。・・・
政府(近衛内閣)は、「帝国としてはもはや隠忍その限度に達し、支那軍の暴戻(ぼうれい)を譍懲(ようちょう)し、もって南京政府の反省を促すため、断固たるとるのやむなきに至れり」との声明を出した。進行中の兵力増強や戦略爆撃の決定の背景には、もちろん天皇の判断と承認があった。同じく重要な事は天皇と閣僚は、中国人民とその抵抗力を傲慢にも見くびっていた点である。



●天皇と731の関係は?
・天皇は生物兵器に関心があった。(『死の工場』シェルダン・H・ハリス著(p229)

1925年9月赤坂御所に生物学研究所設置「昭和天皇」p61ハーバード・ピックス著(講談社)

1925年、ジュネーブ協定締結・・・毒ガスの禁止だけでなく、ポーランド代表の提案を入れ、細菌兵器の使用禁止もうたっている。・・日本とアメリカは批准しなかった。石井四郎、遠藤三郎に細菌戦の重要性を主張!!「医学者たちの組織犯罪」p60 常石敬一著より(朝日新聞社)

細菌戦、略年表「消えた細菌戦部隊」p238常石敬一著(ちくま書房)


天皇の神格化1928(昭和3)年即位の礼(天皇:大元帥27歳)(約1年間かけて行われ、最後は大嘗祭)裕仁は現人神(あらひとがみ)になる。
27歳の若さで現人神?頭の中では大日本帝国の夢が膨らんでいたのであろうか?

大日本国憲法では
第三條
天皇ハ聖ニシテ侵スヘカラス
第四條
天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
第十一條
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
となっている。天皇が神で神聖であり、元首であり、陸海軍に責任を持つことになっている。

ところが戦後補償裁判では「国家無答責」の法理によって、国・天皇の責任が一切追及されない。
何で、戦後も旧憲法が生きているのか?
(参考)国家無答責の法理(こっかむとうせきのほうり)とは、国家無答責の原理ともいわれ、大日本帝国憲法のもとでは官吏は天皇に対してのみ責任を負い、公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする法理をいう。

1925年・・・治安維持法制定(国体(皇室)や私有財産制を否定する運動を取り締まることを目的として制定された日本の法律。)
昭和3年(1928年) 昭和天皇 即位の大礼


・1928(昭和3)年、昭和天皇の即位式・・・ほぼ1年かけて現人神・大元帥になった。(27歳)
日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台もこの時期に築かれた。1928年、田中内閣は化学・生物兵器禁止国際議定書〔1925年調印の「窒素生ガス、毒性ガス又はこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」のこと。日本の批准は1970年〕の批准を見送った。翌年には枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎてとても実行できないと言う。・・「昭和天皇」p170ハーバード・ピックス著(講談社)
・1929(昭和4)年、昭和天皇、陸軍軍医学校視察、どのような目的があったのか?(軍医学校の中に1932年に防疫研究室が設置され、33年に規模を拡大。多くの京大や東大の教授達が嘱託として働き、731部隊などにいろいろな指令を出した。)「陸軍軍医学校50年史」より
軍刀には不思議な力がある?



・小泉元中将と助教授を結び付ける唯一の“接点”も細菌戦部隊だった。小泉は陸軍省医務局長時代、細菌戦準備を提唱した石井四郎元中将の最もよき理解者の1人であったし、後援者でもあった。小泉元中将の支援なくして日本の細菌戦部隊はありえなかったと言ってもよい。
その細菌戦部隊とかかわり、そこで人体実験を強いられたのが、自殺した助教授である。彼は医学者としては、手を染めてはならない人体実験を繰り返し、その良心の呵責から死を選んだのである。
小泉元中将を、日本の細菌戦を推進し、大きな流れを作った人物と位置づければ、助教授はその流れに巻き込まれ、のみ込まれた1人といえよう。・・・
(『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』常石敬一・朝野富三著より)
小泉親彦・・・1932年(昭和7年)、近衛師団軍医部長に就任。1933年、陸軍軍医学校校長。1934年(昭和9年)、陸軍軍医総監(陸軍中将相当官)となり陸軍省医務局長に就任。1937年(昭和12年)、官名が陸軍軍医総監から陸軍軍医中将に改められた。階級としては、軍医中将は軍医として最高位である。1940年(昭和15年)、勲一等旭日大綬章受章。1941年(昭和16年)、第3次近衛内閣で厚生大臣に就任、次の東條英機内閣でも留任した。
1945年(昭和20年)、連合国軍の取り調べを拒否し、割腹自殺を遂げた。
軍医時代の小泉の大きな仕事
1、厚生省設置の推進  2、日本における毒ガス戦の基礎を築く  3、防疫研究室新設に協力し、この近衛師団軍医部長を兼務していた時、近衛師団の土地約5000坪の土地を「譲与」した。(1933年10月、新たな防疫研究室完成)
・厚生省とは国民の健康を増進するために作られたのではなく、強い兵隊を作るために作られたのか?
・毒ガスの人体実験は平房の731部隊の施設で516部隊と合同で行った。
・陸軍軍医学校と防疫研究室は、地下道でつながり、その地下道には、コンクリート製の水槽があって、ホルマリンの中に死体が、15、6体浮かんでいた。(『証言731石井部隊』郡司陽子著)(731部隊で、生体解剖したものを飛行機で研究室まで運んだのか?)
小泉親彦(こいずみちかひこ)

1933年防疫研究室完成(731部隊の司令塔)、1936年(陸軍軍医学校50周年)遂に防疫機関(731部隊)の新設をみるに至れり。
ここで、防疫研究室新設の理由として、欧米各国と比べ「我が国に之が対応施設なく」と述べられている。しかしすでに軍医学校にはこの研究室より規模も大きく、名称も似かよっている「防疫部」が設けられていたのである。対応施設云々こそ、細菌戦研究の研究室である事を、暗に認めたものであろう。この表現でも、一般に公開することを予定した文書においては、ぎりぎりの線であろう。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著より)
『陸軍軍医学校50年史』P184 

防疫研究室『陸軍軍医学校50年史』より

731部隊全景(『続・悪魔の飽食』森村誠一著)

・4宮殿下、陸軍軍医学校50周年式典にご臨席・・・731部隊(細菌戦)・毒ガス戦にかける思いも強かったのでは?
閑院宮(かんいんのみや)・・・1931年~40年陸軍参謀総長
梨本宮・・・元帥、敗戦後、神宮祭主であったことから国家神道の主体的な頭目であったとみなされ、皇族としてただ1人A級戦犯容疑者に指定されて、巣鴨プリズンに拘置された。
朝香宮・・・1937年(昭和12年)12月2日、上海派遣軍司令官を拝命し、直後の南京攻略戦に参加。南京大虐殺に関与。
東久邇宮(ひがしくにのみや)・・・太平洋戦争時は防衛総司令官・陸軍大将に就く

・4宮殿下陸軍軍医学校の50周年の式典に臨まれる。

久邇宮(香淳皇后の父親)・・・生物学戦争についての情報を提供し続けた?

・永田鉄山・・・石井の特に細菌戦研究についての主張は、陸軍省や参謀本部において次第に支持を集めて行った。彼の意見を支持した人間のうち最も有力な人物が、1931年当時陸軍省軍務局軍事課長(陸軍中佐)で、1934年には実質的に最も力を持っていた局長である軍務局長(陸軍少将)に就任する永田鉄山だった。ちなみに、後に石井部隊が創設されてから、部隊長の石井の部屋には永田鉄山の胸像が飾られていたという。国家総動員を唱えていた。(『消えた細菌戦部隊』常石敬一著)

・1937年(昭和12年)・・国民精神総動員【第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)年9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。】「国体の本義」(神勅や万世一系が冒頭で強調されており、国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。)
・1938年(昭和13年)・・国家総動員法発令【総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。】
・1941年(昭和16年)・・「臣民の道」7月の第3次近衛内閣時に文部省教学局より刊行された著作である。欧米の個人主義思想を否定し、ただ国体の尊厳を観念として心得るだけでなく、国家奉仕を第一とする「臣民の道」を日常生活の中で実践する在り方を説いている。
戦陣訓発表 (生きて虜囚りょしゅうの辱はずかしめを受けず、死して罪禍ざいかの汚名おめいを残すこと勿なかれ。)


1940年(昭和15年)皇紀2600年?に東京オリンピックを開催する予定だった。

道徳の強化、「日の丸」・「君が代」の強制、秘密保護法で隠す動き、軍事力強化、集団的自衛権の行使の流れは
何か昔の動きと似ていませんか?

オリンピックよりも、脱原発、福島・東日本の復興にお金をかけたらいかがですか!!




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた

ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

著者より読者へ

欧米の歴史家は、日本人をえがくにあたって、集団ヒステリーの産物という考えでもってあまりに懲り固まっているようだった。日本経済の記録は、そうした思い込みが誤りであることを示している。わずか一世紀昔の1868年、日本の経済発展は、1485年にヘンリー七世が王座にあった英国に相当すると見られていた。過去一世紀の変貌は、常軌を逸した不可解な人々によって成し遂げられたのではなく、もっとも勤勉で知的な人々によってなされたのである。私は、これまでの生涯、日本人に畏敬とそれを知ることの喜びを感じてきた。日本の指導者たちが、欧米の指導者たちと同様に、極めて賢い人たちであるということは、この著作の基本的前提である。

1945年、連合軍がドイツを制圧した際、何百万ページもの国家文書が発見された。これに対し、連合軍が取り決められた日本の占領を始めた時、戦争終結からまだ2週間しかたっていないにもかかわらず、アメリカ人の手に入ったもので、何らかの重要性をもつ文書は、日本人によって自発的に提供されたものであった。1937年より1945年まで皇居において天皇が議長を勤めて行なわれた天皇本部の会議議事録は、すべて焼却されたと言われている。陸軍参謀本部、海軍参謀本部、特高警察のファイル類の大半も、同様であった。



731部隊展開催のお願い!!





●日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめてなおも歩き続ける
軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光
住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日々
長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より



混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・『731部隊 細菌戦の医師を追え(今も続く恐怖の人体実験)』(高杉晋吾著 徳間書店)

Ⅵ 米謀略資金とツツガ虫病人体実験

米軍援助資金の契約の窓口・元石井部隊研究者


共同研究者のみが文末に並べられている。私はこれらの共同研究者の名前を調査して補った。そしてその職歴調査も・・・。
笠原(四郎)北里研究所、石川(太刀雄丸)金沢大学教授、所(安夫)東大助教授(帝京大教授)、金沢(謙一)武田製薬、朝比奈(正二郎)国立予研、根津(尚光)東京都衛生局、浅沼(靖)文部省資源科学研究所、池田(苗夫)開業医。今思えば、その頃の私は40歳になるかならぬ馬力に満ちた時代であったから、金も組織も一切なしに1人で歩き回って全部調べ上げた。約10年前のことであった。もちろん現在も「馬力」の点を除けば一切が変わっていないが・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加