国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-29 08:58:24 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

●731問題
731部隊の設置許可、人体実験、毒ガス戦・細菌戦実施の許可した昭和天皇とそれに協力した日本医学界の責任、戦後、その人体実験、毒ガス戦・細菌戦を全く裁判にかけなかったマッカーサーとアメリカ政府の責任、1990年代から2000年代にかけて行われた裁判において、事実を認めながら、それを放置している司法・政治の責任、国民の認識は?
戦後70周年、中国の人々から日本の我々に届いた重いメッセージ!
虐殺された人々(日本人を含む)の声なき声にどう応えるか?
日本人はこの731問題にどう向き合うか?重い課題!!

731(1)


●横浜「戦争と加害」のパネル展


細菌戦(「戦争と加害」のパネル展in横浜)

毒ガス(「戦争と加害」のパネル展in横浜


参観者の感想
・他の事例はともかく、毒ガス兵器を頻繁に使用していたことについて知識がなかったりで大きなショックを受けた。
731部隊の展示を見ているうち気分が悪くなってきたが、これも実際に行われたことであり、戦争と差別の産物であることを忘れてはいけない。
慰安婦にせよ、毒ガスにせよ、現在にまで障害を及ぼしている。戦争などするものではないということを加害の立場から改めて認識させられた。40代男性


「戦争の加害」テーマに 13日まで横浜でパネル展



●戦争が起きたら、必ず原発が狙われ、地球は汚染される!!脱原発!!
戦争の足音が聞こえる!!
三権分立などしていない日本の現状!!
海自機、比海軍に貸与へ…南シナ海の監視に利用

北朝鮮よりもこちらを批判すべきではないのか!!
米軍、2度のICBM発射実験 核抑止力を示威

原発事故めぐる「初の刑事裁判」で何が問われる?――東電元会長ら強制起訴へ

日米合同訓練、離島防衛を強化

高浜1、2号機の「40年超」認可差し止めを 住民、名古屋地裁に提訴へ

原発、別の道ないのか 89歳加古里子さん「若者よ考えて」

大飯高浜原発の差し止め却下


福島原発事故 東電がメルトダウン判断遅れを謝罪

制服組自衛官が権限大幅移譲要求 防衛省、背広組は拒否

国産初のステルス戦闘機開発に向け、試作機の滑走試験

武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か

・日本医学界は、なぜ731のことに謝罪しない?なぜ脱原発の声明を出さないのだ!!
・国策:原発推進反対!!

小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:一刻も早く原子力の夢からさめて…



●彼らは本気だ。安倍晋三首相は、夏の参院選で改憲勢力による「3分の2」の議席を目指すという。どうしたらいい?
彼らと真逆の憲法は作れないか?
・憲法9条を守る!!・外交を強化する・自衛隊は災害救助隊に・象徴天皇制を廃止して、大統領制にする
・脱原発 ・靖国神社を廃止して、戦争懺悔慰霊碑の建立
・日米安保条約見直し・国連改革


・憲法9条(侵略戦争の反省から憲法9条が生まれた!)
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


09
想像してごらん、
9条がゆきわたった世界を。

Imagine,
A world filled with Article 9.

Представить,
Мир заполнен со статьей 9.

想像,
的世界充满了第九条。



IMAGINE9 (『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博 2007年12月1日発行、合同出版)
解説
考えてみよう、
日本の憲法9条のこれから。

「日本の憲法9条をあたりまえのものだとはどうか思わないでください。それは、 ある日突然なくなってしまうかもしれません。憲法9条があるからこそ、みなさんは戦争に行くことなく暮らせてきました。しかし憲法9条が救っているのは、日本人の命だけではありません。世界中の人びとが救われています。9条がなければ、みなさんはアメ リカが第2次大戦後に攻撃してきたすべての国、つまり、朝鮮半島、ベトナム、パナマ、グラナダ、イラク、アフガニスタンなどへ戦争に行かされていたのです」

これは、アメ リカの元海兵隊員で、いまでは世界的に平和活動を行つているアレン・ネルソンさんの言葉です。

日本が「9条を変えて、戦争に行ける国になるべきだ」と言う人たちがいます。だれが、何のためにそう言つているのか、考えてみましょう。
2001年の「9・11事件」以来、アメリカは「テロと戦う」といって、アフガニスタ ンやイラクなど世界のあちこちで戦争やその準備をしています。そしていろいろな国に「いっしょに戦おう」と協力を求めています。日本の自衛隊はイラクに派遣されましたが、アメリカはこのような協力を、さらに本格的に日本に求めています。そこでじゃまになるのが、「戦争に参加してはならない」と定めた9条です。

また、日本国内にも、戦争のためのミサイルやハイテク兵器をつくってもうけようとぃぅ企業があります。彼らにとってじゃまになるのは、「武器を売つてはいけない」と定めた9条なのです。こうした理由から、アメ リカ政府や日本の一部の大企業は、9条を変えたいと思っています。
そうやって日本が「戦争できる国」になっていくことを、かつて日本に苦しめられたアジアの人びとはどう感じるでしょうか。近隣の国々は、日本の軍事化をどう見るでしょうか。そしてみなさんは、世界の中の日本のあり方を、どう考えるでしょうか。



防衛相 豪外相に潜水艦開発でアピール
ぐんじ と ひんこん アベちゃんのもくろみ…(´ε`;)
武器輸出三原則
今の現状防衛装備移転三原則

●ご案内


残留孤児:中島幼八さんのお話


731日本軍細菌戦部隊などの戦争遺跡を巡る旅【5月3日(火)~5月7日(土)】

お問い合わせ・申込先 国際ツーリストビューロー                              
TEL 078-351―2110
FAX 078―351-2140
メール ktb@silver.ocn.ne.jp

・締切  3月17日(木)

●ニュース
安保法「ノー」訴え MM21地区で200人デモ

国の司法手続き批判 緊急辺野古シンポジウム

イラクで自爆テロ 70人死亡 「イスラム国」が声明

<交通事故>また梅田で 通行人3人軽傷 63歳容疑者逮捕

ダイコーに廃棄食品撤去を命令へ 無届け倉庫で超過保管

低周波音で「不眠」「食欲低下」…健康被害の相談、年200件超

霧島連山・硫黄山に火口周辺警報


3.1ビキニ記念のつどい2016が開催される~核兵器の被害者を防ぐために何ができるのか




【お知らせ】と「第163回小出裕章ジャーナル」

「育鵬社」の教科書不正問題について。- 2016.02.23


マニラ市街戦、東京大空襲 


フィリピンの元慰安婦、天皇陛下に公式な謝罪を要求へ





●昭和天皇の戦争責任を考えると、「君が代は、千代に八千代にさざれ石の・・・」とは歌えない!!
入学式、卒業式では、強制的に起立させられ、公務員が拒否すると、罰せられるという異常な時代!!
重苦しい!!

・満州国は全くの日本の傀儡国家だった!!満州を治めていたのは昭和天皇であった!!
(満州国の頂点)


・731の頂点も昭和天皇であった!!【内藤良一(731部隊員)のメモ】





●防衛省、外務省は積極的に国民に情報開示し、戦争を防止する義務がある!!


秘密保護法撤廃!!
731部隊の生体実験、細菌戦、また、毒ガス戦などの戦争犯罪についての反省は全くしない?
自衛の名のもとに、戦後も生物戦・核戦争の研究は秘かに行われている?
アメリカの圧力を受けて「機密」が増大し、軍事費が膨らんでいる!!

戦後も自衛隊はアメリカから情報を入手し、サリンやVXガスなどの毒ガス製造をしている??
化学兵器禁止条約があるにもかかわらず!!

防衛省は、地下鉄サリン事件の発生することを事前に知っていた??オウムは自衛隊から解毒情報入手??
地下鉄サリン事件







「国家政策の中で国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるに伴い、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野をおおい尽くすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。最後に来るのは戦争である。
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民はまったく参加することができない。戦争準備は極秘裏に進められ、ある日突如として戦争の火蓋が切られる。国民はただ肉弾として運命を甘受する他なかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえ無しに、関東軍が勝手に戦争をおっぱじめ、その「既成事実」を否応なく追認させられつつ、破壊的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。」(『日本の国家機密』藤井治夫著より)

※柳条湖事件も、初めから作戦の一環で、昭和天皇も知っていた。決して軍の独走ではない。



●今の情報を公開しない姿勢は、戦前からずっと続いている!!
秘密保護法施行・・・何を政府はたくらんでいる?
防衛の名のもとに、軍事力は増強されている!!

特定秘密保護法はジャーナリズムに何をもたらすか(ラジオフォーラム#158)

ちょっと古いが、参考になる本なので紹介します。1972(昭和47)年10月9日初版藤井治夫著『日本の国家機密』より


第二章国家機密の構造

国家機密と軍事機密
「庁秘」と 「防衛秘密」
秘密保護に関する内部規定としては、防衛秘密についてMSA秘密保護法施行令にもとづく「防衛秘密の保護に関する訓令」があり、庁秘については1958年11月、「秘密保全に関する内訓」の全部を改正して定められた 「秘密保全に関する訓令」(以下、庁秘訓令という)がある。自衛隊が在日米軍と濃密な共同作戦関係にある以上、とうぜん防衛秘密(アメリカから供与された装備・艦艇等にかかるもの)以外に、刑事特別法によって保護されている在日米軍の秘密情報・資料が一定限、提供されているはずである。だが、これを庁秘と区別して保護する内規はないといわれている。したがつて、同じく庁秘訓令によって秘密区分を指定されているもののなかに、漏洩すれば刑特法により10年以下の懲役に処せられるものも含まれているわけである。一般庁秘については、防衛庁長官、国防会議議員などが漏らしても刑事罰は科せられない。しかし、防衛秘密および在日合衆国軍隊の秘密については、すべての者がMSA秘密保護法および刑特法によって拘束されている。したがって国会で答弁しても刑事罰の対象となるのである。


南京大虐殺があったことは国民に知らせず、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-29 08:57:33 | Weblog

●現在の日本
日本政府・天皇家は戦争犯罪をきちんと認めないから今の日本がある。今の日本はまた、八紘一宇の世界を目指しているのではないか?
平頂山、731・南京・毒ガス・細菌戦・・・等の戦争犯罪、日本の戦争犯罪はアジア全般にわたったが、特に中国では、731部隊などの石井機関で生体実験が行われ、細菌戦も実施された。また、毒ガスを多用し、残虐な殺害もした。アメリカは、中国からの情報を得て、それらを察知し、日本に非人道的な行為を止めるよう再三警告していた。それにより、日本軍の細菌戦と毒ガス戦の頻度は減ったが、アメリカ自身の受けた被害も相当だったために、アメリカは最後に実験的に原爆の使用に踏み切ったのではないか?これら非人道的な戦争犯罪(日本軍の行った大虐殺、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃、アメリカの行った原爆投下や無差別爆撃等)が東京裁判できちんと裁かれていればもっと今の世の中は変わっていただろう。戦後十分に裁かれないで、また戦争の深い反省もなく来たものだから、旧軍関係者がそのまま自衛隊や大学・製薬会社などに滑り込み、実権を握り、戦後も軍国主義思想が根強く残り、軍隊の復活、人命・環境軽視の医療、経済がそのまま進み、9条の形骸化、水俣病をはじめとする公害が多発、医療事故などが起こっている。そして戦争や原爆への批判が不十分だから、アメリカに取り込まれ、原発推進に走り、3,11が起こっても方針を変えられない。いや、日本は生物、化学兵器や核兵器を秘かに開発・研究している。今の社会は一見華やかに見えるが、秘密保護法が施行され、ますます国家機密の名のもとに秘密主義が蔓延し、思想・信条の自由は制限され、戦中のように報道規制が強くしかれ、政治・軍事・医療・教育・食料・建築・農業・・・で様々なゆがみが出て、閉塞感を感じる社会になっている。


・731部隊は天皇の勅令で巨費をかけて作られ、人体実験、細菌兵器の開発をし、実際に細菌戦を行った!!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)
 

・住民は、アメリカ兵を虐殺した!それを見逃す警察、軍隊。当時の日本の状況がよくわかる。捕虜に対する国際法は全く無視されていた!生体解剖は、軍、大学がグルになってやった?個人の意思ではない?陸軍病院、大学病院、精神病院でもいろいろな人体実験がなされていたのでは?九大、京大、東大、慶大等は戦中の資料をきちんと公開せよ!!
九州大学生体解剖事件を語る



中国の陸軍病院でも生きた人間を使った「生体手術演習」が行われていた。戦時中の日本の病院ではどうだったのだろうか?
消せない記憶「元軍医たちの謝罪の旅」



アトピーなどいろいろな子供の病気は食べ物や環境に大きく影響される。添加物屋の存在?石油メジャーに支配されている食品業界!!農業も同じ!!
食品の裏側「安部司講演会」DVDの一部紹介



今の医療は根本的に病気を治さない!!対症療法!!
内海聡の新説異説!「医学不要論」謎学WONDER⑤DVDダイジェスト





●南京大虐殺
・証言
1937年の冬に、日本軍が南京を占領する2日前に、警官の棍棒に追い立てられ、一家4人で砲火を冒して琅琊路5号の難民区に逃げ込みました。その時、夫の伍必鑫は年の80に近い両足の利かない祖母を自転車に乗せて押し、私は満1歳にならない赤ん坊を懐に抱いて、伯父伯母が借りた難民区の中の家屋まで逃げました。夜私は日本軍が所構わず火を放って城外の住民の家を焼き、空が一面に火で紅く映えわたったのを見ました。次の日、日本軍が入って来たのですが、銃剣を肩に担いで、難民区に闖入して来て、人と見れば殺し、夫は戸の隙間から日本軍に銃剣で2人つつき殺されるのを見ました。しばらくしたら、裏門から日本兵が7、8人入って来て、顔いっぱいに殺気を漲らせ、伯父の襟をぐっとつかみ、もう一方の手にした銃剣を老人の喉に着けて刺そうとしたので、私たちはその時床に座り込んで恐くて震えていましたが、伯父がポケットから銀貨や小銭をまさぐり出すと、日本軍は金をひったくって行ってしまいました。夕方又日本兵が何人か来て、伯父が焼いていた鳩を見るなり、がつがつ食べてしまい、食べ終わったらご飯茶碗や鍋を投げ付けて壊し、それから又部屋の中になだれ込んで長い腰掛けを祖母の麻痺した足の関節の上に置いて、力任せに踏みつけたので、かわいそうに老人は痛くてわめき通しでした。(明日に続く:王瑞屏が口述、魏福仲が記録)

南京大虐殺 世界記憶遺産登録で世界の教科書に掲載可能性も





●日本や中国各地に毒ガスが遺棄されている!!生活に支障をきたさないのか?
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗

「旧海軍の毒ガス」に新資料 1987年4月7日(朝日新聞)
本土決戦へ相当量備  米軍報告書

第2次大戦中の日本海軍の毒ガス兵器研究、生産などについて全容をまとめた米軍報告書が、6日までにワシントンの米国立公文書館で見つかった。致死性のびらん性ガスであるイペリットの年間生産量は終戦前の時点で、陸軍より海軍の方が多く、国内には本土決戦に備えて相当量の毒ガス爆弾を貯蔵していたほか、占領直前に海軍司令部の指示で、保管していた大量のガス爆弾を廃棄したことなども明らかになった。資料は占領期間中に米国側が当時の日本軍関係者らの尋問をもとに作成したもので、海軍の毒ガス開発、製造について詳細な資料が見つかったのは初めて。




自衛隊は防護のためと称して昭和20年代後半から毒ガスの研究をし、1964年にはサリンを合成し、VXガス、タブンも作った。最新の無能力化ガスBZは1973年に成功している。1970年日本政府ジュネーブ議定書締約、1993年化学兵器禁止条約日本署名、1994年6月松本サリン事件、1995年3月地下鉄サリン事件発生、自衛隊とオウムの関係は?
2013年度の「核・生物・化学兵器対処関連事業」費71億8200万円。何に使っているのだろうか?
2013年6月21日号「週間金曜日」より
自衛隊とサリン
死者13人、約6300人の被害者を出した地下鉄サリン事件(1995年3月20日発生)
「『防護』というなら国民を守ってほしかった」
・繰り返された毒ガス殺人と未遂
・事前に漏れた強制捜査の日にサリンは撒かれた
・警察も自衛隊のサリン製造を知らなかった?
・闇に閉じ込めておくとチェックも出来ない!!秘密にするな!!








●中国残留孤児問題!!(中国残留孤児の書いた奇跡の書「この生あるは」)

映画化したら、過酷な運命・そして中国人の人間愛がよくわかる!!
敗戦時3歳、この中国残留孤児の過酷な運命に対して、国はきちんと補償したのだろうか?
この本の中に、米軍が1950年代の朝鮮戦争時、北朝鮮に行った細菌戦に神経を尖らせている中国の一般民衆の生活や反核運動の様子が描かれている。
中国の恩に報いたいー半生記を出版した残留孤児 中島幼八さん

2016年1月18日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)
残留孤児の一冊<本澤二郎の「日本の風景」(2238)
<「この生あるは」(中島幼八著)>
中国・新華社通信の友人に紹介された残留孤児・中島幼八さんの記録「この生あるは」(幼学堂)の日本語版を読んだ。その悲しい運命から、気が重くなる厳しい内容ゆえに、同じ時代を日本で生きてきた者には、とても興味を引く本である。人間は一人では生きられない、そのことを痛切に教えてくれる人間性のあふれる内容である。同時に「2度と侵略や戦争を起こしてはならない」ということを、日本の為政者に訴えている。全国の図書館に置いて、多くの国民が読むべきである。

<訥々とつづる背後は>
418ページに及ぶ16年の記録は、淡々と、かつ訥々とつづっている。そこに、伝えようとしても伝えられない悲しい思い出が読み取れる。
人生は山あり谷ありである。順風満帆などない、といってもいい。苦悩の連続といってもいい。一見楽し気にふるまっている人でも、一歩踏み込むと、そこに悲しい事実に泣いていることも珍しくない。

筆者も近年、妻を含めて3人の親しい友を失ってしまった。重い病気が生きる力を奪ってしまったのだ。医療事故で息子を奪われた妻は、その心労で重い病につぶされてしまった。
筆者の日中友好活動に支援してくれた人権派弁護士も、そのまじめさから来る心労で病に倒れてしまった。
幸せを目の前にしながら、やくざの牙にかまれ、逃げ出そうとして食い殺されてしまった悲劇の友もいた。戦争遺児である。これの徹底追及を月刊誌「財界にっぽん」で開始した。





発売元 亜東書店 03-3835-7091 
中国語版 北京三聯書店「何有此生」






●731問題
・「医の倫理」を追及する動きと日本医師会の対応
『No More 731日本軍細菌戦部隊』(文理閣:15年戦争と日本の医学医療研究会編)


あとがき(より)
本書で問いただされたように、 3000人以上の中国人などが 「マルタ」と呼ばれ、死に至らしめられた「人体実験」「生体解剖」等が行われた731部隊には、当時の大学医学部などの医学者・医師たちや4年に1回開催される日本医学会も加担した。また、戦後、米国の「実験結果の隠蔽」「免責取引」により、731部隊に関与した医学者・医師たちの多くは罰せられることなく、医学界・医療界の要職などに就いた。
戦後、日本医師会の幹部は公職追放され、日本医師会は新生した。日本医学会は日本医師会の傘下として、日本の主要な医学会が加盟する日本の医学界を代表する組織となった。
日本医師会は、世界医師会理事会の「第二次世界大戦における残虐行為を非難する声明文」の求めに応えて1949年3月30日に開催された日本医師会の年次代議員会において、「日本の医師を代表する日本医師会は、この機会に、戦時中に敵国人に対して加えられた残虐行為を公然と非難し、また断言され、そして時として生じたことが周知とされる患者の残虐行為を糾弾するものである」 という会長の声明文を満場一致で決議・採択した。
日本医師会はこれを提出し(1951年5月 22日加盟各国医師会に回覧された世界医師会文書36.18/51抜粋)、世界医師会への加盟が認められた。それにもかかわらず、日本医師会は、自らがかつての戦争に加担したことや、日本の医学者・医師により行われた人道に反する残虐な「人体実験」「生体解剖」等(以下、「過去」)に真摯に向き合うことなく、医学界・医療界ではむしろタブー扱いされてきた。
ドイツでは80年代末にベルリン医師会が、「ナチズムの中で医師層がはたした役割と犠牲者の苦しみを思い起こし、医師組織を結成する彼ら自身の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題に」した公式の反省を表明し、ドイツ連邦医師会の協力を得て、『人間の価値-1918年から45年までのドイツの医学』 を刊行(1989年)した。
日本の医学・医療の分野でのドイツのような動きが皆無という状況の下で、大阪府保険医協会理事会は、わが国の医師団体として初めて、1995年8月10日、「戦後50年にあたり、侵略戦争の反省と反戦・平和への開業医の決意」を、12月17日には全国保険医団体連合会(以下、保団連)が「戦後50年にあたり、反戦・平和への日本の医師としての決意」を決議した。保団連は2005年には国際シンポジウム 「医師、医学者の戦争責任を考える一関東軍731部隊をめぐって」 を開催した。
2000年には、私たちが「15年戦争と日本の医学医療研究会」(以下、戦医研)を創立した。
「医学界・医療界の戦争責任を自らの問題として明らかにし、日本の医学医療にたずさわるものの良心を発揮しよう」と、15年戦争を軸にして史実を具体的に明らかにし、教訓を得る協同研究が始められた。年2∼3回の研究例会の他に「研究成果の公表」の独自の場としての会誌も同年秋から年2回のペースで発行され、2002年日中医学大会での戦医研の活動の紹介報告を機に2004年からは 「戦争と医学」 訪中調査団の派遣が始まった。
2006年には、「戦医研」の呼びかけに応じて、大阪府保険医協会、大阪民主医療機関連合会、現代医療を考える会(以下、考える会)などの参加する、第27回日本医学会総会―「戦争と医学」展実行委員会(以下、実行委員会) が設立された。実行委員会は日本医師会に対して「過去」に真摯に向き合うよう要請を行った。この要請にもかかわらず、残念ながら2007年4月の第27回医学会総会は「過去」に向き合う公式の企画を行わなかった。
実行委員会は、第27回医学会総会開催中の大阪市において、独自に「戦争と医学」展と国際シンポジウムを開催した。
その後、実行委員会は、保団連、全日本民主医療機関連合会、戦医研、考える会や有志が参加する 「戦争と医の倫理」 の検証を進める会 (以下、進める会)に発展した (2009年)。この会は全国の心ある医学者。医師・医療従事者と関係する諸団体などが「過去」 に向き合う恒常的な活動を行うもので、わが国では初めての全国的な組織であった。しかし、2011年4月の第28回医学会総会も「進める会」の要請にもかかわらず、「過去に向き合う」自らの企画を行わなかった。
「進める会」は、「戦争と医学」を検証する展示と ドイッからパネリス トの参加も得て全国の医学者・医師や市民と共に考え討論する国際シンポジゥムを独自に企画し、2012年11月17日に京都大学百周年時計台記念館大ホールにて開催した。
この間、日本医学会は、「代議員会の決議がない」「加盟を認めた各学会から上がってきたテーマを調整するのが主目的であり、それ以外のテーマは原則扱わない」「企画内容が総会参加者の関心を呼び、多数の入場者が見込まれるかどうかが重要」などという理由で、戦争加担の過去に真摯に向き合う責任を放棄してきた。各学会や全国の大学医学部、医科大学は、「進める会」から展示パネル冊子や質問紙調査票が送られるなど、自らの「過去]に向き合う機会が数々あったにもかかわらず、残念ながら検証にすら着手しないで現在に至ってぃる。
2015年4月、第29回日本医学会総会は、石井四郎731部隊長や多くの部隊員を送り出した京都大学が中心になって、四半世紀ぶりに開催されることになった。 京都大学の総長、 医学部長であった・・・・会頭の名で開催された第29回医学会総会は、戦後70年の節目でもあることから、日本医学会が真摯に「過去」に向き合うまたとない機会であった。「進める会」の要請に応えて、2013年末には第29回医学会総会の・・・・会頭、・・・・組織委員会事務局長、・・・・展示委員会副委員長(京都大学教授)、・・・・京都大学総合博物館館長(京都大学教授)との公式の懇談も実現した。
2014年1月12日には、この「日本医学会総会2015関西」にむけて、「医の倫理―過去・現在・未来―企画実行委員会(略称:「医の倫理」実行委員会代表・京都府保険医協会・・・・理事長)が設立された。
その直後の2月11日に行われた京都大学基礎医学記念講堂の完成記念式典において、731部隊への同医学部の関与を示す資料が展示されたことは、戦争へ加担したという負の遺産を京都大学医学部として初めて明らかにした点で注目に値する兆しであった。しかし、しばらくして同展示は撤去され、その理由は明らかにされなかった。
「第29回日本医学会総会2015関西」も、「過去」に真摯に向き合う企画を行わなかった。
「医の倫理」 実行委員会は、この医学会総会に並行して4月12日、「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」と題する映像・講演・対談・シンポジゥムを京都市の知恩院で開催した。会場溢れる来場者の真摯な熱意によって、「戦争と医の倫理」の検証がさらに進められた。・・・・



終戦50周年731部隊1


終戦50周年731部隊2



731部隊→ABCC(被爆者は治療もされずに、原爆の影響を調べられた。・・・731部隊員の協力)→放影研→重松逸造・・チェルノブイリ原発事故について・・・汚染地帯の住民には放射能による健康影響は認められない。→福島原発事故・・原子力を進めてきた人たちは、福島で今、甲状腺がんが多発しているけれども、それは被曝との因果関係はないと主張している。







朝枝繁春の証言


なぜ、日本政府は、731部隊の生体実験、細菌戦を認め、謝罪しないのか?
731部隊のドキュメンタリー 




アメリカは、将来の戦争で毒ガスや細菌兵器を有効な手段として使うかもしれないということで、東京裁判では、毒ガス・細菌戦などは追及しなかった!!
毒ガス戦はなぜさばかれなかったのか?

※しかし、これは、アメリカにとって「後日、深刻な問題をもたらす」ことになるのではないか?
・但是,如果这是不是成为“在以后的日子,造成了严重的问题”的事情对美国?
・그러나 이것은 미국에게 "나중에 심각한 문제를 초래"하게되는 것은 아닐까?
・However, if this is not to become "at a later date, resulting in a serious problem"thing for the United States?
・Однако, если это не становится "на более поздний срок, в результате чего серьезные проблемы" вещь для Соединенных Штатов?
・Jednakże, jeśli nie jest to, aby stać się "w późniejszym terminie, w wyniku poważnych problemów" rzecz dla Stanów Zjednoczonych?
・Wenn dies jedoch nicht, sich "zu einem späteren Zeitpunkt, was zu einem ernsten Problem", was für die Vereinigten Staaten?
・Toutefois, si cela ne veut pas devenir ≪à une date ultérieure, résultant en un problème grave" chose pour les États-Unis?

アメリカは、ハルピンの731部隊に於ける人体実験、生体解剖、奉天の捕虜収容所における731部隊員による米兵らに対する人体実験、また、化学戦部隊516、526部隊等と組んで行った悲惨極まりない毒ガスの人体実験を、東京裁判で裁くことなく見逃してしまったからだ!!
ドイツのニュルンベルクの裁判では、人体実験に加担した医学者が厳しく裁かれた。ところが、東京では、戦犯免責だ!!このダブルスタンダード!!


「結局、ワシントンは「国家の安全」を理由に731部隊の免責を是認した。免責付与是非を論じる米軍高官の覚書の中にはこんな一文がある。

彼(石井)らの人体実験は、本政府が目下ニュルンベルクで、ドイツの科学者および医学者をそれゆえに訴追している人体実験とはそう違わないものである」


(『731免責の系譜』太田昌克著より)



・日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめてなおも歩き続ける
軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光
住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日々
長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡―仏メディア


混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
謀略班の活動状況


写真は、満人部落を敵の主要駐屯部落と仮定して実施された謀略班活動の記録であった。
仮装した謀略員が、夜陰にまぎれて、伝書鳩を入れる携帯バスケットのようなネズミ籠を背負って、敵の前線を離れた遥か後方の部落に潜入する。
彼らは物陰に身をかがめ、籠のふたを手早く開く。すると、ペスト蚤を附着している1匹のねずみが飛び出す。そして、また1匹。ネズミ籠の内部は幾つかに仕切られていて、ふたを開くごとに1匹ずつ放逐できるようになっているのである。ペストねずみは、やせ細っていて目だけがガラス玉のようにとげとげしく光っている。ねずみは物置や家具のうしろ、壁穴などに隠れて、そこらに棲んでいる家ねずみと合流する。すると、そのねずみについている蚤は血に飢えているので、たちまち他のねずみに移り部落内のねずみの間にペストが流行する。そしてそれらの血を吸った多数の蚤、あるいは蠅の媒介で、2、3日後にはペスト患者が出始める。無数の蠅。それが患者の喀痰、鼻汁、唾液、糞便などに混在している菌を運んで食物にとまる。うっかり、その食物を食うと急激なペスト肺炎を起こす。
また、この種の伝播方法として、試験管に詰めた生菌を井戸に投入したり万年筆のキャップに入れて道端に落としておいたり、満人に偽装した謀略員が饅頭に詰めて子供に与えたりするのがあった。 


(参考)
イレッサ訴訟
子宮頸がんワクチンの危険性 - Thinker
子宮頸がんワクチン接種、通学できぬ少女 推奨中断2年
ワクチンについて シェリー・テンペニー博士


厚生省・国民健康保険について(消えた細菌戦部隊より:常石敬一著より)
医務局長としての小泉の実績は、確かに先の、「意欲・鋭さ・執拗さ」という言葉に見合ったものとなっている。すなわち今日の厚生省及び国民健康保険法を作ったのが小泉であった。
※小泉親彦(ちかひこ)・・・陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監、陸軍医務局長、厚生大臣を歴任、毒ガス戦、細菌戦を積極的に推し進めた人物
1945年9月、自決。

・・・・・・
健兵対策の一環として厚生省は設立されたのだった。こうした設立の経緯が、今日の厚生省の弱者に冷たく、福祉行政に消極的な理由となっているのかもしれない。



真実を知ろう!!(権力側が流す情報にだまされるな!!)
黒い太陽№8


ガン治療のウラ 8/8


「NHKは不払い、新聞は解約せよ!大企業は税金を支払え!50兆円の医療産業は崩壊だ!(船瀬俊介の船瀬塾より)







医学革命!
軍陣医学(戦場医学)から「活人医学」へ
「悪魔の飽食」から「小食へ」(体質改善への道)
医師 甲田光雄3/6 ラジオ深夜便











●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(下)より
第12章
大元帥の試練

1944年8月5日、大本営政府連絡会議は、その名を最高戦争指導会議に変えると、重慶の国民党政権に日本の「信義」を認めさせるべく、新たに積極的な外交を開始し、ソ連にあいまいな事例交渉を求めるための最初の計画を練った。対ソ外交の方策は外務省によって作成され、表向きは中国共産党と蒋介石の国民党との和解の実現についてソ連に支援を求めるというものであった。これにより日本は中国の新政府と平和条約を締結し「大東亜戦争」の遂行に向けて状況を改善することができる。その代わり、日本は同盟国であるナチスのドイツ第3帝国とソ連との関係改善つまり和平の促進に尽力するというものだった。なぜこのようなことをするのか。 その理由は崩れかかった東アジアにおける日本のヘゲモニーを安定化させるためだった。ソ連を軸としたこの最初の和平工作は、ほとんど実を結ぶことなく終わった。

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた


ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

第二章

(その4)
天皇に奉げられた命


裕仁の放送を通じ、日本人は、戦争の終結を知った世界で最後の民族となった。他の国民は、日本のニュース供給会社の同盟が、東京時間の前日の午後2時49分に、沖縄のアメリカ人担当者に流した以下のメッセージですでに知っていた。「8月14日付け東京発緊急特報; ポツダム宣言を受諾する天皇の声明がまもなくある見込み」。日本人が、自ら「臥薪嘗胆」と表現する天皇の放送を聞き終え、家路を急いでいる時、ロンドンでは、気安く立ち入れるアパートで、まず最初の対日戦勝祝賀会を催させていた。ニューヨークでは、タイムズ・スクェアに続々と集まる兵士、水兵、女たちの群集が〔15日を迎える〕深夜0時の瞬間を待ち受けていた。


全文は「ノブのノート」で!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-28 06:27:48 | Weblog

※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

●731問題
731部隊の設置許可、人体実験、毒ガス戦・細菌戦実施の許可した昭和天皇とそれに協力した日本医学界の責任、戦後、その人体実験、毒ガス戦・細菌戦を全く裁判にかけなかったマッカーサーとアメリカ政府の責任、1990年代から2000年代にかけて行われた裁判において、事実を認めながら、それを放置している司法・政治の責任、国民の認識は?
戦後70周年、中国の人々から日本の我々に届いた重いメッセージ!
虐殺された人々(日本人を含む)の声なき声にどう応えるか?
日本人はこの731問題にどう向き合うか?重い課題!!

731(5)



●横浜「戦争と加害」のパネル展


細菌戦(「戦争と加害」のパネル展in横浜)

毒ガス(「戦争と加害」のパネル展in横浜


参観者の感想
・戦争責任をきちんと再検証すべき。教育の大切さを実感。パネル展を全国の中・高等学校で開催して下さい。60代女性



「戦争の加害」テーマに 13日まで横浜でパネル展



●戦争が起きたら、必ず原発が狙われ、地球は汚染される!!脱原発!!
戦争の足音が聞こえる!!
三権分立などしていない日本の現状!!
日米合同訓練、離島防衛を強化

高浜原発4号機「臨界」、来月下旬に営業運転へ

原発、別の道ないのか 89歳加古里子さん「若者よ考えて」

「原発はいらない」京都・滋賀で抗議デモ 高浜4号機再稼働

原発事故巡り東電旧経営陣29日強制起訴へ

関電、高浜の冷却水漏れ謝罪 「安全最優先」力なく

大飯高浜原発の差し止め却下


福島原発事故 東電がメルトダウン判断遅れを謝罪

制服組自衛官が権限大幅移譲要求 防衛省、背広組は拒否

国産初のステルス戦闘機開発に向け、試作機の滑走試験

武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か

・日本医学界は、なぜ731のことに謝罪しない?なぜ脱原発の声明を出さないのだ!!
・国策:原発推進反対!!

小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:一刻も早く原子力の夢からさめて…



●彼らは本気だ。安倍晋三首相は、夏の参院選で改憲勢力による「3分の2」の議席を目指すという。どうしたらいい?
彼らと真逆の憲法は作れないか?
・憲法9条を守る!!・外交を強化する・自衛隊は災害救助隊に・象徴天皇制を廃止して、大統領制にする
・脱原発 ・靖国神社を廃止して、戦争懺悔慰霊碑の建立
・日米安保条約見直し・国連改革


・憲法9条(侵略戦争の反省から憲法9条が生まれた!)
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


09
想像してごらん、
9条がゆきわたった世界を。

Imagine,
A world filled with Article 9.

Представить,
Мир заполнен со статьей 9.

想像,
的世界充满了第九条。



IMAGINE9 (『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博 2007年12月1日発行、合同出版)
解説
あなたにできること
1.戦争について知ろう
戦争は、人びとに何をもたらすのだろう?―広島・長崎の原爆、沖縄戦、東京大空襲などについて調べ話を聞いてみよう。各地の平和博物館を訪ねてみよう。中国や韓国、東南アジアで日本はかつて何をしたのか。世界各地の紛争で傷ついている人たちや難民となった人たちの声も聞いてみよう。

2.自分の目でニュースをみよう
世界には、どんな問題があるのだろう?―ニュースや新聞をみて、世界の紛争や貧困や環境問題について知ろう。テレビや新聞がまちがうこともあるし、大事なことを伝えないときもある。おかしいと感じたら自分で調べよう。インターネットや本で、現場の情報やべつの見方をえることもできる。

3. いろいろな国の見方を知ろう
日本は、周りの国からどうみられているのだろう?―近隣の国の教科書では、かつて日本がした戦争についてどう書かれているか。日本政府の今の政策を、周りの国の新聞はどう伝えているか。海外に出るもよし、日本に住むいろいろな国の人と友だちになるもよし。「日本以外の見方」をたくさん知ろう。

4. 戦争はなぜ起きるのか、考えよう
どうして戦争は起きるのだろう?―戦争はいろいろな理由で起きる。資源や国境をめぐる争い、民族や宗教をめぐる差別、他国を支配しようとする大国の欲望。いまイラク、アフガン、アフリカなどで続いている戦争はなぜ起きたのか。そして、どうすれば起こさずにすんだかを考えてみよう。

5.憲法を読んでみよう
憲法ってそもそも何だろう?―憲法を変えるべきかを議論する前に、まず日本の憲法に何が書いてあるかを知ろう。9条はもちろん、前文もしっかりと読もう。ほかにも男女平等や健康に生活する権利など、人びとの権利に関する大事な定めがたくさんある。ほかの国の憲法も調べ比べてみよう。

6.日本の国が何をしているのかを知ろう
日本は、世界のなかで何をしているのだろう?―私たちが好むかどうかにかかわらず、日本の政府や企業の行動を世界の人たちは「日本の行動」とみる。政府はどんな政策をとっているのか。自衛隊の実態は。日本企業は海外で迷惑をかけていないか。自国を知ることが、地球人としての一歩だ。

7.自分の意見をもとう。周りの人たちと話し、行動しよう
戦争や暴力や不正義にあふれたこの世界は、「それでしかたない」という言い訳にあふれている。でも 「ほんとかな?」と感じたら、自分で調べて、現場を訪ねて人の話を聞き、考えよう。家族や友だちと話してみよう。政府がおかしいことをしていたら、電話や手紙で意見を伝えよう。NGOの活動に参加することもできる。大人になつたら、投票しよう。自分の意見をもつことは、少し勇気がいるけど、大切だ。



防衛相 豪外相に潜水艦開発でアピール
ぐんじ と ひんこん アベちゃんのもくろみ…(´ε`;)
武器輸出三原則
今の現状防衛装備移転三原則

●ご案内


残留孤児:中島幼八さんのお話


731日本軍細菌戦部隊などの戦争遺跡を巡る旅【5月3日(火)~5月7日(土)】

お問い合わせ・申込先 国際ツーリストビューロー                              
TEL 078-351―2110
FAX 078―351-2140
メール ktb@silver.ocn.ne.jp

・締切  3月17日(木)

●ニュース
3.1ビキニ記念のつどい2016が開催される~核兵器の被害者を防ぐために何ができるのか

守れヤンバルクイナ!国立公園誕生も大きな課題が

<海洋機構など>海底の金銀、採取成功 沖縄沖の熱水鉱床

原発事故5年…飯舘村の“復興”考える催し

福島第1原発の現状について、原発担当・加藤 崇記者の解説です。

東電の炉心溶融基準問題 林副代表、福島県に謝罪

データ流用 マンションの管理組合が全棟建て替え承認

マンション傾斜 施工ミスで鉄筋切断か

電力自由化まで、1ヶ月。世界初・新型燃料電池搭載超高層マンションが登場

アイヌの人たちへの差別 認識に大きな差

【衆院選】共産の擁立大幅減の方針について。- 2016.02.26


「二・二六事件」 軍法会議の記録 来年以降公開へ




【お知らせ】と「第163回小出裕章ジャーナル」

「育鵬社」の教科書不正問題について。- 2016.02.23


マニラ市街戦、東京大空襲 


フィリピンの元慰安婦、天皇陛下に公式な謝罪を要求へ





●昭和天皇の戦争責任を考えると、「君が代は、千代に八千代にさざれ石の・・・」とは歌えない!!
入学式、卒業式では、強制的に起立させられ、公務員が拒否すると、罰せられるという異常な時代!!
重苦しい!!

・満州国は全くの日本の傀儡国家だった!!満州を治めていたのは昭和天皇であった!!
(満州国の頂点)


・731の頂点も昭和天皇であった!!【内藤良一(731部隊員)のメモ】





●防衛省、外務省は積極的に国民に情報開示し、戦争を防止する義務がある!!


秘密保護法撤廃!!
731部隊の生体実験、細菌戦、また、毒ガス戦などの戦争犯罪についての反省は全くしない?
自衛の名のもとに、戦後も生物戦・核戦争の研究は秘かに行われている?
アメリカの圧力を受けて「機密」が増大し、軍事費が膨らんでいる!!

戦後も自衛隊はアメリカから情報を入手し、サリンやVXガスなどの毒ガス製造をしている??
化学兵器禁止条約があるにもかかわらず!!

防衛省は、地下鉄サリン事件の発生することを事前に知っていた??オウムは自衛隊から解毒情報入手??
地下鉄サリン事件







「国家政策の中で国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるに伴い、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野をおおい尽くすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。最後に来るのは戦争である。
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民はまったく参加することができない。戦争準備は極秘裏に進められ、ある日突如として戦争の火蓋が切られる。国民はただ肉弾として運命を甘受する他なかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえ無しに、関東軍が勝手に戦争をおっぱじめ、その「既成事実」を否応なく追認させられつつ、破壊的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。」(『日本の国家機密』藤井治夫著より)

※柳条湖事件も、初めから作戦の一環で、昭和天皇も知っていた。決して軍の独走ではない。



●今の情報を公開しない姿勢は、戦前からずっと続いている!!
秘密保護法施行・・・何を政府はたくらんでいる?
防衛の名のもとに、軍事力は増強されている!!

特定秘密保護法はジャーナリズムに何をもたらすか(ラジオフォーラム#158)

ちょっと古いが、参考になる本なので紹介します。1972(昭和47)年10月9日初版藤井治夫著『日本の国家機密』より


第二章国家機密の構造

国家機密と軍事機密
「庁秘」と 「防衛秘密」
件数と点数との関係をみると、庁秘のうち「機密」は平均して1件あたり14点、「極秘」は1件につき30点、「秘」は1件につき10点ずつ作成されている(70年)。「機密」「極秘」の1件当り点数が多いのは、暗号書が含まれているからで、「秘」がすくないのは起案書が多いからであろう。なお、解除の件数、年末保管件数がしめされていないのは、これについて下部からの報告を徴していないからである。


南京大虐殺があったことは国民に知らせず、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-28 06:26:28 | Weblog
●現在の日本
日本政府・天皇家は戦争犯罪をきちんと認めないから今の日本がある。今の日本はまた、八紘一宇の世界を目指しているのではないか?
平頂山、731・南京・毒ガス・細菌戦・・・等の戦争犯罪、日本の戦争犯罪はアジア全般にわたったが、特に中国では、731部隊などの石井機関で生体実験が行われ、細菌戦も実施された。また、毒ガスを多用し、残虐な殺害もした。アメリカは、中国からの情報を得て、それらを察知し、日本に非人道的な行為を止めるよう再三警告していた。それにより、日本軍の細菌戦と毒ガス戦の頻度は減ったが、アメリカ自身の受けた被害も相当だったために、アメリカは最後に実験的に原爆の使用に踏み切ったのではないか?これら非人道的な戦争犯罪(日本軍の行った大虐殺、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃、アメリカの行った原爆投下や無差別爆撃等)が東京裁判できちんと裁かれていればもっと今の世の中は変わっていただろう。戦後十分に裁かれないで、また戦争の深い反省もなく来たものだから、旧軍関係者がそのまま自衛隊や大学・製薬会社などに滑り込み、実権を握り、戦後も軍国主義思想が根強く残り、軍隊の復活、人命・環境軽視の医療、経済がそのまま進み、9条の形骸化、水俣病をはじめとする公害が多発、医療事故などが起こっている。そして戦争や原爆への批判が不十分だから、アメリカに取り込まれ、原発推進に走り、3,11が起こっても方針を変えられない。いや、日本は生物、化学兵器や核兵器を秘かに開発・研究している。今の社会は一見華やかに見えるが、秘密保護法が施行され、ますます国家機密の名のもとに秘密主義が蔓延し、思想・信条の自由は制限され、戦中のように報道規制が強くしかれ、政治・軍事・医療・教育・食料・建築・農業・・・で様々なゆがみが出て、閉塞感を感じる社会になっている。


・731部隊は天皇の勅令で巨費をかけて作られ、人体実験、細菌兵器の開発をし、実際に細菌戦を行った!!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)
 

・住民は、アメリカ兵を虐殺した!それを見逃す警察、軍隊。当時の日本の状況がよくわかる。捕虜に対する国際法は全く無視されていた!生体解剖は、軍、大学がグルになってやった?個人の意思ではない?陸軍病院、大学病院、精神病院でもいろいろな人体実験がなされていたのでは?九大、京大、東大、慶大等は戦中の資料をきちんと公開せよ!!
九州大学生体解剖事件を語る



中国の陸軍病院でも生きた人間を使った「生体手術演習」が行われていた。戦時中の日本の病院ではどうだったのだろうか?
消せない記憶「元軍医たちの謝罪の旅」



アトピーなどいろいろな子供の病気は食べ物や環境に大きく影響される。添加物屋の存在?石油メジャーに支配されている食品業界!!農業も同じ!!
食品の裏側「安部司講演会」DVDの一部紹介



今の医療は根本的に病気を治さない!!対症療法!!
内海聡の新説異説!「医学不要論」謎学WONDER⑤DVDダイジェスト





●南京大虐殺
・証言
1937年に南京が陥落した時、私は13歳で、難民区の五台山村に住まっていました。同じ出入口の隣人はみんなで4家族で、私の家の隣りに2家族、上に1家族住まっていました。陥落して10日くらいしたら、日本軍が私たちの囲いの塀の中に闖入して来て、家で銀十円と、金ペンの万年筆を1本かっぱらい、それから隣の家にホアクーニャン(花姑娘=若い綺麗な女の子)を探しに行きました。
隣りには20歳の女の子が1人いて、姓名は知りませんが、それにもう1人が明瓦廊の竹細工師の程さんの家のお嫁さんで、日本軍に私の家の戸口まで引きずられて来て、2人とも泣きわめいて行こうとしないでいたら、日本兵が1発ぶっぱなして、2人を脅かし、結局やっぱり階上に引きずり上げられ強姦されてしまいました。明くる日まだ明けない内に、程さんのお嫁さんは明瓦廊の家まで隠れに行ったのですが、後で聞いたのでは、日本軍にまた強姦されてしまいました。(王昌林と賈仕英と達碧霞が記録)

南京大虐殺 世界記憶遺産登録で世界の教科書に掲載可能性も





●日本や中国各地に毒ガスが遺棄されている!!生活に支障をきたさないのか?
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗

一本土決戦に備える毒ガス部隊一
平塚の海軍技術研究所・相模海軍工廠(寒川)で研究開発され実戦配備された各種毒ガス兵器は上記の技官を通じ、南方ラバウル、 トラック、サイパン、フィリピン、インドネシア、南洋諸島に配備された。
環境省は平和学園 (現アレセイア湘南)の毒ガス発見現場周辺の再調査をすみやかに行うと同時に、本土決戦用に構築された各種の特殊地下壕(寒川・岡田の全長3kmの地下壕、藤沢大場城趾公園地下壕、大磯海軍陣地等)の再調査、毒ガス部隊となった各地海兵団の実態を明らかにするべきである。



自衛隊は防護のためと称して昭和20年代後半から毒ガスの研究をし、1964年にはサリンを合成し、VXガス、タブンも作った。最新の無能力化ガスBZは1973年に成功している。1970年日本政府ジュネーブ議定書締約、1993年化学兵器禁止条約日本署名、1994年6月松本サリン事件、1995年3月地下鉄サリン事件発生、自衛隊とオウムの関係は?
2013年度の「核・生物・化学兵器対処関連事業」費71億8200万円。何に使っているのだろうか?
2013年6月7日号「週間金曜日」より
自衛隊とサリン
死者13人、約6300人の被害者を出した地下鉄サリン事件(1995年3月20日発生)
・事件1報前に待機していた自衛隊!!
・「解毒の方法知っていますか?」-事件発生数ヶ月前に化学学校に1本の電話が入った。
・自衛隊中央病院から突然現れた医師
・解毒剤の情報も提供もなかった聖路加国際病院








●中国残留孤児問題!!(中国残留孤児の書いた奇跡の書「この生あるは」)

映画化したら、過酷な運命・そして中国人の人間愛がよくわかる!!
敗戦時3歳、この中国残留孤児の過酷な運命に対して、国はきちんと補償したのだろうか?
この本の中に、米軍が1950年代の朝鮮戦争時、北朝鮮に行った細菌戦に神経を尖らせている中国の一般民衆の生活や反核運動の様子が描かれている。
中国の恩に報いたいー半生記を出版した残留孤児 中島幼八さん

2016年1月18日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)
残留孤児の一冊<本澤二郎の「日本の風景」(2238)
<「この生あるは」(中島幼八著)>
中国・新華社通信の友人に紹介された残留孤児・中島幼八さんの記録「この生あるは」(幼学堂)の日本語版を読んだ。その悲しい運命から、気が重くなる厳しい内容ゆえに、同じ時代を日本で生きてきた者には、とても興味を引く本である。人間は一人では生きられない、そのことを痛切に教えてくれる人間性のあふれる内容である。同時に「2度と侵略や戦争を起こしてはならない」ということを、日本の為政者に訴えている。全国の図書館に置いて、多くの国民が読むべきである。

<一コマ一コマに壮大なドラマ>
主人公の日本語表現は、驚くほどの才能を裏付けている。日本では通訳業で活躍してきたという、それが語学力を向上させたものだろう。
行間の一コマ一コマに、壮大なドラマの存在が想像できる。最初の養父は、狂犬病で亡くなってしまうという、当時の食うや食わずの厳しい東北の貧困生活を物語っている。そんな中でも、敵国の孤児を育ててくれた中国人の人間性に圧倒される。
その養父も3人。養母の不思議な魅力のせいなのか。貧しい農村の、大人の世界の、複雑な男女関係も学ぶことができる。




発売元 亜東書店 03-3835-7091 
中国語版 北京三聯書店「何有此生」






●731問題
・「医の倫理」を追及する動きと日本医師会の対応
『No More 731日本軍細菌戦部隊』(文理閣:15年戦争と日本の医学医療研究会編)


あとがき(より)
本書で問いただされたように、 3000人以上の中国人などが 「マルタ」と呼ばれ、死に至らしめられた「人体実験」「生体解剖」等が行われた731部隊には、当時の大学医学部などの医学者・医師たちや4年に1回開催される日本医学会も加担した。また、戦後、米国の「実験結果の隠蔽」「免責取引」により、731部隊に関与した医学者・医師たちの多くは罰せられることなく、医学界・医療界の要職などに就いた。
戦後、日本医師会の幹部は公職追放され、日本医師会は新生した。日本医学会は日本医師会の傘下として、日本の主要な医学会が加盟する日本の医学界を代表する組織となった。
日本医師会は、世界医師会理事会の「第二次世界大戦における残虐行為を非難する声明文」の求めに応えて1949年3月30日に開催された日本医師会の年次代議員会において、「日本の医師を代表する日本医師会は、この機会に、戦時中に敵国人に対して加えられた残虐行為を公然と非難し、また断言され、そして時として生じたことが周知とされる患者の残虐行為を糾弾するものである」 という会長の声明文を満場一致で決議・採択した。
日本医師会はこれを提出し(1951年5月 22日加盟各国医師会に回覧された世界医師会文書36.18/51抜粋)、世界医師会への加盟が認められた。それにもかかわらず、日本医師会は、自らがかつての戦争に加担したことや、日本の医学者・医師により行われた人道に反する残虐な「人体実験」「生体解剖」等(以下、「過去」)に真摯に向き合うことなく、医学界・医療界ではむしろタブー扱いされてきた。
ドイツでは80年代末にベルリン医師会が、「ナチズムの中で医師層がはたした役割と犠牲者の苦しみを思い起こし、医師組織を結成する彼ら自身の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題に」した公式の反省を表明し、ドイツ連邦医師会の協力を得て、『人間の価値-1918年から45年までのドイツの医学』 を刊行(1989年)した。
日本の医学・医療の分野でのドイツのような動きが皆無という状況の下で、大阪府保険医協会理事会は、わが国の医師団体として初めて、1995年8月10日、「戦後50年にあたり、侵略戦争の反省と反戦・平和への開業医の決意」を、12月17日には全国保険医団体連合会(以下、保団連)が「戦後50年にあたり、反戦・平和への日本の医師としての決意」を決議した。保団連は2005年には国際シンポジウム 「医師、医学者の戦争責任を考える一関東軍731部隊をめぐって」 を開催した。
2000年には、私たちが「15年戦争と日本の医学医療研究会」(以下、戦医研)を創立した。
「医学界・医療界の戦争責任を自らの問題として明らかにし、日本の医学医療にたずさわるものの良心を発揮しよう」と、15年戦争を軸にして史実を具体的に明らかにし、教訓を得る協同研究が始められた。年2∼3回の研究例会の他に「研究成果の公表」の独自の場としての会誌も同年秋から年2回のペースで発行され、2002年日中医学大会での戦医研の活動の紹介報告を機に2004年からは 「戦争と医学」 訪中調査団の派遣が始まった。
2006年には、「戦医研」の呼びかけに応じて、大阪府保険医協会、大阪民主医療機関連合会、現代医療を考える会(以下、考える会)などの参加する、第27回日本医学会総会―「戦争と医学」展実行委員会(以下、実行委員会) が設立された。実行委員会は日本医師会に対して「過去」に真摯に向き合うよう要請を行った。この要請にもかかわらず、残念ながら2007年4月の第27回医学会総会は「過去」に向き合う公式の企画を行わなかった。
実行委員会は、第27回医学会総会開催中の大阪市において、独自に「戦争と医学」展と国際シンポジウムを開催した。
その後、実行委員会は、保団連、全日本民主医療機関連合会、戦医研、考える会や有志が参加する 「戦争と医の倫理」 の検証を進める会 (以下、進める会)に発展した (2009年)。この会は全国の心ある医学者。医師・医療従事者と関係する諸団体などが「過去」 に向き合う恒常的な活動を行うもので、わが国では初めての全国的な組織であった。しかし、2011年4月の第28回医学会総会も「進める会」の要請にもかかわらず、「過去に向き合う」自らの企画を行わなかった。
「進める会」は、「戦争と医学」を検証する展示と ドイッからパネリス トの参加も得て全国の医学者・医師や市民と共に考え討論する国際シンポジゥムを独自に企画し、2012年11月17日に京都大学百周年時計台記念館大ホールにて開催した。
この間、日本医学会は、「代議員会の決議がない」「加盟を認めた各学会から上がってきたテーマを調整するのが主目的であり、それ以外のテーマは原則扱わない」「企画内容が総会参加者の関心を呼び、多数の入場者が見込まれるかどうかが重要」などという理由で、戦争加担の過去に真摯に向き合う責任を放棄してきた。各学会や全国の大学医学部、医科大学は、「進める会」から展示パネル冊子や質問紙調査票が送られるなど、自らの「過去]に向き合う機会が数々あったにもかかわらず、残念ながら検証にすら着手しないで現在に至ってぃる。
2015年4月、第29回日本医学会総会は、石井四郎731部隊長や多くの部隊員を送り出した京都大学が中心になって、四半世紀ぶりに開催されることになった。 京都大学の総長、 医学部長であった・・・・会頭の名で開催された第29回医学会総会は、戦後70年の節目でもあることから、日本医学会が真摯に「過去」に向き合うまたとない機会であった。「進める会」の要請に応えて、2013年末には第29回医学会総会の・・・・会頭、・・・・組織委員会事務局長、・・・・展示委員会副委員長(京都大学教授)、・・・・京都大学総合博物館館長(京都大学教授)との公式の懇談も実現した。
2014年1月12日には、この「日本医学会総会2015関西」にむけて、「医の倫理―過去・現在・未来―企画実行委員会(略称:「医の倫理」実行委員会代表・京都府保険医協会・・・・理事長)が設立された。
その直後の2月11日に行われた京都大学基礎医学記念講堂の完成記念式典において、731部隊への同医学部の関与を示す資料が展示されたことは、戦争へ加担したという負の遺産を京都大学医学部として初めて明らかにした点で注目に値する兆しであった。しかし、しばらくして同展示は撤去され、その理由は明らかにされなかった。
「第29回日本医学会総会2015関西」も、「過去」に真摯に向き合う企画を行わなかった。
「医の倫理」 実行委員会は、この医学会総会に並行して4月12日、「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」と題する映像・講演・対談・シンポジゥムを京都市の知恩院で開催した。会場溢れる来場者の真摯な熱意によって、「戦争と医の倫理」の検証がさらに進められた。・・・・



終戦50周年731部隊1


終戦50周年731部隊2



731部隊→ABCC(被爆者は治療もされずに、原爆の影響を調べられた。・・・731部隊員の協力)→放影研→重松逸造・・チェルノブイリ原発事故について・・・汚染地帯の住民には放射能による健康影響は認められない。→福島原発事故・・原子力を進めてきた人たちは、福島で今、甲状腺がんが多発しているけれども、それは被曝との因果関係はないと主張している。







朝枝繁春の証言


なぜ、日本政府は、731部隊の生体実験、細菌戦を認め、謝罪しないのか?
731部隊のドキュメンタリー 




アメリカは、将来の戦争で毒ガスや細菌兵器を有効な手段として使うかもしれないということで、東京裁判では、毒ガス・細菌戦などは追及しなかった!!
毒ガス戦はなぜさばかれなかったのか?

※しかし、これは、アメリカにとって「後日、深刻な問題をもたらす」ことになるのではないか?
・但是,如果这是不是成为“在以后的日子,造成了严重的问题”的事情对美国?
・그러나 이것은 미국에게 "나중에 심각한 문제를 초래"하게되는 것은 아닐까?
・However, if this is not to become "at a later date, resulting in a serious problem"thing for the United States?
・Однако, если это не становится "на более поздний срок, в результате чего серьезные проблемы" вещь для Соединенных Штатов?
・Jednakże, jeśli nie jest to, aby stać się "w późniejszym terminie, w wyniku poważnych problemów" rzecz dla Stanów Zjednoczonych?
・Wenn dies jedoch nicht, sich "zu einem späteren Zeitpunkt, was zu einem ernsten Problem", was für die Vereinigten Staaten?
・Toutefois, si cela ne veut pas devenir ≪à une date ultérieure, résultant en un problème grave" chose pour les États-Unis?

アメリカは、ハルピンの731部隊に於ける人体実験、生体解剖、奉天の捕虜収容所における731部隊員による米兵らに対する人体実験、また、化学戦部隊516、526部隊等と組んで行った悲惨極まりない毒ガスの人体実験を、東京裁判で裁くことなく見逃してしまったからだ!!
ドイツのニュルンベルクの裁判では、人体実験に加担した医学者が厳しく裁かれた。ところが、東京では、戦犯免責だ!!このダブルスタンダード!!


「結局、ワシントンは「国家の安全」を理由に731部隊の免責を是認した。免責付与是非を論じる米軍高官の覚書の中にはこんな一文がある。

彼(石井)らの人体実験は、本政府が目下ニュルンベルクで、ドイツの科学者および医学者をそれゆえに訴追している人体実験とはそう違わないものである」


(『731免責の系譜』太田昌克著より)



・日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめ遺跡の前に跪(ひざまず)く
オバケ煙突の下、不気味に笑う悪魔の目鼻
ここで焼却されたマルタは虚空に消えた
その無念の粒子を今なお人々は呼吸する
この空間には癒されぬ死の怨霊がくすぶり続ける
だが誰もそのことを声高に語ろうとしない
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡―仏メディア


混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
謀略班の活動状況


毎週土曜日の映画は、私達にとって大きな慰安であった。ほとんどが部隊での各種の実験を移した16ミリフィルムで、いわば学科の延長に等しいのだが、それでも、私達はいつもその日の来るのを待っていた。
だが、この日の映画は、いつもとおもむきを異にし、ペスト部隊の参考資料として、部内だけで内密に行われた。自分たちの手で作ったペスト菌が、いかに作戦に用いられているか、というのである。


(参考)
イレッサ訴訟
子宮頸がんワクチンの危険性 - Thinker
子宮頸がんワクチン接種、通学できぬ少女 推奨中断2年
ワクチンについて シェリー・テンペニー博士


厚生省・国民健康保険について(消えた細菌戦部隊より:常石敬一著より)
医務局長としての小泉の実績は、確かに先の、「意欲・鋭さ・執拗さ」という言葉に見合ったものとなっている。すなわち今日の厚生省及び国民健康保険法を作ったのが小泉であった。
※小泉親彦(ちかひこ)・・・陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監、陸軍医務局長、厚生大臣を歴任、毒ガス戦、細菌戦を積極的に推し進めた人物
1945年9月、自決。

・・・・・・
健兵対策の一環として厚生省は設立されたのだった。こうした設立の経緯が、今日の厚生省の弱者に冷たく、福祉行政に消極的な理由となっているのかもしれない。



真実を知ろう!!(権力側が流す情報にだまされるな!!)
黒い太陽№7


ガン治療のウラ 7/8


「死のマイクロチップ」マイナンバー制度の次は国民にマイクロチップが埋め込まれる!(船瀬俊介の船瀬塾より)







医学革命!
軍陣医学(戦場医学)から「活人医学」へ
「悪魔の飽食」から「小食へ」(体質改善への道)
医師 甲田光雄2/6 ラジオ深夜便










●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(下)より
第12章
大元帥の試練

その直後の8月4日、小磯内閣は事実上、「国民総武装」を決定し、日本国中の臣民はすべて職場や学校で軍事教練に(竹槍をもって)参加しなければならなくなった。2週間後の御前会議で、昭和天皇は 来たるべき敵の攻撃に対する新たな防衛計画を正式に裁可した。そこでは、「水際防御」よりも防空、「内陸防御」に重点が置かれ、さらに、「決勝兵器」の迅速な開発に力点が置かれていた。「決勝兵器」とは、舟艇の乗組員やパイロットの命を「引き換え」に特定の軍事的な目標達成をするために考案された「体当たり」兵器、つまり「特攻」兵器の大量生産を意味していた。

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた


ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

第二章

(その4)
天皇に奉げられた命


皇居内で自決した者は、火付け役の畑中、東条の義理息子と、前夜の絶望的クーデタの指導者の三人である。四人目に、叛乱者の一人で殺された森大将の義弟、上原航空隊長が二日後に拳銃自殺した。今日、四人の叛乱将校が、東京で生存している。うち一人は、自衛隊の歴史研究課を統括している。第二は、阿南大将の義弟で、防衛大学を率いている。第三の荒尾は、自動車販売店の社長を勤めている。第四の井田中佐は岩田と名を変え、彼が自決しなかったことを恥とする妻と離婚した。彼はまた、南京略奪の際に朝香宮を助け、クーデタの公式立会人として台湾より帰還した憲兵、塚本誠がその重役をつとめる広告代理店 〔電通〕 で働いている。


全文は「ノブのノート」で!!
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-27 08:10:10 | Weblog

※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

●731問題
731部隊の設置許可、人体実験、毒ガス戦・細菌戦実施の許可した昭和天皇とそれに協力した日本医学界の責任、戦後、その人体実験、毒ガス戦・細菌戦を全く裁判にかけなかったマッカーサーとアメリカ政府の責任、1990年代から2000年代にかけて行われた裁判において、事実を認めながら、それを放置している司法・政治の責任、国民の認識は?
戦後70周年、中国の人々から日本の我々に届いた重いメッセージ!
日本人はこの731問題にどう向き合うか?重い課題!!

731(4)



●横浜「戦争と加害」のパネル展



細菌戦(「戦争と加害」のパネル展in横浜)

毒ガス(「戦争と加害」のパネル展in横浜


参観者の感想
・教科書で学ぶような事実だけでなく、生々しい証言や写真の展示を見て衝撃を受けました。70年前の戦争が今につながっていることを意識して関心を持ち続けたいです。
10代女性



「戦争の加害」テーマに 13日まで横浜でパネル展



●戦争が起きたら、必ず原発が狙われ、地球は汚染される!!脱原発!!
戦争の足音が聞こえる!!
三権分立などしていない日本の現状!!
高浜原発4号機が臨界 発送電開始は29日予定

原発、別の道ないのか 89歳加古里子さん「若者よ考えて」

「原発はいらない」京都・滋賀で抗議デモ 高浜4号機再稼働

原発事故巡り東電旧経営陣29日強制起訴へ

関電、高浜の冷却水漏れ謝罪 「安全最優先」力なく

高浜原発4号機、26日に再稼働

大飯高浜原発の差し止め却下


福島原発事故 東電がメルトダウン判断遅れを謝罪

制服組自衛官が権限大幅移譲要求 防衛省、背広組は拒否

国産初のステルス戦闘機開発に向け、試作機の滑走試験

武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か

・日本医学界は、なぜ731のことに謝罪しない?なぜ脱原発の声明を出さないのだ!!
・国策:原発推進反対!!

小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:一刻も早く原子力の夢からさめて…



●彼らは本気だ。安倍晋三首相は、夏の参院選で改憲勢力による「3分の2」の議席を目指すという。どうしたらいい?
彼らと真逆の憲法は作れないか?
・憲法9条を守る!!・外交を強化する・自衛隊は災害救助隊に・象徴天皇制を廃止して、大統領制にする
・脱原発 ・靖国神社を廃止して、戦争懺悔慰霊碑の建立
・日米安保条約見直し・国連改革


・憲法9条(侵略戦争の反省から憲法9条が生まれた!)
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


09
想像してごらん、
9条がゆきわたった世界を。

Imagine,
A world filled with Article 9.

Представить,
Мир заполнен со статьей 9.

想像,
的世界充满了第九条。



IMAGINE9 (『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博 2007年12月1日発行、合同出版)
解説
世界は、9条をえらび始めた。
憲法9条はまるで、神が私たち人類に送ってくれた宝物のようです。
―中国、40代・男性

9条は、明らかに戦後の東北アジア地域のパワーバランスを保ってきた一要因です。
―モンゴル、60代・男性

9条は、日本が多くの残虐行為をおこし、侵略戦争を行った反省から制定されたものです。その9条をなくすことに賛成はできません。
―韓国、60代・女性

9条の平和主義は、私たちの世代だけでなく、次の、その次の世代の平和にも重要です。
―中国、40代・男性

すべての国が憲法9条を持つようになり、平和が最後の手段としてではなく、唯一の手段となる日が来ることを願っています。
―イギリス、20代・男性

平和が武器によってつくられるものではないということに世界中の国が気づき、すべての国が憲法9条をもつようになることを願っています。
―オーストラリア、20代・女性

このグローバル9条キャンペーンに非常に感動しました。憲法9条を維持しようというこの草の根運動には、日本がアジアの国々との関係に誠意をもって向かっている姿勢がうかがえます。このキャンペーンに多くの日本人が賛同し、成功することを望みます。がんばってください!
―韓国、30代・男性

憲法9条に賛同します。このような憲法があることで、私たちは、戦争のもついかなる攻撃性に対して共に、立ち上がるような地域社会の結びつきを強くしていくことができると思います。私たち一人ひとりの協力こそが、最高の平和の武器だと思います。
―ベルギー、50代・男性

日本のような歴史を持つ国が、憲法9条を広めようという行動をとることは、世界のほかの国々にとっての模範です。ほかの国々もそれに続くことを祈って、私たちに必要なことは平和への挑戦です。
―コスタリカ、20代・女性

日本国憲法第9条の改定に反対です。
―ロシア、20代・男性



ある国が戦争放棄を掲げるということは、世界のほかの国々への力強いメッセージになると思います。
―イギリス、30代・男性 

第2次世界大戦の悪夢を経験したひとりとして、私は力ではなく正義と社会秩序による国際紛争の解決手段があること、そしてそれに基づいた国際平和と理解が達成できることを信じています。紛争解決は、交戦ではなく平和的な方法でなされるベきだと思います。
―フィリピン、60代・男性

僕の国はベ トナムで戦争をして、何百万人ものベトナム人と何万人もの自国の兵士を犠牲にし、何も得ませんでした。それなのに、今も戦争をしています。アメリカは、根本的に反省しなかったんです。こういう国にしたがって日本が憲法を変えようとするのは、非常に残念です。
―アメリカ、50代・男性

武器でいっぱいの世の中に暮らすことは、自分の墓を掘っているようなものだと思います。現実には、世界の指導者たちが行っていること、とくに軍事力を増強していくことは、私たちにとってまったく無益なことだと思います。お金をこうして無駄にするのではなく、教育の拡大と貧困の撲滅のために利用したほうがよっぽど有効だと思います。
―フィリピン、60代・男性

私は第2次世界大戦の経験者として、日本国憲法第9条をいかなる手段でもっても排除すべきではないと思います。戦争は、人の命を奪い、人びとを苦しめました。武器はこの世に必要ではありません。世界に脅威を与えるべきではありません。過去の過ちを繰り返さないで下さい。
―ロシア、60代・男性

平和を探る ことが人類の進化だと思います。
私たちが本気になって平和を模索しなければ、いろいろな問題は改善されるどころか、悪化してしまいます。
―アメリカ、40代・女性

日本が軍隊を持たないという約束を破ろうとしているのではないかと、私たちはとても心配しています。日本政府が憲法9条を守り、「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」という決断を決して変えることがないことを願っています。
―ベルギー、40代・男性

日本の皆さんが9条を世界に広げようとしている大義を、私たち、ケーララ州コーチンの市民は、心から支持し、その取り組みに全面的に協力と支援をいたします。
―インド、50代・女性

私の地域では、絶え間ない暴力が解決のめどもつかないまま50年間続いています。戦争は、プレイステーションのゲームではなく、マンガでもありません。あなたの愛する人の現実の死なのです。日本が戦争を放棄したことの意味を、もう一度見つめてください。
―レバノン、20代・女性

武器や核兵器による絶え間ない脅威は、世界の病というべきものです。私の国、コスタリカは武器を持たない国であり、世界のほかの国々も同じようにあるべきだと思います。現在の日本の憲法9条は非常にすばらしいものであり、いかなる権力によってもこれは変えられるべきではないと思います。日本は永遠に平和な国として存在するべきです。
―コスタリカ、60代・男性
「グローバル9条キャンペーンに寄せられた世界からの声」


防衛相 豪外相に潜水艦開発でアピール
ぐんじ と ひんこん アベちゃんのもくろみ…(´ε`;)
武器輸出三原則
今の現状防衛装備移転三原則

●ご案内


残留孤児:中島幼八さんのお話


731日本軍細菌戦部隊などの戦争遺跡を巡る旅【5月3日(火)~5月7日(土)】

お問い合わせ・申込先 国際ツーリストビューロー                              
TEL 078-351―2110
FAX 078―351-2140
メール ktb@silver.ocn.ne.jp

・締切  3月17日(木)

●ニュース
1日7千人、闘い続く=作業環境は改善―福島第1、遠い廃炉

菅官房長官、普天間移設めぐる米司令官発言に抗議

2045年、戦禍日本の転機は? SF映画「戦争のつくり方」

ビキニ被ばく 元船員ら10人が「労災」申請

シリアまもなく停戦時間に 守られるか予断許さず

アイヌの人たちへの差別 認識に大きな差

【衆院選】共産の擁立大幅減の方針について。- 2016.02.26


「二・二六事件」 軍法会議の記録 来年以降公開へ




【お知らせ】と「第163回小出裕章ジャーナル」

「育鵬社」の教科書不正問題について。- 2016.02.23


マニラ市街戦、東京大空襲 


フィリピンの元慰安婦、天皇陛下に公式な謝罪を要求へ





●昭和天皇の戦争責任を考えると、「君が代は、千代に八千代にさざれ石の・・・」とは歌えない!!
入学式、卒業式では、強制的に起立させられ、公務員が拒否すると、罰せられるという異常な時代!!
重苦しい!!

・満州国は全くの日本の傀儡国家だった!!満州を治めていたのは昭和天皇であった!!
(満州国の頂点)


・731の頂点も昭和天皇であった!!【内藤良一(731部隊員)のメモ】





●防衛省、外務省は積極的に国民に情報開示し、戦争を防止する義務がある!!


秘密保護法撤廃!!
731の情報を取得する行為も罰せられる?戦争の反省は全くしない?
自衛の名のもとに、戦後も生物戦・核戦争の研究は秘かに行われている?
アメリカの圧力を受けて「機密」が増大し、軍事費が膨らんでいる!!

戦後も自衛隊はアメリカから情報を入手し、サリンやVXガスなどの毒ガス製造をしている??
化学兵器禁止条約があるにもかかわらず!!

防衛省は、地下鉄サリン事件の発生することを事前に知っていた??オウムは自衛隊から解毒情報入手??
地下鉄サリン事件







「国家政策の中で国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるに伴い、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野をおおい尽くすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。最後に来るのは戦争である。
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民はまったく参加することができない。戦争準備は極秘裏に進められ、ある日突如として戦争の火蓋が切られる。国民はただ肉弾として運命を甘受する他なかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえ無しに、関東軍が勝手に戦争をおっぱじめ、その「既成事実」を否応なく追認させられつつ、破壊的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。」(『日本の国家機密』藤井治夫著より)

※柳条湖事件も、初めから作戦の一環で、昭和天皇も知っていた。決して軍の独走ではない。



●今の情報を公開しない姿勢は、戦前からずっと続いている!!
秘密保護法施行・・・何を政府はたくらんでいる?
防衛の名のもとに、軍事力は増強されている!!

特定秘密保護法はジャーナリズムに何をもたらすか(ラジオフォーラム#158)

ちょっと古いが、参考になる本なので紹介します。1972(昭和47)年10月9日初版藤井治夫著『日本の国家機密』より


第二章国家機密の構造

国家機密と軍事機密
「庁秘」と 「防衛秘密」
自衛隊の秘密にはMSA秘密保護法にもとづく「防衛秘密」と、秘密保全に関する訓令による「庁秘」がある。その総数は、第1、2表(15~7ページ)にしめしたとおり、70年12月31日現在の点数で、防衛秘密が9万0359点、庁秘が72万4241点、あわせて81万4600点に達している。加えて71年中に新たに防衛秘密271件、庁秘2万4294件が指定されている。70年までの実績からみると、増減を繰り返しているが決して減少していない。


南京大虐殺があったことは国民に知らせず、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-27 08:09:04 | Weblog

●現在の日本
日本政府・天皇家は戦争犯罪をきちんと認めないから今の日本がある。今の日本はまた、八紘一宇の世界を目指しているのではないか?
平頂山、731・南京・毒ガス・細菌戦・・・等の戦争犯罪、日本の戦争犯罪はアジア全般にわたったが、特に中国では、731部隊などの石井機関で生体実験が行われ、細菌戦も実施された。また、毒ガスを多用し、残虐な殺害もした。アメリカは、中国からの情報を得て、それらを察知し、日本に非人道的な行為を止めるよう再三警告していた。それにより、日本軍の細菌戦と毒ガス戦の頻度は減ったが、アメリカ自身の受けた被害も相当だったために、アメリカは最後に実験的に原爆の使用に踏み切ったのではないか?これら非人道的な戦争犯罪(日本軍の行った大虐殺、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃、アメリカの行った原爆投下や無差別爆撃等)が東京裁判できちんと裁かれていればもっと今の世の中は変わっていただろう。戦後十分に裁かれないで、また戦争の深い反省もなく来たものだから、旧軍関係者がそのまま自衛隊や大学・製薬会社などに滑り込み、実権を握り、戦後も軍国主義思想が根強く残り、軍隊の復活、人命・環境軽視の医療、経済がそのまま進み、9条の形骸化、水俣病をはじめとする公害が多発、医療事故などが起こっている。そして戦争や原爆への批判が不十分だから、アメリカに取り込まれ、原発推進に走り、3,11が起こっても方針を変えられない。いや、日本は生物、化学兵器や核兵器を秘かに開発・研究している。今の社会は一見華やかに見えるが、秘密保護法が施行され、ますます国家機密の名のもとに秘密主義が蔓延し、思想・信条の自由は制限され、戦中のように報道規制が強くしかれ、政治・軍事・医療・教育・食料・建築・農業・・・で様々なゆがみが出て、生きずらい社会になっている。


・731部隊は天皇の勅令で巨費をかけて作られ、人体実験、細菌兵器の開発をし、実際に細菌戦を行った!!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)
 

・住民は、アメリカ兵を虐殺した!それを見逃す警察、軍隊。当時の日本の状況がよくわかる。捕虜に対する国際法は全く無視されていた!生体解剖は、軍、大学がグルになってやった?個人の意思ではない?陸軍病院、大学病院、精神病院でもいろいろな人体実験がなされていたのでは?九大、京大、東大、慶大等は戦中の資料をきちんと公開せよ!!
九州大学生体解剖事件を語る



中国の陸軍病院でも生きた人間を使った「生体手術演習」が行われていた。戦時中の日本の病院ではどうだったのだろうか?
消せない記憶「元軍医たちの謝罪の旅」



アトピーなどいろいろな子供の病気は食べ物や環境に大きく影響される。添加物屋の存在?石油メジャーに支配されている食品業界!!農業も同じ!!
食品の裏側「安部司講演会」DVDの一部紹介



今の医療は根本的に病気を治さない!!対症療法!!
内海聡の新説異説!「医学不要論」謎学WONDER⑤DVDダイジェスト





●南京大虐殺
・証言
1937年の暮れに、日本軍が南京で大虐殺をした時、家は陳家牌坊5号で、城壁の縁にもたれていました。ある日、日本軍に殺害された人の頭が長さ2尺余りの竹の削いだので刺し貫かれているのが1つ、家の中庭に転がって来ましたが、それと死体が2つあって、1つは皮の衣服でくるまれていました。それは家の向かいに住んでいた廠老二とその息子で日本兵に殺されてしまったのでした。家の隣り7号の滕という男の人も日本軍に銃剣で刺し殺されました。陶家巷(今の六角井)でも多くの人が日本軍に銃殺されたのでした。
私は寡婦で、子供を3人抱えていて、布を売るので生活していました。1度、布を背負って南門の所まで行ったら、日本兵が私を呼び止め、私の布で頭から足までくるんで、私に強いて朝からお昼まで立たせっぱなしにしましたが、日本語の分かる中国人が替わりに泣き付いてくれて、日本兵は私をうんと酷く叩いてからやっと放ちました。それに1度は、大勢の人と一緒に下関で、日本兵に無理に引っ張られて身体捜査をされ、およそ金目の物はみんな持って行かれましたが、それからトラックで私たちを新街口まで連れて行き、口から水道の水をいっぱい流し込んで、やっと私たちを放ち行かせました。あの恐ろしかった時代の事を思うと、死んだのは死んだで、傷したのは傷したで、日本軍は私たちにどれほど多くの災難をもたらしたことでしょうか。(高雲蘭と趙玉河と高方蘭が記録)

南京大虐殺 世界記憶遺産登録で世界の教科書に掲載可能性も




昭和天皇・皇族はすべてを知っていた!!

ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台がこの時期に築かれた。・・・・・
1929年には、枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約(1929年調印の「捕虜の処遇に関する条約」)の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎて実行できないという。陸海軍大臣と外務大臣の主張を容れたのである。・・・p171
・・・・・・・・





●日本や中国各地に毒ガスが遺棄されている!!生活に支障をきたさないのか?
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗

一本土決戦に備える毒ガス部隊一
先の茅ヶ崎の砲術学校は、この部隊をさしており、昭和20年5月から水野大尉を長とする水野部隊100名が辻堂(平和学園)に配備され、兵舎として幼稚園を接収していた訳です。彼らは本土決戦(昭和19年4月決号作戦)の為、赤柴中将を長とする第12方面軍53軍と共に毒ガス兵器を装備して湘南海岸に配置されていた。彼らのぃた平和学園から程近い辻堂海岸には、大正15年から海軍の演習場があり、ここで海軍技術研究所が築地時代から研究開発した各種の毒ガス兵器の実験を繰り返し行っていた。敵上陸を想定しての波打ち際イペリット散毒等も行われ、上記部隊員は「毒ガスマスクを付けて江ノ島までの行軍はつらかった」述懐している。現在ここは辻堂団地、県営辻堂海浜公園になっている。決号作戦では米軍上陸地点を鹿島灘、九十九里浜、相模湾の3地点を予想(相模湾の沿岸陣地は鎌倉山と大磯の千畳敷山(現湘南平)を両肩とし、茅ヶ崎小出から藤沢の丘陵地帯に陣地(地下壕)を構築、玉砕覚悟の作戦を立てていました。ここに毒ガスは配備されていなかったのか、平塚・寒川・茅ヶ崎と本土決戦用毒ガス兵器が次々と現われ、環境省発表県下12ヶ所のうち湯河原吉浜にあった睦軍第6技術研究所 (陸車の毒ガス・細菌戦等の研究・開発機関・平塚の海軍技術研究所と密接な関係)吉浜出張所があり、敗戦後初島沖に海中投棄された(現物は今も海中にある)。相模川河口すじの海中にも大量のイペリット入りのドラム缶等が投棄されたままになっている。



自衛隊は防護のためと称して昭和20年代後半から毒ガスの研究をし、1964年にはサリンを合成し、VXガス、タブンも作った。最新の無能力化ガスBZは1973年に成功している。1970年日本政府ジュネーブ議定書締約、1993年化学兵器禁止条約日本署名、1994年6月松本サリン事件、1995年3月地下鉄サリン事件発生、自衛隊とオウムの関係は?
2013年度の「核・生物・化学兵器対処関連事業」費71億8200万円。何に使っているのだろうか?
2013年6月7日号「週間金曜日」より
自衛隊とサリン
死者13人、約6300人の被害者を出した地下鉄サリン事件(1995年3月20日発生)
・事件1報前に待機していた自衛隊!!
・「解毒の方法知っていますか?」-事件発生数ヶ月前に化学学校に1本の電話が入った。
・自衛隊中央病院から突然現れた医師
・解毒剤の情報も提供もなかった聖路加国際病院








●中国残留孤児問題!!(中国残留孤児の書いた奇跡の書「この生あるは」)

映画化したら、過酷な運命・そして中国人の人間愛がよくわかる!!
敗戦時3歳、この中国残留孤児の過酷な運命に対して、国はきちんと補償したのだろうか?
この本の中に、米軍が1950年代の朝鮮戦争時、北朝鮮に行った細菌戦に神経を尖らせている中国の一般民衆の生活や反核運動の様子が描かれている。
中国の恩に報いたいー半生記を出版した残留孤児 中島幼八さん

2016年1月18日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)
残留孤児の一冊<本澤二郎の「日本の風景」(2238)
<「この生あるは」(中島幼八著)>
中国・新華社通信の友人に紹介された残留孤児・中島幼八さんの記録「この生あるは」(幼学堂)の日本語版を読んだ。その悲しい運命から、気が重くなる厳しい内容ゆえに、同じ時代を日本で生きてきた者には、とても興味を引く本である。人間は一人では生きられない、そのことを痛切に教えてくれる人間性のあふれる内容である。同時に「2度と侵略や戦争を起こしてはならない」ということを、日本の為政者に訴えている。全国の図書館に置いて、多くの国民が読むべきである。

<中国・東北地方の片田舎>
中国・黒竜江省の省都・ハルビン東方の牡丹江の片田舎が、著者が16年、生きてきた生活環境である。長い冬を生き抜くことは、当時の生活力からすると、幼い孤児が生き抜くことは至難の業である。
「幸運の連鎖」「いい人」との出会いがなければ、厳しい環境がたちどころに幼子の命を奪うだろう。おそらく多くの孤児が、そうして亡くなっているだろうが、中島さんは違った。



発売元 亜東書店 03-3835-7091 
中国語版 北京三聯書店「何有此生」






●731問題
・「医の倫理」を追及する動きと日本医師会の対応
『No More 731日本軍細菌戦部隊』(文理閣:15年戦争と日本の医学医療研究会編)


あとがき(より)
本書で問いただされたように、 3000人以上の中国人などが 「マルタ」と呼ばれ、死に至らしめられた「人体実験」「生体解剖」等が行われた731部隊には、当時の大学医学部などの医学者・医師たちや4年に1回開催される日本医学会も加担した。また、戦後、米国の「実験結果の隠蔽」「免責取引」により、731部隊に関与した医学者・医師たちの多くは罰せられることなく、医学界・医療界の要職などに就いた。
戦後、日本医師会の幹部は公職追放され、日本医師会は新生した。日本医学会は日本医師会の傘下として、日本の主要な医学会が加盟する日本の医学界を代表する組織となった。
日本医師会は、世界医師会理事会の「第二次世界大戦における残虐行為を非難する声明文」の求めに応えて1949年3月30日に開催された日本医師会の年次代議員会において、「日本の医師を代表する日本医師会は、この機会に、戦時中に敵国人に対して加えられた残虐行為を公然と非難し、また断言され、そして時として生じたことが周知とされる患者の残虐行為を糾弾するものである」 という会長の声明文を満場一致で決議・採択した。
日本医師会はこれを提出し(1951年5月 22日加盟各国医師会に回覧された世界医師会文書36.18/51抜粋)、世界医師会への加盟が認められた。それにもかかわらず、日本医師会は、自らがかつての戦争に加担したことや、日本の医学者・医師により行われた人道に反する残虐な「人体実験」「生体解剖」等(以下、「過去」)に真摯に向き合うことなく、医学界・医療界ではむしろタブー扱いされてきた。
ドイツでは80年代末にベルリン医師会が、「ナチズムの中で医師層がはたした役割と犠牲者の苦しみを思い起こし、医師組織を結成する彼ら自身の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題に」した公式の反省を表明し、ドイツ連邦医師会の協力を得て、『人間の価値-1918年から45年までのドイツの医学』 を刊行(1989年)した。
日本の医学・医療の分野でのドイツのような動きが皆無という状況の下で、大阪府保険医協会理事会は、わが国の医師団体として初めて、1995年8月10日、「戦後50年にあたり、侵略戦争の反省と反戦・平和への開業医の決意」を、12月17日には全国保険医団体連合会(以下、保団連)が「戦後50年にあたり、反戦・平和への日本の医師としての決意」を決議した。保団連は2005年には国際シンポジウム 「医師、医学者の戦争責任を考える一関東軍731部隊をめぐって」 を開催した。
2000年には、私たちが「15年戦争と日本の医学医療研究会」(以下、戦医研)を創立した。
「医学界・医療界の戦争責任を自らの問題として明らかにし、日本の医学医療にたずさわるものの良心を発揮しよう」と、15年戦争を軸にして史実を具体的に明らかにし、教訓を得る協同研究が始められた。年2∼3回の研究例会の他に「研究成果の公表」の独自の場としての会誌も同年秋から年2回のペースで発行され、2002年日中医学大会での戦医研の活動の紹介報告を機に2004年からは 「戦争と医学」 訪中調査団の派遣が始まった。
2006年には、「戦医研」の呼びかけに応じて、大阪府保険医協会、大阪民主医療機関連合会、現代医療を考える会(以下、考える会)などの参加する、第27回日本医学会総会―「戦争と医学」展実行委員会(以下、実行委員会) が設立された。実行委員会は日本医師会に対して「過去」に真摯に向き合うよう要請を行った。この要請にもかかわらず、残念ながら2007年4月の第27回医学会総会は「過去」に向き合う公式の企画を行わなかった。
実行委員会は、第27回医学会総会開催中の大阪市において、独自に「戦争と医学」展と国際シンポジウムを開催した。
その後、実行委員会は、保団連、全日本民主医療機関連合会、戦医研、考える会や有志が参加する 「戦争と医の倫理」 の検証を進める会 (以下、進める会)に発展した (2009年)。この会は全国の心ある医学者。医師・医療従事者と関係する諸団体などが「過去」 に向き合う恒常的な活動を行うもので、わが国では初めての全国的な組織であった。しかし、2011年4月の第28回医学会総会も「進める会」の要請にもかかわらず、「過去に向き合う」自らの企画を行わなかった。
「進める会」は、「戦争と医学」を検証する展示と ドイッからパネリス トの参加も得て全国の医学者・医師や市民と共に考え討論する国際シンポジゥムを独自に企画し、2012年11月17日に京都大学百周年時計台記念館大ホールにて開催した。
この間、日本医学会は、「代議員会の決議がない」「加盟を認めた各学会から上がってきたテーマを調整するのが主目的であり、それ以外のテーマは原則扱わない」「企画内容が総会参加者の関心を呼び、多数の入場者が見込まれるかどうかが重要」などという理由で、戦争加担の過去に真摯に向き合う責任を放棄してきた。各学会や全国の大学医学部、医科大学は、「進める会」から展示パネル冊子や質問紙調査票が送られるなど、自らの「過去]に向き合う機会が数々あったにもかかわらず、残念ながら検証にすら着手しないで現在に至ってぃる。
2015年4月、第29回日本医学会総会は、石井四郎731部隊長や多くの部隊員を送り出した京都大学が中心になって、四半世紀ぶりに開催されることになった。 京都大学の総長、 医学部長であった・・・・会頭の名で開催された第29回医学会総会は、戦後70年の節目でもあることから、日本医学会が真摯に「過去」に向き合うまたとない機会であった。「進める会」の要請に応えて、2013年末には第29回医学会総会の・・・・会頭、・・・・組織委員会事務局長、・・・・展示委員会副委員長(京都大学教授)、・・・・京都大学総合博物館館長(京都大学教授)との公式の懇談も実現した。
2014年1月12日には、この「日本医学会総会2015関西」にむけて、「医の倫理―過去・現在・未来―企画実行委員会(略称:「医の倫理」実行委員会代表・京都府保険医協会・・・・理事長)が設立された。
その直後の2月11日に行われた京都大学基礎医学記念講堂の完成記念式典において、731部隊への同医学部の関与を示す資料が展示されたことは、戦争へ加担したという負の遺産を京都大学医学部として初めて明らかにした点で注目に値する兆しであった。しかし、しばらくして同展示は撤去され、その理由は明らかにされなかった。
「第29回日本医学会総会2015関西」も、「過去」に真摯に向き合う企画を行わなかった。
「医の倫理」 実行委員会は、この医学会総会に並行して4月12日、「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」と題する映像・講演・対談・シンポジゥムを京都市の知恩院で開催した。会場溢れる来場者の真摯な熱意によって、「戦争と医の倫理」の検証がさらに進められた。・・・・



終戦50周年731部隊1


終戦50周年731部隊2



731部隊→ABCC(被爆者は治療もされずに、原爆の影響を調べられた。・・・731部隊員の協力)→放影研→重松逸造・・チェルノブイリ原発事故について・・・汚染地帯の住民には放射能による健康影響は認められない。→福島原発事故・・原子力を進めてきた人たちは、福島で今、甲状腺がんが多発しているけれども、それは被曝との因果関係はないと主張している。







朝枝繁春の証言


なぜ、日本政府は、731部隊の生体実験、細菌戦を認め、謝罪しないのか?
731部隊のドキュメンタリー 




アメリカは、将来の戦争で毒ガスや細菌兵器を有効な手段として使うかもしれないということで、東京裁判では、毒ガス・細菌戦などは追及しなかった!!
毒ガス戦はなぜさばかれなかったのか?

※しかし、これは、アメリカにとって「後日、深刻な問題をもたらす」ことになるのではないか?
・但是,如果这是不是成为“在以后的日子,造成了严重的问题”的事情对美国?
・그러나 이것은 미국에게 "나중에 심각한 문제를 초래"하게되는 것은 아닐까?
・However, if this is not to become "at a later date, resulting in a serious problem"thing for the United States?
・Однако, если это не становится "на более поздний срок, в результате чего серьезные проблемы" вещь для Соединенных Штатов?
・Jednakże, jeśli nie jest to, aby stać się "w późniejszym terminie, w wyniku poważnych problemów" rzecz dla Stanów Zjednoczonych?
・Wenn dies jedoch nicht, sich "zu einem späteren Zeitpunkt, was zu einem ernsten Problem", was für die Vereinigten Staaten?
・Toutefois, si cela ne veut pas devenir ≪à une date ultérieure, résultant en un problème grave" chose pour les États-Unis?

アメリカは、ハルピンの731部隊に於ける人体実験、生体解剖、奉天の捕虜収容所における731部隊員による米兵らに対する人体実験、また、化学戦部隊516、526部隊等と組んで行った悲惨極まりない毒ガスの人体実験を、東京裁判で裁くことなく見逃してしまったからだ!!
ドイツのニュルンベルクの裁判では、人体実験に加担した医学者が厳しく裁かれた。ところが、東京では、戦犯免責だ!!このダブルスタンダード!!


「結局、ワシントンは「国家の安全」を理由に731部隊の免責を是認した。免責付与是非を論じる米軍高官の覚書の中にはこんな一文がある。

彼(石井)らの人体実験は、本政府が目下ニュルンベルクで、ドイツの科学者および医学者をそれゆえに訴追している人体実験とはそう違わないものである」


(『731免責の系譜』太田昌克著より)



・日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめ引込み線を歩いた
視界が不意に三角形に切り取られ
やがて歴史の暗渠(あんきょ)に足を踏み入れる
見上げれば天を突く巨大な残骸
ただれ崩れ落ち、悲しみの肉塊のように
灰色の空の下で泣いている
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡―仏メディア


混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
青年の美しい恋


「嘘だったら承知しないぞ。いいな?この写真は俺が届けてやる」
近江属はこの場の敗北をさとる半面、より手痛い復讐をしてやるぞという意味を言外に含めて、靴音荒く部屋を出て行った。
浜中はにわかに、その場にくず折れて泣き出した。
「ちくしょう!ちくしょう・・・・」
浜中の涙は複雑だった。入隊以来いじめ抜かれた、悔しさと淋しさが一度に出たようでもあり、恋人からもらった、かけがえの無い写真を拾ったと偽って人手に渡した自分の不甲斐なさ、彼女に対するすまなさにもだえているようでもあった。


(参考)
イレッサ訴訟
子宮頸がんワクチンの危険性 - Thinker
子宮頸がんワクチン接種、通学できぬ少女 推奨中断2年
ワクチンについて シェリー・テンペニー博士


厚生省・国民健康保険について(消えた細菌戦部隊より:常石敬一著より)
医務局長としての小泉の実績は、確かに先の、「意欲・鋭さ・執拗さ」という言葉に見合ったものとなっている。すなわち今日の厚生省及び国民健康保険法を作ったのが小泉であった。
※小泉親彦(ちかひこ)・・・陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監、陸軍医務局長、厚生大臣を歴任、毒ガス戦、細菌戦を積極的に推し進めた人物
1945年9月、自決。

・・・・・・
健兵対策の一環として厚生省は設立されたのだった。こうした設立の経緯が、今日の厚生省の弱者に冷たく、福祉行政に消極的な理由となっているのかもしれない。



真実を知ろう!!(権力側が流す情報にだまされるな!!)
黒い太陽№5


ガン治療のウラ 6/8


「1日1食でがんも治る!ファスティングのBefore/After」船瀬俊介の船瀬塾







医学革命!
軍陣医学(戦場医学)から「活人医学」へ
「悪魔の飽食」から「小食へ」(体質改善への道)
医師 甲田光雄1/6 ラジオ深夜便









●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(下)より
第12章
大元帥の試練

東条の後継として重大局面に8ヵ月間内閣を率いた小磯首相は、ほとんど無名であった。 その任期の1944年7月22日から1945年4月5日の間、戦争はいよいよ絶望的となり、日本の国民はますます犠牲を強いられることとなった。1944年7月24日、昭和天皇はフィリピン、台湾、南西諸島、沖縄、および北海道と千島を除く本土での決戦に関する作戦を裁可した。2日後、昭和天皇は、可能な限り帝都に留まり、大本営を内陸にすべきかどうかは戦局の状況次第であると小磯に話していた。天皇に関する限り「〔皇大神宮のある〕此の神州にありて死守せざるべからず」の気概だった。

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた


ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

第二章

(その4)
天皇に奉げられた命


いずれの広場の群集も、屈辱と信じられなさに泣きくれながらも、疲れにまみれた安堵感に捕らわれていた。人々はひれ伏し、頭を地面に打ち付けていた。あちこちで、自身を刺し、弾丸を撃ち込む人々がいた。群衆はそのいちいちの遺体に頭をたれ、旅立ってゆく魂に祈りの言葉をささげ、沈黙してそれぞれの住処に向けて散って行った。その週、将軍から兵士まで376人の陸軍々人、提督から水兵まで113人の海軍々人、37人の看護婦や民間人、総計526人のみが自らの命を絶った。#16 
#16 その年の自殺率は、一万人当たり2.5人の標準から大幅に低下し、戦後を含めても最低の数値となった。明らかに、少数者の名誉より、多数の生存の必要のほうが重要であった。



全文は「ノブのノート」で!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-26 07:41:17 | Weblog
※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

●731問題
731部隊の設置許可、人体実験、毒ガス戦・細菌戦実施の許可した昭和天皇とそれに協力した日本医学界の責任、戦後、その人体実験、毒ガス戦・細菌戦を全く裁判にかけなかったマッカーサーとアメリカ政府の責任、1990年代から2000年代にかけて行われた裁判において、事実を認めながら、それを放置している司法・政治の責任、国民の認識は?
731(3) 


●横浜「戦争と加害」のパネル展


細菌戦(「戦争と加害」のパネル展in横浜)

毒ガス(「戦争と加害」のパネル展in横浜


参観者の感想
・知らなかったこと、知らなければならないことばかり。
戦争で日本は被害者だとばかり思っていたことが、加害者であること、それが過去の出来事ではなく、今も毒ガス被害等で苦しめられ何の手助けされていないことに、日本人として申し訳なく、強い憤りとこの先、土中に残された毒ガスを不安に思う。
50代女性



●戦争が起きたら、必ず原発が狙われ、地球は汚染される!!脱原発!!
戦争の足音が聞こえる!!
三権分立などしていない日本の現状!!
高浜原発4号機、26日に再稼働

メルトダウン公表遅れ、菅官房長官「極めて遺憾」

大飯高浜原発の差し止め却下


福島原発事故 東電がメルトダウン判断遅れを謝罪

制服組自衛官が権限大幅移譲要求 防衛省、背広組は拒否

国産初のステルス戦闘機開発に向け、試作機の滑走試験

武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か

・日本医学界は、なぜ731のことに謝罪しない?なぜ脱原発の声明を出さないのだ!!
・国策:原発推進反対!!

小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:一刻も早く原子力の夢からさめて…



●彼らは本気だ。安倍晋三首相は、夏の参院選で改憲勢力による「3分の2」の議席を目指すという。どうしたらいい?
彼らと真逆の憲法は作れないか?
・憲法9条を守る!!・外交を強化する・自衛隊は災害救助隊に・象徴天皇制を廃止して、大統領制にする
・脱原発 ・靖国神社を廃止して、戦争懺悔慰霊碑の建立
・日米安保条約見直し・国連改革


・憲法9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


09
想像してごらん、
9条がゆきわたった世界を。

Imagine,
A world filled with Article 9.

Представить,
Мир заполнен со статьей 9.

想像,
的世界充满了第九条。



IMAGINE9 (『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博 2007年12月1日発行、合同出版)
解説
09 
9条がゆきわたった世界
みなさんは学校で、どんな歴史を学んできま したか?
国内で行われた戦国時代の戦い以外に、日本がほかの国々と行つた戦争について、どのように教わってきましたか?
多くの国々では、自分の国がいかに正しく、立派であり、誇らしいものであるかを繰り返し強調してきました。その影で、自分の国がほかの国の人びとに被害を与えたことについては、忘れられることが多かったのです。
「国のためではなく人びとのために歴史を教えたい」 そう願う日本、韓国、 中国の市民や研究者たちは、いっしょになって一つの歴史教材をつくりました (日中韓3国共通歴史教材委員会編『未来をひらく歴史』、高文研、2006年)。 傷つけた側、傷を受けた側が、共通の歴史をとらえ直そうとしているのです。

イスラエルは、60年にわたリパレスチナの土地を占領しています。それが理由となって、中東地域全体で暴力の連鎖が続いています。そんな中にあっても、 イスラエルの若者とパレスチナの若者が出会い交流を進めています。
インドとパキスタンは、国境のカシミール地方の領有権をめぐる対立を60年間にわたって続けています。国境では衝突が絶えず、両国は核兵器をもちミサイル開発を続けながらにらみ合つています。それでも、平和を求める市民は、国境を越えた交流を進めています。
南アフリカでは、人種隔離政策 (アパルトヘイト)の中で自人が黒人を抑圧してきました。アパルトヘイトは終わり、「真実と和解委員会」がつくられ、過去をみつめて和解を進めました。それぞれの問題において、一人ひとりの「対話」で少しずつ、ゆっくりと解決をしようと努力が続けられています。

「武力によらずに平和をつくる」という日本国憲法9条の考え方は、国家や人種、 民族の壁を越えて「地球市民」として生きていくための共通の鍵となります。
「世界中の国が憲法9条をもてば、すべての国は戦争ができなくなる」、それは無理なのでしょうか。いいえ。奴隷制に苦しんだ黒人の人びとが、人間として生きる権利を獲得したように、長いあいだ社会から排除されてきた女性たちが参政権を得たように、戦争も、私たちが働きかければなくせるものなのです。
第2次世界大戦を経験した人類は、「もう2度と悲惨な戦争を繰り返してはならない」という思いで、国連をつくりました。国連憲章は、「武力行使をしない」「軍事費は最小限にする」ことを定めました。しかしその国連憲章がつくられたあとに、広島と長崎に原爆が落とされ、戦争は終わりました。そして、日本の憲法9条が生まれました。
国連憲章も日本の9条も、目標は同じ「戦争をなくす」ということです。同じ目標のもとで、日本の9条は、国連憲章よりもさらに一歩前に踏み出しました。9条は、戦争につながるような軍隊をもつことを否定したのです。9条が一歩踏み出したその先に続くのは、私たちです。9条から見えてくる世界の創り手は、私たち一人ひとりなのです。


防衛相 豪外相に潜水艦開発でアピール
ぐんじ と ひんこん アベちゃんのもくろみ…(´ε`;)
武器輸出三原則
今の現状防衛装備移転三原則

●ご案内


残留孤児:中島幼八さんのお話


731日本軍細菌戦部隊などの戦争遺跡を巡る旅【5月3日(火)~5月7日(土)】

お問い合わせ・申込先 国際ツーリストビューロー                              
TEL 078-351―2110
FAX 078―351-2140
メール ktb@silver.ocn.ne.jp

・締切  3月17日(木)

●ニュース
大阪・梅田で車暴走、運転手や歩行者など11人死傷

普天間移設2年遅れ 米報道「住民・県の反対に直面」

普天間周辺でも有害物質 県調査で森川公園湧水に高濃度

嘉手納基地の騒音で心筋梗塞など 北大教授が被害推計

「二・二六事件」 軍法会議の記録 来年以降公開へ




【お知らせ】と「第163回小出裕章ジャーナル」

「育鵬社」の教科書不正問題について。- 2016.02.23


マニラ市街戦、東京大空襲 


フィリピンの元慰安婦、天皇陛下に公式な謝罪を要求へ





●昭和天皇の戦争責任を考えると、「君が代は、千代に八千代にさざれ石の・・・」とは歌えない!!
入学式、卒業式では、強制的に起立させられ、公務員が拒否すると、罰せられるという異常な時代!!
重苦しい!!

・満州国は全くの日本の傀儡国家だった!!満州を治めていたのは昭和天皇であった!!
(満州国の頂点)


・731の頂点も昭和天皇であった!!【内藤良一(731部隊員)のメモ】





●防衛省、外務省は積極的に国民に情報開示し、戦争を防止する義務がある!!


秘密保護法撤廃!!
731の情報を取得する行為も罰せられる?戦争の反省は全くしない?
自衛の名のもとに、戦後も生物戦・核戦争の研究は秘かに行われている?
アメリカの圧力を受けて「機密」が増大し、軍事費が膨らんでいる!!

戦後も自衛隊はアメリカから情報を入手し、サリンやVXガスなどの毒ガス製造をしている??
化学兵器禁止条約があるにもかかわらず!!

防衛庁は、地下鉄サリン事件の発生すること事前に知っていた??オウムは自衛隊から情報入手??
地下鉄サリン事件





「国家政策の中で国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるに伴い、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野をおおい尽くすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。最後に来るのは戦争である。
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民はまったく参加することができない。戦争準備は極秘裏に進められ、ある日突如として戦争の火蓋が切られる。国民はただ肉弾として運命を甘受する他なかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえ無しに、関東軍が勝手に戦争をおっぱじめ、その「既成事実」を否応なく追認させられつつ、破壊的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。」(『日本の国家機密』藤井治夫著より)

※柳条湖事件も、初めから作戦の一環で、昭和天皇も知っていた。決して軍の独走ではない。



●今の情報を公開しない姿勢は、戦前からずっと続いている!!
秘密保護法施行・・・何を政府はたくらんでいる?
防衛の名のもとに、軍事力は増強されている!!

特定秘密保護法はジャーナリズムに何をもたらすか(ラジオフォーラム#158)

ちょっと古いが、参考になる本なので紹介します。1972(昭和47)年10月9日初版藤井治夫著『日本の国家機密』より


第一章 国家機密と軍国主義
3 「機密」概念の曖昧性
軍国主義のバロメータ
国家政策のなかで国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるにともない、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野を蔽いつくすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。さいごにくるのは争である。p26
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民は全く参加することができない。戦争準備は極秘裡にすすめられ、ある日突如として戦争の人ぶたが切られる。国民はただ肉弾としての運命を甘受するほかなかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえなしに、関東軍が勝手に戦争をおっばじめ、その「既成事実」をいやおうなく追認させられつつ、破滅的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。


南京大虐殺があったことは国民に知らせず、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-26 07:40:28 | Weblog

●現在の日本
日本政府・天皇家は戦争犯罪をきちんと認めないから今の日本がある。今の日本はまた、八紘一宇の世界を目指しているのではないか?
平頂山、731・南京・毒ガス・細菌戦・・・等の戦争犯罪、日本の戦争犯罪はアジア全般にわたったが、特に中国では、731部隊などの石井機関で生体実験が行われ、細菌戦も実施された。また、毒ガスを多用し、残虐な殺害もした。アメリカは、中国からの情報を得て、それらを察知し、日本に非人道的な行為を止めるよう再三警告していた。それにより、日本軍の細菌戦と毒ガス戦の頻度は減ったが、アメリカ自身の受けた被害も相当だったために、アメリカは最後に実験的に原爆の使用に踏み切ったのではないか?これら非人道的な戦争犯罪(日本軍の行った大虐殺、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃、アメリカの行った原爆投下や無差別爆撃等)が東京裁判できちんと裁かれていればもっと今の世の中は変わっていただろう。戦後十分に裁かれないで、また戦争の深い反省もなく来たものだから、旧軍関係者がそのまま自衛隊や大学・製薬会社などに滑り込み、実権を握り、戦後も軍国主義思想が根強く残り、軍隊の復活、人命・環境軽視の医療、経済がそのまま進み、9条の形骸化、水俣病をはじめとする公害が多発、医療事故などが起こっている。そして戦争や原爆への批判が不十分だから、アメリカに取り込まれ、原発推進に走り、3,11が起こっても方針を変えられない。いや、日本は生物、化学兵器や核兵器を秘かに開発・研究している。今の社会は一見華やかに見えるが、秘密保護法が施行され、ますます国家機密の名のもとに秘密主義が蔓延し、思想・信条の自由は制限され、戦中のように報道規制が強くしかれ、政治・軍事・医療・教育・食料・建築・農業・・・で様々なゆがみが出て、生きずらい社会になっている。


・731部隊は天皇の勅令で巨費をかけて作られ、人体実験、細菌兵器の開発をし、実際に細菌戦を行った!!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)
 

・住民は、アメリカ兵を虐殺した!それを見逃す警察、軍隊。当時の日本の状況がよくわかる。捕虜に対する国際法は全く無視されていた!生体解剖は、軍、大学がグルになってやった?個人の意思ではない?陸軍病院、大学病院、精神病院でもいろいろな人体実験がなされていたのでは?九大、京大、東大、慶大等は戦中の資料をきちんと公開せよ!!
九州大学生体解剖事件を語る



中国の陸軍病院でも生きた人間を使った「生体手術演習」が行われていた。戦時中の日本の病院ではどうだったのだろうか?
消せない記憶「元軍医たちの謝罪の旅」



アトピーなどいろいろな子供の病気は食べ物や環境に大きく影響される。添加物屋の存在?石油メジャーに支配されている食品業界!!農業も同じ!!
食品の裏側「安部司講演会」DVDの一部紹介



今の医療は根本的に病気を治さない!!対症療法!!
内海聡の新説異説!「医学不要論」謎学WONDER⑤DVDダイジェスト





●南京大虐殺
・証言
1937年の12月に、日本軍が南京を占領してから、家中で難を逃れて沙洲圩の青石○まで行きました。ある日私は日本兵3人と出くわし、鶏と卵を要求されました。日本軍が何と言っているのか分からなかったので、彼らは私を地べたに押さえつけてひざまずかせ、刀で斬ろうとしましたが、その時お婆さんが1人卵を1篭持って出て来て、日本軍がみんな卵をひったくるのに忙しくなったので、その隙に私は駆け出しました。日本兵が私の駆けて行くのを見て、私に向かって機関銃を撃ちましたが、私には当たらず、私は一気に何里もの道を走りました。家に帰ってから兄に今遭ったことを話して、外へ出ないように言ったのですが、兄は聞きませんでした。明くる日いつものように出かけたところ、不幸にも日本軍に出くわし、兄と他の農民とがみんなで7人捕まって行き殺害されてしまいましたが、兄は死んだ時年わずか30歳でした。(肖中煌が記録)


南京大虐殺 世界記憶遺産登録で世界の教科書に掲載可能性も

南京攻略戦に参加した日本兵の息子 「父に代わって謝罪」

“南京大虐殺”の国家追悼日、中国が歴史問題でアピール強める

南京事件の追悼式典 李建国氏、中国側の主張あらためて繰り返す

南京事件の国家追悼日で式典、南京大虐殺記念館に半旗―中国


昭和天皇・皇族はすべてを知っていた!!

ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台がこの時期に築かれた。・・・・・
1929年には、枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約(1929年調印の「捕虜の処遇に関する条約」)の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎて実行できないという。陸海軍大臣と外務大臣の主張を容れたのである。・・・p171
・・・・・・・・




●日本や中国各地に毒ガスが遺棄されている!!生活に支障をきたさないのか?
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗

一本土決戦に備える毒ガス部隊一
昭和18年5月には、大川中佐を中心に士官2名、下士官6名を陸軍習志野学校(毒ガス戦将校養成の秘密学校)に派遣、後に彼らが、教官、教員にあたった。 この年は相模寒川本廠が完成、毒ガスの大規模生産が始まった年でもある。昭和20年6月館山砲術学校と横須賀海軍砲術学校が併合し、化兵戦の研究・教 は横須賀砲術学校の所管となった。養成要員は士官250名、要員450名であった。



自衛隊は防護のためと称して昭和20年代後半から毒ガスの研究をし、1964年にはサリンを合成し、VXガス、タブンも作った。最新の無能力化ガスBZは1973年に成功している。1970年日本政府ジュネーブ議定書締約、1993年化学兵器禁止条約日本署名、1994年6月松本サリン事件、1995年3月地下鉄サリン事件発生、自衛隊とオウムの関係は?
2013年度の「核・生物・化学兵器対処関連事業」費71億8200万円。何に使っているのだろうか?
2013年5月31日号「週間金曜日」より
自衛隊は政府自民党をも欺いたのか?
1969年当時、「この種の兵器使用の可能性をなくすため、進んで開発及び製造を禁止し、すでに貯蔵されているものをも破棄しなければならない」と国会答弁した佐藤栄作首相。(70年2月、国会での施政方針演説。)

それとも、自民党も毒ガスの製造、貯蔵のことを知っていたが、嘘を言って国民をだましているのか?







●中国残留孤児問題!!(中国残留孤児の書いた奇跡の書「この生あるは」)

映画化したら、過酷な運命・そして中国人の人間愛がよくわかる!!
敗戦時3歳、この中国残留孤児の過酷な運命に対して、国はきちんと補償したのだろうか?
この本の中に、米軍が1950年代の朝鮮戦争時、北朝鮮に行った細菌戦に神経を尖らせている中国の一般民衆の生活や反核運動の様子が描かれている。
中国の恩に報いたいー半生記を出版した残留孤児 中島幼八さん

2016年1月18日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)
残留孤児の一冊<本澤二郎の「日本の風景」(2238)
<「この生あるは」(中島幼八著)>
中国・新華社通信の友人に紹介された残留孤児・中島幼八さんの記録「この生あるは」(幼学堂)の日本語版を読んだ。その悲しい運命から、気が重くなる厳しい内容ゆえに、同じ時代を日本で生きてきた者には、とても興味を引く本である。人間は一人では生きられない、そのことを痛切に教えてくれる人間性のあふれる内容である。同時に「2度と侵略や戦争を起こしてはならない」ということを、日本の為政者に訴えている。全国の図書館に置いて、多くの国民が読むべきである。

<克明な記録に圧倒>
残留孤児という名前は承知しているが、その悲劇の主人公がどう生きてきたのか、まったく知らない日本人ばかりであるが、その疑問に「この生あるは」は、一つの回答を与えている。
いえることは、中島さんは実に幸運な中国生活を過ごしてきたことが理解できる。克明な記録に圧倒される。幼少の記録を多くの人間にとって記憶にないかわずかだ。異常な運命が、それを克服したものであろうか。
70年前の人々が、現代に生き生きと蘇っている。



発売元 亜東書店 03-3835-7091 
中国語版 北京三聯書店「何有此生」






●731問題
・「医の倫理」を追及する動きと日本医師会の対応
『No More 731日本軍細菌戦部隊』(文理閣:15年戦争と日本の医学医療研究会編)


あとがき(より)
本書で問いただされたように、 3000人以上の中国人などが 「マルタ」と呼ばれ、死に至らしめられた「人体実験」「生体解剖」等が行われた731部隊には、当時の大学医学部などの医学者・医師たちや4年に1回開催される日本医学会も加担した。また、戦後、米国の「実験結果の隠蔽」「免責取引」により、731部隊に関与した医学者・医師たちの多くは罰せられることなく、医学界・医療界の要職などに就いた。
戦後、日本医師会の幹部は公職追放され、日本医師会は新生した。日本医学会は日本医師会の傘下として、日本の主要な医学会が加盟する日本の医学界を代表する組織となった。
日本医師会は、世界医師会理事会の「第二次世界大戦における残虐行為を非難する声明文」の求めに応えて1949年3月30日に開催された日本医師会の年次代議員会において、「日本の医師を代表する日本医師会は、この機会に、戦時中に敵国人に対して加えられた残虐行為を公然と非難し、また断言され、そして時として生じたことが周知とされる患者の残虐行為を糾弾するものである」 という会長の声明文を満場一致で決議・採択した。
日本医師会はこれを提出し(1951年5月 22日加盟各国医師会に回覧された世界医師会文書36.18/51抜粋)、世界医師会への加盟が認められた。それにもかかわらず、日本医師会は、自らがかつての戦争に加担したことや、日本の医学者・医師により行われた人道に反する残虐な「人体実験」「生体解剖」等(以下、「過去」)に真摯に向き合うことなく、医学界・医療界ではむしろタブー扱いされてきた。
ドイツでは80年代末にベルリン医師会が、「ナチズムの中で医師層がはたした役割と犠牲者の苦しみを思い起こし、医師組織を結成する彼ら自身の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題に」した公式の反省を表明し、ドイツ連邦医師会の協力を得て、『人間の価値-1918年から45年までのドイツの医学』 を刊行(1989年)した。
日本の医学・医療の分野でのドイツのような動きが皆無という状況の下で、大阪府保険医協会理事会は、わが国の医師団体として初めて、1995年8月10日、「戦後50年にあたり、侵略戦争の反省と反戦・平和への開業医の決意」を、12月17日には全国保険医団体連合会(以下、保団連)が「戦後50年にあたり、反戦・平和への日本の医師としての決意」を決議した。保団連は2005年には国際シンポジウム 「医師、医学者の戦争責任を考える一関東軍731部隊をめぐって」 を開催した。
2000年には、私たちが「15年戦争と日本の医学医療研究会」(以下、戦医研)を創立した。
「医学界・医療界の戦争責任を自らの問題として明らかにし、日本の医学医療にたずさわるものの良心を発揮しよう」と、15年戦争を軸にして史実を具体的に明らかにし、教訓を得る協同研究が始められた。年2∼3回の研究例会の他に「研究成果の公表」の独自の場としての会誌も同年秋から年2回のペースで発行され、2002年日中医学大会での戦医研の活動の紹介報告を機に2004年からは 「戦争と医学」 訪中調査団の派遣が始まった。
2006年には、「戦医研」の呼びかけに応じて、大阪府保険医協会、大阪民主医療機関連合会、現代医療を考える会(以下、考える会)などの参加する、第27回日本医学会総会―「戦争と医学」展実行委員会(以下、実行委員会) が設立された。実行委員会は日本医師会に対して「過去」に真摯に向き合うよう要請を行った。この要請にもかかわらず、残念ながら2007年4月の第27回医学会総会は「過去」に向き合う公式の企画を行わなかった。
実行委員会は、第27回医学会総会開催中の大阪市において、独自に「戦争と医学」展と国際シンポジウムを開催した。
その後、実行委員会は、保団連、全日本民主医療機関連合会、戦医研、考える会や有志が参加する 「戦争と医の倫理」 の検証を進める会 (以下、進める会)に発展した (2009年)。この会は全国の心ある医学者。医師・医療従事者と関係する諸団体などが「過去」 に向き合う恒常的な活動を行うもので、わが国では初めての全国的な組織であった。しかし、2011年4月の第28回医学会総会も「進める会」の要請にもかかわらず、「過去に向き合う」自らの企画を行わなかった。
「進める会」は、「戦争と医学」を検証する展示と ドイッからパネリス トの参加も得て全国の医学者・医師や市民と共に考え討論する国際シンポジゥムを独自に企画し、2012年11月17日に京都大学百周年時計台記念館大ホールにて開催した。
この間、日本医学会は、「代議員会の決議がない」「加盟を認めた各学会から上がってきたテーマを調整するのが主目的であり、それ以外のテーマは原則扱わない」「企画内容が総会参加者の関心を呼び、多数の入場者が見込まれるかどうかが重要」などという理由で、戦争加担の過去に真摯に向き合う責任を放棄してきた。各学会や全国の大学医学部、医科大学は、「進める会」から展示パネル冊子や質問紙調査票が送られるなど、自らの「過去]に向き合う機会が数々あったにもかかわらず、残念ながら検証にすら着手しないで現在に至ってぃる。
2015年4月、第29回日本医学会総会は、石井四郎731部隊長や多くの部隊員を送り出した京都大学が中心になって、四半世紀ぶりに開催されることになった。 京都大学の総長、 医学部長であった・・・・会頭の名で開催された第29回医学会総会は、戦後70年の節目でもあることから、日本医学会が真摯に「過去」に向き合うまたとない機会であった。「進める会」の要請に応えて、2013年末には第29回医学会総会の・・・・会頭、・・・・組織委員会事務局長、・・・・展示委員会副委員長(京都大学教授)、・・・・京都大学総合博物館館長(京都大学教授)との公式の懇談も実現した。
2014年1月12日には、この「日本医学会総会2015関西」にむけて、「医の倫理―過去・現在・未来―企画実行委員会(略称:「医の倫理」実行委員会代表・京都府保険医協会・・・・理事長)が設立された。
その直後の2月11日に行われた京都大学基礎医学記念講堂の完成記念式典において、731部隊への同医学部の関与を示す資料が展示されたことは、戦争へ加担したという負の遺産を京都大学医学部として初めて明らかにした点で注目に値する兆しであった。しかし、しばらくして同展示は撤去され、その理由は明らかにされなかった。
「第29回日本医学会総会2015関西」も、「過去」に真摯に向き合う企画を行わなかった。
「医の倫理」 実行委員会は、この医学会総会に並行して4月12日、「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」と題する映像・講演・対談・シンポジゥムを京都市の知恩院で開催した。会場溢れる来場者の真摯な熱意によって、「戦争と医の倫理」の検証がさらに進められた。・・・・



終戦50周年731部隊1


終戦50周年731部隊2



731部隊→ABCC(被爆者は治療もされずに、原爆の影響を調べられた。・・・731部隊員の協力)→放影研→重松逸造・・チェルノブイリ原発事故について・・・汚染地帯の住民には放射能による健康影響は認められない。→福島原発事故・・原子力を進めてきた人たちは、福島で今、甲状腺がんが多発しているけれども、それは被曝との因果関係はないと主張している。







朝枝繁春の証言


なぜ、日本政府は、731部隊の生体実験、細菌戦を認め、謝罪しないのか?
731部隊のドキュメンタリー 




アメリカは、将来の戦争で毒ガスや細菌兵器を有効な手段として使うかもしれないということで、東京裁判では、毒ガス・細菌戦などは追及しなかった!!
毒ガス戦はなぜさばかれなかったのか?

※しかし、これは、アメリカにとって「後日、深刻な問題をもたらす」ことになるのではないか?
・但是,如果这是不是成为“在以后的日子,造成了严重的问题”的事情对美国?
・그러나 이것은 미국에게 "나중에 심각한 문제를 초래"하게되는 것은 아닐까?
・However, if this is not to become "at a later date, resulting in a serious problem" thing for the United States?
・Однако, если это не становится "на более поздний срок, в результате чего серьезные проблемы" вещь для Соединенных Штатов?
・Jednakże, jeśli nie jest to, aby stać się "w późniejszym terminie, w wyniku poważnych problemów" rzecz dla Stanów Zjednoczonych?
・Wenn dies jedoch nicht, sich "zu einem späteren Zeitpunkt, was zu einem ernsten Problem", was für die Vereinigten Staaten?
・Toutefois, si cela ne veut pas devenir ≪à une date ultérieure, résultant en un problème grave" chose pour les États-Unis?

アメリカは、ハルピンの731部隊に於ける人体実験、生体解剖、奉天の捕虜収容所における731部隊員による米兵らに対する人体実験、また、化学戦部隊516、526部隊等と組んで行った悲惨極まりない毒ガスの人体実験を、東京裁判で裁くことなく見逃してしまったからだ!!
ドイツのニュルンベルクの裁判では、人体実験に加担した医学者が厳しく裁かれた。ところが、東京では、戦犯免責だ!!このダブルスタンダード!!


「結局、ワシントンは「国家の安全」を理由に731部隊の免責を是認した。免責付与是非を論じる米軍高官の覚書の中にはこんな一文がある。

彼(石井)らの人体実験は、本政府が目下ニュルンベルクで、ドイツの科学者および医学者をそれゆえに訴追している人体実験とはそう違わないものである」


(『731免責の系譜』太田昌克著より)



・日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

聞け、この沈黙の慟哭を
平房の涙、地底の叫びを
見よ、この虐げられた大地を
名も知れぬ鳥たちが番人のように私を見下ろしている
記憶は人間の地底を永劫に流れ続ける
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡―仏メディア


混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
青年の美しい恋


だから、近江属が、その写真を見て、彼女だと気付かぬはずはない。
「はい、今戸さんの写真でありますが、・・・・」
「何!が、とはなんだ?貴様、女からもらったのだろうが」
「いいえ、拾ったのです」
浜中の答えに、私は人ごとながらひやりとした。投げやりとも思える浜中の態度には、明らかに反抗的な雰囲気があったから、それが近江属の癇に障らぬはずはなかった。
「ひろったァ?嘘をつけ!女の写真なんか眺めてにやにやしやァがって。・・・それで貴様満足な勤務ができると思ってるのか!ん?」
近江属の右手が今にも飛びそうに後方にひかれている。やられるな、と私は思った。しかし、それを察した浜中の方が機先を制するように、自分で眼鏡をはずし、
「近江属殿は、自分の言うことが信じられないのでありますか?自分は確かに拾ったのです。嘘だと思われるなら、なんとでも気の済むようにしてください」
「きさまァ!」
と、怒鳴りながらも、近江属はとうとう手を出しかねて、しばらくじっと浜中を見つめたままだった。浜中の顔は、青白い稲妻が走ったようにぴりぴりと緊張に震えている。


(参考)
イレッサ訴訟
子宮頸がんワクチンの危険性 - Thinker
子宮頸がんワクチン接種、通学できぬ少女 推奨中断2年
ワクチンについて シェリー・テンペニー博士


厚生省・国民健康保険について(消えた細菌戦部隊より:常石敬一著より)
医務局長としての小泉の実績は、確かに先の、「意欲・鋭さ・執拗さ」という言葉に見合ったものとなっている。すなわち今日の厚生省及び国民健康保険法を作ったのが小泉であった。
※小泉親彦(ちかひこ)・・・陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監、陸軍医務局長、厚生大臣を歴任、毒ガス戦、細菌戦を積極的に推し進めた人物
1945年9月、自決。

・・・・・・
健兵対策の一環として厚生省は設立されたのだった。こうした設立の経緯が、今日の厚生省の弱者に冷たく、福祉行政に消極的な理由となっているのかもしれない。



真実を知ろう!!(権力側が流す情報にだまされるな!!)
黒い太陽№4


ガン治療のウラ 5/8


船瀬俊介と内海聡の「ここだけの話」2014.04.29@板橋







医学革命!
軍陣医学(戦場医学)から「活人医学」へ
「悪魔の飽食」から「小食へ」(体質改善への道)
医師 甲田光雄6/6 ラジオ深夜便










●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(下)より
第12章
大元帥の試練

近衛について見ると、東条への大命降下に先立ち政権から降りた近衛は、英米との戦争に反対の立場をとっていた(もちろん、公にそのように言ってはいないが)。いまや、ほぼ3年が経過し、東条の辞任は近衛とその周辺の人々、つまり日本社会のあらゆる重要な領域でもっとも強力な利害を代表する人々に、政治舞台への復帰をもたらした。近衛は、皇位の神秘性に惑わされることなく、日本の軍事的な窮地に対する現実的な洞察力を持っていた。近衛は宮中グループや皇族に影響力を行使することで、希望のない戦争を終わらせるため、積極的な役割を果たそうとしていた。

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた


ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

第二章

(その4)
天皇に奉げられた命


正午、皇居前の、そして、全国の都市の広場の拡声器は、天皇の声を伝え始めた。

我は、日本の自己防衛と東アジアの安定を真摯に願い、アメリカと英国に対し、宣戦布告した。他国の主権を侵害し、領土の拡大を計ろうとするのは、いずれも、我の考えから遥かに遠いものであった。しかし、今や、この戦争はすでに四年近くにおよんでいる。あらゆる人々の最善の努力にも拘わらず・・・、戦況は必ずしも日本有利には展開せず、他方、世界の動向はことごとく、我国の国益に対するものに至った。さらには、敵国は新型で、もっとも残酷な爆弾を使用し始め、その破壊力は実に計り難い・・・。このまま戦いを継続し・・・、破局的終末と日本国の消滅をもたらすべきであるのか・・・。もしそうであるなら、いかにして、我が数百万〔ママ〕の国民を救い、我が代々天皇家系の精神を掲げうるか。これこそ、なぜ我が、連合軍の共同宣言を受諾するよう命じたか、その理由である・・・。
我国全体が一つの家族として、代々にわたり、すべての力を統合し、将来に向けた建設に献身しよう・・・。天皇国家の天賦の栄光を高め、世界の発展と共にあるよう、決意をもってのぞもう。



全文は「ノブのノート」で!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-25 09:24:02 | Weblog

※Internet Explorer よりグーグルクローム(Google Chrome)で見るとスムーズに画面が動きます。

●731部隊(1)
●731部隊(2)
●731部隊(3)
●731部隊(4)
●陸軍軍医学校50周年記念行事について
●南京大虐殺
●昭和天皇
●教科書問題
●陸軍登戸研究所
●日航123便の怪
●日本とドイツの違い
●原発・水俣病にみる学会の原因隠蔽の構図!!
●あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?
●731部隊展

●横浜「戦争と加害」のパネル展


細菌戦(「戦争と加害」のパネル展in横浜)

毒ガス(「戦争と加害」のパネル展in横浜


参観者の感想
・今の学校教育ではほとんど取り上げられない問題について、詳しく学ぶ機会が今までなかったので、今回拝見することができて勉強になりました。被害の面ばかりに目がいきがちですが、加害についても正しく知らなければならないと思っております。
20代女性



●戦争が起きたら、必ず原発が狙われ、地球は汚染される!!脱原発!!
戦争の足音が聞こえる!!
三権分立などしていない日本の現状!!
高浜1、2号機、新基準に適合 老朽原発が相次ぎ延命も

大飯高浜原発の差し止め却下


福島原発事故 東電がメルトダウン判断遅れを謝罪

制服組自衛官が権限大幅移譲要求 防衛省、背広組は拒否

国産初のステルス戦闘機開発に向け、試作機の滑走試験

武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か

・日本医学界は、なぜ731のことに謝罪しない?なぜ脱原発の声明を出さないのだ!!
・国策:原発推進反対!!

小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:多くの国民にこんなことが起きてるということに気づいてほしい


小出裕章先生:一刻も早く原子力の夢からさめて…



●彼らは本気だ。安倍晋三首相は、夏の参院選で改憲勢力による「3分の2」の議席を目指すという。どうしたらいい?
彼らと真逆の憲法は作れないか?
・憲法9条を守る!!・外交を強化する・自衛隊は災害救助隊に・象徴天皇制を廃止して、大統領制にする
・脱原発 ・靖国神社を廃止して、戦争懺悔慰霊碑の建立
・日米安保条約見直し・国連改革


・憲法9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


08
想像してごらん、
ひとりひとりの安全を
大事にする世界を。

Imagine,
A world that values the safety of
each and every human

试想一下,
一个重视安全的世界
每个人。

Представьте,
Мир, который ценит безопасность
каждый человек.



IMAGINE9 (『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博 2007年12月1日発行、合同出版)
解説
08 
ひとりひとりの安全を大事にする世界
これまで多くの人びとは、平和とは「国を守ること」と考え、国を守るためという目的で大きな軍隊がつくられ、国の中での争いが放置されてきました。しかし近年では、「国家の安全」だけではなく「人間の安全」という考え方を大切にしようということが、世界的に言われ始めました。
緒方貞子・元国連難民高等弁務官などが中心となつた国際専門家委員会が、2003年に「いまこそ″人間の安全保障″を」という報告書を発表し、国連に提出しました。そこには、「国どうしが国境を越えて相互依存を深めていく中、国家ではなく人びとを中心とした安全保障の考え方がいまこそ必要である」ということが述べられています。
武力紛争下の人びと、国境を越えて移動する移住労働者たち、国内外に逃れる難民たち、極度の貧困、HIV(エイズ)などの感染症との戦い、女性の性と生殖に関する健康といつた問題は、「国家の安全」だけを考えていたら見落とされてしまいがちな、しかし深刻な「人間の安全」に関わる問題です。

2005年の国連世界サミッ トでは、「人間の安全保障」という言葉が初めて最終文書に盛り込まれました。じつは、これを推進したのは日本政府でした。「人間の安全保障」という考え方は、「武力によらずに平和をつくる」という憲法9条の考え方と通じ合うものがあります。私たちは、こうした考え方をもっと世界のなかで広めていく必要があるでしょう。
また、地球上の人びとの生命と権利を守る責任は国際社会全体にあるのだ、 という考え方も広がりつつあります。たとえば、国のなかで紛争状態や人権侵害があるときに、その国の政府が「これは国の内部の問題だから外国は口出しするな」などということは、もはや許されないのです。国と国が戦争をしていないからといって、それは平和を意味しません。人びとの生命や権利が脅かされているかぎり、それは平和ではないのです。

日本国憲法には、9条と並んで、もう一つ重要な部分があります。それは前文の次の言葉です。
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」

世界には、戦争に行くことは正しいことではないと考えて、兵隊に行くのを拒む人びともいます。これを「良心的兵役拒否」の権利と呼びますが、この権利を国際的に保障しようという動きも活発化しています。
平和は、国から市民へ降りてくるものではなく、市民が国を動かし、国際社会を動かしてつくり上げていくものなのです。


防衛相 豪外相に潜水艦開発でアピール
ぐんじ と ひんこん アベちゃんのもくろみ…(´ε`;)
武器輸出三原則
今の現状防衛装備移転三原則

●ご案内


残留孤児:中島幼八さんのお話


731日本軍細菌戦部隊などの戦争遺跡を巡る旅【5月3日(火)~5月7日(土)】

お問い合わせ・申込先 国際ツーリストビューロー                              
TEL 078-351―2110
FAX 078―351-2140
メール ktb@silver.ocn.ne.jp

・締切  3月17日(木)

●ニュース
甘利氏側の接触後、UR補償増額 建設会社担当者が証言

(社説)民・維合流へ―「反安倍」超える価値を




【お知らせ】と「第163回小出裕章ジャーナル」

「育鵬社」の教科書不正問題について。- 2016.02.23


今井絵理子氏の出馬の「不安材料」について。- 2016.02.20


マニラ市街戦、東京大空襲 


フィリピンの元慰安婦、天皇陛下に公式な謝罪を要求へ





●昭和天皇の戦争責任を考えると、「君が代は、千代に八千代にさざれ石の・・・」とは歌えない!!
入学式、卒業式では、強制的に起立させられ、公務員が拒否すると、罰せられるという異常な時代!!
重苦しい!!

・満州国は全くの日本の傀儡国家だった!!満州を治めていたのは昭和天皇であった!!
(満州国の頂点)


・731の頂点も昭和天皇であった!!【内藤良一(731部隊員)のメモ】





●防衛省、外務省は積極的に国民に情報開示し、戦争を防止する義務がある!!


秘密保護法撤廃!!
731の情報を取得する行為も罰せられる?戦争の反省は全くしない?
自衛の名のもとに、戦後も生物戦・核戦争の研究は秘かに行われている?
アメリカの圧力を受けて「機密」が増大し、軍事費が膨らんでいる!!

戦後も自衛隊はアメリカから情報を入手し、サリンやVXガスなどの毒ガス製造をしている??
化学兵器禁止条約があるにもかかわらず!!

防衛庁は、地下鉄サリン事件の発生すること事前に知っていた??オウムは自衛隊から情報入手??
地下鉄サリン事件





「国家政策の中で国防機関の発言力が強化され、軍事的観点が占める比重が高まるに伴い、軍事機密は外交、治安、経済など国政のあらゆる分野をおおい尽くすにいたる。この過程に照応して国民は政治の意思決定過程から排除されていく。参政権は骨抜きにされ、知る権利と表現の自由が抑圧される。国会は国権の最低機関に転落する。これこそ軍国主義の発生と成長の一般的法則なのである。最後に来るのは戦争である。
戦争を始めるかどうかの決定に、もはや国民はまったく参加することができない。戦争準備は極秘裏に進められ、ある日突如として戦争の火蓋が切られる。国民はただ肉弾として運命を甘受する他なかったのが、かつての軍国主義日本であった。いや、政府や参謀本部の決定さえ無しに、関東軍が勝手に戦争をおっぱじめ、その「既成事実」を否応なく追認させられつつ、破壊的な侵略戦争にエスカレートしていったのであった。アメリカのベトナム戦争もまた、そうであった。」(『日本の国家機密』藤井治夫著より)

※柳条湖事件も、初めから作戦の一環で、昭和天皇も知っていた。決して軍の独走ではない。



●今の情報を公開しない姿勢は、戦前からずっと続いている!!
秘密保護法施行・・・何を政府はたくらんでいる?
防衛の名のもとに、軍事力は増強されている!!

特定秘密保護法はジャーナリズムに何をもたらすか(ラジオフォーラム#158)

ちょっと古いが、参考になる本なので紹介します。1972(昭和47)年10月9日初版藤井治夫著『日本の国家機密』より


第一章 国家機密と軍国主義
3 「機密」概念の曖昧性
軍国主義のバロメータ
アメリカの秘密区分 (classification)は、1953年のアイゼンハワー行政命令によって、公式には3段階(前述)と定められたが、実際にはそれだけにとどまらない。たとえば最高の「トップ・シークレット」の一段上のものとしてTOP SECRET-SENSITIVEというのがある。これは、もし公表されたら外交交渉その他進行中の微妙な工作に影響を及ぼすおそれがあるものに付けられる。ほかにEYES ONLY という標記もあり、これは国内回覧用のメッセージに付され、宛名の人物だけが見る。このように、政府の秘密は拡大してとどまることを知らない。日本の場合も、別掲 「資本主義諸国軍隊の秘密区分」中、台湾の項にある用語なを取り入れて、「機密」のうえに「極機密」「殊特機密」の区分を設定することになるかもしれないだろう。


南京大虐殺があったことは国民に知らせず、陥落を喜ぶニュース映像!
南京陥落 東京の風景


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から辺野古まで!!

2016-02-25 09:22:48 | Weblog

●現在の日本
日本政府・天皇家は戦争犯罪をきちんと認めないから今の日本がある。今の日本はまた、八紘一宇の世界を目指しているのではないか?
平頂山、731・南京・毒ガス・細菌戦・・・等の戦争犯罪、日本の戦争犯罪はアジア全般にわたったが、特に中国では、731部隊などの石井機関で生体実験が行われ、細菌戦も実施された。また、毒ガスを多用し、残虐な殺害もした。アメリカは、中国からの情報を得て、それらを察知し、日本に非人道的な行為を止めるよう再三警告していた。それにより、日本軍の細菌戦と毒ガス戦の頻度は減ったが、アメリカ自身の受けた被害も相当だったために、アメリカは最後に実験的に原爆の使用に踏み切ったのではないか?これら非人道的な戦争犯罪(日本軍の行った大虐殺、細菌戦、毒ガス戦、無差別爆撃、アメリカの行った原爆投下や無差別爆撃等)が東京裁判できちんと裁かれていればもっと今の世の中は変わっていただろう。戦後十分に裁かれないで、また戦争の深い反省もなく来たものだから、旧軍関係者がそのまま自衛隊や大学・製薬会社などに滑り込み、実権を握り、戦後も軍国主義思想が根強く残り、軍隊の復活、人命・環境軽視の医療、経済がそのまま進み、9条の形骸化、水俣病をはじめとする公害が多発、医療事故などが起こっている。そして戦争や原爆への批判が不十分だから、アメリカに取り込まれ、原発推進に走り、3,11が起こっても方針を変えられない。いや、日本は生物、化学兵器や核兵器を秘かに開発・研究している。今の社会は一見華やかに見えるが、秘密保護法が施行され、ますます国家機密の名のもとに秘密主義が蔓延し、思想・信条の自由は制限され、戦中のように報道規制が強くしかれ、政治・軍事・医療・教育・食料・建築・農業・・・で様々なゆがみが出て、生きずらい社会になっている。


・731部隊は天皇の勅令で巨費をかけて作られ、人体実験、細菌兵器の開発をし、実際に細菌戦を行った!!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)
 

・住民は、アメリカ兵を虐殺した!それを見逃す警察、軍隊。当時の日本の状況がよくわかる。捕虜に対する国際法は全く無視されていた!生体解剖は、軍、大学がグルになってやった?個人の意思ではない?陸軍病院、大学病院、精神病院でもいろいろな人体実験がなされていたのでは?九大、京大、東大、慶大等は戦中の資料をきちんと公開せよ!!
九州大学生体解剖事件を語る



中国の陸軍病院でも生きた人間を使った「生体手術演習」が行われていた。戦時中の日本の病院ではどうだったのだろうか?
消せない記憶「元軍医たちの謝罪の旅」



アトピーなどいろいろな子供の病気は食べ物や環境に大きく影響される。添加物屋の存在?石油メジャーに支配されている食品業界!!農業も同じ!!
食品の裏側「安部司講演会」DVDの一部紹介



今の医療は根本的に病気を治さない!!対症療法!!
内海聡の新説異説!「医学不要論」謎学WONDER⑤DVDダイジェスト





●南京大虐殺
・証言
1937年の12月13日に、日本兵が南京に入って来てから、私は新炭場の江辺で、長江に日本の軍艦が5隻いて岸辺に近づいてくるのをこの眼で見ました。その時日本軍は軍艦の上から機関銃で長江の面を掃射し、長江で死人が数知れず、水が一面に紅に染まってしまいました。1938年の1月に、私は村の他の人たちと避難しに王家窪まで来ました。私たちはある種の赤い草で小屋を組み立て、みんなでその大きなバラックに住まいました。そのバラックの中に隠し部屋も組み立て、日本軍が来るなり、婦女たちは隠し部屋の中に隠れました。ある日日本兵が3人来たので、婦女たちはみんな小屋の隠し部屋の中に別々に隠れたのです。日本軍は銃剣で小屋の中を至る所やたら突っつき、隠し部屋の中に1人婦女がいるのを見付け、その日本兵3人はその場でその婦女に輪姦したのですが、終わってからその婦女を刺し殺しました。(陳平穏が口述により整理)


南京大虐殺 世界記憶遺産登録で世界の教科書に掲載可能性も

南京攻略戦に参加した日本兵の息子 「父に代わって謝罪」

“南京大虐殺”の国家追悼日、中国が歴史問題でアピール強める

南京事件の追悼式典 李建国氏、中国側の主張あらためて繰り返す

南京事件の国家追悼日で式典、南京大虐殺記念館に半旗―中国


昭和天皇・皇族はすべてを知っていた!!

ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(上)より

第3部 陛下の戦争(1931年~1945年)
第9章 聖戦

日本軍が将来犯すことになる戦時虐殺の土台がこの時期に築かれた。・・・・・
1929年には、枢密院が軍の要求に応えて、ジュネーブ捕虜条約(1929年調印の「捕虜の処遇に関する条約」)の批准を保留した。枢密顧問官は、天皇の兵士は捕虜になる事を許されない以上、捕虜の処遇に関する条項は寛大すぎて実行できないという。陸海軍大臣と外務大臣の主張を容れたのである。・・・p171
・・・・・・・・





●日本や中国各地に毒ガスが遺棄されている!!生活に支障をきたさないのか?
相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗

一本土決戦に備える毒ガス部隊一
敗戦直前、湘南海岸に毒ガス兵器を装備した海軍砲術学校とその部隊は幻だったのであろうか。そして毒ガスはこれだけだったのだろうか?
昭和20年4月1日、海軍大臣内令第278号海軍省内に海軍化兵戦部発足(高田利雄少将)主に相模海軍工廠北里又郎中佐、館山砲術学校大川秀四郎少佐を中心に化兵戦実施部隊の編成・整備にあたるとした。敗戦前に毒ガス部隊が突如計画されたものではなく、昭和18年館山海軍砲術学校(睦戦及び陸上対空担当の術科学校)に化兵戦の研究・教育が行われていた。



自衛隊は防護のためと称して昭和20年代後半から毒ガスの研究をし、1964年にはサリンを合成し、VXガス、タブンも作った。最新の無能力化ガスBZは1973年に成功している。1970年日本政府ジュネーブ議定書締約、1993年化学兵器禁止条約日本署名、1994年6月松本サリン事件、1995年3月地下鉄サリン事件発生、自衛隊とオウムの関係は?
2013年度の「核・生物・化学兵器対処関連事業」費71億8200万円。何に使っているのだろうか?
2013年5月24日号「週間金曜日」より
毒ガス第2世代
第1次世界大戦(1914~18年)は「世界初の毒ガス戦争」とも言われる。・・・・
こうして1918年に終結した第1次世界大戦の中では、市民も含めて100万人以上が毒ガスを浴び、その1割に当たる約10万人が死亡したとされる。
その後も毒ガスの研究・開発は進み、第2次世界大戦(1939~45年)の前あるいは大戦中にナチス・ドイツが相次いで開発した毒ガスが「第2世代の毒ガス」と呼ばれるものだ。殺虫剤研究の中で1936年発見された「タブン」、そのタブンの2倍の毒性を持つと言われる「サリン」(1938年)、極秘に開発され第2次大戦終了後まで知られることはなかった「ソマン」(1944年)などである。










●中国残留孤児問題!!(中国残留孤児の書いた奇跡の書「この生あるは」)

映画化したら、過酷な運命・そして中国人の人間愛がよくわかる!!
敗戦時3歳、この中国残留孤児の過酷な運命に対して、国はきちんと補償したのだろうか?
この本の中に、米軍が1950年代の朝鮮戦争時、北朝鮮に行った細菌戦に神経を尖らせている中国の一般民衆の生活や反核運動の様子が描かれている。
中国の恩に報いたいー半生記を出版した残留孤児 中島幼八さん

2016年1月18日記(武漢大学客員教授・日本記者クラブ会員)
残留孤児の一冊<本澤二郎の「日本の風景」(2238)
<「この生あるは」(中島幼八著)>
中国・新華社通信の友人に紹介された残留孤児・中島幼八さんの記録「この生あるは」(幼学堂)の日本語版を読んだ。その悲しい運命から、気が重くなる厳しい内容ゆえに、同じ時代を日本で生きてきた者には、とても興味を引く本である。人間は一人では生きられない、そのことを痛切に教えてくれる人間性のあふれる内容である。同時に「2度と侵略や戦争を起こしてはならない」ということを、日本の為政者に訴えている。全国の図書館に置いて、多くの国民が読むべきである。

<戦争を知らない世代の必読本>
日本の歴史教育は、特に近現代史のそれはあまりにも問題がありすぎる。多くの日本人は、日中戦争や侵略について、ほとんど理解しないまま大人になっている。
このことが、隣人との友好の阻害要因となっている。残留孤児について知らない若者が多いだろう。この中島本を学生に教えるといい。歴史を教える教師の副読本にしたらいい。




発売元 亜東書店 03-3835-7091 
中国語版 北京三聯書店「何有此生」






●731問題
・「医の倫理」を追及する動きと日本医師会の対応
『No More 731日本軍細菌戦部隊』(文理閣:15年戦争と日本の医学医療研究会編)


あとがき(より)
本書で問いただされたように、 3000人以上の中国人などが 「マルタ」と呼ばれ、死に至らしめられた「人体実験」「生体解剖」等が行われた731部隊には、当時の大学医学部などの医学者・医師たちや4年に1回開催される日本医学会も加担した。また、戦後、米国の「実験結果の隠蔽」「免責取引」により、731部隊に関与した医学者・医師たちの多くは罰せられることなく、医学界・医療界の要職などに就いた。
戦後、日本医師会の幹部は公職追放され、日本医師会は新生した。日本医学会は日本医師会の傘下として、日本の主要な医学会が加盟する日本の医学界を代表する組織となった。
日本医師会は、世界医師会理事会の「第二次世界大戦における残虐行為を非難する声明文」の求めに応えて1949年3月30日に開催された日本医師会の年次代議員会において、「日本の医師を代表する日本医師会は、この機会に、戦時中に敵国人に対して加えられた残虐行為を公然と非難し、また断言され、そして時として生じたことが周知とされる患者の残虐行為を糾弾するものである」 という会長の声明文を満場一致で決議・採択した。
日本医師会はこれを提出し(1951年5月 22日加盟各国医師会に回覧された世界医師会文書36.18/51抜粋)、世界医師会への加盟が認められた。それにもかかわらず、日本医師会は、自らがかつての戦争に加担したことや、日本の医学者・医師により行われた人道に反する残虐な「人体実験」「生体解剖」等(以下、「過去」)に真摯に向き合うことなく、医学界・医療界ではむしろタブー扱いされてきた。
ドイツでは80年代末にベルリン医師会が、「ナチズムの中で医師層がはたした役割と犠牲者の苦しみを思い起こし、医師組織を結成する彼ら自身の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題に」した公式の反省を表明し、ドイツ連邦医師会の協力を得て、『人間の価値-1918年から45年までのドイツの医学』 を刊行(1989年)した。
日本の医学・医療の分野でのドイツのような動きが皆無という状況の下で、大阪府保険医協会理事会は、わが国の医師団体として初めて、1995年8月10日、「戦後50年にあたり、侵略戦争の反省と反戦・平和への開業医の決意」を、12月17日には全国保険医団体連合会(以下、保団連)が「戦後50年にあたり、反戦・平和への日本の医師としての決意」を決議した。保団連は2005年には国際シンポジウム 「医師、医学者の戦争責任を考える一関東軍731部隊をめぐって」 を開催した。
2000年には、私たちが「15年戦争と日本の医学医療研究会」(以下、戦医研)を創立した。
「医学界・医療界の戦争責任を自らの問題として明らかにし、日本の医学医療にたずさわるものの良心を発揮しよう」と、15年戦争を軸にして史実を具体的に明らかにし、教訓を得る協同研究が始められた。年2∼3回の研究例会の他に「研究成果の公表」の独自の場としての会誌も同年秋から年2回のペースで発行され、2002年日中医学大会での戦医研の活動の紹介報告を機に2004年からは 「戦争と医学」 訪中調査団の派遣が始まった。
2006年には、「戦医研」の呼びかけに応じて、大阪府保険医協会、大阪民主医療機関連合会、現代医療を考える会(以下、考える会)などの参加する、第27回日本医学会総会―「戦争と医学」展実行委員会(以下、実行委員会) が設立された。実行委員会は日本医師会に対して「過去」に真摯に向き合うよう要請を行った。この要請にもかかわらず、残念ながら2007年4月の第27回医学会総会は「過去」に向き合う公式の企画を行わなかった。
実行委員会は、第27回医学会総会開催中の大阪市において、独自に「戦争と医学」展と国際シンポジウムを開催した。
その後、実行委員会は、保団連、全日本民主医療機関連合会、戦医研、考える会や有志が参加する 「戦争と医の倫理」 の検証を進める会 (以下、進める会)に発展した (2009年)。この会は全国の心ある医学者。医師・医療従事者と関係する諸団体などが「過去」 に向き合う恒常的な活動を行うもので、わが国では初めての全国的な組織であった。しかし、2011年4月の第28回医学会総会も「進める会」の要請にもかかわらず、「過去に向き合う」自らの企画を行わなかった。
「進める会」は、「戦争と医学」を検証する展示と ドイッからパネリス トの参加も得て全国の医学者・医師や市民と共に考え討論する国際シンポジゥムを独自に企画し、2012年11月17日に京都大学百周年時計台記念館大ホールにて開催した。
この間、日本医学会は、「代議員会の決議がない」「加盟を認めた各学会から上がってきたテーマを調整するのが主目的であり、それ以外のテーマは原則扱わない」「企画内容が総会参加者の関心を呼び、多数の入場者が見込まれるかどうかが重要」などという理由で、戦争加担の過去に真摯に向き合う責任を放棄してきた。各学会や全国の大学医学部、医科大学は、「進める会」から展示パネル冊子や質問紙調査票が送られるなど、自らの「過去]に向き合う機会が数々あったにもかかわらず、残念ながら検証にすら着手しないで現在に至ってぃる。
2015年4月、第29回日本医学会総会は、石井四郎731部隊長や多くの部隊員を送り出した京都大学が中心になって、四半世紀ぶりに開催されることになった。 京都大学の総長、 医学部長であった・・・・会頭の名で開催された第29回医学会総会は、戦後70年の節目でもあることから、日本医学会が真摯に「過去」に向き合うまたとない機会であった。「進める会」の要請に応えて、2013年末には第29回医学会総会の・・・・会頭、・・・・組織委員会事務局長、・・・・展示委員会副委員長(京都大学教授)、・・・・京都大学総合博物館館長(京都大学教授)との公式の懇談も実現した。
2014年1月12日には、この「日本医学会総会2015関西」にむけて、「医の倫理―過去・現在・未来―企画実行委員会(略称:「医の倫理」実行委員会代表・京都府保険医協会・・・・理事長)が設立された。
その直後の2月11日に行われた京都大学基礎医学記念講堂の完成記念式典において、731部隊への同医学部の関与を示す資料が展示されたことは、戦争へ加担したという負の遺産を京都大学医学部として初めて明らかにした点で注目に値する兆しであった。しかし、しばらくして同展示は撤去され、その理由は明らかにされなかった。
「第29回日本医学会総会2015関西」も、「過去」に真摯に向き合う企画を行わなかった。
「医の倫理」 実行委員会は、この医学会総会に並行して4月12日、「歴史を踏まえた日本の医の倫理の課題」と題する映像・講演・対談・シンポジゥムを京都市の知恩院で開催した。会場溢れる来場者の真摯な熱意によって、「戦争と医の倫理」の検証がさらに進められた。・・・・


731部隊の設置許可、人体実験、毒ガス戦・細菌戦実施の許可した昭和天皇とそれに協力した日本医学界の責任、戦後、その人体実験、毒ガス戦・細菌戦を全く裁判にかけなかったマッカーサーとアメリカ政府の責任、1990年代から2000年代にかけて行われた裁判において、事実を認めながら、それを放置している司法・政治の責任、国民の認識は?
731 (2)



終戦50周年731部隊1


終戦50周年731部隊2



731部隊→ABCC(被爆者は治療もされずに、原爆の影響を調べられた。・・・731部隊員の協力)→放影研→重松逸造・・チェルノブイリ原発事故について・・・汚染地帯の住民には放射能による健康影響は認められない。→福島原発事故・・原子力を進めてきた人たちは、福島で今、甲状腺がんが多発しているけれども、それは被曝との因果関係はないと主張している。







朝枝繁春の証言


なぜ、日本政府は、731部隊の生体実験、細菌戦を認め、謝罪しないのか?
731部隊のドキュメンタリー 




アメリカは、将来の戦争で毒ガスや細菌兵器を有効な手段として使うかもしれないということで、東京裁判では、毒ガス・細菌戦などは追及しなかった!!
毒ガス戦はなぜさばかれなかったのか?

※しかし、これは、アメリカにとって「後日、深刻な問題をもたらす」ことになるのではないか?
・但是,如果这是不是成为“在以后的日子,造成了严重的问题”的事情对美国?
・그러나 이것은 미국에게 "나중에 심각한 문제를 초래"하게되는 것은 아닐까?
・However, if this is not to become "at a later date, resulting in a serious problem"thing for the United States?
・Однако, если это не становится "на более поздний срок, в результате чего серьезные проблемы" вещь для Соединенных Штатов?
・Jednakże, jeśli nie jest to, aby stać się "w późniejszym terminie, w wyniku poważnych problemów" rzecz dla Stanów Zjednoczonych?
・Wenn dies jedoch nicht, sich "zu einem späteren Zeitpunkt, was zu einem ernsten Problem", was für die Vereinigten Staaten?
・Toutefois, si cela ne veut pas devenir ≪à une date ultérieure, résultant en un problème grave" chose pour les États-Unis?

アメリカは、ハルピンの731部隊に於ける人体実験、生体解剖、奉天の捕虜収容所における731部隊員による米兵らに対する人体実験、また、化学戦部隊516、526部隊等と組んで行った悲惨極まりない毒ガスの人体実験を、東京裁判で裁くことなく見逃してしまったからだ!!
ドイツのニュルンベルクの裁判では、人体実験に加担した医学者が厳しく裁かれた。ところが、東京では、戦犯免責だ!!このダブルスタンダード!!


「結局、ワシントンは「国家の安全」を理由に731部隊の免責を是認した。免責付与是非を論じる米軍高官の覚書の中にはこんな一文がある。

彼(石井)らの人体実験は、本政府が目下ニュルンベルクで、ドイツの科学者および医学者をそれゆえに訴追している人体実験とはそう違わないものである」


(『731免責の系譜』太田昌克著より)



・日本政府・医学界は731問題を真剣に反省し、国立の「731・細菌戦資料センター」を作ったらどうか?
医の倫理は、向上すると思う!!

中国の虚空を日本人に慰霊されない多くの犠牲者の霊がさまよっている!!

夏草をふみしめてなおも歩き続ける
軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光
住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日々
長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

日本人よ、血の債務をあがなえ!終戦から70年、いまだ消えぬ731部隊の傷跡―仏メディア


混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



・「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
青年の美しい恋


しかし、手紙を書いているだけで郷里の父母や友人たちを身近に感じることが私達の慰めであったから、皆、せっせと書き綴っていた。日記も仕事の内容に詳しく触れる事は許されない。自分の覚えだけを書きとめて気休めにするぐらいであった。
そんなひと時、いきなりドアが開いて、近江属が入って来た。
「浜中、何を見ているか!」
と、近江属は私達の敬礼には目もくれずに、ずかずかと浜中の方に歩いて行った。
「見せろ、誰の写真だ?」
「はい、何でもありません」
浜中は眼鏡を指先でちょっと押し上げるようにし、おろおろしながら答えた。
「出せといったら出さんか!」
近江属は浜中を押しのけて、机の下に隠された写真をつまみ出し、
「この女は誰か?」
と、意地悪く尋ねた。浜中が、同じ総務に勤めている今戸光代という軍医の娘と懇意である事は、私達もうすうす感づいていた。私達は彼女が美人であるということを、雇員たちの噂話を横から聞いて知っていたのである。


(参考)
イレッサ訴訟
子宮頸がんワクチンの危険性 - Thinker
子宮頸がんワクチン接種、通学できぬ少女 推奨中断2年
ワクチンについて シェリー・テンペニー博士


厚生省・国民健康保険について(消えた細菌戦部隊より:常石敬一著より)
医務局長としての小泉の実績は、確かに先の、「意欲・鋭さ・執拗さ」という言葉に見合ったものとなっている。すなわち今日の厚生省及び国民健康保険法を作ったのが小泉であった。
※小泉親彦(ちかひこ)・・・陸軍軍医学校校長、陸軍軍医総監、陸軍医務局長、厚生大臣を歴任、毒ガス戦、細菌戦を積極的に推し進めた人物
1945年9月、自決。

・・・・・・
健兵対策の一環として厚生省は設立されたのだった。こうした設立の経緯が、今日の厚生省の弱者に冷たく、福祉行政に消極的な理由となっているのかもしれない。



真実を知ろう!!(権力側が流す情報にだまされるな!!)
黒い太陽№3


ガン治療のウラ 4/8


「輸血・点滴は受けてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾







医学革命!
軍陣医学(戦場医学)から「活人医学」へ
「悪魔の飽食」から「小食へ」(体質改善への道)
医師 甲田光雄5/6 ラジオ深夜便










●ハーバード・ピックス著『昭和天皇』(下)より
第12章
大元帥の試練

東条の失脚後、天皇は戦争に楽観的ではなくなった。それにもかかわらず、天皇も木戸も依然として早期和平の実現を考慮しようとさえしなかった。B29が間もなく東京を空爆することを十分に知っていながらである。同じことは、近衛公爵の周辺で「和平工作」に関わった多くの重臣にも当てはまる。
しかし、天皇による東条の解任は、政治的には大きな変化を意味していた。1941年秋、真珠湾攻撃による開戦を決定した時点で、昭和天皇の第一の側近、木戸幸一は、一方の宮中グループおよび数名の重臣と、もう一方の軍エリート、「革新官僚」、そして財界の指導者からなる戦争を推進する勢力との間にゆるやかな同盟をつくり上げることに動いた。アメリカの駐日大使グルーにはこのようなグループの形成を想像することすらできなかった。

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」




●『天皇の陰謀』

天皇裕仁はかく日本を対西洋戦争に導いた


ディビット・バーガミニ 著
松崎  元 訳より

第二章

(その4)
天皇に奉げられた命


8月15日、水曜日、午前7時21分、日本放送協会は、叛乱兵が切断した電線を回復させ、放送を再開した。「天皇は今日正午、ご自身によるお言葉を述べられます。これはかってなく有難いことです。すべての国民は、この天皇のお言葉を丁重に聞かねばなりません。昼間電力供給のない地域にも、電気が供給されます」。それまでの数週間での出来事や二日前に投下されたビラの後であっただけに、天皇が放送しようとしていることが何であるのか、東京の住民はほぼそれを心得ていた。その午前を通し、宮内省近くの皇居南門外の皇居前広場は、安堵と悲嘆を抱く人々がぞくぞくと集まっていた。正午、皇居前の、そして、全国の都市の広場の拡声器は、天皇の声を伝え始めた。



全文は「ノブのノート」で!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加