国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-30 06:15:15 | Weblog

ハバロフスク軍事裁判!!
「スミルノフは公開裁判で731部隊の行為を明らかにし、アメリカ主導で行われた東京裁判の不完全さに世界の目を向けようとしたのである。」
(プライム10「731細菌戦部隊」より)

アメリカ・ソ連・中国は731部隊に関する資料を公開している!!
これだけ、資料が出ていながら、なぜ日本は資料を公開しない?
国家機密にしている?体制にかかわる?
犯罪は、国がやれば無罪?

日本政府は、731部隊をはじめ、大事な戦史資料を廃棄するな!!
公開せよ!!

シリアでの化学兵器使用が問題になって、アメリカが武力行使をしようとしているが、日本も、戦時中、中国で大量の化学兵器を使用した!!
今でも、日本は自衛隊でサリンを作っている?
シリア決議を採択=化学兵器廃棄で国連安保理―来月1日までに査察着手



最長で懲役10年 特定秘密保護法案とは? 【報道特集(2013年


特定秘密保護法案:外部チェックなしでは濫用は防げない(三木由

特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ

特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政

「特定秘密保護法案」成立への動き急 1945年の敗戦前に戻るのか この国

山本太郎「(国会10/15までの) 20日間 秘密保全法反対で一緒に闘

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生


日本政府は、アメリカから返還された731部隊の資料を速やかに公開せよ!!



日本政府は、過去の日本軍の忌まわしい史実を教科書から消し去っている!!
人体実験被害者、細菌戦被害者の悲鳴が聞こえませんか?

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」


731細菌戦部隊 1(前編:プライム10) よりの書き起こし
現代史スクープ・ドキュメント
731細菌戦部隊 前編(1992年)
アメリカ、ユタ州。今年(1992年)3月、私達はグレートソルトレイク砂漠の只中に位置する米軍基地を訪ねた。
アメリカ陸軍ダグウェイ実験場
実戦を想定した生物化学兵器の使用実験が行われるアメリカ唯一の施設である。
現在、生物化学兵器は、国際条約で禁止されているにもかかわらず、多くの国でその開発が続けられている。
この基地の設立目的は生物化学兵器への防御のためとされている。
湾岸戦争で使用された毒ガスマスクも、この基地でテストされた。
基地の一角にある文書館。
1942年に基地が作られてから今日までの生物化学兵器に関するあらゆる研究報告書が保存されている。
私達は、この文書館で旧日本軍の細菌戦部隊、731部隊の膨大な報告書を発見した。
2000ページに及ぶ細菌の感染実験のデータ並びにアメリカの科学者による731部隊の調査報告書である。
細菌を使った感染実験のデータ。
実験材料として使用されたのは、400体以上の人間である。
報告書には、実験に使われた細菌の種類、そしてアメリカの調査に協力した日本人研究者の名前が列挙されている。
石井四郎、731部隊部隊長である。
甲状腺、肝臓、リンパ節、脊髄、肺。
実験材料にされた人体はすべて解剖され、あらゆる臓器、器官がつぶさに観察されている。
前編・後編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

・・・・・
現代史スクープドキュメント
「731細菌戦部隊後編」
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)
陸軍軍医中将 石井四郎。
細菌兵器の開発を目的とした秘密部隊731を創設。
自らその部隊長を務めた。
旧満州で活動した731部隊には当時日本の最高レベルの医学者たちが集められた。
今年(1992年)アメリカユタ州の陸軍基地で膨大な報告書が発見された。
731部隊による人体実験のデータである。
ここでは、人為的に細菌を感染させられた人体がどのようにむしばまれていくのか、臓器が一つ一つ解剖され、つぶさに観察されている。
実験材料とされたのは、ほとんどが旧満州の中国人である。
この報告書によって731部隊が行った人体実験の全貌が明らかになった。
日本の戦争責任が裁かれた東京裁判。
この水面下で、731部隊をめぐる米ソの激しい駆け引きが繰り広げられた。
ソビエトのスミルノフ検事は東京裁判で731部隊の告発を目指す。
しかし、人体実験データの独占をもくろむアメリカにこれを阻まれたのである。
東京裁判結審の翌年、ソビエトは舞台をハバロフスクに移し、関東軍細菌戦部隊を裁く軍事裁判を開いた。
裁判は1949年12月、シェフチェンコ通りに面した旧ソビエト軍将校会館で行われた。

ハバロフスク軍事裁判。
元関東軍司令官、山田乙三をはじめとする元関東軍将校と元細菌戦部隊員12人が被告席に並んだ。
スミルノフは公開裁判で731部隊の行為を明らかにし、アメリカ主導で行われた東京裁判の不完全さに世界の目を向けようとしたのである。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
以来、この裁判は幻の極東軍事裁判とも呼ばれた。


・・・・・・・・・・

裁判直後の1950年2月1日。裁判結果をまとめたソビエトは、アメリカのアチソン国務長官に文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)

前編・後編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長(細菌培養課課長)、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
「彼は恩赦になると知っていました。日本に帰れたのです。ところがそのことを知っていながら、ある夜、彼は自殺することに決めた。これが、私の知っている全てです。日本に戻ることができない訳が何かあったのだろう。私達は、そう噂しあいました。」
村はずれの墓地。ここには収容所で死んでいった人が葬られている。この墓地の一画に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている・
「このことは、いずれ誰かが語らなければならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は、医者としての良心をかけて、すべてを話そう。」












良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!【詳しくは『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』(常石敬一・朝野富三著、新潮社)をお読みください!!】


2013年部隊展資料より






天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)

UNIT3
・・・・
日本の防衛庁資料室で見つかった記録によると、731部隊は天皇の裁可によって設立されたということが明らかになりました。
この書類には天皇の印章が押されてあったのです。また、天皇の弟の三笠宮は平房を訪れていたことがわかりました。
部隊のカメラマンだった山下氏です。
「当時の貴族はみな軍人になっていました。ときどき、我々の部隊にもそういう方々がやって来ました。私は三笠宮のご訪問を特によく覚えています。私が彼の写真を撮ったのですが、太陽がメガネに反射して目がよくわからなくなってしまったのです。石井隊長は関東軍の科学のメッカたる我が部隊の写真班としては科学的にこれを修正する方法があるはずだと言って、すぐに修正するように迫りました。そんなことがあったので、私は三笠宮の来訪をはっきりと覚えています。」
それどころか、天皇自身も平房での研究が最盛期であった1939年に満州に少なくとも1度は行っています。しかし天皇は人体実験について知っていたのでしょうか。
「日本の制度として主要な研究の報告書は、組織内のすべての人に回覧されることになっており、その流れが途中で止まることは考えられません。私の考えでは、あのように重要な情報が天皇に届いていなかったと考えるのは馬鹿げていると思います。」・・・・・


unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)









2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

731部隊・元部隊員の証言 2

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

731部隊で行われていた残虐行為はアウシュビッツ以上だ!!

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-30 06:12:29 | Weblog

2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊





「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、
水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」

1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)


IMAGINE 9
09
想像してごらん、
9条がゆきわたった世界を。

Imagine,
A world filled with Article 9.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 
*「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■ヘルマン・フォスの日記
[すばらしいドイツの春がまたやってきた。〈緑に彩られた冬〉とH.ハイネとかいうペンネームの、ハイム・ビュッケンブルフもしくはその他の本名をもつ詩人が的確にいっている、春がやってきた。」(1935年4月19日)

「ポーランドの国民はドイツ人の倍の割合で人口を増加させている。これが決定的な問題だ。ドイツ民族よりもずっと原始的な諸民族が、決して十分に人口が増加しないドイツ民族を呑み込んでしまうのだ。」(1935年6月23日)


ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は


●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開?/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月29日、水曜日
この地域と市内のほかからの男の人たちの登録が、まだ続いている。9時よりずっと前から、長い列が門のずっと向こうまで伸びている。きょうは昨日より、やり方がずっと厳しい。昨日は以前兵士だった者たちに、自分から名乗り出よと要求し、そうした者には仕事と賃金を約束した。きょうはみんなの手を検査して、疑わしいと彼らが見た者たちを抜き出した。もちろん、抜き出された人の多くは兵士ではなかった。数え切れないほどの母たち妻たちがわたしに、自分たちに代わってとりなしてほしいと、頼んできた―縫い物師とか、焼きパン造りとか、商売する人とかだったのだ。不幸なことに、わたしには何もできなかった。

南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺\x{6ce0}血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:\x{8fd8}原1937南京浩劫---南京大屠\x{6740}(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


水俣病を忘れるな!!
水俣病=その20年=


東電 柏崎刈羽、再稼働申請へ、新潟県が一転容認

泉田知事に何があったのか 「特捜部がターゲットに」報道も

原発再稼働に反対する泉田新潟県知事を狙う情報操作

新潟県知事を追い込む東電、東電を追い込む銀行。この悪魔の連鎖が再稼働を促し、すべてを奈落の底に突き落とす

ミラノ万博日本政府代表がブログで暴言 「復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいいのに」

世の中おかしなこともあるものだ!(;`O´)o(´・_・`)

◆小出裕章ジャーナル~第37回【何をいまさら!2】東電がうまくいかないから

東電がギブアップ宣言で国に「新たな支援」を要請! 公的資金頼みの「ゾンビ企業」は早急に破綻処理して解体・売却すべきだ!


[小出裕章氏直撃インタビュー]どうする溶け落ちた核燃料と猛毒汚染水10万トン


タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は

全文を読みたい人は「ノブのノート」で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-29 12:25:26 | Weblog
アメリカ・ソ連・中国は731部隊に関する資料を公開している!!
これだけ、資料が出ていながら、なぜ日本は資料を公開しない?
国家機密にしている?体制にかかわる?
犯罪は、国がやれば無罪?

日本政府は、731部隊をはじめ、大事な戦史資料を廃棄するな!!
公開せよ!!

シリアでの化学兵器使用が問題になって、アメリカが武力行使をしようとしているが、日本も、戦時中、中国で大量の化学兵器を使用した!!
今でも、日本は衛隊でサリンを作っている?
シリア決議を採択=化学兵器廃棄で国連安保理―来月1日までに査察着手



最長で懲役10年 特定秘密保護法案とは? 【報道特集(2013年


特定秘密保護法案:外部チェックなしでは濫用は防げない(三木由

特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ

特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政

「特定秘密保護法案」成立への動き急 1945年の敗戦前に戻るのか この国

山本太郎「(国会10/15までの) 20日間 秘密保全法反対で一緒に闘

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生


日本政府は、アメリカから返還された731部隊の資料を速やかに公開せよ!!



日本政府は、過去の日本軍の忌まわしい史実を教科書から消し去っている!!
人体実験被害者、細菌戦被害者の悲鳴が聞こえませんか?

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」


731細菌戦部隊 1(前編:プライム10) よりの書き起こし
現代史スクープ・ドキュメント
731細菌戦部隊 前編(1992年)
アメリカ、ユタ州。今年(1992年)3月、私達はグレートソルトレイク砂漠の只中に位置する米軍基地を訪ねた。
アメリカ陸軍ダグウェイ実験場
実戦を想定した生物化学兵器の使用実験が行われるアメリカ唯一の施設である。
現在、生物化学兵器は、国際条約で禁止されているにもかかわらず、多くの国でその開発が続けられている。
この基地の設立目的は生物化学兵器への防御のためとされている。
湾岸戦争で使用された毒ガスマスクも、この基地でテストされた。
基地の一角にある文書館。
1942年に基地が作られてから今日までの生物化学兵器に関するあらゆる研究報告書が保存されている。
私達は、この文書館で旧日本軍の細菌戦部隊、731部隊の膨大な報告書を発見した。
2000ページに及ぶ細菌の感染実験のデータ並びにアメリカの科学者による731部隊の調査報告書である。
細菌を使った感染実験のデータ。
実験材料として使用されたのは、400体以上の人間である。
報告書には、実験に使われた細菌の種類、そしてアメリカの調査に協力した日本人研究者の名前が列挙されている。
石井四郎、731部隊部隊長である。
甲状腺、肝臓、リンパ節、脊髄、肺。
実験材料にされた人体はすべて解剖され、あらゆる臓器、器官がつぶさに観察されている。
前編・後編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

・・・・・
現代史スクープドキュメント
「731細菌戦部隊後編」
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)
陸軍軍医中将 石井四郎。
細菌兵器の開発を目的とした秘密部隊731を創設。
自らその部隊長を務めた。
旧満州で活動した731部隊には当時日本の最高レベルの医学者たちが集められた。
今年(1992年)アメリカユタ州の陸軍基地で膨大な報告書が発見された。
731部隊による人体実験のデータである。
ここでは、人為的に細菌を感染させられた人体がどのようにむしばまれていくのか、臓器が一つ一つ解剖され、つぶさに観察されている。
実験材料とされたのは、ほとんどが旧満州の中国人である。
この報告書によって731部隊が行った人体実験の全貌が明らかになった。
日本の戦争責任が裁かれた東京裁判。
この水面下で、731部隊をめぐる米ソの激しい駆け引きが繰り広げられた。
ソビエトのスミルノフ検事は東京裁判で731部隊の告発を目指す。
しかし、人体実験データの独占をもくろむアメリカにこれを阻まれたのである。
東京裁判結審の翌年、ソビエトは舞台をハバロフスクに移し、関東軍細菌戦部隊を裁く軍事裁判を開いた。
裁判は1949年12月、シェフチェンコ通りに面した旧ソビエト軍将校会館で行われた。

ハバロフスク軍事裁判。
元関東軍司令官、山田乙三をはじめとする元関東軍将校と元細菌戦部隊員12人が被告席に並んだ。
スミルノフは公開裁判で731部隊の行為を明らかにし、アメリカ主導で行われた東京裁判の不完全さに世界の目を向けようとしたのである。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
以来、この裁判は幻の極東軍事裁判とも呼ばれた。


・・・・・・・・・・

裁判直後の1950年2月1日。裁判結果をまとめたソビエトは、アメリカのアチソン国務長官に文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)

前編・後編全文を読みたい人は「ノブのノート」で


しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長(細菌培養課課長)、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
「彼は恩赦になると知っていました。日本に帰れたのです。ところがそのことを知っていながら、ある夜、彼は自殺することに決めた。これが、私の知っている全てです。日本に戻ることができない訳が何かあったのだろう。私達は、そう噂しあいました。」
村はずれの墓地。ここには収容所で死んでいった人が葬られている。この墓地の一画に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている・
「このことは、いずれ誰かが語らなければならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は、医者としての良心をかけて、すべてを話そう。」












良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!【詳しくは『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』(常石敬一・朝野富三著、新潮社)をお読みください!!】


2013年部隊展資料より



天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)

UNIT3
・・・・
日本の防衛庁資料室で見つかった記録によると、731部隊は天皇の裁可によって設立されたということが明らかになりました。
この書類には天皇の印章が押されてあったのです。また、天皇の弟の三笠宮は平房を訪れていたことがわかりました。
部隊のカメラマンだった山下氏です。
「当時の貴族はみな軍人になっていました。ときどき、我々の部隊にもそういう方々がやって来ました。私は三笠宮のご訪問を特によく覚えています。私が彼の写真を撮ったのですが、太陽がメガネに反射して目がよくわからなくなってしまったのです。石井隊長は関東軍の科学のメッカたる我が部隊の写真班としては科学的にこれを修正する方法があるはずだと言って、すぐに修正するように迫りました。そんなことがあったので、私は三笠宮の来訪をはっきりと覚えています。」
それどころか、天皇自身も平房での研究が最盛期であった1939年に満州に少なくとも1度は行っています。しかし天皇は人体実験について知っていたのでしょうか。
「日本の制度として主要な研究の報告書は、組織内のすべての人に回覧されることになっており、その流れが途中で止まることは考えられません。私の考えでは、あのように重要な情報が天皇に届いていなかったと考えるのは馬鹿げていると思います。」・・・・・


unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)









2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

731部隊・元部隊員の証言 2

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

731部隊で行われていた残虐行為はアウシュビッツ以上だ!!

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-29 12:23:18 | Weblog
2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊





「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、
水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」


1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)
 
IMAGINE 9
08
想像してごらん、
ひとりひとりの安全を
大事にする世界を。
Imagine,
A world that values the safety of
each and every human.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 
*「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■ヘルマン・フォスの日記
この、首を切られてまだ脈打っている死者という、一面では最善の研究条件は、その有利な点の反面、独特の不利な点を持っていた。
「しかし、ときどき食道からすぐに糜粥(びじゅく)を排出するため、頚動脈の血液の完璧な調査ができなくなっていた〔・・・・・〕また頚動脈の採血が行われている間に腹腔が開かれて、できるだけそっと脾臓が取り出され、脾門部に近いところにある腎静脈の付け根から出てくる血の滴りがピペットに吸引された。この採血は死後平均120秒から180秒の間に行われた。」
こういうやり方で、1943年にローバート・ヘルリンガーはそれまで未解決だった人間の脾臓血液の構造の問題に一気に解答を出した。


ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は


●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開?/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月27日、月曜日
金陵女子文理学院が難民キャンプとして、見たところどんな風か、わたしの力では説明できない。
言うまでもなく、清潔ということでは、一等賞などはとてももらえない。はじめわが難民が400人だった時は、清潔にしたくて、部屋やホールを毎日掃除し、紙を毎日拾ってと、心がけた。今はそうはいかない。10000人かそれ以上かがいるここで、主要なキャンパスをトイレにしないでと、難民たちに説いて回るのが、せいぜいなのだ。ハリエットゥの芝生を歩いていけるようにという理想が、まさに12分に実現して、今や草地は残っていなくて、いろんな所に―とりわけご飯を提供する前に、泥や土のかたまりがいっぱい。
潅木の茂みも木々もひどくやられて、茂みのいくつかは消えてなくなるまでに踏みつけられた。晴れた日は毎日、木々も茂みも柵も垣根も、色とりどりのおしめやパンツで花盛りとなる。外国の殿方が来ると笑って、こんなにも絢爛たる金陵女子文理学院は見たことがないと、おっしゃる。
これまでに、14人生まれて、4人亡くなった。程夫人がただ1人の看護婦さんで、彼女とっても過労になっている。

南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺\x{6ce0}血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:\x{8fd8}原1937南京浩劫---南京大屠\x{6740}(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


水俣病を忘れるな!!
水俣病=その20年=


東電 柏崎刈羽、再稼働申請へ、新潟県が一転容認

泉田知事に何があったのか 「特捜部がターゲットに」報道も

原発再稼働に反対する泉田新潟県知事を狙う情報操作

新潟県知事を追い込む東電、東電を追い込む銀行。この悪魔の連鎖が再稼働を促し、すべてを奈落の底に突き落とす

ミラノ万博日本政府代表がブログで暴言 「復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいいのに」

世の中おかしなこともあるものだ!(;`O´)o(´・_・`)

◆小出裕章ジャーナル~第37回【何をいまさら!2】東電がうまくいかないから

東電がギブアップ宣言で国に「新たな支援」を要請! 公的資金頼みの「ゾンビ企業」は早急に破綻処理して解体・売却すべきだ!


[小出裕章氏直撃インタビュー]どうする溶け落ちた核燃料と猛毒汚染水10万トン


タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は

全文を読みたい人は「ノブのノート」で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-28 14:00:10 | Weblog
天皇制国家ではトップは無罪になる?
JR福知山線脱線事故で強制起訴のJR西日本歴代3社長に無罪判決

アメリカ・ソ連・中国は731部隊に関する資料を公開している!!
これだけ、資料が出ていながら、なぜ日本は資料を公開しない?
国家機密にしている?体制にかかわる?
犯罪は、国がやれば無罪?

日本政府は、731部隊をはじめ、大事な戦史資料を廃棄するな!!
公開せよ!!

シリアでの化学兵器使用が問題になって、アメリカが武力行使をしようとしているが、日本も、戦時中、中国で大量の化学兵器(日本の場合は毒ガス)を使用した!!
シリア決議を採択=化学兵器廃棄で国連安保理―来月1日までに査察着手





最長で懲役10年 特定秘密保護法案とは? 【報道特集(2013年


特定秘密保護法案:外部チェックなしでは濫用は防げない(三木由

特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ

特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政

「特定秘密保護法案」成立への動き急 1945年の敗戦前に戻るのか この国

山本太郎「(国会10/15までの) 20日間 秘密保全法反対で一緒に闘

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生


日本政府は、アメリカから返還された731部隊の資料を速やかに公開せよ!!



日本政府は、過去の日本軍の忌まわしい史実を教科書から消し去っている!!
人体実験被害者、細菌戦被害者の悲鳴が聞こえませんか?

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」


731細菌戦部隊 1(前編:プライム10) よりの書き起こし
現代史スクープ・ドキュメント
731細菌戦部隊 前編(1992年)
アメリカ、ユタ州。今年(1992年)3月、私達はグレートソルトレイク砂漠の只中に位置する米軍基地を訪ねた。
アメリカ陸軍ダグウェイ実験場
実戦を想定した生物化学兵器の使用実験が行われるアメリカ唯一の施設である。
現在、生物化学兵器は、国際条約で禁止されているにもかかわらず、多くの国でその開発が続けられている。
この基地の設立目的は生物化学兵器への防御のためとされている。
湾岸戦争で使用された毒ガスマスクも、この基地でテストされた。
基地の一角にある文書館。
1942年に基地が作られてから今日までの生物化学兵器に関するあらゆる研究報告書が保存されている。
私達は、この文書館で旧日本軍の細菌戦部隊、731部隊の膨大な報告書を発見した。
2000ページに及ぶ細菌の感染実験のデータ並びにアメリカの科学者による731部隊の調査報告書である。
細菌を使った感染実験のデータ。
実験材料として使用されたのは、400体以上の人間である。
報告書には、実験に使われた細菌の種類、そしてアメリカの調査に協力した日本人研究者の名前が列挙されている。
石井四郎、731部隊部隊長である。
甲状腺、肝臓、リンパ節、脊髄、肺。
実験材料にされた人体はすべて解剖され、あらゆる臓器、器官がつぶさに観察されている。
前編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

・・・・・
(後編)
ソビエト連邦が解体した直後の今年1月、私たちは情報公開が進むモスクワを訪ねた。
私達が求めるハバロフスク軍事裁判の記録は元KGB本部の資料館に残されていた。
「ここは未公開文書の保存庫です。ハバロフスク軍事裁判の資料も収められています。」
「山田被告と他の日本軍人を訴追した時の検察資料です。」
「これは被告の尋問調書の原本です。」
「ああ、日本語ですね。」

ハバロフスク軍事裁判の被告たちの尋問調書。
捜査は、KGBの前身に当たる内務省が担当。膨大な時間と人材を投入して、調書が作成された。
そこには、旧満州における731部隊の活動が赤裸々に告白されている。
公判記録と尋問調書、そして関東軍機密文書などの証拠書類。私たちに公開されたハバロフスク軍事裁判の記録は26冊にも及んだ。
日本の細菌戦部隊の行為を世界で初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
26冊の裁判記録がひも解かれ、この裁判の実態が明らかになるのは、今回がはじめてである。

ハバロフスク旧ソビエト軍将校会館。
裁判はここで、1949年12月25日から30日までの6日間行われた。
壇上に裁判官席、検事席、弁護人席が設けられ、被告席は会場の最前列を木枠で仕切って作られた。
ソビエト側が選んだ12人の被告たち。
山田乙三元関東軍司令官。
元関東軍軍医部長、獣医部長、そしてソ満国境に置かれていた731部隊支部の支部長たち、さらには軍属、衛生兵など多岐にわたっている。
裁判長は、チェルトコフ少将、壇上右手には8人のソビエト人弁護士が並んだ。
左手には検事席が設けられ、その中央には代表検事としてスミルノフが座った。
スミルノフにとっては、ニュルンベルグ、東京に続く戦犯裁判だった。

・・・・・・・・・・

裁判直後の1950年2月1日。裁判結果をまとめたソビエトは、アメリカのアチソン国務長官に文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)



しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長(細菌培養課課長)、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
「彼は恩赦になると知っていました。日本に帰れたのです。ところがそのことを知っていながら、ある夜、彼は自殺することに決めた。これが、私の知っている全てです。日本に戻ることができない訳が何かあったのだろう。私達は、そう噂しあいました。」
村はずれの墓地。ここには収容所で死んでいった人が葬られている。この墓地の一画に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている・
「このことは、いずれ誰かが語らなければならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は、医者としての良心をかけて、すべてを話そう。」












良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!【詳しくは『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』(常石敬一・朝野富三著、新潮社)をお読みください!!】



2013年部隊展資料より


天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)

UNIT3
・・・・
日本の防衛庁資料室で見つかった記録によると、731部隊は天皇の裁可によって設立されたということが明らかになりました。
この書類には天皇の印章が押されてあったのです。また、天皇の弟の三笠宮は平房を訪れていたことがわかりました。
部隊のカメラマンだった山下氏です。
「当時の貴族はみな軍人になっていました。ときどき、我々の部隊にもそういう方々がやって来ました。私は三笠宮のご訪問を特によく覚えています。私が彼の写真を撮ったのですが、太陽がメガネに反射して目がよくわからなくなってしまったのです。石井隊長は関東軍の科学のメッカたる我が部隊の写真班としては科学的にこれを修正する方法があるはずだと言って、すぐに修正するように迫りました。そんなことがあったので、私は三笠宮の来訪をはっきりと覚えています。」
それどころか、天皇自身も平房での研究が最盛期であった1939年に満州に少なくとも1度は行っています。しかし天皇は人体実験について知っていたのでしょうか。
「日本の制度として主要な研究の報告書は、組織内のすべての人に回覧されることになっており、その流れが途中で止まることは考えられません。私の考えでは、あのように重要な情報が天皇に届いていなかったと考えるのは馬鹿げていると思います。」・・・・・


unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)









2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

731部隊・元部隊員の証言 2

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

731部隊で行われていた残虐行為はアウシュビッツ以上だ!!

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-28 13:57:46 | Weblog

2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊





「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、
水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」

1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)

IMAGINE 9
07
想像してごらん、
戦争にそなえるより
戦争をふせぐ世界を。

Imagine,
A world that instead of
preparing for war,prevents war.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 
*「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■ヘルマン・フォスの日記
ローバート・ヘルリンガー(1914-1968)はフォスのポーゼン時代の助手だった。1947年、ベルリンガーはイェーナの『解剖学報』に、一抹の良心も見せることなく、「8人の男の死体」におこなった「自分の調査」について書いている。男たちは、18歳から48歳までで、健康であった。彼ら「死後40秒から60秒後に採血され、開腹された。」つまり、カニューレと解剖器具を持った2人の医師がポーゼンのゲシュタポのギロチンの横に立っていたというのである。ヘルリンガーは彼の論文で、切り離された首を「手術の対象領域」と書いているが、斧がいくぶん大きな手術器具で、死刑執行吏が手術の助手だったはずである。「まず真っ赤な血の採取が、しかも脈打っている頚動脈から行われた。」採血は「ふつうのやり方で」、「カウンター付きのピペットを使って」行われた。



ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は


●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開?/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月27日、月曜日
破壊が市内でまだ続いていて、北門橋の方向に今もまだ、煙の濃いのや火が見えるのだ。南門から北門橋まで、お店がみんな掠奪されて焼かれたんじゃないか。掠奪が今ではトラックでされていて、じゅうたんとかベッドとか大きなものが盗られている。句容まで運ばれると、人々が言っている。婦女たちがけさ門にやって来て言うのに、掠奪がいまだに個人の家で続いていて、銅貨みたいな小銭まで盗られている。戴籟三夫人の話では、トラックが1台学院に来て、少女を3人要求したが、彼女がわがお役所文書を見せたら、立ち去った。

南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺\x{6ce0}血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:\x{8fd8}原1937南京浩劫---南京大屠\x{6740}(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


水俣病を忘れるな!!
水俣病=その20年=


東電 柏崎刈羽、再稼働申請へ、新潟県が一転容認

泉田知事に何があったのか 「特捜部がターゲットに」報道も

原発再稼働に反対する泉田新潟県知事を狙う情報操作

新潟県知事を追い込む東電、東電を追い込む銀行。この悪魔の連鎖が再稼働を促し、すべてを奈落の底に突き落とす

ミラノ万博日本政府代表がブログで暴言 「復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいいのに」

世の中おかしなこともあるものだ!(;`O´)o(´・_・`)

◆小出裕章ジャーナル~第37回【何をいまさら!2】東電がうまくいかないから

東電がギブアップ宣言で国に「新たな支援」を要請! 公的資金頼みの「ゾンビ企業」は早急に破綻処理して解体・売却すべきだ!


[小出裕章氏直撃インタビュー]どうする溶け落ちた核燃料と猛毒汚染水10万トン


タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は

全文を読みたい人は「ノブのノート」で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-27 05:28:31 | Weblog
アメリカ・ソ連・中国は731部隊に関する資料を公開している!!
これだけ、資料が出ていながら、なぜ日本は資料を公開しない?
国家機密にしている?体制にかかわる?
犯罪は、国でやれば無罪?

日本政府は、731部隊をはじめ、大事な戦史資料を廃棄するな!!
公開せよ!!

シリアでの化学兵器使用が問題になって、アメリカが武力行使をしようとしているが、日本も、戦時中、中国で大量の化学兵器(日本の場合は毒ガス)を使用した!!




最長で懲役10年 特定秘密保護法案とは? 【報道特集(2013年


特定秘密保護法案:外部チェックなしでは濫用は防げない(三木由

特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ

特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政

「特定秘密保護法案」成立への動き急 1945年の敗戦前に戻るのか この国

山本太郎「(国会10/15までの) 20日間 秘密保全法反対で一緒に闘

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生


日本政府は、アメリカから返還された731部隊の資料を速やかに公開せよ!!

秘密保護法!!反対!!
秘密保全法 岩上安身



日本政府は、過去の日本軍の忌まわしい史実を教科書から消し去っている!!
人体実験被害者、細菌戦被害者の悲鳴が聞こえませんか?

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」


731細菌戦部隊 1(前編:プライム10) よりの書き起こし
現代史スクープ・ドキュメント
731細菌戦部隊 前編(1992年)
アメリカ、ユタ州。今年(1992年)3月、私達はグレートソルトレイク砂漠の只中に位置する米軍基地を訪ねた。
アメリカ陸軍ダグウェイ実験場
実戦を想定した生物化学兵器の使用実験が行われるアメリカ唯一の施設である。
現在、生物化学兵器は、国際条約で禁止されているにもかかわらず、多くの国でその開発が続けられている。
この基地の設立目的は生物化学兵器への防御のためとされている。
湾岸戦争で使用された毒ガスマスクも、この基地でテストされた。
基地の一角にある文書館。
1942年に基地が作られてから今日までの生物化学兵器に関するあらゆる研究報告書が保存されている。
私達は、この文書館で旧日本軍の細菌戦部隊、731部隊の膨大な報告書を発見した。
2000ページに及ぶ細菌の感染実験のデータ並びにアメリカの科学者による731部隊の調査報告書である。
細菌を使った感染実験のデータ。
実験材料として使用されたのは、400体以上の人間である。
報告書には、実験に使われた細菌の種類、そしてアメリカの調査に協力した日本人研究者の名前が列挙されている。
石井四郎、731部隊部隊長である。
甲状腺、肝臓、リンパ節、脊髄、肺。
実験材料にされた人体はすべて解剖され、あらゆる臓器、器官がつぶさに観察されている。
前編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

・・・・・
(後編)
当時ソビエトでは、多くのBC級戦犯の裁判が非公開で行われていた。
その中で、ハバロフスク軍事裁判だけが唯一の公開裁判だったのである。
傍聴席には、連日1000人以上の市民が詰めかけたという。
12人の被告のうち、2人が今も健在である。
731部隊林口支部に所属した久留島祐司さん。
「まぁ、裁判所へ着いた時は、もうこれはすごい裁判やなぁと思いましたね。とにかくもう、外へ人が入れんぐらいおりましたからね。だからこれはすごい裁判やなぁと。まぁ一般の裁判では、秘密裁判で20人、30人並べられて、弁護人なしで、すぐに刑を決められた裁判でしたけどね。私の場合はこれはすごい。兵隊がなぜこのように裁判にかけられなければいかんのか、総監と一緒にね。」
関東軍100部隊に所属した三友一男さん。
「僕なんかも銃殺刑になるんじゃないかという最初から取調べの段階でそういう感じでしたね。ということは、あの途中で、裁判の前に洋服の寸法をとりに来たり、裁判の前日に床屋が入って全部散髪やら何やらしたりとかですね、前日に風呂に特別に入れたりですね、そういうようないろいろあったんで、異様な雰囲気であったんですね。」

26冊の裁判記録。
その№25に6日間にわたる公判でのやり取りがすべて記録されている。
審理は通訳を介して行われ、証言はすべてロシア語で記録された。
1949年12月25日正午、ハバロフスク軍事裁判は開廷。
起訴状朗読をもって審理に入った。
「起訴状―多年にわたり帝国主義日本は極東における侵略の主なる根源地であった。
日本の参謀本部及び陸軍省は日本の有名な細菌戦提唱者石井四郎を長とし・・・」
-起訴状には細菌戦部隊の罪が列挙されている。
・細菌戦を準備した罪。
・生きた人間を実験に使用した人道上の罪。
・中国で細菌兵器を実際に使用した罪。
・ソビエトに対して戦争を準備した罪。
ソビエトは、細菌戦部隊にかかわった個人としての責任を問い、さらには日本の戦争責任を追及しようとした。
「強制感染によって数千人の囚人を殺戮するごとき、あらゆる凶悪な行為をあえてなしたことが判明した。」
起訴状を書き上げるのに元になった内務省の捜査記録、この中には100人以上の証人の証言や被告たちの尋問調書が含まれている。

・・・・・・・・・・

裁判直後の1950年2月1日。裁判結果をまとめたソビエトは、アメリカのアチソン国務長官に文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)



しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長(細菌培養課課長)、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
「彼は恩赦になると知っていました。日本に帰れたのです。ところがそのことを知っていながら、ある夜、彼は自殺することに決めた。これが、私の知っている全てです。日本に戻ることができない訳が何かあったのだろう。私達は、そう噂しあいました。」
村はずれの墓地。ここには収容所で死んでいった人が葬られている。この墓地の一画に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている・
「このことは、いずれ誰かが語らなければならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は、医者としての良心をかけて、すべてを話そう。」











良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!【詳しくは『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』(常石敬一・朝野富三著、新潮社)をお読みください!!】



2013年部隊展資料より




天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)
unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)









2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

731部隊・元部隊員の証言 2

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

731部隊で行われていた残虐行為はアウシュビッツ以上だ!!

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-27 05:26:30 | Weblog
2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊





「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、
水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」


1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)
 
IMAGINE 9
06
想像してごらん、
女性たちが
平和をつくる世界を。

Imagine,
A world where
women create peace.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 
*「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■ヘルマン・フォスの日記

ヘルマン・フォス

ポーゼン「帝国大学」解剖学研究所の死体記録の抜粋
ヘルマン・フォス(1894-1987)は1941年にポーゼン「帝国大学」医学部の初代学部長に任命された。それまで彼はライプツィヒ大学の私講師であった。戦後彼はハレ大学の客員教授になり、1952年から1962年まではイェーナ大学の正教授であった。さらに、
彼は定年後もグライフスヴァルトで研究を続けた。晩年の数年間を彼はハンブルグで過した。
迫り来る赤軍の前に逃走した彼は、自分の日記と解剖研究所の日誌を置き忘れた。日記は、当時の平均的なドイツ大学人の文化的蒙昧、不安に駆られたシニシズムの正体を示している。書かれている個々の点をみれば好感のもてる男であるが、家族を離れ、不満を抱き、不安になり、慣れた生活から外れるようになると、たちまちその道徳のコルセットをすべて失ってしまう。彼の書いているものを見ると、ユダヤ人、ポーランド人、共産主義者を絶滅しなければならないという妄想が次第に強くなっているのがわかる。ヘルマン・フォスは、『解剖指針』の出版と“acta histochemia”の創立によって、学者として有名になった。全ての医学生は教科書『フォス/ヘルリンガー』によって彼の影響を受けている。



ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は


●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開?/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月27日、月曜日
きょうはわたしには休みだ。この2日調子がよくなくて、友人たちが寝かせようとして聞かないのだ。戴籟三夫人がいてくれるのでできるので、言い訳ができてうれしい。
昨夜もまだ静かで、大使館警察が1人表門にいてくれた。男の外国人も1人やって来て、フランシス・陳のところに泊まった。どういうわけか、わが実習学校の犬たちが、夜しきりに吠えていたけれど、うろついている変なのでもいたんじゃないか。犬が兵士らの銃剣をどうやって逃れたのかわからない。憲兵が昼間にすべてが平静なのを見ていった。彼らはほとんど清潔で、よく訓練された人たちらしく、何よりも顔つきが穏やかだった。
午後、何人かお役所筋の訪問者があった―1人は岡大佐で、午前中に会いに来ると言う。

南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺\x{6ce0}血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:\x{8fd8}原1937南京浩劫---南京大屠\x{6740}(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


水俣病を忘れるな!!
水俣病=その20年=


◆小出裕章ジャーナル~第37回【何をいまさら!2】東電がうまくいかないから

東電がギブアップ宣言で国に「新たな支援」を要請! 公的資金頼みの「ゾンビ企業」は早急に破綻処理して解体・売却すべきだ!


[小出裕章氏直撃インタビュー]どうする溶け落ちた核燃料と猛毒汚染水10万トン

志葉玲・小出裕章:汚染水・原発輸出問題

【1012】 原発の汚染水 (2) 国民の覚悟と原発再開 / 武田 邦彦

「公園の利用は1時間以内」と市の立て看板。これが福島の現実……

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生

タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は


全文を読みたい人は「ノブのノート」で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-26 05:40:22 | Weblog
日本政府は、731部隊をはじめ、大事な戦史資料を廃棄するな!!
公開せよ!!

最長で懲役10年 特定秘密保護法案とは? 【報道特集(2013年


特定秘密保護法案:外部チェックなしでは濫用は防げない(三木由

特定秘密保護法案:秘密文書残らぬ恐れ

特定秘密保護法案:自身に刃が向けられていることに気づかない政

「特定秘密保護法案」成立への動き急 1945年の敗戦前に戻るのか この国

山本太郎「(国会10/15までの) 20日間 秘密保全法反対で一緒に闘

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生


日本政府は、アメリカから返還された731部隊の資料を速やかに公開せよ!!

秘密保護法!!反対!!
秘密保全法 岩上安身



日本政府は、過去の日本軍の忌まわしい史実を教科書から消し去っている!!
人体実験被害者、細菌戦被害者の悲鳴が聞こえませんか?

731部隊の犯罪(生体実験、生体解剖、細菌戦等)は、アメリカ政府が免罪しても、世界の目が許さない!!

戦後マッカーサーと昭和天皇の極秘会談は11回行われ、その中で沖縄や731のことも話し合われたのだろう。GⅡと731部隊幹部との話し合いは鎌倉で行われ、731部隊員の戦犯免責と引き換えにアメリカに情報を提供するということで合意した。
東京裁判では、天皇と731部隊員は戦争犯罪人から外されたが、その人たちの行った中国をはじめとするアジアでの加害行為は、消し去ることはできず、子々孫々まで語り継がれるだろう!!
今の安倍自民は、過去の史実をことごとく消し去ろうと必死になっている!!

「731部隊展開催20周年記念シンポジウム」


731細菌戦部隊 1(前編:プライム10) よりの書き起こし
現代史スクープ・ドキュメント
731細菌戦部隊 前編(1992年)
アメリカ、ユタ州。今年(1992年)3月、私達はグレートソルトレイク砂漠の只中に位置する米軍基地を訪ねた。
アメリカ陸軍ダグウェイ実験場
実戦を想定した生物化学兵器の使用実験が行われるアメリカ唯一の施設である。
現在、生物化学兵器は、国際条約で禁止されているにもかかわらず、多くの国でその開発が続けられている。
この基地の設立目的は生物化学兵器への防御のためとされている。
湾岸戦争で使用された毒ガスマスクも、この基地でテストされた。
基地の一角にある文書館。
1942年に基地が作られてから今日までの生物化学兵器に関するあらゆる研究報告書が保存されている。
私達は、この文書館で旧日本軍の細菌戦部隊、731部隊の膨大な報告書を発見した。
2000ページに及ぶ細菌の感染実験のデータ並びにアメリカの科学者による731部隊の調査報告書である。
細菌を使った感染実験のデータ。
実験材料として使用されたのは、400体以上の人間である。
報告書には、実験に使われた細菌の種類、そしてアメリカの調査に協力した日本人研究者の名前が列挙されている。
石井四郎、731部隊部隊長である。
甲状腺、肝臓、リンパ節、脊髄、肺。
実験材料にされた人体はすべて解剖され、あらゆる臓器、器官がつぶさに観察されている。
前編全文を読みたい人は「ノブのノート」で

・・・・・
(後編)
被告の1人が記した731部隊本部の配置図。
731部隊の組織とその配置が事細かく記されている。
研究棟の内側に描かれているのは実験材料となった人間を収容した構内監獄である。
取調べは731部隊、部隊長石井四郎の下で行われたあらゆる行為に及んでいる。
中国人やロシア人などを使って、人体実験をした事実。
彼らは「マルタ」と呼ばれ、後に殺害されたという事実。
ソビエト側は尋問で得られた供述を分析し、細菌戦部隊の戦争犯罪を立証しようとした。
ハバロフスク軍事裁判の被告たちは、裁判開廷の2ヶ月前に1ヶ所に集められた。当時1号監獄と呼ばれたハバロフスク拘置所である。
ここは、現在も拘置所として使われている。
被告たちはそれぞれ別々の監房に収容され、拘置所内に設けられた取調室で尋問を受けた。
 当時、尋問が行われた取調室が残っていた。
「思い出しました。ここでした。」
プルターソフさんは、通訳官としてここでの尋問に連日立ち会った。
「あー、調査をやったときはですね。尋問官はいつもその中へ座っていました。検事はいつもこの所へすわって、細菌学者はここです。通訳は細菌学者と隣りで、あの被告人は検事と隣りでした。
「それをどのくらいやったんですか?」
「さぁ、2ヶ月毎日やっていました。」
被告の1人、三友一男さんのファイル。
学歴や軍歴など様々な個人情報と捕虜になってから収容所の移動などが詳細に記されている。
 ソビエト側は、三友さんが上官の命令で人体実験に参加した事実を追及した。
「相当、具体的な、向うがわかっているようなことを匂わせてきていますんでね。そのうち何人かの証人の調書を見せられまして、下に1枚ずつ全部サインするわけですね、調書に。そのサインを見せられて、こういう人間知っているか、こういう人間は記憶あるかというあれで・・・いろいろと名前を見て記憶から薄れとった人の名前まであるのでね。これは、相当向うが調べた上でというさっきの話でね。あまりいい加減なことも言えないなという感じですね。」

三友さんが所属したのは関東軍100部隊であった。
前線に欠かせない軍馬を伝染病から守る仕事を主な任務として誕生した部隊である。
ソビエトは、この100部隊第2部第6課が731部隊同様、細菌戦の研究をしていたとみなしていた。三友さんはこの第6課に所属する軍属だった。
三友さんの尋問調書。
尋問は、1949年10月22日から始まっている。
取調官がロシア語で筆記、通訳された上で、本人がサインするという方法で進められた。
証言内容に矛盾が生じた場合は、他の証人と対面させるなどして追及した。
取調べは時には深夜まで及んだ。
「生きた人間に対する実験の例をあげて下さい。」
「1944年9月、細菌学者の上官に実験に参加するよう勧められました。被実験者8人の食事にヘロインや朝鮮アサガオを混ぜて実験しました。私は、その後の人体内の変化を観察しました。1人が死亡しました。さらに青酸カリが人体に注射され、2人が殺されました。」
人体実験にかかわっていたととれる、この供述にソビエト側は注目した。6日後、この実験に絞って、尋問が行われた。
「22日の尋問であなたは人体実験に関与せざるを得なかったと述べている。もっと、明確に述べて下さい。」
「1人の中国籍の男が、私の調合した薬を服用後、死にました。また、1人のロシア人は、青酸カリを注射されて、その場で死亡しました。」

「あなたは、10月22日の尋問で青酸カリの注射によって殺害されたのは2人だったと言っているが、今度は1人だったと供述している。どういうことですか。」
「それは1人は毒殺。1人は青酸カリの注射によって死んだという意味です。」
22日の証言と28日の証言は青酸カリを注射されて死亡した人間の数が食い違っていた。取調官は、この数の矛盾を追及したのである。
「1人のロシア人に対し、1944年8月、2週間にわたり、様々な実験が行なわれました。
本人が衰弱した結果、上官はこのロシア人に青酸カリを注射して殺すよう命じました。
 このロシア人に気付かれないように殺害の3日前に下痢を起こさせ、下痢止めの処置をしました。その後、治らないとして、食塩水を注射しました。翌日治療を装い、ロシア人に0.1グラムの青酸カリを注射しました。ロシア人はその直後、死亡しました。」

「まあ、自分としては当時ね、まあ、18~19歳、20歳前のことでいい、悪いの判断が当然できる年齢であろうという風に言われれば、あれですけれども。一方的なそういう戦時教育を受けた人間としてですね、当然軍隊という組織の中で、与えられた命令については、批判とかそういうことは初めから全然抜きにして、とにかく与えられた命令は遂行するのが自分の責務あるという考えでやったことについてね、それが間違っておったことであれば、それは裁かれてもやむを得ないだろうと。」
 ソビエト側は取調室での供述を、裁判の法廷でも繰り返すことを求めた。
(三友被告尋問)
「100部隊で行われていた生きた人間を使用する実験に関し、知っていることをすっかり話してもらいたい。」
「2週間に5~6回毒入りの食事が被実験者に対して与えられました。汁には朝鮮アサガオ、粥にはヘロインを混ぜました。2週間後には衰弱し、実験の役には立たなくなりました。」
「そして、彼らはどうなりましたか。」
「機密保持のため、皆殺されました。」
「どんな方法でですか?」
「ロシア人は青酸カリを0.1g注射されて殺されました。」
こうして公開の場で、人体実験の事実が追及され、人道上の罪が印象付けられていった。
 しかし、ソビエト側にとって、被告個人の罪を裁くことだけが、この裁判の目的ではなかった。

・・・・・・・・・・

裁判直後の1950年2月1日。裁判結果をまとめたソビエトは、アメリカのアチソン国務長官に文書を渡した。
ソビエトはその文書で「日本の細菌戦部隊の行為は天皇を頂点とする日本軍部の組織的な犯罪であることを指摘し、改めて国際軍事裁判を開くことを要求している。そして、直接人体実験を行った科学者である石井たち731部隊幹部を新たに訴追し、これを裁くことを求めた。
アメリカはこの時までハバロフスク軍事裁判に表面上は無関心を装っていた。
しかし、その裏で裁判の情報を盛んに集め、分析を進めていた。
ソビエトのアピールを受け取った2日後アメリカ国務省は記者会見を開き声明を発表した。
「今回のハバロフスク軍事裁判は37万人の日本人抑留者の問題から目をそらすためのソビエトのカムフラージュに過ぎない。」

731部隊の行為を国際軍事法廷で改めて裁くことを求めたソビエトのアピールは無視された。
アメリカは、このときすでに人体実験の詳細なデータを入手していたのである。

731部隊の人体実験の事実を世界に初めて告発したハバロフスク軍事裁判。
この裁判には、戦後世界の主導権を握りつつあったアメリカを牽制するという政治的意味合いも込められていた。 
しかし、その政治性ゆえに、ハバロフスク軍事裁判は黙殺され、幻の裁判として忘れ去られていく運命をたどったのである。

こうして米ソ対立のはざまで日本の細菌戦部隊が行った人体実験の罪は闇に葬り去られた。

当事者である日本はその責任を自ら問うことなく半世紀が過ぎようとしている。
(1992年放送、NHK[プライム10 731細菌戦部隊後編〕より)
 
しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長(細菌培養課課長)、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
「彼は恩赦になると知っていました。日本に帰れたのです。ところがそのことを知っていながら、ある夜、彼は自殺することに決めた。これが、私の知っている全てです。日本に戻ることができない訳が何かあったのだろう。私達は、そう噂しあいました。」
村はずれの墓地。ここには収容所で死んでいった人が葬られている。この墓地の一画に柄沢が眠っていた。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
告白を始めるとき、柄沢はその心境をこう語っている・
「このことは、いずれ誰かが語らなければならないと思って、苦しい思いをしてきた。今、私は、医者としての良心をかけて、すべてを話そう。」












良心の呵責を起こし、苦しんで自決したのは柄沢だけではない!!
優秀な医学者の中には、自分の犯した罪に苦しみ、自決した人もいた!!【詳しくは『細菌戦部隊と自決した2人の医学者』(常石敬一・朝野富三著、新潮社)をお読みください!!】




2013年部隊展資料より





天皇はもちろん731部隊の人体実験を知っていただろう!!
(3:30あたりから)
unit 731 3

2013年 731部隊シンポジウム1  単長清女史(陳列館書記)、


2013年   731部隊シンポジウム 2  張可偉氏(731部隊被害



731部隊は中国各地で細菌戦を行った!!

2013年 731部隊シンポジウム3 李宏華氏、易友喜氏(常徳細菌戦被害者)









2013年 731部隊シンポジウム 4 山田朗氏(明治大学教授、登戸研究所資料館館長)


2013年 731部隊シンポジウム5  吉中丈志氏(京都民医連中央病院院長)



2013年 731部隊シンポジウム 6 奈須重雄氏(細菌戦資料センター理事)、伊勢弘志氏(明治大学講師)

731部隊の人体実験のレポート見つかる(NHKニュース)

731細菌戦部隊 1(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 2(前編:プライム10)

731細菌戦部隊 3(前編、後編、プライム10)


731細菌戦部隊 4(後編、プライム10)

731細菌戦部隊 5(後編、プライム10)

・・・・

unit731  1

unit 731 2

unit 731 3

731部隊・元部隊員の証言 1

731部隊・元部隊員の証言 2

満州医科大学及び731部隊での生体実験


731部隊・元部隊員の証言 5

731部隊で行われていた残虐行為はアウシュビッツ以上だ!!

今も続く細菌戦の恐怖  1 国立予防衛生研究所(現在の感染症研究所) ・登戸研究所

今も続く細菌戦の恐怖 2 日米医学会義

発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本に細菌戦生体実験場があった !?

闇に消えた虐殺 731部隊(10分版)

闇に消えた虐殺ー731部隊 1

闇に消えた虐殺ー731部隊 2

闇に消えた虐殺ー731部隊 3

語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


・・・・・
1回で見たい方は、こちらでどうぞ!
闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月

知ってるつもり 731部隊



黒い太陽731部隊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!天皇制・原発・731!!

2013-09-26 05:38:09 | Weblog

2013年「731部隊パネル展」より

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊





「問題は過去を克服することではありません。さようなことができるわけはありません。後になって過去を変えたり、起こらなかったことにするわけにはまいりません。しかし過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。非人間的な行為を心に刻もうとしない者は、またそうした危険に陥りやすいのです。」
【「荒れ野の40年」ワイツゼッカー連邦大統領演説全文(1985年5月8日) より】
ヴァイツゼッカーの演説【独語】1/4




問われる戦争責任!!戦後責任!!
戦争遺跡!「731部隊」

聞こえませんか?「マルタ」の叫びが!!
不帰の門


象徴的な事例をあげてみたい。今はもう無くなったが、数年前には731部隊遺跡の本部楼から「ロ号棟」を結ぶ回廊の一部が残されていて(それは現在も確認できるが)、「煉獄門」(「不帰の門」)と書かれた文章が壁の金網越しに中国語、そして英語、日本語、韓国語の訳が添えられてあった。
これは誰が考えた文章か、筆者は確認することができない。以下、原文のままを再掲する。

これは731部隊が設立した人生の「不帰の門」である。当時たくさんの被実験者は此処を経由して生命の終点に行った。そして生還者が1人もいない。この門の中で飽くことを知らない野心と喪失した人間性とを無情な殺戮が充満したことがある。ただ「人間」として自分の罪を反省する事だけ発見できない。「煉獄門」の前に立って誰かが何かを述べているような感じがする。誰かが悲惨な歴史と未来の平和を述べているような感じがする。

決して正確ではない日本語がここではよけいに現実的な情景として見る者に訴えかける。「被実験者」とは通称マルタのことで、ここを通ったが最後、生きて帰ることはなかった。「飽くことを知らない野心」と「人間性を喪失した無情な殺戮」とは当時の医学の倫理的破綻であろうか。彼らは人道を、罪という自覚を失した集団であった。「煉獄門」の前に立てば、そこから人間の叫びが聞こえる。私もまた耳をそば立ててみた。未来の平和ではなく、憎しみばかりが募った。・・・・・
(『戦争遺跡と歴史認識」』ー「731部隊」遺跡保存活動を通して私が学んだことー田中 寛著より)

731部隊の遺跡2

731部隊の遺跡1

731部隊の遺跡3

731部隊遺跡4


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


明治大学生田キャンパス内の登戸資料館で
パネル展示『731部隊展2013』開催
期間:9月4日(水)~10月26日(土)
10:00~16:00(日、月、火曜は休館)
★臨時休館あり大学のHPか資料館に御確認のうえご来館下さい。
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL: 044-934-7993

生田キャンパス アクセスマップ

生田キャンパス キャンパスマップ



731部隊からフクシマまで、日本医学界は何の反省も無く医療が続けられている!!

日中戦争の最中、国家総動員法が施行され、医学界から多くの優秀な人材が731部隊にも行った。そこで人体実験を繰り返しながら、細菌兵器の開発を進め、中国各地で細菌戦を行い、多くの中国人や日本人にも被害を出した!!敗戦直前に、天皇の責任が問われないよう証拠湮滅のため部隊は破壊され、部隊員はいち早く日本へ帰国した。上級幹部は、アメリカに研究データを引き渡し、戦犯免責を受け、アメリカの細菌兵器開発に協力し、東京裁判にはかけられなかった。

1945年8月6日や9日の原爆投下後の被爆調査には、医学者が動員され、天皇制護持するためのカードとして、アメリカの喜ぶような原爆の威力を示す被害調査が行われ、患者の治療はほとんどされなかった。8月のうだるような暑さの中での原爆投下の惨状は、本当に生き地獄であった!!
医学者たちは、被害調査に没頭し、ほとんど被爆者の医療がなされていないとは驚きだ!!
その中で、治療とは関係ない人体実験が行われ、もしかしたら生体解剖もされていたのではないかと疑ってしまう!!
また、731部隊上級研究員たちは、医学界で出世し、重要なポストに坐ったため、731部隊の非人道的な行為は反省も謝罪もされなかった。 戦後も、人体実験が行われ、それが世間に知られるようになると、社会問題になることもあった。
1954年の水爆実験では、元731部隊員の宮川正が被曝した漁船800隻のうちの1隻「第5福竜丸」だけを問題視し、放射能の影響を過小評価した。
また、
水俣病では、田宮委員会が、水俣病をもみ消し走った。
昭和35年に入り、医学者は水俣病の発生は止んだと発表した。こうして患者は、以後10年まったく忘れ去られた!!
(20:40あたりから)福島原発事故を想起させる!
水俣病=その20年=

「薬害エイズ事件」では、元731部隊員内藤良一の設立したミドリ十字が問題となった。

27分あたりから川田龍平さんの意見。
語り部 731部隊 少年隊員の見た細菌戦部隊


今回の福島第一原発の事故も、健康被害の調査は表面上は行われているが、治療は行われていないのではないか?
長崎大学の山下俊一を福島県立医大の副学長として派遣し、とんでも発言を繰り返し、問題を起こしている。
山下俊一トンデモ発言


731部隊を隠蔽する目的の取引!NHKスペシャル 封印された原爆報告書



資料を早く公開してほしい!!
日本の医学界は戦後731部隊での残虐な行為を反省することもなく、謝罪もしていていない!!
これでいいのだろうか?



731細菌戦部隊残党と長崎大学の放射線医学者たち 福見秀雄・青木義勇と長瀧重信・山下俊一


パネル集「731部隊展」

1993年7月~1994年12月(731部隊展より)

発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より

榊原林口支部長の証言(5:30あたりから)
発見!731部隊 衝撃の新事実!!

日本人中国抑留の記録7(アヘン・731・無人地区)




これまで、「証拠がない」として細菌戦の実施を認めてこなかった日本政府の根拠が、崩れた!!
生物兵器による攻撃についての新資料
発行「戦争と医の倫理」の検証を進める会
発売三恵社より


アメリカ(占領軍)は帝銀事件の捜査に圧力をかけた!
やはり、犯人は特務機関(731部隊員か陸軍中野学校等)の人間か?
日本政府は、何時まで731部隊の資料を隠蔽するのだ!!

帝銀事件とは?
731細菌部隊と帝銀事件との真相1

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(1)

"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(2)
"戦後最大のミステリー"「帝銀事件」(3)

(参考)高杉晋吾が語る「戦争・原発!!」
20130316 UPLAN 高杉晋吾 国策としての731部隊と原発




若松孝二監督を偲ぶ!!
若松監督、次作構想に「731部隊」あった…三女が明かす
「あさま山荘事件」実行犯を捜して(1)

「あさま山荘事件」実行犯を捜して(2)

IMAGINE 9
05
想像してごらん、
基地をなくして緑と海を
取り戻していく世界を。

Imagine,
A world that gets rid of
military bases and reclaims
the forests and the oceans.

文 星川淳、河崎哲 合同出版より


●ドイツと日本の違い
ドイツの医学会の謝罪や脱原発はドイツ国民が「生命への畏敬の念」に目覚めたからか?
ドイツ精神医学会の反省


日本医師会の歴史認識
Unit 731: Japan's biological force


カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本)

現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。 

『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学

Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」 
*「水晶の夜」

ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。(以上)

■ある大学講師のおこなった人体実験

ベルニングが飢餓実験をした捕虜の写真

ベルニングの書物『栄養障害』(ティーメ社刊 1949年)にはオリジナルの署名入りで、「造影された大腸。造影剤は3リットルを要した。大腸の内径は大きい。とりわけ下降する部分、シグマ形の部位で弛緩が目立っている」と書かれている。



ドイツ精神医学会の謝罪
ドイツ精神医学会は公式に謝罪しました。では、日本の精神医学会は


●南京大虐殺
「この事実を・・・・」
(「南京」市民に仕えた宣教師証言集:章開?/編 加藤 実/訳)
(発行:ストーク、発売:星雲社、定価2200+税)
※『日中歴史共同研究』(2010年1月31日公表)でも明らかなように、日中戦争は日本の侵略戦争であり、南京大虐殺は歴史事実である。私達日本人は、南京大虐殺の「この事実を・・・」を謙虚に読むべきだと思う。
南京でどんなことが起こっていたのかをもっと日本人は知る必要があると思う。
今でも多くの被害者の方々はPTSDに悩んでいる!!

ヴォートリン
ヴォートリン
日記の抄訳(1937年12月12日~1938年5月13日)
12月25日、土曜日
 午後2時に、大変うまくいったクリスマスが、キャンパスの用務員たちのために小さなクリスマス・チャペルで催され、ミス王が責任を持った。3時にミス婁が、近隣のキリスト者婦人たちとキャンパスのいくつかの難民家族のための、クリスマス礼拝をつかさどった。晩の7時にミス霍奇が、昼間学校の生徒たちと奉仕団で彼女の手伝いをしているほかの子供たちのための、クリスマス礼拝をつかさどった。難民の大群のためには何もできなかった―扱いようがないのだ。
 今夜は警備隊がいない。警察官が1人大使館から遣わされて来た。兵士たちが町から撤収しつつある。ベイツに言わせれば、婦女たちを捕まえていくのに関する限り、金陵大学ではよくない日だったが、わが難民のいくらかは家に戻っている。

南京大虐殺記念館館長、「日本の若者の参観者が減っている」―江蘇省南京市
XINHUA.JP 8月17日(土)6時40分配信
中国江蘇省南京市にある南京大虐殺記念館の館長が「来館する日本の若者がどんどん減っている」と語った。16日までに現代快報が伝えた。

15日午前、江蘇省と南京市の各界代表と数十人の日本の友好人士が南京大虐殺記念館で国際平和集会を開き、30万人の被害者を追悼し、中国人民抗日戦争勝利68周年を祝った。

日本の友人たちは「日本が歴史を無視することは、南京大虐殺の被害者や生存者たちをもう1度傷つけるもの」と懸念を示した。

現地時間の午前8時30分、大阪、兵庫、長崎、東京、京都、福島、神奈川などから集まった37人の日本の友人が会場に到着した。彼らは30万人の被害者に献花し、黙とうした。

朱成山館長によると、2002年からこうした集会を開催している。だが、参加する日本の訪中団をみると、若者の姿はあまりない。朱館長は「どんどん少なくなっている。毎年、同館を参観する日本人は3万人を超えるが、青少年の数は明らかに減少している」と語った。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

ジョン・ラーベを記念するラーベ平和賞授賞式、オーストリアで開催

日本南京大屠殺\x{6ce0}血又殘忍殺死無辜的中國人的遭遇


档案:\x{8fd8}原1937南京浩劫---南京大屠\x{6740}(上)





中国各紙、好意的に報道 鳩山氏の南京大虐殺記念館訪問

「河村市長を訴える」再度の南京大虐殺否定発言で生存者が怒り=中国
毎日中国経済 2013年04月04日19時52分

名古屋市の河村たかし市長が再度、南京大虐殺を否定する発言をしたとの報道を受け、中国の墓参りの日である清明節の4日、南京大虐殺の生存者で84歳になる夏淑琴さんは「大虐殺を否定するというのであれば、河村を訴える」と怒りをあらわにした。中国新聞網が伝えた。
夏さんはこの日、南京大虐殺記念館を訪れ、犠牲者追悼の碑に花をたむけた。夏さんは毎年清明節にここを訪れているという。
日本の政治家がまた南京大虐殺を否定していることを知った夏さんは同記念館の朱成山館長に対して、「河村を訴える」と激しく怒りながら語った。
共同通信によれば、河村市長は1日、名古屋市長選の公開討論会の席で昨年の南京大虐殺否定発言について質問を受け、改めて「撤回する考えはない」と発言した。夏さんは「私は認めない。河村を訴える。あれだけ多くの人が死んだ事実がありながら、なぜ否定するのか」と、激しい反感を隠さなかった。
夏さんは南京大虐殺をめぐって何度も日本で証言し、2008年の裁判では日本の歴史研究者の著書をめぐって勝訴した。
日本銘心会南京友好訪中団の松岡環団長は4日、現地で行われた「清明祭」に出席。松岡氏は「河村市長は歴史的研究から南京大虐殺を否定する結果を導き出したわけではない。右派の政治家としてこうした観点が必要で、それを維持している。政治的利益のためで、これも政治の右傾化の危険な点だ」と指摘した。
(編集翻訳 恩田有紀)


脱原発


水俣病を忘れるな!!
水俣病=その20年=


◆小出裕章ジャーナル~第37回【何をいまさら!2】東電がうまくいかないから

東電がギブアップ宣言で国に「新たな支援」を要請! 公的資金頼みの「ゾンビ企業」は早急に破綻処理して解体・売却すべきだ!


[小出裕章氏直撃インタビュー]どうする溶け落ちた核燃料と猛毒汚染水10万トン

志葉玲・小出裕章:汚染水・原発輸出問題

【1012】 原発の汚染水 (2) 国民の覚悟と原発再開 / 武田 邦彦

「公園の利用は1時間以内」と市の立て看板。これが福島の現実……

何をいまさら!・・正気の沙汰とは思えない 小出裕章先生

タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は



全文を読みたい人は「ノブのノート」で
コメント
この記事をはてなブックマークに追加