国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-31 10:15:33 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 

グーグルクロムで見るとスムーズに画面が動きます。

権力側の都合の悪い情報を「国益を損なう」と言って隠すことはあってはならないことだと思う。
情報をもっとオープンに公開せよ!!

「日本では戦争について反省をしていない人々が権力を握っており、これが日本とアジアの人々にとって非常に深刻な問題になっている」

安倍さん!!72年の日中共同声明を完全に忘れたのですか?

共同声明は、「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と明記している。

※今の日本で「命の教育」などできるのか、疑問だ。過去の日本の残虐行為を全て日本政府からして隠し続け、「日本を取り戻す」、「美しい国」とか、天皇制の強化を唱えている。大人がきちんと過去と向き合っていない!!

第1次世界大戦から100年、安倍首相への10の質問―中国メディア

気になるニュース
<オスプレイ>佐賀市で配備反対の総決起集会 600人デモ

抗議カヌー隊20人一時拘束 辺野古

<広島土砂災害>15万人眠れぬ夜 雨予報で避難勧告継続

河野談話見直しに懸念 英誌エコノミスト

ウクライナ情勢:EU 新たな対露制裁検討「金融に余地」

戦争になると、かつての日本がしたように医の倫理や道徳は全く無視され、勝つためには手段を選ばなくなるのでは?
対話による解決は、できないものだろうか?

「ロシアは核大国だ。関わり合いにならない方が良い」と述べ、欧米側を露骨に威嚇した。西部トベリ州で、ロシアの若者を集めた対話集会で語った。
ウクライナ情勢:露大統領「核大国」強調…欧米を威嚇 

ウクライナ東部で激しい戦闘続く

原発輸出、歴史認識等を話し合ったのか?
日・インド首脳 非公式夕食会で意見交換

日本は一体どうしてしまったのか?「仕事のやりがい」で世界最下位に―中国紙

何のために使うんだ!?
防衛省、過去最大の概算要求 武器調達で膨張5兆円

防衛省は、民間の先進的な技術を装備品の開発に積極的に取り入れるため、大学や研究機関などに最大で10億円程度の資金を提供して研究を委託する、

沖縄の民意尊重を 国連人種差別撤廃委が日本に勧告

慰安婦問題を巡って“朝日新聞が右派の攻勢に”・・と韓国報道、「慰安婦問題が、あなた方の行いによるものでは無いと?」「在日同胞は…」

ノバルティス、重い副作用2579件報告せず

水俣病 約1万人救済外れ提訴も

デング熱 都が蚊の調査強化へ

子宮けいがんワクチン追跡調査へ

南京大虐殺、東京裁判…中国博物館と靖国神社・遊就館の解説を比較―中国紙

A級戦犯を「祖国の礎となられた」?こんな人が首相?
安倍氏が公然と第2次大戦の戦犯を賛美、韓国メディアは戦争責任の回避と批判―中国メディア

中央日報は、「安倍首相が追悼文を送ったのは、一般戦没者でない戦犯だけを賛える行事であり、日本の戦争責任とこれを断罪した東京裁判など、戦後秩序を完全に否定する」行為だと指摘。 
安倍首相がA級戦犯に哀悼文、韓国紙「これまでの釈明ウソだった」と批判―中国メディア

安倍首相の「戦犯賛美」は本心?「中国をだます常とう手段」「本心に決まっている」―13億人のアンケート

安倍首相がA級戦犯法要に哀悼文「祖国の礎」=韓国ネット「日本が狂っていく」「これが本当の姿」

中国から略奪した文化財が日本の国有財産に、宮内庁コメントに中国民間団体が怒り―中国メディア

「尖閣諸島の真相を知ってほしい」、米映画を編集の書籍、日本語含む7言語で全世界発売へ―米華字紙

韓国の竹島研究家、竹島を韓国領土と記した日本地図公開―韓国メディア

「独島教育」を強化 最新の研究結果を盛り込む=韓国

韓国外務次官、「安倍氏が韓国側の立場を理解することを望む、韓国への友好と誠意を示してほしい」―中国メディア

日韓団体、「朝鮮通信使」を共同で記憶遺産申請へ=韓国ネット「関係が良くなれば…」「また争い始めるんじゃ?」

万人坑を訪ねる─満州国の万人坑と中国人強制連行

万 人 坑 を 知 る 旅





なぜ、日本政府は731部隊のおこなった生体実験・細菌戦を認めて謝罪しない!?
高校日本史Aの教科書、実教出版を希望が最多 来年度 静岡

高校教科書(実教出版)に学ぶ
歴史のまど・・・1937年12月、日本軍は、国民政府の首都南京を占領した。その前後数週間の間に、日本軍は、南京市内外で捕虜・投降兵をはじめ婦女子を含む中国人推計約20万人を殺害し、略奪・放火や婦女への暴行をおこなった。当時の中島師団長は、12月13日の日記に、捕虜にはしない方針であり、佐々木部隊だけで約1万5千人を「処理」したと記している。 
南京での大虐殺事件は、日本国内には知らされず、東京・名古屋・大阪などでは「南京陥落」を祝って提灯(ちょうちん)行列がおこなわれていた。しかし欧米では『ニューヨークタイムズ』などによって「捕虜全員殺される」と報道され、国際的非難が沸き上がった。(※南京大虐殺)

※現在、中国南京市郊外の虐殺現場には侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館(1985年8月15日開館)がある。中国側は、市民や武器を捨てた兵士など30万人以上の人々が日本軍によって虐殺されたと発表している。なお、日本国内では虐殺数について「10数万人」など他の説もある。


・・中国軍民の抵抗に直面した日本軍は、1940~43年にかけて、華北の抗日根拠地への攻撃をおこなった。この作戦は「焼きつくす、殺しつくす、奪いつくす」という意味で「三光作戦」と非難された。また、ハルビンの731部隊などでは、細菌戦・毒ガス戦の研究で、3000人ともいわれる中国人ロシア人を実験材料(マルタと呼んだ)にし、しばしば中国各地で細菌・毒ガスを使った作戦を実行した。さらにアヘンを生産して中国占領地で販売したりした。

許すな!!教育委員会の不当介入!!
神奈川県立高、実教出版の日本史教科書使用希望ゼロ
学習指導要領で指導を義務付けられている国旗掲揚、国歌斉唱を「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を来年度に希望する県立高がゼロだったことが19日、分かった。

実教出版の教科書、都教委「不適切」 日本史の記述で
「不適切」とするのは「高校日本史A」と「高校日本史B」。国旗掲揚や国歌斉唱に関して「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について、都教委は「国旗掲揚と国歌の起立斉唱は教員の責務であるとする都教委の考え方と異なる」としている。

高校教科書から学ぶ(東京書籍)
戦争裁判・・・(東京)裁判を通して、戦争中の日本軍による侵略行為、残虐行為の実態が、はじめて国民の前に明らかになった。他方でこの裁判には多くの問題点もあった。昭和天皇の責任をこの裁判で問うかどうかは、国際的に議論されたが、天皇制維持による占領政策の円滑な遂行を進めようとしていたアメリカの意向もあって、結局不問にふされ、また731部隊の関係者はアメリカへの資料提供とひきかえに訴追をまぬかれた。連合国側のアメリカによる無差別爆撃や原爆投下、ソ連軍の行為などは問題にされることもなかった。
極東国際軍事裁判とは別に、通例の戦争犯罪の容疑で、BC級戦争犯罪裁判が1945年10月から1951年4月まで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィリピン、フランス、オランダ、中国の各国の法令によって実施され、死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人の判決が下った。この裁判では、残虐行為を命令した上官ではなく実行した部下のみが責任を問われたり、誤認で刑が下ったこともあったといわれている。有罪となった者の中には、朝鮮人約150人、台湾人約180人が含まれていた。

高校教科書から学ぶ(?)
731部隊・・・日本陸軍は、細菌戦準備のため1932(昭和7)年に関東軍防疫班を設立し、38年から39年にかけて、中国ハルビン郊外にその本部と実験施設を移転した。ノモンハン事件ではじめて細菌戦を実施した軍は、防疫班の規模を拡張して40年から関東軍防疫給水部と改称した。この細菌戦部隊は731部隊と呼ばれ、ペスト・腸チフス・コレラなどの病原菌を兵器にして、42年からは中国戦線で細菌戦を実施した。また、中国人などを「マルタ」とよんで人体実験をおこない、敗戦時までに3000人あまりを死亡させた。
敗戦後、アメリカは731部隊が開発した技術を入手するためにこの部隊の幹部を免責したため、彼らが公的な責任を問われることはなかった。









▼数え切れない戦争犯罪 

これら1000人余りの戦犯による犯罪を単純に足しただけでも驚くべき数字となる。直接殺害された中国の民間人と捕虜は85万7000人余り、焼却・破壊された家屋は7万8000軒以上、略奪された食糧は3700万トン、石炭は2億トン以上にのぼる。1931年の「満州事変」から敗戦・降伏まで日本の帝国主義は数多くの悲劇を生み出した。平頂山虐殺や南京虐殺、潘家峪虐殺、劉店郷虐殺、四一二虐殺、重慶大トンネル虐殺、北[田童]虐殺などその犯罪は枚挙にいとまがない。 

日本人戦犯45人の「更生」はいかにして行われたか―中国メディア

<昭和天皇実録>知られざる事実含む可能性高く…黒塗りなし


防衛費よりも災害救助対策の方が大切ではないか?

”防災”こそ国民への安全保障! 広島市土石災害によせて・・(´・_・`)

考察団代表は「日本帝国主義の罪は明らかで、731部隊史跡はその明らかな証明である。中韓両国は心を一つにして、全世界の人民に日本軍国主義の罪を示し、二度と同じ過ちが起きないようにしなければならない」と発言した。

「日本の侵略者による罪を公にし、被害者を偲ぶと同時に、若い人たちに歴史の真相を脳裏に刻んでもらい、世界の平和的発展を推進するものだ」
韓国の国会議員視察団、旧日本軍731部隊遺跡を視察―中国報道 

中韓合同で「侵略」写真展=ハルビンの731部隊跡地

<慰安婦問題>韓国国会議長「日本に全力で謝罪と賠償求める」=訪日し国会議長に談判方針―韓国メディア




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-31 10:14:11 | Weblog

日本政府は中国に遺棄した毒ガスの処理に全力をあげなくてはならない!!
天皇・皇族方の戦争責任を問う!!
天皇の親族、参謀総長閑院宮が毒ガスの使用指示を出した!!
大量の毒ガス弾は中国・日本近海に遺棄され、毒ガス弾の被害は今、中国・日本で起きている。そして、遺棄された毒ガス弾の海洋汚染は原発事故と相まって、大変なことになっているのではないか?

日本は1925年のジュネーブ議定書を無視し、主に中国で毒ガス兵器、細菌兵器を多用した!!
日本鬼子のおきみやげ(毒ガス)



上坂勝の毒ガス使用の証言

日本人戦犯3人目の供述書を公開 毒ガスで掃蕩 軍民多数を殺害(二)

上坂勝の1954年7月の供述書によると、上坂は1892年大分県生まれ。1934年3月~1941年11月、台湾で歩兵連隊の副隊長、大隊長を務め、階級は少佐、中佐。1945年6月に陸軍第五十九師団歩兵第五十三旅団長に任じられた。同年8月20日、朝鮮・咸興付近でソ連軍の俘虜となった

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1942年2月頃、「歩兵第百六十三聯隊長大佐として河北省保定に蟠踞中」、「逮捕監禁しありたる中國人民約二十名を斬殺、刺殺等の方法により虐殺したる事件がありました」。3月頃、約10メートルの鉄道レールが除去されたため「十數人の容疑者を捕へて拷問し殺害三(四)人に及んだとの事でありました」。5月頃、「望都附近の鉄道沿線(望都西方約一粁)の一框舎が八路軍の急襲を受け全滅し輕機關銃及其の他の兵器を全部奪取せられた事件があり」、「約三〇名の住民を拷問し通謀者と目せられるもの約六名を殺害し框舎に接近して居る家に放火し三軒焼却したとの事であります」。
1942年5月27日、冀中作戦で「私は此の戰鬥に於て第一大隊をして八路軍及住民を殺害すること約八百人に上り」、「赤筒及緑筒の毒瓦斯を使用し機関銃の掃射と相俟って八路軍戰士のみならず逃げ迷ふ住民をも射殺しました、又部落内を『掃蕩』し多數の住民が遁入せる地下壕内に毒瓦斯赤筒、緑筒を投入して窒息せしめ或は苦痛のため飛び出す住民を射殺し刺殺し斬殺する等の残虐行為をいたしました」。「此の侵略作戰に於て聯隊が中國人民に與えた損害は殺人約一千一百名に及び家屋の破壊約十軒、焼失家屋約三軒、掠奪使用家屋約四五〇軒(約十日間)其の他中國人民約二四〇名を框舎構築(八個)のため酷使しました(約十日間)」。
1943年春、行唐西北方山地において第二大隊は「八路軍戰士や住民に對し殺害約二五〇名 焼失家屋約五〇軒」の損害をあたえた。「各部隊(前記行動間各道路を行進する先頭部隊)は住民の探知組を先頭に進め地雷を踏ましめて虐殺しました」。
1944年5月、河南省嵩県で兵士一人が行方不明になったために「住民十數人を捕へて」「殺害五(六)人に及び十二(三)軒の家屋を焼却したとの報告がありました」。
1945年6月、「此の轉進間第一第二大隊は出發當初より俘虜(約五十名位はあったと思ひます)を同行してゐましたが豆腐店南方地區で愈々前進困難となりましたので私は各部隊に『邪魔になる俘虜は殺害し我方の戦死者は指を切り取り持ち歸るべし』と命じました」「俘虜は全部殺害したとの報告がありました」。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月7日


孫君の手紙 


毒ガス処理を神戸製鋼がやる?なぜ?
(参考)安倍さんは神戸製鋼に3年間勤務している。(関係ない?)
2007年9月 安倍さんは、首相を辞任している。
安倍晋三

2007年12月 6日 (木)
交流協会毒ガス弾処理疑惑、神戸製鋼も関与か?


防衛省発注事業で神鋼にも疑惑浮上


安倍のお爺さん、岸信介と731の関係は?情報公開せよ!!
日本人が忘れても、マルタの怨霊は日本の罪業を訴え続けている!!

安倍の行けない中国・韓国では731部隊の研究が盛んになってきている!!
「秘密保護法」の施行を急ぐ安倍政権の閣僚に世界からメッセージが届いています!!
とくとご覧下さい!!

侵華日軍第731部隊罪障陳列館(ハルピン)

中国が教える731部隊


生きた人を人体実験、日帝731部隊の恐ろしい蛮行


鉄証:731部隊の罪業

日本人の証言もありますよ!!
語り部フォーラム 


韓国人「中国が731部隊の残虐行為証拠資料を公開、幼い子供にも人体実験していた日本」


731部队的真相(英文)2/5 731部隊の真実 the truth of Harbin Unit 731(English Narration)


731部隊のことは、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター・・・1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。)のビデオでも紹介され、世界では公然の事実とされている。
インターネットエクスプローラーのグーグルで(グーグルクロームでは映りません。)
http://www.bt.cdc.gov/agent/plague/trainingmodule/1/02wmp.htmをご覧下さい!!

疾病管理予防センター(CDC): 谷川透訳

医学博士、科学博士 ジョアンヌ・コノー

人は中世以来、敵を殺し、敵の能力を奪うため、自然界に存在する生命体を用いてきた。
初期の例の一つは、14世紀にタタール軍が黒海沿岸の城郭都市カファを包囲攻撃したときに起きた。
腺ペストが発生してタタール人に猛威を振るい始めたとき、彼らはペストに罹って死んだ者の死体を投石器で市内に投げ込み、城壁の内部で腺ペストを勃発させることを決めた。
その後まもなく、城市の中で虐殺から身を守っていた人々は、突然ペストに襲われ、イタリアへ逃がれた。
彼らはこの伝染病を、彼ら自身でヨーロッパに運び、それが恐ろしい黒死病の大流行の始まりとなって、ヨーロッパの人口を激減させたのであった。
ペストの流行に関する今日のわれわれの知識によれば、ノミは人体が冷えるとすぐ人体を離れるので、人体を離れたノミによって元々市内に住んでいたネズミが感染し、市内で突然発生したペストが現実にカファ全域に広がった可能性は非常に高い。

日本帝国731部隊は、日本が戦争に動員され準備が整った1930年代と40年代に仕事をした。
この恐ろしい計画の立案者である石井四郎中将は、病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた。
石井は特にペストに魅了されていたが、それはペストによる細菌戦攻撃が自然発生的な伝染病の様相を呈するからであった。
さらに、人から人への感染拡大は、最初に用いる(細菌戦)発動物の量に応じて、病気を発生させることが出来るからであった。
731部隊は、ペスト菌を霧状に散布したり、水に溶かして散布したりすることが出来なかった。そこで彼らは、ペストを感染拡大させるために、天然の病毒媒介昆虫――通常のノミ――を用いた。
感染ノミを搭載した陶器爆弾が中国本土の幾つかの都市に投下され、その住民に多数の感染を引き起こした。
ペストは恐怖心を生み、容易に感染拡大し、人々を迅速に殺すので、兵器として魅力的である。

合衆国の攻撃計画でもペストに関して若干の調査研究を行なったが、同国では完全に武器化することは出来なかった。
ペスト菌を大量に増殖させた時、人はその毒性を持った細菌を保有しつづける魅力に打ち勝つことが出来ない。

ペスト菌は武器であって、伝染力を持っている。われわれは過去を振り返って、そのことを強く感じる。さらに、ペスト菌をエアロゾルにして持ち歩かないよう管理することも問題だし、気象条件によってペスト菌が変異しうることも問題だし、細菌の形をとらなくても非常に感染性が強いことも問題だし、最後にペスト菌がどういう形をとってお終いになるのか、誰もコントロールすることが出来ない。
ペスト菌はきっと、帰ってきて、あなた方に噛みつくことでしょう。
あなた方の軍隊だけでなく、あなた方の友軍や同盟軍にも噛みつくことでしょう。

しかしながら、ソビエトの兵器工場では、ペスト菌はその伝染性ゆえにお気に入りの生命体である。
ソビエト軍は、米軍の経験した毒性の問題を克服した。
ソビエトの亡命者アリベック博士とのインタビューによれば、彼らは1,500トンのペスト菌をいつ如何なる時でも手にしており、それを大陸間弾道弾に搭載する準備が出来ているとのことである。
保管の問題のため、彼らは頻繁にペスト菌の備蓄を廃棄して、新しいものに替えるという。
われわれはテロリストによるペスト菌の使用に非常に関心がある。というのは、ペスト菌が自然界に見いだされるだけでなく、世界中の数多くの生物学資料供給所で入手できるからである。

「生物兵器による戦争とテロリズム;軍事上および公衆衛生上の対応」(アメリカ食品医薬品局発行、1999年)から脚色



<動画>日本軍の細菌戦の遼寧省で唯一公認の被害者が病死


中国(瀋陽)日本戦犯審判の特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書

<動画>郵便検閲書類が日本軍の細菌戦を実証



日本人には真実が隠されているのでは?「秘密国家!日本!!」
マレーシア航空機の墜落原因を親ロシア派が邪魔しているように、日航機墜落事故も、米軍や自衛隊が事故の真相究明を邪魔しているのではないか?
もし、航空機墜落事故に、国家の組織が関与していたら、国家は必死に情報を国民の目から隠すだろう!!
原因は、自衛隊か米軍か?
御巣鷹山JAL事故29年…墜落直前の生々しい新テープ「やばい!」「あーああ、終わった」
日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!
日航ジャンボ機JAL123便撃墜事件(M氏の証言_完全版)
中曽根元総理、あなたは、あの日、防衛庁、とりわけ航空自衛隊に対して、一体、如何なる命令を下されたのか?!
【JAL123便墜落事故】
自殺した航空自衛隊員が所持していた 2枚の写真 (世界の真実の姿を求めて!)
NHK速報の「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」 
NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。 続報が入り次第お伝えします」 
JAL123便墜落事故・自衛隊員への銃撃

日航機墜落:29年 慰霊の夏--群馬・御巣鷹

小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います



小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います


松井英介氏講演
内部被曝による健康障害




天皇はなぜ広島・長崎の式典に参列しない?天皇と原爆は関係ない?
天皇批判した小川、謝罪も炎上
小川未菜は100%正しい! 「日本人は昔,天皇のせいで苦しみ、命がたくさん奪われた」
昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


原爆投下について記者から問われた昭和天皇は、こう答えている。
天皇:「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」

日本は、戦況が悪化し負けていたにもかかわらず、「国体護持」にこだわって降伏を遅らせ、多くの日本人の犠牲者を出してしまった。そのときも、戦争をはじめたときも最高責任者は、昭和天皇であった。

1975年の記者会見では、天皇の戦争責任ついてこう述べている。
「中村康二(ザ・タイムズ):天皇陛下のホワイトハウスにおける「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がございましたが、このことは、陛下が、開戦を含めて、戦争そのものに対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また陛下は、いわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

『天皇陛下:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないで、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

日本は戦争中、世界で初めての2発の原爆投下を、経験した。
これは、アメリカが莫大な費用をかけて開発したものだった。
アメリカは実戦の効果を知りたかった。
原爆の子

日本が、本当に「自衛のための戦争」をしていたならば、敗戦後この非人道的な核兵器の被害を、国際社会に訴えることができたはずだ。
ところが、日本は戦争中、中国大陸において、驚くべき残虐な人体実験、細菌戦、毒ガス戦等を展開していた。アメリカは再三日本に「この非人道的な細菌戦、化学戦(毒ガス戦)はやめろ」とと警告を発していた。
日本は自国の戦争犯罪を隠すことに汲々として、アメリカとの取引をし、そして、原爆被害を世界に訴えることなく、全面的に核兵器の効果を調べるためのアメリカの調査に協力した。その結果、その調査によって被爆者は全く治療されなかった。
封印された原爆報告書


1997年の平和宣言で広島市長平岡敬氏は「アメリカの核の傘から日本は抜け出すべきだと政府に要求する」と唱えた。
すると橋本首相は平岡氏に歩み寄ってきた。
「あなたの気持ちはわかるけれども、そんなことはできない。あなたはアメリカの怖さを知らない」と言ったという。
やんばるの白ひげ ~核の傘の下で~(3)


私の想像:もしも日本政府が、アメリカの核戦略から抜け出し、この非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴えたら、アメリカは「日本が中国で行った非人道的な人体実験、細菌戦、毒ガス戦、三光作戦等をばらすぞ!!」と脅しているのではないかと思う。そしたら今の天皇制はすっ飛んでしまうだろう。
追記:アメリカの怖さとはこれかな?
橋本龍太郎は、1986年7月22日、第3次中曽根内閣の運輸大臣に就任した。
このドラマの最初の方で事故調査報告書を受け取っている。
ボイスレコーダー  ジャンボ機墜落20年目の真実
米軍が墜落させた?それとも、自衛隊?
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表



橋本首相は続けて言う。
「日米安全保障条約によって支えられている安全保障の仕組みがこの国にとって必要だ。」

私の解釈:だからお互いに過去の非人道的な過ちは隠しておいて、未来志向で、放射能の怖さや遺伝子組み換え操作の怖さにも触れず、未来志向で、日本はアメリカの核戦略・生物化学兵器開発(もちろん日本も密かにやっているのでは?)を危険と知りつつ、進んでいきましょう。そしたら、天皇制も安泰です!!(何時まで続くこの身分差別!!)
原爆を浴び、放射能の恐怖を体験したはずの日本が、原発を50余機持っている。そして文殊はじめ原発関連の施設の維持費は膨らむばかり。国家財政は破綻寸前!!(破綻しているのかな?)、若者の貧困化も深刻!!

・内部被曝を日本の司法は認めているが、日本政府は認めていない?
・日本の医療・教育で、本当に「人間を人間として見る医療・教育がされてきているのだろうか?」
※日本は、戦後東京裁判で731部隊の罪業が裁かれることなくきたために、教育界・医療界でも戦争の反省をすることなく進んでしまった。
その結果、歴史認識の問題や放射能の怖さについても、まともな研究が疎まれ、今の政治状況が生まれている。
広島・長崎で2発の原爆投下を受け、悲惨な状況を経験し、また福島であれだけの原発事故が起き、これまた悲惨な状況にあえいでいるにもかかわらず、原発再稼動に日本は突っ走ろうとしている!!なぜなのか?
日本では、「人間を人間として見る」教育などされていないのでは?
いつも権力者の言うことに慣れ親しんいる。



(転載)
中国からのメッセージ!!
細菌戦に関与したのは、石井部隊だけではなく、関東軍主力が関わっていた。国際法違反は日本軍全体の問題である。日本側の検証を望む。

日本戦犯・三宅秀也:“指導”して楊靖宇を殺害した


三宅秀也の供述書公開 細菌戦に備えペスト研究を指示(三)

2014年7月29日原文:人民ネット―国際チャンネル
公開資料の22番目の日本戦犯は、三宅秀也の罪業供述書である。三宅秀也は、抗日英雄・楊靖宇等の犠牲に関与している。
1954年8月~1955年4月の供述書は、三宅が1902年、兵庫県生まれ、傀儡満州国熱河省警務庁警務課課長・傀儡奉天省警察庁庁長を歴任したと示している。

重要な罪業:
1936年には、偽熱河省と偽錦州省で共産党員や反満抗日思想を有する中国愛国者ら7066人を検挙し、「内一五〇名を『厳重処分』(死刑)に附して居ります」
1938年11月には、防疫本部の会議において、「偽新京のペスト防疫の完避を期するため偽農安県城をペスト病源地として、偽警察力を以て包囲し、外部との交通を完全に遮断することを決定しました」。「関東軍が石井部隊をしてペスト防疫業務を直接担当せしめたる主なる目的は、偽新京にペストの発生せるを好機とし、他日の細菌戦に備へ、石井部隊をしてペスト病菌に対する種々なる研究及実験をなさしめんとするに在りました。石井部隊は偽農安県城に於ても、偽警察の包囲下に於て、人民をペスト病菌に対する研究と実験の用に供して居ります」
1939年9月から1941年3月までは、所属の各偽警察機関を指導し、抗日聯軍第一路軍の「消滅」に協力し、「抗日聯軍約二千名を射殺し、約一千五百名を誘降し」、射殺された中には楊靖宇や陳翰章などもいた。
1942年8月3日には、偽慶安県警察隊に命令し、該県青風嶺附近で抗日聯軍第三路軍の許享植軍長を射殺した。
1944年7月から1945年8月まで偽奉天省警務庁庁長として在任中、部下に命令して刑法違反者を逮捕し、「一市六県のみにて中国人民一万二千一百八十名を『検挙』し四千五百六十五名を偽検察庁に送致致しました。偽検察庁に送致せられたる者の中、十四名は死刑を宣告せられ、偽監獄に於て屠殺せられました」(編集MA)


初めて知った戦争「大久野島」「731」 

毒ガスのほとんどは大久野島で製造され、中国で大量に使用され、多くの中国人が犠牲になった。
使用前には、731部隊と516部隊(化学戦部隊)が合同でマルタ(=被験者)をトーチカに入れての人体実験や野外実験などで、効果を調べ、その結果をもとに実戦に使用した。
そして、敗戦で引き揚げる時にその毒ガスを中国に遺棄したため、今、中国ではその被害に多くの人が悩んでいる。
遺棄毒ガス訴訟、請求棄却 中国の少年2人が被害

鈴木啓久供述書:毒ガスを使用した!!

重要な罪行は次の通り。
1934年6月頃、錦州で「中国人の農民2名を殺害した」。
1935年3月上旬頃、高木大佐を援助し、「上板城附近で約300戸のある村二つを焼却し、多数の中国人民を殺害した」。
1940年9月、安徽省宣城作戦において、屋内に退避した抗日軍人約50名に「毒ガス攻撃で全員惨殺した」。
1941年、安徽省巣県に慰安所を設置したうえ、20名「中国の婦女及び朝鮮の婦女を誘拐して、慰安婦をなさせた」。
1941年11月、河北省棗強で八路軍を攻撃し「八路軍約10名を殺害し、約600戸のある村二つを焼却し、中国人の農民100名を虐殺した」。
1941年12月、「長城線附近2キロメートル内の」「住民を移転させ、無人地帯となさせた」。
1942年1月、唐山一帯で田浦大佐に対して掃蕩を命令し「約八〇〇戸のある村を焼却し、中国人の農民1000人を虐殺した」
中央檔案館が日本戦犯、鈴木啓久の中国侵略罪行自供抜粋を公開


日本人戦犯1人目・鈴木啓久の供述書を公開
瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


榊原秀夫(731部隊林口支部長)
榊原秀夫の供述書公開 731部隊の細菌戦に協力(一)

榊原が自供した重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
「林口支部の任務に従って私は在職間、細菌戦準備の為に第一課長細矢少佐に命じ細菌保存培養を実施せしめました」。当時の生産量は、「中蘇国境の東部地面に撒毒し、極めて大量に蘇同盟軍隊のみならず中蘇両国の平和人民をも毀滅せしめるに充分な量」だった。
「細菌戦準備の為の捕鼠」では、「私は部隊全員を動員して捕鼠に従事致しました」。「間所少尉を長とし約二五名の捕鼠班を常時設置」し、「捕鼠により第七三一部隊に送附致しました鼠の総数は一九四五年四月に一〇〇〇匹、五月一〇〇〇〇匹、六月八〇〇〇匹、七月七〇〇〇匹総計二六〇〇〇匹」にのぼった。
1945年3月上旬,「私は第七三一部隊の命により」「支部の保存培養中のチフス菌、A型パラチフス菌の試験管二本を第七三一部隊第一部毒力検定班」に提出した。「両菌種共に第七三一部隊第一部保存菌中の標準毒力」に適合しており、「細菌戦の準備の為の保存培養に適」していた。「井戸水には効力の確実を期するために大体一・二本の試験管で屠殺し得ると計画したものであります」。「私は此の効力実験によりて四名の中国愛国者を殺害したものであります」
1945年4月には、黒竜江省安達県で、「私は安達に於ける殺人実験に参加致しました」。「中国愛国者の方四名」が「安達演習場に二五米―三〇米の間隔に地に打ち込んだ丸太の棒に縛りつけられました」。「軽爆撃機が演習場の上空に飛来し約一五〇米の高度より素焼製爆弾(陶器の一種)を投下し五〇米上空で炸裂しました」。「私は完全予防衣をつけ五・六〇〇米位の距離から此の惨行を見たものであります。此の爆弾は恐るべき炭疽菌を充填した爆弾で鼻咽腔より吸入せしめ当時絶対に生きることの見込のない肺炭疽に、或は破片により皮膚炭疽を起させる全く酷悪の罪行であり、私も此に参加したものであります」
1945年8月、「蘇聯軍開戦をラヂオに依り知り、直ちに自動車の出動準備を命じ、同時に一切の馬を除いた動物、即ち捕鼠した鼠、白鼠、モルモット、兎、蚤、及保存培養せる細菌を第七三一部隊に送附せしめました」。「部隊建物に藁を積み石油を準備し建物の焼却準備を実施し、更に部隊専用の水源地の給水ポンプの破壊を命じ破壊せしめました」。「細菌戦準備の為の一切の証拠物件を煙滅破壊したものであります」。(編集MA)
「人民網日本語版」2014年7月11日)

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


上坪鉄一

重要な罪は次の通り。
1944年8月より1945年2月に亘る間、「鶏寧、平陽、東安地区に於いて部下分隊長に命じ、抗日地下工作員9名(氏名記憶せず)を検挙させ、厳重な拷問を以って取り調べの内、8名は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1944年9、10月の間、検挙した中国人(ソ連諜)1名を「特移扱いとして」、「ハルビン憲兵隊に移送させ、該隊が石井部隊に特移送させる。」「特移扱いは『防諜(思想)上の重大犯人にして、特に未来逆用の見込みなきものは、特移扱いとして憲兵隊司令官に申請し、司令官の許可及び移送命令に依りハルビン憲兵隊に送致す』、ハルビン憲兵隊により石井部隊に送致し、石井部隊にては細菌研究の実験に供するものになるとハルビン憲兵隊戦務課長より告知された。」
1944年11月頃、勃利分隊に命じて、抗日地下工作員約90名を検挙し、1945年4月頃、「其の内10名(氏名記憶せず)は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年4月初、平陽分隊が検挙した抗日人員8名を「特移扱いとして、ハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年5月、勃利分隊が検挙した抗日人員4名を「石井部隊に特移送らせた」。
「以上私の鶏寧、東安隊長として検挙した中国人は誰も愛国抗日の積極的先進分子にして、私は彼達の大部分を石井部隊に特移送り、最も非人道的な細菌研究の実験に供した」。
「私が鶏寧、東安憲兵隊長として部下憲兵に命じて抗日地下工作人員を検挙の上拷問を以って厳重たる取調べを実施させた者は、既報した者150名以上、内特移扱いとしてハルビン石井部隊に特移送らせた者44名、拷問致死2名である」。「報告し得ざる者も相当多数あることは確実である」。(翻訳・編集/呉寒氷)(新華網日本語))

731部隊とは 


齋藤美夫の供述書 中国人を集団虐殺(二)

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1937年11月初旬、新京北、南分隊及び首都警察庁の厳重処分に付すべき中国人約30人を新京北東北方約20キロの刑場に押送するよう命令。途中、全員が射殺された。
1939年8月8日、「河北より石井細菌化學部隊に引渡すべき中国人九〇名を哈爾濱、及孫吳に押送」する命令を下達した。1956年6月17日の訂正・追加自供書で彼は「被押送人員三〇名は哈爾濱に下車せしめられ石井部隊の細菌化学生体実験に、孫吳に下車せしめられた被押送人員約六〇名は習志野学校(瓦斯部隊)と石井部隊の協同による毒瓦斯弾効力実験特別演習の用に供せられたものなることを白濱大尉の事後報告により知りました」と記した。
1940年8月~1942年6月、広州市内および周辺村落で約200回捜査を行い、勾留人員は約1000人、検挙人員200人に達し、うち5分の1の40人を厳重処分に付した。
1941年6月~1942年6月、「私は派遣軍憲兵隊長として命令を以て約三回に亘り廣東憲兵隊をして同隊の検擧したる中国人民を『嚴重処分』として『集体屠殺(銃殺)』せしめました」「約一二〇名に達し」た。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月23日)

飛びゆく雲 最後の戦犯は語る

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書



戦時中、中国で731部隊員はこんなせりふを言い、たくさんの中国人を殺していたのですか?
「近くでペストが発生しました。予防薬をみなさんに飲んでいただかなくてはなりません。」
「さあ、どうぞ!!」

【安倍首相】731部隊・マルタ部隊を連想させるパフォーマンスを行ったって本当なの?


731部隊!!

夏草をふみしめ引込み線を歩いた
視界が不意に三角形に切り取られ
やがて歴史の暗渠(あんきょ)に足を踏み入れる
見上げれば天を突く巨大な残骸
ただれ崩れ落ち、悲しみの肉塊のように
灰色の空の下で泣いている
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



731部隊展感想(武蔵野展)

<講演会アンケート>

4月5日(土)常石敬一講演

★70代 チラシを穂坂さんから
講演内容 原子力ムラの住人は731部隊の直系の血筋だということだと常石氏の講演、一階の写真展、先日の八王子での講演を通じて知った。ジャーナリズム、メディアの情報操作に関してもっと詳しくゆっくり聴きたかった。第2弾がほしい。

企画   戦争を知らない人たちが“やられたら倍返し”的発想で政権やメディアに乗せられて物事を考えるのがなげかわしい。どう知らせたらいいのか、と思う。


★チラシを教科書ネットから(!!!)
講演内容 伯父が731部隊だった関係で自分の問題として考えています。科学者の志向(非倫理性)はどこから来たのか。伯父の戦後の様子を見るにつけ考えさせられます。

企画   戦争をする国に安倍政権が突き進んでいる今日、過去の日本は戦争にからんで何をしてきたのか、よく発掘することが大切で、必須なことだと思います。






【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
-第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S

八棟監房で「丸太」をペスト蚤(のみ)で攻撃する


ところで、少し「丸太」について記憶にあることを、ここで書いておきたい。
731部隊に入ってすぐ、「『丸太』1本逃走」という話を耳にした。私は、何のことか分からなかった。不思議に思って、上司にきくと、「丸太」とは、全満から集めた、中国人やロシア人の捕虜・スパイで、全員死刑囚である、との説明があった。もはや彼らは、人間ではなく、単なる実験材料に過ぎず、番号で呼ばれ、1本・2本と数えられることになっているという。「『丸太』1本逃走」とは、安達実験場で、1人の「丸太」が逃亡したことをさしていたのである。この「丸太」は、とうとう捕まらなかったようであった。
私に「丸太」のことを説明してくれた上司は、最後に「余計な詮索はするな。君たちはそのことについては、知らなくてよい」と釘を刺すのを忘れなかった。
「丸太」は、7棟・8棟に厳重に隔離収容されていた。この7棟・8棟に入れる隊員は、きわめて限られた人数であった。そして、この7棟・8棟(主として8棟)で、「丸太」は様々な実験の対象にされた。そのことを知っている隊員は、自分の家族をも含めて、一切他言無用の厳命を受けていた。
いや、なにも7棟・8棟のことに限らず、部隊内で見聞した事を、外部はもちろん、同僚や家族に洩らすことは、許されていなかった。我々が入隊して必ず受ける最初の教育は、主としてこのことを徹底して叩き込むための、防諜教育であった。731部隊の秘密が、戦後も長く明らかにされなかった原因の1つは、この防諜教育が骨の髄まで元隊員の中にしみ込んでいるからである。



続きは「ノブのノート」

あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-30 13:47:56 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 

グーグルクロムで見るとスムーズに画面が動きます。

権力側の都合の悪い情報を「国益を損なう」と言って隠すことはあってはならないことだと思う。
情報をもっとオープンに公開せよ!!

「日本では戦争について反省をしていない人々が権力を握っており、これが日本とアジアの人々にとって非常に深刻な問題になっている」

安倍さん!!72年の日中共同声明を完全に忘れたのですか?

共同声明は、「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と明記している。

※今の日本で「命の教育」などできるのか、疑問だ。過去の日本の残虐行為を全て日本政府からして隠し続け、「日本を取り戻す」、「美しい国」とか、天皇制の強化を唱えている。大人がきちんと過去と向き合っていない!!

第1次世界大戦から100年、安倍首相への10の質問―中国メディア

気になるニュース
何のために使うんだ!?
防衛省、過去最大の概算要求 武器調達で膨張5兆円

沖縄の民意尊重を 国連人種差別撤廃委が日本に勧告

辺野古、カヌーで抗議 負傷男性が告訴状

慰安婦問題を巡って“朝日新聞が右派の攻勢に”・・と韓国報道、「慰安婦問題が、あなた方の行いによるものでは無いと?」「在日同胞は…」

余計に世界がおかしくなる!!
高市氏、河野談話修正めぐり「来年の安倍談話に期待する」

安倍首相に届くのか? 生活向上と中韓関係改善を求める国民の声

ノバルティス、重い副作用2579件報告せず

水俣病 約1万人救済外れ提訴も

デング熱 都が蚊の調査強化へ

子宮けいがんワクチン追跡調査へ

南京大虐殺、東京裁判…中国博物館と靖国神社・遊就館の解説を比較―中国紙

A級戦犯を「祖国の礎となられた」?こんな人が首相?
安倍氏が公然と第2次大戦の戦犯を賛美、韓国メディアは戦争責任の回避と批判―中国メディア

中央日報は、「安倍首相が追悼文を送ったのは、一般戦没者でない戦犯だけを賛える行事であり、日本の戦争責任とこれを断罪した東京裁判など、戦後秩序を完全に否定する」行為だと指摘。 
安倍首相がA級戦犯に哀悼文、韓国紙「これまでの釈明ウソだった」と批判―中国メディア

安倍首相の「戦犯賛美」は本心?「中国をだます常とう手段」「本心に決まっている」―13億人のアンケート

安倍首相がA級戦犯法要に哀悼文「祖国の礎」=韓国ネット「日本が狂っていく」「これが本当の姿」

中国から略奪した文化財が日本の国有財産に、宮内庁コメントに中国民間団体が怒り―中国メディア

「尖閣諸島の真相を知ってほしい」、米映画を編集の書籍、日本語含む7言語で全世界発売へ―米華字紙

韓国の竹島研究家、竹島を韓国領土と記した日本地図公開―韓国メディア

「独島教育」を強化 最新の研究結果を盛り込む=韓国

韓国外務次官、「安倍氏が韓国側の立場を理解することを望む、韓国への友好と誠意を示してほしい」―中国メディア

日韓団体、「朝鮮通信使」を共同で記憶遺産申請へ=韓国ネット「関係が良くなれば…」「また争い始めるんじゃ?」

万人坑を訪ねる─満州国の万人坑と中国人強制連行

万 人 坑 を 知 る 旅





なぜ、日本政府は731部隊のおこなった生体実験・細菌戦を認めて謝罪しない!?
高校日本史Aの教科書、実教出版を希望が最多 来年度 静岡

高校教科書(実教出版)に学ぶ
歴史のまど・・・1937年12月、日本軍は、国民政府の首都南京を占領した。その前後数週間の間に、日本軍は、南京市内外で捕虜・投降兵をはじめ婦女子を含む中国人推計約20万人を殺害し、略奪・放火や婦女への暴行をおこなった。当時の中島師団長は、12月13日の日記に、捕虜にはしない方針であり、佐々木部隊だけで約1万5千人を「処理」したと記している。 
南京での大虐殺事件は、日本国内には知らされず、東京・名古屋・大阪などでは「南京陥落」を祝って提灯(ちょうちん)行列がおこなわれていた。しかし欧米では『ニューヨークタイムズ』などによって「捕虜全員殺される」と報道され、国際的非難が沸き上がった。(※南京大虐殺)

※現在、中国南京市郊外の虐殺現場には侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館(1985年8月15日開館)がある。中国側は、市民や武器を捨てた兵士など30万人以上の人々が日本軍によって虐殺されたと発表している。なお、日本国内では虐殺数について「10数万人」など他の説もある。


・・中国軍民の抵抗に直面した日本軍は、1940~43年にかけて、華北の抗日根拠地への攻撃をおこなった。この作戦は「焼きつくす、殺しつくす、奪いつくす」という意味で「三光作戦」と非難された。また、ハルビンの731部隊などでは、細菌戦・毒ガス戦の研究で、3000人ともいわれる中国人ロシア人を実験材料(マルタと呼んだ)にし、しばしば中国各地で細菌・毒ガスを使った作戦を実行した。さらにアヘンを生産して中国占領地で販売したりした。

許すな!!教育委員会の不当介入!!
神奈川県立高、実教出版の日本史教科書使用希望ゼロ
学習指導要領で指導を義務付けられている国旗掲揚、国歌斉唱を「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を来年度に希望する県立高がゼロだったことが19日、分かった。

実教出版の教科書、都教委「不適切」 日本史の記述で
「不適切」とするのは「高校日本史A」と「高校日本史B」。国旗掲揚や国歌斉唱に関して「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について、都教委は「国旗掲揚と国歌の起立斉唱は教員の責務であるとする都教委の考え方と異なる」としている。

高校教科書から学ぶ(東京書籍)
戦争裁判・・・(東京)裁判を通して、戦争中の日本軍による侵略行為、残虐行為の実態が、はじめて国民の前に明らかになった。他方でこの裁判には多くの問題点もあった。昭和天皇の責任をこの裁判で問うかどうかは、国際的に議論されたが、天皇制維持による占領政策の円滑な遂行を進めようとしていたアメリカの意向もあって、結局不問にふされ、また731部隊の関係者はアメリカへの資料提供とひきかえに訴追をまぬかれた。連合国側のアメリカによる無差別爆撃や原爆投下、ソ連軍の行為などは問題にされることもなかった。
極東国際軍事裁判とは別に、通例の戦争犯罪の容疑で、BC級戦争犯罪裁判が1945年10月から1951年4月まで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィリピン、フランス、オランダ、中国の各国の法令によって実施され、死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人の判決が下った。この裁判では、残虐行為を命令した上官ではなく実行した部下のみが責任を問われたり、誤認で刑が下ったこともあったといわれている。有罪となった者の中には、朝鮮人約150人、台湾人約180人が含まれていた。

高校教科書から学ぶ(?)
731部隊・・・日本陸軍は、細菌戦準備のため1932(昭和7)年に関東軍防疫班を設立し、38年から39年にかけて、中国ハルビン郊外にその本部と実験施設を移転した。ノモンハン事件ではじめて細菌戦を実施した軍は、防疫班の規模を拡張して40年から関東軍防疫給水部と改称した。この細菌戦部隊は731部隊と呼ばれ、ペスト・腸チフス・コレラなどの病原菌を兵器にして、42年からは中国戦線で細菌戦を実施した。また、中国人などを「マルタ」とよんで人体実験をおこない、敗戦時までに3000人あまりを死亡させた。
敗戦後、アメリカは731部隊が開発した技術を入手するためにこの部隊の幹部を免責したため、彼らが公的な責任を問われることはなかった。









▼数え切れない戦争犯罪 

これら1000人余りの戦犯による犯罪を単純に足しただけでも驚くべき数字となる。直接殺害された中国の民間人と捕虜は85万7000人余り、焼却・破壊された家屋は7万8000軒以上、略奪された食糧は3700万トン、石炭は2億トン以上にのぼる。1931年の「満州事変」から敗戦・降伏まで日本の帝国主義は数多くの悲劇を生み出した。平頂山虐殺や南京虐殺、潘家峪虐殺、劉店郷虐殺、四一二虐殺、重慶大トンネル虐殺、北[田童]虐殺などその犯罪は枚挙にいとまがない。 

日本人戦犯45人の「更生」はいかにして行われたか―中国メディア

<昭和天皇実録>知られざる事実含む可能性高く…黒塗りなし


防衛費よりも災害救助対策の方が大切ではないか?

”防災”こそ国民への安全保障! 広島市土石災害によせて・・(´・_・`)

考察団代表は「日本帝国主義の罪は明らかで、731部隊史跡はその明らかな証明である。中韓両国は心を一つにして、全世界の人民に日本軍国主義の罪を示し、二度と同じ過ちが起きないようにしなければならない」と発言した。

「日本の侵略者による罪を公にし、被害者を偲ぶと同時に、若い人たちに歴史の真相を脳裏に刻んでもらい、世界の平和的発展を推進するものだ」
韓国の国会議員視察団、旧日本軍731部隊遺跡を視察―中国報道 

中韓合同で「侵略」写真展=ハルビンの731部隊跡地

<慰安婦問題>韓国国会議長「日本に全力で謝罪と賠償求める」=訪日し国会議長に談判方針―韓国メディア






日本政府は中国に遺棄した毒ガスの処理に全力をあげなくてはならない!!
天皇・皇族方の戦争責任を問う!!
天皇の親族、参謀総長閑院宮が毒ガスの使用指示を出した!!
大量の毒ガス弾は中国・日本近海に遺棄され、毒ガス弾の被害は今、中国・日本で起きている。そして、遺棄された毒ガス弾の海洋汚染は原発事故と相まって、大変なことになっているのではないか?

日本は1925年のジュネーブ議定書を無視し、主に中国で毒ガス兵器、細菌兵器を多用した!!
日本鬼子のおきみやげ(毒ガス)



上坂勝の毒ガス使用の証言

日本人戦犯3人目の供述書を公開 毒ガスで掃蕩 軍民多数を殺害(二)

上坂勝の1954年7月の供述書によると、上坂は1892年大分県生まれ。1934年3月~1941年11月、台湾で歩兵連隊の副隊長、大隊長を務め、階級は少佐、中佐。1945年6月に陸軍第五十九師団歩兵第五十三旅団長に任じられた。同年8月20日、朝鮮・咸興付近でソ連軍の俘虜となった

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1942年2月頃、「歩兵第百六十三聯隊長大佐として河北省保定に蟠踞中」、「逮捕監禁しありたる中國人民約二十名を斬殺、刺殺等の方法により虐殺したる事件がありました」。3月頃、約10メートルの鉄道レールが除去されたため「十數人の容疑者を捕へて拷問し殺害三(四)人に及んだとの事でありました」。5月頃、「望都附近の鉄道沿線(望都西方約一粁)の一框舎が八路軍の急襲を受け全滅し輕機關銃及其の他の兵器を全部奪取せられた事件があり」、「約三〇名の住民を拷問し通謀者と目せられるもの約六名を殺害し框舎に接近して居る家に放火し三軒焼却したとの事であります」。
1942年5月27日、冀中作戦で「私は此の戰鬥に於て第一大隊をして八路軍及住民を殺害すること約八百人に上り」、「赤筒及緑筒の毒瓦斯を使用し機関銃の掃射と相俟って八路軍戰士のみならず逃げ迷ふ住民をも射殺しました、又部落内を『掃蕩』し多數の住民が遁入せる地下壕内に毒瓦斯赤筒、緑筒を投入して窒息せしめ或は苦痛のため飛び出す住民を射殺し刺殺し斬殺する等の残虐行為をいたしました」。「此の侵略作戰に於て聯隊が中國人民に與えた損害は殺人約一千一百名に及び家屋の破壊約十軒、焼失家屋約三軒、掠奪使用家屋約四五〇軒(約十日間)其の他中國人民約二四〇名を框舎構築(八個)のため酷使しました(約十日間)」。
1943年春、行唐西北方山地において第二大隊は「八路軍戰士や住民に對し殺害約二五〇名 焼失家屋約五〇軒」の損害をあたえた。「各部隊(前記行動間各道路を行進する先頭部隊)は住民の探知組を先頭に進め地雷を踏ましめて虐殺しました」。
1944年5月、河南省嵩県で兵士一人が行方不明になったために「住民十數人を捕へて」「殺害五(六)人に及び十二(三)軒の家屋を焼却したとの報告がありました」。
1945年6月、「此の轉進間第一第二大隊は出發當初より俘虜(約五十名位はあったと思ひます)を同行してゐましたが豆腐店南方地區で愈々前進困難となりましたので私は各部隊に『邪魔になる俘虜は殺害し我方の戦死者は指を切り取り持ち歸るべし』と命じました」「俘虜は全部殺害したとの報告がありました」。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月7日


孫君の手紙 


毒ガス処理を神戸製鋼がやる?なぜ?
(参考)安倍さんは神戸製鋼に3年間勤務している。(関係ない?)
2007年9月 安倍さんは、首相を辞任している。
安倍晋三

2007年12月 6日 (木)
交流協会毒ガス弾処理疑惑、神戸製鋼も関与か?


防衛省発注事業で神鋼にも疑惑浮上

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-30 13:46:24 | Weblog

安倍のお爺さん、岸信介と731の関係は?情報公開せよ!!
日本人が忘れても、マルタの怨霊は日本の罪業を訴え続けている!!

安倍の行けない中国・韓国では731部隊の研究が盛んになってきている!!
「秘密保護法」の施行を急ぐ安倍政権の閣僚に世界からメッセージが届いています!!
とくとご覧下さい!!

侵華日軍第731部隊罪障陳列館(ハルピン)

中国が教える731部隊


生きた人を人体実験、日帝731部隊の恐ろしい蛮行


鉄証:731部隊の罪業

日本人の証言もありますよ!!
語り部フォーラム 


韓国人「中国が731部隊の残虐行為証拠資料を公開、幼い子供にも人体実験していた日本」


731部队的真相(英文)2/5 731部隊の真実 the truth of Harbin Unit 731(English Narration)


731部隊のことは、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター・・・1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。)のビデオでも紹介され、世界では公然の事実とされている。
インターネットエクスプローラーのグーグルで(グーグルクロームでは映りません。)
http://www.bt.cdc.gov/agent/plague/trainingmodule/1/02wmp.htmをご覧下さい!!

疾病管理予防センター(CDC): 谷川透訳

医学博士、科学博士 ジョアンヌ・コノー

人は中世以来、敵を殺し、敵の能力を奪うため、自然界に存在する生命体を用いてきた。
初期の例の一つは、14世紀にタタール軍が黒海沿岸の城郭都市カファを包囲攻撃したときに起きた。
腺ペストが発生してタタール人に猛威を振るい始めたとき、彼らはペストに罹って死んだ者の死体を投石器で市内に投げ込み、城壁の内部で腺ペストを勃発させることを決めた。
その後まもなく、城市の中で虐殺から身を守っていた人々は、突然ペストに襲われ、イタリアへ逃がれた。
彼らはこの伝染病を、彼ら自身でヨーロッパに運び、それが恐ろしい黒死病の大流行の始まりとなって、ヨーロッパの人口を激減させたのであった。
ペストの流行に関する今日のわれわれの知識によれば、ノミは人体が冷えるとすぐ人体を離れるので、人体を離れたノミによって元々市内に住んでいたネズミが感染し、市内で突然発生したペストが現実にカファ全域に広がった可能性は非常に高い。

日本帝国731部隊は、日本が戦争に動員され準備が整った1930年代と40年代に仕事をした。
この恐ろしい計画の立案者である石井四郎中将は、病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた。
石井は特にペストに魅了されていたが、それはペストによる細菌戦攻撃が自然発生的な伝染病の様相を呈するからであった。
さらに、人から人への感染拡大は、最初に用いる(細菌戦)発動物の量に応じて、病気を発生させることが出来るからであった。
731部隊は、ペスト菌を霧状に散布したり、水に溶かして散布したりすることが出来なかった。そこで彼らは、ペストを感染拡大させるために、天然の病毒媒介昆虫――通常のノミ――を用いた。
感染ノミを搭載した陶器爆弾が中国本土の幾つかの都市に投下され、その住民に多数の感染を引き起こした。
ペストは恐怖心を生み、容易に感染拡大し、人々を迅速に殺すので、兵器として魅力的である。

合衆国の攻撃計画でもペストに関して若干の調査研究を行なったが、同国では完全に武器化することは出来なかった。
ペスト菌を大量に増殖させた時、人はその毒性を持った細菌を保有しつづける魅力に打ち勝つことが出来ない。

ペスト菌は武器であって、伝染力を持っている。われわれは過去を振り返って、そのことを強く感じる。さらに、ペスト菌をエアロゾルにして持ち歩かないよう管理することも問題だし、気象条件によってペスト菌が変異しうることも問題だし、細菌の形をとらなくても非常に感染性が強いことも問題だし、最後にペスト菌がどういう形をとってお終いになるのか、誰もコントロールすることが出来ない。
ペスト菌はきっと、帰ってきて、あなた方に噛みつくことでしょう。
あなた方の軍隊だけでなく、あなた方の友軍や同盟軍にも噛みつくことでしょう。

しかしながら、ソビエトの兵器工場では、ペスト菌はその伝染性ゆえにお気に入りの生命体である。
ソビエト軍は、米軍の経験した毒性の問題を克服した。
ソビエトの亡命者アリベック博士とのインタビューによれば、彼らは1,500トンのペスト菌をいつ如何なる時でも手にしており、それを大陸間弾道弾に搭載する準備が出来ているとのことである。
保管の問題のため、彼らは頻繁にペスト菌の備蓄を廃棄して、新しいものに替えるという。
われわれはテロリストによるペスト菌の使用に非常に関心がある。というのは、ペスト菌が自然界に見いだされるだけでなく、世界中の数多くの生物学資料供給所で入手できるからである。

「生物兵器による戦争とテロリズム;軍事上および公衆衛生上の対応」(アメリカ食品医薬品局発行、1999年)から脚色



<動画>日本軍の細菌戦の遼寧省で唯一公認の被害者が病死


中国(瀋陽)日本戦犯審判の特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書

<動画>郵便検閲書類が日本軍の細菌戦を実証



日本人には真実が隠されているのでは?「秘密国家!日本!!」
マレーシア航空機の墜落原因を親ロシア派が邪魔しているように、日航機墜落事故も、米軍や自衛隊が事故の真相究明を邪魔しているのではないか?
もし、日航機墜落事故に、国家の組織が関与していたら、国家は必死に情報を国民の目から隠すだろう!!
原因は、自衛隊か米軍か?
御巣鷹山JAL事故29年…墜落直前の生々しい新テープ「やばい!」「あーああ、終わった」
日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!
日航ジャンボ機JAL123便撃墜事件(M氏の証言_完全版)
中曽根元総理、あなたは、あの日、防衛庁、とりわけ航空自衛隊に対して、一体、如何なる命令を下されたのか?!
【JAL123便墜落事故】
自殺した航空自衛隊員が所持していた 2枚の写真 (世界の真実の姿を求めて!)
NHK速報の「待機命令を無視して救助に行こうとした隊員を 射殺」 
NHKアナ「ただいま長野県警から入った情報です。現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。 続報が入り次第お伝えします」 
JAL123便墜落事故・自衛隊員への銃撃

日航機墜落:29年 慰霊の夏--群馬・御巣鷹

小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います



小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います


松井英介氏講演
内部被曝による健康障害




天皇はなぜ広島・長崎の式典に参列しない?天皇と原爆は関係ない?
天皇批判した小川、謝罪も炎上
小川未菜は100%正しい! 「日本人は昔,天皇のせいで苦しみ、命がたくさん奪われた」
昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


原爆投下について記者から問われた昭和天皇は、こう答えている。
天皇:「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」

日本は、戦況が悪化し負けていたにもかかわらず、「国体護持」にこだわって降伏を遅らせ、多くの日本人の犠牲者を出してしまった。そのときも、戦争をはじめたときも最高責任者は、昭和天皇であった。

1975年の記者会見では、天皇の戦争責任ついてこう述べている。
「中村康二(ザ・タイムズ):天皇陛下のホワイトハウスにおける「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がございましたが、このことは、陛下が、開戦を含めて、戦争そのものに対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また陛下は、いわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

『天皇陛下:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないで、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

日本は戦争中、世界で初めての2発の原爆投下を、経験した。
これは、アメリカが莫大な費用をかけて開発したものだった。
アメリカは実戦の効果を知りたかった。
原爆の子

日本が、本当に「自衛のための戦争」をしていたならば、敗戦後この非人道的な核兵器の被害を、国際社会に訴えることができたはずだ。
ところが、日本は戦争中、中国大陸において、驚くべき残虐な人体実験、細菌戦、毒ガス戦等を展開していた。アメリカは再三日本に「この非人道的な細菌戦、化学戦(毒ガス戦)はやめろ」とと警告を発していた。
日本は自国の戦争犯罪を隠すことに汲々として、アメリカとの取引をし、そして、原爆被害を世界に訴えることなく、全面的に核兵器の効果を調べるためのアメリカの調査に協力した。その結果、その調査によって被爆者は全く治療されなかった。
封印された原爆報告書


1997年の平和宣言で広島市長平岡敬氏は「アメリカの核の傘から日本は抜け出すべきだと政府に要求する」と唱えた。
すると橋本首相は平岡氏に歩み寄ってきた。
「あなたの気持ちはわかるけれども、そんなことはできない。あなたはアメリカの怖さを知らない」と言ったという。
やんばるの白ひげ ~核の傘の下で~(3)


私の想像:もしも日本政府が、アメリカの核戦略から抜け出し、この非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴えたら、アメリカは「日本が中国で行った非人道的な人体実験、細菌戦、毒ガス戦、三光作戦等をばらすぞ!!」と脅しているのではないかと思う。そしたら今の天皇制はすっ飛んでしまうだろう。
追記:アメリカの怖さとはこれかな?
橋本龍太郎は、1986年7月22日、第3次中曽根内閣の運輸大臣に就任した。
このドラマの最初の方で事故調査報告書を受け取っている。
ボイスレコーダー  ジャンボ機墜落20年目の真実
米軍が墜落させた?それとも、自衛隊?
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表



橋本首相は続けて言う。
「日米安全保障条約によって支えられている安全保障の仕組みがこの国にとって必要だ。」

私の解釈:だからお互いに過去の非人道的な過ちは隠しておいて、未来志向で、放射能の怖さや遺伝子組み換え操作の怖さにも触れず、未来志向で、日本はアメリカの核戦略・生物化学兵器開発(もちろん日本も密かにやっているのでは?)を危険と知りつつ、進んでいきましょう。そしたら、天皇制も安泰です!!(何時まで続くこの身分差別!!)
原爆を浴び、放射能の恐怖を体験したはずの日本が、原発を50余機持っている。そして文殊はじめ原発関連の施設の維持費は膨らむばかり。国家財政は破綻寸前!!(破綻しているのかな?)、若者の貧困化も深刻!!

・内部被曝を日本の司法は認めているが、日本政府は認めていない?
・日本の医療・教育で、本当に「人間を人間として見る医療・教育がされてきているのだろうか?」
※日本は、戦後東京裁判で731部隊の罪業が裁かれることなくきたために、教育界・医療界でも戦争の反省をすることなく進んでしまった。
その結果、歴史認識の問題や放射能の怖さについても、まともな研究が疎まれ、今の政治状況が生まれている。
広島・長崎で2発の原爆投下を受け、悲惨な状況を経験し、また福島であれだけの原発事故が起き、これまた悲惨な状況にあえいでいるにもかかわらず、原発再稼動に日本は突っ走ろうとしている!!なぜなのか?
日本では、「人間を人間として見る」教育などされていないのでは?
いつも権力者の言うことに慣れ親しんいる。



(転載)
中国からのメッセージ!!
細菌戦に関与したのは、石井部隊だけではなく、関東軍主力が関わっていた。国際法違反は日本軍全体の問題である。日本側の検証を望む。

日本戦犯・三宅秀也:“指導”して楊靖宇を殺害した


三宅秀也の供述書公開 細菌戦に備えペスト研究を指示(三)

2014年7月29日原文:人民ネット―国際チャンネル
公開資料の22番目の日本戦犯は、三宅秀也の罪業供述書である。三宅秀也は、抗日英雄・楊靖宇等の犠牲に関与している。
1954年8月~1955年4月の供述書は、三宅が1902年、兵庫県生まれ、傀儡満州国熱河省警務庁警務課課長・傀儡奉天省警察庁庁長を歴任したと示している。

重要な罪業:
1936年には、偽熱河省と偽錦州省で共産党員や反満抗日思想を有する中国愛国者ら7066人を検挙し、「内一五〇名を『厳重処分』(死刑)に附して居ります」
1938年11月には、防疫本部の会議において、「偽新京のペスト防疫の完避を期するため偽農安県城をペスト病源地として、偽警察力を以て包囲し、外部との交通を完全に遮断することを決定しました」。「関東軍が石井部隊をしてペスト防疫業務を直接担当せしめたる主なる目的は、偽新京にペストの発生せるを好機とし、他日の細菌戦に備へ、石井部隊をしてペスト病菌に対する種々なる研究及実験をなさしめんとするに在りました。石井部隊は偽農安県城に於ても、偽警察の包囲下に於て、人民をペスト病菌に対する研究と実験の用に供して居ります」
1939年9月から1941年3月までは、所属の各偽警察機関を指導し、抗日聯軍第一路軍の「消滅」に協力し、「抗日聯軍約二千名を射殺し、約一千五百名を誘降し」、射殺された中には楊靖宇や陳翰章などもいた。
1942年8月3日には、偽慶安県警察隊に命令し、該県青風嶺附近で抗日聯軍第三路軍の許享植軍長を射殺した。
1944年7月から1945年8月まで偽奉天省警務庁庁長として在任中、部下に命令して刑法違反者を逮捕し、「一市六県のみにて中国人民一万二千一百八十名を『検挙』し四千五百六十五名を偽検察庁に送致致しました。偽検察庁に送致せられたる者の中、十四名は死刑を宣告せられ、偽監獄に於て屠殺せられました」(編集MA)


初めて知った戦争「大久野島」「731」 

毒ガスのほとんどは大久野島で製造され、中国で大量に使用され、多くの中国人が犠牲になった。
使用前には、731部隊と516部隊(化学戦部隊)が合同でマルタ(=被験者)をトーチカに入れての人体実験や野外実験などで、効果を調べ、その結果をもとに実戦に使用した。
そして、敗戦で引き揚げる時にその毒ガスを中国に遺棄したため、今、中国ではその被害に多くの人が悩んでいる。
遺棄毒ガス訴訟、請求棄却 中国の少年2人が被害

鈴木啓久供述書:毒ガスを使用した!!

重要な罪行は次の通り。
1934年6月頃、錦州で「中国人の農民2名を殺害した」。
1935年3月上旬頃、高木大佐を援助し、「上板城附近で約300戸のある村二つを焼却し、多数の中国人民を殺害した」。
1940年9月、安徽省宣城作戦において、屋内に退避した抗日軍人約50名に「毒ガス攻撃で全員惨殺した」。
1941年、安徽省巣県に慰安所を設置したうえ、20名「中国の婦女及び朝鮮の婦女を誘拐して、慰安婦をなさせた」。
1941年11月、河北省棗強で八路軍を攻撃し「八路軍約10名を殺害し、約600戸のある村二つを焼却し、中国人の農民100名を虐殺した」。
1941年12月、「長城線附近2キロメートル内の」「住民を移転させ、無人地帯となさせた」。
1942年1月、唐山一帯で田浦大佐に対して掃蕩を命令し「約八〇〇戸のある村を焼却し、中国人の農民1000人を虐殺した」
中央檔案館が日本戦犯、鈴木啓久の中国侵略罪行自供抜粋を公開


日本人戦犯1人目・鈴木啓久の供述書を公開
瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


榊原秀夫(731部隊林口支部長)
榊原秀夫の供述書公開 731部隊の細菌戦に協力(一)

榊原が自供した重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
「林口支部の任務に従って私は在職間、細菌戦準備の為に第一課長細矢少佐に命じ細菌保存培養を実施せしめました」。当時の生産量は、「中蘇国境の東部地面に撒毒し、極めて大量に蘇同盟軍隊のみならず中蘇両国の平和人民をも毀滅せしめるに充分な量」だった。
「細菌戦準備の為の捕鼠」では、「私は部隊全員を動員して捕鼠に従事致しました」。「間所少尉を長とし約二五名の捕鼠班を常時設置」し、「捕鼠により第七三一部隊に送附致しました鼠の総数は一九四五年四月に一〇〇〇匹、五月一〇〇〇〇匹、六月八〇〇〇匹、七月七〇〇〇匹総計二六〇〇〇匹」にのぼった。
1945年3月上旬,「私は第七三一部隊の命により」「支部の保存培養中のチフス菌、A型パラチフス菌の試験管二本を第七三一部隊第一部毒力検定班」に提出した。「両菌種共に第七三一部隊第一部保存菌中の標準毒力」に適合しており、「細菌戦の準備の為の保存培養に適」していた。「井戸水には効力の確実を期するために大体一・二本の試験管で屠殺し得ると計画したものであります」。「私は此の効力実験によりて四名の中国愛国者を殺害したものであります」
1945年4月には、黒竜江省安達県で、「私は安達に於ける殺人実験に参加致しました」。「中国愛国者の方四名」が「安達演習場に二五米―三〇米の間隔に地に打ち込んだ丸太の棒に縛りつけられました」。「軽爆撃機が演習場の上空に飛来し約一五〇米の高度より素焼製爆弾(陶器の一種)を投下し五〇米上空で炸裂しました」。「私は完全予防衣をつけ五・六〇〇米位の距離から此の惨行を見たものであります。此の爆弾は恐るべき炭疽菌を充填した爆弾で鼻咽腔より吸入せしめ当時絶対に生きることの見込のない肺炭疽に、或は破片により皮膚炭疽を起させる全く酷悪の罪行であり、私も此に参加したものであります」
1945年8月、「蘇聯軍開戦をラヂオに依り知り、直ちに自動車の出動準備を命じ、同時に一切の馬を除いた動物、即ち捕鼠した鼠、白鼠、モルモット、兎、蚤、及保存培養せる細菌を第七三一部隊に送附せしめました」。「部隊建物に藁を積み石油を準備し建物の焼却準備を実施し、更に部隊専用の水源地の給水ポンプの破壊を命じ破壊せしめました」。「細菌戦準備の為の一切の証拠物件を煙滅破壊したものであります」。(編集MA)
「人民網日本語版」2014年7月11日)

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


上坪鉄一

重要な罪は次の通り。
1944年8月より1945年2月に亘る間、「鶏寧、平陽、東安地区に於いて部下分隊長に命じ、抗日地下工作員9名(氏名記憶せず)を検挙させ、厳重な拷問を以って取り調べの内、8名は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1944年9、10月の間、検挙した中国人(ソ連諜)1名を「特移扱いとして」、「ハルビン憲兵隊に移送させ、該隊が石井部隊に特移送させる。」「特移扱いは『防諜(思想)上の重大犯人にして、特に未来逆用の見込みなきものは、特移扱いとして憲兵隊司令官に申請し、司令官の許可及び移送命令に依りハルビン憲兵隊に送致す』、ハルビン憲兵隊により石井部隊に送致し、石井部隊にては細菌研究の実験に供するものになるとハルビン憲兵隊戦務課長より告知された。」
1944年11月頃、勃利分隊に命じて、抗日地下工作員約90名を検挙し、1945年4月頃、「其の内10名(氏名記憶せず)は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年4月初、平陽分隊が検挙した抗日人員8名を「特移扱いとして、ハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年5月、勃利分隊が検挙した抗日人員4名を「石井部隊に特移送らせた」。
「以上私の鶏寧、東安隊長として検挙した中国人は誰も愛国抗日の積極的先進分子にして、私は彼達の大部分を石井部隊に特移送り、最も非人道的な細菌研究の実験に供した」。
「私が鶏寧、東安憲兵隊長として部下憲兵に命じて抗日地下工作人員を検挙の上拷問を以って厳重たる取調べを実施させた者は、既報した者150名以上、内特移扱いとしてハルビン石井部隊に特移送らせた者44名、拷問致死2名である」。「報告し得ざる者も相当多数あることは確実である」。(翻訳・編集/呉寒氷)(新華網日本語))

731部隊とは 


齋藤美夫の供述書 中国人を集団虐殺(二)

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1937年11月初旬、新京北、南分隊及び首都警察庁の厳重処分に付すべき中国人約30人を新京北東北方約20キロの刑場に押送するよう命令。途中、全員が射殺された。
1939年8月8日、「河北より石井細菌化學部隊に引渡すべき中国人九〇名を哈爾濱、及孫吳に押送」する命令を下達した。1956年6月17日の訂正・追加自供書で彼は「被押送人員三〇名は哈爾濱に下車せしめられ石井部隊の細菌化学生体実験に、孫吳に下車せしめられた被押送人員約六〇名は習志野学校(瓦斯部隊)と石井部隊の協同による毒瓦斯弾効力実験特別演習の用に供せられたものなることを白濱大尉の事後報告により知りました」と記した。
1940年8月~1942年6月、広州市内および周辺村落で約200回捜査を行い、勾留人員は約1000人、検挙人員200人に達し、うち5分の1の40人を厳重処分に付した。
1941年6月~1942年6月、「私は派遣軍憲兵隊長として命令を以て約三回に亘り廣東憲兵隊をして同隊の検擧したる中国人民を『嚴重処分』として『集体屠殺(銃殺)』せしめました」「約一二〇名に達し」た。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月23日)

飛びゆく雲 最後の戦犯は語る

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書



戦時中、中国で731部隊員はこんなせりふを言い、たくさんの中国人を殺していたのですか?
「近くでペストが発生しました。予防薬をみなさんに飲んでいただかなくてはなりません。」
「さあ、どうぞ!!」

【安倍首相】731部隊・マルタ部隊を連想させるパフォーマンスを行ったって本当なの?


731部隊!!

聞け、この沈黙の慟哭を
平房の涙、地底の叫びを
見よ、この虐げられた大地を
名も知れぬ鳥たちが番人のように私を見下ろしている
記憶は人間の地底を永劫に流れ続ける
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



731部隊展感想(武蔵野展)

<講演会アンケート>

4月5日(土)常石敬一講演

★50代 週刊金曜日 男性
講演内容 参加者が少ないと思います。(場所・収容の問題もあろう。)(特に若者層)行政やマスコミのとりあげ方によるのだろうか。寂しい感じがします。(今、作家森村誠一その仲間の人々はどうしているのだろうか? 何らの運動もしていないのだろうか?)

企画   関係者の努力には頭の下がる思いだが、年中行事、中立的○○事の感あり。が参加者増をめざすのもよい。ひっぱっていく組織や人材がいないと大々的な動きにならないと思う。(政治家、議員やマスコミ人、活動家、運動家はどうしているのだろうか?)


★70代 チラシ 男性
企画   市民に知らせる行為は大切です。絶えたらおしまいです。大変ですけど。





【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
-第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S

八棟監房で「丸太」をペスト蚤(のみ)で攻撃する


私は、2回だけ、解剖の執刀係をつとめたことがある。1回解剖の手順を見学させられただけで、2度目はもう本番であった。身体に比較的ピッタリした白衣にゴム手袋、それにマスクをしただけで、ペスト患者の死体を解剖するのである。
死体は、やや黒味を帯びたと思われる程度で一般の死体とさして変わらない。見よう見まねで喉の下あたりから下腹にかけて、メスで一直線に切り裂く。皮下脂肪、筋肉、胸、腹膜と順に切開して、内臓を摘出する。
ペストには、腺ペスト、眼ペスト、肺ペスト、皮膚ペスト等の種類があった。「丸太」がどのペストで死亡したかに応じて、解剖の重点の置かれ方が、異なった。
私の役目は、心臓であった。頭部とかその他の臓器は、それぞれ腑分けされて、別の担当者が調べた。私は、心臓を摘出すると、20ccの注射器で、この心臓から血を抜いた。
このペスト菌の充満した心臓中の血液は、すぐさまペスト菌製造班へ回された。細菌製造班へ行くと、他所とは比べものにならないほど大量のペスト菌が培養されていたものである。それはちょうど、岡持ちのような容器に入っていた。まるで、切られる前の一臼の餅のように、あるいは巨大な羊羹(ようかん)のように見える。そして、このペスト菌の塊りは、餅や羊羹を切るように、切ることができた。

続きは「ノブのノート」

あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-29 08:41:04 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 

グーグルクロムで見るとスムーズに画面が動きます。

権力側の都合の悪い情報を「国益を損なう」と言って隠すことはあってはならないことだと思う。
情報をもっとオープンに公開せよ!!

「日本では戦争について反省をしていない人々が権力を握っており、これが日本とアジアの人々にとって非常に深刻な問題になっている」

安倍さん!!72年の日中共同声明を完全に忘れたのですか?

共同声明は、「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と明記している。

※今の日本で「命の教育」などできるのか、疑問だ。過去の日本の残虐行為を全て日本政府からして隠し続け、「日本を取り戻す」、「美しい国」とか、天皇制の強化を唱えている。大人がきちんと過去と向き合っていない!!

第1次世界大戦から100年、安倍首相への10の質問―中国メディア

気になるニュース
南京大虐殺、東京裁判…中国博物館と靖国神社・遊就館の解説を比較―中国紙

A級戦犯を「祖国の礎となられた」?こんな人が首相?
安倍氏が公然と第2次大戦の戦犯を賛美、韓国メディアは戦争責任の回避と批判―中国メディア

中央日報は、「安倍首相が追悼文を送ったのは、一般戦没者でない戦犯だけを賛える行事であり、日本の戦争責任とこれを断罪した東京裁判など、戦後秩序を完全に否定する」行為だと指摘。 
安倍首相がA級戦犯に哀悼文、韓国紙「これまでの釈明ウソだった」と批判―中国メディア

安倍首相がA級戦犯法要に哀悼文「祖国の礎」=韓国ネット「日本が狂っていく」「これが本当の姿」

中国から略奪した文化財が日本の国有財産に、宮内庁コメントに中国民間団体が怒り―中国メディア

デング熱感染防止へ 公園内の蚊を駆除

9条賛否聞く団体 まつり参加認めず

地下水バイパス 効果まだ見られず

ヘイトスピーチとデモでは性格が違う、なぜ、同列に扱う?
<自民PT>ヘイトスピーチ対応必要 国会周辺デモ規制も

「尖閣諸島の真相を知ってほしい」、米映画を編集の書籍、日本語含む7言語で全世界発売へ―米華字紙

韓国の竹島研究家、竹島を韓国領土と記した日本地図公開―韓国メディア

「独島教育」を強化 最新の研究結果を盛り込む=韓国

韓国外務次官、「安倍氏が韓国側の立場を理解することを望む、韓国への友好と誠意を示してほしい」―中国メディア

日韓団体、「朝鮮通信使」を共同で記憶遺産申請へ=韓国ネット「関係が良くなれば…」「また争い始めるんじゃ?」

抗日映画が韓国でヒットした理由 「日本に対する国民の不満が募ってた」=中国メディア

福田・元首相:習氏と会談、認める 中国も関係改善に意欲

「アイヌいない」自民・金子快之市議の処分について。



万人坑を訪ねる─満州国の万人坑と中国人強制連行

万 人 坑 を 知 る 旅


12分28秒~第85回小出裕章ジャーナル
日本初の原発死亡事故(美浜原発事故)から10年を迎えて「壊れた時には、配管が腐食と摩耗で、わずか0.4ミリしかなかった。そういう状態だったのです」


小出裕章先生:残念ながら経験が活かされなかった・・必要な費用を削った

中韓が共同で抗日ドラマ制作、背景に「日本の侵略に抵抗した」共通項―中国メディア

米軍関係者の「靖国参拝」を放任、米国は誠意ある説明を!―中国メディア


なぜ、日本政府は731部隊のおこなった生体実験・細菌戦を認めて謝罪しない!?
高校日本史Aの教科書、実教出版を希望が最多 来年度 静岡

高校教科書(実教出版)に学ぶ
歴史のまど・・・1937年12月、日本軍は、国民政府の首都南京を占領した。その前後数週間の間に、日本軍は、南京市内外で捕虜・投降兵をはじめ婦女子を含む中国人推計約20万人を殺害し、略奪・放火や婦女への暴行をおこなった。当時の中島師団長は、12月13日の日記に、捕虜にはしない方針であり、佐々木部隊だけで約1万5千人を「処理」したと記している。 
南京での大虐殺事件は、日本国内には知らされず、東京・名古屋・大阪などでは「南京陥落」を祝って提灯(ちょうちん)行列がおこなわれていた。しかし欧米では『ニューヨークタイムズ』などによって「捕虜全員殺される」と報道され、国際的非難が沸き上がった。(※南京大虐殺)

※現在、中国南京市郊外の虐殺現場には侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館(1985年8月15日開館)がある。中国側は、市民や武器を捨てた兵士など30万人以上の人々が日本軍によって虐殺されたと発表している。なお、日本国内では虐殺数について「10数万人」など他の説もある。


・・中国軍民の抵抗に直面した日本軍は、1940~43年にかけて、華北の抗日根拠地への攻撃をおこなった。この作戦は「焼きつくす、殺しつくす、奪いつくす」という意味で「三光作戦」と非難された。また、ハルビンの731部隊などでは、細菌戦・毒ガス戦の研究で、3000人ともいわれる中国人ロシア人を実験材料(マルタと呼んだ)にし、しばしば中国各地で細菌・毒ガスを使った作戦を実行した。さらにアヘンを生産して中国占領地で販売したりした。

許すな!!教育委員会の不当介入!!
神奈川県立高、実教出版の日本史教科書使用希望ゼロ
学習指導要領で指導を義務付けられている国旗掲揚、国歌斉唱を「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を来年度に希望する県立高がゼロだったことが19日、分かった。

実教出版の教科書、都教委「不適切」 日本史の記述で
「不適切」とするのは「高校日本史A」と「高校日本史B」。国旗掲揚や国歌斉唱に関して「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について、都教委は「国旗掲揚と国歌の起立斉唱は教員の責務であるとする都教委の考え方と異なる」としている。

高校教科書から学ぶ(東京書籍)
戦争裁判・・・(東京)裁判を通して、戦争中の日本軍による侵略行為、残虐行為の実態が、はじめて国民の前に明らかになった。他方でこの裁判には多くの問題点もあった。昭和天皇の責任をこの裁判で問うかどうかは、国際的に議論されたが、天皇制維持による占領政策の円滑な遂行を進めようとしていたアメリカの意向もあって、結局不問にふされ、また731部隊の関係者はアメリカへの資料提供とひきかえに訴追をまぬかれた。連合国側のアメリカによる無差別爆撃や原爆投下、ソ連軍の行為などは問題にされることもなかった。
極東国際軍事裁判とは別に、通例の戦争犯罪の容疑で、BC級戦争犯罪裁判が1945年10月から1951年4月まで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィリピン、フランス、オランダ、中国の各国の法令によって実施され、死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人の判決が下った。この裁判では、残虐行為を命令した上官ではなく実行した部下のみが責任を問われたり、誤認で刑が下ったこともあったといわれている。有罪となった者の中には、朝鮮人約150人、台湾人約180人が含まれていた。

高校教科書から学ぶ(?)
731部隊・・・日本陸軍は、細菌戦準備のため1932(昭和7)年に関東軍防疫班を設立し、38年から39年にかけて、中国ハルビン郊外にその本部と実験施設を移転した。ノモンハン事件ではじめて細菌戦を実施した軍は、防疫班の規模を拡張して40年から関東軍防疫給水部と改称した。この細菌戦部隊は731部隊と呼ばれ、ペスト・腸チフス・コレラなどの病原菌を兵器にして、42年からは中国戦線で細菌戦を実施した。また、中国人などを「マルタ」とよんで人体実験をおこない、敗戦時までに3000人あまりを死亡させた。
敗戦後、アメリカは731部隊が開発した技術を入手するためにこの部隊の幹部を免責したため、彼らが公的な責任を問われることはなかった。









▼数え切れない戦争犯罪 

これら1000人余りの戦犯による犯罪を単純に足しただけでも驚くべき数字となる。直接殺害された中国の民間人と捕虜は85万7000人余り、焼却・破壊された家屋は7万8000軒以上、略奪された食糧は3700万トン、石炭は2億トン以上にのぼる。1931年の「満州事変」から敗戦・降伏まで日本の帝国主義は数多くの悲劇を生み出した。平頂山虐殺や南京虐殺、潘家峪虐殺、劉店郷虐殺、四一二虐殺、重慶大トンネル虐殺、北[田童]虐殺などその犯罪は枚挙にいとまがない。 

日本人戦犯45人の「更生」はいかにして行われたか―中国メディア

<昭和天皇実録>知られざる事実含む可能性高く…黒塗りなし


防衛費よりも災害救助対策の方が大切ではないか?

”防災”こそ国民への安全保障! 広島市土石災害によせて・・(´・_・`)

考察団代表は「日本帝国主義の罪は明らかで、731部隊史跡はその明らかな証明である。中韓両国は心を一つにして、全世界の人民に日本軍国主義の罪を示し、二度と同じ過ちが起きないようにしなければならない」と発言した。

「日本の侵略者による罪を公にし、被害者を偲ぶと同時に、若い人たちに歴史の真相を脳裏に刻んでもらい、世界の平和的発展を推進するものだ」
韓国の国会議員視察団、旧日本軍731部隊遺跡を視察―中国報道 

中韓合同で「侵略」写真展=ハルビンの731部隊跡地

<慰安婦問題>韓国国会議長「日本に全力で謝罪と賠償求める」=訪日し国会議長に談判方針―韓国メディア






日本政府は中国に遺棄した毒ガスの処理に全力をあげなくてはならない!!
天皇・皇族方の戦争責任を問う!!
天皇の親族、参謀総長閑院宮が毒ガスの使用指示を出した!!
大量の毒ガス弾は中国・日本近海に遺棄され、毒ガス弾の被害は今、中国・日本で起きている。そして、遺棄された毒ガス弾の海洋汚染は原発事故と相まって、大変なことになっているのではないか?

日本は1925年のジュネーブ議定書を無視し、主に中国で毒ガス兵器、細菌兵器を多用した!!
日本鬼子のおきみやげ(毒ガス)



上坂勝の毒ガス使用の証言

日本人戦犯3人目の供述書を公開 毒ガスで掃蕩 軍民多数を殺害(二)

上坂勝の1954年7月の供述書によると、上坂は1892年大分県生まれ。1934年3月~1941年11月、台湾で歩兵連隊の副隊長、大隊長を務め、階級は少佐、中佐。1945年6月に陸軍第五十九師団歩兵第五十三旅団長に任じられた。同年8月20日、朝鮮・咸興付近でソ連軍の俘虜となった

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1942年2月頃、「歩兵第百六十三聯隊長大佐として河北省保定に蟠踞中」、「逮捕監禁しありたる中國人民約二十名を斬殺、刺殺等の方法により虐殺したる事件がありました」。3月頃、約10メートルの鉄道レールが除去されたため「十數人の容疑者を捕へて拷問し殺害三(四)人に及んだとの事でありました」。5月頃、「望都附近の鉄道沿線(望都西方約一粁)の一框舎が八路軍の急襲を受け全滅し輕機關銃及其の他の兵器を全部奪取せられた事件があり」、「約三〇名の住民を拷問し通謀者と目せられるもの約六名を殺害し框舎に接近して居る家に放火し三軒焼却したとの事であります」。
1942年5月27日、冀中作戦で「私は此の戰鬥に於て第一大隊をして八路軍及住民を殺害すること約八百人に上り」、「赤筒及緑筒の毒瓦斯を使用し機関銃の掃射と相俟って八路軍戰士のみならず逃げ迷ふ住民をも射殺しました、又部落内を『掃蕩』し多數の住民が遁入せる地下壕内に毒瓦斯赤筒、緑筒を投入して窒息せしめ或は苦痛のため飛び出す住民を射殺し刺殺し斬殺する等の残虐行為をいたしました」。「此の侵略作戰に於て聯隊が中國人民に與えた損害は殺人約一千一百名に及び家屋の破壊約十軒、焼失家屋約三軒、掠奪使用家屋約四五〇軒(約十日間)其の他中國人民約二四〇名を框舎構築(八個)のため酷使しました(約十日間)」。
1943年春、行唐西北方山地において第二大隊は「八路軍戰士や住民に對し殺害約二五〇名 焼失家屋約五〇軒」の損害をあたえた。「各部隊(前記行動間各道路を行進する先頭部隊)は住民の探知組を先頭に進め地雷を踏ましめて虐殺しました」。
1944年5月、河南省嵩県で兵士一人が行方不明になったために「住民十數人を捕へて」「殺害五(六)人に及び十二(三)軒の家屋を焼却したとの報告がありました」。
1945年6月、「此の轉進間第一第二大隊は出發當初より俘虜(約五十名位はあったと思ひます)を同行してゐましたが豆腐店南方地區で愈々前進困難となりましたので私は各部隊に『邪魔になる俘虜は殺害し我方の戦死者は指を切り取り持ち歸るべし』と命じました」「俘虜は全部殺害したとの報告がありました」。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月7日


孫君の手紙 


毒ガス処理を神戸製鋼がやる?なぜ?
(参考)安倍さんは神戸製鋼に3年間勤務している。(関係ない?)
2007年9月 安倍さんは、首相を辞任している。
安倍晋三

2007年12月 6日 (木)
交流協会毒ガス弾処理疑惑、神戸製鋼も関与か?


防衛省発注事業で神鋼にも疑惑浮上


安倍のお爺さん、岸信介と731の関係は?情報公開せよ!!
日本人が忘れても、マルタの怨霊は日本の罪業を訴え続けている!!

安倍の行けない中国・韓国では731部隊の研究が盛んになってきている!!
「秘密保護法」の施行を急ぐ安倍政権の閣僚に世界からメッセージが届いています!!
とくとご覧下さい!!

侵華日軍第731部隊罪障陳列館(ハルピン)

中国が教える731部隊


生きた人を人体実験、日帝731部隊の恐ろしい蛮行


鉄証:731部隊の罪業

日本人の証言もありますよ!!
語り部フォーラム 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-29 08:39:40 | Weblog

韓国人「中国が731部隊の残虐行為証拠資料を公開、幼い子供にも人体実験していた日本」


731部队的真相(英文)2/5 731部隊の真実 the truth of Harbin Unit 731(English Narration)


731部隊のことは、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター・・・1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。)のビデオでも紹介され、世界では公然の事実とされている。
インターネットエクスプローラーのグーグルで(グーグルクロームでは映りません。)
http://www.bt.cdc.gov/agent/plague/trainingmodule/1/02wmp.htmをご覧下さい!!

疾病管理予防センター(CDC): 谷川透訳

医学博士、科学博士 ジョアンヌ・コノー

人は中世以来、敵を殺し、敵の能力を奪うため、自然界に存在する生命体を用いてきた。
初期の例の一つは、14世紀にタタール軍が黒海沿岸の城郭都市カファを包囲攻撃したときに起きた。
腺ペストが発生してタタール人に猛威を振るい始めたとき、彼らはペストに罹って死んだ者の死体を投石器で市内に投げ込み、城壁の内部で腺ペストを勃発させることを決めた。
その後まもなく、城市の中で虐殺から身を守っていた人々は、突然ペストに襲われ、イタリアへ逃がれた。
彼らはこの伝染病を、彼ら自身でヨーロッパに運び、それが恐ろしい黒死病の大流行の始まりとなって、ヨーロッパの人口を激減させたのであった。
ペストの流行に関する今日のわれわれの知識によれば、ノミは人体が冷えるとすぐ人体を離れるので、人体を離れたノミによって元々市内に住んでいたネズミが感染し、市内で突然発生したペストが現実にカファ全域に広がった可能性は非常に高い。

日本帝国731部隊は、日本が戦争に動員され準備が整った1930年代と40年代に仕事をした。
この恐ろしい計画の立案者である石井四郎中将は、病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた。
石井は特にペストに魅了されていたが、それはペストによる細菌戦攻撃が自然発生的な伝染病の様相を呈するからであった。
さらに、人から人への感染拡大は、最初に用いる(細菌戦)発動物の量に応じて、病気を発生させることが出来るからであった。
731部隊は、ペスト菌を霧状に散布したり、水に溶かして散布したりすることが出来なかった。そこで彼らは、ペストを感染拡大させるために、天然の病毒媒介昆虫――通常のノミ――を用いた。
感染ノミを搭載した陶器爆弾が中国本土の幾つかの都市に投下され、その住民に多数の感染を引き起こした。
ペストは恐怖心を生み、容易に感染拡大し、人々を迅速に殺すので、兵器として魅力的である。

合衆国の攻撃計画でもペストに関して若干の調査研究を行なったが、同国では完全に武器化することは出来なかった。
ペスト菌を大量に増殖させた時、人はその毒性を持った細菌を保有しつづける魅力に打ち勝つことが出来ない。

ペスト菌は武器であって、伝染力を持っている。われわれは過去を振り返って、そのことを強く感じる。さらに、ペスト菌をエアロゾルにして持ち歩かないよう管理することも問題だし、気象条件によってペスト菌が変異しうることも問題だし、細菌の形をとらなくても非常に感染性が強いことも問題だし、最後にペスト菌がどういう形をとってお終いになるのか、誰もコントロールすることが出来ない。
ペスト菌はきっと、帰ってきて、あなた方に噛みつくことでしょう。
あなた方の軍隊だけでなく、あなた方の友軍や同盟軍にも噛みつくことでしょう。

しかしながら、ソビエトの兵器工場では、ペスト菌はその伝染性ゆえにお気に入りの生命体である。
ソビエト軍は、米軍の経験した毒性の問題を克服した。
ソビエトの亡命者アリベック博士とのインタビューによれば、彼らは1,500トンのペスト菌をいつ如何なる時でも手にしており、それを大陸間弾道弾に搭載する準備が出来ているとのことである。
保管の問題のため、彼らは頻繁にペスト菌の備蓄を廃棄して、新しいものに替えるという。
われわれはテロリストによるペスト菌の使用に非常に関心がある。というのは、ペスト菌が自然界に見いだされるだけでなく、世界中の数多くの生物学資料供給所で入手できるからである。

「生物兵器による戦争とテロリズム;軍事上および公衆衛生上の対応」(アメリカ食品医薬品局発行、1999年)から脚色



<動画>日本軍の細菌戦の遼寧省で唯一公認の被害者が病死


中国(瀋陽)日本戦犯審判の特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書

<動画>郵便検閲書類が日本軍の細菌戦を実証


小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います



小出裕章先生:どんな辛い事実であっても、知るべきだし知らせるべきだと思います


松井英介氏講演
内部被曝による健康障害



天皇はなぜ広島・長崎の式典に参列しない?天皇と原爆は関係ない?
天皇批判した小川、謝罪も炎上
小川未菜は100%正しい! 「日本人は昔,天皇のせいで苦しみ、命がたくさん奪われた」
昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


原爆投下について記者から問われた昭和天皇は、こう答えている。
天皇:「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」

日本は、戦況が悪化し負けていたにもかかわらず、「国体護持」にこだわって降伏を遅らせ、多くの日本人の犠牲者を出してしまった。そのときも、戦争をはじめたときも最高責任者は、昭和天皇であった。

1975年の記者会見では、天皇の戦争責任ついてこう述べている。
「中村康二(ザ・タイムズ):天皇陛下のホワイトハウスにおける「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がございましたが、このことは、陛下が、開戦を含めて、戦争そのものに対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また陛下は、いわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

『天皇陛下:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないで、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

日本は戦争中、世界で初めての2発の原爆投下を、経験した。
これは、アメリカが莫大な費用をかけて開発したものだった。
アメリカは実戦の効果を知りたかった。
原爆の子

日本が、本当に「自衛のための戦争」をしていたならば、敗戦後この非人道的な核兵器の被害を、国際社会に訴えることができたはずだ。
ところが、日本は戦争中、中国大陸において、驚くべき残虐な人体実験、細菌戦、毒ガス戦等を展開していた。アメリカは再三日本に「この非人道的な細菌戦、化学戦(毒ガス戦)はやめろ」とと警告を発していた。
日本は自国の戦争犯罪を隠すことに汲々として、アメリカとの取引をし、そして、原爆被害を世界に訴えることなく、全面的に核兵器の効果を調べるためのアメリカの調査に協力した。その結果、その調査によって被爆者は全く治療されなかった。
封印された原爆報告書


1997年の平和宣言で広島市長平岡敬氏は「アメリカの核の傘から日本は抜け出すべきだと政府に要求する」と唱えた。
すると橋本首相は平岡氏に歩み寄ってきた。
「あなたの気持ちはわかるけれども、そんなことはできない。あなたはアメリカの怖さを知らない」と言ったという。
やんばるの白ひげ ~核の傘の下で~(3)


私の想像:もしも日本政府が、アメリカの核戦略から抜け出し、この非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴えたら、アメリカは「日本が中国で行った非人道的な人体実験、細菌戦、毒ガス戦、三光作戦等をばらすぞ!!」と脅しているのではないかと思う。そしたら今の天皇制はすっ飛んでしまうだろう。
追記:アメリカの怖さとはこれかな?
橋本龍太郎は、1986年7月22日、第3次中曽根内閣の運輸大臣に就任した。
このドラマの最初の方で事故調査報告書を受け取っている。
ボイスレコーダー  ジャンボ機墜落20年目の真実
米軍が墜落させた?それとも、自衛隊?
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表



橋本首相は続けて言う。
「日米安全保障条約によって支えられている安全保障の仕組みがこの国にとって必要だ。」

私の解釈:だからお互いに過去の非人道的な過ちは隠しておいて、未来志向で、放射能の怖さや遺伝子組み換え操作の怖さにも触れず、未来志向で、日本はアメリカの核戦略・生物化学兵器開発(もちろん日本も密かにやっているのでは?)を危険と知りつつ、進んでいきましょう。そしたら、天皇制も安泰です!!(何時まで続くこの身分差別!!)
原爆を浴び、放射能の恐怖を体験したはずの日本が、原発を50余機持っている。そして文殊はじめ原発関連の施設の維持費は膨らむばかり。国家財政は破綻寸前!!(破綻しているのかな?)、若者の貧困化も深刻!!

・内部被曝を日本の司法は認めているが、日本政府は認めていない?
・日本の医療・教育で、本当に「人間を人間として見る医療・教育がされてきているのだろうか?」
※日本は、戦後東京裁判で731部隊の罪業が裁かれることなくきたために、教育界・医療界でも戦争の反省をすることなく進んでしまった。
その結果、歴史認識の問題や放射能の怖さについても、まともな研究が疎まれ、今の政治状況が生まれている。
広島・長崎で2発の原爆投下を受け、悲惨な状況を経験し、また福島であれだけの原発事故が起き、これまた悲惨な状況にあえいでいるにもかかわらず、原発再稼動に日本は突っ走ろうとしている!!なぜなのか?
日本では、「人間を人間として見る」教育などされていないのでは?
いつも権力者の言うことに慣れ親しんいる。



(転載)
中国からのメッセージ!!
細菌戦に関与したのは、石井部隊だけではなく、関東軍主力が関わっていた。国際法違反は日本軍全体の問題である。日本側の検証を望む。

日本戦犯・三宅秀也:“指導”して楊靖宇を殺害した


三宅秀也の供述書公開 細菌戦に備えペスト研究を指示(三)

2014年7月29日原文:人民ネット―国際チャンネル
公開資料の22番目の日本戦犯は、三宅秀也の罪業供述書である。三宅秀也は、抗日英雄・楊靖宇等の犠牲に関与している。
1954年8月~1955年4月の供述書は、三宅が1902年、兵庫県生まれ、傀儡満州国熱河省警務庁警務課課長・傀儡奉天省警察庁庁長を歴任したと示している。

重要な罪業:
1936年には、偽熱河省と偽錦州省で共産党員や反満抗日思想を有する中国愛国者ら7066人を検挙し、「内一五〇名を『厳重処分』(死刑)に附して居ります」
1938年11月には、防疫本部の会議において、「偽新京のペスト防疫の完避を期するため偽農安県城をペスト病源地として、偽警察力を以て包囲し、外部との交通を完全に遮断することを決定しました」。「関東軍が石井部隊をしてペスト防疫業務を直接担当せしめたる主なる目的は、偽新京にペストの発生せるを好機とし、他日の細菌戦に備へ、石井部隊をしてペスト病菌に対する種々なる研究及実験をなさしめんとするに在りました。石井部隊は偽農安県城に於ても、偽警察の包囲下に於て、人民をペスト病菌に対する研究と実験の用に供して居ります」
1939年9月から1941年3月までは、所属の各偽警察機関を指導し、抗日聯軍第一路軍の「消滅」に協力し、「抗日聯軍約二千名を射殺し、約一千五百名を誘降し」、射殺された中には楊靖宇や陳翰章などもいた。
1942年8月3日には、偽慶安県警察隊に命令し、該県青風嶺附近で抗日聯軍第三路軍の許享植軍長を射殺した。
1944年7月から1945年8月まで偽奉天省警務庁庁長として在任中、部下に命令して刑法違反者を逮捕し、「一市六県のみにて中国人民一万二千一百八十名を『検挙』し四千五百六十五名を偽検察庁に送致致しました。偽検察庁に送致せられたる者の中、十四名は死刑を宣告せられ、偽監獄に於て屠殺せられました」(編集MA)


初めて知った戦争「大久野島」「731」 

毒ガスのほとんどは大久野島で製造され、中国で大量に使用され、多くの中国人が犠牲になった。
使用前には、731部隊と516部隊(化学戦部隊)が合同でマルタ(=被験者)をトーチカに入れての人体実験や野外実験などで、効果を調べ、その結果をもとに実戦に使用した。
そして、敗戦で引き揚げる時にその毒ガスを中国に遺棄したため、今、中国ではその被害に多くの人が悩んでいる。
遺棄毒ガス訴訟、請求棄却 中国の少年2人が被害

鈴木啓久供述書:毒ガスを使用した!!

重要な罪行は次の通り。
1934年6月頃、錦州で「中国人の農民2名を殺害した」。
1935年3月上旬頃、高木大佐を援助し、「上板城附近で約300戸のある村二つを焼却し、多数の中国人民を殺害した」。
1940年9月、安徽省宣城作戦において、屋内に退避した抗日軍人約50名に「毒ガス攻撃で全員惨殺した」。
1941年、安徽省巣県に慰安所を設置したうえ、20名「中国の婦女及び朝鮮の婦女を誘拐して、慰安婦をなさせた」。
1941年11月、河北省棗強で八路軍を攻撃し「八路軍約10名を殺害し、約600戸のある村二つを焼却し、中国人の農民100名を虐殺した」。
1941年12月、「長城線附近2キロメートル内の」「住民を移転させ、無人地帯となさせた」。
1942年1月、唐山一帯で田浦大佐に対して掃蕩を命令し「約八〇〇戸のある村を焼却し、中国人の農民1000人を虐殺した」
中央檔案館が日本戦犯、鈴木啓久の中国侵略罪行自供抜粋を公開


日本人戦犯1人目・鈴木啓久の供述書を公開
瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


榊原秀夫(731部隊林口支部長)
榊原秀夫の供述書公開 731部隊の細菌戦に協力(一)

榊原が自供した重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
「林口支部の任務に従って私は在職間、細菌戦準備の為に第一課長細矢少佐に命じ細菌保存培養を実施せしめました」。当時の生産量は、「中蘇国境の東部地面に撒毒し、極めて大量に蘇同盟軍隊のみならず中蘇両国の平和人民をも毀滅せしめるに充分な量」だった。
「細菌戦準備の為の捕鼠」では、「私は部隊全員を動員して捕鼠に従事致しました」。「間所少尉を長とし約二五名の捕鼠班を常時設置」し、「捕鼠により第七三一部隊に送附致しました鼠の総数は一九四五年四月に一〇〇〇匹、五月一〇〇〇〇匹、六月八〇〇〇匹、七月七〇〇〇匹総計二六〇〇〇匹」にのぼった。
1945年3月上旬,「私は第七三一部隊の命により」「支部の保存培養中のチフス菌、A型パラチフス菌の試験管二本を第七三一部隊第一部毒力検定班」に提出した。「両菌種共に第七三一部隊第一部保存菌中の標準毒力」に適合しており、「細菌戦の準備の為の保存培養に適」していた。「井戸水には効力の確実を期するために大体一・二本の試験管で屠殺し得ると計画したものであります」。「私は此の効力実験によりて四名の中国愛国者を殺害したものであります」
1945年4月には、黒竜江省安達県で、「私は安達に於ける殺人実験に参加致しました」。「中国愛国者の方四名」が「安達演習場に二五米―三〇米の間隔に地に打ち込んだ丸太の棒に縛りつけられました」。「軽爆撃機が演習場の上空に飛来し約一五〇米の高度より素焼製爆弾(陶器の一種)を投下し五〇米上空で炸裂しました」。「私は完全予防衣をつけ五・六〇〇米位の距離から此の惨行を見たものであります。此の爆弾は恐るべき炭疽菌を充填した爆弾で鼻咽腔より吸入せしめ当時絶対に生きることの見込のない肺炭疽に、或は破片により皮膚炭疽を起させる全く酷悪の罪行であり、私も此に参加したものであります」
1945年8月、「蘇聯軍開戦をラヂオに依り知り、直ちに自動車の出動準備を命じ、同時に一切の馬を除いた動物、即ち捕鼠した鼠、白鼠、モルモット、兎、蚤、及保存培養せる細菌を第七三一部隊に送附せしめました」。「部隊建物に藁を積み石油を準備し建物の焼却準備を実施し、更に部隊専用の水源地の給水ポンプの破壊を命じ破壊せしめました」。「細菌戦準備の為の一切の証拠物件を煙滅破壊したものであります」。(編集MA)
「人民網日本語版」2014年7月11日)

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


上坪鉄一

重要な罪は次の通り。
1944年8月より1945年2月に亘る間、「鶏寧、平陽、東安地区に於いて部下分隊長に命じ、抗日地下工作員9名(氏名記憶せず)を検挙させ、厳重な拷問を以って取り調べの内、8名は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1944年9、10月の間、検挙した中国人(ソ連諜)1名を「特移扱いとして」、「ハルビン憲兵隊に移送させ、該隊が石井部隊に特移送させる。」「特移扱いは『防諜(思想)上の重大犯人にして、特に未来逆用の見込みなきものは、特移扱いとして憲兵隊司令官に申請し、司令官の許可及び移送命令に依りハルビン憲兵隊に送致す』、ハルビン憲兵隊により石井部隊に送致し、石井部隊にては細菌研究の実験に供するものになるとハルビン憲兵隊戦務課長より告知された。」
1944年11月頃、勃利分隊に命じて、抗日地下工作員約90名を検挙し、1945年4月頃、「其の内10名(氏名記憶せず)は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年4月初、平陽分隊が検挙した抗日人員8名を「特移扱いとして、ハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年5月、勃利分隊が検挙した抗日人員4名を「石井部隊に特移送らせた」。
「以上私の鶏寧、東安隊長として検挙した中国人は誰も愛国抗日の積極的先進分子にして、私は彼達の大部分を石井部隊に特移送り、最も非人道的な細菌研究の実験に供した」。
「私が鶏寧、東安憲兵隊長として部下憲兵に命じて抗日地下工作人員を検挙の上拷問を以って厳重たる取調べを実施させた者は、既報した者150名以上、内特移扱いとしてハルビン石井部隊に特移送らせた者44名、拷問致死2名である」。「報告し得ざる者も相当多数あることは確実である」。(翻訳・編集/呉寒氷)(新華網日本語))

731部隊とは 


齋藤美夫の供述書 中国人を集団虐殺(二)

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1937年11月初旬、新京北、南分隊及び首都警察庁の厳重処分に付すべき中国人約30人を新京北東北方約20キロの刑場に押送するよう命令。途中、全員が射殺された。
1939年8月8日、「河北より石井細菌化學部隊に引渡すべき中国人九〇名を哈爾濱、及孫吳に押送」する命令を下達した。1956年6月17日の訂正・追加自供書で彼は「被押送人員三〇名は哈爾濱に下車せしめられ石井部隊の細菌化学生体実験に、孫吳に下車せしめられた被押送人員約六〇名は習志野学校(瓦斯部隊)と石井部隊の協同による毒瓦斯弾効力実験特別演習の用に供せられたものなることを白濱大尉の事後報告により知りました」と記した。
1940年8月~1942年6月、広州市内および周辺村落で約200回捜査を行い、勾留人員は約1000人、検挙人員200人に達し、うち5分の1の40人を厳重処分に付した。
1941年6月~1942年6月、「私は派遣軍憲兵隊長として命令を以て約三回に亘り廣東憲兵隊をして同隊の検擧したる中国人民を『嚴重処分』として『集体屠殺(銃殺)』せしめました」「約一二〇名に達し」た。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月23日)

飛びゆく雲 最後の戦犯は語る

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書



戦時中、中国で731部隊員はこんなせりふを言い、たくさんの中国人を殺していたのですか?
「近くでペストが発生しました。予防薬をみなさんに飲んでいただかなくてはなりません。」
「さあ、どうぞ!!」

【安倍首相】731部隊・マルタ部隊を連想させるパフォーマンスを行ったって本当なの?


731部隊!!

夏草をふみしめてなおも歩き続ける
軒下にのぞく歴史に凌辱された眼光
住居を追われ悪魔に翻弄された暗黒の日々
長い年月に耐え声も叫びも枯れ果てた
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



731部隊展感想(武蔵野展)

<講演会アンケート>

4月5日(土)常石敬一講演

★50代 山本ひとみさんからチラシ 女性
講演内容 科学者の仕事の重要さ、社会に対する影響力を考えると、科学者には倫理観、宗教、哲学の素養が必須ではないかと感じた。731部隊の科学者と原発を推める科学者の間に流れる共通のDNAをここで変える科学者の出現を常石先生に見た。さらに多くの人類を正しい方向に導く科学者が育ってほしい。原発の話は恐ろしくて我が子らの未来が心配です。

企画   731部隊について新しい情報も得られ、現在の問題・原発についても考えさせられよかったと思います。


★70代 日中友好新聞 福井市 男性
講演内容 ・原発再稼働の理論のウソが分かってきた。 
・医学界(会)の犯罪は今も続いているのか。反省がなかったからつづいているのだろう。

企画   どしどしやってほしい





【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
-第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S

八棟監房で「丸太」をペスト蚤(のみ)で攻撃する


私が行なった8棟での実験には、次のようなものがあった。
まず健康な「丸太」が7、8人入っている監房をきれいに消毒する。次にその監房にそっとペスト菌の充満した蚤を10匹ほど放すのである。その日はそのまま引き揚げる。
一晩置いて、次の日また同じ監房を訪れる。この時は、人体の形が描かれ、各部に番号が付された絵を持参する。監房の「丸太」に、「夕べは、どこを蚤に喰われたか」と絵を示して訊(き)くのである。手錠・足錠をかけられた「丸太」は、全員、手首に金属製の番号札をつけていた。
何号の「丸太」が、人体図の何番の個所をペスト蚤にかまれたかが、詳細に記入されていった。その日もそれで帰る。
2日目、同じ監房に様子を見に出かける。すでに「丸太」は発病している。我々を見つけると、「タイジン、カンカン、プシンプシン」(先生、ここが調子悪いから診てくれ)と訴えかける。
我々は、用意してあった、アルコールを薄めた「飲み薬」や、炭酸粉末を三角袋に包んだ「服用薬」を彼らに与えて、「これを飲めばじきよくなるよ」と言ってやる。「丸太」たちは、喜んでその「薬」を飲んだ。
3日目、「丸太」はすでに絶命している。我々は、脚に車輪のついた寝台車で「丸太」を8棟から運び出し、解剖室に向かうのである。ペストで「丸太」が全滅した監房は、その後徹底的に消毒された。




続きは「ノブのノート」

あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-28 09:28:14 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 

グーグルクロムで見るとスムーズに画面が動きます。

権力側の都合の悪い情報を「国益を損なう」と言って隠すことはあってはならないことだと思う。
情報をもっとオープンに公開せよ!!

「日本では戦争について反省をしていない人々が権力を握っており、これが日本とアジアの人々にとって非常に深刻な問題になっている」

安倍さん!!72年の日中共同声明を完全に忘れたのですか?

共同声明は、「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と明記している。

※今の日本で「命の教育」などできるのか、疑問だ。過去の日本の残虐行為を全て日本政府からして隠し続け、「日本を取り戻す」、「美しい国」とか、天皇制の強化を唱えている。大人がきちんと過去と向き合っていない!!

第1次世界大戦から100年、安倍首相への10の質問―中国メディア

気になるニュース
71人死亡11人不明 夜を徹して捜索

九月三日と“中国の歴史戦”(時評2014)

安倍首相、A級戦犯ら元軍人の法要に追悼の書面

「軍国主義と一線を」=A級戦犯への哀悼文に不快感―中国

韓国の竹島研究家、竹島を韓国領土と記した日本地図公開―韓国メディア

基地マネー、辺野古分断 漁協だけ補償金/自治会には不満

日本の降伏書調印が行われたミズーリ号記念館を訪ねた―中国メディア

STAP検証実験 4か月試みるも作製できず

STAP細胞は"ありませんでした"

STAP論文 新たな疑義、近く本調査へ 小保方氏処分先送りには科学界が批判

医療事故 過去最多の2700件余

この発言覚えておこう!!
<集団的自衛権>中谷元氏「徴兵制は憲法上、絶対にない」

日韓が近く次官級対話を開催か、朴槿惠政権で初めて 対話再開は韓国側から申し出―中国メディア

日韓団体、「朝鮮通信使」を共同で記憶遺産申請へ=韓国ネット「関係が良くなれば…」「また争い始めるんじゃ?」

抗日映画が韓国でヒットした理由 「日本に対する国民の不満が募ってた」=中国メディア

福田・元首相:習氏と会談、認める 中国も関係改善に意欲

「アイヌいない」自民・金子快之市議の処分について。



万人坑を訪ねる─満州国の万人坑と中国人強制連行

万 人 坑 を 知 る 旅


12分28秒~第85回小出裕章ジャーナル
日本初の原発死亡事故(美浜原発事故)から10年を迎えて「壊れた時には、配管が腐食と摩耗で、わずか0.4ミリしかなかった。そういう状態だったのです」


小出裕章先生:残念ながら経験が活かされなかった・・必要な費用を削った

中韓が共同で抗日ドラマ制作、背景に「日本の侵略に抵抗した」共通項―中国メディア

米軍関係者の「靖国参拝」を放任、米国は誠意ある説明を!―中国メディア


高校日本史Aの教科書、実教出版を希望が最多 来年度 静岡

高校教科書(実教出版)に学ぶ
歴史のまど・・・1937年12月、日本軍は、国民政府の首都南京を占領した。その前後数週間の間に、日本軍は、南京市内外で捕虜・投降兵をはじめ婦女子を含む中国人推計約20万人を殺害し、略奪・放火や婦女への暴行をおこなった。当時の中島師団長は、12月13日の日記に、捕虜にはしない方針であり、佐々木部隊だけで約1万5千人を「処理」したと記している。 
南京での大虐殺事件は、日本国内には知らされず、東京・名古屋・大阪などでは「南京陥落」を祝って提灯(ちょうちん)行列がおこなわれていた。しかし欧米では『ニューヨークタイムズ』などによって「捕虜全員殺される」と報道され、国際的非難が沸き上がった。(※南京大虐殺)

※現在、中国南京市郊外の虐殺現場には侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館(1985年8月15日開館)がある。中国側は、市民や武器を捨てた兵士など30万人以上の人々が日本軍によって虐殺されたと発表している。なお、日本国内では虐殺数について「10数万人」など他の説もある。


・・中国軍民の抵抗に直面した日本軍は、1940~43年にかけて、華北の抗日根拠地への攻撃をおこなった。この作戦は「焼きつくす、殺しつくす、奪いつくす」という意味で「三光作戦」と非難された。また、ハルビンの731部隊などでは、細菌戦・毒ガス戦の研究で、3000人ともいわれる中国人ロシア人を実験材料(マルタと呼んだ)にし、しばしば中国各地で細菌・毒ガスを使った作戦を実行した。さらにアヘンを生産して中国占領地で販売したりした。

許すな!!教育委員会の不当介入!!
神奈川県立高、実教出版の日本史教科書使用希望ゼロ
学習指導要領で指導を義務付けられている国旗掲揚、国歌斉唱を「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を来年度に希望する県立高がゼロだったことが19日、分かった。

実教出版の教科書、都教委「不適切」 日本史の記述で
「不適切」とするのは「高校日本史A」と「高校日本史B」。国旗掲揚や国歌斉唱に関して「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について、都教委は「国旗掲揚と国歌の起立斉唱は教員の責務であるとする都教委の考え方と異なる」としている。

高校教科書から学ぶ(東京書籍)
戦争裁判・・・(東京)裁判を通して、戦争中の日本軍による侵略行為、残虐行為の実態が、はじめて国民の前に明らかになった。他方でこの裁判には多くの問題点もあった。昭和天皇の責任をこの裁判で問うかどうかは、国際的に議論されたが、天皇制維持による占領政策の円滑な遂行を進めようとしていたアメリカの意向もあって、結局不問にふされ、また731部隊の関係者はアメリカへの資料提供とひきかえに訴追をまぬかれた。連合国側のアメリカによる無差別爆撃や原爆投下、ソ連軍の行為などは問題にされることもなかった。
極東国際軍事裁判とは別に、通例の戦争犯罪の容疑で、BC級戦争犯罪裁判が1945年10月から1951年4月まで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィリピン、フランス、オランダ、中国の各国の法令によって実施され、死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人の判決が下った。この裁判では、残虐行為を命令した上官ではなく実行した部下のみが責任を問われたり、誤認で刑が下ったこともあったといわれている。有罪となった者の中には、朝鮮人約150人、台湾人約180人が含まれていた。

高校教科書から学ぶ(?)
731部隊・・・日本陸軍は、細菌戦準備のため1932(昭和7)年に関東軍防疫班を設立し、38年から39年にかけて、中国ハルビン郊外にその本部と実験施設を移転した。ノモンハン事件ではじめて細菌戦を実施した軍は、防疫班の規模を拡張して40年から関東軍防疫給水部と改称した。この細菌戦部隊は731部隊と呼ばれ、ペスト・腸チフス・コレラなどの病原菌を兵器にして、42年からは中国戦線で細菌戦を実施した。また、中国人などを「マルタ」とよんで人体実験をおこない、敗戦時までに3000人あまりを死亡させた。
敗戦後、アメリカは731部隊が開発した技術を入手するためにこの部隊の幹部を免責したため、彼らが公的な責任を問われることはなかった。









▼数え切れない戦争犯罪 

これら1000人余りの戦犯による犯罪を単純に足しただけでも驚くべき数字となる。直接殺害された中国の民間人と捕虜は85万7000人余り、焼却・破壊された家屋は7万8000軒以上、略奪された食糧は3700万トン、石炭は2億トン以上にのぼる。1931年の「満州事変」から敗戦・降伏まで日本の帝国主義は数多くの悲劇を生み出した。平頂山虐殺や南京虐殺、潘家峪虐殺、劉店郷虐殺、四一二虐殺、重慶大トンネル虐殺、北[田童]虐殺などその犯罪は枚挙にいとまがない。 

日本人戦犯45人の「更生」はいかにして行われたか―中国メディア

<昭和天皇実録>知られざる事実含む可能性高く…黒塗りなし


防衛費よりも災害救助対策の方が大切ではないか?

”防災”こそ国民への安全保障! 広島市土石災害によせて・・(´・_・`)

考察団代表は「日本帝国主義の罪は明らかで、731部隊史跡はその明らかな証明である。中韓両国は心を一つにして、全世界の人民に日本軍国主義の罪を示し、二度と同じ過ちが起きないようにしなければならない」と発言した。

「日本の侵略者による罪を公にし、被害者を偲ぶと同時に、若い人たちに歴史の真相を脳裏に刻んでもらい、世界の平和的発展を推進するものだ」
韓国の国会議員視察団、旧日本軍731部隊遺跡を視察―中国報道 

中韓合同で「侵略」写真展=ハルビンの731部隊跡地

<慰安婦問題>韓国国会議長「日本に全力で謝罪と賠償求める」=訪日し国会議長に談判方針―韓国メディア



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-28 09:26:56 | Weblog

日本政府は中国に遺棄した毒ガスの処理に全力をあげなくてはならない!!
天皇・皇族方の戦争責任を問う!!
天皇の親族、参謀総長閑院宮が毒ガスの使用指示を出した!!
大量の毒ガス弾は中国・日本近海に遺棄され、毒ガス弾の被害は今、中国・日本で起きている。そして、遺棄された毒ガス弾の海洋汚染は原発事故と相まって、大変なことになっているのではないか?

日本は1925年のジュネーブ議定書を無視し、主に中国で毒ガス兵器、細菌兵器を多用した!!
日本鬼子のおきみやげ(毒ガス)



上坂勝の毒ガス使用の証言

日本人戦犯3人目の供述書を公開 毒ガスで掃蕩 軍民多数を殺害(二)

上坂勝の1954年7月の供述書によると、上坂は1892年大分県生まれ。1934年3月~1941年11月、台湾で歩兵連隊の副隊長、大隊長を務め、階級は少佐、中佐。1945年6月に陸軍第五十九師団歩兵第五十三旅団長に任じられた。同年8月20日、朝鮮・咸興付近でソ連軍の俘虜となった

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1942年2月頃、「歩兵第百六十三聯隊長大佐として河北省保定に蟠踞中」、「逮捕監禁しありたる中國人民約二十名を斬殺、刺殺等の方法により虐殺したる事件がありました」。3月頃、約10メートルの鉄道レールが除去されたため「十數人の容疑者を捕へて拷問し殺害三(四)人に及んだとの事でありました」。5月頃、「望都附近の鉄道沿線(望都西方約一粁)の一框舎が八路軍の急襲を受け全滅し輕機關銃及其の他の兵器を全部奪取せられた事件があり」、「約三〇名の住民を拷問し通謀者と目せられるもの約六名を殺害し框舎に接近して居る家に放火し三軒焼却したとの事であります」。
1942年5月27日、冀中作戦で「私は此の戰鬥に於て第一大隊をして八路軍及住民を殺害すること約八百人に上り」、「赤筒及緑筒の毒瓦斯を使用し機関銃の掃射と相俟って八路軍戰士のみならず逃げ迷ふ住民をも射殺しました、又部落内を『掃蕩』し多數の住民が遁入せる地下壕内に毒瓦斯赤筒、緑筒を投入して窒息せしめ或は苦痛のため飛び出す住民を射殺し刺殺し斬殺する等の残虐行為をいたしました」。「此の侵略作戰に於て聯隊が中國人民に與えた損害は殺人約一千一百名に及び家屋の破壊約十軒、焼失家屋約三軒、掠奪使用家屋約四五〇軒(約十日間)其の他中國人民約二四〇名を框舎構築(八個)のため酷使しました(約十日間)」。
1943年春、行唐西北方山地において第二大隊は「八路軍戰士や住民に對し殺害約二五〇名 焼失家屋約五〇軒」の損害をあたえた。「各部隊(前記行動間各道路を行進する先頭部隊)は住民の探知組を先頭に進め地雷を踏ましめて虐殺しました」。
1944年5月、河南省嵩県で兵士一人が行方不明になったために「住民十數人を捕へて」「殺害五(六)人に及び十二(三)軒の家屋を焼却したとの報告がありました」。
1945年6月、「此の轉進間第一第二大隊は出發當初より俘虜(約五十名位はあったと思ひます)を同行してゐましたが豆腐店南方地區で愈々前進困難となりましたので私は各部隊に『邪魔になる俘虜は殺害し我方の戦死者は指を切り取り持ち歸るべし』と命じました」「俘虜は全部殺害したとの報告がありました」。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月7日


孫君の手紙 


毒ガス処理を神戸製鋼がやる?なぜ?
(参考)安倍さんは神戸製鋼に3年間勤務している。(関係ない?)
2007年9月 安倍さんは、首相を辞任している。
安倍晋三

2007年12月 6日 (木)
交流協会毒ガス弾処理疑惑、神戸製鋼も関与か?


防衛省発注事業で神鋼にも疑惑浮上


安倍のお爺さん、岸信介と731の関係は?情報公開せよ!!
日本人が忘れても、マルタの怨霊は日本の罪業を訴え続けている!!

安倍の行けない中国・韓国では731部隊の研究が盛んになってきている!!
「秘密保護法」の施行を急ぐ安倍政権の閣僚に世界からメッセージが届いています!!
とくとご覧下さい!!

侵華日軍第731部隊罪障陳列館(ハルピン)

中国が教える731部隊


生きた人を人体実験、日帝731部隊の恐ろしい蛮行


鉄証:731部隊の罪業

日本人の証言もありますよ!!
語り部フォーラム 


韓国人「中国が731部隊の残虐行為証拠資料を公開、幼い子供にも人体実験していた日本」


731部队的真相(英文)2/5 731部隊の真実 the truth of Harbin Unit 731(English Narration)


731部隊のことは、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター・・・1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。)のビデオでも紹介され、世界では公然の事実とされている。
インターネットエクスプローラーのグーグルで(グーグルクロームでは映りません。)
http://www.bt.cdc.gov/agent/plague/trainingmodule/1/02wmp.htmをご覧下さい!!

疾病管理予防センター(CDC): 谷川透訳

医学博士、科学博士 ジョアンヌ・コノー

人は中世以来、敵を殺し、敵の能力を奪うため、自然界に存在する生命体を用いてきた。
初期の例の一つは、14世紀にタタール軍が黒海沿岸の城郭都市カファを包囲攻撃したときに起きた。
腺ペストが発生してタタール人に猛威を振るい始めたとき、彼らはペストに罹って死んだ者の死体を投石器で市内に投げ込み、城壁の内部で腺ペストを勃発させることを決めた。
その後まもなく、城市の中で虐殺から身を守っていた人々は、突然ペストに襲われ、イタリアへ逃がれた。
彼らはこの伝染病を、彼ら自身でヨーロッパに運び、それが恐ろしい黒死病の大流行の始まりとなって、ヨーロッパの人口を激減させたのであった。
ペストの流行に関する今日のわれわれの知識によれば、ノミは人体が冷えるとすぐ人体を離れるので、人体を離れたノミによって元々市内に住んでいたネズミが感染し、市内で突然発生したペストが現実にカファ全域に広がった可能性は非常に高い。

日本帝国731部隊は、日本が戦争に動員され準備が整った1930年代と40年代に仕事をした。
この恐ろしい計画の立案者である石井四郎中将は、病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた。
石井は特にペストに魅了されていたが、それはペストによる細菌戦攻撃が自然発生的な伝染病の様相を呈するからであった。
さらに、人から人への感染拡大は、最初に用いる(細菌戦)発動物の量に応じて、病気を発生させることが出来るからであった。
731部隊は、ペスト菌を霧状に散布したり、水に溶かして散布したりすることが出来なかった。そこで彼らは、ペストを感染拡大させるために、天然の病毒媒介昆虫――通常のノミ――を用いた。
感染ノミを搭載した陶器爆弾が中国本土の幾つかの都市に投下され、その住民に多数の感染を引き起こした。
ペストは恐怖心を生み、容易に感染拡大し、人々を迅速に殺すので、兵器として魅力的である。

合衆国の攻撃計画でもペストに関して若干の調査研究を行なったが、同国では完全に武器化することは出来なかった。
ペスト菌を大量に増殖させた時、人はその毒性を持った細菌を保有しつづける魅力に打ち勝つことが出来ない。

ペスト菌は武器であって、伝染力を持っている。われわれは過去を振り返って、そのことを強く感じる。さらに、ペスト菌をエアロゾルにして持ち歩かないよう管理することも問題だし、気象条件によってペスト菌が変異しうることも問題だし、細菌の形をとらなくても非常に感染性が強いことも問題だし、最後にペスト菌がどういう形をとってお終いになるのか、誰もコントロールすることが出来ない。
ペスト菌はきっと、帰ってきて、あなた方に噛みつくことでしょう。
あなた方の軍隊だけでなく、あなた方の友軍や同盟軍にも噛みつくことでしょう。

しかしながら、ソビエトの兵器工場では、ペスト菌はその伝染性ゆえにお気に入りの生命体である。
ソビエト軍は、米軍の経験した毒性の問題を克服した。
ソビエトの亡命者アリベック博士とのインタビューによれば、彼らは1,500トンのペスト菌をいつ如何なる時でも手にしており、それを大陸間弾道弾に搭載する準備が出来ているとのことである。
保管の問題のため、彼らは頻繁にペスト菌の備蓄を廃棄して、新しいものに替えるという。
われわれはテロリストによるペスト菌の使用に非常に関心がある。というのは、ペスト菌が自然界に見いだされるだけでなく、世界中の数多くの生物学資料供給所で入手できるからである。

「生物兵器による戦争とテロリズム;軍事上および公衆衛生上の対応」(アメリカ食品医薬品局発行、1999年)から脚色



<動画>日本軍の細菌戦の遼寧省で唯一公認の被害者が病死


中国(瀋陽)日本戦犯審判の特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書

<動画>郵便検閲書類が日本軍の細菌戦を実証



天皇はなぜ広島・長崎の式典に参列しない?天皇と原爆は関係ない?
天皇批判した小川、謝罪も炎上
小川未菜は100%正しい! 「日本人は昔,天皇のせいで苦しみ、命がたくさん奪われた」
昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


原爆投下について記者から問われた昭和天皇は、こう答えている。
天皇:「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」

日本は、戦況が悪化し負けていたにもかかわらず、「国体護持」にこだわって降伏を遅らせ、多くの日本人の犠牲者を出してしまった。そのときも、戦争をはじめたときも最高責任者は、昭和天皇であった。

1975年の記者会見では、天皇の戦争責任ついてこう述べている。
「中村康二(ザ・タイムズ):天皇陛下のホワイトハウスにおける「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がございましたが、このことは、陛下が、開戦を含めて、戦争そのものに対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また陛下は、いわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

『天皇陛下:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないで、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

日本は戦争中、世界で初めての2発の原爆投下を、経験した。
これは、アメリカが莫大な費用をかけて開発したものだった。
アメリカは実戦の効果を知りたかった。
原爆の子

日本が、本当に「自衛のための戦争」をしていたならば、敗戦後この非人道的な核兵器の被害を、国際社会に訴えることができたはずだ。
ところが、日本は戦争中、中国大陸において、驚くべき残虐な人体実験、細菌戦、毒ガス戦等を展開していた。アメリカは再三日本に「この非人道的な細菌戦、化学戦(毒ガス戦)はやめろ」とと警告を発していた。
日本は自国の戦争犯罪を隠すことに汲々として、アメリカとの取引をし、そして、原爆被害を世界に訴えることなく、全面的に核兵器の効果を調べるためのアメリカの調査に協力した。その結果、その調査によって被爆者は全く治療されなかった。
封印された原爆報告書


1997年の平和宣言で広島市長平岡敬氏は「アメリカの核の傘から日本は抜け出すべきだと政府に要求する」と唱えた。
すると橋本首相は平岡氏に歩み寄ってきた。
「あなたの気持ちはわかるけれども、そんなことはできない。あなたはアメリカの怖さを知らない」と言ったという。
やんばるの白ひげ ~核の傘の下で~(3)


私の想像:もしも日本政府が、アメリカの核戦略から抜け出し、この非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴えたら、アメリカは「日本が中国で行った非人道的な人体実験、細菌戦、毒ガス戦、三光作戦等をばらすぞ!!」と脅しているのではないかと思う。そしたら今の天皇制はすっ飛んでしまうだろう。
追記:アメリカの怖さとはこれかな?
橋本龍太郎は、1986年7月22日、第3次中曽根内閣の運輸大臣に就任した。
このドラマの最初の方で事故調査報告書を受け取っている。
ボイスレコーダー  ジャンボ機墜落20年目の真実
米軍が墜落させた?それとも、自衛隊?
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表



橋本首相は続けて言う。
「日米安全保障条約によって支えられている安全保障の仕組みがこの国にとって必要だ。」

私の解釈:だからお互いに過去の非人道的な過ちは隠しておいて、未来志向で、放射能の怖さや遺伝子組み換え操作の怖さにも触れず、未来志向で、日本はアメリカの核戦略・生物化学兵器開発(もちろん日本も密かにやっているのでは?)を危険と知りつつ、進んでいきましょう。そしたら、天皇制も安泰です!!(何時まで続くこの身分差別!!)
原爆を浴び、放射能の恐怖を体験したはずの日本が、原発を50余機持っている。そして文殊はじめ原発関連の施設の維持費は膨らむばかり。国家財政は破綻寸前!!(破綻しているのかな?)、若者の貧困化も深刻!!

・内部被曝を日本の司法は認めているが、日本政府は認めていない?
・日本の医療・教育で、本当に「人間を人間として見る医療・教育がされてきているのだろうか?」
※日本は、戦後東京裁判で731部隊の罪業が裁かれることなくきたために、教育界・医療界でも戦争の反省をすることなく進んでしまった。
その結果、歴史認識の問題や放射能の怖さについても、まともな研究が疎まれ、今の政治状況が生まれている。
広島・長崎で2発の原爆投下を受け、悲惨な状況を経験し、また福島であれだけの原発事故が起き、これまた悲惨な状況にあえいでいるにもかかわらず、原発再稼動に日本は突っ走ろうとしている!!なぜなのか?
日本では、「人間を人間として見る」教育などされていないのでは?
いつも権力者の言うことに慣れ親しんいる。



(転載)
中国からのメッセージ!!
細菌戦に関与したのは、石井部隊だけではなく、関東軍主力が関わっていた。国際法違反は日本軍全体の問題である。日本側の検証を望む。

日本戦犯・三宅秀也:“指導”して楊靖宇を殺害した


三宅秀也の供述書公開 細菌戦に備えペスト研究を指示(三)

2014年7月29日原文:人民ネット―国際チャンネル
公開資料の22番目の日本戦犯は、三宅秀也の罪業供述書である。三宅秀也は、抗日英雄・楊靖宇等の犠牲に関与している。
1954年8月~1955年4月の供述書は、三宅が1902年、兵庫県生まれ、傀儡満州国熱河省警務庁警務課課長・傀儡奉天省警察庁庁長を歴任したと示している。

重要な罪業:
1936年には、偽熱河省と偽錦州省で共産党員や反満抗日思想を有する中国愛国者ら7066人を検挙し、「内一五〇名を『厳重処分』(死刑)に附して居ります」
1938年11月には、防疫本部の会議において、「偽新京のペスト防疫の完避を期するため偽農安県城をペスト病源地として、偽警察力を以て包囲し、外部との交通を完全に遮断することを決定しました」。「関東軍が石井部隊をしてペスト防疫業務を直接担当せしめたる主なる目的は、偽新京にペストの発生せるを好機とし、他日の細菌戦に備へ、石井部隊をしてペスト病菌に対する種々なる研究及実験をなさしめんとするに在りました。石井部隊は偽農安県城に於ても、偽警察の包囲下に於て、人民をペスト病菌に対する研究と実験の用に供して居ります」
1939年9月から1941年3月までは、所属の各偽警察機関を指導し、抗日聯軍第一路軍の「消滅」に協力し、「抗日聯軍約二千名を射殺し、約一千五百名を誘降し」、射殺された中には楊靖宇や陳翰章などもいた。
1942年8月3日には、偽慶安県警察隊に命令し、該県青風嶺附近で抗日聯軍第三路軍の許享植軍長を射殺した。
1944年7月から1945年8月まで偽奉天省警務庁庁長として在任中、部下に命令して刑法違反者を逮捕し、「一市六県のみにて中国人民一万二千一百八十名を『検挙』し四千五百六十五名を偽検察庁に送致致しました。偽検察庁に送致せられたる者の中、十四名は死刑を宣告せられ、偽監獄に於て屠殺せられました」(編集MA)


初めて知った戦争「大久野島」「731」 

毒ガスのほとんどは大久野島で製造され、中国で大量に使用され、多くの中国人が犠牲になった。
使用前には、731部隊と516部隊(化学戦部隊)が合同でマルタ(=被験者)をトーチカに入れての人体実験や野外実験などで、効果を調べ、その結果をもとに実戦に使用した。
そして、敗戦で引き揚げる時にその毒ガスを中国に遺棄したため、今、中国ではその被害に多くの人が悩んでいる。
遺棄毒ガス訴訟、請求棄却 中国の少年2人が被害

鈴木啓久供述書:毒ガスを使用した!!

重要な罪行は次の通り。
1934年6月頃、錦州で「中国人の農民2名を殺害した」。
1935年3月上旬頃、高木大佐を援助し、「上板城附近で約300戸のある村二つを焼却し、多数の中国人民を殺害した」。
1940年9月、安徽省宣城作戦において、屋内に退避した抗日軍人約50名に「毒ガス攻撃で全員惨殺した」。
1941年、安徽省巣県に慰安所を設置したうえ、20名「中国の婦女及び朝鮮の婦女を誘拐して、慰安婦をなさせた」。
1941年11月、河北省棗強で八路軍を攻撃し「八路軍約10名を殺害し、約600戸のある村二つを焼却し、中国人の農民100名を虐殺した」。
1941年12月、「長城線附近2キロメートル内の」「住民を移転させ、無人地帯となさせた」。
1942年1月、唐山一帯で田浦大佐に対して掃蕩を命令し「約八〇〇戸のある村を焼却し、中国人の農民1000人を虐殺した」
中央檔案館が日本戦犯、鈴木啓久の中国侵略罪行自供抜粋を公開


日本人戦犯1人目・鈴木啓久の供述書を公開
瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


榊原秀夫(731部隊林口支部長)
榊原秀夫の供述書公開 731部隊の細菌戦に協力(一)

榊原が自供した重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
「林口支部の任務に従って私は在職間、細菌戦準備の為に第一課長細矢少佐に命じ細菌保存培養を実施せしめました」。当時の生産量は、「中蘇国境の東部地面に撒毒し、極めて大量に蘇同盟軍隊のみならず中蘇両国の平和人民をも毀滅せしめるに充分な量」だった。
「細菌戦準備の為の捕鼠」では、「私は部隊全員を動員して捕鼠に従事致しました」。「間所少尉を長とし約二五名の捕鼠班を常時設置」し、「捕鼠により第七三一部隊に送附致しました鼠の総数は一九四五年四月に一〇〇〇匹、五月一〇〇〇〇匹、六月八〇〇〇匹、七月七〇〇〇匹総計二六〇〇〇匹」にのぼった。
1945年3月上旬,「私は第七三一部隊の命により」「支部の保存培養中のチフス菌、A型パラチフス菌の試験管二本を第七三一部隊第一部毒力検定班」に提出した。「両菌種共に第七三一部隊第一部保存菌中の標準毒力」に適合しており、「細菌戦の準備の為の保存培養に適」していた。「井戸水には効力の確実を期するために大体一・二本の試験管で屠殺し得ると計画したものであります」。「私は此の効力実験によりて四名の中国愛国者を殺害したものであります」
1945年4月には、黒竜江省安達県で、「私は安達に於ける殺人実験に参加致しました」。「中国愛国者の方四名」が「安達演習場に二五米―三〇米の間隔に地に打ち込んだ丸太の棒に縛りつけられました」。「軽爆撃機が演習場の上空に飛来し約一五〇米の高度より素焼製爆弾(陶器の一種)を投下し五〇米上空で炸裂しました」。「私は完全予防衣をつけ五・六〇〇米位の距離から此の惨行を見たものであります。此の爆弾は恐るべき炭疽菌を充填した爆弾で鼻咽腔より吸入せしめ当時絶対に生きることの見込のない肺炭疽に、或は破片により皮膚炭疽を起させる全く酷悪の罪行であり、私も此に参加したものであります」
1945年8月、「蘇聯軍開戦をラヂオに依り知り、直ちに自動車の出動準備を命じ、同時に一切の馬を除いた動物、即ち捕鼠した鼠、白鼠、モルモット、兎、蚤、及保存培養せる細菌を第七三一部隊に送附せしめました」。「部隊建物に藁を積み石油を準備し建物の焼却準備を実施し、更に部隊専用の水源地の給水ポンプの破壊を命じ破壊せしめました」。「細菌戦準備の為の一切の証拠物件を煙滅破壊したものであります」。(編集MA)
「人民網日本語版」2014年7月11日)

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


上坪鉄一

重要な罪は次の通り。
1944年8月より1945年2月に亘る間、「鶏寧、平陽、東安地区に於いて部下分隊長に命じ、抗日地下工作員9名(氏名記憶せず)を検挙させ、厳重な拷問を以って取り調べの内、8名は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1944年9、10月の間、検挙した中国人(ソ連諜)1名を「特移扱いとして」、「ハルビン憲兵隊に移送させ、該隊が石井部隊に特移送させる。」「特移扱いは『防諜(思想)上の重大犯人にして、特に未来逆用の見込みなきものは、特移扱いとして憲兵隊司令官に申請し、司令官の許可及び移送命令に依りハルビン憲兵隊に送致す』、ハルビン憲兵隊により石井部隊に送致し、石井部隊にては細菌研究の実験に供するものになるとハルビン憲兵隊戦務課長より告知された。」
1944年11月頃、勃利分隊に命じて、抗日地下工作員約90名を検挙し、1945年4月頃、「其の内10名(氏名記憶せず)は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年4月初、平陽分隊が検挙した抗日人員8名を「特移扱いとして、ハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年5月、勃利分隊が検挙した抗日人員4名を「石井部隊に特移送らせた」。
「以上私の鶏寧、東安隊長として検挙した中国人は誰も愛国抗日の積極的先進分子にして、私は彼達の大部分を石井部隊に特移送り、最も非人道的な細菌研究の実験に供した」。
「私が鶏寧、東安憲兵隊長として部下憲兵に命じて抗日地下工作人員を検挙の上拷問を以って厳重たる取調べを実施させた者は、既報した者150名以上、内特移扱いとしてハルビン石井部隊に特移送らせた者44名、拷問致死2名である」。「報告し得ざる者も相当多数あることは確実である」。(翻訳・編集/呉寒氷)(新華網日本語))

731部隊とは 


齋藤美夫の供述書 中国人を集団虐殺(二)

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1937年11月初旬、新京北、南分隊及び首都警察庁の厳重処分に付すべき中国人約30人を新京北東北方約20キロの刑場に押送するよう命令。途中、全員が射殺された。
1939年8月8日、「河北より石井細菌化學部隊に引渡すべき中国人九〇名を哈爾濱、及孫吳に押送」する命令を下達した。1956年6月17日の訂正・追加自供書で彼は「被押送人員三〇名は哈爾濱に下車せしめられ石井部隊の細菌化学生体実験に、孫吳に下車せしめられた被押送人員約六〇名は習志野学校(瓦斯部隊)と石井部隊の協同による毒瓦斯弾効力実験特別演習の用に供せられたものなることを白濱大尉の事後報告により知りました」と記した。
1940年8月~1942年6月、広州市内および周辺村落で約200回捜査を行い、勾留人員は約1000人、検挙人員200人に達し、うち5分の1の40人を厳重処分に付した。
1941年6月~1942年6月、「私は派遣軍憲兵隊長として命令を以て約三回に亘り廣東憲兵隊をして同隊の検擧したる中国人民を『嚴重処分』として『集体屠殺(銃殺)』せしめました」「約一二〇名に達し」た。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月23日)

飛びゆく雲 最後の戦犯は語る

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書



戦時中、中国で731部隊員はこんなせりふを言い、たくさんの中国人を殺していたのですか?
「近くでペストが発生しました。予防薬をみなさんに飲んでいただかなくてはなりません。」
「さあ、どうぞ!!」

【安倍首相】731部隊・マルタ部隊を連想させるパフォーマンスを行ったって本当なの?


731部隊!!

夏草をふみしめ遺跡の前に跪(ひざまず)く
オバケ煙突の下、不気味に笑う悪魔の目鼻
ここで焼却されたマルタは虚空に消えた
その無念の粒子を今なお人々は呼吸する
この空間には癒されぬ死の怨霊がくすぶり続ける
だが誰もそのことを声高に語ろうとしない
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



731部隊展感想(武蔵野展)

<講演会アンケート>

4月5日(土)常石敬一講演

★60代 八王子展からチラシ 男性
講演内容 科学者の良心は信じられないのか。残念ながら今の社会は特にそう思う。

企画   不毛なマスメディアの今こそどんどんやるべきである。


★60代 チラシ 男性
講演内容 大変参考になりました。

企画   現在自衛隊(国防軍)は米軍管理で、いつでもどこでも出兵できるようになる。武器輸出も解禁してしまったら過去を知ることがいかに重要かと思います。




【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
-第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S

八棟監房で「丸太」をペスト蚤(のみ)で攻撃する


5課は、7棟・8棟へも出張して、実験を行なった。私も何回か8棟へ行った。
「丸太」を収容している7棟・8棟は、部隊でも極秘中の極秘の場所であった。厳重な警戒が武装した特別班員の手で四六時中なされていた。
大きな鉄の扉を開けて、部隊長名の特別許可証を提示して内部に入ると、そこは別世界のようであった。中央廊下をはさんで左右に中庭があり、向かって左が7棟、右が8棟と呼ばれていた。実験が行なわれるのは、主に8棟の方であった。
8棟2階の入口に続いて、医官室があった。担当の特別班員1人と通訳が2人、詰めていた。ここには、連行されてきた「丸太」に訊問を行なって作成された「丸太」病歴簿が保管してあった。病歴簿には、本人の既往症はもちろん、生年月日、本名(「丸太」は番号で呼ばれていた)、住所、はては家族構成まで記入されていた。
したがって、医官室で実験の目的に合った「丸太」の条件を告げると、それに応じた「丸太」の番号や監房を教えてくれるのである。条件に合った「丸太」が8棟にいない場合は、7棟から連れてきたようである。




続きは「ノブのノート」

あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-27 06:19:56 | Weblog
秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”
日常/ #3ドキュメント2013.12.6 

グーグルクロムで見るとスムーズに画面が動きます。

権力側の都合の悪い情報を「国益を損なう」と言って隠すことはあってはならないことだと思う。
情報をもっとオープンに公開せよ!!

「日本では戦争について反省をしていない人々が権力を握っており、これが日本とアジアの人々にとって非常に深刻な問題になっている」

安倍さん!!72年の日中共同声明を完全に忘れたのですか?

共同声明は、「日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」と明記している。

※今の日本で「命の教育」などできるのか、疑問だ。過去の日本の残虐行為を全て日本政府からして隠し続け、「日本を取り戻す」、「美しい国」とか、天皇制の強化を唱えている。大人がきちんと過去と向き合っていない!!

第1次世界大戦から100年、安倍首相への10の質問―中国メディア

気になるニュース
中国、日中戦争の映像資料をネットで順次発表―中国メディア

日本の右翼が大自爆、竹島を韓国領と記した地図をうっかり公開!=韓国ネット「右翼にも良心があったのね]

<避難者訴訟>自殺「原発事故が影響」 東電に賠償命令

「自殺と原発事故に因果関係」東電に賠償命令

<原発自殺訴訟>「少しは浮かばれる」夫、判決に涙

特集ワイド:STAP問題、痛恨の笹井氏自殺 理研の危機管理は

海保、尖閣警備強化へ倍額要求 15年度予算、24時間監視

自民・高市氏 「慰安婦問題で新談話を」

万人坑を訪ねる─満州国の万人坑と中国人強制連行

万 人 坑 を 知 る 旅


12分28秒~第85回小出裕章ジャーナル
日本初の原発死亡事故(美浜原発事故)から10年を迎えて「壊れた時には、配管が腐食と摩耗で、わずか0.4ミリしかなかった。そういう状態だったのです」


小出裕章先生:残念ながら経験が活かされなかった・・必要な費用を削った

自民・金子市議「アイヌ民族いない」発言について。- 2014.08.25


韓国の竹島研究家、竹島を韓国領土と記した日本地図公開―韓国メディア


中韓が共同で抗日ドラマ制作、背景に「日本の侵略に抵抗した」共通項―中国メディア

米軍関係者の「靖国参拝」を放任、米国は誠意ある説明を!―中国メディア



高校日本史Aの教科書、実教出版を希望が最多 来年度 静岡

高校教科書(実教出版)
・・中国軍民の抵抗に直面した日本軍は、1940~43年にかけて、華北の抗日根拠地への攻撃をおこなった。この作戦は「焼きつくす、殺しつくす、奪いつくす」という意味で「三光作戦」と非難された。また、ハルビンの731部隊などでは、細菌戦・毒ガス戦の研究で、3000人ともいわれる中国人ロシア人を実験材料(マルタと呼んだ)にし、しばしば中国各地で細菌・毒ガスを使った作戦を実行した。さらにアヘンを生産して中国占領地で販売したりした。

許すな!!教育委員会の不当介入!!
神奈川県立高、実教出版の日本史教科書使用希望ゼロ
学習指導要領で指導を義務付けられている国旗掲揚、国歌斉唱を「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」と記述した実教出版(東京)の高校日本史教科書の使用を来年度に希望する県立高がゼロだったことが19日、分かった。

実教出版の教科書、都教委「不適切」 日本史の記述で
「不適切」とするのは「高校日本史A」と「高校日本史B」。国旗掲揚や国歌斉唱に関して「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述について、都教委は「国旗掲揚と国歌の起立斉唱は教員の責務であるとする都教委の考え方と異なる」としている。

高校教科書から学ぶ(東京書籍)

戦争裁判・・・(東京)裁判を通して、戦争中の日本軍による侵略行為、残虐行為の実態が、はじめて国民の前に明らかになった。他方でこの裁判には多くの問題点もあった。昭和天皇の責任をこの裁判で問うかどうかは、国際的に議論されたが、天皇制維持による占領政策の円滑な遂行を進めようとしていたアメリカの意向もあって、結局不問にふされ、また731部隊の関係者はアメリカへの資料提供とひきかえに訴追をまぬかれた。連合国側のアメリカによる無差別爆撃や原爆投下、ソ連軍の行為などは問題にされることもなかった。
極東国際軍事裁判とは別に、通例の戦争犯罪の容疑で、BC級戦争犯罪裁判が1945年10月から1951年4月まで、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィリピン、フランス、オランダ、中国の各国の法令によって実施され、死刑984人、無期刑475人、有期刑2944人の判決が下った。この裁判では、残虐行為を命令した上官ではなく実行した部下のみが責任を問われたり、誤認で刑が下ったこともあったといわれている。有罪となった者の中には、朝鮮人約150人、台湾人約180人が含まれていた。










▼数え切れない戦争犯罪 

これら1000人余りの戦犯による犯罪を単純に足しただけでも驚くべき数字となる。直接殺害された中国の民間人と捕虜は85万7000人余り、焼却・破壊された家屋は7万8000軒以上、略奪された食糧は3700万トン、石炭は2億トン以上にのぼる。1931年の「満州事変」から敗戦・降伏まで日本の帝国主義は数多くの悲劇を生み出した。平頂山虐殺や南京虐殺、潘家峪虐殺、劉店郷虐殺、四一二虐殺、重慶大トンネル虐殺、北[田童]虐殺などその犯罪は枚挙にいとまがない。 

日本人戦犯45人の「更生」はいかにして行われたか―中国メディア

<昭和天皇実録>知られざる事実含む可能性高く…黒塗りなし


防衛費よりも災害救助対策の方が大切ではないか?

”防災”こそ国民への安全保障! 広島市土石災害によせて・・(´・_・`)

考察団代表は「日本帝国主義の罪は明らかで、731部隊史跡はその明らかな証明である。中韓両国は心を一つにして、全世界の人民に日本軍国主義の罪を示し、二度と同じ過ちが起きないようにしなければならない」と発言した。

「日本の侵略者による罪を公にし、被害者を偲ぶと同時に、若い人たちに歴史の真相を脳裏に刻んでもらい、世界の平和的発展を推進するものだ」
韓国の国会議員視察団、旧日本軍731部隊遺跡を視察―中国報道 

中韓合同で「侵略」写真展=ハルビンの731部隊跡地

<慰安婦問題>韓国国会議長「日本に全力で謝罪と賠償求める」=訪日し国会議長に談判方針―韓国メディア






日本政府は中国に遺棄した毒ガスの処理に全力をあげなくてはならない!!
天皇・皇族方の戦争責任を問う!!
天皇の親族、参謀総長閑院宮が毒ガスの使用指示を出した!!
大量の毒ガス弾は中国・日本近海に遺棄され、毒ガス弾の被害は今、中国・日本で起きている。そして、遺棄された毒ガス弾の海洋汚染は原発事故と相まって、大変なことになっているのではないか?

日本は1925年のジュネーブ議定書を無視し、主に中国で毒ガス兵器、細菌兵器を多用した!!
日本鬼子のおきみやげ(毒ガス)



上坂勝の毒ガス使用の証言

日本人戦犯3人目の供述書を公開 毒ガスで掃蕩 軍民多数を殺害(二)

上坂勝の1954年7月の供述書によると、上坂は1892年大分県生まれ。1934年3月~1941年11月、台湾で歩兵連隊の副隊長、大隊長を務め、階級は少佐、中佐。1945年6月に陸軍第五十九師団歩兵第五十三旅団長に任じられた。同年8月20日、朝鮮・咸興付近でソ連軍の俘虜となった

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1942年2月頃、「歩兵第百六十三聯隊長大佐として河北省保定に蟠踞中」、「逮捕監禁しありたる中國人民約二十名を斬殺、刺殺等の方法により虐殺したる事件がありました」。3月頃、約10メートルの鉄道レールが除去されたため「十數人の容疑者を捕へて拷問し殺害三(四)人に及んだとの事でありました」。5月頃、「望都附近の鉄道沿線(望都西方約一粁)の一框舎が八路軍の急襲を受け全滅し輕機關銃及其の他の兵器を全部奪取せられた事件があり」、「約三〇名の住民を拷問し通謀者と目せられるもの約六名を殺害し框舎に接近して居る家に放火し三軒焼却したとの事であります」。
1942年5月27日、冀中作戦で「私は此の戰鬥に於て第一大隊をして八路軍及住民を殺害すること約八百人に上り」、「赤筒及緑筒の毒瓦斯を使用し機関銃の掃射と相俟って八路軍戰士のみならず逃げ迷ふ住民をも射殺しました、又部落内を『掃蕩』し多數の住民が遁入せる地下壕内に毒瓦斯赤筒、緑筒を投入して窒息せしめ或は苦痛のため飛び出す住民を射殺し刺殺し斬殺する等の残虐行為をいたしました」。「此の侵略作戰に於て聯隊が中國人民に與えた損害は殺人約一千一百名に及び家屋の破壊約十軒、焼失家屋約三軒、掠奪使用家屋約四五〇軒(約十日間)其の他中國人民約二四〇名を框舎構築(八個)のため酷使しました(約十日間)」。
1943年春、行唐西北方山地において第二大隊は「八路軍戰士や住民に對し殺害約二五〇名 焼失家屋約五〇軒」の損害をあたえた。「各部隊(前記行動間各道路を行進する先頭部隊)は住民の探知組を先頭に進め地雷を踏ましめて虐殺しました」。
1944年5月、河南省嵩県で兵士一人が行方不明になったために「住民十數人を捕へて」「殺害五(六)人に及び十二(三)軒の家屋を焼却したとの報告がありました」。
1945年6月、「此の轉進間第一第二大隊は出發當初より俘虜(約五十名位はあったと思ひます)を同行してゐましたが豆腐店南方地區で愈々前進困難となりましたので私は各部隊に『邪魔になる俘虜は殺害し我方の戦死者は指を切り取り持ち歸るべし』と命じました」「俘虜は全部殺害したとの報告がありました」。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月7日


孫君の手紙 


毒ガス処理を神戸製鋼がやる?なぜ?
(参考)安倍さんは神戸製鋼に3年間勤務している。(関係ない?)
2007年9月 安倍さんは、首相を辞任している。
安倍晋三

2007年12月 6日 (木)
交流協会毒ガス弾処理疑惑、神戸製鋼も関与か?


防衛省発注事業で神鋼にも疑惑浮上


安倍のお爺さん、岸信介と731の関係は?情報公開せよ!!
日本人が忘れても、マルタの怨霊は日本の罪業を訴え続けている!!

安倍の行けない中国・韓国では731部隊の研究が盛んになってきている!!
「秘密保護法」の施行を急ぐ安倍政権の閣僚に世界からメッセージが届いています!!
とくとご覧下さい!!

侵華日軍第731部隊罪障陳列館(ハルピン)

中国が教える731部隊


生きた人を人体実験、日帝731部隊の恐ろしい蛮行


鉄証:731部隊の罪業

日本人の証言もありますよ!!
語り部フォーラム 


韓国人「中国が731部隊の残虐行為証拠資料を公開、幼い子供にも人体実験していた日本」


731部队的真相(英文)2/5 731部隊の真実 the truth of Harbin Unit 731(English Narration)


731部隊のことは、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター・・・1946年に創設され、アメリカ国内・国外を問わず、人々の健康と、安全の保護を主導する立場にある連邦機関。)のビデオでも紹介され、世界では公然の事実とされている。
インターネットエクスプローラーのグーグルで(グーグルクロームでは映りません。)
http://www.bt.cdc.gov/agent/plague/trainingmodule/1/02wmp.htmをご覧下さい!!

疾病管理予防センター(CDC): 谷川透訳

医学博士、科学博士 ジョアンヌ・コノー

人は中世以来、敵を殺し、敵の能力を奪うため、自然界に存在する生命体を用いてきた。
初期の例の一つは、14世紀にタタール軍が黒海沿岸の城郭都市カファを包囲攻撃したときに起きた。
腺ペストが発生してタタール人に猛威を振るい始めたとき、彼らはペストに罹って死んだ者の死体を投石器で市内に投げ込み、城壁の内部で腺ペストを勃発させることを決めた。
その後まもなく、城市の中で虐殺から身を守っていた人々は、突然ペストに襲われ、イタリアへ逃がれた。
彼らはこの伝染病を、彼ら自身でヨーロッパに運び、それが恐ろしい黒死病の大流行の始まりとなって、ヨーロッパの人口を激減させたのであった。
ペストの流行に関する今日のわれわれの知識によれば、ノミは人体が冷えるとすぐ人体を離れるので、人体を離れたノミによって元々市内に住んでいたネズミが感染し、市内で突然発生したペストが現実にカファ全域に広がった可能性は非常に高い。

日本帝国731部隊は、日本が戦争に動員され準備が整った1930年代と40年代に仕事をした。
この恐ろしい計画の立案者である石井四郎中将は、病気を殺人兵器に変える任務を帯びていた。
石井は特にペストに魅了されていたが、それはペストによる細菌戦攻撃が自然発生的な伝染病の様相を呈するからであった。
さらに、人から人への感染拡大は、最初に用いる(細菌戦)発動物の量に応じて、病気を発生させることが出来るからであった。
731部隊は、ペスト菌を霧状に散布したり、水に溶かして散布したりすることが出来なかった。そこで彼らは、ペストを感染拡大させるために、天然の病毒媒介昆虫――通常のノミ――を用いた。
感染ノミを搭載した陶器爆弾が中国本土の幾つかの都市に投下され、その住民に多数の感染を引き起こした。
ペストは恐怖心を生み、容易に感染拡大し、人々を迅速に殺すので、兵器として魅力的である。

合衆国の攻撃計画でもペストに関して若干の調査研究を行なったが、同国では完全に武器化することは出来なかった。
ペスト菌を大量に増殖させた時、人はその毒性を持った細菌を保有しつづける魅力に打ち勝つことが出来ない。

ペスト菌は武器であって、伝染力を持っている。われわれは過去を振り返って、そのことを強く感じる。さらに、ペスト菌をエアロゾルにして持ち歩かないよう管理することも問題だし、気象条件によってペスト菌が変異しうることも問題だし、細菌の形をとらなくても非常に感染性が強いことも問題だし、最後にペスト菌がどういう形をとってお終いになるのか、誰もコントロールすることが出来ない。
ペスト菌はきっと、帰ってきて、あなた方に噛みつくことでしょう。
あなた方の軍隊だけでなく、あなた方の友軍や同盟軍にも噛みつくことでしょう。

しかしながら、ソビエトの兵器工場では、ペスト菌はその伝染性ゆえにお気に入りの生命体である。
ソビエト軍は、米軍の経験した毒性の問題を克服した。
ソビエトの亡命者アリベック博士とのインタビューによれば、彼らは1,500トンのペスト菌をいつ如何なる時でも手にしており、それを大陸間弾道弾に搭載する準備が出来ているとのことである。
保管の問題のため、彼らは頻繁にペスト菌の備蓄を廃棄して、新しいものに替えるという。
われわれはテロリストによるペスト菌の使用に非常に関心がある。というのは、ペスト菌が自然界に見いだされるだけでなく、世界中の数多くの生物学資料供給所で入手できるからである。

「生物兵器による戦争とテロリズム;軍事上および公衆衛生上の対応」(アメリカ食品医薬品局発行、1999年)から脚色



<動画>日本軍の細菌戦の遼寧省で唯一公認の被害者が病死


中国(瀋陽)日本戦犯審判の特別軍事法廷旧跡陳列館が開館

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書

<動画>郵便検閲書類が日本軍の細菌戦を実証
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731から福島まで!!

2014-08-27 06:18:19 | Weblog

日本の医学界は731の残虐行為を真から反省し、謝罪しないかぎり、未来がないと思う!!
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア

理研・笹井氏自殺 気に病んでいた「笹井ビル」の行方〈週刊朝日〉

理研・笹井副センター長の家族に宛てた遺書の内容が明らかに

【STAP細胞】笹井茂樹氏の悲報はNHKスペシャルが原因だった!?【小保方晴子】


武田邦彦、NHKスペシャルの行き過ぎた小保方晴子さん取材に憤る 2014/7/25



佐世保・高1殺害 中間報告書、児相対応の詳細盛らず

佐世保女子高生殺害「報道」のナゾ――なぜ被害者「実名」、加害者「匿名」なのか?

「(加害者の)父親は大手通販の『ジャ・・・・・・・・』や佐世保市医師会の顧問弁護士のほか、倒産案件などを数多く手がける弁護士として知られています。
長崎佐世保の女子高生猟奇事件、犯人の父親は佐世保市の超有名企業の弁護務めていた!?話題の豪邸も納得か【追記あり】

母親=東京大学卒、佐世保市の教育委員かつ長崎県スケート連盟会長(病死)
佐世保女子高生殺害解剖事件!殺人鬼の人生壮絶過ぎる!!

佐世保事件、少女の鑑定留置決定 佐世保簡裁

「娘が起こした事件により、何の落ち度もないお嬢様が被害者となられたことについては、おわびの言葉さえ見つからない」

「体の中を見たかった」「人を殺して解体してみたかった」
「私たちに、今残されているのは、不気味な日常性の中で行なわれたものを今、痛みを持って思い起こすことであり、この多くの歴史的事実を絶えず現在の問題としてとらえ直すことであろう。」
『人間の価値』より

イギリスのデイリー・メール紙は「近年の日本で最も衝撃的な事件の一つ」、「日本で起きた犯罪の中でも最も陰惨なものの一つだ」と大きく伝えた

この加害者の少女Aは、有害なものを給食に入れたり、人体解剖をしたりと、全く731部隊員がやっていたようなことをした。(731部隊では、もっと恐ろしい生体解剖が日常的に行なわれていた。)
少女Aは小中学生のころ、医学書を読んだり、ネコを解剖したりしていた。その中に731の本もあったのだろう。中国で毒入りの饅頭を人目のつく所に置いたり、井戸や川に細菌を投げ込んだりしていたことや、部隊本部で生体解剖をしていたことも知っていたのではないか?
かつての日本軍が中国でやったこの非道なことが全く裁かれず、みんな何事もなかったかのように戦後生き抜けた医学者のことも知っていたのではないか。

少女Aは、小学6年生時代に同級生の給食に毒物を混ぜ込んだことがあり問題になったが、教諭の諭す言葉に少女Aこう答えたという。 
「何が善で何が悪かは、大多数の意見で決まる。絶対というものはない。そしてその善悪を決めるのはこの『僕』だ」 
少女Aは自分のことを「僕」といっていた。

日本で731部隊を真似て、毒物混入事件は、たくさん起きている。
真相はまだ究明されていないが、「帝銀事件」「千葉大腸チフス事件」「名張毒ぶどう酒事件」、・・・
毒物を撒く事件は、「松本サリン事件」「地下鉄サリン事件」、そして、アメリカがいち早く、非加熱製剤の危険を察知し、加熱製剤に切り替えたにもかかわらず、日本は非加熱製剤を血友病患者に投与し続けた「薬害エイズ事件」。この他にも、水俣病をはじめとする様々な公害事件、福島原発事故等々。


中国には人知れず残虐に殺されたたくさんの松尾愛和さんがいる。


中学校の卒業文集に少女Aの「数える」という文章がある。


「僕が人生で本当のことを言えるのは、これから何度あるだろうか。 
人生で、涙ぐむほど美しいものを見ることは、悲しみに声を枯らすことは、お別れのあいさつを書くことは、好きな人と手をつなぐことは?数えたら、きっと拍子抜けするだろう。
いま人生を始めたばかりの薄い肩に、どこまでも水平線が広がっている。 
あまりにも短い航海の間、僕は何度心から生を叫べるか、正の字をつけて数えておこう。 
この人生の幕引きに笑ってお辞儀ができたなら、僕はきっと幸せです」

報道によれば、いまだに加害者の少女は殺害した同級生へのお詫びの言葉を口にしていないという。
ここも、日本政府とそっくりだ!!
この文章の冒頭の部分が私には、こう聞こえて仕方がない。
「日本政府が国際舞台で本当のことを言えるのは、これから何度あるだろうか。
・・・・数えたらきっと拍子抜けするだろう。」と
この事件は、少女Aの個人的な事件ではなく、日本人自身が過去に向き合い、考えなければならない問題ではないのか?

女子生徒を鑑定留置 佐世保・同級生殺害
佐世保の加害者JKの卒業文集がステキ
松尾愛和さん猟奇殺人★加害者本人と家族、その周辺情報と報道★佐世保北高校生
「同級生殺害」娘を籍から抜いていた加害女生徒の父!直後に金属バット殴打
女子生徒は小中学生のころ、医学書を読んだり、ネコを解剖したりしていました。
4年前、同級生の給食に有害物質 高1殺害容疑の少女


(参考)長崎は731部隊と縁がある!!

まずは長崎大学から。
==== 長崎大学医学部(旧長崎医大) ====
山下俊一、高村昇らが活躍(暗躍)する長崎大医学部は元731部隊関係者の巣窟であった。少なくとも次の4人が関係者だと言われている。
林一郎(病理) 長崎大学名誉教授・日本先天異常学会会長
斎藤幸一郎 (生理) 長崎医科大学教授・金沢医科大学第1生理学教室教授 
青木義勇 (細菌) 長崎医科大学教授 
福見秀雄 (細菌・防疫) 長崎大学学長・長崎大学教授・ 国立予防衛生研究所(予研)第6代所長

福見秀雄は1980年に長崎大学学長に就任。
同年、長瀧重信が医学部教授に、のちに医学部長になっている。
長瀧の教え子が山下俊一、そのまた教え子が高村昇である。

長崎大医学部は、731部隊直系の研究組織と言ってよい。
そして、そこから御用学者が何人も出ていることは決して偶然ではない。




天皇はなぜ広島・長崎の式典に参列しない?天皇と原爆は関係ない?
天皇批判した小川、謝罪も炎上
小川未菜は100%正しい! 「日本人は昔,天皇のせいで苦しみ、命がたくさん奪われた」
昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」


原爆投下について記者から問われた昭和天皇は、こう答えている。
天皇:「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思ってます。」

日本は、戦況が悪化し負けていたにもかかわらず、「国体護持」にこだわって降伏を遅らせ、多くの日本人の犠牲者を出してしまった。そのときも、戦争をはじめたときも最高責任者は、昭和天皇であった。

1975年の記者会見では、天皇の戦争責任ついてこう述べている。
「中村康二(ザ・タイムズ):天皇陛下のホワイトハウスにおける「私が深く悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がございましたが、このことは、陛下が、開戦を含めて、戦争そのものに対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また陛下は、いわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします。」

『天皇陛下:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしてないで、よくわかりませんから、そういう問題についてはお答えができかねます。』

日本は戦争中、世界で初めての2発の原爆投下を、経験した。
これは、アメリカが莫大な費用をかけて開発したものだった。
アメリカは実戦の効果を知りたかった。
原爆の子

日本が、本当に「自衛のための戦争」をしていたならば、敗戦後この非人道的な核兵器の被害を、国際社会に訴えることができたはずだ。
ところが、日本は戦争中、中国大陸において、驚くべき残虐な人体実験、細菌戦、毒ガス戦等を展開していた。アメリカは再三日本に「この非人道的な細菌戦、化学戦(毒ガス戦)はやめろ」とと警告を発していた。
日本は自国の戦争犯罪を隠すことに汲々として、アメリカとの取引をし、そして、原爆被害を世界に訴えることなく、全面的に核兵器の効果を調べるためのアメリカの調査に協力した。その結果、その調査によって被爆者は全く治療されなかった。
封印された原爆報告書


1997年の平和宣言で広島市長平岡敬氏は「アメリカの核の傘から日本は抜け出すべきだと政府に要求する」と唱えた。
すると橋本首相は平岡氏に歩み寄ってきた。
「あなたの気持ちはわかるけれども、そんなことはできない。あなたはアメリカの怖さを知らない」と言ったという。
やんばるの白ひげ ~核の傘の下で~(3)


私の想像:もしも日本政府が、アメリカの核戦略から抜け出し、この非人道的な核兵器の廃絶を世界に訴えたら、アメリカは「日本が中国で行った非人道的な人体実験、細菌戦、毒ガス戦、三光作戦等をばらすぞ!!」と脅しているのではないかと思う。そしたら今の天皇制はすっ飛んでしまうだろう。
追記:アメリカの怖さとはこれかな?
橋本龍太郎は、1986年7月22日、第3次中曽根内閣の運輸大臣に就任した。
このドラマの最初の方で事故調査報告書を受け取っている。
ボイスレコーダー  ジャンボ機墜落20年目の真実
米軍が墜落させた?それとも、自衛隊?
「御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について!」佐宗邦皇代表



橋本首相は続けて言う。
「日米安全保障条約によって支えられている安全保障の仕組みがこの国にとって必要だ。」

私の解釈:だからお互いに過去の非人道的な過ちは隠しておいて、未来志向で、放射能の怖さや遺伝子組み換え操作の怖さにも触れず、未来志向で、日本はアメリカの核戦略・生物化学兵器開発(もちろん日本も密かにやっているのでは?)を危険と知りつつ、進んでいきましょう。そしたら、天皇制も安泰です!!(何時まで続くこの身分差別!!)
原爆を浴び、放射能の恐怖を体験したはずの日本が、原発を50余機持っている。そして文殊はじめ原発関連の施設の維持費は膨らむばかり。国家財政は破綻寸前!!(破綻しているのかな?)、若者の貧困化も深刻!!

・内部被曝を日本の司法は認めているが、日本政府は認めていない?
・日本の医療・教育で、本当に「人間を人間として見る医療・教育がされてきているのだろうか?」
※日本は、戦後東京裁判で731部隊の罪業が裁かれることなくきたために、教育界・医療界でも戦争の反省をすることなく進んでしまった。
その結果、歴史認識の問題や放射能の怖さについても、まともな研究が疎まれ、今の政治状況が生まれている。
広島・長崎で2発の原爆投下を受け、悲惨な状況を経験し、また福島であれだけの原発事故が起き、これまた悲惨な状況にあえいでいるにもかかわらず、原発再稼動に日本は突っ走ろうとしている!!なぜなのか?
日本では、「人間を人間として見る」教育などされていないのでは?
いつも権力者の言うことに慣れ親しんいる。



(転載)
中国からのメッセージ!!
細菌戦に関与したのは、石井部隊だけではなく、関東軍主力が関わっていた。国際法違反は日本軍全体の問題である。日本側の検証を望む。

日本戦犯・三宅秀也:“指導”して楊靖宇を殺害した


三宅秀也の供述書公開 細菌戦に備えペスト研究を指示(三)

2014年7月29日原文:人民ネット―国際チャンネル
公開資料の22番目の日本戦犯は、三宅秀也の罪業供述書である。三宅秀也は、抗日英雄・楊靖宇等の犠牲に関与している。
1954年8月~1955年4月の供述書は、三宅が1902年、兵庫県生まれ、傀儡満州国熱河省警務庁警務課課長・傀儡奉天省警察庁庁長を歴任したと示している。

重要な罪業:
1936年には、偽熱河省と偽錦州省で共産党員や反満抗日思想を有する中国愛国者ら7066人を検挙し、「内一五〇名を『厳重処分』(死刑)に附して居ります」
1938年11月には、防疫本部の会議において、「偽新京のペスト防疫の完避を期するため偽農安県城をペスト病源地として、偽警察力を以て包囲し、外部との交通を完全に遮断することを決定しました」。「関東軍が石井部隊をしてペスト防疫業務を直接担当せしめたる主なる目的は、偽新京にペストの発生せるを好機とし、他日の細菌戦に備へ、石井部隊をしてペスト病菌に対する種々なる研究及実験をなさしめんとするに在りました。石井部隊は偽農安県城に於ても、偽警察の包囲下に於て、人民をペスト病菌に対する研究と実験の用に供して居ります」
1939年9月から1941年3月までは、所属の各偽警察機関を指導し、抗日聯軍第一路軍の「消滅」に協力し、「抗日聯軍約二千名を射殺し、約一千五百名を誘降し」、射殺された中には楊靖宇や陳翰章などもいた。
1942年8月3日には、偽慶安県警察隊に命令し、該県青風嶺附近で抗日聯軍第三路軍の許享植軍長を射殺した。
1944年7月から1945年8月まで偽奉天省警務庁庁長として在任中、部下に命令して刑法違反者を逮捕し、「一市六県のみにて中国人民一万二千一百八十名を『検挙』し四千五百六十五名を偽検察庁に送致致しました。偽検察庁に送致せられたる者の中、十四名は死刑を宣告せられ、偽監獄に於て屠殺せられました」(編集MA)


初めて知った戦争「大久野島」「731」 

毒ガスのほとんどは大久野島で製造され、中国で大量に使用され、多くの中国人が犠牲になった。
使用前には、731部隊と516部隊(化学戦部隊)が合同でマルタ(=被験者)をトーチカに入れての人体実験や野外実験などで、効果を調べ、その結果をもとに実戦に使用した。
そして、敗戦で引き揚げる時にその毒ガスを中国に遺棄したため、今、中国ではその被害に多くの人が悩んでいる。
遺棄毒ガス訴訟、請求棄却 中国の少年2人が被害

鈴木啓久供述書:毒ガスを使用した!!

重要な罪行は次の通り。
1934年6月頃、錦州で「中国人の農民2名を殺害した」。
1935年3月上旬頃、高木大佐を援助し、「上板城附近で約300戸のある村二つを焼却し、多数の中国人民を殺害した」。
1940年9月、安徽省宣城作戦において、屋内に退避した抗日軍人約50名に「毒ガス攻撃で全員惨殺した」。
1941年、安徽省巣県に慰安所を設置したうえ、20名「中国の婦女及び朝鮮の婦女を誘拐して、慰安婦をなさせた」。
1941年11月、河北省棗強で八路軍を攻撃し「八路軍約10名を殺害し、約600戸のある村二つを焼却し、中国人の農民100名を虐殺した」。
1941年12月、「長城線附近2キロメートル内の」「住民を移転させ、無人地帯となさせた」。
1942年1月、唐山一帯で田浦大佐に対して掃蕩を命令し「約八〇〇戸のある村を焼却し、中国人の農民1000人を虐殺した」
中央檔案館が日本戦犯、鈴木啓久の中国侵略罪行自供抜粋を公開


日本人戦犯1人目・鈴木啓久の供述書を公開
瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


榊原秀夫(731部隊林口支部長)
榊原秀夫の供述書公開 731部隊の細菌戦に協力(一)

榊原が自供した重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
「林口支部の任務に従って私は在職間、細菌戦準備の為に第一課長細矢少佐に命じ細菌保存培養を実施せしめました」。当時の生産量は、「中蘇国境の東部地面に撒毒し、極めて大量に蘇同盟軍隊のみならず中蘇両国の平和人民をも毀滅せしめるに充分な量」だった。
「細菌戦準備の為の捕鼠」では、「私は部隊全員を動員して捕鼠に従事致しました」。「間所少尉を長とし約二五名の捕鼠班を常時設置」し、「捕鼠により第七三一部隊に送附致しました鼠の総数は一九四五年四月に一〇〇〇匹、五月一〇〇〇〇匹、六月八〇〇〇匹、七月七〇〇〇匹総計二六〇〇〇匹」にのぼった。
1945年3月上旬,「私は第七三一部隊の命により」「支部の保存培養中のチフス菌、A型パラチフス菌の試験管二本を第七三一部隊第一部毒力検定班」に提出した。「両菌種共に第七三一部隊第一部保存菌中の標準毒力」に適合しており、「細菌戦の準備の為の保存培養に適」していた。「井戸水には効力の確実を期するために大体一・二本の試験管で屠殺し得ると計画したものであります」。「私は此の効力実験によりて四名の中国愛国者を殺害したものであります」
1945年4月には、黒竜江省安達県で、「私は安達に於ける殺人実験に参加致しました」。「中国愛国者の方四名」が「安達演習場に二五米―三〇米の間隔に地に打ち込んだ丸太の棒に縛りつけられました」。「軽爆撃機が演習場の上空に飛来し約一五〇米の高度より素焼製爆弾(陶器の一種)を投下し五〇米上空で炸裂しました」。「私は完全予防衣をつけ五・六〇〇米位の距離から此の惨行を見たものであります。此の爆弾は恐るべき炭疽菌を充填した爆弾で鼻咽腔より吸入せしめ当時絶対に生きることの見込のない肺炭疽に、或は破片により皮膚炭疽を起させる全く酷悪の罪行であり、私も此に参加したものであります」
1945年8月、「蘇聯軍開戦をラヂオに依り知り、直ちに自動車の出動準備を命じ、同時に一切の馬を除いた動物、即ち捕鼠した鼠、白鼠、モルモット、兎、蚤、及保存培養せる細菌を第七三一部隊に送附せしめました」。「部隊建物に藁を積み石油を準備し建物の焼却準備を実施し、更に部隊専用の水源地の給水ポンプの破壊を命じ破壊せしめました」。「細菌戦準備の為の一切の証拠物件を煙滅破壊したものであります」。(編集MA)
「人民網日本語版」2014年7月11日)

瀋陽軍事裁判 「731榊原、満州国次長古海、皇帝溥儀等の証言、アヘン政策、三光作戦鈴木啓久 」 


上坪鉄一

重要な罪は次の通り。
1944年8月より1945年2月に亘る間、「鶏寧、平陽、東安地区に於いて部下分隊長に命じ、抗日地下工作員9名(氏名記憶せず)を検挙させ、厳重な拷問を以って取り調べの内、8名は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1944年9、10月の間、検挙した中国人(ソ連諜)1名を「特移扱いとして」、「ハルビン憲兵隊に移送させ、該隊が石井部隊に特移送させる。」「特移扱いは『防諜(思想)上の重大犯人にして、特に未来逆用の見込みなきものは、特移扱いとして憲兵隊司令官に申請し、司令官の許可及び移送命令に依りハルビン憲兵隊に送致す』、ハルビン憲兵隊により石井部隊に送致し、石井部隊にては細菌研究の実験に供するものになるとハルビン憲兵隊戦務課長より告知された。」
1944年11月頃、勃利分隊に命じて、抗日地下工作員約90名を検挙し、1945年4月頃、「其の内10名(氏名記憶せず)は特移扱いとしてハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年4月初、平陽分隊が検挙した抗日人員8名を「特移扱いとして、ハルビン特務機関を経て石井部隊に特移送らせた」。
1945年5月、勃利分隊が検挙した抗日人員4名を「石井部隊に特移送らせた」。
「以上私の鶏寧、東安隊長として検挙した中国人は誰も愛国抗日の積極的先進分子にして、私は彼達の大部分を石井部隊に特移送り、最も非人道的な細菌研究の実験に供した」。
「私が鶏寧、東安憲兵隊長として部下憲兵に命じて抗日地下工作人員を検挙の上拷問を以って厳重たる取調べを実施させた者は、既報した者150名以上、内特移扱いとしてハルビン石井部隊に特移送らせた者44名、拷問致死2名である」。「報告し得ざる者も相当多数あることは確実である」。(翻訳・編集/呉寒氷)(新華網日本語))

731部隊とは 


齋藤美夫の供述書 中国人を集団虐殺(二)

重要な罪行として、以下のものが挙げられる。
1937年11月初旬、新京北、南分隊及び首都警察庁の厳重処分に付すべき中国人約30人を新京北東北方約20キロの刑場に押送するよう命令。途中、全員が射殺された。
1939年8月8日、「河北より石井細菌化學部隊に引渡すべき中国人九〇名を哈爾濱、及孫吳に押送」する命令を下達した。1956年6月17日の訂正・追加自供書で彼は「被押送人員三〇名は哈爾濱に下車せしめられ石井部隊の細菌化学生体実験に、孫吳に下車せしめられた被押送人員約六〇名は習志野学校(瓦斯部隊)と石井部隊の協同による毒瓦斯弾効力実験特別演習の用に供せられたものなることを白濱大尉の事後報告により知りました」と記した。
1940年8月~1942年6月、広州市内および周辺村落で約200回捜査を行い、勾留人員は約1000人、検挙人員200人に達し、うち5分の1の40人を厳重処分に付した。
1941年6月~1942年6月、「私は派遣軍憲兵隊長として命令を以て約三回に亘り廣東憲兵隊をして同隊の検擧したる中国人民を『嚴重処分』として『集体屠殺(銃殺)』せしめました」「約一二〇名に達し」た。(編集NA)
「人民網日本語版」2014年7月23日)

飛びゆく雲 最後の戦犯は語る

日本人戦犯の中国侵略の罪の直筆供述書



戦時中、中国で731部隊員はこんなせりふを言い、たくさんの中国人を殺していたのですか?
「近くでペストが発生しました。予防薬をみなさんに飲んでいただかなくてはなりません。」
「さあ、どうぞ!!」

【安倍首相】731部隊・マルタ部隊を連想させるパフォーマンスを行ったって本当なの?


731部隊!!

夏草をふみしめ引込み線を歩いた
視界が不意に三角形に切り取られ
やがて歴史の暗渠(あんきょ)に足を踏み入れる
見上げれば天を突く巨大な残骸
ただれ崩れ落ち、悲しみの肉塊のように
灰色の空の下で泣いている
【「哈爾濱(ハルビン)残照「731」の記憶 田中寛著】より

混声合唱組曲「悪魔の飽食」(池辺晋一郎指揮)



731部隊展感想(武蔵野展)

<講演会アンケート>

4月5日(土)常石敬一講演

★60代 東京新聞 女性 
講演内容 以前から常石さんの本は拝見していました。今日お話を聞けてよかった。どうかお大事になさって、仕事をお続けください。

企画   またやってください。せっかく企画されても開催を知る手立てが問題です。メディアへのアプローチをよろしく。東京新聞に載ったら必ず拝見します。今日も仕事を休んでやってきました。

★50代 フェイスブック 男性
講演内容 ・731部隊のことについては私も不勉強なところが多かったので、非常に多く知ることができてよかったです。 ・原発の問題についても、こちらの抜けていた知識・情報の補足ができ、よかったです。 ・常石先生の人柄も伝わってきて、たいへんよい講演でした。

企画   過去の反省も当然必要なのですが、現在急速に進行している安倍政権による日本の軍事国家化にストップをかけるようなことを考えていきたいです。例えば今ネット上で広がっている「憲法9条にノーベル賞を」という動きを拡大するような企画が何かできないかと考えています。





【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)

Ⅲ ペスト攻撃班、恐怖の実戦秘録
-第2部5課(攻撃・実戦担当)K・S

マニラで細菌戦の予備訓練を受ける


部隊の飛行場についてからだが、さらに一苦労であった。前もって通信連絡が入っているから、消毒班が飛行場に待機している。機が停まるや否や、彼らは飛んできて、我々を消毒する。そして「Kはどこに座っておったか」と私の座席をきき、そこも念入りに消毒するのである。
課に帰るとすぐにまたクレゾール風呂に入り、衣服を着替え、軍属服装になって、やっと帰隊の申告を、碇中佐か2部庶務課長に行なう。これで、本当に1週間の安達出張が終ることになった。
安達出張が終わって、2日間はひげを剃ってはならなかった。切り傷からペスト菌が侵入するのを防ぐためであった。
次の1週間は、内勤である。私は事務をとるのは余り性に合わなかった。それで、ペストねずみの解剖をよくやった。1日に30匹ぐらいはこなしただろうか。ペストねずみの心臓を取り出し、その血液からペスト菌を採取し、繁殖させる。より強いペスト菌を得るためであった。
私の5課での日常は、おおむね1週間ごとに、以上のようなものであった。


続きは「ノブのノート」

あなたの住む地域で、「731部隊展」を開いてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加