国家犯罪!731・天皇制!!

2014-04-30 06:43:49 | Weblog
秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”



篠塚良雄さん!!
あなたの貴重な勇気のある証言によって、私たちは戦争の恐ろしさを知りました!!
ありがとうございました!!
ご冥福をお祈りいたします!!

細菌戦(731部隊の蛮行)

【完全版三光】より
篠塚(田村)良雄・・・防疫診療助手 兵長
〈略歴〉
1939年5月 元関東軍防疫給水部本部(731部隊に入隊)
1943年3月 退職
1944年3月 元関東軍59師団32連隊に源へ現役兵として入隊
1945年8月 元関東軍125師団軍医部兵長
1946年9月 東北人民解放軍独立3師衛生部に混入
1952年6月 逮捕さる。河北省永年県において
・・・・年齢 35歳

「バレようがバレまいがそんなことに変わりがあるもんか、バレたとなりゃあ、もっと毒力の強い細菌を培養して、どんとバラまくだけの話だ。どうだ玉井、そうだろう!!」
「ああ、それで最近丸太が運ばれてくるんだな」、
さっきからみんなの話に聞き入っていた人事班の島田が、「ところで金井、特別班の色(エロ)パンフレットは刷らないのか」
「一部くれと言うんだろう、この助平野郎、写真班に行っては色写真をくれと言う!」
どいつもこいつも金井から色写真、色パンフレットをもらっているくせに、君子顔して笑い出しました。
部隊長石井四郎は二木班の性病実験のために、また、中国人の堅決(けんけつ)英雄的な細菌戦に対する反抗を恐れ、彼らを骨抜きにして実験を推し進めようともして、色写真、色パンフレットを作らせておりました。
「中国人にはどうにもならないんだ、色気が無いのか、パンフレットやっても色しゃしんやっても見もしないで引き裂いてしまうし、今じゃ色写真も色本も役立たずだ」
「本当に丸太というのは不思議だなあ、色気はないし、鉄砲玉も恐ろしがらないときては」「だから始末が悪いんだ、色気がありゃあ、少しぁ、おとなしくさせることもできるんだがなあ」
みんなそれぞれ残酷な生体実験を行なって、中国人を殺害しているので、同じようなことを言います。


篠塚良雄さん死去 旧日本軍731部隊員で証言者

細菌戦―731部隊の蛮行―

語り部フォーラム


闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)近藤昭二


フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)


長崎・広島市長、国連総長と会談 核禁止条約の署名渡す

解決へ「第三の声」を=慰安婦問題でシンポ―韓国

オバマ大統領、安倍首相の「サシ会談」提案を何度も拒絶―韓国紙

マンガ「美味しんぼ」への風評被害批判について。- 2014.04.29

デンマーク女王、「南京大虐殺記念館」訪問

「嫌いな男ワースト10」1位・安倍晋三について。- 2014.04.26

原子力機構調査「もんじゅ推進自信ない」について。- 2014.04.21

ふざけるな!《゜Д゜》腹が立ってしかたがありません!!(`・ω・´)

「満州国」・華北・華中の万人坑と中国人強制連行

大 同 炭 鉱 万 人 坑



清明節に南京大虐殺記念館で追悼行事 「国家追悼日」制定後初の民間活動=中国報道

日本人監督撮影のドキュメンタリー映画、南京大虐殺記念館で上映―中国メディア

(転載)
私たち南京への道・史実を守る会は、「南京・史実を守る映画祭」と題し、
2009年に『Nanking』『チルドレン・オブ・ホァンシー』『アイリス・チャン』
『南京・引き裂かれた記憶』の4本の映画上映を行い、2011年には陸川監督『南
京!南京!』の上映を行ってきました。
そして2014年5月17日(土)、私たちは
『ジョン・ラーベ』(F・ガレンベルガー監督)の上映を行うことになりました。

本作品は、2009年のドイツ映画賞では主演男優賞・作品賞・美術賞・衣装賞を
受賞し、同年のバイエルン映画賞では最優秀男優賞・最優秀作品賞を受賞してお
り、また、撮影中には『ニューズ・ウィーク』誌に取り上げられるなど、世界的
にも注目を浴びた作品です。
日本でもインターネット上で上映を嘆願する署名活動が行われるなど、大きな
期待を受けていましたが、公開から早や5年の歳月が流れてしまいました。しか
し、私たちもこの5年間を無為に過ごしてきたわけでありません。映画会社との
交渉を幾度となく重ね、念願の上映許可を得ることになりました。

是非とも多くに皆様にご来場いただき、本作品をご鑑賞頂ければと思います。
そして、1937年の12月に南京でおこったことに思いを馳せ、平和の尊さについ
て考える機会を持っていただければと思います。

「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
■日時・チケット
2014年5月17日(土)
第1回目 12:00開場 | 12:30上映 | 15:00シンポジウム
前売1500円 / 当日1800円
第2回目 16:30開場 | 17:00上映
前売1200円/当時1500円
※シンポジウムのパネラーは現在調整中です。
※前売り券について
インターネットまたは電話にてご予約いただき、セブン・イレブンでの発券とな
ります。代金はチケット受け取りの際にセブン・イレブンでお支払いただきま
す。ご予約時に発行される払い込み番号をセブンイレブンのレジにて提示するこ
とでチケットが発券されます。
必ずご予約後1週間以内に発券してください。1週間を超えるとキャンセル扱い
となります。
WEB予約 http://johnrabe.jp/
電話予約 0120-240-540 カンフェティチケットセンター

■場所 江戸東京博物館ホール

■交通
・JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A4出口 徒歩1分

■お問合せ 「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
MAIL. info@jijitu.com FAX 020-4624-0773
(以上、転載)

中国は731部隊遺跡の世界遺産への申請を通じて日本の恥をさらす、ロシア専門家が指摘―中国メディア

全人代代表、「教科書の『日本の中国侵略』に関する記述を増やすべき」と提議―中国メディア

旧日本軍731部隊遺跡を戦争遺跡公園に―中国

八王子・武蔵野「731部隊展」終了!!



「731部隊展」を終えて
今回の731部隊展を終えて感じたことは、大日本帝国実現の為に、兵器を作るのに熱中しすぎて、人間の倫理観は麻痺し、残虐な限りを尽くしたことだ。日本医学界は、上からの命令で動いたことや、アメリカが細菌戦のデータを重視し、隊員を買収してデータを集め、戦犯免責を与えたものだから、関わった者たちは戦後全くの反省することなく、自慢げに学会で発表する者すらいた。また、戦中・戦後、生体実験をもとにして書かれた論文に多くの大学が驚くことに博士号を授与した。
そして国体護持(天皇制護持)を条件に、降伏した日本は、アメリカの非人道的な2発の原爆投下を非難することはできず、731の残虐行為を隠蔽し心証をよくするため、日本医学界は全面的に、アメリカの原爆被害調査に協力し、治療はまったくしなかった。ただ、現地の医師たちだけが、患者に向き合い、治療した。
このことが、アメリカの核戦略を容認し、日本の科学界・医学界が、原子力の方向へ進むことになる。
中国、アジアで行われた医学界の残虐行為は、国家犯罪であり、日本医学界だけの問題ではなく、天皇を含め国家の上層部の責任が大きい!!日本医学界が謝罪できない理由は、こんなところにあるのかもしれない。


パネルを振り返りながらそれを見ていくと、

序章は、「薬害エイズと731部隊」
一枚目のパネルは厚生省の中庭に建てられた碑の写真から始まる。
その「誓いの碑」には、こう書いてある。

「命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した
「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省し
この碑を建立した

平成11年8月 厚生省」

1980年代、アメリカでエイズが広がった。もしかしたらこのエイズも731部隊の研究成果を元に作られた可能性はある。人為的なもの?
アメリカは、血友病患者に投与していた非加熱製剤がエイズウイルス汚染されていることがわかり、いち早く加熱製剤に切り替えたが、日本は、非加熱製剤のトップメーカーであったミドリ十字に配慮して、加熱製剤への切り替えがアメリカに比べ2年以上も遅れ、さらに加熱製剤販売後も1年以上非加熱製剤を回収しなかったために、薬害エイズの被害が広がった。

なぜ、ミドリ十字に厚生省は配慮したのか。両者には、天下りを通して、癒着があり、厚生省のエイズ班長であった安部英(あべたけし)にも、影響を与えた。

それでは、テレビで初めて薬害エイズの件で土下座者謝罪したミドリ十字とは、いったいどんな会社なのか?
1950年、石井四郎の懐刀(ふところがたな)といわれた内藤良一(731部隊員、防疫研究室にいて、石井ネットワークにいろいろ指示を出していた)は、朝鮮戦争の犠牲者に対する輸血血液の需要を当て込んで、売血を目的に、日本ブラッドバンクを設立をする。そこには北野政次(731部隊2代隊長)ら多くの731部隊員が集まる。そして日本の輸血が売血から献血に切り替わると、日本ブラッドバンクは、ミドリ十字と社名を変更し、血液製剤メーカーとなっていった。
内藤は、多くの731部隊関係者をスカウトし、日本ブラッドバンク・ミドリ十字の中核を担わせていく。

内藤が731部隊の人脈と技術を引き継いでつくり上げたミドリ十字は、731部隊の気風をそのままに引き継いでいた。そのことが、薬害エイズ事件を引き起こす原因の1つになった。

※731部隊の気風・・・731部隊は本当に人命を軽視していた!!
※ミドリ十字は、医薬品業界の合併を経て現在田辺三菱製薬になっている。

第1章 731部隊の創設
1931年9月18日、中国東北部の柳条湖で関東軍は、鉄道を爆破し、中国軍の仕業にして、東北地方の侵略を開始する。32年関東軍と南満州鉄道会社の支配のもとに清朝のラストエンペラー溥儀を擁立し、満州国を建国し、中国人を表の顔にするが、裏で日本人の役人が操っていた傀儡国家であった。安倍の母方の祖父、岸信介も満州国の役人であり、「満州5カ年計画」などの策定にかかわっていた。東條英機も、関東軍司令官として赴任していた。両者とも極秘裏に進められていた、731の計画も知っていただろう!!

その満州国の背陰河に秘密裡に東郷部隊を設置し、生体実験を繰り返しやっていたが、マルタ(被験者)の脱獄事件が起こり、これをきっかけに、脱獄できないもっと大規模な実験施設を平房に建設する。1938年頃主要な建物が完成する。
この巨大な施設は、議会の承認なしに、年間今のお金にして90億円が費やされた。もちろん天皇も陸軍も承認した施設であった。この施設には、今のIOCの会長の竹田の父親
竹田宮恒徳王(竹田宮)は宮田中佐と名乗って、731に関与していた。
三笠宮・天皇もこの施設を視察したと言う証言もある。
安倍が秘密保護法をいち早く成立させた背景にはこういうことが関係があるかもしれない。
高杉晋吾 国策としての731部隊と原発

部隊全景
周囲8km四方を土塁と高圧線に囲まれ、部隊には鉄道の引込み線が敷かれ、物資やマルタ(被験者)を運び入れていた。飛行場もあり、専用の飛行機も数機有し、学校あり、神社、隊員の宿舎、運動場、テニスコートなどもあった。敷地内のロの字形をした研究棟(5階建てぐらい)の中に、7棟、8棟と呼ばれた特設監獄があり、そこにマルタと呼ばれていた被験者たちが収容され、いろいろな生体実験が行われていた。

731部隊の始まり
石井四郎は、京都帝大医学部を卒業後、軍医になり、1928年から2年余りヨーロッパやアメリカを視察旅行し、細菌兵器が資源の乏しい日本にとって、有効であることを確信し、永田軍務局長をはじめ、軍上層、天皇を動かし、細菌兵器の開発を傀儡(かいらい)国家満州で、取り掛かる。

731部隊組織表
731部隊には多いときで3000人の職員がいた。第1部から第4部まであった。
第1部では基礎研究でチフスやコレラ、ペストなどの細菌の研究をしていた。
第1部第3課のレントゲン班に宮川正の名前が見える。
1954年のアメリカの水爆実験のとき、被害を受けた船を第五福竜丸だけにした男だ。
そのとき、1000余り被曝したのだが、アメリカの意向を受けて過小評価した。

宮川正の軌跡
1944年3月4日、宮川は、関東軍防疫給水本部に配属され、731部隊のレントゲン担当となった。第1部細菌研究部第3課の吉村寿人の下には、レントゲン担当の二つの班ー宮川が班長を務める宮川班と在田勉(任期・1939年4月5日~1944年8月25日)が班長を務める在田班があった。
西野瑠美子が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、男性用の収容棟と女性・子どもの収容棟にそれぞれ1ヶ所ずつレントゲン室があったとされる。細菌に感染させるマルタ(被験者)の健康診断のためのエックス線撮影が主な仕事で、部隊敷地内の隊員と家族のための診療所でもレントゲン診断を行った(西野瑠美子「731部隊―歴史は継承されないのかー元隊員を訪ねて」『世界』1994年4月号掲載)。健康なマルタの病変の経過を見ることが部隊の関心対象だったため、健康診断を受けさせ、健康と判定されたマルタだけが人体実験の対象になった。
レントゲン班でも、人体実験が行われていた。西野が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、「レントゲンを肝臓に当てる実験に立ちあった」といい、レントゲン班では、細菌に感染したマルタのレントゲン撮影を一定の期間をおいて実施したとされる。
これと似通った匿名の731部隊班長の証言が吉永春子の書き下ろし『731 追撃・そのとき幹部達は」(2001年、筑摩書房)に収録されている。肝臓にレントゲンを照射して致死量を確認する実験を行ったという証言は、TBSテレビで1976年8月15日に放送されたドキュメンタリーのために吉永らが行ったインタビューの中で行われたものだった。内容から、匿名の証言者は宮川ではなく、もうひとつのレントゲン班の班長と推察される。
宮川は、戦後、亀井文夫監督の記録映画「世界は恐怖するー死の灰の正体」(1957年)の撮影に協力している。この映画には、宮川も理事を務めていた日本放射性同位元素協会(後の「日本アイソトープ協会」)や山崎文夫、村地孝一らの科学者も協力していた。映画には、放射線を長時間、実験用のマウスに照射して死に至るまで観察する実験が記録されている。ネズミへの放射線照射の映像は、映画の中では、あくまで放射線の恐ろしさを実感させる素材として使われているが、一面で731部隊が死に至る人体実験の様子をフィルムに記録したという証言を彷彿させるものだった。1960年8月には、茨城県東海村の日本原子力研究所で宮川らがネズミにガンマ線を照射し、被曝時の生体変化を観察する実験を実施すると報道されたこともあった。
宮川が731部隊でレントゲン班の責任者だったことは消せない事実だが、宮川が直接行ったとする人体実験の具体的な証言や記録は今のところ確認されていない。

・・・・これらの事例とは対照的に、宮川が公職追放を受けなかったのはいったいなぜなのだろうか。

・・・宮川正は、1949年「科学朝日」8月号の皆川理らとの座談会「放射能とは何か」に国立東京第一病院の医師として登場し、放射線の医学的な利用等について説明している。国立病院の勤務医になったことは、731部隊時代の行動について「お咎めなし」のお墨付きが得られていた証だろう。
・・・宮川は1953年に横浜医科大学の教授となり、やがて放射線治療の分野で名が知られるようになっていった。
・・・宮川と731部隊の関係者の繋がりは戦後もある時期まで、維持されたものと考えられる。
・・・第5福竜丸事件が起こると、宮川は4月から5月にかけて横浜・川崎両港に入港した民間船の放射能汚染調査と、5月からの横浜市内の上水道の放射性物質の測定を開始した。此れが評価されたためか、宮川は、10月に厚生省に設置された「原爆被害対策に関する調査研究連絡協議会」の環境衛生部の委員に任命されることになった。
・・・1956年4月、宮川が東大医学部放射線医学講座の主任教授となった。宮川は、5月16日、原子力委員会の「国立放射線医学総合研究所設立準備小委員会」の5人の専門委員のひとりに任命された。
・・・宮川は、1956年に日本学術会議原子力問題委員会の放射線影響調査特別委員会委員に選ばれたのに続いて、翌年5月25日には原子力委員会の放射能調査専門部会(部会長・都築正男)委員にも任命された。宮川は、1958年9月1日、ジュネーブで開かれた第2回原子力平和利用国際会議にもアイソトープ・生物学関連のふたつのグループの責任者のひとりとして出席している。
731部隊関係者の中で、原子力行政にこれほどまでに、食い込んだ者は、宮川以外には見当たらない。そうした意味で宮川は部隊の元関係者の中では特異な存在だった。
『ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影』
堀田伸永著より
ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影【無料版】堀田伸永
※また福島事故後に有名になった医学者の一人に同じく東大出身で、東大病院放射線科の中川恵一準教授がいます。彼は、「福島で健康被害は出ていない、今後も出ない」と主張する学者の代表格です。私は中川医師の『被ばくと発がんの真実』という著書に、科学的な疑問点が100か所以上見受けられたので、質問を送りましたが、どれひとつとしていまだに回答をいただいておりません。
実は免責された731部隊は、放射線医療業界にも歴史的につながっています。例えば731部隊、レントゲン班でも致死量を当てる人体実験が行われ、リーダーのひとりであった宮川正は、戦後放射線治療の専門家になりました。第五福竜丸事件の後、福竜丸以外の船員が放射線障害で苦しんでいても、放射線障害ではないだろうという理論を展開し、800あったと言われる被曝船は、一隻とされたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・
XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

東大・中川氏 正しい放射線・放射能・被ばくに関する対応とは

崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』



陸軍軍医学校防疫研究室と石井機関のネットワーク
天皇の承認の元に、細菌戦の攻撃面の命令は参謀本部作戦第2課が行ない、研究は陸軍省医務局が管轄していた。細菌戦部隊はアジア各地につくられ、防疫給水という名称によって、隠された。ハルピンをはじめ、北京、南京、広東、シンガポールにつくられた。
防疫給水部全体のネットワークは石井機関と呼ばれ、陸軍軍医学校防疫研究室の内藤良一が采配を振るっていた。
大学教授は、防疫研究室の嘱託となって、弟子たちを731部隊に送り、731部隊に指示を出していた。731部隊に行った弟子たちは生体実験などのデータを防疫研究室に送って、情報の共有をはかった。


日本医学会総会軍陣医学部会
1942年の第11回の日本医学会総会は東大で開かれた、写真は東大の安田講堂の前で第9部微生物学分科会の記念撮影。
前列向かって左側に、731部隊初代隊長の石井四郎、右側には2代目隊長の北野政次、3列目の左には1644部隊長の増田知貞の顔が見える。いかに、この部会で細菌戦部隊が幅を利かせていたかがわかる。
部会では、多くの細菌戦部隊員が参加し、人体実験で得たデータを元に書いた論文を発表している。
石井軍医少将は「所謂孫呉熱ノ研究」を研究グループを代表して軍陣医学部会の最後に講演した。

第2章「マルタ」
ロ号棟(四方楼)に囲まれた特設監獄(7棟、8棟)に被験者は「マルタ」(丸太)と呼ばれ収容され、人体実験が行われていた。

憲兵隊と「特移扱」(特別移送扱)
憲兵隊や特務機関に逮捕された者は秘密裡に731部隊に送られた。人体実験の被験者は「マルタ」と呼ばれた。「丸太」という意味である。

「特移扱」(とくいあつかい)は、憲兵隊が実験材料「マルタ」を731部隊に供給するための制度である。
憲兵は、特移扱でマルタを731にたくさん送れば、出世した。731部隊にとっては、大量の実験材料を速やかに入手できるものであった。
抗日活動家やソ連のスパイは裁判にかけられず、731部隊に送られた。
もちろん、無実の者でも、憲兵隊での脅迫や拷問下での取り調べの実情が、外部に漏れるのを防ぐために、731部隊に送られた人もいた。


「特移扱」文書
吉林省档案館発行の『「731部隊」罪業鉄証』には、戦争当時の憲兵隊の文書の写真が載っている。
そこには、工作名 イワン 「特移送スルヲ至当トミ認ム」と書いてある。
中国人 張生文は、抗日活動をしていたのだろうか?工作名イワンと名乗り、活動していた。そして、憲兵隊に捕まり特移送された。すなわち、731部隊に送られた。
731部隊に送られた者の数ははっきりしていないが、731部隊の総務部長や細菌製造部長であった川島清ハバロフスク(ソ連)裁判の供述調書に「強力な伝染病を囚人に罹患させる実験によって毎年600人以上が死んでいた」という証言を残している。
1939年から1945年の敗戦までには、少なくとも3000人が被験者とされ、殺された。

朱玉芬(しゅぎょくふん)の父と叔父
私は朱玉芬です。父は雲彤(うんとう)で叔父は朱雲岫(うんしゅう)です。2人とも抗日連軍(東北抗日連軍)にいました。憲兵隊に捕まって、731部隊に送られました。
2人とも731部隊で実験されて亡くなりました。

第3章
731部隊の人体実験

731部隊をはじめ、石井機関、陸軍病院その他の施設では、密かに人体実験が行われていた。
中国に作った日本の陸軍病院では、手術演習の名のもとに、生体解剖が行なわれた。
731部隊では、ペスト菌の毒力を増すために、ペスト菌の注射そして、その後に生体解剖、その他の菌でも、行われた。
また、細菌戦をやったところに赴いて、防疫活動の名のもとに、生体解剖を行なった。
軍医として中国・山西省へ

ペスト(黒死病)
平澤正欣軍医少佐の博士論文『「イヌノミ」の「ペスト」媒介能力ニ就テノ実験的研究』には、イヌノミがペストを動物に感染媒介する能力についての実験が報告されている。それによると、ペストに感染したイヌノミを3人の被験者に一匹附着すると、ペストになる人は0人で0%、5匹附着すると1人で33%、10匹附着させると2人で66%である。
ノミには14種類あり、その中でどのノミが細菌戦に有効であるかを研究していた。
その結論として、ケオピスネズミノミが一番感染力、抵抗力があることがわかり、このノミを細菌戦に使用することになる。

炭疽(Anthrax)
731部隊では、いろいろな細菌の培養をし、兵器化していた。
戦後、アメリカは、731部隊員から入手したデータを使って、731部隊員をアメリカに呼んで、3つの英文レポートを書かせている。Aレポート(炭疸菌)、Gレポート(鼻疽菌)、Qレポート(ペスト菌)である。
戦時中、731部隊ではいろいろな生体実験が行なわれたが、その中に炭疸菌の実験があった。
炭疸菌を皮下注射した場合、症例数1で、症例番号54番は7日で死んだ。
経口感染させたものは、症例数6で、318番、26番は3日で死に、320番、328番、325番、17番は2日で死んだ。
経口撒布感染させた者は12人で、411番は4日で死に、・・・・・
経鼻感染させた者は、4人で、380番は3日で死んだ。・・・・・

流行性出血熱
満州で原因不明の風土病がはやった。
そのとき、731部隊は調査隊を送って、人体実験をして原因を調べた。

1938年にソ連との国境地帯に不明疾患が続出した。死亡者は年々増加し、致死率は15%であった。この出血熱は、発病地の名前を取って、孫呉熱とか虎林熱と呼ばれ、731部隊は調査班を編成して派遣した。731部隊内には特別研究実験班を設置し、「特殊研究」を行わせた。
病原体は北満トゲダニから分離され、濾過性(ウィルス)と特定された。1942年12月に流行性出血熱と命名され、現在は腎症候性出血熱といわれる。
「特殊研究」とは人体実験のことである。

毒ガス実験
731部隊と516部隊(関東軍化学部)は、合同で毒ガスの人体実験を行っていた。
516部隊には、731部隊の分遣隊が置かれていた。石井部隊は背陰河時代に青酸の人体実験を行っていた。平房の本部は、毒ガス実験室を作り、ガラス張りの部屋に毒ガスを発生させて、中の「マルタ」を観察した。

瀬戸内海に浮かぶ
大久野島では大量の毒ガス兵器が作られ、中国で使用された。当時、生産に携わった人の中には、そのときの後遺症で今なお治療を受けている人もいる。
また、戦時中、中国では、日本軍が使用した毒ガス兵器によって多くの人が死んだり、731部隊や516部隊の実験材料にされて、無残に殺された人も多い。
日本軍が敗戦で引き揚げるときに、多くの毒ガス弾を中国に遺棄したことによって、今の中国では、その毒ガス弾に触れたり、爆発によって被害が出て、日本で裁判も現在進行中である。
化学兵器廃絶を目指し、被害者を支援する ― 遺棄毒ガス問題ポータルサイト ―
遺棄毒ガス被害者家族の現状(ABC企画ニュース89号より)

相模海軍工廠(海軍毒ガス工場)
【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅰ ファインダーがとらえた地獄
―総務部調査課写真班 T・K
「新京陸軍病院衛生兵から731部隊員へ」より
毒ガス実験の撮影は命がけだった
・・・「丸太」は、1回に1人ずつ、特別班員によって中に連れて来られる。足かせをはめられ、後手に縛られて、ガラスのボックスの中に立ったまま入れられる。
じっと息を殺したような重苦しい時間が流れる。やがて、ボックスの中の「丸太」がまるで居眠りでもするように、次第に顔をうつむけていく。5分ぐらいたったろうか。「丸太」は、ひとつ大きな「あくび」のような息をして、ガクッとこうべを垂れる。絶命の瞬間だ。
1回の実験で、4、5人の「丸太」を次々とこうして毒ガスで殺す。
カメラを構えている私の近くの壁に、小鳥(カナリアだったか、十姉妹だったか)を入れた鳥かごがぶら下げてあった。よく見るとほかにも、2、3の鳥かごが同じようにかけてある。
「これ何のためですか」と聞くと、516部隊の将校が、「かごの中の鳥の様子に注意せよ」という。そして、小鳥の様子に異常を認めたら逃げろ、と指示された。
つまり、この実験で使用されたのは、無色無臭の窒息性毒ガスで、しかも実験設備では、毒ガスがもれる恐れがあるということなのだ。
O大尉に731部隊行きを誘われた時、40歳ぐらいまで気楽な軍属として働こうと思っていた私は、731部隊の想像もしていなかった危険な実態を、身にしみて感じ、はげしく悔恨のほぞをかんだが、もう遅かった。


毒ガス野外実験
陸軍の毒ガス研究開発は、関東軍化学部(516部隊)、第6陸軍技術研究所、陸軍習志野学校、浜松陸軍飛行学校などが担った。攻撃方法は迫撃砲などの砲弾によるもの、地上で撒布・放出するもの、飛行機による雨下(空中撒布)や毒ガス弾の投下などであった。731部隊では、毒ガスの人体に及ぼす影響を、人体実験を行い研究した。
1940年9月7日~10日にかけて、砲門4門(600発)と十榴8門(600発)のきい弾〔イペリット・糜爛性(びらんせい)ガス〕の射撃を実施。第1,2,3地域に分け、野砲偽掩体、壕、観測所、掩蓋MG(機関銃)座、特殊構築物などに被験者を配置した。被験者を毒ガスマスクを装着するもの、しないものに分けた。

赤ん坊への凍傷実験
シベリア出兵(1918年~22年)時には、全軍の3割が凍傷に罹った。ソ連軍との戦争を想定していた関東軍にとって、凍傷の治療は克服しなければならない課題であった。
吉村寿人(ひさと)班では次の手順で実験を行った。
1、零下20℃以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る。
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する。
3、凍傷になった腕を温度差のある湯につけて、回復具合を見る。時により患部が壊死・脱落して骨があらわになる。
吉村らはこれらの実験から凍傷のメカニズムを明らかにし、「治すには体温程度の温水につければよい」という画期的な治療法を発見した。石井はこの発見をことあるごとに誇っていたという。

生後3日、1ヶ月、6ヶ月の赤ん坊への実験。
なんと赤ん坊でも実験を行っていた。
・・・・「中指に針を埋め込み、摂氏0℃の氷水に30分入れ、皮膚内部の温度変化を調べた。生後3日から1ヶ月後までこの実験が毎日行われた。吉村はこの被験者は、共同研究者の二男だと弁解している。」
※もちろん、中国人の赤ちゃんなども、実験に使われていたのではないか?
吉村が自著『喜寿回顧』の中でも、モンゴル人少年の凍傷実験の様子を写した写真を載せている。反省など全く見られない。
戦後、吉村は、京都府立医大学長までなるが、日本生理学会において731部隊で行った凍傷実験を「私の研究遍歴」と題して発表し、学会からは批判も出ていた。
凍傷実験に被験者にされた人は、手が無くなったりしたが、死ぬまで何らかの実験に使われた。

医学者たちの独走
731部隊での実験は、細菌戦の準備とは無関係に医学者の好奇心だけで行われたものがほとんどである。
・乾燥器にかけて熱風を送る。
・何も食わせないで水だけ飲ませたらどのくらい生きるか。
・パンだけ与えて、水を一切やらなかったらどうなるか。
・ガラスチェンバーでのガス実験。
・梅毒実験。
・逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、身体の各部はどの様に変化するか。
・X線の長時間照射。
・チスフ菌入り甘味まんじゅう実験。
・手榴弾を、露出したマルタのお尻付近で爆発させ、破片の突き刺さり具合の調査。
・真空実験、減圧実験。
・ビタミンCの大量注射。
・A型からO型(血液)への輸血。
・右腕と左腕を取り替える。
・ロシア人母子への青酸ガス実験。
・・・・・・・・・
731部隊で人体実験が行われている時期に平行して、大学医学部や石井機関でも「治療」と称して人体実験が行われ、多くの被害者を出している。日本に於ける、731部隊と民間の人体実験への姿勢は無関係ではなく、同じ医学パラダイム内での行為である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・天皇制!!

2014-04-30 06:42:22 | Weblog
人体実験が結ぶもの
軍部は731部隊に実験材料(被験者)と資金を提供し、医学者?は人体実験により速やかにその効果を確め、そのデータをもとに強力な生物兵器の開発を急いだ。
軍のメリット
・強力な生物兵器の開発
・流行性出血熱などの新たな病原体の発見による新兵器の開発
・凍傷実験・ワクチン開発などによる味方兵士の防御
・毒ガス実験による経済的な兵器の開発
医学者?のメリット
・ペストやコレラ等日本では出会えない病原体の研究
・流行性出血熱などの新発見の病気
・凍傷やワクチン研究による新しい治療法の発見
・毒ガス実験等病理データの蓄積
医学者?は人体実験によって様々な研究テーマに取り組んだ。
軍部は、これらの実験を絶対秘密にしたかったが、戦後、731部隊員はそれらを論文にまとめて医学界で出世したためそれはかなわなかった。(驚くことにアメリカからも日本の大学からもお咎めが無かった。)
日中戦争が連合国との戦争へと拡大し、国内は総動員体制下となった。医学界も体制化に組み込まれ、医学界は軍部の動向に沿うようになる。その中で、軍部を利用する医学者も現れた。
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア
Japan unit731 maruta(日本軍731部隊の残虐)


細菌戦は行われた
731部隊は、中国各地で細菌戦を行った。
主なものは、1940年農安・大賚(だいらい)細菌戦、農安細菌戦、寧波(にんぽー)細菌戦、衢州(くしゅう)細菌戦1941年常徳細菌戦、1942年淅贛(せっかん)細菌戦、廣信(こうしん)・廣豊(こうほう)・玉山(ぎょくざん)細菌戦。
陸軍は細菌兵器を大量殺戮兵器として期待した。人体実験、野外人体実験、大規模野外人体実験、中国の主要都市(非占領地)への細菌戦の試行、実際の戦場での試行を行い、細菌戦のデータを蓄積した。各種病原体の撒布方法を改良し、兵器はまだ開発中であったが、民衆に多くの被害者を出した。病原体はペスト菌と炭疸菌が有望視され、ペストノミ(PX)は最も期待された。
731部隊員の金子順一は昭和19年に「雨下撒布ノ基礎的考察」等の論文を書き、つぶさに細菌戦の調査をしている。
『金子順一論文集(昭和19年)』紹介
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書

【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅱ 中支・寧波細菌戦出動始末
―元千葉班・工務班 H・F
・・・
こうした周辺の偵察行動を踏まえて、細菌攻撃班が出動した。これは、軍医を含む専門班である。いずれも中国服に着替えて、朝、トラックで基地を出発する。
細菌の実験が行なわれる場合は、その日の朝、各天幕ごとに命令受領の際、「本日は、どこどこで細菌の実験を行なうので、その方面の水は飲まないように」と通達があった。
出動した細菌の専門班は、あらかじめ調べてあった川の上流に潜入して、試験管に入れたペストやチフスやその他の細菌を川に流すらしい。井戸に投入することもあったと言う。
夕方、彼らは基地に帰ってきた。あらかじめ、衣類や車は、外で噴霧器を用いて消毒してから、基地に帰って来る。そして、風呂の天幕に行って、消毒風呂に入る。ヌルマ湯で消毒臭い風呂から出ると、普通の風呂に入って、臭いを落とすのだが、なかなか、臭いは消えないものだ。
「今日は細菌を使ったな」というのは、否応無く分かってしまう。それから数日すると、細菌を混入させた川の周辺一帯に、効果測定班が出て行った。写真班も同行した。
軍医を先頭にした1班が、周辺の集落の様子や、川や井戸の水の汚染度などを調べるのだ。住民に病名の分からない病人が出たと言う情報をキャッチすると、軍医は、「薬」を持って「治療」に出かけた。患者の治療という名目で、逆にいろいろ調べたのだろう。血液などを採取して帰ってきたようだ。治療法の実験もあった。このような、細菌の実験は全部で3回くらいあった。いずれも、周辺で、正体不明の病気が流行した、と聞いた。
このような日常を目撃していると、どうやら今回の「出張」は、細菌戦の実戦訓練を目的としているらしいと、我々にも察しがついた。
・・・・(中略)・・・
中国人集落の上で細菌爆弾が炸裂
当日の朝、例によって朝の命令受領時に、「本日、○○方面に爆弾を投下するので、注意せよ」と通達されたのである。
我々のうち1人として、投下されるのが、ただの爆弾ということを信じている者は、いなかった。投下されるのは、100パーセント間違いなく「細菌爆弾」なのだ。
爆弾を投下するという航空機は、はるばる平房の部隊本部から飛来すると言う。731部隊は、こうした実験に備えて、専用の飛行機と飛行場―つまり航空班を有していた。
やがて基地の上空に、複葉の小型機が飛んできた。おそらく、平房を出発して、あちこちの飛行場経由でやってきたのだろう。低い爆音を残してさほど高くはない上空を通過していく。将校や居合わせた隊員たちは、木造棟や天幕から飛び出してきて、「あれだ、あれだ」と叫びながら、一斉に飛行機に向けて、手を振った。
飛行機は飛び去った。おそらく前もって選定された目標の中国人集落へ、爆弾を投下したに違いない。それも、「細菌爆弾」をだ。
私は、この航空機による細菌爆弾攻撃を目の前にしながら、安達での一連の実験を思い出していた。
安達(アンダー)の実験場では、どうしたら内部の細菌を殺さずに、しかも有効に「細菌爆弾」を投下・爆発させられるかを、「丸太」を使って、繰り返し実験した。
鉄製の容器だと破裂させるのに多量の火薬が必要となり、その結果生じる高熱と衝撃で細菌が死んでしまう。そこで、鉄のかわりに陶器製の容器が開発されたりした。
そうした、安達での実験の集大成が、今、1つの中国人集落を対象に、行なわれようとしているのだ。もちろん、表向きは、その中国人集落は「敵性集落」と説明されていた。
だが、私には、この細菌爆弾の投下が、実践的攻撃と言うよりも、実験的色合いが強いように思われた。
この爆弾の投下は、出動した全期間を通じて、3、4回、あったと思う。細菌の中身は、おそらくペスト菌であろう。石井731部隊長も、飛来したことがある、と聞いたが、地上の我々には確かめようがなかった。
爆弾が投下されてから1週間ほどたつと、効果測定のために専門班が編成されて、出かけて行く。この時、倉庫から、防毒衣、防毒面等が出されるので、我々は、ペスト菌だとわかるのである。ペストは空気感染なので、防毒衣がないと、味方もやられてしまうのだ。
効果測定には、軍医、写真班、軍属のほか数人の護衛の兵士を含めて、2、30人が出動した。出動した隊員によると、標的とされた中国人集落への途中までは車で行くらしい。
ある地点に来ると、全員車から降りて、防毒衣・防毒面を着用する。白い潜水服を着たような異様な一団となって、さらに山道をたどり集落に入る。
集落では、すでに家を明けて逃げ出す者も多い。あちこちに、発病した村人が横たわっている。例外なく高熱にうなされている。
軍医たちは、すばやく手分けして、病人の状態を調べる。呼吸、脈拍、体温を記録していく。病人が、爆弾を落とされた時、どこにいたのかなどを質問する。手当てと称して、何か処置をしたり、病人の血液を採取する。まだ、発病していない者がいると、当時どこにいたのか訊問する。そして、何か注射している。私の聞いたところでは、健康な者には、あらためて細菌を注射するようなこともあったらしい。結果的に集落は、全滅に近い被害を受けてしまうのである。
写真班は、その情景の1つひとつを、丹念に写している。病人の苦しむ様子も克明に16ミリで撮っている。
ひとおとりの効果測定が済むと、全員、遺留品を残さぬようにして、集落を撤退する。車の所まで戻ってくると、噴霧式の消毒器で防毒衣や備品を徹底的に消毒してから、基地に帰って来る。そして、さらに消毒風呂で、完全に消毒するのだ。


ペストノミ(PX)のよる細菌戦
金子順一論文集(防疫研究室所属)の中に『PXの効果略算法』論文がある。その「第1表 既往作戦効果概見表」は6地域の細菌戦を分析している。PXとは「ペスト菌を感染させたノミ」という細菌兵器のことである。
効果(罹患致死)とは、ペストによって殺害した人の数である。農安ではノミを5g(1gは約2300匹)撒布している。量の少ないもの(g)は地上撒布、多いものは(Kg)は飛行機からの空中散布である。一次は一次流行の死亡者総数、二次は二次流行の死亡者総数。全死亡者は19646人になる。

731部隊は自らペスト菌を撒布し、ペストを流行させた。写真はペスト撲滅隊ではなく、敵兵を担架で運こんだ後、生体解剖したのではないか?(1942年6月3日、大阪朝日新聞)


細菌の大量生産
731部隊では、攻撃用の細菌の大量生産を行っていた。1ヶ月あたり製造量(理論値)は、ペスト菌300kg、炭疸菌600kg、赤痢菌800~900kg、腸チフス菌800~900kg、パラチフス菌800~900kg、コレラ菌1000kgである。(細菌製造班長:柄沢十三夫の供述)
※柄沢はハバロフスク裁判が終わり、恩赦で釈放され日本に帰国する直前、自殺した。

作業は培養基の表面に繁殖した細菌を白金耳でかき取るという危険なものであった。
ノミの大量生産は、石油缶の中にフスマ(麦かす・ノミ床)を敷き、動けなくした状態のネズミ(ノミの餌)を入れて行った。ノミが光を避ける性質を利用して、分離した。ネズミは量産され、捕獲もされた。

ロ号棟の1階が細菌製造工場であった。一連の設備が揃っており、ベルとコンベアで培養缶が運ばれた。

第4章
731部隊の戦後

マッカッサーの厚木飛行場へ降り立った時の第一声は、「ジェネラル・石井はどこにいるか?」だった。アメリカは、自国の遅れていた生物兵器開発の情報を日本から得ようと、当初から画策していた。部隊長石井四郎は、アメリカに巣鴨拘置所に入れられることなく、
尋問を受け、731部隊員全員の戦犯免責と引き換えに、細菌戦のデータを提供した。

石井四郎は、喉頭がんで、67歳で死去している。
アメリカは、ソ連に嘘を言い続けた!!
「同氏は旧陸軍の細菌戦戦術専門家で、終戦当時、ソ連側から細菌戦首謀者として戦犯リストにあげらたが、総司令部は証拠がないと反ばく、米軍諜報部に保護され、戦犯指定をまぬかれ話題となった。」(毎日新聞1959年10月11日)

軍事裁判と戦後処理
ソ連
ソ連は、戦後シベリア抑留者から731部隊員を探し出し、軍事裁判の準備に取り掛かった。
そこで、731部隊で人体実験の事実を知ると、石井らの尋問をアメリカに要求したが、
アメリカの工作によって、思うように尋問ができなかった。
結局、東京裁判で、ソ連は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを断念した。
そこで、ソ連は東京裁判の不完全さに世界の目を向けさせようと、ハバロフスクで、1949年軍事裁判を行い、全世界に発信した。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
ハバロフスクの12人の被告のうち2人は服役を終えて、帰国、1人は病死した。
1956年日ソ共同宣言に伴って、残り9人の帰国が決定した。
しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
※ソ連は、この裁判で細菌戦の事実を知り、そのデータを収集し、自国の生物兵器の開発に参考にしたのだろう。

中国
撫順の戦犯管理所に731部隊員は入れられ、人道的な扱いを受け、徐々に自らの罪を告白した。1956年の瀋陽の裁判で、731部隊林口支部長であった榊原はソ連戦に備えて、細菌の大量生産などを認めた。
中国は、日中の国交回復を優先させたため、日本軍の組織的犯罪に触れることなかった。刑は、榊原は懲役13年言い渡されたが、刑は執行されず、翌年帰国、田村(篠塚)ら細菌戦犯4人は不起訴、釈放された。
7年にかけて綿密に調べ天皇や731部隊員の責任を追及した日本軍細菌戦調査書は法廷に提出されなかった。
平房近くの村では、731部隊撤退時に、逃げ出したネズミによって、1946年夏にペストが流行し、多くの人が犠牲になった。その後も、ペストの流行に警戒している。



1990年代、731部隊の生体実験の被害者や、細菌戦の被害者が日本政府を相手取って裁判を起こした。(戦後補償裁判)

アメリカ
アメリカは、敗戦直後から調査団を送り731部隊のデータの収集を始めた。
特に1947年1月にソ連から人体実験の事実を知らされると、石井らに戦犯免責を与える代わりに、731部隊のデータを要求し、ソ連に情報が漏れないように、そのデータの独占を図り、自国の生物兵器開発に利用した。


日本
アメリカが731部隊員に戦犯免責を与え、データを独占したので、東京裁判には誰一人としてかけられなかった。ソ連からの追及もアメリカの保護により、まぬかれた。
そして、731部隊のことは戦後隠蔽された。


細菌戦部隊医学者の戦後
1945年8月石井部隊は帰国。
石井は解散に先立って、部隊員に次のような命令を下していた。
「第1項は、部隊の内容は秘匿せい。隠せ。連合軍による尋問を受ける場合には、防疫給水業務に従事しとったと答えよ。
第2項目目は、官公庁に就職するな。
第3項目目が、隊員相互の連絡はするな。」
石井は占領軍による追及を恐れ、部隊員たちに機密の保持を厳命したのである。
こうして731部隊員たちは、日本全国に散っていった。
米軍との戦犯取引が成立し、東京裁判は1948年11月に判決が下された。ソ連は日本での731部隊の追及が失敗し、ハバロフスク裁判は1949年12月に終結した。1950年6月に朝鮮戦争が勃発し、1951年にサンフランシスコ平和条約が締結された。戦争責任の追及は終了となる。
「他言禁止」はほぼ維持されたが、多くの幹部は公職についた。
大学教授になったり、ミドリ十字を立ち上げてそこに731部隊員を引き入れた。
また、病院を開業したもの、研究所や自衛隊に職を得たものもいた。驚くことに国立予防衛生研究所(今の国立感染症研究所)の初代、2代、5,6,7代の所長が731部隊関係者であった。
人体実験に悩み、自殺した東大助教授もいた!!



以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「戦後、元731部隊に協力したり、部隊で生体実験をしたりしていた学者は、日本の血液産業やワクチン産業の中心的な役割を果たし、また医学界のトップに立った者もいました。ところでこの人々はまた、厚生省傘下の国立予防衛生研究所にも入りました。広島大学の芝田進午教授は、初代から7代目までの予防衛生研究所の所長のうち6人までが731部隊協力者だったという報告をしています。
さて広島では、ABCC(アメリカが設置した原爆傷害調査委員会)の傘下に国立予防衛生研究所支部が置かれました。この機関に、広島の学者たちの多くが協力しました。」


※ここでも、731とABCCの深いつながりが見える。原爆投下後の広島で日本医学界は総力をあげて、原爆被害調査(治療ではない!)をしたが、そのときも731部隊員が参加している。
原爆の非人道性を非難せず、アメリカの喜ぶような被害調査を実施し、181冊に及ぶ報告書を英訳してアメリカに渡した。これは、天皇制護持と731部隊の蛮行を秘匿するためだった。731での人体実験がソ連によって明らかにされると、アメリカは、石井らに細菌戦のデータをすべて要求し、それらを買収した。そして、731部隊員らを全員に戦犯免責を口頭で与えた。
731部隊関係者が、原爆・原子力の方向へと協力していく。
731部隊・原爆という両者の非人道性をお互い帳消しにしようということか?

以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「ところがこの直前の9月6日、原爆投下のマンハッタン計画の副責任者であるファーレル准将は、帝国ホテルで記者会見を行ない、「原爆放射能の後遺障害はありえない。すでに広島・長崎では、原爆症で死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者は皆無だ」という声明を発表するのです。
ファーレルの宣言によって、被爆者の存在は社会から隠され、被爆者の国際救援の道は閉ざされました。・・・

禁止される原爆報道・医学研究
ファーレル准将が広島を視察した後、1945年9月19日、GHQ(連合国軍総司令部)は「プレスコード」を発令し、連合国、占領軍の利益に反するすべての報道を禁止しました。これによって、1952年4月に占領が終わるまで、原爆の被害のほとんど不可能になったのです。
記事だけでなく、写真も映画フィルムも同じでした。
・・・・
救援に駆けつけたジュノーさんの活動も妨害します。世界に向かって救援を呼びかけたジュノーさんの電報は、打電できませんでした。
11月には原爆被害の医学研究も禁止しました。これには日本の医学者たちが猛烈に反対しますが、どうにもなりませんでした。
日本側の調査は、団長の都築正男東大教授らによって、45年8月29日に開始されました。しかしやがて都築氏はGHQによって、公職を追放されました。
アメリカは、原爆を落としてから23年も後の1968年になって国連に原爆白書を提出しますが、そこでは残留放射能による被害を否定し、生きている被爆者には病人はいないと報告しています。
被爆者問題に取り組む弁護士の椎名麻紗枝さんは、『原爆犯罪』(大月書店)という本の中で、アメリカが苦しんでいる被爆者が1人もいないかのように見せかけたのは、何よりも原爆の残虐性、非人道性を隠すためだった、と述べています。・・・

何もしなかった日本
日本の政府も、1945年8月10日に、国際法違反だとしてアメリカに抗議した後は、今に至るまで1度も、原爆投下に対して抗議をしませんでした。アメリカも、日本の被爆者に対して謝罪をしていません。日本では国に損害賠償を請求する訴訟が1度だけ行われましたが、このいわゆる原爆訴訟は、判決文の中でアメリカの原爆投下行為を国際法違反とした画期的なものでしたが、損害賠償については原告敗訴が言い渡されました。この裁判の中で1955年に国は、原爆使用は国際法に違反しているとは言えないと主張しました。この主張は今に至るまで繰り返され、被爆国日本が、こともあろうに原爆投下を国際法違反として非難もしないので、世界中が驚いています。(以上 引用)


731部隊員であった石川太刀雄丸は戦後金沢大学の医学部長までなったが、1944年の日本病理学会会誌には次のように書いてある。「昭和15年秋、満州国農安地区ペスト流行に際して、発表者中1名(石川)はペスト屍57体剖検を行ったが、これは体数において世界記録であるが・・・・」
731部隊が行った細菌戦の成果を見るために剖検(生体解剖か?)を57体行った。この人は、広島の原爆調査でも、解剖している。昭和48年に、大量の消化管出血で急逝している。


細菌戦部隊医学者の博士論文
731部隊員や他の防疫給水部隊員は、部隊での研究業績を使って学位(博士号)を取得した。
東大、京大、九大、阪大、慶大、岡山大学、日本医科大学、新潟大学、慈恵会医科大学、金沢大学・・・等が学位を与えていた。
例)金子順一・・・授与大学:東大:1949年1月10日・・・主論文名「雨下撒布ノ基礎的考察」『防疫報告』8冊を『金子順一論文集』として申請

旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア

731 部隊関係者等の京都大学医学部における博士論文の検証


陸上自衛隊衛生学校
自衛隊では今でも、細菌戦の研究しているのではないか?日本は細菌戦について全く反省していない!!

戦後、陸上自衛隊の衛生関係には731部隊などの元細菌戦部隊員が就職した。衛生学校では『保安衛生』(後『防衛衛生』のほかに『衛生学校記事』を発行していた。
第4代衛生学校長の金原節三は「衛生学校の研究部員とか部隊付け隊員などによる研究業績の中には、いわゆる秘扱のものもあり、市販の許されている『保安衛生』に発表するわけにゆかぬものもありますので、私の発案で、衛生学校の責任で、別に『衛生学校記事』を発行することになった」と述べている。
目次を見ると、細菌戦の記事(米軍資料の翻訳)が掲載されている。自衛隊は戦前を継承しているのではないのか。現在防衛省は『衛生学校記事』は「ない」として、公開を拒否している。

井上義弘   第5代衛生学校長 南方軍防疫給水部
中黒秀外之  第6代衛生学校長 731部隊
園口忠男   第8代衛生学校長 731部隊

「ジャーナリスト同盟」通信より
<衛生学校記事の情報公開裁判>
「衛生学校記事」といっても、素人にはわからない。原告の和田千代子が報告記事を載せている。
それによると、「衛生学校記事」とは陸上自衛隊の衛生学校が発行している内部研究誌。同誌に1941年当時、陸軍省医事課長として731部隊等による細菌戦に関与していた軍医大佐・金原節三、1940年から敗戦まで731部隊に所属していた軍医少佐・園口忠男らが、同誌に細菌戦に関する文章を載せている。
ということは、731部隊の悪しき成果を自衛隊も継承している。そこで和田らは、防衛省に731部隊関連の情報公開を求めている、ということのようだ。

これも注目される動きである。731部隊の悪しき実績は全て米軍に持ち込まれて、日本には存在しないとされてきた。実際は、日本の自衛隊にも継承されてきている。その資料がある。それの情報公開を求めて裁判を起こしているのである。

民主的な政権交代によって、731部隊関連の極秘資料を公開させる責任と義務が日本国民にある。次回公判は4月17日11時45分。
<SOSの永田町>
70年以上前の蛮行を特定秘密にすることは許されない。今まさに世界から日本の歴史認識が問われている。国家神道を引きずる安倍内閣のもとで特定秘密保護法、靖国参拝、次いで戦争する集団的自衛権行使の閣議決定と、政変がらみの政局は緊迫の度を増している。

それにしても、こうした小さな信念を貫く運動は、必ずや花を咲かせる必要があるだろう。13億人の人民も注目している。
2014年3月6日2時25分記

防衛省の秘密主義に迫れ

自衛隊の証拠隠し
高裁は海自の証拠隠しも認める

第5章
731部隊を告発する

3000人以上の生体実験!中国での細菌戦!
我々日本人は、この現実にどのように対処したらいいのだろうか?
中国では731部隊跡地を世界遺産にしようと、活発な動きが出てきた!!

【北京時事】中国国家文物局は18日までに、世界文化遺産登録を目指す45件のリストを公表した。旧日本軍の細菌兵器開発のため設置した旧関東軍防疫給水部(731部隊)跡地も加えられた。
731部隊跡地は黒龍江省ハルビン市にあり、一部の施設が保存され、陳列館が公開されている。
18日の中国紙・新京報によると、跡地は2002年に世界遺産登録の申請が計画され、10年に3000人余の被害者名簿が公表されたのを受け、申請の動きが活発化。ハルビン市は11年、跡地を保護する条例を施行した。
時事通信 2012年11月18日(日)18時55分配信

中国は731部隊遺跡の世界遺産への申請を通じて日本の恥をさらす、ロシア専門家が指摘―中国メディア

戦争の語り部 篠塚良雄
1923年千葉県生まれ。39年5月少年隊として731部隊に入隊、ハルビンへ。
教育を受けた後、細菌製造班に配属された。
・・・・
ペスト菌を使った人体実験と生体解剖に関与
最初に生体解剖に関わった中国人男性のことは、今も良く覚えています。私は、その男性からにらみつけられると、目を伏せる以外にありませんでした。ペストに感染させられたその男性は、ペストが進行するに連れて、顔や体が真っ黒になりました。まだ息のある状態で、特別班によって、裸のまま担架で解剖室に運ばれてきました。
軍医から解剖台の男の体を洗うように命ぜられ、ホースから水を出してデッキブラシで体を洗いました。手や足がもたついていました。軍医がその男の胸に聴診器を当てて心音を聴きました。聴診器が体を離れると同時に、解剖が始まりました。命じられるままに、解剖されて切り刻まれた臓器を、コルペンに入れたり、準備していた培地に塗りつける作業を行いました。2ヶ月足らずで、5人の中国人を殺害しました。3人目の生体解剖を終えた後に、班長から、「お前もやっと1人前に近づいたな」と言われました。
上官に命ぜられるままに実行したことですが、戦争犯罪の実行者としての責任は私にあります。731部隊が犯した戦争犯罪は絶対に隠蔽してはなりません。終生、世界に伝えていく責任を負っています。



西里扶甬子講演会
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演1(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演2(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演3(2014)


松村高夫講演会
「731細菌戦部隊と現在」
731細菌戦部隊と現在 1 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 2 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 3 慶大 松村高夫


常石敬一講演会
「731部隊とは?今問う意味は」1
「731部隊とは?今問う意味は」1 神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」2  神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」3 神奈川大学 常石敬一



自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由
封印された原爆報告書

封印された原爆報告書
自国民さえも実験台として、嬉々として自国民の被爆調査を行い、自発的に英訳して調査報告書を渡す。全ては、七三一部隊の秘匿、そして、天皇に対する免責を勝ち取るためだったのではないのでしょうか。この取引は十分に功を奏したようで、太田昌克氏の著作にも人体実験に対する米国の追求はどこか間が抜けたものとして書かれています。単純に細菌兵器の技術、実験結果を知りたかったためとしては、やはり片手オチ。米国は、第二次世界大戦で最も知りたかった情報を自ら差し出してきた日本軍部と取引したのではないでしょうか。そうしない限り、この七三一部隊の隠蔽理由(いまだにこの部隊はでっち上げだという論陣を張る人がいます。それは、悪魔の飽食の書評を見ただけで明らかでしょう)をどうしても納得できません。

原爆被爆者は、軍部免責、天皇制維持のための、数少ない有力なカードだったのではないでしょうか。

天皇や三笠宮も731に行っていた?(生体実験を知っていた?)40分あたりから
unit731


731部隊から福島へ!(1時間20分~1時間33分あたり)
広瀬隆氏講演in福島「IAEAとICRP~原子力マフィアによる被曝強


重松逸造という男
プルトニウム元年 第3作 1993年8月放送 3/5


山下俊一トンデモ発言


山下俊一トンデモ発言2

731の経験を悔やんだ医学者もいた!!
「731部隊と医学者たち」

小佐古内閣官房参与辞任・20ミリシーベルト問題


明治大学シンポジウム(2013年)より
吉中講演(京都民医連中央病院院長)
「戦後の医学界と731部隊」


奈須講演(細菌センター理事)
「731部隊の資料」


福島の苛酷な現実!!
甲状腺がん33人

なぜ、日本医学界は福島の医療を批判しないのか ...

フランスFR3放送「フクシマ・地球規模の汚染へ」

ドイツZDF フクシマの嘘 (連結済み)29分23秒

米国による封印された原爆報道と残留放射能

黒い太陽731



731部隊が人体実験や細菌戦を行ったことは明らかである!!
日本政府は、速やかに情報を公開せよ!!

【七三一部隊展2013実行委員会より】
(最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!)         








七三一部隊展2013実行委員会
E-mail exhibition731@yahoo.co.jp
http://ameblo.jp/supportvictim731/

●開催予定
2014年
6月27日(金)~7月4日(金)札幌にて

2013年「731部隊パネル展」より

パネル集1993年「731部隊展」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・天皇制!!

2014-04-29 09:57:06 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”


篠塚良雄さん!!
あなたの貴重な勇気のある証言によって、私たちは戦争の恐ろしさを知りました!!
ありがとうございました!!
ご冥福をお祈りいたします!!

細菌戦(731部隊の蛮行)

【完全版三光】より
篠塚(田村)良雄・・・防疫診療助手 兵長
〈略歴〉
1939年5月 元関東軍防疫給水部本部(731部隊に入隊)
1943年3月 退職
1944年3月 元関東軍59師団32連隊に源へ現役兵として入隊
1945年8月 元関東軍125師団軍医部兵長
1946年9月 東北人民解放軍独立3師衛生部に混入
1952年6月 逮捕さる。河北省永年県において
・・・・年齢 35歳

「俺たちの培養した細菌はどうだった」奥寺は自分の作った細菌が気になると見えて言葉をさえぎった。
「柄沢班の細菌は正直なところ使い物にはならないと言う話だ、雑菌が多いので運送の途中に腐るし、腐らなかったペスト菌ときては毒力がないしよ」
「そうか、それで一番効果のあったのは何班のだ」
玉井は指を折りながら、「第一は碇班だろう。碇班ではコンペイトーとか甘納豆の中に脾脱疽菌(ひだっそきん)を入れて飛行機でそれに落下傘をつけて投下したんだ。それで子どもの体がくちゃくちゃになって、相当死んだらしいよ」
「第二は田中班の蚤(のみ)だろう」
「うん、そうだ、ペスト蚤はいいことはいいが、俺たちの細菌戦をやっていることが蚤をつけたネズミをそのまま何回も落としたことから、みんなバレちゃったんだ」
「そりゃ本当か、大変じゃないか」
「本当だとも、解放日報という新聞にはペスト蚤をまいた方法がそのままのっているし、それに写真までついているんだ。」
「そうなると今後の細菌大量生産はどうなるんだ」みんな長島と同じことを考えたのか?この場の一番先任である奥寺の顔を見た。


語り部フォーラム


闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)近藤昭二


フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)


デンマーク女王が南京大虐殺記念館訪問=専門家「中国支持の現れ」―中国メディア

「嫌いな男ワースト10」1位・安倍晋三について。- 2014.04.26

原子力機構調査「もんじゅ推進自信ない」について。- 2014.04.21

ふざけるな!《゜Д゜》腹が立ってしかたがありません!!(`・ω・´)

「満州国」・華北・華中の万人坑と中国人強制連行

大 同 炭 鉱 万 人 坑



清明節に南京大虐殺記念館で追悼行事 「国家追悼日」制定後初の民間活動=中国報道

日本人監督撮影のドキュメンタリー映画、南京大虐殺記念館で上映―中国メディア

(転載)
私たち南京への道・史実を守る会は、「南京・史実を守る映画祭」と題し、
2009年に『Nanking』『チルドレン・オブ・ホァンシー』『アイリス・チャン』
『南京・引き裂かれた記憶』の4本の映画上映を行い、2011年には陸川監督『南
京!南京!』の上映を行ってきました。
そして2014年5月17日(土)、私たちは
『ジョン・ラーベ』(F・ガレンベルガー監督)の上映を行うことになりました。

本作品は、2009年のドイツ映画賞では主演男優賞・作品賞・美術賞・衣装賞を
受賞し、同年のバイエルン映画賞では最優秀男優賞・最優秀作品賞を受賞してお
り、また、撮影中には『ニューズ・ウィーク』誌に取り上げられるなど、世界的
にも注目を浴びた作品です。
日本でもインターネット上で上映を嘆願する署名活動が行われるなど、大きな
期待を受けていましたが、公開から早や5年の歳月が流れてしまいました。しか
し、私たちもこの5年間を無為に過ごしてきたわけでありません。映画会社との
交渉を幾度となく重ね、念願の上映許可を得ることになりました。

是非とも多くに皆様にご来場いただき、本作品をご鑑賞頂ければと思います。
そして、1937年の12月に南京でおこったことに思いを馳せ、平和の尊さについ
て考える機会を持っていただければと思います。

「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
■日時・チケット
2014年5月17日(土)
第1回目 12:00開場 | 12:30上映 | 15:00シンポジウム
前売1500円 / 当日1800円
第2回目 16:30開場 | 17:00上映
前売1200円/当時1500円
※シンポジウムのパネラーは現在調整中です。
※前売り券について
インターネットまたは電話にてご予約いただき、セブン・イレブンでの発券とな
ります。代金はチケット受け取りの際にセブン・イレブンでお支払いただきま
す。ご予約時に発行される払い込み番号をセブンイレブンのレジにて提示するこ
とでチケットが発券されます。
必ずご予約後1週間以内に発券してください。1週間を超えるとキャンセル扱い
となります。
WEB予約 
http://johnrabe.jp/
電話予約 0120-240-540 カンフェティチケットセンター

■場所 江戸東京博物館ホール

■交通
・JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A4出口 徒歩1分

■お問合せ 「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
MAIL. info@jijitu.com FAX 020-4624-0773
(以上、転載)

中国は731部隊遺跡の世界遺産への申請を通じて日本の恥をさらす、ロシア専門家が指摘―中国メディア

全人代代表、「教科書の『日本の中国侵略』に関する記述を増やすべき」と提議―中国メディア

旧日本軍731部隊遺跡を戦争遺跡公園に―中国

八王子・武蔵野「731部隊展」終了!!



「731部隊展」を終えて
今回の731部隊展を終えて感じたことは、大日本帝国実現の為に、兵器を作るのに熱中しすぎて、人間の倫理観は麻痺し、残虐な限りを尽くしたことだ。日本医学界は、上からの命令で動いたことや、アメリカが細菌戦のデータを重視し、隊員を買収してデータを集め、戦犯免責を与えたものだから、関わった者たちは戦後全くの反省することなく、自慢げに学会で発表する者すらいた。また、戦中・戦後、生体実験をもとにして書かれた論文に多くの大学が驚くことに博士号を授与した。
そして国体護持(天皇制護持)を条件に、降伏した日本は、アメリカの非人道的な2発の原爆投下を非難することはできず、731の残虐行為を隠蔽し心証をよくするため、日本医学界は全面的に、アメリカの原爆被害調査に協力し、治療はまったくしなかった。ただ、現地の医師たちだけが、患者に向き合い、治療した。
このことが、アメリカの核戦略を容認し、日本の科学界・医学界が、原子力の方向へ進むことになる。
中国、アジアで行われた医学界の残虐行為は、国家犯罪であり、日本医学界だけの問題ではなく、天皇を含め国家の上層部の責任が大きい!!日本医学界が謝罪できない理由は、こんなところにあるのかもしれない。



パネルを振り返りながらそれを見ていくと、

序章は、「薬害エイズと731部隊」
一枚目のパネルは厚生省の中庭に建てられた碑の写真から始まる。
その「誓いの碑」には、こう書いてある。

「命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した
「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省し
この碑を建立した

平成11年8月 厚生省」

1980年代、アメリカでエイズが広がった。もしかしたらこのエイズも731部隊の研究成果を元に作られた可能性はある。人為的なもの?
アメリカは、血友病患者に投与していた非加熱製剤がエイズウイルス汚染されていることがわかり、いち早く加熱製剤に切り替えたが、日本は、非加熱製剤のトップメーカーであったミドリ十字に配慮して、加熱製剤への切り替えがアメリカに比べ2年以上も遅れ、さらに加熱製剤販売後も1年以上非加熱製剤を回収しなかったために、薬害エイズの被害が広がった。

なぜ、ミドリ十字に厚生省は配慮したのか。両者には、天下りを通して、癒着があり、厚生省のエイズ班長であった安部英(あべたけし)にも、影響を与えた。

それでは、テレビで初めて薬害エイズの件で土下座者謝罪したミドリ十字とは、いったいどんな会社なのか?
1950年、石井四郎の懐刀(ふところがたな)といわれた内藤良一(731部隊員、防疫研究室にいて、石井ネットワークにいろいろ指示を出していた)は、朝鮮戦争の犠牲者に対する輸血血液の需要を当て込んで、売血を目的に、日本ブラッドバンクを設立をする。そこには北野政次(731部隊2代隊長)ら多くの731部隊員が集まる。そして日本の輸血が売血から献血に切り替わると、日本ブラッドバンクは、ミドリ十字と社名を変更し、血液製剤メーカーとなっていった。
内藤は、多くの731部隊関係者をスカウトし、日本ブラッドバンク・ミドリ十字の中核を担わせていく。

内藤が731部隊の人脈と技術を引き継いでつくり上げたミドリ十字は、731部隊の気風をそのままに引き継いでいた。そのことが、薬害エイズ事件を引き起こす原因の1つになった。

※731部隊の気風・・・731部隊は本当に人命を軽視していた!!
※ミドリ十字は、医薬品業界の合併を経て現在田辺三菱製薬になっている。

第1章 731部隊の創設
1931年9月18日、中国東北部の柳条湖で関東軍は、鉄道を爆破し、中国軍の仕業にして、東北地方の侵略を開始する。32年関東軍と南満州鉄道会社の支配のもとに清朝のラストエンペラー溥儀を擁立し、満州国を建国し、中国人を表の顔にするが、裏で日本人の役人が操っていた傀儡国家であった。安倍の母方の祖父、岸信介も満州国の役人であり、「満州5カ年計画」などの策定にかかわっていた。東條英機も、関東軍司令官として赴任していた。両者とも極秘裏に進められていた、731の計画も知っていただろう!!

その満州国の背陰河に秘密裡に東郷部隊を設置し、生体実験を繰り返しやっていたが、マルタ(被験者)の脱獄事件が起こり、これをきっかけに、脱獄できないもっと大規模な実験施設を平房に建設する。1938年頃主要な建物が完成する。
この巨大な施設は、議会の承認なしに、年間今のお金にして90億円が費やされた。もちろん天皇も陸軍も承認した施設であった。この施設には、今のIOCの会長の竹田の父親
竹田宮恒徳王(竹田宮)は宮田中佐と名乗って、731に関与していた。
三笠宮・天皇もこの施設を視察したと言う証言もある。
安倍が秘密保護法をいち早く成立させた背景にはこういうことが関係があるかもしれない。
高杉晋吾 国策としての731部隊と原発

部隊全景
周囲8km四方を土塁と高圧線に囲まれ、部隊には鉄道の引込み線が敷かれ、物資やマルタ(被験者)を運び入れていた。飛行場もあり、専用の飛行機も数機有し、学校あり、神社、隊員の宿舎、運動場、テニスコートなどもあった。敷地内のロの字形をした研究棟(5階建てぐらい)の中に、7棟、8棟と呼ばれた特設監獄があり、そこにマルタと呼ばれていた被験者たちが収容され、いろいろな生体実験が行われていた。

731部隊の始まり
石井四郎は、京都帝大医学部を卒業後、軍医になり、1928年から2年余りヨーロッパやアメリカを視察旅行し、細菌兵器が資源の乏しい日本にとって、有効であることを確信し、永田軍務局長をはじめ、軍上層、天皇を動かし、細菌兵器の開発を傀儡(かいらい)国家満州で、取り掛かる。

731部隊組織表
731部隊には多いときで3000人の職員がいた。第1部から第4部まであった。
第1部では基礎研究でチフスやコレラ、ペストなどの細菌の研究をしていた。
第1部第3課のレントゲン班に宮川正の名前が見える。
1954年のアメリカの水爆実験のとき、被害を受けた船を第五福竜丸だけにした男だ。
そのとき、1000余り被曝したのだが、アメリカの意向を受けて過小評価した。

宮川正の軌跡
1944年3月4日、宮川は、関東軍防疫給水本部に配属され、731部隊のレントゲン担当となった。第1部細菌研究部第3課の吉村寿人の下には、レントゲン担当の二つの班ー宮川が班長を務める宮川班と在田勉(任期・1939年4月5日~1944年8月25日)が班長を務める在田班があった。
西野瑠美子が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、男性用の収容棟と女性・子どもの収容棟にそれぞれ1ヶ所ずつレントゲン室があったとされる。細菌に感染させるマルタ(被験者)の健康診断のためのエックス線撮影が主な仕事で、部隊敷地内の隊員と家族のための診療所でもレントゲン診断を行った(西野瑠美子「731部隊―歴史は継承されないのかー元隊員を訪ねて」『世界』1994年4月号掲載)。健康なマルタの病変の経過を見ることが部隊の関心対象だったため、健康診断を受けさせ、健康と判定されたマルタだけが人体実験の対象になった。
レントゲン班でも、人体実験が行われていた。西野が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、「レントゲンを肝臓に当てる実験に立ちあった」といい、レントゲン班では、細菌に感染したマルタのレントゲン撮影を一定の期間をおいて実施したとされる。
これと似通った匿名の731部隊班長の証言が吉永春子の書き下ろし『731 追撃・そのとき幹部達は」(2001年、筑摩書房)に収録されている。肝臓にレントゲンを照射して致死量を確認する実験を行ったという証言は、TBSテレビで1976年8月15日に放送されたドキュメンタリーのために吉永らが行ったインタビューの中で行われたものだった。内容から、匿名の証言者は宮川ではなく、もうひとつのレントゲン班の班長と推察される。
宮川は、戦後、亀井文夫監督の記録映画「世界は恐怖するー死の灰の正体」(1957年)の撮影に協力している。この映画には、宮川も理事を務めていた日本放射性同位元素協会(後の「日本アイソトープ協会」)や山崎文夫、村地孝一らの科学者も協力していた。映画には、放射線を長時間、実験用のマウスに照射して死に至るまで観察する実験が記録されている。ネズミへの放射線照射の映像は、映画の中では、あくまで放射線の恐ろしさを実感させる素材として使われているが、一面で731部隊が死に至る人体実験の様子をフィルムに記録したという証言を彷彿させるものだった。1960年8月には、茨城県東海村の日本原子力研究所で宮川らがネズミにガンマ線を照射し、被曝時の生体変化を観察する実験を実施すると報道されたこともあった。
宮川が731部隊でレントゲン班の責任者だったことは消せない事実だが、宮川が直接行ったとする人体実験の具体的な証言や記録は今のところ確認されていない。

・・・・これらの事例とは対照的に、宮川が公職追放を受けなかったのはいったいなぜなのだろうか。

・・・宮川正は、1949年「科学朝日」8月号の皆川理らとの座談会「放射能とは何か」に国立東京第一病院の医師として登場し、放射線の医学的な利用等について説明している。国立病院の勤務医になったことは、731部隊時代の行動について「お咎めなし」のお墨付きが得られていた証だろう。
・・・宮川は1953年に横浜医科大学の教授となり、やがて放射線治療の分野で名が知られるようになっていった。
・・・宮川と731部隊の関係者の繋がりは戦後もある時期まで、維持されたものと考えられる。
・・・第5福竜丸事件が起こると、宮川は4月から5月にかけて横浜・川崎両港に入港した民間船の放射能汚染調査と、5月からの横浜市内の上水道の放射性物質の測定を開始した。此れが評価されたためか、宮川は、10月に厚生省に設置された「原爆被害対策に関する調査研究連絡協議会」の環境衛生部の委員に任命されることになった。
・・・1956年4月、宮川が東大医学部放射線医学講座の主任教授となった。宮川は、5月16日、原子力委員会の「国立放射線医学総合研究所設立準備小委員会」の5人の専門委員のひとりに任命された。
・・・宮川は、1956年に日本学術会議原子力問題委員会の放射線影響調査特別委員会委員に選ばれたのに続いて、翌年5月25日には原子力委員会の放射能調査専門部会(部会長・都築正男)委員にも任命された。宮川は、1958年9月1日、ジュネーブで開かれた第2回原子力平和利用国際会議にもアイソトープ・生物学関連のふたつのグループの責任者のひとりとして出席している。
731部隊関係者の中で、原子力行政にこれほどまでに、食い込んだ者は、宮川以外には見当たらない。そうした意味で宮川は部隊の元関係者の中では特異な存在だった。
『ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影』
堀田伸永著より
ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影【無料版】堀田伸永
※また福島事故後に有名になった医学者の一人に同じく東大出身で、東大病院放射線科の中川恵一準教授がいます。彼は、「福島で健康被害は出ていない、今後も出ない」と主張する学者の代表格です。私は中川医師の『被ばくと発がんの真実』という著書に、科学的な疑問点が100か所以上見受けられたので、質問を送りましたが、どれひとつとしていまだに回答をいただいておりません。
実は免責された731部隊は、放射線医療業界にも歴史的につながっています。例えば731部隊、レントゲン班でも致死量を当てる人体実験が行われ、リーダーのひとりであった宮川正は、戦後放射線治療の専門家になりました。第五福竜丸事件の後、福竜丸以外の船員が放射線障害で苦しんでいても、放射線障害ではないだろうという理論を展開し、800あったと言われる被曝船は、一隻とされたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・
XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

東大・中川氏 正しい放射線・放射能・被ばくに関する対応とは

崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』



陸軍軍医学校防疫研究室と石井機関のネットワーク
天皇の承認の元に、細菌戦の攻撃面の命令は参謀本部作戦第2課が行ない、研究は陸軍省医務局が管轄していた。細菌戦部隊はアジア各地につくられ、防疫給水という名称によって、隠された。ハルピンをはじめ、北京、南京、広東、シンガポールにつくられた。
防疫給水部全体のネットワークは石井機関と呼ばれ、陸軍軍医学校防疫研究室の内藤良一が采配を振るっていた。
大学教授は、防疫研究室の嘱託となって、弟子たちを731部隊に送り、731部隊に指示を出していた。731部隊に行った弟子たちは生体実験などのデータを防疫研究室に送って、情報の共有をはかった。


日本医学会総会軍陣医学部会
1942年の第11回の日本医学会総会は東大で開かれた、写真は東大の安田講堂の前で第9部微生物学分科会の記念撮影。
前列向かって左側に、731部隊初代隊長の石井四郎、右側には2代目隊長の北野政次、3列目の左には1644部隊長の増田知貞の顔が見える。いかに、この部会で細菌戦部隊が幅を利かせていたかがわかる。
部会では、多くの細菌戦部隊員が参加し、人体実験で得たデータを元に書いた論文を発表している。
石井軍医少将は「所謂孫呉熱ノ研究」を研究グループを代表して軍陣医学部会の最後に講演した。

第2章「マルタ」
ロ号棟(四方楼)に囲まれた特設監獄(7棟、8棟)に被験者は「マルタ」(丸太)と呼ばれ収容され、人体実験が行われていた。

憲兵隊と「特移扱」(特別移送扱)
憲兵隊や特務機関に逮捕された者は秘密裡に731部隊に送られた。人体実験の被験者は「マルタ」と呼ばれた。「丸太」という意味である。

「特移扱」(とくいあつかい)は、憲兵隊が実験材料「マルタ」を731部隊に供給するための制度である。
憲兵は、特移扱でマルタを731にたくさん送れば、出世した。731部隊にとっては、大量の実験材料を速やかに入手できるものであった。
抗日活動家やソ連のスパイは裁判にかけられず、731部隊に送られた。
もちろん、無実の者でも、憲兵隊での脅迫や拷問下での取り調べの実情が、外部に漏れるのを防ぐために、731部隊に送られた人もいた。


「特移扱」文書
吉林省档案館発行の『「731部隊」罪業鉄証』には、戦争当時の憲兵隊の文書の写真が載っている。
そこには、工作名 イワン 「特移送スルヲ至当トミ認ム」と書いてある。
中国人 張生文は、抗日活動をしていたのだろうか?工作名イワンと名乗り、活動していた。そして、憲兵隊に捕まり特移送された。すなわち、731部隊に送られた。
731部隊に送られた者の数ははっきりしていないが、731部隊の総務部長や細菌製造部長であった川島清ハバロフスク(ソ連)裁判の供述調書に「強力な伝染病を囚人に罹患させる実験によって毎年600人以上が死んでいた」という証言を残している。
1939年から1945年の敗戦までには、少なくとも3000人が被験者とされ、殺された。

朱玉芬(しゅぎょくふん)の父と叔父
私は朱玉芬です。父は雲彤(うんとう)で叔父は朱雲岫(うんしゅう)です。2人とも抗日連軍(東北抗日連軍)にいました。憲兵隊に捕まって、731部隊に送られました。
2人とも731部隊で実験されて亡くなりました。

第3章
731部隊の人体実験

731部隊をはじめ、石井機関、陸軍病院その他の施設では、密かに人体実験が行われていた。
中国に作った日本の陸軍病院では、手術演習の名のもとに、生体解剖が行なわれた。
731部隊では、ペスト菌の毒力を増すために、ペスト菌の注射そして、その後に生体解剖、その他の菌でも、行われた。
また、細菌戦をやったところに赴いて、防疫活動の名のもとに、生体解剖を行なった。
軍医として中国・山西省へ

ペスト(黒死病)
平澤正欣軍医少佐の博士論文『「イヌノミ」の「ペスト」媒介能力ニ就テノ実験的研究』には、イヌノミがペストを動物に感染媒介する能力についての実験が報告されている。それによると、ペストに感染したイヌノミを3人の被験者に一匹附着すると、ペストになる人は0人で0%、5匹附着すると1人で33%、10匹附着させると2人で66%である。
ノミには14種類あり、その中でどのノミが細菌戦に有効であるかを研究していた。
その結論として、ケオピスネズミノミが一番感染力、抵抗力があることがわかり、このノミを細菌戦に使用することになる。

炭疽(Anthrax)
731部隊では、いろいろな細菌の培養をし、兵器化していた。
戦後、アメリカは、731部隊員から入手したデータを使って、731部隊員をアメリカに呼んで、3つの英文レポートを書かせている。Aレポート(炭疸菌)、Gレポート(鼻疽菌)、Qレポート(ペスト菌)である。
戦時中、731部隊ではいろいろな生体実験が行なわれたが、その中に炭疸菌の実験があった。
炭疸菌を皮下注射した場合、症例数1で、症例番号54番は7日で死んだ。
経口感染させたものは、症例数6で、318番、26番は3日で死に、320番、328番、325番、17番は2日で死んだ。
経口撒布感染させた者は12人で、411番は4日で死に、・・・・・
経鼻感染させた者は、4人で、380番は3日で死んだ。・・・・・

流行性出血熱
満州で原因不明の風土病がはやった。
そのとき、731部隊は調査隊を送って、人体実験をして原因を調べた。

1938年にソ連との国境地帯に不明疾患が続出した。死亡者は年々増加し、致死率は15%であった。この出血熱は、発病地の名前を取って、孫呉熱とか虎林熱と呼ばれ、731部隊は調査班を編成して派遣した。731部隊内には特別研究実験班を設置し、「特殊研究」を行わせた。
病原体は北満トゲダニから分離され、濾過性(ウィルス)と特定された。1942年12月に流行性出血熱と命名され、現在は腎症候性出血熱といわれる。
「特殊研究」とは人体実験のことである。

毒ガス実験
731部隊と516部隊(関東軍化学部)は、合同で毒ガスの人体実験を行っていた。
516部隊には、731部隊の分遣隊が置かれていた。石井部隊は背陰河時代に青酸の人体実験を行っていた。平房の本部は、毒ガス実験室を作り、ガラス張りの部屋に毒ガスを発生させて、中の「マルタ」を観察した。

瀬戸内海に浮かぶ
大久野島では大量の毒ガス兵器が作られ、中国で使用された。当時、生産に携わった人の中には、そのときの後遺症で今なお治療を受けている人もいる。
また、戦時中、中国では、日本軍が使用した毒ガス兵器によって多くの人が死んだり、731部隊や516部隊の実験材料にされて、無残に殺された人も多い。
日本軍が敗戦で引き揚げるときに、多くの毒ガス弾を中国に遺棄したことによって、今の中国では、その毒ガス弾に触れたり、爆発によって被害が出て、日本で裁判も現在進行中である。
化学兵器廃絶を目指し、被害者を支援する ― 遺棄毒ガス問題ポータルサイト ―
遺棄毒ガス被害者家族の現状(ABC企画ニュース89号より)

相模海軍工廠(海軍毒ガス工場)
【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅰ ファインダーがとらえた地獄
―総務部調査課写真班 T・K
「新京陸軍病院衛生兵から731部隊員へ」より
毒ガス実験の撮影は命がけだった
・・・「丸太」は、1回に1人ずつ、特別班員によって中に連れて来られる。足かせをはめられ、後手に縛られて、ガラスのボックスの中に立ったまま入れられる。
じっと息を殺したような重苦しい時間が流れる。やがて、ボックスの中の「丸太」がまるで居眠りでもするように、次第に顔をうつむけていく。5分ぐらいたったろうか。「丸太」は、ひとつ大きな「あくび」のような息をして、ガクッとこうべを垂れる。絶命の瞬間だ。
1回の実験で、4、5人の「丸太」を次々とこうして毒ガスで殺す。
カメラを構えている私の近くの壁に、小鳥(カナリアだったか、十姉妹だったか)を入れた鳥かごがぶら下げてあった。よく見るとほかにも、2、3の鳥かごが同じようにかけてある。
「これ何のためですか」と聞くと、516部隊の将校が、「かごの中の鳥の様子に注意せよ」という。そして、小鳥の様子に異常を認めたら逃げろ、と指示された。
つまり、この実験で使用されたのは、無色無臭の窒息性毒ガスで、しかも実験設備では、毒ガスがもれる恐れがあるということなのだ。
O大尉に731部隊行きを誘われた時、40歳ぐらいまで気楽な軍属として働こうと思っていた私は、731部隊の想像もしていなかった危険な実態を、身にしみて感じ、はげしく悔恨のほぞをかんだが、もう遅かった。


毒ガス野外実験
陸軍の毒ガス研究開発は、関東軍化学部(516部隊)、第6陸軍技術研究所、陸軍習志野学校、浜松陸軍飛行学校などが担った。攻撃方法は迫撃砲などの砲弾によるもの、地上で撒布・放出するもの、飛行機による雨下(空中撒布)や毒ガス弾の投下などであった。731部隊では、毒ガスの人体に及ぼす影響を、人体実験を行い研究した。
1940年9月7日~10日にかけて、砲門4門(600発)と十榴8門(600発)のきい弾〔イペリット・糜爛性(びらんせい)ガス〕の射撃を実施。第1,2,3地域に分け、野砲偽掩体、壕、観測所、掩蓋MG(機関銃)座、特殊構築物などに被験者を配置した。被験者を毒ガスマスクを装着するもの、しないものに分けた。

赤ん坊への凍傷実験
シベリア出兵(1918年~22年)時には、全軍の3割が凍傷に罹った。ソ連軍との戦争を想定していた関東軍にとって、凍傷の治療は克服しなければならない課題であった。
吉村寿人(ひさと)班では次の手順で実験を行った。
1、零下20℃以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る。
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する。
3、凍傷になった腕を温度差のある湯につけて、回復具合を見る。時により患部が壊死・脱落して骨があらわになる。
吉村らはこれらの実験から凍傷のメカニズムを明らかにし、「治すには体温程度の温水につければよい」という画期的な治療法を発見した。石井はこの発見をことあるごとに誇っていたという。

生後3日、1ヶ月、6ヶ月の赤ん坊への実験。
なんと赤ん坊でも実験を行っていた。
・・・・「中指に針を埋め込み、摂氏0℃の氷水に30分入れ、皮膚内部の温度変化を調べた。生後3日から1ヶ月後までこの実験が毎日行われた。吉村はこの被験者は、共同研究者の二男だと弁解している。」
※もちろん、中国人の赤ちゃんなども、実験に使われていたのではないか?
吉村が自著『喜寿回顧』の中でも、モンゴル人少年の凍傷実験の様子を写した写真を載せている。反省など全く見られない。
戦後、吉村は、京都府立医大学長までなるが、日本生理学会において731部隊で行った凍傷実験を「私の研究遍歴」と題して発表し、学会からは批判も出ていた。
凍傷実験に被験者にされた人は、手が無くなったりしたが、死ぬまで何らかの実験に使われた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・天皇制!!

2014-04-29 09:54:44 | Weblog

医学者たちの独走
731部隊での実験は、細菌戦の準備とは無関係に医学者の好奇心だけで行われたものがほとんどである。
・乾燥器にかけて熱風を送る。
・何も食わせないで水だけ飲ませたらどのくらい生きるか。
・パンだけ与えて、水を一切やらなかったらどうなるか。
・ガラスチェンバーでのガス実験。
・梅毒実験。
・逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、身体の各部はどの様に変化するか。
・X線の長時間照射。
・チスフ菌入り甘味まんじゅう実験。
・手榴弾を、露出したマルタのお尻付近で爆発させ、破片の突き刺さり具合の調査。
・真空実験、減圧実験。
・ビタミンCの大量注射。
・A型からO型(血液)への輸血。
・右腕と左腕を取り替える。
・ロシア人母子への青酸ガス実験。
・・・・・・・・・
731部隊で人体実験が行われている時期に平行して、大学医学部や石井機関でも「治療」と称して人体実験が行われ、多くの被害者を出している。日本に於ける、731部隊と民間の人体実験への姿勢は無関係ではなく、同じ医学パラダイム内での行為である。

人体実験が結ぶもの

軍部は731部隊に実験材料(被験者)と資金を提供し、医学者?は人体実験により速やかにその効果を確め、そのデータをもとに強力な生物兵器の開発を急いだ。
軍のメリット
・強力な生物兵器の開発
・流行性出血熱などの新たな病原体の発見による新兵器の開発
・凍傷実験・ワクチン開発などによる味方兵士の防御
・毒ガス実験による経済的な兵器の開発
医学者?のメリット
・ペストやコレラ等日本では出会えない病原体の研究
・流行性出血熱などの新発見の病気
・凍傷やワクチン研究による新しい治療法の発見
・毒ガス実験等病理データの蓄積
医学者?は人体実験によって様々な研究テーマに取り組んだ。
軍部は、これらの実験を絶対秘密にしたかったが、戦後、731部隊員はそれらを論文にまとめて医学界で出世したためそれはかなわなかった。(驚くことにアメリカからも日本の大学からもお咎めが無かった。)
日中戦争が連合国との戦争へと拡大し、国内は総動員体制下となった。医学界も体制化に組み込まれ、医学界は軍部の動向に沿うようになる。その中で、軍部を利用する医学者も現れた。
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア
Japan unit731 maruta(日本軍731部隊の残虐)


細菌戦は行われた
731部隊は、中国各地で細菌戦を行った。
主なものは、1940年農安・大賚(だいらい)細菌戦、農安細菌戦、寧波(にんぽー)細菌戦、衢州(くしゅう)細菌戦1941年常徳細菌戦、1942年淅贛(せっかん)細菌戦、廣信(こうしん)・廣豊(こうほう)・玉山(ぎょくざん)細菌戦。
陸軍は細菌兵器を大量殺戮兵器として期待した。人体実験、野外人体実験、大規模野外人体実験、中国の主要都市(非占領地)への細菌戦の試行、実際の戦場での試行を行い、細菌戦のデータを蓄積した。各種病原体の撒布方法を改良し、兵器はまだ開発中であったが、民衆に多くの被害者を出した。病原体はペスト菌と炭疸菌が有望視され、ペストノミ(PX)は最も期待された。
731部隊員の金子順一は昭和19年に「雨下撒布ノ基礎的考察」等の論文を書き、つぶさに細菌戦の調査をしている。
『金子順一論文集(昭和19年)』紹介
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書

【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅱ 中支・寧波細菌戦出動始末
―元千葉班・工務班 H・F
・・・
こうした周辺の偵察行動を踏まえて、細菌攻撃班が出動した。これは、軍医を含む専門班である。いずれも中国服に着替えて、朝、トラックで基地を出発する。
細菌の実験が行なわれる場合は、その日の朝、各天幕ごとに命令受領の際、「本日は、どこどこで細菌の実験を行なうので、その方面の水は飲まないように」と通達があった。
出動した細菌の専門班は、あらかじめ調べてあった川の上流に潜入して、試験管に入れたペストやチフスやその他の細菌を川に流すらしい。井戸に投入することもあったと言う。
夕方、彼らは基地に帰ってきた。あらかじめ、衣類や車は、外で噴霧器を用いて消毒してから、基地に帰って来る。そして、風呂の天幕に行って、消毒風呂に入る。ヌルマ湯で消毒臭い風呂から出ると、普通の風呂に入って、臭いを落とすのだが、なかなか、臭いは消えないものだ。
「今日は細菌を使ったな」というのは、否応無く分かってしまう。それから数日すると、細菌を混入させた川の周辺一帯に、効果測定班が出て行った。写真班も同行した。
軍医を先頭にした1班が、周辺の集落の様子や、川や井戸の水の汚染度などを調べるのだ。住民に病名の分からない病人が出たと言う情報をキャッチすると、軍医は、「薬」を持って「治療」に出かけた。患者の治療という名目で、逆にいろいろ調べたのだろう。血液などを採取して帰ってきたようだ。治療法の実験もあった。このような、細菌の実験は全部で3回くらいあった。いずれも、周辺で、正体不明の病気が流行した、と聞いた。
このような日常を目撃していると、どうやら今回の「出張」は、細菌戦の実戦訓練を目的としているらしいと、我々にも察しがついた。
・・・・(中略)・・・
中国人集落の上で細菌爆弾が炸裂
当日の朝、例によって朝の命令受領時に、「本日、○○方面に爆弾を投下するので、注意せよ」と通達されたのである。
我々のうち1人として、投下されるのが、ただの爆弾ということを信じている者は、いなかった。投下されるのは、100パーセント間違いなく「細菌爆弾」なのだ。
爆弾を投下するという航空機は、はるばる平房の部隊本部から飛来すると言う。731部隊は、こうした実験に備えて、専用の飛行機と飛行場―つまり航空班を有していた。
やがて基地の上空に、複葉の小型機が飛んできた。おそらく、平房を出発して、あちこちの飛行場経由でやってきたのだろう。低い爆音を残してさほど高くはない上空を通過していく。将校や居合わせた隊員たちは、木造棟や天幕から飛び出してきて、「あれだ、あれだ」と叫びながら、一斉に飛行機に向けて、手を振った。
飛行機は飛び去った。おそらく前もって選定された目標の中国人集落へ、爆弾を投下したに違いない。それも、「細菌爆弾」をだ。
私は、この航空機による細菌爆弾攻撃を目の前にしながら、安達での一連の実験を思い出していた。
安達(アンダー)の実験場では、どうしたら内部の細菌を殺さずに、しかも有効に「細菌爆弾」を投下・爆発させられるかを、「丸太」を使って、繰り返し実験した。
鉄製の容器だと破裂させるのに多量の火薬が必要となり、その結果生じる高熱と衝撃で細菌が死んでしまう。そこで、鉄のかわりに陶器製の容器が開発されたりした。
そうした、安達での実験の集大成が、今、1つの中国人集落を対象に、行なわれようとしているのだ。もちろん、表向きは、その中国人集落は「敵性集落」と説明されていた。
だが、私には、この細菌爆弾の投下が、実践的攻撃と言うよりも、実験的色合いが強いように思われた。
この爆弾の投下は、出動した全期間を通じて、3、4回、あったと思う。細菌の中身は、おそらくペスト菌であろう。石井731部隊長も、飛来したことがある、と聞いたが、地上の我々には確かめようがなかった。
爆弾が投下されてから1週間ほどたつと、効果測定のために専門班が編成されて、出かけて行く。この時、倉庫から、防毒衣、防毒面等が出されるので、我々は、ペスト菌だとわかるのである。ペストは空気感染なので、防毒衣がないと、味方もやられてしまうのだ。
効果測定には、軍医、写真班、軍属のほか数人の護衛の兵士を含めて、2、30人が出動した。出動した隊員によると、標的とされた中国人集落への途中までは車で行くらしい。
ある地点に来ると、全員車から降りて、防毒衣・防毒面を着用する。白い潜水服を着たような異様な一団となって、さらに山道をたどり集落に入る。
集落では、すでに家を明けて逃げ出す者も多い。あちこちに、発病した村人が横たわっている。例外なく高熱にうなされている。
軍医たちは、すばやく手分けして、病人の状態を調べる。呼吸、脈拍、体温を記録していく。病人が、爆弾を落とされた時、どこにいたのかなどを質問する。手当てと称して、何か処置をしたり、病人の血液を採取する。まだ、発病していない者がいると、当時どこにいたのか訊問する。そして、何か注射している。私の聞いたところでは、健康な者には、あらためて細菌を注射するようなこともあったらしい。結果的に集落は、全滅に近い被害を受けてしまうのである。
写真班は、その情景の1つひとつを、丹念に写している。病人の苦しむ様子も克明に16ミリで撮っている。
ひとおとりの効果測定が済むと、全員、遺留品を残さぬようにして、集落を撤退する。車の所まで戻ってくると、噴霧式の消毒器で防毒衣や備品を徹底的に消毒してから、基地に帰って来る。そして、さらに消毒風呂で、完全に消毒するのだ。


ペストノミ(PX)のよる細菌戦

金子順一論文集(防疫研究室所属)の中に『PXの効果略算法』論文がある。その「第1表 既往作戦効果概見表」は6地域の細菌戦を分析している。PXとは「ペスト菌を感染させたノミ」という細菌兵器のことである。
効果(罹患致死)とは、ペストによって殺害した人の数である。農安ではノミを5g(1gは約2300匹)撒布している。量の少ないもの(g)は地上撒布、多いものは(Kg)は飛行機からの空中散布である。一次は一次流行の死亡者総数、二次は二次流行の死亡者総数。全死亡者は19646人になる。

731部隊は自らペスト菌を撒布し、ペストを流行させた。写真はペスト撲滅隊ではなく、敵兵を担架で運こんだ後、生体解剖したのではないか?(1942年6月3日、大阪朝日新聞)


細菌の大量生産

731部隊では、攻撃用の細菌の大量生産を行っていた。1ヶ月あたり製造量(理論値)は、ペスト菌300kg、炭疸菌600kg、赤痢菌800~900kg、腸チフス菌800~900kg、パラチフス菌800~900kg、コレラ菌1000kgである。(細菌製造班長:柄沢十三夫の供述)
※柄沢はハバロフスク裁判が終わり、恩赦で釈放され日本に帰国する直前、自殺した。

作業は培養基の表面に繁殖した細菌を白金耳でかき取るという危険なものであった。
ノミの大量生産は、石油缶の中にフスマ(麦かす・ノミ床)を敷き、動けなくした状態のネズミ(ノミの餌)を入れて行った。ノミが光を避ける性質を利用して、分離した。ネズミは量産され、捕獲もされた。

ロ号棟の1階が細菌製造工場であった。一連の設備が揃っており、ベルとコンベアで培養缶が運ばれた。

第4章
731部隊の戦後

マッカッサーの厚木飛行場へ降り立った時の第一声は、「ジェネラル・石井はどこにいるか?」だった。アメリカは、自国の遅れていた生物兵器開発の情報を日本から得ようと、当初から画策していた。部隊長石井四郎は、アメリカに巣鴨拘置所に入れられることなく、
尋問を受け、731部隊員全員の戦犯免責と引き換えに、細菌戦のデータを提供した。

石井四郎は、喉頭がんで、67歳で死去している。
アメリカは、ソ連に嘘を言い続けた!!
「同氏は旧陸軍の細菌戦戦術専門家で、終戦当時、ソ連側から細菌戦首謀者として戦犯リストにあげらたが、総司令部は証拠がないと反ばく、米軍諜報部に保護され、戦犯指定をまぬかれ話題となった。」(毎日新聞1959年10月11日)

軍事裁判と戦後処理

ソ連
ソ連は、戦後シベリア抑留者から731部隊員を探し出し、軍事裁判の準備に取り掛かった。
そこで、731部隊で人体実験の事実を知ると、石井らの尋問をアメリカに要求したが、
アメリカの工作によって、思うように尋問ができなかった。
結局、東京裁判で、ソ連は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを断念した。
そこで、ソ連は東京裁判の不完全さに世界の目を向けさせようと、ハバロフスクで、1949年軍事裁判を行い、全世界に発信した。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
ハバロフスクの12人の被告のうち2人は服役を終えて、帰国、1人は病死した。
1956年日ソ共同宣言に伴って、残り9人の帰国が決定した。
しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
※ソ連は、この裁判で細菌戦の事実を知り、そのデータを収集し、自国の生物兵器の開発に参考にしたのだろう。

中国
撫順の戦犯管理所に731部隊員は入れられ、人道的な扱いを受け、徐々に自らの罪を告白した。1956年の瀋陽の裁判で、榊原はソ連戦に備えて、細菌の大量製造などを認めた。中国は、日中の国交回復を優先させたため、日本軍の組織的犯罪に触れることなかった。刑は、榊原は懲役13年言い渡されたが、刑は執行されず、翌年帰国、田村(篠塚)ら細菌戦犯4人は不起訴、釈放された。
7年にかけて綿密に調べ天皇や731部隊員の責任を追及した日本軍細菌戦調査書は法廷に提出されなかった。
平房近くの村では、731部隊撤退時に、逃げ出したネズミによって、1946年夏にペストが流行し、多くの人が犠牲になった。その後も、ペストの流行に警戒している。



1990年代、731部隊の生体実験の被害者や、細菌戦の被害者が日本政府を相手取って裁判を起こした。(戦後補償裁判)

アメリカ
アメリカは、敗戦直後から調査団を送り731部隊のデータの収集を始めた。
特に1947年1月にソ連から人体実験の事実を知らされると、石井らに戦犯免責を与える代わりに、731部隊のデータを要求し、ソ連に情報が漏れないように、そのデータの独占を図り、自国の生物兵器開発に利用した。


日本
アメリカが731部隊員に戦犯免責を与え、データを独占したので、東京裁判には誰一人としてかけられなかった。ソ連からの追及もアメリカの保護により、まぬかれた。
そして、731部隊のことは戦後隠蔽された。


細菌戦部隊医学者の戦後

1945年8月石井部隊は帰国。
石井は解散に先立って、部隊員に次のような命令を下していた。
「第1項は、部隊の内容は秘匿せい。隠せ。連合軍による尋問を受ける場合には、防疫給水業務に従事しとったと答えよ。
第2項目目は、官公庁に就職するな。
第3項目目が、隊員相互の連絡はするな。」
石井は占領軍による追及を恐れ、部隊員たちに機密の保持を厳命したのである。
こうして731部隊員たちは、日本全国に散っていった。
米軍との戦犯取引が成立し、東京裁判は1948年11月に判決が下された。ソ連は日本での731部隊の追及が失敗し、ハバロフスク裁判は1949年12月に終結した。1950年6月に朝鮮戦争が勃発し、1951年にサンフランシスコ平和条約が締結された。戦争責任の追及は終了となる。
「他言禁止」はほぼ維持されたが、多くの幹部は公職についた。
大学教授になったり、ミドリ十字を立ち上げてそこに731部隊員を引き入れた。
また、病院を開業したもの、研究所や自衛隊に職を得たものもいた。驚くことに国立予防衛生研究所(今の国立感染症研究所)の初代、2代、5,6,7代の所長が731部隊関係者であった。
人体実験に悩み、自殺した東大助教授もいた!!



以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「戦後、元731部隊に協力したり、部隊で生体実験をしたりしていた学者は、日本の血液産業やワクチン産業の中心的な役割を果たし、また医学界のトップに立った者もいました。ところでこの人々はまた、厚生省傘下の国立予防衛生研究所にも入りました。広島大学の芝田進午教授は、初代から7代目までの予防衛生研究所の所長のうち6人までが731部隊協力者だったという報告をしています。
さて広島では、ABCC(アメリカが設置した原爆傷害調査委員会)の傘下に国立予防衛生研究所支部が置かれました。この機関に、広島の学者たちの多くが協力しました。」


※ここでも、731とABCCの深いつながりが見える。原爆投下後の広島で日本医学界は総力をあげて、原爆被害調査(治療ではない!)をしたが、そのときも731部隊員が参加している。
原爆の非人道性を非難せず、アメリカの喜ぶような被害調査を実施し、181冊に及ぶ報告書を英訳してアメリカに渡した。これは、天皇制護持と731部隊の蛮行を秘匿するためだった。731での人体実験がソ連によって明らかにされると、アメリカは、石井らに細菌戦のデータをすべて要求し、それらを買収した。そして、731部隊員らを全員に戦犯免責を口頭で与えた。
731部隊関係者が、原爆・原子力の方向へと協力していく。
731部隊・原爆という両者の非人道性をお互い帳消しにしようということか?

以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「ところがこの直前の9月6日、原爆投下のマンハッタン計画の副責任者であるファーレル准将は、帝国ホテルで記者会見を行ない、「原爆放射能の後遺障害はありえない。すでに広島・長崎では、原爆症で死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者は皆無だ」という声明を発表するのです。
ファーレルの宣言によって、被爆者の存在は社会から隠され、被爆者の国際救援の道は閉ざされました。・・・

禁止される原爆報道・医学研究

ファーレル准将が広島を視察した後、1945年9月19日、GHQ(連合国軍総司令部)は「プレスコード」を発令し、連合国、占領軍の利益に反するすべての報道を禁止しました。これによって、1952年4月に占領が終わるまで、原爆の被害のほとんど不可能になったのです。
記事だけでなく、写真も映画フィルムも同じでした。
・・・・
救援に駆けつけたジュノーさんの活動も妨害します。世界に向かって救援を呼びかけたジュノーさんの電報は、打電できませんでした。
11月には原爆被害の医学研究も禁止しました。これには日本の医学者たちが猛烈に反対しますが、どうにもなりませんでした。
日本側の調査は、団長の都築正男東大教授らによって、45年8月29日に開始されました。しかしやがて都築氏はGHQによって、公職を追放されました。
アメリカは、原爆を落としてから23年も後の1968年になって国連に原爆白書を提出しますが、そこでは残留放射能による被害を否定し、生きている被爆者には病人はいないと報告しています。
被爆者問題に取り組む弁護士の椎名麻紗枝さんは、『原爆犯罪』(大月書店)という本の中で、アメリカが苦しんでいる被爆者が1人もいないかのように見せかけたのは、何よりも原爆の残虐性、非人道性を隠すためだった、と述べています。・・・

何もしなかった日本

日本の政府も、1945年8月10日に、国際法違反だとしてアメリカに抗議した後は、今に至るまで1度も、原爆投下に対して抗議をしませんでした。アメリカも、日本の被爆者に対して謝罪をしていません。日本では国に損害賠償を請求する訴訟が1度だけ行われましたが、このいわゆる原爆訴訟は、判決文の中でアメリカの原爆投下行為を国際法違反とした画期的なものでしたが、損害賠償については原告敗訴が言い渡されました。この裁判の中で1955年に国は、原爆使用は国際法に違反しているとは言えないと主張しました。この主張は今に至るまで繰り返され、被爆国日本が、こともあろうに原爆投下を国際法違反として非難もしないので、世界中が驚いています。(以上 引用)


731部隊員であった石川太刀雄丸は戦後金沢大学の医学部長までなったが、1944年の日本病理学会会誌には次のように書いてある。「昭和15年秋、満州国農安地区ペスト流行に際して、発表者中1名(石川)はペスト屍57体剖検を行ったが、これは体数において世界記録であるが・・・・」
731部隊が行った細菌戦の成果を見るために剖検(生体解剖か?)を57体行った。この人は、広島の原爆調査でも、解剖している。昭和48年に、大量の消化管出血で急逝している。


細菌戦部隊医学者の博士論文

731部隊員や他の防疫給水部隊員は、部隊での研究業績を使って学位(博士号)を取得した。
東大、京大、九大、阪大、慶大、岡山大学、日本医科大学、新潟大学、慈恵会医科大学、金沢大学・・・等が学位を与えていた。
例)金子順一・・・授与大学:東大:1949年1月10日・・・主論文名「雨下撒布ノ基礎的考察」『防疫報告』8冊を『金子順一論文集』として申請

旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア

731 部隊関係者等の京都大学医学部における博士論文の検証


陸上自衛隊衛生学校
自衛隊では今でも、細菌戦の研究しているのではないか?日本は細菌戦について全く反省していない!!

戦後、陸上自衛隊の衛生関係には731部隊などの元細菌戦部隊員が就職した。衛生学校では『保安衛生』(後『防衛衛生』のほかに『衛生学校記事』を発行していた。
第4代衛生学校長の金原節三は「衛生学校の研究部員とか部隊付け隊員などによる研究業績の中には、いわゆる秘扱のものもあり、市販の許されている『保安衛生』に発表するわけにゆかぬものもありますので、私の発案で、衛生学校の責任で、別に『衛生学校記事』を発行することになった」と述べている。
目次を見ると、細菌戦の記事(米軍資料の翻訳)が掲載されている。自衛隊は戦前を継承しているのではないのか。現在防衛省は『衛生学校記事』は「ない」として、公開を拒否している。

井上義弘   第5代衛生学校長 南方軍防疫給水部
中黒秀外之  第6代衛生学校長 731部隊
園口忠男   第8代衛生学校長 731部隊

「ジャーナリスト同盟」通信より
<衛生学校記事の情報公開裁判>
「衛生学校記事」といっても、素人にはわからない。原告の和田千代子が報告記事を載せている。
それによると、「衛生学校記事」とは陸上自衛隊の衛生学校が発行している内部研究誌。同誌に1941年当時、陸軍省医事課長として731部隊等による細菌戦に関与していた軍医大佐・金原節三、1940年から敗戦まで731部隊に所属していた軍医少佐・園口忠男らが、同誌に細菌戦に関する文章を載せている。
ということは、731部隊の悪しき成果を自衛隊も継承している。そこで和田らは、防衛省に731部隊関連の情報公開を求めている、ということのようだ。

これも注目される動きである。731部隊の悪しき実績は全て米軍に持ち込まれて、日本には存在しないとされてきた。実際は、日本の自衛隊にも継承されてきている。その資料がある。それの情報公開を求めて裁判を起こしているのである。

民主的な政権交代によって、731部隊関連の極秘資料を公開させる責任と義務が日本国民にある。次回公判は4月17日11時45分。
<SOSの永田町>
70年以上前の蛮行を特定秘密にすることは許されない。今まさに世界から日本の歴史認識が問われている。国家神道を引きずる安倍内閣のもとで特定秘密保護法、靖国参拝、次いで戦争する集団的自衛権行使の閣議決定と、政変がらみの政局は緊迫の度を増している。

それにしても、こうした小さな信念を貫く運動は、必ずや花を咲かせる必要があるだろう。13億人の人民も注目している。
2014年3月6日2時25分記

防衛省の秘密主義に迫れ

自衛隊の証拠隠し
高裁は海自の証拠隠しも認める

第5章
731部隊を告発する

3000人以上の生体実験!中国での細菌戦!
我々日本人は、この現実にどのように対処したらいいのだろうか?
中国では731部隊跡地を世界遺産にしようと、活発な動きが出てきた!!

【北京時事】中国国家文物局は18日までに、世界文化遺産登録を目指す45件のリストを公表した。旧日本軍の細菌兵器開発のため設置した旧関東軍防疫給水部(731部隊)跡地も加えられた。
731部隊跡地は黒龍江省ハルビン市にあり、一部の施設が保存され、陳列館が公開されている。
18日の中国紙・新京報によると、跡地は2002年に世界遺産登録の申請が計画され、10年に3000人余の被害者名簿が公表されたのを受け、申請の動きが活発化。ハルビン市は11年、跡地を保護する条例を施行した。
時事通信 2012年11月18日(日)18時55分配信

中国は731部隊遺跡の世界遺産への申請を通じて日本の恥をさらす、ロシア専門家が指摘―中国メディア


西里扶甬子講演会
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演1(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演2(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演3(2014)


松村高夫講演会
「731細菌戦部隊と現在」
731細菌戦部隊と現在 1 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 2 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 3 慶大 松村高夫


常石敬一講演会
「731部隊とは?今問う意味は」1
「731部隊とは?今問う意味は」1 神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」2  神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」3 神奈川大学 常石敬一



自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由
封印された原爆報告書

封印された原爆報告書
自国民さえも実験台として、嬉々として自国民の被爆調査を行い、自発的に英訳して調査報告書を渡す。全ては、七三一部隊の秘匿、そして、天皇に対する免責を勝ち取るためだったのではないのでしょうか。この取引は十分に功を奏したようで、太田昌克氏の著作にも人体実験に対する米国の追求はどこか間が抜けたものとして書かれています。単純に細菌兵器の技術、実験結果を知りたかったためとしては、やはり片手オチ。米国は、第二次世界大戦で最も知りたかった情報を自ら差し出してきた日本軍部と取引したのではないでしょうか。そうしない限り、この七三一部隊の隠蔽理由(いまだにこの部隊はでっち上げだという論陣を張る人がいます。それは、悪魔の飽食の書評を見ただけで明らかでしょう)をどうしても納得できません。

原爆被爆者は、軍部免責、天皇制維持のための、数少ない有力なカードだったのではないでしょうか。

天皇や三笠宮も731に行っていた?(生体実験を知っていた?)40分あたりから
unit731


731部隊から福島へ!(1時間20分~1時間33分あたり)
広瀬隆氏講演in福島「IAEAとICRP~原子力マフィアによる被曝強


重松逸造という男
プルトニウム元年 第3作 1993年8月放送 3/5


山下俊一トンデモ発言


山下俊一トンデモ発言2

731の経験を悔やんだ医学者もいた!!
「731部隊と医学者たち」

小佐古内閣官房参与辞任・20ミリシーベルト問題


明治大学シンポジウム(2013年)より
吉中講演(京都民医連中央病院院長)
「戦後の医学界と731部隊」


奈須講演(細菌センター理事)
「731部隊の資料」


福島の苛酷な現実!!
甲状腺がん33人

なぜ、日本医学界は福島の医療を批判しないのか ...

フランスFR3放送「フクシマ・地球規模の汚染へ」

ドイツZDF フクシマの嘘 (連結済み)29分23秒

米国による封印された原爆報道と残留放射能

黒い太陽731



731部隊が人体実験や細菌戦を行ったことは明らかである!!
日本政府は、速やかに情報を公開せよ!!

【七三一部隊展2013実行委員会より】
(最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!)         








七三一部隊展2013実行委員会
E-mail exhibition731@yahoo.co.jp
http://ameblo.jp/supportvictim731/

●開催予定
2014年
6月27日(金)~7月4日(金)札幌にて

2013年「731部隊パネル展」より

パネル集1993年「731部隊展」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!!731・天皇制!!

2014-04-28 14:57:45 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”

篠塚良雄さん!!
あなたの貴重な勇気のある証言によって、私たちは戦争の恐ろしさを知りました!!
ありがとうございました!!
ご冥福をお祈りいたします!!

細菌戦(731部隊の蛮行)

【完全版三光】より
篠塚(田村)良雄・・・防疫診療助手 兵長
〈略歴〉
1939年5月 元関東軍防疫給水部本部(731部隊に入隊)
1943年3月 退職
1944年3月 元関東軍59師団32連隊に源へ現役兵として入隊
1945年8月 元関東軍125師団軍医部兵長
1946年9月 東北人民解放軍独立3師衛生部に混入
1952年6月 逮捕さる。河北省永年県において
・・・・年齢 35歳

「うん、よし」奥寺雇員は先任雇員の威厳を示すかのようにうなずくと、「玉井雇員、杭州(こうしゅう)で女を買ったことなどをぬきにして話すんだぞ、いいか」。遠征隊の情況を聞いて私は生つばを呑み込み、耳を澄ましていざりよりました。遠征隊が帰ってきてからというもの、課長も班長もいらいらして班員を毎日のように怒鳴りつけるのがいっそう激しくなり、部隊全体がガタガタしているように感じられていたからでありました。《何かあったんだ》聞きたいものだと考えていました。「話すけどなあ、これは秘中の秘だぞ、バレようもんなら首の台がとぶからなあー」生白いブクブクした顔の玉井は声をひそめて話し始めました。「1942年の3月に遠征隊を編成し、本部を上海(しゃんはい)と漢口(かんこう)に置き、ここを拠点として細菌をバラまいたんだ。


語り部フォーラム


闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)近藤昭二


フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)


デンマーク女王が南京大虐殺記念館訪問=専門家「中国支持の現れ」―中国メディア

「嫌いな男ワースト10」1位・安倍晋三について。- 2014.04.26


ふざけるな!《゜Д゜》腹が立ってしかたがありません!!(`・ω・´)


「満州国」・華北・華中の万人坑と中国人強制連行

大 同 炭 鉱 万 人 坑



清明節に南京大虐殺記念館で追悼行事 「国家追悼日」制定後初の民間活動=中国報道

日本人監督撮影のドキュメンタリー映画、南京大虐殺記念館で上映―中国メディア

(転載)
私たち南京への道・史実を守る会は、「南京・史実を守る映画祭」と題し、
2009年に『Nanking』『チルドレン・オブ・ホァンシー』『アイリス・チャン』
『南京・引き裂かれた記憶』の4本の映画上映を行い、2011年には陸川監督『南
京!南京!』の上映を行ってきました。
そして2014年5月17日(土)、私たちは
『ジョン・ラーベ』(F・ガレンベルガー監督)の上映を行うことになりました。

本作品は、2009年のドイツ映画賞では主演男優賞・作品賞・美術賞・衣装賞を
受賞し、同年のバイエルン映画賞では最優秀男優賞・最優秀作品賞を受賞してお
り、また、撮影中には『ニューズ・ウィーク』誌に取り上げられるなど、世界的
にも注目を浴びた作品です。
日本でもインターネット上で上映を嘆願する署名活動が行われるなど、大きな
期待を受けていましたが、公開から早や5年の歳月が流れてしまいました。しか
し、私たちもこの5年間を無為に過ごしてきたわけでありません。映画会社との
交渉を幾度となく重ね、念願の上映許可を得ることになりました。

是非とも多くに皆様にご来場いただき、本作品をご鑑賞頂ければと思います。
そして、1937年の12月に南京でおこったことに思いを馳せ、平和の尊さについ
て考える機会を持っていただければと思います。

「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
■日時・チケット
2014年5月17日(土)
第1回目 12:00開場 | 12:30上映 | 15:00シンポジウム
前売1500円 / 当日1800円
第2回目 16:30開場 | 17:00上映
前売1200円/当時1500円
※シンポジウムのパネラーは現在調整中です。
※前売り券について
インターネットまたは電話にてご予約いただき、セブン・イレブンでの発券とな
ります。代金はチケット受け取りの際にセブン・イレブンでお支払いただきま
す。ご予約時に発行される払い込み番号をセブンイレブンのレジにて提示するこ
とでチケットが発券されます。
必ずご予約後1週間以内に発券してください。1週間を超えるとキャンセル扱い
となります。
WEB予約 http://johnrabe.jp/
電話予約 0120-240-540 カンフェティチケットセンター

■場所 江戸東京博物館ホール

■交通
・JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
・都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A4出口 徒歩1分

■お問合せ 「南京・史実を守る映画祭」実行委員会
MAIL. info@jijitu.com FAX 020-4624-0773
(以上、転載)

中国、「731部隊」の世界遺産登録を申請=「これが歴史を否定する日本への中国の答え」―ロシアメディア

全人代代表、「教科書の『日本の中国侵略』に関する記述を増やすべき」と提議―中国メディア

旧日本軍731部隊遺跡を戦争遺跡公園に―中国

八王子・武蔵野「731部隊展」終了!!



「731部隊展」を終えて
今回の731部隊展を終えて感じたことは、大日本帝国実現の為に、兵器を作るのに熱中しすぎて、人間の倫理観は麻痺し、残虐な限りを尽くしたことだ。日本医学界は、上からの命令で動いたことや、アメリカが細菌戦のデータを重視し、隊員を買収してデータを集め、戦犯免責を与えたものだから、関わった者たちは戦後全くの反省することなく、自慢げに学会で発表する者すらいた。また、戦中・戦後、生体実験をもとにして書かれた論文に多くの大学が驚くことに博士号を授与した。
そして国体護持(天皇制護持)を条件に、降伏した日本は、アメリカの非人道的な2発の原爆投下を非難することはできず、731の残虐行為を隠蔽し心証をよくするため、日本医学界は全面的に、アメリカの原爆被害調査に協力し、治療はまったくしなかった。ただ、現地の医師たちだけが、患者に向き合い、治療した。
このことが、アメリカの核戦略を容認し、日本の科学界・医学界が、原子力の方向へ進むことになる。
中国、アジアで行われた医学界の残虐行為は、国家犯罪であり、日本医学界だけの問題ではなく、天皇を含め国家の上層部の責任が大きい!!日本医学界が謝罪できない理由は、こんなところにあるのかもしれない。


パネルを振り返りながらそれを見ていくと、

序章は、「薬害エイズと731部隊」
一枚目のパネルは厚生省の中庭に建てられた碑の写真から始まる。
その「誓いの碑」には、こう書いてある。

「命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した
「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省し
この碑を建立した

平成11年8月 厚生省」

1980年代、アメリカでエイズが広がった。もしかしたらこのエイズも731部隊の研究成果を元に作られた可能性はある。人為的なもの?
アメリカは、血友病患者に投与していた非加熱製剤がエイズウイルス汚染されていることがわかり、いち早く加熱製剤に切り替えたが、日本は、非加熱製剤のトップメーカーであったミドリ十字に配慮して、加熱製剤への切り替えがアメリカに比べ2年以上も遅れ、さらに加熱製剤販売後も1年以上非加熱製剤を回収しなかったために、薬害エイズの被害が広がった。

なぜ、ミドリ十字に厚生省は配慮したのか。両者には、天下りを通して、癒着があり、厚生省のエイズ班長であった安部英(あべたけし)にも、影響を与えた。

それでは、テレビで初めて薬害エイズの件で土下座者謝罪したミドリ十字とは、いったいどんな会社なのか?
1950年、石井四郎の懐刀(ふところがたな)といわれた内藤良一(731部隊員、防疫研究室にいて、石井ネットワークにいろいろ指示を出していた)は、朝鮮戦争の犠牲者に対する輸血血液の需要を当て込んで、売血を目的に、日本ブラッドバンクを設立をする。そこには北野政次(731部隊2代隊長)ら多くの731部隊員が集まる。そして日本の輸血が売血から献血に切り替わると、日本ブラッドバンクは、ミドリ十字と社名を変更し、血液製剤メーカーとなっていった。
内藤は、多くの731部隊関係者をスカウトし、日本ブラッドバンク・ミドリ十字の中核を担わせていく。

内藤が731部隊の人脈と技術を引き継いでつくり上げたミドリ十字は、731部隊の気風をそのままに引き継いでいた。そのことが、薬害エイズ事件を引き起こす原因の1つになった。

※731部隊の気風・・・731部隊は本当に人命を軽視していた!!
※ミドリ十字は、医薬品業界の合併を経て現在田辺三菱製薬になっている。

第1章 731部隊の創設
1931年9月18日、中国東北部の柳条湖で関東軍は、鉄道を爆破し、中国軍の仕業にして、東北地方の侵略を開始する。32年関東軍と南満州鉄道会社の支配のもとに清朝のラストエンペラー溥儀を擁立し、満州国を建国し、中国人を表の顔にするが、裏で日本人の役人が操っていた傀儡国家であった。安倍の母方の祖父、岸信介も満州国の役人であり、「満州5カ年計画」などの策定にかかわっていた。東條英機も、関東軍司令官として赴任していた。両者とも極秘裏に進められていた、731の計画も知っていただろう!!

その満州国の背陰河に秘密裡に東郷部隊を設置し、生体実験を繰り返しやっていたが、マルタ(被験者)の脱獄事件が起こり、これをきっかけに、脱獄できないもっと大規模な実験施設を平房に建設する。1938年頃主要な建物が完成する。
この巨大な施設は、議会の承認なしに、年間今のお金にして90億円が費やされた。もちろん天皇も陸軍も承認した施設であった。この施設には、今のIOCの会長の竹田の父親
竹田宮恒徳王(竹田宮)は宮田中佐と名乗って、731に関与していた。
三笠宮・天皇もこの施設を視察したと言う証言もある。
安倍が秘密保護法をいち早く成立させた背景にはこういうことが関係があるかもしれない。
高杉晋吾 国策としての731部隊と原発

部隊全景
周囲8km四方を土塁と高圧線に囲まれ、部隊には鉄道の引込み線が敷かれ、物資やマルタ(被験者)を運び入れていた。飛行場もあり、専用の飛行機も数機有し、学校あり、神社、隊員の宿舎、運動場、テニスコートなどもあった。敷地内のロの字形をした研究棟(5階建てぐらい)の中に、7棟、8棟と呼ばれた特設監獄があり、そこにマルタと呼ばれていた被験者たちが収容され、いろいろな生体実験が行われていた。

731部隊の始まり
石井四郎は、京都帝大医学部を卒業後、軍医になり、1928年から2年余りヨーロッパやアメリカを視察旅行し、細菌兵器が資源の乏しい日本にとって、有効であることを確信し、永田軍務局長をはじめ、軍上層、天皇を動かし、細菌兵器の開発を傀儡(かいらい)国家満州で、取り掛かる。

731部隊組織表
731部隊には多いときで3000人の職員がいた。第1部から第4部まであった。
第1部では基礎研究でチフスやコレラ、ペストなどの細菌の研究をしていた。
第1部第3課のレントゲン班に宮川正の名前が見える。
1954年のアメリカの水爆実験のとき、被害を受けた船を第五福竜丸だけにした男だ。
そのとき、1000余り被曝したのだが、アメリカの意向を受けて過小評価した。

宮川正の軌跡
1944年3月4日、宮川は、関東軍防疫給水本部に配属され、731部隊のレントゲン担当となった。第1部細菌研究部第3課の吉村寿人の下には、レントゲン担当の二つの班ー宮川が班長を務める宮川班と在田勉(任期・1939年4月5日~1944年8月25日)が班長を務める在田班があった。
西野瑠美子が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、男性用の収容棟と女性・子どもの収容棟にそれぞれ1ヶ所ずつレントゲン室があったとされる。細菌に感染させるマルタ(被験者)の健康診断のためのエックス線撮影が主な仕事で、部隊敷地内の隊員と家族のための診療所でもレントゲン診断を行った(西野瑠美子「731部隊―歴史は継承されないのかー元隊員を訪ねて」『世界』1994年4月号掲載)。健康なマルタの病変の経過を見ることが部隊の関心対象だったため、健康診断を受けさせ、健康と判定されたマルタだけが人体実験の対象になった。
レントゲン班でも、人体実験が行われていた。西野が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、「レントゲンを肝臓に当てる実験に立ちあった」といい、レントゲン班では、細菌に感染したマルタのレントゲン撮影を一定の期間をおいて実施したとされる。
これと似通った匿名の731部隊班長の証言が吉永春子の書き下ろし『731 追撃・そのとき幹部達は」(2001年、筑摩書房)に収録されている。肝臓にレントゲンを照射して致死量を確認する実験を行ったという証言は、TBSテレビで1976年8月15日に放送されたドキュメンタリーのために吉永らが行ったインタビューの中で行われたものだった。内容から、匿名の証言者は宮川ではなく、もうひとつのレントゲン班の班長と推察される。
宮川は、戦後、亀井文夫監督の記録映画「世界は恐怖するー死の灰の正体」(1957年)の撮影に協力している。この映画には、宮川も理事を務めていた日本放射性同位元素協会(後の「日本アイソトープ協会」)や山崎文夫、村地孝一らの科学者も協力していた。映画には、放射線を長時間、実験用のマウスに照射して死に至るまで観察する実験が記録されている。ネズミへの放射線照射の映像は、映画の中では、あくまで放射線の恐ろしさを実感させる素材として使われているが、一面で731部隊が死に至る人体実験の様子をフィルムに記録したという証言を彷彿させるものだった。1960年8月には、茨城県東海村の日本原子力研究所で宮川らがネズミにガンマ線を照射し、被曝時の生体変化を観察する実験を実施すると報道されたこともあった。
宮川が731部隊でレントゲン班の責任者だったことは消せない事実だが、宮川が直接行ったとする人体実験の具体的な証言や記録は今のところ確認されていない。

・・・・これらの事例とは対照的に、宮川が公職追放を受けなかったのはいったいなぜなのだろうか。

・・・宮川正は、1949年「科学朝日」8月号の皆川理らとの座談会「放射能とは何か」に国立東京第一病院の医師として登場し、放射線の医学的な利用等について説明している。国立病院の勤務医になったことは、731部隊時代の行動について「お咎めなし」のお墨付きが得られていた証だろう。
・・・宮川は1953年に横浜医科大学の教授となり、やがて放射線治療の分野で名が知られるようになっていった。
・・・宮川と731部隊の関係者の繋がりは戦後もある時期まで、維持されたものと考えられる。
・・・第5福竜丸事件が起こると、宮川は4月から5月にかけて横浜・川崎両港に入港した民間船の放射能汚染調査と、5月からの横浜市内の上水道の放射性物質の測定を開始した。此れが評価されたためか、宮川は、10月に厚生省に設置された「原爆被害対策に関する調査研究連絡協議会」の環境衛生部の委員に任命されることになった。
・・・1956年4月、宮川が東大医学部放射線医学講座の主任教授となった。宮川は、5月16日、原子力委員会の「国立放射線医学総合研究所設立準備小委員会」の5人の専門委員のひとりに任命された。
・・・宮川は、1956年に日本学術会議原子力問題委員会の放射線影響調査特別委員会委員に選ばれたのに続いて、翌年5月25日には原子力委員会の放射能調査専門部会(部会長・都築正男)委員にも任命された。宮川は、1958年9月1日、ジュネーブで開かれた第2回原子力平和利用国際会議にもアイソトープ・生物学関連のふたつのグループの責任者のひとりとして出席している。
731部隊関係者の中で、原子力行政にこれほどまでに、食い込んだ者は、宮川以外には見当たらない。そうした意味で宮川は部隊の元関係者の中では特異な存在だった。
『ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影』
堀田伸永著より
ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影【無料版】堀田伸永
※また福島事故後に有名になった医学者の一人に同じく東大出身で、東大病院放射線科の中川恵一準教授がいます。彼は、「福島で健康被害は出ていない、今後も出ない」と主張する学者の代表格です。私は中川医師の『被ばくと発がんの真実』という著書に、科学的な疑問点が100か所以上見受けられたので、質問を送りましたが、どれひとつとしていまだに回答をいただいておりません。
実は免責された731部隊は、放射線医療業界にも歴史的につながっています。例えば731部隊、レントゲン班でも致死量を当てる人体実験が行われ、リーダーのひとりであった宮川正は、戦後放射線治療の専門家になりました。第五福竜丸事件の後、福竜丸以外の船員が放射線障害で苦しんでいても、放射線障害ではないだろうという理論を展開し、800あったと言われる被曝船は、一隻とされたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・
XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

東大・中川氏 正しい放射線・放射能・被ばくに関する対応とは

崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』



陸軍軍医学校防疫研究室と石井機関のネットワーク
天皇の承認の元に、細菌戦の攻撃面の命令は参謀本部作戦第2課が行ない、研究は陸軍省医務局が管轄していた。細菌戦部隊はアジア各地につくられ、防疫給水という名称によって、隠された。ハルピンをはじめ、北京、南京、広東、シンガポールにつくられた。
防疫給水部全体のネットワークは石井機関と呼ばれ、陸軍軍医学校防疫研究室の内藤良一が采配を振るっていた。
大学教授は、防疫研究室の嘱託となって、弟子たちを731部隊に送り、731部隊に指示を出していた。731部隊に行った弟子たちは生体実験などのデータを防疫研究室に送って、情報の共有をはかった。


日本医学会総会軍陣医学部会
1942年の第11回の日本医学会総会は東大で開かれた、写真は東大の安田講堂の前で第9部微生物学分科会の記念撮影。
前列向かって左側に、731部隊初代隊長の石井四郎、右側には2代目隊長の北野政次、3列目の左には1644部隊長の増田知貞の顔が見える。いかに、この部会で細菌戦部隊が幅を利かせていたかがわかる。
部会では、多くの細菌戦部隊員が参加し、人体実験で得たデータを元に書いた論文を発表している。
石井軍医少将は「所謂孫呉熱ノ研究」を研究グループを代表して軍陣医学部会の最後に講演した。

第2章「マルタ」
ロ号棟(四方楼)に囲まれた特設監獄(7棟、8棟)に被験者は「マルタ」(丸太)と呼ばれ収容され、人体実験が行われていた。

憲兵隊と「特移扱」(特別移送扱)
憲兵隊や特務機関に逮捕された者は秘密裡に731部隊に送られた。人体実験の被験者は「マルタ」と呼ばれた。「丸太」という意味である。

「特移扱」(とくいあつかい)は、憲兵隊が実験材料「マルタ」を731部隊に供給するための制度である。
憲兵は、特移扱でマルタを731にたくさん送れば、出世した。731部隊にとっては、大量の実験材料を速やかに入手できるものであった。
抗日活動家やソ連のスパイは裁判にかけられず、731部隊に送られた。
もちろん、無実の者でも、憲兵隊での脅迫や拷問下での取り調べの実情が、外部に漏れるのを防ぐために、731部隊に送られた人もいた。


「特移扱」文書
吉林省档案館発行の『「731部隊」罪業鉄証』には、戦争当時の憲兵隊の文書の写真が載っている。
そこには、工作名 イワン 「特移送スルヲ至当トミ認ム」と書いてある。
中国人 張生文は、抗日活動をしていたのだろうか?工作名イワンと名乗り、活動していた。そして、憲兵隊に捕まり特移送された。すなわち、731部隊に送られた。
731部隊に送られた者の数ははっきりしていないが、731部隊の総務部長や細菌製造部長であった川島清ハバロフスク(ソ連)裁判の供述調書に「強力な伝染病を囚人に罹患させる実験によって毎年600人以上が死んでいた」という証言を残している。
1939年から1945年の敗戦までには、少なくとも3000人が被験者とされ、殺された。

朱玉芬(しゅぎょくふん)の父と叔父
私は朱玉芬です。父は雲彤(うんとう)で叔父は朱雲岫(うんしゅう)です。2人とも抗日連軍(東北抗日連軍)にいました。憲兵隊に捕まって、731部隊に送られました。
2人とも731部隊で実験されて亡くなりました。

第3章
731部隊の人体実験

731部隊をはじめ、石井機関、陸軍病院その他の施設では、密かに人体実験が行われていた。
中国に作った日本の陸軍病院では、手術演習の名のもとに、生体解剖が行なわれた。
731部隊では、ペスト菌の毒力を増すために、ペスト菌の注射そして、その後に生体解剖、その他の菌でも、行われた。
また、細菌戦をやったところに赴いて、防疫活動の名のもとに、生体解剖を行なった。
軍医として中国・山西省へ

ペスト(黒死病)
平澤正欣軍医少佐の博士論文『「イヌノミ」の「ペスト」媒介能力ニ就テノ実験的研究』には、イヌノミがペストを動物に感染媒介する能力についての実験が報告されている。それによると、ペストに感染したイヌノミを3人の被験者に一匹附着すると、ペストになる人は0人で0%、5匹附着すると1人で33%、10匹附着させると2人で66%である。
ノミには14種類あり、その中でどのノミが細菌戦に有効であるかを研究していた。
その結論として、ケオピスネズミノミが一番感染力、抵抗力があることがわかり、このノミを細菌戦に使用することになる。

炭疽(Anthrax)
731部隊では、いろいろな細菌の培養をし、兵器化していた。
戦後、アメリカは、731部隊員から入手したデータを使って、731部隊員をアメリカに呼んで、3つの英文レポートを書かせている。Aレポート(炭疸菌)、Gレポート(鼻疽菌)、Qレポート(ペスト菌)である。
戦時中、731部隊ではいろいろな生体実験が行なわれたが、その中に炭疸菌の実験があった。
炭疸菌を皮下注射した場合、症例数1で、症例番号54番は7日で死んだ。
経口感染させたものは、症例数6で、318番、26番は3日で死に、320番、328番、325番、17番は2日で死んだ。
経口撒布感染させた者は12人で、411番は4日で死に、・・・・・
経鼻感染させた者は、4人で、380番は3日で死んだ。・・・・・

流行性出血熱
満州で原因不明の風土病がはやった。
そのとき、731部隊は調査隊を送って、人体実験をして原因を調べた。

1938年にソ連との国境地帯に不明疾患が続出した。死亡者は年々増加し、致死率は15%であった。この出血熱は、発病地の名前を取って、孫呉熱とか虎林熱と呼ばれ、731部隊は調査班を編成して派遣した。731部隊内には特別研究実験班を設置し、「特殊研究」を行わせた。
病原体は北満トゲダニから分離され、濾過性(ウィルス)と特定された。1942年12月に流行性出血熱と命名され、現在は腎症候性出血熱といわれる。
「特殊研究」とは人体実験のことである。

毒ガス実験
731部隊と516部隊(関東軍化学部)は、合同で毒ガスの人体実験を行っていた。
516部隊には、731部隊の分遣隊が置かれていた。石井部隊は背陰河時代に青酸の人体実験を行っていた。平房の本部は、毒ガス実験室を作り、ガラス張りの部屋に毒ガスを発生させて、中の「マルタ」を観察した。

瀬戸内海に浮かぶ
大久野島では大量の毒ガス兵器が作られ、中国で使用された。当時、生産に携わった人の中には、そのときの後遺症で今なお治療を受けている人もいる。
また、戦時中、中国では、日本軍が使用した毒ガス兵器によって多くの人が死んだり、731部隊や516部隊の実験材料にされて、無残に殺された人も多い。
日本軍が敗戦で引き揚げるときに、多くの毒ガス弾を中国に遺棄したことによって、今の中国では、その毒ガス弾に触れたり、爆発によって被害が出て、日本で裁判も現在進行中である。
化学兵器廃絶を目指し、被害者を支援する ― 遺棄毒ガス問題ポータルサイト ―
遺棄毒ガス被害者家族の現状(ABC企画ニュース89号より)

相模海軍工廠(海軍毒ガス工場)
【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅰ ファインダーがとらえた地獄
―総務部調査課写真班 T・K
「新京陸軍病院衛生兵から731部隊員へ」より
毒ガス実験の撮影は命がけだった
・・・「丸太」は、1回に1人ずつ、特別班員によって中に連れて来られる。足かせをはめられ、後手に縛られて、ガラスのボックスの中に立ったまま入れられる。
じっと息を殺したような重苦しい時間が流れる。やがて、ボックスの中の「丸太」がまるで居眠りでもするように、次第に顔をうつむけていく。5分ぐらいたったろうか。「丸太」は、ひとつ大きな「あくび」のような息をして、ガクッとこうべを垂れる。絶命の瞬間だ。
1回の実験で、4、5人の「丸太」を次々とこうして毒ガスで殺す。
カメラを構えている私の近くの壁に、小鳥(カナリアだったか、十姉妹だったか)を入れた鳥かごがぶら下げてあった。よく見るとほかにも、2、3の鳥かごが同じようにかけてある。
「これ何のためですか」と聞くと、516部隊の将校が、「かごの中の鳥の様子に注意せよ」という。そして、小鳥の様子に異常を認めたら逃げろ、と指示された。
つまり、この実験で使用されたのは、無色無臭の窒息性毒ガスで、しかも実験設備では、毒ガスがもれる恐れがあるということなのだ。
O大尉に731部隊行きを誘われた時、40歳ぐらいまで気楽な軍属として働こうと思っていた私は、731部隊の想像もしていなかった危険な実態を、身にしみて感じ、はげしく悔恨のほぞをかんだが、もう遅かった。


毒ガス野外実験
陸軍の毒ガス研究開発は、関東軍化学部(516部隊)、第6陸軍技術研究所、陸軍習志野学校、浜松陸軍飛行学校などが担った。攻撃方法は迫撃砲などの砲弾によるもの、地上で撒布・放出するもの、飛行機による雨下(空中撒布)や毒ガス弾の投下などであった。731部隊では、毒ガスの人体に及ぼす影響を、人体実験を行い研究した。
1940年9月7日~10日にかけて、砲門4門(600発)と十榴8門(600発)のきい弾〔イペリット・糜爛性(びらんせい)ガス〕の射撃を実施。第1,2,3地域に分け、野砲偽掩体、壕、観測所、掩蓋MG(機関銃)座、特殊構築物などに被験者を配置した。被験者を毒ガスマスクを装着するもの、しないものに分けた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・天皇制!!

2014-04-28 14:56:27 | Weblog
赤ん坊への凍傷実験
シベリア出兵(1918年~22年)時には、全軍の3割が凍傷に罹った。ソ連軍との戦争を想定していた関東軍にとって、凍傷の治療は克服しなければならない課題であった。
吉村寿人(ひさと)班では次の手順で実験を行った。
1、零下20℃以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る。
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する。
3、凍傷になった腕を温度差のある湯につけて、回復具合を見る。時により患部が壊死・脱落して骨があらわになる。
吉村らはこれらの実験から凍傷のメカニズムを明らかにし、「治すには体温程度の温水につければよい」という画期的な治療法を発見した。石井はこの発見をことあるごとに誇っていたという。

生後3日、1ヶ月、6ヶ月の赤ん坊への実験。
なんと赤ん坊でも実験を行っていた。
・・・・「中指に針を埋め込み、摂氏0℃の氷水に30分入れ、皮膚内部の温度変化を調べた。生後3日から1ヶ月後までこの実験が毎日行われた。吉村はこの被験者は、共同研究者の二男だと弁解している。」
※もちろん、中国人の赤ちゃんなども、実験に使われていたのではないか?
吉村が自著『喜寿回顧』の中でも、モンゴル人少年の凍傷実験の様子を写した写真を載せている。反省など全く見られない。
戦後、吉村は、京都府立医大学長までなるが、日本生理学会において731部隊で行った凍傷実験を「私の研究遍歴」と題して発表し、学会からは批判も出ていた。
凍傷実験に被験者にされた人は、手が無くなったりしたが、死ぬまで何らかの実験に使われた。

医学者たちの独走
731部隊での実験は、細菌戦の準備とは無関係に医学者の好奇心だけで行われたものがほとんどである。
・乾燥器にかけて熱風を送る。
・何も食わせないで水だけ飲ませたらどのくらい生きるか。
・パンだけ与えて、水を一切やらなかったらどうなるか。
・ガラスチェンバーでのガス実験。
・梅毒実験。
・逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、身体の各部はどの様に変化するか。
・X線の長時間照射。
・チスフ菌入り甘味まんじゅう実験。
・手榴弾を、露出したマルタのお尻付近で爆発させ、破片の突き刺さり具合の調査。
・真空実験、減圧実験。
・ビタミンCの大量注射。
・A型からO型(血液)への輸血。
・右腕と左腕を取り替える。
・ロシア人母子への青酸ガス実験。
・・・・・・・・・
731部隊で人体実験が行われている時期に平行して、大学医学部や石井機関でも「治療」と称して人体実験が行われ、多くの被害者を出している。日本に於ける、731部隊と民間の人体実験への姿勢は無関係ではなく、同じ医学パラダイム内での行為である。

人体実験が結ぶもの
軍部は731部隊に実験材料(被験者)と資金を提供し、医学者?は人体実験により速やかにその効果を確め、そのデータをもとに強力な生物兵器の開発を急いだ。
軍のメリット
・強力な生物兵器の開発
・流行性出血熱などの新たな病原体の発見による新兵器の開発
・凍傷実験・ワクチン開発などによる味方兵士の防御
・毒ガス実験による経済的な兵器の開発
医学者?のメリット
・ペストやコレラ等日本では出会えない病原体の研究
・流行性出血熱などの新発見の病気
・凍傷やワクチン研究による新しい治療法の発見
・毒ガス実験等病理データの蓄積
医学者?は人体実験によって様々な研究テーマに取り組んだ。
軍部は、これらの実験を絶対秘密にしたかったが、戦後、731部隊員はそれらを論文にまとめて医学界で出世したためそれはかなわなかった。(驚くことにアメリカからも日本の大学からもお咎めが無かった。)
日中戦争が連合国との戦争へと拡大し、国内は総動員体制下となった。医学界も体制化に組み込まれ、医学界は軍部の動向に沿うようになる。その中で、軍部を利用する医学者も現れた。
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア
Japan unit731 maruta(日本軍731部隊の残虐)


細菌戦は行われた
731部隊は、中国各地で細菌戦を行った。
主なものは、1940年農安・大賚(だいらい)細菌戦、農安細菌戦、寧波(にんぽー)細菌戦、衢州(くしゅう)細菌戦1941年常徳細菌戦、1942年淅贛(せっかん)細菌戦、廣信(こうしん)・廣豊(こうほう)・玉山(ぎょくざん)細菌戦。
陸軍は細菌兵器を大量殺戮兵器として期待した。人体実験、野外人体実験、大規模野外人体実験、中国の主要都市(非占領地)への細菌戦の試行、実際の戦場での試行を行い、細菌戦のデータを蓄積した。各種病原体の撒布方法を改良し、兵器はまだ開発中であったが、民衆に多くの被害者を出した。病原体はペスト菌と炭疸菌が有望視され、ペストノミ(PX)は最も期待された。
731部隊員の金子順一は昭和19年に「雨下撒布ノ基礎的考察」等の論文を書き、つぶさに細菌戦の調査をしている。
『金子順一論文集(昭和19年)』紹介
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書

【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅱ 中支・寧波細菌戦出動始末
―元千葉班・工務班 H・F
・・・
こうした周辺の偵察行動を踏まえて、細菌攻撃班が出動した。これは、軍医を含む専門班である。いずれも中国服に着替えて、朝、トラックで基地を出発する。
細菌の実験が行なわれる場合は、その日の朝、各天幕ごとに命令受領の際、「本日は、どこどこで細菌の実験を行なうので、その方面の水は飲まないように」と通達があった。
出動した細菌の専門班は、あらかじめ調べてあった川の上流に潜入して、試験管に入れたペストやチフスやその他の細菌を川に流すらしい。井戸に投入することもあったと言う。
夕方、彼らは基地に帰ってきた。あらかじめ、衣類や車は、外で噴霧器を用いて消毒してから、基地に帰って来る。そして、風呂の天幕に行って、消毒風呂に入る。ヌルマ湯で消毒臭い風呂から出ると、普通の風呂に入って、臭いを落とすのだが、なかなか、臭いは消えないものだ。
「今日は細菌を使ったな」というのは、否応無く分かってしまう。それから数日すると、細菌を混入させた川の周辺一帯に、効果測定班が出て行った。写真班も同行した。
軍医を先頭にした1班が、周辺の集落の様子や、川や井戸の水の汚染度などを調べるのだ。住民に病名の分からない病人が出たと言う情報をキャッチすると、軍医は、「薬」を持って「治療」に出かけた。患者の治療という名目で、逆にいろいろ調べたのだろう。血液などを採取して帰ってきたようだ。治療法の実験もあった。このような、細菌の実験は全部で3回くらいあった。いずれも、周辺で、正体不明の病気が流行した、と聞いた。
このような日常を目撃していると、どうやら今回の「出張」は、細菌戦の実戦訓練を目的としているらしいと、我々にも察しがついた。
・・・・(中略)・・・
中国人集落の上で細菌爆弾が炸裂
当日の朝、例によって朝の命令受領時に、「本日、○○方面に爆弾を投下するので、注意せよ」と通達されたのである。
我々のうち1人として、投下されるのが、ただの爆弾ということを信じている者は、いなかった。投下されるのは、100パーセント間違いなく「細菌爆弾」なのだ。
爆弾を投下するという航空機は、はるばる平房の部隊本部から飛来すると言う。731部隊は、こうした実験に備えて、専用の飛行機と飛行場―つまり航空班を有していた。
やがて基地の上空に、複葉の小型機が飛んできた。おそらく、平房を出発して、あちこちの飛行場経由でやってきたのだろう。低い爆音を残してさほど高くはない上空を通過していく。将校や居合わせた隊員たちは、木造棟や天幕から飛び出してきて、「あれだ、あれだ」と叫びながら、一斉に飛行機に向けて、手を振った。
飛行機は飛び去った。おそらく前もって選定された目標の中国人集落へ、爆弾を投下したに違いない。それも、「細菌爆弾」をだ。
私は、この航空機による細菌爆弾攻撃を目の前にしながら、安達での一連の実験を思い出していた。
安達(アンダー)の実験場では、どうしたら内部の細菌を殺さずに、しかも有効に「細菌爆弾」を投下・爆発させられるかを、「丸太」を使って、繰り返し実験した。
鉄製の容器だと破裂させるのに多量の火薬が必要となり、その結果生じる高熱と衝撃で細菌が死んでしまう。そこで、鉄のかわりに陶器製の容器が開発されたりした。
そうした、安達での実験の集大成が、今、1つの中国人集落を対象に、行なわれようとしているのだ。もちろん、表向きは、その中国人集落は「敵性集落」と説明されていた。
だが、私には、この細菌爆弾の投下が、実践的攻撃と言うよりも、実験的色合いが強いように思われた。
この爆弾の投下は、出動した全期間を通じて、3、4回、あったと思う。細菌の中身は、おそらくペスト菌であろう。石井731部隊長も、飛来したことがある、と聞いたが、地上の我々には確かめようがなかった。
爆弾が投下されてから1週間ほどたつと、効果測定のために専門班が編成されて、出かけて行く。この時、倉庫から、防毒衣、防毒面等が出されるので、我々は、ペスト菌だとわかるのである。ペストは空気感染なので、防毒衣がないと、味方もやられてしまうのだ。
効果測定には、軍医、写真班、軍属のほか数人の護衛の兵士を含めて、2、30人が出動した。出動した隊員によると、標的とされた中国人集落への途中までは車で行くらしい。
ある地点に来ると、全員車から降りて、防毒衣・防毒面を着用する。白い潜水服を着たような異様な一団となって、さらに山道をたどり集落に入る。
集落では、すでに家を明けて逃げ出す者も多い。あちこちに、発病した村人が横たわっている。例外なく高熱にうなされている。
軍医たちは、すばやく手分けして、病人の状態を調べる。呼吸、脈拍、体温を記録していく。病人が、爆弾を落とされた時、どこにいたのかなどを質問する。手当てと称して、何か処置をしたり、病人の血液を採取する。まだ、発病していない者がいると、当時どこにいたのか訊問する。そして、何か注射している。私の聞いたところでは、健康な者には、あらためて細菌を注射するようなこともあったらしい。結果的に集落は、全滅に近い被害を受けてしまうのである。
写真班は、その情景の1つひとつを、丹念に写している。病人の苦しむ様子も克明に16ミリで撮っている。
ひとおとりの効果測定が済むと、全員、遺留品を残さぬようにして、集落を撤退する。車の所まで戻ってくると、噴霧式の消毒器で防毒衣や備品を徹底的に消毒してから、基地に帰って来る。そして、さらに消毒風呂で、完全に消毒するのだ。

 

ペストノミ(PX)のよる細菌戦
金子順一論文集(防疫研究室所属)の中に『PXの効果略算法』論文がある。その「第1表 既往作戦効果概見表」は6地域の細菌戦を分析している。PXとは「ペスト菌を感染させたノミ」という細菌兵器のことである。
効果(罹患致死)とは、ペストによって殺害した人の数である。農安ではノミを5g(1gは約2300匹)撒布している。量の少ないもの(g)は地上撒布、多いものは(Kg)は飛行機からの空中散布である。一次は一次流行の死亡者総数、二次は二次流行の死亡者総数。全死亡者は19646人になる。

731部隊は自らペスト菌を撒布し、ペストを流行させた。写真はペスト撲滅隊ではなく、敵兵を担架で運こんだ後、生体解剖したのではないか?(1942年6月3日、大阪朝日新聞)


細菌の大量生産
731部隊では、攻撃用の細菌の大量生産を行っていた。1ヶ月あたり製造量(理論値)は、ペスト菌300kg、炭疸菌600kg、赤痢菌800~900kg、腸チフス菌800~900kg、パラチフス菌800~900kg、コレラ菌1000kgである。(細菌製造班長:柄沢十三夫の供述)
※柄沢はハバロフスク裁判が終わり、恩赦で釈放され日本に帰国する直前、自殺した。

作業は培養基の表面に繁殖した細菌を白金耳でかき取るという危険なものであった。
ノミの大量生産は、石油缶の中にフスマ(麦かす・ノミ床)を敷き、動けなくした状態のネズミ(ノミの餌)を入れて行った。ノミが光を避ける性質を利用して、分離した。ネズミは量産され、捕獲もされた。

ロ号棟の1階が細菌製造工場であった。一連の設備が揃っており、ベルとコンベアで培養缶が運ばれた。

第4章
731部隊の戦後

マッカッサーの厚木飛行場へ降り立った時の第一声は、「ジェネラル・石井はどこにいるか?」だった。アメリカは、自国の遅れていた生物兵器開発の情報を日本から得ようと、当初から画策していた。部隊長石井四郎は、アメリカに巣鴨拘置所に入れられることなく、
尋問を受け、731部隊員全員の戦犯免責と引き換えに、細菌戦のデータを提供した。

石井四郎は、喉頭がんで、67歳で死去している。
アメリカは、ソ連に嘘を言い続けた!!
「同氏は旧陸軍の細菌戦戦術専門家で、終戦当時、ソ連側から細菌戦首謀者として戦犯リストにあげらたが、総司令部は証拠がないと反ばく、米軍諜報部に保護され、戦犯指定をまぬかれ話題となった。」(毎日新聞1959年10月11日)

軍事裁判と戦後処理
ソ連
ソ連は、戦後シベリア抑留者から731部隊員を探し出し、軍事裁判の準備に取り掛かった。
そこで、731部隊で人体実験の事実を知ると、石井らの尋問をアメリカに要求したが、
アメリカの工作によって、思うように尋問ができなかった。
結局、東京裁判で、ソ連は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを断念した。
そこで、ソ連は東京裁判の不完全さに世界の目を向けさせようと、ハバロフスクで、1949年軍事裁判を行い、全世界に発信した。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
ハバロフスクの12人の被告のうち2人は服役を終えて、帰国、1人は病死した。
1956年日ソ共同宣言に伴って、残り9人の帰国が決定した。
しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
※ソ連は、この裁判で細菌戦の事実を知り、そのデータを収集し、自国の生物兵器の開発に参考にしたのだろう。

中国
撫順の戦犯管理所に731部隊員は入れられ、人道的な扱いを受け、徐々に自らの罪を告白した。1956年の瀋陽の裁判で、榊原はソ連戦に備えて、細菌の大量製造などを認めた。中国は、日中の国交回復を優先させたため、日本軍の組織的犯罪に触れることなかった。刑は、榊原は懲役13年言い渡されたが、刑は執行されず、翌年帰国、田村(篠塚)ら細菌戦犯4人は不起訴、釈放された。
7年にかけて綿密に調べ天皇や731部隊員の責任を追及した日本軍細菌戦調査書は法廷に提出されなかった。
平房近くの村では、731部隊撤退時に、逃げ出したネズミによって、1946年夏にペストが流行し、多くの人が犠牲になった。その後も、ペストの流行に警戒している。



1990年代、731部隊の生体実験の被害者や、細菌戦の被害者が日本政府を相手取って裁判を起こした。(戦後補償裁判)

アメリカ
アメリカは、敗戦直後から調査団を送り731部隊のデータの収集を始めた。
特に1947年1月にソ連から人体実験の事実を知らされると、石井らに戦犯免責を与える代わりに、731部隊のデータを要求し、ソ連に情報が漏れないように、そのデータの独占を図り、自国の生物兵器開発に利用した。


日本
アメリカが731部隊員に戦犯免責を与え、データを独占したので、東京裁判には誰一人としてかけられなかった。ソ連からの追及もアメリカの保護により、まぬかれた。
そして、731部隊のことは戦後隠蔽された。


細菌戦部隊医学者の戦後
1945年8月石井部隊は帰国。
石井は解散に先立って、部隊員に次のような命令を下していた。
「第1項は、部隊の内容は秘匿せい。隠せ。連合軍による尋問を受ける場合には、防疫給水業務に従事しとったと答えよ。
第2項目目は、官公庁に就職するな。
第3項目目が、隊員相互の連絡はするな。」
石井は占領軍による追及を恐れ、部隊員たちに機密の保持を厳命したのである。
こうして731部隊員たちは、日本全国に散っていった。
米軍との戦犯取引が成立し、東京裁判は1948年11月に判決が下された。ソ連は日本での731部隊の追及が失敗し、ハバロフスク裁判は1949年12月に終結した。1950年6月に朝鮮戦争が勃発し、1951年にサンフランシスコ平和条約が締結された。戦争責任の追及は終了となる。
「他言禁止」はほぼ維持されたが、多くの幹部は公職についた。
大学教授になったり、ミドリ十字を立ち上げてそこに731部隊員を引き入れた。
また、病院を開業したもの、研究所や自衛隊に職を得たものもいた。驚くことに国立予防衛生研究所(今の国立感染症研究所)の初代、2代、5,6,7代の所長が731部隊関係者であった。
人体実験に悩み、自殺した東大助教授もいた!!



以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「戦後、元731部隊に協力したり、部隊で生体実験をしたりしていた学者は、日本の血液産業やワクチン産業の中心的な役割を果たし、また医学界のトップに立った者もいました。ところでこの人々はまた、厚生省傘下の国立予防衛生研究所にも入りました。広島大学の芝田進午教授は、初代から7代目までの予防衛生研究所の所長のうち6人までが731部隊協力者だったという報告をしています。
さて広島では、ABCC(アメリカが設置した原爆傷害調査委員会)の傘下に国立予防衛生研究所支部が置かれました。この機関に、広島の学者たちの多くが協力しました。」


※ここでも、731とABCCの深いつながりが見える。原爆投下後の広島で日本医学界は総力をあげて、原爆被害調査(治療ではない!)をしたが、そのときも731部隊員が参加している。
原爆の非人道性を非難せず、アメリカの喜ぶような被害調査を実施し、181冊に及ぶ報告書を英訳してアメリカに渡した。これは、天皇制護持と731部隊の蛮行を秘匿するためだった。731での人体実験がソ連によって明らかにされると、アメリカは、石井らに細菌戦のデータをすべて要求し、それらを買収した。そして、731部隊員らを全員に戦犯免責を口頭で与えた。
731部隊関係者が、原爆・原子力の方向へと協力していく。
731部隊・原爆という両者の非人道性をお互い帳消しにしようということか?

以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「ところがこの直前の9月6日、原爆投下のマンハッタン計画の副責任者であるファーレル准将は、帝国ホテルで記者会見を行ない、「原爆放射能の後遺障害はありえない。すでに広島・長崎では、原爆症で死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者は皆無だ」という声明を発表するのです。
ファーレルの宣言によって、被爆者の存在は社会から隠され、被爆者の国際救援の道は閉ざされました。・・・

禁止される原爆報道・医学研究
ファーレル准将が広島を視察した後、1945年9月19日、GHQ(連合国軍総司令部)は「プレスコード」を発令し、連合国、占領軍の利益に反するすべての報道を禁止しました。これによって、1952年4月に占領が終わるまで、原爆の被害のほとんど不可能になったのです。
記事だけでなく、写真も映画フィルムも同じでした。
・・・・
救援に駆けつけたジュノーさんの活動も妨害します。世界に向かって救援を呼びかけたジュノーさんの電報は、打電できませんでした。
11月には原爆被害の医学研究も禁止しました。これには日本の医学者たちが猛烈に反対しますが、どうにもなりませんでした。
日本側の調査は、団長の都築正男東大教授らによって、45年8月29日に開始されました。しかしやがて都築氏はGHQによって、公職を追放されました。
アメリカは、原爆を落としてから23年も後の1968年になって国連に原爆白書を提出しますが、そこでは残留放射能による被害を否定し、生きている被爆者には病人はいないと報告しています。
被爆者問題に取り組む弁護士の椎名麻紗枝さんは、『原爆犯罪』(大月書店)という本の中で、アメリカが苦しんでいる被爆者が1人もいないかのように見せかけたのは、何よりも原爆の残虐性、非人道性を隠すためだった、と述べています。・・・

何もしなかった日本
日本の政府も、1945年8月10日に、国際法違反だとしてアメリカに抗議した後は、今に至るまで1度も、原爆投下に対して抗議をしませんでした。アメリカも、日本の被爆者に対して謝罪をしていません。日本では国に損害賠償を請求する訴訟が1度だけ行われましたが、このいわゆる原爆訴訟は、判決文の中でアメリカの原爆投下行為を国際法違反とした画期的なものでしたが、損害賠償については原告敗訴が言い渡されました。この裁判の中で1955年に国は、原爆使用は国際法に違反しているとは言えないと主張しました。この主張は今に至るまで繰り返され、被爆国日本が、こともあろうに原爆投下を国際法違反として非難もしないので、世界中が驚いています。(以上 引用)


731部隊員であった石川太刀雄丸は戦後金沢大学の医学部長までなったが、1944年の日本病理学会会誌には次のように書いてある。「昭和15年秋、満州国農安地区ペスト流行に際して、発表者中1名(石川)はペスト屍57体剖検を行ったが、これは体数において世界記録であるが・・・・」
731部隊が行った細菌戦の成果を見るために剖検(生体解剖か?)を57体行った。この人は、広島の原爆調査でも、解剖している。昭和48年に、大量の消化管出血で急逝している。


細菌戦部隊医学者の博士論文
731部隊員や他の防疫給水部隊員は、部隊での研究業績を使って学位(博士号)を取得した。
東大、京大、九大、阪大、慶大、岡山大学、日本医科大学、新潟大学、慈恵会医科大学、金沢大学・・・等が学位を与えていた。
例)金子順一・・・授与大学:東大:1949年1月10日・・・主論文名「雨下撒布ノ基礎的考察」『防疫報告』8冊を『金子順一論文集』として申請

旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア

731 部隊関係者等の京都大学医学部における博士論文の検証


陸上自衛隊衛生学校
自衛隊では今でも、細菌戦の研究しているのではないか?日本は細菌戦について全く反省していない!!

戦後、陸上自衛隊の衛生関係には731部隊などの元細菌戦部隊員が就職した。衛生学校では『保安衛生』(後『防衛衛生』のほかに『衛生学校記事』を発行していた。
第4代衛生学校長の金原節三は「衛生学校の研究部員とか部隊付け隊員などによる研究業績の中には、いわゆる秘扱のものもあり、市販の許されている『保安衛生』に発表するわけにゆかぬものもありますので、私の発案で、衛生学校の責任で、別に『衛生学校記事』を発行することになった」と述べている。
目次を見ると、細菌戦の記事(米軍資料の翻訳)が掲載されている。自衛隊は戦前を継承しているのではないのか。現在防衛省は『衛生学校記事』は「ない」として、公開を拒否している。

井上義弘   第5代衛生学校長 南方軍防疫給水部
中黒秀外之  第6代衛生学校長 731部隊
園口忠男   第8代衛生学校長 731部隊

「ジャーナリスト同盟」通信より
<衛生学校記事の情報公開裁判>
「衛生学校記事」といっても、素人にはわからない。原告の和田千代子が報告記事を載せている。
それによると、「衛生学校記事」とは陸上自衛隊の衛生学校が発行している内部研究誌。同誌に1941年当時、陸軍省医事課長として731部隊等による細菌戦に関与していた軍医大佐・金原節三、1940年から敗戦まで731部隊に所属していた軍医少佐・園口忠男らが、同誌に細菌戦に関する文章を載せている。
ということは、731部隊の悪しき成果を自衛隊も継承している。そこで和田らは、防衛省に731部隊関連の情報公開を求めている、ということのようだ。

これも注目される動きである。731部隊の悪しき実績は全て米軍に持ち込まれて、日本には存在しないとされてきた。実際は、日本の自衛隊にも継承されてきている。その資料がある。それの情報公開を求めて裁判を起こしているのである。

民主的な政権交代によって、731部隊関連の極秘資料を公開させる責任と義務が日本国民にある。次回公判は4月17日11時45分。
<SOSの永田町>
70年以上前の蛮行を特定秘密にすることは許されない。今まさに世界から日本の歴史認識が問われている。国家神道を引きずる安倍内閣のもとで特定秘密保護法、靖国参拝、次いで戦争する集団的自衛権行使の閣議決定と、政変がらみの政局は緊迫の度を増している。

それにしても、こうした小さな信念を貫く運動は、必ずや花を咲かせる必要があるだろう。13億人の人民も注目している。
2014年3月6日2時25分記

防衛省の秘密主義に迫れ

自衛隊の証拠隠し
高裁は海自の証拠隠しも認める


西里扶甬子講演会
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演1(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演2(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演3(2014)


松村高夫講演会
「731細菌戦部隊と現在」
731細菌戦部隊と現在 1 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 2 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 3 慶大 松村高夫


常石敬一講演会
「731部隊とは?今問う意味は」1
「731部隊とは?今問う意味は」1 神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」2  神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」3 神奈川大学 常石敬一



自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由
封印された原爆報告書

封印された原爆報告書
自国民さえも実験台として、嬉々として自国民の被爆調査を行い、自発的に英訳して調査報告書を渡す。全ては、七三一部隊の秘匿、そして、天皇に対する免責を勝ち取るためだったのではないのでしょうか。この取引は十分に功を奏したようで、太田昌克氏の著作にも人体実験に対する米国の追求はどこか間が抜けたものとして書かれています。単純に細菌兵器の技術、実験結果を知りたかったためとしては、やはり片手オチ。米国は、第二次世界大戦で最も知りたかった情報を自ら差し出してきた日本軍部と取引したのではないでしょうか。そうしない限り、この七三一部隊の隠蔽理由(いまだにこの部隊はでっち上げだという論陣を張る人がいます。それは、悪魔の飽食の書評を見ただけで明らかでしょう)をどうしても納得できません。

原爆被爆者は、軍部免責、天皇制維持のための、数少ない有力なカードだったのではないでしょうか。

天皇や三笠宮も731に行っていた?(生体実験を知っていた?)40分あたりから
unit731


731部隊から福島へ!(1時間20分~1時間33分あたり)
広瀬隆氏講演in福島「IAEAとICRP~原子力マフィアによる被曝強


重松逸造という男
プルトニウム元年 第3作 1993年8月放送 3/5


山下俊一トンデモ発言


山下俊一トンデモ発言2

731の経験を悔やんだ医学者もいた!!
「731部隊と医学者たち」

小佐古内閣官房参与辞任・20ミリシーベルト問題


明治大学シンポジウム(2013年)より
吉中講演(京都民医連中央病院院長)
「戦後の医学界と731部隊」


奈須講演(細菌センター理事)
「731部隊の資料」


福島の苛酷な現実!!
甲状腺がん33人

なぜ、日本医学界は福島の医療を批判しないのか ...

フランスFR3放送「フクシマ・地球規模の汚染へ」

ドイツZDF フクシマの嘘 (連結済み)29分23秒

米国による封印された原爆報道と残留放射能

黒い太陽731



731部隊が人体実験や細菌戦を行ったことは明らかである!!
日本政府は、速やかに情報を公開せよ!!

【七三一部隊展2013実行委員会より】
(最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!)         








七三一部隊展2013実行委員会
E-mail exhibition731@yahoo.co.jp
http://ameblo.jp/supportvictim731/

●開催予定
2014年
6月27日(金)~7月4日(金)札幌にて

2013年「731部隊パネル展」より

パネル集1993年「731部隊展」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・原発・天皇制!!

2014-04-27 09:38:23 | Weblog
秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”

篠塚良雄さん!!
あなたの貴重な勇気のある証言によって、私たちは戦争の恐ろしさを知りました!!
ありがとうございました!!
ご冥福をお祈りいたします!!

細菌戦(731部隊の蛮行)

【完全版三光】より
篠塚(田村)良雄・・・防疫診療助手 兵長
〈略歴〉
1939年5月 元関東軍防疫給水部本部(731部隊に入隊)
1943年3月 退職
1944年3月 元関東軍59師団32連隊に源へ現役兵として入隊
1945年8月 元関東軍125師団軍医部兵長
1946年9月 東北人民解放軍独立3師衛生部に混入
1952年6月 逮捕さる。河北省永年県において
・・・・年齢 35歳

肉エキスを湯呑みに流し込み、お湯をつぎ込み、一口飲んだ柄沢班の10年組と言われる技手候補の奥寺雇員が上目づかいに私を睨みながら、「オイ!田村、何をこそこそやってるんだ、ここで一切を言え」と、いざりよって来ました。奥寺の奴、俺が課長の直接命令で動き回っているのを知ってやいているのだ、と感じた私は、内心得意になり、「話すことはできませんね、極秘ですからね」と、うそぶきました。「なに極秘、馬鹿野郎、俺たちのやっていることはみんな極秘だ、青2才のくせしやがって」奥寺はますますいらだち、どうしても言わせるぞとばかりに詰め寄ってきました。奥寺がじれればじれるほど、私は得意になり、数日来から頭の底にあった中国人に対する恐怖心は、より残酷に、より残忍に生体実験を行なう功名心に変わっていきました。
奥寺の見幕(けんまく)をなだめるように、「待て奥村雇員、田村は特別班に入っているだけだ、それよりも早く玉井から遠征隊の情況を聞けよ、時間がなくなるぞ」。今日集まった目的が1942年春、部隊長石井四郎の直接指揮の下に華中華南地区に細菌をバラまきに行き、最近帰ってきた遠征隊のことにあったらしく、ほかの3人もそれをせきたてた。


語り部フォーラム


闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)近藤昭二


八王子・武蔵野「731部隊展」終了!!



「731部隊展」を終えて
今回の731部隊展を終えて感じたことは、大日本帝国実現の為に、兵器を作るのに熱中しすぎて、人間の倫理観は麻痺し、残虐な限りを尽くしたことだ。日本医学界は、上からの命令で動いたことや、アメリカが細菌戦のデータを重視し、隊員を買収してデータを集め、戦犯免責を与えたものだから、関わった者たちは戦後全くの反省することなく、自慢げに学会で発表する者すらいた。また、戦中・戦後、生体実験をもとにして書かれた論文に多くの大学が驚くことに博士号を授与した。
そして国体護持(天皇制護持)を条件に、降伏した日本は、アメリカの非人道的な2発の原爆投下を非難することはできず、731の残虐行為を隠蔽し心証をよくするため、日本医学界は全面的に、アメリカの原爆被害調査に協力し、治療はまったくしなかった。ただ、現地の医師たちだけが、患者に向き合い、治療した。
このことが、アメリカの核戦略を容認し、日本の科学界・医学界が、原子力の方向へ進むことになる。
中国、アジアで行われた医学界の残虐行為は、国家犯罪であり、日本医学界だけの問題ではなく、天皇を含め国家の上層部の責任が大きい!!日本医学界が謝罪できない理由は、こんなところにあるのかもしれない。




パネルを振り返りながらそれを見ていくと、

序章は、「薬害エイズと731部隊」
一枚目のパネルは厚生省の中庭に建てられた碑の写真から始まる。
その「誓いの碑」には、こう書いてある。

「命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した
「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省し
この碑を建立した

平成11年8月 厚生省」

1980年代、アメリカでエイズが広がった。もしかしたらこのエイズも731部隊の研究成果を元に作られた可能性はある。人為的なもの?
アメリカは、血友病患者に投与していた非加熱製剤がエイズウイルス汚染されていることがわかり、いち早く加熱製剤に切り替えたが、日本は、非加熱製剤のトップメーカーであったミドリ十字に配慮して、加熱製剤への切り替えがアメリカに比べ2年以上も遅れ、さらに加熱製剤販売後も1年以上非加熱製剤を回収しなかったために、薬害エイズの被害が広がった。

なぜ、ミドリ十字に厚生省は配慮したのか。両者には、天下りを通して、癒着があり、厚生省のエイズ班長であった安部英(あべたけし)にも、影響を与えた。

それでは、テレビで初めて薬害エイズの件で土下座者謝罪したミドリ十字とは、いったいどんな会社なのか?
1950年、石井四郎の懐刀(ふところがたな)といわれた内藤良一(731部隊員、防疫研究室にいて、石井ネットワークにいろいろ指示を出していた)は、朝鮮戦争の犠牲者に対する輸血血液の需要を当て込んで、売血を目的に、日本ブラッドバンクを設立をする。そこには北野政次(731部隊2代隊長)ら多くの731部隊員が集まる。そして日本の輸血が売血から献血に切り替わると、日本ブラッドバンクは、ミドリ十字と社名を変更し、血液製剤メーカーとなっていった。
内藤は、多くの731部隊関係者をスカウトし、日本ブラッドバンク・ミドリ十字の中核を担わせていく。

内藤が731部隊の人脈と技術を引き継いでつくり上げたミドリ十字は、731部隊の気風をそのままに引き継いでいた。そのことが、薬害エイズ事件を引き起こす原因の1つになった。

※731部隊の気風・・・731部隊は本当に人命を軽視していた!!
※ミドリ十字は、医薬品業界の合併を経て現在田辺三菱製薬になっている。

第1章 731部隊の創設
1931年9月18日、中国東北部の柳条湖で関東軍は、鉄道を爆破し、中国軍の仕業にして、東北地方の侵略を開始する。32年関東軍と南満州鉄道会社の支配のもとに清朝のラストエンペラー溥儀を擁立し、満州国を建国し、中国人を表の顔にするが、裏で日本人の役人が操っていた傀儡国家であった。安倍の母方の祖父、岸信介も満州国の役人であり、「満州5カ年計画」などの策定にかかわっていた。東條英機も、関東軍司令官として赴任していた。両者とも極秘裏に進められていた、731の計画も知っていただろう!!

その満州国の背陰河に秘密裡に東郷部隊を設置し、生体実験を繰り返しやっていたが、マルタ(被験者)の脱獄事件が起こり、これをきっかけに、脱獄できないもっと大規模な実験施設を平房に建設する。1938年頃主要な建物が完成する。
この巨大な施設は、議会の承認なしに、年間今のお金にして90億円が費やされた。もちろん天皇も陸軍も承認した施設であった。この施設には、今のIOCの会長の竹田の父親
竹田宮恒徳王(竹田宮)は宮田中佐と名乗って、731に関与していた。
三笠宮・天皇もこの施設を視察したと言う証言もある。
安倍が秘密保護法をいち早く成立させた背景にはこういうことが関係があるかもしれない。
高杉晋吾 国策としての731部隊と原発

部隊全景
周囲8km四方を土塁と高圧線に囲まれ、部隊には鉄道の引込み線が敷かれ、物資やマルタ(被験者)を運び入れていた。飛行場もあり、専用の飛行機も数機有し、学校あり、神社、隊員の宿舎、運動場、テニスコートなどもあった。敷地内のロの字形をした研究棟(5階建てぐらい)の中に、7棟、8棟と呼ばれた特設監獄があり、そこにマルタと呼ばれていた被験者たちが収容され、いろいろな生体実験が行われていた。

731部隊の始まり
石井四郎は、京都帝大医学部を卒業後、軍医になり、1928年から2年余りヨーロッパやアメリカを視察旅行し、細菌兵器が資源の乏しい日本にとって、有効であることを確信し、永田軍務局長をはじめ、軍上層、天皇を動かし、細菌兵器の開発を傀儡(かいらい)国家満州で、取り掛かる。

731部隊組織表
731部隊には多いときで3000人の職員がいた。第1部から第4部まであった。
第1部では基礎研究でチフスやコレラ、ペストなどの細菌の研究をしていた。
第1部第3課のレントゲン班に宮川正の名前が見える。
1954年のアメリカの水爆実験のとき、被害を受けた船を第五福竜丸だけにした男だ。
そのとき、1000余り被曝したのだが、アメリカの意向を受けて過小評価した。

宮川正の軌跡
1944年3月4日、宮川は、関東軍防疫給水本部に配属され、731部隊のレントゲン担当となった。第1部細菌研究部第3課の吉村寿人の下には、レントゲン担当の二つの班ー宮川が班長を務める宮川班と在田勉(任期・1939年4月5日~1944年8月25日)が班長を務める在田班があった。
西野瑠美子が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、男性用の収容棟と女性・子どもの収容棟にそれぞれ1ヶ所ずつレントゲン室があったとされる。細菌に感染させるマルタ(被験者)の健康診断のためのエックス線撮影が主な仕事で、部隊敷地内の隊員と家族のための診療所でもレントゲン診断を行った(西野瑠美子「731部隊―歴史は継承されないのかー元隊員を訪ねて」『世界』1994年4月号掲載)。健康なマルタの病変の経過を見ることが部隊の関心対象だったため、健康診断を受けさせ、健康と判定されたマルタだけが人体実験の対象になった。
レントゲン班でも、人体実験が行われていた。西野が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、「レントゲンを肝臓に当てる実験に立ちあった」といい、レントゲン班では、細菌に感染したマルタのレントゲン撮影を一定の期間をおいて実施したとされる。
これと似通った匿名の731部隊班長の証言が吉永春子の書き下ろし『731 追撃・そのとき幹部達は」(2001年、筑摩書房)に収録されている。肝臓にレントゲンを照射して致死量を確認する実験を行ったという証言は、TBSテレビで1976年8月15日に放送されたドキュメンタリーのために吉永らが行ったインタビューの中で行われたものだった。内容から、匿名の証言者は宮川ではなく、もうひとつのレントゲン班の班長と推察される。
宮川は、戦後、亀井文夫監督の記録映画「世界は恐怖するー死の灰の正体」(1957年)の撮影に協力している。この映画には、宮川も理事を務めていた日本放射性同位元素協会(後の「日本アイソトープ協会」)や山崎文夫、村地孝一らの科学者も協力していた。映画には、放射線を長時間、実験用のマウスに照射して死に至るまで観察する実験が記録されている。ネズミへの放射線照射の映像は、映画の中では、あくまで放射線の恐ろしさを実感させる素材として使われているが、一面で731部隊が死に至る人体実験の様子をフィルムに記録したという証言を彷彿させるものだった。1960年8月には、茨城県東海村の日本原子力研究所で宮川らがネズミにガンマ線を照射し、被曝時の生体変化を観察する実験を実施すると報道されたこともあった。
宮川が731部隊でレントゲン班の責任者だったことは消せない事実だが、宮川が直接行ったとする人体実験の具体的な証言や記録は今のところ確認されていない。

・・・・これらの事例とは対照的に、宮川が公職追放を受けなかったのはいったいなぜなのだろうか。

・・・宮川正は、1949年「科学朝日」8月号の皆川理らとの座談会「放射能とは何か」に国立東京第一病院の医師として登場し、放射線の医学的な利用等について説明している。国立病院の勤務医になったことは、731部隊時代の行動について「お咎めなし」のお墨付きが得られていた証だろう。
・・・宮川は1953年に横浜医科大学の教授となり、やがて放射線治療の分野で名が知られるようになっていった。
・・・宮川と731部隊の関係者の繋がりは戦後もある時期まで、維持されたものと考えられる。
・・・第5福竜丸事件が起こると、宮川は4月から5月にかけて横浜・川崎両港に入港した民間船の放射能汚染調査と、5月からの横浜市内の上水道の放射性物質の測定を開始した。此れが評価されたためか、宮川は、10月に厚生省に設置された「原爆被害対策に関する調査研究連絡協議会」の環境衛生部の委員に任命されることになった。
・・・1956年4月、宮川が東大医学部放射線医学講座の主任教授となった。宮川は、5月16日、原子力委員会の「国立放射線医学総合研究所設立準備小委員会」の5人の専門委員のひとりに任命された。
・・・宮川は、1956年に日本学術会議原子力問題委員会の放射線影響調査特別委員会委員に選ばれたのに続いて、翌年5月25日には原子力委員会の放射能調査専門部会(部会長・都築正男)委員にも任命された。宮川は、1958年9月1日、ジュネーブで開かれた第2回原子力平和利用国際会議にもアイソトープ・生物学関連のふたつのグループの責任者のひとりとして出席している。
731部隊関係者の中で、原子力行政にこれほどまでに、食い込んだ者は、宮川以外には見当たらない。そうした意味で宮川は部隊の元関係者の中では特異な存在だった。
『ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影』
堀田伸永著より
ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影【無料版】堀田伸永
※また福島事故後に有名になった医学者の一人に同じく東大出身で、東大病院放射線科の中川恵一準教授がいます。彼は、「福島で健康被害は出ていない、今後も出ない」と主張する学者の代表格です。私は中川医師の『被ばくと発がんの真実』という著書に、科学的な疑問点が100か所以上見受けられたので、質問を送りましたが、どれひとつとしていまだに回答をいただいておりません。
実は免責された731部隊は、放射線医療業界にも歴史的につながっています。例えば731部隊、レントゲン班でも致死量を当てる人体実験が行われ、リーダーのひとりであった宮川正は、戦後放射線治療の専門家になりました。第五福竜丸事件の後、福竜丸以外の船員が放射線障害で苦しんでいても、放射線障害ではないだろうという理論を展開し、800あったと言われる被曝船は、一隻とされたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・
XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

東大・中川氏 正しい放射線・放射能・被ばくに関する対応とは

崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』



陸軍軍医学校防疫研究室と石井機関のネットワーク
天皇の承認の元に、細菌戦の攻撃面の命令は参謀本部作戦第2課が行ない、研究は陸軍省医務局が管轄していた。細菌戦部隊はアジア各地につくられ、防疫給水という名称によって、隠された。ハルピンをはじめ、北京、南京、広東、シンガポールにつくられた。
防疫給水部全体のネットワークは石井機関と呼ばれ、陸軍軍医学校防疫研究室の内藤良一が采配を振るっていた。
大学教授は、防疫研究室の嘱託となって、弟子たちを731部隊に送り、731部隊に指示を出していた。731部隊に行った弟子たちは生体実験などのデータを防疫研究室に送って、情報の共有をはかった。


日本医学会総会軍陣医学部会
1942年の第11回の日本医学会総会は東大で開かれた、写真は東大の安田講堂の前で第9部微生物学分科会の記念撮影。
前列向かって左側に、731部隊初代隊長の石井四郎、右側には2代目隊長の北野政次、3列目の左には1644部隊長の増田知貞の顔が見える。いかに、この部会で細菌戦部隊が幅を利かせていたかがわかる。
部会では、多くの細菌戦部隊員が参加し、人体実験で得たデータを元に書いた論文を発表している。
石井軍医少将は「所謂孫呉熱ノ研究」を研究グループを代表して軍陣医学部会の最後に講演した。

第2章「マルタ」
ロ号棟(四方楼)に囲まれた特設監獄(7棟、8棟)に被験者は「マルタ」(丸太)と呼ばれ収容され、人体実験が行われていた。

憲兵隊と「特移扱」(特別移送扱)
憲兵隊や特務機関に逮捕された者は秘密裡に731部隊に送られた。人体実験の被験者は「マルタ」と呼ばれた。「丸太」という意味である。

「特移扱」(とくいあつかい)は、憲兵隊が実験材料「マルタ」を731部隊に供給するための制度である。
憲兵は、特移扱でマルタを731にたくさん送れば、出世した。731部隊にとっては、大量の実験材料を速やかに入手できるものであった。
抗日活動家やソ連のスパイは裁判にかけられず、731部隊に送られた。
もちろん、無実の者でも、憲兵隊での脅迫や拷問下での取り調べの実情が、外部に漏れるのを防ぐために、731部隊に送られた人もいた。


「特移扱」文書
吉林省档案館発行の『「731部隊」罪業鉄証』には、戦争当時の憲兵隊の文書の写真が載っている。
そこには、工作名 イワン 「特移送スルヲ至当トミ認ム」と書いてある。
中国人 張生文は、抗日活動をしていたのだろうか?工作名イワンと名乗り、活動していた。そして、憲兵隊に捕まり特移送された。すなわち、731部隊に送られた。
731部隊に送られた者の数ははっきりしていないが、731部隊の総務部長や細菌製造部長であった川島清ハバロフスク(ソ連)裁判の供述調書に「強力な伝染病を囚人に罹患させる実験によって毎年600人以上が死んでいた」という証言を残している。
1939年から1945年の敗戦までには、少なくとも3000人が被験者とされ、殺された。

朱玉芬(しゅぎょくふん)の父と叔父
私は朱玉芬です。父は雲彤(うんとう)で叔父は朱雲岫(うんしゅう)です。2人とも抗日連軍(東北抗日連軍)にいました。憲兵隊に捕まって、731部隊に送られました。
2人とも731部隊で実験されて亡くなりました。

第3章
731部隊の人体実験

731部隊をはじめ、石井機関、陸軍病院その他の施設では、密かに人体実験が行われていた。
中国に作った日本の陸軍病院では、手術演習の名のもとに、生体解剖が行なわれた。
731部隊では、ペスト菌の毒力を増すために、ペスト菌の注射そして、その後に生体解剖、その他の菌でも、行われた。
また、細菌戦をやったところに赴いて、防疫活動の名のもとに、生体解剖を行なった。
軍医として中国・山西省へ

ペスト(黒死病)
平澤正欣軍医少佐の博士論文『「イヌノミ」の「ペスト」媒介能力ニ就テノ実験的研究』には、イヌノミがペストを動物に感染媒介する能力についての実験が報告されている。それによると、ペストに感染したイヌノミを3人の被験者に一匹附着すると、ペストになる人は0人で0%、5匹附着すると1人で33%、10匹附着させると2人で66%である。
ノミには14種類あり、その中でどのノミが細菌戦に有効であるかを研究していた。
その結論として、ケオピスネズミノミが一番感染力、抵抗力があることがわかり、このノミを細菌戦に使用することになる。

炭疽(Anthrax)
731部隊では、いろいろな細菌の培養をし、兵器化していた。
戦後、アメリカは、731部隊員から入手したデータを使って、731部隊員をアメリカに呼んで、3つの英文レポートを書かせている。Aレポート(炭疸菌)、Gレポート(鼻疽菌)、Qレポート(ペスト菌)である。
戦時中、731部隊ではいろいろな生体実験が行なわれたが、その中に炭疸菌の実験があった。
炭疸菌を皮下注射した場合、症例数1で、症例番号54番は7日で死んだ。
経口感染させたものは、症例数6で、318番、26番は3日で死に、320番、328番、325番、17番は2日で死んだ。
経口撒布感染させた者は12人で、411番は4日で死に、・・・・・
経鼻感染させた者は、4人で、380番は3日で死んだ。・・・・・

流行性出血熱
満州で原因不明の風土病がはやった。
そのとき、731部隊は調査隊を送って、人体実験をして原因を調べた。

1938年にソ連との国境地帯に不明疾患が続出した。死亡者は年々増加し、致死率は15%であった。この出血熱は、発病地の名前を取って、孫呉熱とか虎林熱と呼ばれ、731部隊は調査班を編成して派遣した。731部隊内には特別研究実験班を設置し、「特殊研究」を行わせた。
病原体は北満トゲダニから分離され、濾過性(ウィルス)と特定された。1942年12月に流行性出血熱と命名され、現在は腎症候性出血熱といわれる。
「特殊研究」とは人体実験のことである。

毒ガス実験
731部隊と516部隊(関東軍化学部)は、合同で毒ガスの人体実験を行っていた。
516部隊には、731部隊の分遣隊が置かれていた。石井部隊は背陰河時代に青酸の人体実験を行っていた。平房の本部は、毒ガス実験室を作り、ガラス張りの部屋に毒ガスを発生させて、中の「マルタ」を観察した。

瀬戸内海に浮かぶ
大久野島では大量の毒ガス兵器が作られ、中国で使用された。当時、生産に携わった人の中には、そのときの後遺症で今なお治療を受けている人もいる。
また、戦時中、中国では、日本軍が使用した毒ガス兵器によって多くの人が死んだり、731部隊や516部隊の実験材料にされて、無残に殺された人も多い。
日本軍が敗戦で引き揚げるときに、多くの毒ガス弾を中国に遺棄したことによって、今の中国では、その毒ガス弾に触れたり、爆発によって被害が出て、日本で裁判も現在進行中である。
化学兵器廃絶を目指し、被害者を支援する ― 遺棄毒ガス問題ポータルサイト ―
遺棄毒ガス被害者家族の現状(ABC企画ニュース89号より)

相模海軍工廠(海軍毒ガス工場)
【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅰ ファインダーがとらえた地獄
―総務部調査課写真班 T・K
「新京陸軍病院衛生兵から731部隊員へ」より
毒ガス実験の撮影は命がけだった
・・・「丸太」は、1回に1人ずつ、特別班員によって中に連れて来られる。足かせをはめられ、後手に縛られて、ガラスのボックスの中に立ったまま入れられる。
じっと息を殺したような重苦しい時間が流れる。やがて、ボックスの中の「丸太」がまるで居眠りでもするように、次第に顔をうつむけていく。5分ぐらいたったろうか。「丸太」は、ひとつ大きな「あくび」のような息をして、ガクッとこうべを垂れる。絶命の瞬間だ。
1回の実験で、4、5人の「丸太」を次々とこうして毒ガスで殺す。
カメラを構えている私の近くの壁に、小鳥(カナリアだったか、十姉妹だったか)を入れた鳥かごがぶら下げてあった。よく見るとほかにも、2、3の鳥かごが同じようにかけてある。
「これ何のためですか」と聞くと、516部隊の将校が、「かごの中の鳥の様子に注意せよ」という。そして、小鳥の様子に異常を認めたら逃げろ、と指示された。
つまり、この実験で使用されたのは、無色無臭の窒息性毒ガスで、しかも実験設備では、毒ガスがもれる恐れがあるということなのだ。
O大尉に731部隊行きを誘われた時、40歳ぐらいまで気楽な軍属として働こうと思っていた私は、731部隊の想像もしていなかった危険な実態を、身にしみて感じ、はげしく悔恨のほぞをかんだが、もう遅かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・原発・天皇制!!

2014-04-27 09:37:15 | Weblog

毒ガス野外実験
陸軍の毒ガス研究開発は、関東軍化学部(516部隊)、第6陸軍技術研究所、陸軍習志野学校、浜松陸軍飛行学校などが担った。攻撃方法は迫撃砲などの砲弾によるもの、地上で撒布・放出するもの、飛行機による雨下(空中撒布)や毒ガス弾の投下などであった。731部隊では、毒ガスの人体に及ぼす影響を、人体実験を行い研究した。
1940年9月7日~10日にかけて、砲門4門(600発)と十榴8門(600発)のきい弾〔イペリット・糜爛性(びらんせい)ガス〕の射撃を実施。第1,2,3地域に分け、野砲偽掩体、壕、観測所、掩蓋MG(機関銃)座、特殊構築物などに被験者を配置した。被験者を毒ガスマスクを装着するもの、しないものに分けた。

赤ん坊への凍傷実験
シベリア出兵(1918年~22年)時には、全軍の3割が凍傷に罹った。ソ連軍との戦争を想定していた関東軍にとって、凍傷の治療は克服しなければならない課題であった。
吉村寿人(ひさと)班では次の手順で実験を行った。
1、零下20℃以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る。
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する。
3、凍傷になった腕を温度差のある湯につけて、回復具合を見る。時により患部が壊死・脱落して骨があらわになる。
吉村らはこれらの実験から凍傷のメカニズムを明らかにし、「治すには体温程度の温水につければよい」という画期的な治療法を発見した。石井はこの発見をことあるごとに誇っていたという。

生後3日、1ヶ月、6ヶ月の赤ん坊への実験。
なんと赤ん坊でも実験を行っていた。
・・・・「中指に針を埋め込み、摂氏0℃の氷水に30分入れ、皮膚内部の温度変化を調べた。生後3日から1ヶ月後までこの実験が毎日行われた。吉村はこの被験者は、共同研究者の二男だと弁解している。」
※もちろん、中国人の赤ちゃんなども、実験に使われていたのではないか?
吉村が自著『喜寿回顧』の中でも、モンゴル人少年の凍傷実験の様子を写した写真を載せている。反省など全く見られない。
戦後、吉村は、京都府立医大学長までなるが、日本生理学会において731部隊で行った凍傷実験を「私の研究遍歴」と題して発表し、学会からは批判も出ていた。
凍傷実験に被験者にされた人は、手が無くなったりしたが、死ぬまで何らかの実験に使われた。

医学者たちの独走
731部隊での実験は、細菌戦の準備とは無関係に医学者の好奇心だけで行われたものがほとんどである。
・乾燥器にかけて熱風を送る。
・何も食わせないで水だけ飲ませたらどのくらい生きるか。
・パンだけ与えて、水を一切やらなかったらどうなるか。
・ガラスチェンバーでのガス実験。
・梅毒実験。
・逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、身体の各部はどの様に変化するか。
・X線の長時間照射。
・チスフ菌入り甘味まんじゅう実験。
・手榴弾を、露出したマルタのお尻付近で爆発させ、破片の突き刺さり具合の調査。
・真空実験、減圧実験。
・ビタミンCの大量注射。
・A型からO型(血液)への輸血。
・右腕と左腕を取り替える。
・ロシア人母子への青酸ガス実験。
・・・・・・・・・
731部隊で人体実験が行われている時期に平行して、大学医学部や石井機関でも「治療」と称して人体実験が行われ、多くの被害者を出している。日本に於ける、731部隊と民間の人体実験への姿勢は無関係ではなく、同じ医学パラダイム内での行為である。

人体実験が結ぶもの
軍部は731部隊に実験材料(被験者)と資金を提供し、医学者?は人体実験により速やかにその効果を確め、そのデータをもとに強力な生物兵器の開発を急いだ。
軍のメリット
・強力な生物兵器の開発
・流行性出血熱などの新たな病原体の発見による新兵器の開発
・凍傷実験・ワクチン開発などによる味方兵士の防御
・毒ガス実験による経済的な兵器の開発
医学者?のメリット
・ペストやコレラ等日本では出会えない病原体の研究
・流行性出血熱などの新発見の病気
・凍傷やワクチン研究による新しい治療法の発見
・毒ガス実験等病理データの蓄積
医学者?は人体実験によって様々な研究テーマに取り組んだ。
軍部は、これらの実験を絶対秘密にしたかったが、戦後、731部隊員はそれらを論文にまとめて医学界で出世したためそれはかなわなかった。(驚くことにアメリカからも日本の大学からもお咎めが無かった。)
日中戦争が連合国との戦争へと拡大し、国内は総動員体制下となった。医学界も体制化に組み込まれ、医学界は軍部の動向に沿うようになる。その中で、軍部を利用する医学者も現れた。
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア
Japan unit731 maruta(日本軍731部隊の残虐)


細菌戦は行われた
731部隊は、中国各地で細菌戦を行った。
主なものは、1940年農安・大賚(だいらい)細菌戦、農安細菌戦、寧波(にんぽー)細菌戦、衢州(くしゅう)細菌戦1941年常徳細菌戦、1942年淅贛(せっかん)細菌戦、廣信(こうしん)・廣豊(こうほう)・玉山(ぎょくざん)細菌戦。
陸軍は細菌兵器を大量殺戮兵器として期待した。人体実験、野外人体実験、大規模野外人体実験、中国の主要都市(非占領地)への細菌戦の試行、実際の戦場での試行を行い、細菌戦のデータを蓄積した。各種病原体の撒布方法を改良し、兵器はまだ開発中であったが、民衆に多くの被害者を出した。病原体はペスト菌と炭疸菌が有望視され、ペストノミ(PX)は最も期待された。
731部隊員の金子順一は昭和19年に「雨下撒布ノ基礎的考察」等の論文を書き、つぶさに細菌戦の調査をしている。
『金子順一論文集(昭和19年)』紹介
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書

【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅱ 中支・寧波細菌戦出動始末
―元千葉班・工務班 H・F
・・・
こうした周辺の偵察行動を踏まえて、細菌攻撃班が出動した。これは、軍医を含む専門班である。いずれも中国服に着替えて、朝、トラックで基地を出発する。
細菌の実験が行なわれる場合は、その日の朝、各天幕ごとに命令受領の際、「本日は、どこどこで細菌の実験を行なうので、その方面の水は飲まないように」と通達があった。
出動した細菌の専門班は、あらかじめ調べてあった川の上流に潜入して、試験管に入れたペストやチフスやその他の細菌を川に流すらしい。井戸に投入することもあったと言う。
夕方、彼らは基地に帰ってきた。あらかじめ、衣類や車は、外で噴霧器を用いて消毒してから、基地に帰って来る。そして、風呂の天幕に行って、消毒風呂に入る。ヌルマ湯で消毒臭い風呂から出ると、普通の風呂に入って、臭いを落とすのだが、なかなか、臭いは消えないものだ。
「今日は細菌を使ったな」というのは、否応無く分かってしまう。それから数日すると、細菌を混入させた川の周辺一帯に、効果測定班が出て行った。写真班も同行した。
軍医を先頭にした1班が、周辺の集落の様子や、川や井戸の水の汚染度などを調べるのだ。住民に病名の分からない病人が出たと言う情報をキャッチすると、軍医は、「薬」を持って「治療」に出かけた。患者の治療という名目で、逆にいろいろ調べたのだろう。血液などを採取して帰ってきたようだ。治療法の実験もあった。このような、細菌の実験は全部で3回くらいあった。いずれも、周辺で、正体不明の病気が流行した、と聞いた。
このような日常を目撃していると、どうやら今回の「出張」は、細菌戦の実戦訓練を目的としているらしいと、我々にも察しがついた。
・・・・(中略)・・・
中国人集落の上で細菌爆弾が炸裂
当日の朝、例によって朝の命令受領時に、「本日、○○方面に爆弾を投下するので、注意せよ」と通達されたのである。
我々のうち1人として、投下されるのが、ただの爆弾ということを信じている者は、いなかった。投下されるのは、100パーセント間違いなく「細菌爆弾」なのだ。
爆弾を投下するという航空機は、はるばる平房の部隊本部から飛来すると言う。731部隊は、こうした実験に備えて、専用の飛行機と飛行場―つまり航空班を有していた。
やがて基地の上空に、複葉の小型機が飛んできた。おそらく、平房を出発して、あちこちの飛行場経由でやってきたのだろう。低い爆音を残してさほど高くはない上空を通過していく。将校や居合わせた隊員たちは、木造棟や天幕から飛び出してきて、「あれだ、あれだ」と叫びながら、一斉に飛行機に向けて、手を振った。
飛行機は飛び去った。おそらく前もって選定された目標の中国人集落へ、爆弾を投下したに違いない。それも、「細菌爆弾」をだ。
私は、この航空機による細菌爆弾攻撃を目の前にしながら、安達での一連の実験を思い出していた。
安達(アンダー)の実験場では、どうしたら内部の細菌を殺さずに、しかも有効に「細菌爆弾」を投下・爆発させられるかを、「丸太」を使って、繰り返し実験した。
鉄製の容器だと破裂させるのに多量の火薬が必要となり、その結果生じる高熱と衝撃で細菌が死んでしまう。そこで、鉄のかわりに陶器製の容器が開発されたりした。
そうした、安達での実験の集大成が、今、1つの中国人集落を対象に、行なわれようとしているのだ。もちろん、表向きは、その中国人集落は「敵性集落」と説明されていた。
だが、私には、この細菌爆弾の投下が、実践的攻撃と言うよりも、実験的色合いが強いように思われた。
この爆弾の投下は、出動した全期間を通じて、3、4回、あったと思う。細菌の中身は、おそらくペスト菌であろう。石井731部隊長も、飛来したことがある、と聞いたが、地上の我々には確かめようがなかった。
爆弾が投下されてから1週間ほどたつと、効果測定のために専門班が編成されて、出かけて行く。この時、倉庫から、防毒衣、防毒面等が出されるので、我々は、ペスト菌だとわかるのである。ペストは空気感染なので、防毒衣がないと、味方もやられてしまうのだ。
効果測定には、軍医、写真班、軍属のほか数人の護衛の兵士を含めて、2、30人が出動した。出動した隊員によると、標的とされた中国人集落への途中までは車で行くらしい。
ある地点に来ると、全員車から降りて、防毒衣・防毒面を着用する。白い潜水服を着たような異様な一団となって、さらに山道をたどり集落に入る。
集落では、すでに家を明けて逃げ出す者も多い。あちこちに、発病した村人が横たわっている。例外なく高熱にうなされている。
軍医たちは、すばやく手分けして、病人の状態を調べる。呼吸、脈拍、体温を記録していく。病人が、爆弾を落とされた時、どこにいたのかなどを質問する。手当てと称して、何か処置をしたり、病人の血液を採取する。まだ、発病していない者がいると、当時どこにいたのか訊問する。そして、何か注射している。私の聞いたところでは、健康な者には、あらためて細菌を注射するようなこともあったらしい。結果的に集落は、全滅に近い被害を受けてしまうのである。
写真班は、その情景の1つひとつを、丹念に写している。病人の苦しむ様子も克明に16ミリで撮っている。
ひとおとりの効果測定が済むと、全員、遺留品を残さぬようにして、集落を撤退する。車の所まで戻ってくると、噴霧式の消毒器で防毒衣や備品を徹底的に消毒してから、基地に帰って来る。そして、さらに消毒風呂で、完全に消毒するのだ。


ペストノミ(PX)のよる細菌戦
金子順一論文集(防疫研究室所属)の中に『PXの効果略算法』論文がある。その「第1表 既往作戦効果概見表」は6地域の細菌戦を分析している。PXとは「ペスト菌を感染させたノミ」という細菌兵器のことである。
効果(罹患致死)とは、ペストによって殺害した人の数である。農安ではノミを5g(1gは約2300匹)撒布している。量の少ないもの(g)は地上撒布、多いものは(Kg)は飛行機からの空中散布である。一次は一次流行の死亡者総数、二次は二次流行の死亡者総数。全死亡者は19646人になる。

731部隊は自らペスト菌を撒布し、ペストを流行させた。写真はペスト撲滅隊ではなく、敵兵を担架で運こんだ後、生体解剖したのではないか?(1942年6月3日、大阪朝日新聞)


細菌の大量生産
731部隊では、攻撃用の細菌の大量生産を行っていた。1ヶ月あたり製造量(理論値)は、ペスト菌300kg、炭疸菌600kg、赤痢菌800~900kg、腸チフス菌800~900kg、パラチフス菌800~900kg、コレラ菌1000kgである。(細菌製造班長:柄沢十三夫の供述)
※柄沢はハバロフスク裁判が終わり、恩赦で釈放され日本に帰国する直前、自殺した。

作業は培養基の表面に繁殖した細菌を白金耳でかき取るという危険なものであった。
ノミの大量生産は、石油缶の中にフスマ(麦かす・ノミ床)を敷き、動けなくした状態のネズミ(ノミの餌)を入れて行った。ノミが光を避ける性質を利用して、分離した。ネズミは量産され、捕獲もされた。

ロ号棟の1階が細菌製造工場であった。一連の設備が揃っており、ベルとコンベアで培養缶が運ばれた。

 
 
第4章
731部隊の戦後
マッカッサーの厚木飛行場へ降り立った時の第一声は、「ジェネラル・石井はどこにいるか?」だった。アメリカは、自国の遅れていた生物兵器開発の情報を日本から得ようと、当初から画策していた。部隊長石井四郎は、アメリカに巣鴨拘置所に入れられることなく、
尋問を受け、731部隊員全員の戦犯免責と引き換えに、細菌戦のデータを提供した。

石井四郎は、喉頭がんで、67歳で死去している。
アメリカは、ソ連に嘘を言い続けた!!
「同氏は旧陸軍の細菌戦戦術専門家で、終戦当時、ソ連側から細菌戦首謀者として戦犯リストにあげらたが、総司令部は証拠がないと反ばく、米軍諜報部に保護され、戦犯指定をまぬかれ話題となった。」(毎日新聞1959年10月11日)

軍事裁判と戦後処理
ソ連
ソ連は、戦後シベリア抑留者から731部隊員を探し出し、軍事裁判の準備に取り掛かった。
そこで、731部隊で人体実験の事実を知ると、石井らの尋問をアメリカに要求したが、
アメリカの工作によって、思うように尋問ができなかった。
結局、東京裁判で、ソ連は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを断念した。
そこで、ソ連は東京裁判の不完全さに世界の目を向けさせようと、ハバロフスクで、1949年軍事裁判を行い、全世界に発信した。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。
ハバロフスクの12人の被告のうち2人は服役を終えて、帰国、1人は病死した。
1956年日ソ共同宣言に伴って、残り9人の帰国が決定した。
しかし、帰国の直前、そのうちの1人が世を去った。
元731部隊第4部課長、柄沢十三夫。彼は自らその命を絶ったのである。
柄沢はソビエトに抑留されていた細菌戦部隊員の中で人体実験の事実を最初に認めた1人である。
※ソ連は、この裁判で細菌戦の事実を知り、そのデータを収集し、自国の生物兵器の開発に参考にしたのだろう。

中国
撫順の戦犯管理所に731部隊員は入れられ、人道的な扱いを受け、徐々に自らの罪を告白した。1956年の瀋陽の裁判で、榊原はソ連戦に備えて、細菌の大量製造などを認めた。中国は、日中の国交回復を優先させたため、日本軍の組織的犯罪に触れることなかった。刑は、榊原は懲役13年言い渡されたが、刑は執行されず、翌年帰国、田村(篠塚)ら細菌戦犯4人は不起訴、釈放された。
7年にかけて綿密に調べ天皇や731部隊員の責任を追及した日本軍細菌戦調査書は法廷に提出されなかった。
平房近くの村では、731部隊撤退時に、逃げ出したネズミによって、1946年夏にペストが流行し、多くの人が犠牲になった。その後も、ペストの流行に警戒している。



1990年代、731部隊の生体実験の被害者や、細菌戦の被害者が日本政府を相手取って裁判を起こした。(戦後補償裁判)

アメリカ
アメリカは、敗戦直後から調査団を送り731部隊のデータの収集を始めた。
特に1947年1月にソ連から人体実験の事実を知らされると、石井らに戦犯免責を与える代わりに、731部隊のデータを要求し、ソ連に情報が漏れないように、そのデータの独占を図り、自国の生物兵器開発に利用した。


日本
アメリカが731部隊員に戦犯免責を与え、データを独占したので、東京裁判には誰一人としてかけられなかった。ソ連からの追及もアメリカの保護により、まぬかれた。
そして、731部隊のことは戦後隠蔽された。


細菌戦部隊医学者の戦後
1945年8月石井部隊は帰国。
石井は解散に先立って、部隊員に次のような命令を下していた。
「第1項は、部隊の内容は秘匿せい。隠せ。連合軍による尋問を受ける場合には、防疫給水業務に従事しとったと答えよ。
第2項目目は、官公庁に就職するな。
第3項目目が、隊員相互の連絡はするな。」
石井は占領軍による追及を恐れ、部隊員たちに機密の保持を厳命したのである。
こうして731部隊員たちは、日本全国に散っていった。
米軍との戦犯取引が成立し、東京裁判は1948年11月に判決が下された。ソ連は日本での731部隊の追及が失敗し、ハバロフスク裁判は1949年12月に終結した。1950年6月に朝鮮戦争が勃発し、1951年にサンフランシスコ平和条約が締結された。戦争責任の追及は終了となる。
「他言禁止」はほぼ維持されたが、多くの幹部は公職についた。
大学教授になったり、ミドリ十字を立ち上げてそこに731部隊員を引き入れた。
また、病院を開業したもの、研究所や自衛隊に職を得たものもいた。驚くことに国立予防衛生研究所(今の国立感染症研究所)の初代、2代、5,6,7代の所長が731部隊関係者であった。
人体実験に悩み、自殺した東大助教授もいた!!



以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「戦後、元731部隊に協力したり、部隊で生体実験をしたりしていた学者は、日本の血液産業やワクチン産業の中心的な役割を果たし、また医学界のトップに立った者もいました。ところでこの人々はまた、厚生省傘下の国立予防衛生研究所にも入りました。広島大学の芝田進午教授は、初代から7代目までの予防衛生研究所の所長のうち6人までが731部隊協力者だったという報告をしています。
さて広島では、ABCC(アメリカが設置した原爆傷害調査委員会)の傘下に国立予防衛生研究所支部が置かれました。この機関に、広島の学者たちの多くが協力しました。」


※ここでも、731とABCCの深いつながりが見える。原爆投下後の広島で日本医学界は総力をあげて、原爆被害調査(治療ではない!)をしたが、そのときも731部隊員が参加している。
原爆の非人道性を非難せず、アメリカの喜ぶような被害調査を実施し、181冊に及ぶ報告書を英訳してアメリカに渡した。これは、天皇制護持と731部隊の蛮行を秘匿するためだった。731での人体実験がソ連によって明らかにされると、アメリカは、石井らに細菌戦のデータをすべて要求し、それらを買収した。そして、731部隊員らを全員に戦犯免責を口頭で与えた。
731部隊関係者が、原爆・原子力の方向へと協力していく。
731部隊・原爆という両者の非人道性をお互い帳消しにしようということか?

以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「ところがこの直前の9月6日、原爆投下のマンハッタン計画の副責任者であるファーレル准将は、帝国ホテルで記者会見を行ない、「原爆放射能の後遺障害はありえない。すでに広島・長崎では、原爆症で死ぬべきものは死んでしまい、9月上旬現在において、原爆放射能のために苦しんでいる者は皆無だ」という声明を発表するのです。
ファーレルの宣言によって、被爆者の存在は社会から隠され、被爆者の国際救援の道は閉ざされました。・・・

禁止される原爆報道・医学研究
ファーレル准将が広島を視察した後、1945年9月19日、GHQ(連合国軍総司令部)は「プレスコード」を発令し、連合国、占領軍の利益に反するすべての報道を禁止しました。これによって、1952年4月に占領が終わるまで、原爆の被害のほとんど不可能になったのです。
記事だけでなく、写真も映画フィルムも同じでした。
・・・・
救援に駆けつけたジュノーさんの活動も妨害します。世界に向かって救援を呼びかけたジュノーさんの電報は、打電できませんでした。
11月には原爆被害の医学研究も禁止しました。これには日本の医学者たちが猛烈に反対しますが、どうにもなりませんでした。
日本側の調査は、団長の都築正男東大教授らによって、45年8月29日に開始されました。しかしやがて都築氏はGHQによって、公職を追放されました。
アメリカは、原爆を落としてから23年も後の1968年になって国連に原爆白書を提出しますが、そこでは残留放射能による被害を否定し、生きている被爆者には病人はいないと報告しています。
被爆者問題に取り組む弁護士の椎名麻紗枝さんは、『原爆犯罪』(大月書店)という本の中で、アメリカが苦しんでいる被爆者が1人もいないかのように見せかけたのは、何よりも原爆の残虐性、非人道性を隠すためだった、と述べています。・・・

何もしなかった日本
日本の政府も、1945年8月10日に、国際法違反だとしてアメリカに抗議した後は、今に至るまで1度も、原爆投下に対して抗議をしませんでした。アメリカも、日本の被爆者に対して謝罪をしていません。日本では国に損害賠償を請求する訴訟が1度だけ行われましたが、このいわゆる原爆訴訟は、判決文の中でアメリカの原爆投下行為を国際法違反とした画期的なものでしたが、損害賠償については原告敗訴が言い渡されました。この裁判の中で1955年に国は、原爆使用は国際法に違反しているとは言えないと主張しました。この主張は今に至るまで繰り返され、被爆国日本が、こともあろうに原爆投下を国際法違反として非難もしないので、世界中が驚いています。(以上 引用)


731部隊員であった石川太刀雄丸は戦後金沢大学の医学部長までなったが、1944年の日本病理学会会誌には次のように書いてある。「昭和15年秋、満州国農安地区ペスト流行に際して、発表者中1名(石川)はペスト屍57体剖検を行ったが、これは体数において世界記録であるが・・・・」
731部隊が行った細菌戦の成果を見るために剖検(生体解剖か?)を57体行った。この人は、広島の原爆調査でも、解剖している。昭和48年に、大量の消化管出血で急逝している。


細菌戦部隊医学者の博士論文
731部隊員や他の防疫給水部隊員は、部隊での研究業績を使って学位(博士)を取得した。
東大、京大、九大、阪大、慶大、岡山大学、日本医科大学、新潟大学、慈恵会医科大学、金沢大学・・・等が学位を与えていた。
例)金子順一・・・授与大学:東大:1949年1月10日・・・主論文名「雨下撒布ノ基礎的考察」『防疫報告』8冊を『金子順一論文集』として申請

旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア

731 部隊関係者等の京都大学医学部における博士論文の検証

西里扶甬子講演会
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演1(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演2(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演3(2014)


松村高夫講演会
「731細菌戦部隊と現在」
731細菌戦部隊と現在 1 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 2 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 3 慶大 松村高夫


常石敬一講演会
「731部隊とは?今問う意味は」1
「731部隊とは?今問う意味は」1 神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」2  神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」3 神奈川大学 常石敬一



自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由
封印された原爆報告書

封印された原爆報告書
自国民さえも実験台として、嬉々として自国民の被爆調査を行い、自発的に英訳して調査報告書を渡す。全ては、七三一部隊の秘匿、そして、天皇に対する免責を勝ち取るためだったのではないのでしょうか。この取引は十分に功を奏したようで、太田昌克氏の著作にも人体実験に対する米国の追求はどこか間が抜けたものとして書かれています。単純に細菌兵器の技術、実験結果を知りたかったためとしては、やはり片手オチ。米国は、第二次世界大戦で最も知りたかった情報を自ら差し出してきた日本軍部と取引したのではないでしょうか。そうしない限り、この七三一部隊の隠蔽理由(いまだにこの部隊はでっち上げだという論陣を張る人がいます。それは、悪魔の飽食の書評を見ただけで明らかでしょう)をどうしても納得できません。

原爆被爆者は、軍部免責、天皇制維持のための、数少ない有力なカードだったのではないでしょうか。

天皇や三笠宮も731に行っていた?(生体実験を知っていた?)40分あたりから
unit731


731部隊から福島へ!(1時間20分~1時間33分あたり)
広瀬隆氏講演in福島「IAEAとICRP~原子力マフィアによる被曝強

黒い太陽731



731部隊が人体実験や細菌戦を行ったことは明らかである!!
日本政府は、速やかに情報を公開せよ!!

【七三一部隊展2013実行委員会より】
(最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!)         


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・原発・天皇制!!

2014-04-26 06:35:41 | Weblog

秘密保護法撤廃!!撤廃!!撤廃!!
“過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる”

篠塚良雄さん!!
あなたの貴重な勇気のある証言によって、私たちは戦争の恐ろしさを知りました!!
ありがとうございました!!
ご冥福をお祈りいたします!!

細菌戦(731部隊の蛮行)

【完全版三光】より
篠塚(田村)良雄・・・防疫診療助手 兵長
〈略歴〉
1939年5月 元関東軍防疫給水部本部(731部隊に入隊)
1943年3月 退職
1944年3月 元関東軍59師団32連隊に源へ現役兵として入隊
1945年8月 元関東軍125師団軍医部兵長
1946年9月 東北人民解放軍独立3師衛生部に混入
1952年6月 逮捕さる。河北省永年県において
・・・・年齢 35歳

「なんだ、田村か?おどかしやがって」と、暗闇から近づいて行った私を見た40過ぎの柄沢班の雇員、長島次郎が、床下にさっき隠した肉エキスを出しながら、さもいまいましそうに怒鳴りつけると、なお言葉を続けて「なあ、田村!!将校さんは一瓶15円もするというこれを1ダースでも2ダースでもおおっぴらに持ち出してよ、嬶(かかあ)とペチャペチャなめ合うこともできるが、こっちたら・・・・」「軍馬、軍犬、鳩、雇傭人というこの雇員は、こんなときでなければなめられないというんだろう」、田部井班の玉井が長島の言葉を取ってチャチャを入れました。
私は集まっている顔ぶれを見て古参雇員の時々口にする彼らの情報交換だと知ると、すぐに特別班に入りたくない気持ちも動き、出て行けと言われるまで、何を話すのか聞いてやれと思い、腰を下ろしました。
『機密を漏らしたものは極刑に処す』と毎日言われ、極刑に処されても異論はありません、と一札を入れているが、上級に上手に立ち回って点数を取るには部隊が現在何をしているかを知る必要がありましたし、それよりも自分の行っている仕事がいかに『極秘』であるかを話すことによって、こんなに上級から信頼されている人間だと自慢したい雇傭人の共通の心理から、日直のときに各班から集まってこそこそ話をするのが常になっておりました。


語り部フォーラム


闇に消えた虐殺~731部隊・細菌戦の真実(テレビ朝日「ザ・スクープ」、1997年8月放送)近藤昭二


フクシマの嘘 其の弐(隠ぺい・詭弁・脅迫)



「731部隊展」を終えて
今回の731部隊展を終えて感じたことは、大日本帝国実現の為に、兵器を作るのに熱中しすぎて、人間の倫理観は麻痺し、残虐な限りを尽くしたことだ。日本医学界は、上からの命令で動いたことや、アメリカが細菌戦のデータを重視し、隊員を買収してデータを集め、戦犯免責を与えたものだから、関わった者たちは戦後全くの反省することなく、自慢げに学会で発表する者すらいた。また、戦中・戦後、生体実験をもとにして書かれた論文に多くの大学が驚くことに博士号を授与した。
そして国体護持(天皇制護持)を条件に、降伏した日本は、アメリカの非人道的な2発の原爆投下を非難することはできず、731の残虐行為を隠蔽し心証をよくするため、日本医学界は全面的に、アメリカの原爆被害調査に協力し、治療はまったくしなかった。ただ、現地の医師たちだけが、患者に向き合い、治療した。
このことが、アメリカの核戦略を容認し、日本の科学界・医学界が、原子力の方向へ進むことになる。
中国、アジアで行われた医学界の残虐行為は、国家犯罪であり、日本医学界だけの問題ではなく、天皇を含め国家の上層部の責任が大きい!!日本医学界が謝罪できない理由は、こんなところにあるのかもしれない。


パネルを振り返りながらそれを見ていくと、

序章は、「薬害エイズと731部隊」
一枚目のパネルは厚生省の中庭に建てられた碑の写真から始まる。
その「誓いの碑」には、こう書いてある。

「命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する

千数百名もの感染者を出した
「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省し
この碑を建立した

平成11年8月 厚生省」

1980年代、アメリカでエイズが広がった。もしかしたらこのエイズも731部隊の研究成果を元に作られた可能性はある。人為的なもの?
アメリカは、血友病患者に投与していた非加熱製剤がエイズウイルス汚染されていることがわかり、いち早く加熱製剤に切り替えたが、日本は、非加熱製剤のトップメーカーであったミドリ十字に配慮して、加熱製剤への切り替えがアメリカに比べ2年以上も遅れ、さらに加熱製剤販売後も1年以上非加熱製剤を回収しなかったために、薬害エイズの被害が広がった。

なぜ、ミドリ十字に厚生省は配慮したのか。両者には、天下りを通して、癒着があり、厚生省のエイズ班長であった安部英(あべたけし)にも、影響を与えた。

それでは、テレビで初めて薬害エイズの件で土下座者謝罪したミドリ十字とは、いったいどんな会社なのか?
1950年、石井四郎の懐刀(ふところがたな)といわれた内藤良一(731部隊員、防疫研究室にいて、石井ネットワークにいろいろ指示を出していた)は、朝鮮戦争の犠牲者に対する輸血血液の需要を当て込んで、売血を目的に、日本ブラッドバンクを設立をする。そこには北野政次(731部隊2代隊長)ら多くの731部隊員が集まる。そして日本の輸血が売血から献血に切り替わると、日本ブラッドバンクは、ミドリ十字と社名を変更し、血液製剤メーカーとなっていった。
内藤は、多くの731部隊関係者をスカウトし、日本ブラッドバンク・ミドリ十字の中核を担わせていく。

内藤が731部隊の人脈と技術を引き継いでつくり上げたミドリ十字は、731部隊の気風をそのままに引き継いでいた。そのことが、薬害エイズ事件を引き起こす原因の1つになった。

※731部隊の気風・・・731部隊は本当に人命を軽視していた!!
※ミドリ十字は、医薬品業界の合併を経て現在田辺三菱製薬になっている。

第1章 731部隊の創設
1931年9月18日、中国東北部の柳条湖で関東軍は、鉄道を爆破し、中国軍の仕業にして、東北地方の侵略を開始する。32年関東軍と南満州鉄道会社の支配のもとに清朝のラストエンペラー溥儀を擁立し、満州国を建国し、中国人を表の顔にするが、裏で日本人の役人が操っていた傀儡国家であった。安倍の母方の祖父、岸信介も満州国の役人であり、「満州5カ年計画」などの策定にかかわっていた。東條英機も、関東軍司令官として赴任していた。両者とも極秘裏に進められていた、731の計画も知っていただろう!!

その満州国の背陰河に秘密裡に東郷部隊を設置し、生体実験を繰り返しやっていたが、マルタ(被験者)の脱獄事件が起こり、これをきっかけに、脱獄できないもっと大規模な実験施設を平房に建設する。1938年頃主要な建物が完成する。
この巨大な施設は、議会の承認なしに、年間今のお金にして90億円が費やされた。もちろん天皇も陸軍も承認した施設であった。この施設には、今のIOCの会長の竹田の父親
竹田宮恒徳王(竹田宮)は宮田中佐と名乗って、731に関与していた。
三笠宮・天皇もこの施設を視察したと言う証言もある。
安倍が秘密保護法をいち早く成立させた背景にはこういうことが関係があるかもしれない。
高杉晋吾 国策としての731部隊と原発

部隊全景
周囲8km四方を土塁と高圧線に囲まれ、部隊には鉄道の引込み線が敷かれ、物資やマルタ(被験者)を運び入れていた。飛行場もあり、専用の飛行機も数機有し、学校あり、神社、隊員の宿舎、運動場、テニスコートなどもあった。敷地内のロの字形をした研究棟(5階建てぐらい)の中に、7棟、8棟と呼ばれた特設監獄があり、そこにマルタと呼ばれていた被験者たちが収容され、いろいろな生体実験が行われていた。

731部隊の始まり
石井四郎は、京都帝大医学部を卒業後、軍医になり、1928年から2年余りヨーロッパやアメリカを視察旅行し、細菌兵器が資源の乏しい日本にとって、有効であることを確信し、永田軍務局長をはじめ、軍上層、天皇を動かし、細菌兵器の開発を傀儡(かいらい)国家満州で、取り掛かる。

731部隊組織表
731部隊には多いときで3000人の職員がいた。第1部から第4部まであった。
第1部では基礎研究でチフスやコレラ、ペストなどの細菌の研究をしていた。
第1部第3課のレントゲン班に宮川正の名前が見える。
1954年のアメリカの水爆実験のとき、被害を受けた船を第五福竜丸だけにした男だ。
そのとき、1000余り被曝したのだが、アメリカの意向を受けて過小評価した。

宮川正の軌跡
1944年3月4日、宮川は、関東軍防疫給水本部に配属され、731部隊のレントゲン担当となった。第1部細菌研究部第3課の吉村寿人の下には、レントゲン担当の二つの班ー宮川が班長を務める宮川班と在田勉(任期・1939年4月5日~1944年8月25日)が班長を務める在田班があった。
西野瑠美子が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、男性用の収容棟と女性・子どもの収容棟にそれぞれ1ヶ所ずつレントゲン室があったとされる。細菌に感染させるマルタ(被験者)の健康診断のためのエックス線撮影が主な仕事で、部隊敷地内の隊員と家族のための診療所でもレントゲン診断を行った(西野瑠美子「731部隊―歴史は継承されないのかー元隊員を訪ねて」『世界』1994年4月号掲載)。健康なマルタの病変の経過を見ることが部隊の関心対象だったため、健康診断を受けさせ、健康と判定されたマルタだけが人体実験の対象になった。
レントゲン班でも、人体実験が行われていた。西野が取材したレントゲン班の元隊員の証言によれば、「レントゲンを肝臓に当てる実験に立ちあった」といい、レントゲン班では、細菌に感染したマルタのレントゲン撮影を一定の期間をおいて実施したとされる。
これと似通った匿名の731部隊班長の証言が吉永春子の書き下ろし『731 追撃・そのとき幹部達は」(2001年、筑摩書房)に収録されている。肝臓にレントゲンを照射して致死量を確認する実験を行ったという証言は、TBSテレビで1976年8月15日に放送されたドキュメンタリーのために吉永らが行ったインタビューの中で行われたものだった。内容から、匿名の証言者は宮川ではなく、もうひとつのレントゲン班の班長と推察される。
宮川は、戦後、亀井文夫監督の記録映画「世界は恐怖するー死の灰の正体」(1957年)の撮影に協力している。この映画には、宮川も理事を務めていた日本放射性同位元素協会(後の「日本アイソトープ協会」)や山崎文夫、村地孝一らの科学者も協力していた。映画には、放射線を長時間、実験用のマウスに照射して死に至るまで観察する実験が記録されている。ネズミへの放射線照射の映像は、映画の中では、あくまで放射線の恐ろしさを実感させる素材として使われているが、一面で731部隊が死に至る人体実験の様子をフィルムに記録したという証言を彷彿させるものだった。1960年8月には、茨城県東海村の日本原子力研究所で宮川らがネズミにガンマ線を照射し、被曝時の生体変化を観察する実験を実施すると報道されたこともあった。
宮川が731部隊でレントゲン班の責任者だったことは消せない事実だが、宮川が直接行ったとする人体実験の具体的な証言や記録は今のところ確認されていない。

・・・・これらの事例とは対照的に、宮川が公職追放を受けなかったのはいったいなぜなのだろうか。

・・・宮川正は、1949年「科学朝日」8月号の皆川理らとの座談会「放射能とは何か」に国立東京第一病院の医師として登場し、放射線の医学的な利用等について説明している。国立病院の勤務医になったことは、731部隊時代の行動について「お咎めなし」のお墨付きが得られていた証だろう。
・・・宮川は1953年に横浜医科大学の教授となり、やがて放射線治療の分野で名が知られるようになっていった。
・・・宮川と731部隊の関係者の繋がりは戦後もある時期まで、維持されたものと考えられる。
・・・第5福竜丸事件が起こると、宮川は4月から5月にかけて横浜・川崎両港に入港した民間船の放射能汚染調査と、5月からの横浜市内の上水道の放射性物質の測定を開始した。此れが評価されたためか、宮川は、10月に厚生省に設置された「原爆被害対策に関する調査研究連絡協議会」の環境衛生部の委員に任命されることになった。
・・・1956年4月、宮川が東大医学部放射線医学講座の主任教授となった。宮川は、5月16日、原子力委員会の「国立放射線医学総合研究所設立準備小委員会」の5人の専門委員のひとりに任命された。
・・・宮川は、1956年に日本学術会議原子力問題委員会の放射線影響調査特別委員会委員に選ばれたのに続いて、翌年5月25日には原子力委員会の放射能調査専門部会(部会長・都築正男)委員にも任命された。宮川は、1958年9月1日、ジュネーブで開かれた第2回原子力平和利用国際会議にもアイソトープ・生物学関連のふたつのグループの責任者のひとりとして出席している。
731部隊関係者の中で、原子力行政にこれほどまでに、食い込んだ者は、宮川以外には見当たらない。そうした意味で宮川は部隊の元関係者の中では特異な存在だった。
『ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影』
堀田伸永著より
ヒロシマからフクシマへ 戦後放射線影響調査の光と影【無料版】堀田伸永
※また福島事故後に有名になった医学者の一人に同じく東大出身で、東大病院放射線科の中川恵一準教授がいます。彼は、「福島で健康被害は出ていない、今後も出ない」と主張する学者の代表格です。私は中川医師の『被ばくと発がんの真実』という著書に、科学的な疑問点が100か所以上見受けられたので、質問を送りましたが、どれひとつとしていまだに回答をいただいておりません。
実は免責された731部隊は、放射線医療業界にも歴史的につながっています。例えば731部隊、レントゲン班でも致死量を当てる人体実験が行われ、リーダーのひとりであった宮川正は、戦後放射線治療の専門家になりました。第五福竜丸事件の後、福竜丸以外の船員が放射線障害で苦しんでいても、放射線障害ではないだろうという理論を展開し、800あったと言われる被曝船は、一隻とされたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・
XII) 731部隊、広島長崎、チェルノブイリ、福島より

東大・中川氏 正しい放射線・放射能・被ばくに関する対応とは

崎山比早子先生 『御用学者・東大中川恵一を痛烈批判!』



陸軍軍医学校防疫研究室と石井機関のネットワーク
天皇の承認の元に、細菌戦の攻撃面の命令は参謀本部作戦第2課が行ない、研究は陸軍省医務局が管轄していた。細菌戦部隊はアジア各地につくられ、防疫給水という名称によって、隠された。ハルピンをはじめ、北京、南京、広東、シンガポールにつくられた。
防疫給水部全体のネットワークは石井機関と呼ばれ、陸軍軍医学校防疫研究室の内藤良一が采配を振るっていた。
大学教授は、防疫研究室の嘱託となって、弟子たちを731部隊に送り、731部隊に指示を出していた。731部隊に行った弟子たちは生体実験などのデータを防疫研究室に送って、情報の共有をはかった。


日本医学会総会軍陣医学部会
1942年の第11回の日本医学会総会は東大で開かれた、写真は東大の安田講堂の前で第9部微生物学分科会の記念撮影。
前列向かって左側に、731部隊初代隊長の石井四郎、右側には2代目隊長の北野政次、3列目の左には1644部隊長の増田知貞の顔が見える。いかに、この部会で細菌戦部隊が幅を利かせていたかがわかる。
部会では、多くの細菌戦部隊員が参加し、人体実験で得たデータを元に書いた論文を発表している。
石井軍医少将は「所謂孫呉熱ノ研究」を研究グループを代表して軍陣医学部会の最後に講演した。

第2章「マルタ」
ロ号棟(四方楼)に囲まれた特設監獄(7棟、8棟)に被験者は「マルタ」(丸太)と呼ばれ収容され、人体実験が行われていた。

憲兵隊と「特移扱」(特別移送扱)
憲兵隊や特務機関に逮捕された者は秘密裡に731部隊に送られた。人体実験の被験者は「マルタ」と呼ばれた。「丸太」という意味である。

「特移扱」(とくいあつかい)は、憲兵隊が実験材料「マルタ」を731部隊に供給するための制度である。
憲兵は、特移扱でマルタを731にたくさん送れば、出世した。731部隊にとっては、大量の実験材料を速やかに入手できるものであった。
抗日活動家やソ連のスパイは裁判にかけられず、731部隊に送られた。
もちろん、無実の者でも、憲兵隊での脅迫や拷問下での取り調べの実情が、外部に漏れるのを防ぐために、731部隊に送られた人もいた。


「特移扱」文書
吉林省档案館発行の『「731部隊」罪業鉄証』には、戦争当時の憲兵隊の文書の写真が載っている。
そこには、工作名 イワン 「特移送スルヲ至当トミ認ム」と書いてある。
中国人 張生文は、抗日活動をしていたのだろうか?工作名イワンと名乗り、活動していた。そして、憲兵隊に捕まり特移送された。すなわち、731部隊に送られた。
731部隊に送られた者の数ははっきりしていないが、731部隊の総務部長や細菌製造部長であった川島清ハバロフスク(ソ連)裁判の供述調書に「強力な伝染病を囚人に罹患させる実験によって毎年600人以上が死んでいた」という証言を残している。
1939年から1945年の敗戦までには、少なくとも3000人が被験者とされ、殺された。

朱玉芬(しゅぎょくふん)の父と叔父
私は朱玉芬です。父は雲彤(うんとう)で叔父は朱雲岫(うんしゅう)です。2人とも抗日連軍(東北抗日連軍)にいました。憲兵隊に捕まって、731部隊に送られました。
2人とも731部隊で実験されて亡くなりました。

第3章
731部隊の人体実験

731部隊をはじめ、石井機関、陸軍病院その他の施設では、密かに人体実験が行われていた。
中国に作った日本の陸軍病院では、手術演習の名のもとに、生体解剖が行なわれた。
731部隊では、ペスト菌の毒力を増すために、ペスト菌の注射そして、その後に生体解剖、その他の菌でも、行われた。
また、細菌戦をやったところに赴いて、防疫活動の名のもとに、生体解剖を行なった。
軍医として中国・山西省へ

ペスト(黒死病)
平澤正欣軍医少佐の博士論文『「イヌノミ」の「ペスト」媒介能力ニ就テノ実験的研究』には、イヌノミがペストを動物に感染媒介する能力についての実験が報告されている。それによると、ペストに感染したイヌノミを3人の被験者に一匹附着すると、ペストになる人は0人で0%、5匹附着すると1人で33%、10匹附着させると2人で66%である。
ノミには14種類あり、その中でどのノミが細菌戦に有効であるかを研究していた。
その結論として、ケオピスネズミノミが一番感染力、抵抗力があることがわかり、このノミを細菌戦に使用することになる。

炭疽(Anthrax)
731部隊では、いろいろな細菌の培養をし、兵器化していた。
戦後、アメリカは、731部隊員から入手したデータを使って、731部隊員をアメリカに呼んで、3つの英文レポートを書かせている。Aレポート(炭疸菌)、Gレポート(鼻疽菌)、Qレポート(ペスト菌)である。
戦時中、731部隊ではいろいろな生体実験が行なわれたが、その中に炭疸菌の実験があった。
炭疸菌を皮下注射した場合、症例数1で、症例番号54番は7日で死んだ。
経口感染させたものは、症例数6で、318番、26番は3日で死に、320番、328番、325番、17番は2日で死んだ。
経口撒布感染させた者は12人で、411番は4日で死に、・・・・・
経鼻感染させた者は、4人で、380番は3日で死んだ。・・・・・

流行性出血熱
満州で原因不明の風土病がはやった。
そのとき、731部隊は調査隊を送って、人体実験をして原因を調べた。

1938年にソ連との国境地帯に不明疾患が続出した。死亡者は年々増加し、致死率は15%であった。この出血熱は、発病地の名前を取って、孫呉熱とか虎林熱と呼ばれ、731部隊は調査班を編成して派遣した。731部隊内には特別研究実験班を設置し、「特殊研究」を行わせた。
病原体は北満トゲダニから分離され、濾過性(ウィルス)と特定された。1942年12月に流行性出血熱と命名され、現在は腎症候性出血熱といわれる。
「特殊研究」とは人体実験のことである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国家犯罪!731・原発・天皇制!!

2014-04-26 06:34:15 | Weblog

毒ガス実験
731部隊と516部隊(関東軍化学部)は、合同で毒ガスの人体実験を行っていた。
516部隊には、731部隊の分遣隊が置かれていた。石井部隊は背陰河時代に青酸の人体実験を行っていた。平房の本部は、毒ガス実験室を作り、ガラス張りの部屋に毒ガスを発生させて、中の「マルタ」を観察した。

瀬戸内海に浮かぶ大久野島では大量の毒ガス兵器が作られ、中国で使用された。当時、生産に携わった人の中には、そのときの後遺症で今なお治療を受けている人もいる。
また、戦時中、中国では、日本軍が使用した毒ガス兵器によって多くの人が死んだり、731部隊や516部隊の実験材料にされて、無残に殺された人も多い。
日本軍が敗戦で引き揚げるときに、多くの毒ガス弾を中国に遺棄したことによって、今の中国では、その毒ガス弾に触れたり、爆発によって被害が出て、日本で裁判も現在進行中である。
化学兵器廃絶を目指し、被害者を支援する ― 遺棄毒ガス問題ポータルサイト ―
遺棄毒ガス被害者家族の現状(ABC企画ニュース89号より)

相模海軍工廠(海軍毒ガス工場)
【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅰ ファインダーがとらえた地獄
―総務部調査課写真班 T・K
「新京陸軍病院衛生兵から731部隊員へ」より
毒ガス実験の撮影は命がけだった
・・・「丸太」は、1回に1人ずつ、特別班員によって中に連れて来られる。足かせをはめられ、後手に縛られて、ガラスのボックスの中に立ったまま入れられる。
じっと息を殺したような重苦しい時間が流れる。やがて、ボックスの中の「丸太」がまるで居眠りでもするように、次第に顔をうつむけていく。5分ぐらいたったろうか。「丸太」は、ひとつ大きな「あくび」のような息をして、ガクッとこうべを垂れる。絶命の瞬間だ。
1回の実験で、4、5人の「丸太」を次々とこうして毒ガスで殺す。
カメラを構えている私の近くの壁に、小鳥(カナリアだったか、十姉妹だったか)を入れた鳥かごがぶら下げてあった。よく見るとほかにも、2、3の鳥かごが同じようにかけてある。
「これ何のためですか」と聞くと、516部隊の将校が、「かごの中の鳥の様子に注意せよ」という。そして、小鳥の様子に異常を認めたら逃げろ、と指示された。
つまり、この実験で使用されたのは、無色無臭の窒息性毒ガスで、しかも実験設備では、毒ガスがもれる恐れがあるということなのだ。
O大尉に731部隊行きを誘われた時、40歳ぐらいまで気楽な軍属として働こうと思っていた私は、731部隊の想像もしていなかった危険な実態を、身にしみて感じ、はげしく悔恨のほぞをかんだが、もう遅かった。


毒ガス野外実験
陸軍の毒ガス研究開発は、関東軍化学部(516部隊)、第6陸軍技術研究所、陸軍習志野学校、浜松陸軍飛行学校などが担った。攻撃方法は迫撃砲などの砲弾によるもの、地上で撒布・放出するもの、飛行機による雨下(空中撒布)や毒ガス弾の投下などであった。731部隊では、毒ガスの人体に及ぼす影響を、人体実験を行い研究した。
1940年9月7日~10日にかけて、砲門4門(600発)と十榴8門(600発)のきい弾〔イペリット・糜爛性(びらんせい)ガス〕の射撃を実施。第1,2,3地域に分け、野砲偽掩体、壕、観測所、掩蓋MG(機関銃)座、特殊構築物などに被験者を配置した。被験者を毒ガスマスクを装着するもの、しないものに分けた。

赤ん坊への凍傷実験
シベリア出兵(1918年~22年)時には、全軍の3割が凍傷に罹った。ソ連軍との戦争を想定していた関東軍にとって、凍傷の治療は克服しなければならない課題であった。
吉村寿人(ひさと)班では次の手順で実験を行った。
1、零下20℃以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る。
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する。
3、凍傷になった腕を温度差のある湯につけて、回復具合を見る。時により患部が壊死・脱落して骨があらわになる。
吉村らはこれらの実験から凍傷のメカニズムを明らかにし、「治すには体温程度の温水につければよい」という画期的な治療法を発見した。石井はこの発見をことあるごとに誇っていたという。

生後3日、1ヶ月、6ヶ月の赤ん坊への実験。
なんと赤ん坊でも実験を行っていた。
・・・・「中指に針を埋め込み、摂氏0℃の氷水に30分入れ、皮膚内部の温度変化を調べた。生後3日から1ヶ月後までこの実験が毎日行われた。吉村はこの被験者は、共同研究者の二男だと弁解している。」
※もちろん、中国人の赤ちゃんなども、実験に使われていたのではないか?
吉村が自著『喜寿回顧』の中でも、モンゴル人少年の凍傷実験の様子を写した写真を載せている。反省など全く見られない。
戦後、吉村は、京都府立医大学長までなるが、日本生理学会において731部隊で行った凍傷実験を「私の研究遍歴」と題して発表し、学会からは批判も出ていた。
凍傷実験に被験者にされた人は、手が無くなったりしたが、死ぬまで何らかの実験に使われた。

医学者たちの独走
731部隊での実験は、細菌戦の準備とは無関係に医学者の好奇心だけで行われたものがほとんどである。
・乾燥器にかけて熱風を送る。
・何も食わせないで水だけ飲ませたらどのくらい生きるか。
・パンだけ与えて、水を一切やらなかったらどうなるか。
・ガラスチェンバーでのガス実験。
・梅毒実験。
・逆さ吊りにした場合、何時間何分で死に至り、身体の各部はどの様に変化するか。
・X線の長時間照射。
・チスフ菌入り甘味まんじゅう実験。
・手榴弾を、露出したマルタのお尻付近で爆発させ、破片の突き刺さり具合の調査。
・真空実験、減圧実験。
・ビタミンCの大量注射。
・A型からO型(血液)への輸血。
・右腕と左腕を取り替える。
・ロシア人母子への青酸ガス実験。
・・・・・・・・・
731部隊で人体実験が行われている時期に平行して、大学医学部や石井機関でも「治療」と称して人体実験が行われ、多くの被害者を出している。日本に於ける、731部隊と民間の人体実験への姿勢は無関係ではなく、同じ医学パラダイム内での行為である。

人体実験が結ぶもの
軍部は731部隊に実験材料(被験者)と資金を提供し、医学者?は人体実験により速やかにその効果を確め、そのデータをもとに強力な生物兵器の開発を急いだ。
軍のメリット
・強力な生物兵器の開発
・流行性出血熱などの新たな病原体の発見による新兵器の開発
・凍傷実験・ワクチン開発などによる味方兵士の防御
・毒ガス実験による経済的な兵器の開発
医学者?のメリット
・ペストやコレラ等日本では出会えない病原体の研究
・流行性出血熱などの新発見の病気
・凍傷やワクチン研究による新しい治療法の発見
・毒ガス実験等病理データの蓄積
医学者?は人体実験によって様々な研究テーマに取り組んだ。
軍部は、これらの実験を絶対秘密にしたかったが、戦後、731部隊員はそれらを論文にまとめて医学界で出世したためそれはかなわなかった。(驚くことにアメリカからも日本の大学からもお咎めが無かった。)
日中戦争が連合国との戦争へと拡大し、国内は総動員体制下となった。医学界も体制化に組み込まれ、医学界は軍部の動向に沿うようになる。その中で、軍部を利用する医学者も現れた。
旧日本軍「731部隊」、人体実験で23人博士号取得―韓国メディア
Japan unit731 maruta(日本軍731部隊の残虐)


細菌戦は行われた
731部隊は、中国各地で細菌戦を行った。
主なものは、1940年農安・大賚(だいらい)細菌戦、農安細菌戦、寧波(にんぽー)細菌戦、衢州(くしゅう)細菌戦1941年常徳細菌戦、1942年淅贛(せっかん)細菌戦、廣信(こうしん)・廣豊(こうほう)・玉山(ぎょくざん)細菌戦。
陸軍は細菌兵器を大量殺戮兵器として期待した。人体実験、野外人体実験、大規模野外人体実験、中国の主要都市(非占領地)への細菌戦の試行、実際の戦場での試行を行い、細菌戦のデータを蓄積した。各種病原体の撒布方法を改良し、兵器はまだ開発中であったが、民衆に多くの被害者を出した。病原体はペスト菌と炭疸菌が有望視され、ペストノミ(PX)は最も期待された。
731部隊員の金子順一は昭和19年に「雨下撒布ノ基礎的考察」等の論文を書き、つぶさに細菌戦の調査をしている。
『金子順一論文集(昭和19年)』紹介
七三一部隊等の旧帝国陸軍防疫給水部に関する質問主意書

【真相】
石井細菌戦部隊―極秘任務を遂行した隊員たちの証言
郡司陽子編(1982年11月30日初刷:徳間書店)
Ⅱ 中支・寧波細菌戦出動始末
―元千葉班・工務班 H・F
・・・
こうした周辺の偵察行動を踏まえて、細菌攻撃班が出動した。これは、軍医を含む専門班である。いずれも中国服に着替えて、朝、トラックで基地を出発する。
細菌の実験が行なわれる場合は、その日の朝、各天幕ごとに命令受領の際、「本日は、どこどこで細菌の実験を行なうので、その方面の水は飲まないように」と通達があった。
出動した細菌の専門班は、あらかじめ調べてあった川の上流に潜入して、試験管に入れたペストやチフスやその他の細菌を川に流すらしい。井戸に投入することもあったと言う。
夕方、彼らは基地に帰ってきた。あらかじめ、衣類や車は、外で噴霧器を用いて消毒してから、基地に帰って来る。そして、風呂の天幕に行って、消毒風呂に入る。ヌルマ湯で消毒臭い風呂から出ると、普通の風呂に入って、臭いを落とすのだが、なかなか、臭いは消えないものだ。
「今日は細菌を使ったな」というのは、否応無く分かってしまう。それから数日すると、細菌を混入させた川の周辺一帯に、効果測定班が出て行った。写真班も同行した。
軍医を先頭にした1班が、周辺の集落の様子や、川や井戸の水の汚染度などを調べるのだ。住民に病名の分からない病人が出たと言う情報をキャッチすると、軍医は、「薬」を持って「治療」に出かけた。患者の治療という名目で、逆にいろいろ調べたのだろう。血液などを採取して帰ってきたようだ。治療法の実験もあった。このような、細菌の実験は全部で3回くらいあった。いずれも、周辺で、正体不明の病気が流行した、と聞いた。
このような日常を目撃していると、どうやら今回の「出張」は、細菌戦の実戦訓練を目的としているらしいと、我々にも察しがついた。
・・・・(中略)・・・
中国人集落の上で細菌爆弾が炸裂
当日の朝、例によって朝の命令受領時に、「本日、○○方面に爆弾を投下するので、注意せよ」と通達されたのである。
我々のうち1人として、投下されるのが、ただの爆弾ということを信じている者は、いなかった。投下されるのは、100パーセント間違いなく「細菌爆弾」なのだ。
爆弾を投下するという航空機は、はるばる平房の部隊本部から飛来すると言う。731部隊は、こうした実験に備えて、専用の飛行機と飛行場―つまり航空班を有していた。
やがて基地の上空に、複葉の小型機が飛んできた。おそらく、平房を出発して、あちこちの飛行場経由でやってきたのだろう。低い爆音を残してさほど高くはない上空を通過していく。将校や居合わせた隊員たちは、木造棟や天幕から飛び出してきて、「あれだ、あれだ」と叫びながら、一斉に飛行機に向けて、手を振った。
飛行機は飛び去った。おそらく前もって選定された目標の中国人集落へ、爆弾を投下したに違いない。それも、「細菌爆弾」をだ。
私は、この航空機による細菌爆弾攻撃を目の前にしながら、安達での一連の実験を思い出していた。
安達(アンダー)の実験場では、どうしたら内部の細菌を殺さずに、しかも有効に「細菌爆弾」を投下・爆発させられるかを、「丸太」を使って、繰り返し実験した。
鉄製の容器だと破裂させるのに多量の火薬が必要となり、その結果生じる高熱と衝撃で細菌が死んでしまう。そこで、鉄のかわりに陶器製の容器が開発されたりした。
そうした、安達での実験の集大成が、今、1つの中国人集落を対象に、行なわれようとしているのだ。もちろん、表向きは、その中国人集落は「敵性集落」と説明されていた。
だが、私には、この細菌爆弾の投下が、実践的攻撃と言うよりも、実験的色合いが強いように思われた。
この爆弾の投下は、出動した全期間を通じて、3、4回、あったと思う。細菌の中身は、おそらくペスト菌であろう。石井731部隊長も、飛来したことがある、と聞いたが、地上の我々には確かめようがなかった。
爆弾が投下されてから1週間ほどたつと、効果測定のために専門班が編成されて、出かけて行く。この時、倉庫から、防毒衣、防毒面等が出されるので、我々は、ペスト菌だとわかるのである。ペストは空気感染なので、防毒衣がないと、味方もやられてしまうのだ。
効果測定には、軍医、写真班、軍属のほか数人の護衛の兵士を含めて、2、30人が出動した。出動した隊員によると、標的とされた中国人集落への途中までは車で行くらしい。
ある地点に来ると、全員車から降りて、防毒衣・防毒面を着用する。白い潜水服を着たような異様な一団となって、さらに山道をたどり集落に入る。
集落では、すでに家を明けて逃げ出す者も多い。あちこちに、発病した村人が横たわっている。例外なく高熱にうなされている。
軍医たちは、すばやく手分けして、病人の状態を調べる。呼吸、脈拍、体温を記録していく。病人が、爆弾を落とされた時、どこにいたのかなどを質問する。手当てと称して、何か処置をしたり、病人の血液を採取する。まだ、発病していない者がいると、当時どこにいたのか訊問する。そして、何か注射している。私の聞いたところでは、健康な者には、あらためて細菌を注射するようなこともあったらしい。結果的に集落は、全滅に近い被害を受けてしまうのである。
写真班は、その情景の1つひとつを、丹念に写している。病人の苦しむ様子も克明に16ミリで撮っている。
ひとおとりの効果測定が済むと、全員、遺留品を残さぬようにして、集落を撤退する。車の所まで戻ってくると、噴霧式の消毒器で防毒衣や備品を徹底的に消毒してから、基地に帰って来る。そして、さらに消毒風呂で、完全に消毒するのだ。


ペストノミ(PX)のよる細菌戦
金子順一論文集(防疫研究室所属)の中に『PXの効果略算法』論文がある。その「第1表 既往作戦効果概見表」は6地域の細菌戦を分析している。PXとは「ペスト菌を感染させたノミ」という細菌兵器のことである。
効果(罹患致死)とは、ペストによって殺害した人の数である。農安ではノミを5g(1gは約2300匹)撒布している。量の少ないもの(g)は地上撒布、多いものは(Kg)は飛行機からの空中散布である。一次は一次流行の死亡者総数、二次は二次流行の死亡者総数。全死亡者は19646人になる。

731部隊は自らペスト菌を撒布し、ペストを流行させた。写真はペスト撲滅隊ではなく、敵兵を担架で運こんだ後、生体解剖したのではないか?(1942年6月3日、大阪朝日新聞)


細菌の大量生産
731部隊では、攻撃用の細菌の大量生産を行っていた。1ヶ月あたり製造量(理論値)は、ペスト菌300kg、炭疸菌600kg、赤痢菌800~900kg、腸チフス菌800~900kg、パラチフス菌800~900kg、コレラ菌1000kgである。(細菌製造班長:柄沢十三夫の供述)
※柄沢はハバロフスク裁判が終わり、恩赦で釈放され日本に帰国する直前、自殺した。

作業は培養基の表面に繁殖した細菌を白金耳でかき取るという危険なものであった。
ノミの大量生産は、石油缶の中にフスマ(麦かす・ノミ床)を敷き、動けなくした状態のネズミ(ノミの餌)を入れて行った。ノミが光を避ける性質を利用して、分離した。ネズミは量産され、捕獲もされた。

ロ号棟の1階が細菌製造工場であった。一連の設備が揃っており、ベルとコンベアで培養缶が運ばれた。

第4章
731部隊の戦後

マッカッサーの厚木飛行場へ降り立った時の第一声は、「ジェネラル・石井はどこにいるか?」だった。アメリカは、自国の遅れていた生物兵器開発の情報を日本から得ようと、当初から画策していた。部隊長石井四郎は、アメリカに巣鴨拘置所に入れられることなく、
尋問を受け、731部隊員全員の戦犯免責と引き換えに、細菌戦のデータを提供した。

石井四郎は、喉頭がんで、67歳で死去している。
アメリカは、ソ連に嘘を言い続けた!!
「同氏は旧陸軍の細菌戦戦術専門家で、終戦当時、ソ連側から細菌戦首謀者として戦犯リストにあげらたが、総司令部は証拠がないと反ばく、米軍諜報部に保護され、戦犯指定をまぬかれ話題となった。」(毎日新聞1959年10月11日)

軍事裁判と戦後処理
ソ連
ソ連は、戦後シベリア抑留者から731部隊員を探し出し、軍事裁判の準備に取り掛かった。
そこで、731部隊で人体実験の事実を知ると、石井らの尋問をアメリカに要求したが、
アメリカの工作によって、思うように尋問ができなかった。
結局、東京裁判で、ソ連は731部隊の行為を暴露しその責任を追及することを断念した。
そこで、ソ連は東京裁判の不完全さに世界の目を向けさせようと、ハバロフスクで、1949年軍事裁判を行い、全世界に発信した。
しかし、アメリカをはじめとする西側諸国はこれを黙殺。

中国
撫順の戦犯管理所に731部隊員は入れられ、人道的な扱いを受け、徐々に自らの罪を告白した。1956年の瀋陽の裁判で、榊原は細菌の製造などを認めた。中国は、日中の国交正常化を優先させたため、刑は執行されず、戦犯は日本に帰国した。

1990年代、731部隊の生体実験の被害者や、細菌戦の被害者が日本政府を相手取って裁判を起こした。(戦後補償裁判)

アメリカ
アメリカは、敗戦直後から調査団を送り731部隊のデータの収集を始めた。
特に1947年1月にソ連から人体実験の事実を知らされると、石井らに戦犯免責を与える代わりに、731部隊のデータを要求し、ソ連に情報が漏れないように、そのデータの独占を図り、自国の生物兵器開発に利用した。

日本
アメリカが731部隊員に戦犯免責を与え、データを独占したので、東京裁判には誰一人としてかけられなかった。ソ連からの追及もアメリカの保護により、まぬかれた。
そして、731部隊のことは戦後隠蔽された。

細菌戦部隊医学者の戦後
1945年8月石井部隊は帰国。部隊員を前にして、部隊のことは他言するな、公職につくなと、石井四郎は松陰神社の境内で訓示した。
米軍との戦犯取引が成立し、東京裁判は1948年11月に判決が下された。ソ連は日本での731部隊の追及が失敗し、ハバロフスク裁判は1949年12月に終結した。1950年6月に朝鮮戦争が勃発し、1951年にサンフランシスコ平和条約が締結された。戦争責任の追及は終了となる。
「他言禁止」はほぼ維持されたが、多くの幹部は公職についた。
大学教授になったり、ミドリ十字を立ち上げてそこに731部隊員を引き入れた。
また、病院を開業したもの、研究所や自衛隊に職を得たものもいた。驚くことに国立予防衛生研究所(今の国立感染症研究所)の初代、2代、5,6,7代の所長が731部隊関係者であった。

以下、『チェルノブイリから広島へ』広河隆一著:岩波ジュニア新書より
「戦後、元731部隊に協力したり、部隊で生体実験をしたりしていた学者は、日本の血液産業やワクチン産業の中心的な役割を果たし、また医学界のトップに立った者もいました。ところでこの人々はまた、厚生省傘下の国立予防衛生研究所にも入りました。広島大学の芝田進午教授は、初代から7代目までの予防衛生研究所の所長のうち6人までが731部隊協力者だったという報告をしています。
さて広島では、ABCC(アメリカが設置した原爆傷害調査委員会)の傘下に国立予防衛生研究所支部が置かれました。この機関に、広島の学者たちの多くが協力しました。」


※ここでも、731とABCCの深いつながりが見える。原爆投下後の広島で日本医学界は総力をあげて、原爆被害調査(治療ではない!)をしたが、そのときも731部隊員が参加している。
原爆の非人道性を非難せず、アメリカの喜ぶような被害調査を実施し、181冊に及ぶ報告書を英訳してアメリカに渡した。これは、天皇制護持と731部隊の蛮行を秘匿するためだった。731での人体実験がソ連によって明らかにされると、アメリカは、石井らに細菌戦のデータをすべて要求し、それらを買収した。そして、731部隊員らを全員に戦犯免責を口頭で与えた。
731部隊関係者が、原爆・原子力の方向へと協力していく。
731部隊・原爆という両者の非人道性をお互い帳消しにしようということか?



西里扶甬子講演会
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」
「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演1(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演2(2014)


「731部隊・広島・長崎そして福島、医学界の倫理的犯罪」西里講演3(2014)


松村高夫講演会
「731細菌戦部隊と現在」
731細菌戦部隊と現在 1 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 2 慶大 松村高夫


731細菌戦部隊と現在 3 慶大 松村高夫


常石敬一講演会
「731部隊とは?今問う意味は」1
「731部隊とは?今問う意味は」1 神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」2  神奈川大学 常石敬一


「731部隊とは?今問う意味は」3 神奈川大学 常石敬一



自国民の原爆被爆被害を日本軍部が喜んで米国のために調査した本当の理由
封印された原爆報告書

封印された原爆報告書
自国民さえも実験台として、嬉々として自国民の被爆調査を行い、自発的に英訳して調査報告書を渡す。全ては、七三一部隊の秘匿、そして、天皇に対する免責を勝ち取るためだったのではないのでしょうか。この取引は十分に功を奏したようで、太田昌克氏の著作にも人体実験に対する米国の追求はどこか間が抜けたものとして書かれています。単純に細菌兵器の技術、実験結果を知りたかったためとしては、やはり片手オチ。米国は、第二次世界大戦で最も知りたかった情報を自ら差し出してきた日本軍部と取引したのではないでしょうか。そうしない限り、この七三一部隊の隠蔽理由(いまだにこの部隊はでっち上げだという論陣を張る人がいます。それは、悪魔の飽食の書評を見ただけで明らかでしょう)をどうしても納得できません。

原爆被爆者は、軍部免責、天皇制維持のための、数少ない有力なカードだったのではないでしょうか。

天皇や三笠宮も731に行っていた?(生体実験を知っていた?)40分あたりから
unit731


731部隊から福島へ!(1時間20分~1時間33分あたり)
広瀬隆氏講演in福島「IAEAとICRP~原子力マフィアによる被曝強



731の経験を悔やんだ医学者もいた!!
「731部隊と医学者たち」


明治大学シンポジウム(2013年)より
吉中講演(京都民医連中央病院院長)
「戦後の医学界と731部隊」


奈須講演(細菌センター理事)
「731部隊の資料」


黒い太陽731



731部隊が人体実験や細菌戦を行ったことは明らかである!!
日本政府は、速やかに情報を公開せよ!!

【七三一部隊展2013実行委員会より】
(最新の資料を元に新たにパネルを作成しました!!)         








七三一部隊展2013実行委員会
E-mail exhibition731@yahoo.co.jp
http://ameblo.jp/supportvictim731/

●開催予定
2014年
6月27日(金)~7月4日(金)札幌にて



●脱原発
福島県民は、放射能汚染を恐れている!!
なぜ、福島の大惨事があったにも関わらず、政府は原発を電力の基幹にしようとするのだ?
海洋汚染、大気の放射能汚染で東京オリンピックどころではないのでは?


映画『遺言 原発さえなければ』ダイジェスト編4分

#原発 #放射能 で突然死多発:井戸川元町長

ドイツZDF風刺「ニコニコする人に放射能は来ない!」

「内部被曝はゼロ」とした早野論文の正しい理解を

今中哲二講演会「放射能汚染への向き合い方」

社会悪 (。-_-。)

タイマーズ サマータイムブルース 直ちに健康に影響は

プルトニウムを飲ませたい人たち!!
奈良林直、中川恵一、大橋弘忠プルトニウムはそんなに危険ではありません

原子力はなぜか金で動いている?
斑目春樹と小出裕章


ドイツZDF フクシマの嘘 (連結済み)29分23秒

コメント
この記事をはてなブックマークに追加