JH7BMF Ham Radio diary

DXCC - Honor Roll Challenge from Mobile

CQ YO !(ルーマニア各局!)

2016-09-22 14:41:43 | DX

映像は仙台すずめ踊りの演舞の際に踊られる『 入り囃子 』

先日、某踊り連盟の練習会でお話ししていたYL(↑の)さんから

日系ボリビア人の方と今度ルーマニアに赴く事になりました!」と!!

おめでたい話には慣れていますが。

国際結婚?(国籍は聞かなかったhi)

拙者が初めて友人の結婚披露宴に出席したのが香港の宝石商の男性と学生だった友人との国際結婚でしたから

天地がひっくり返ってしまう程にはビックリはしませんでしたが

ルーマニアに行く事になるとは!!

ルーマニアとの交信はMOBILEからでも十分可能でコンテストでは本当にお世話になるZONE20

3.5MHZでも交信出来ていますが7~14MHZのRTTY・PSK・CWならCQ YO を出すのも良いかな?

これからはYOの局を呼ぶのが楽しくなるかも

お幸せに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハムフェアー2016の話題

2016-09-18 18:59:13 | DX
【ハムフェア2016・Ham fair Tokyo 2016】ICOM、HF/50MHz帯固定機「IC-7610」を発表!!


今年も実現出来なかったHAMフェアーへの参加とDXCCの申請。

某アマチュア無線の雑誌(CQ誌ではない!)のHAMフェアーの記事で、ICOM社から参考出品されていた IC-7610 なるTRXが話題に!

IC-7300 が発売された時、某T名電子仙台店で実働展示機を操作させていただいた。

受信感度や選択度等の基本的性能は勿論、スコープ機能の著しい進化に驚いた。

RTTYの受信能力も良かった。この価格で?!とも感じました。

(宝クジで当選でもしなければ購入出来ませんが ! hi )

VS社やJ-K社は?

まあ、毎度お馴染の『妄想』シリーズですが !
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生存証明 ? !

2016-09-18 16:35:24 | DX

何とか生きていました。

実家での固定局構想ですが、各所のブログ等で「TL-922はスタンバイリレーの関係で云々」。

Kenwoodのエキサイターしか固定で使っていなかったので全く考えていませんでした!


TS-480SとTL-922の組み合わせでGO。

まずは160~17mまで TS-480D 100 50W の固定局を新規開局!

その後に変更申請でQROの手順の予定です。

問題のANTはRDPとバーチカルで。(全てOdb以下!)



移動局はIC-760/50WにAH-4を使用して極力「お気軽運用」を。

要は力の欲しいローバンドは固定、電離層反射を期待してハイバンドは移動で、の考え。

業務局の開設申請等で総合通信局に何度か出向いているので手渡しでの申請でも良いのですが、

電子申請が割安なので hi

おっと、移動局の再免許もそろそろ申請しなければ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

固定局もTS-480

2016-06-21 11:02:50 | DX

TS-480を上手く利用してください! と、嫁に出していただいたのが昨年の春のこと!

1年以上も経過してしまいましたが、何とか目処が立ってきました。


最初、480ってV.Uのカートランシーバーの様にフロントパネルが本体から分離して

セパレートになるものだとの固定概念があったのですが、なんと!最初から分離していて

本体とは「ドッキング」出来ない構造だったんですね!!


固定局(?)用のHXタイプは200Wの出力が可能の様ですが、電源が無いのでは話にならない!


まして、本体だけで200Wと言うのは、あたかもパワーAMPの塊?!とも思える大きさで

IF基盤や他の基盤への影響(ほとんどは熱対策)が無いのだろうか?と思えます。


ただ、海外から運用された方々がHXタイプを使用して「GOOD」の評価を出しているので大丈夫の様ですね。

まあ、拙者が使用するのはSタイプの100W機ですが。


こんな感じで使用出来るのでFBな様です。


PCでのコントロールも可能の様です。(WIN10とXPにインストゥールしました)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

KENWOOD TS-480の 解剖?!

2016-06-21 10:31:14 | DX

何の変哲も無いKENWOODのTS-480S-AT(50W改)
タイプです。


クーリングファンも1個だけ、DC入力も1系統だけです。

流石にMOBILEでクーリングファン2個、DC入力2系統のHXタイプは使えません。


IFフィルター等の模様です。


こちら側に、ちょっとした問題が発生したが故の切開手術です。


1.5Dケーブルのコネクタ部を注意深く観察すると!


更に、パドルのプラグを受ける3.5Φの3極ジャックの部分をよ~~く観るとhi


480の内部にこんなパーツ(の残骸)が!


この部品の残骸です。


IC-760は6.5Φ、480は3.5Φ、CWパドルからのプラグを横着して変換プラグで運用した結果!



横着しないで手順を踏めば面倒な事にはならなかった様な「事故」です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加