猫と惑星系

押し記事 ジュノー発表。 惑星系、探査機の翻訳他、Hello Venus、猫、花の写真を掲載。

HAT-P-26bの大気は、意外にも原始的

2017-05-12 14:55:56 | 系外惑星系
暖かい海王星というけど表面温度900度Kで公転周期4日なのでホットジュピター程中心恒星に接近してない程度に熱い。NASAの表題と違って惑星に水と雲の存在が確認されている所が注目点。。太陽系の大きな惑星は暖かい所で形成された惑星ほど金属量(重い元素の割合)が低い傾向にあるので、この系外惑星は暖かい場所で形成された可能性が高い。以下、機械翻訳。
NASAの研究は予期せぬことに、「暖かい海王星」周辺の原始的な大気を見つける
2017年5月12日
ここに示す遠方の「暖かい海王星」HAT-P-26bの大気は、意外にも原始的であり、主に水素とヘリウムで構成されています。NASAのハッブル宇宙望遠鏡の観測結果を組み合わせることで、海王星や天王星とは異なり、系外惑星は金属性が比較的低く、水素とヘリウムよりも重いすべての元素にどのくらい豊かな惑星が存在するかが示されています。
クレジット:NASA / GSFC
NASAのHubbleとSpitzer宇宙望遠鏡の観測結果を組み合わせた研究では、遠方の惑星HAT-P-26bはほぼ完全に水素とヘリウムからなる原始的な大気を持っていることが明らかになった。約437光年離れた場所にあるHAT-P-26bは、年齢が太陽の約2倍の星を旋回する。
この分析は、「暖かい海王星」、または海王星サイズでその星に近い惑星の今日までの最も詳細な研究の1つです。研究者らは、HAT-P-26bの大気は比較的雲がはっきりしていて、水星が水の世界ではないが、強い水の痕跡を持っていると判断した。これは、このサイズの系外惑星の現在までの水の最高の測定値です。
この外植体上のこの組成物の大気の発見は、惑星系の誕生と発達について科学者がどのように考えるかに影響を与える。海王星と天王星と比較すると、ほぼ同じ質量、HAT-P-26bを持つ私たちの太陽系の惑星はおそらくその惑星系、またはその両方の開発のいずれかで、ホストの星に近いか、後に形成されます。
NASAのゴダード宇宙飛行センターの博士研究員であるハンナ・ウェイクフォード(Hannah Wakeford)は次のように述べている。「天文学者たちは、これらの遠いネプチューン大質量惑星の大気を調査し始めたばかりであり、ほぼすぐに、我々の太陽系の傾向に逆らった例を見出した。メリーランド州グリーンベルト(Greenbelt)で、2017年5月12日に発行されたこの研究の主著、サイエンス(Science)号。「このような予期せぬ結果は、なぜ私がエイリアンの惑星の大気を探検するのが大好きなのか」
研究者らは、HAT-P-26bの大気を研究するために、惑星が宿主の星の前を通過したときのデータを用いた。トランジット時には、星空の一部が惑星の大気を介してろ過され、光の一部の波長は吸収されますが、他の波長は吸収されません。このフィルタリングの結果として、星のサインがどのように変化するかを見ることによって、研究者は、後方の大気の化学組成を把握することができます。
この場合、チームは、ハッブルによって測定された4つのトランジットとSpitzerが見た2つのトランジットからのデータをプールしました。一緒に、これらの観測は、近赤外領域を介して黄色光から広範囲の波長をカバーしました。
カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所の共著者、ティファニー・カタリア(Tiffany Kataria)は次のように述べています。「温かい海王星についての多くの情報を得ることはまだまれであるため、これらのデータセットを同時に分析することは同時に成果です。
研究により水の正確な測定が提供されたため、研究者はHAT-P-26bのメタリシスを推定するために水署名を使用することができました。天文学者は、惑星がどのように形成されたかについての手がかりを与えているので、水素とヘリウムよりも重いすべての元素がどれほど豊富であるかを示す金属度を計算します。
彼らの金属性によって惑星を比較するために、科学者はカフェイン飲料がどれくらいのコーヒーをコーヒーと比較するかを記述するのとほぼ同じように、太陽を参照点として使用します。木星は太陽の約2倍から5倍の金属度を持っています。土星の場合、太陽の約10倍です。これらの比較的低い値は、2つのガス巨大ガスがほぼ完全に水素とヘリウムで作られていることを意味します。
巨大な海王星海王星と天王星はガス巨星よりも小さいが、太陽の約100倍の金属度を持つ重い元素が豊富である。したがって、太陽系の4つの外側の惑星にとって、より大きな惑星のメタルリティは低い傾向があります。
科学者たちは、太陽系が形成されているので、未成熟な太陽の周りを旋回した巨大な塵、ガス、および残骸の郊外に、海王星と天王星が形成されたため、これが起こったと考えています。惑星形成の複雑な過程を一言でまとめると:海王星と天王星は、より重い元素が豊富な氷の多い破片に砲撃されていたであろう。ディスクのより暖かい部分に形成された木星と土星は、氷結した破片が少なくなっていました。
太陽系以外の2つの惑星もこの傾向に適合しています。一つは海王星質量惑星HAT-P-11bです。もう一つは、木星の2倍の質量を持つガス巨星WASP-43bです。
しかし、Wakefordと彼女の同僚は、HAT-P-26bがこの傾向を打ち破っていることを発見しました。彼らは、その金属度が太陽の約4.8倍であり、海王星の値よりも木星の値に近いことを決定した。
「この分析は、これらの外惑星の気候に、私たちの太陽系とは異なる形で惑星がどのように形成され進化するかについての洞察を提供する、我々が予想していたよりもはるかに多様性があることを示している」と、エクセターと論文の2番目の著者。"私は外因性の研究のテーマであると言えるでしょう:研究者は驚くべき多様性を見つけ続けています。"
ハッブル宇宙望遠鏡は、NASAとESA(ヨーロッパ宇宙機関)の国際協力プロジェクトです。メリーランド州グリーンベルトにあるNASAのゴダード宇宙飛行センターは、望遠鏡を管理しています。ボルチモアの宇宙望遠鏡科学研究所(STScI)は、ハッブル科学の活動を行っている。STScIはワシントンのAstronomy、Inc.の研究大学協会によってNASAのために運営されています。
カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所は、NASAの科学ミッション・ディレクター、ワシントンのスピッツァー宇宙望遠鏡を管理しています。科学活動はパサデナのカルテックのスピッツァー・サイエンス・センターで行われています。宇宙船の操業は、コロラド州リトルトンのロッキード・マーティン・スペース・システムズ・カンパニー(Lockheed Martin Space Systems Company)に基づいている。データは、CaltechのInfrared Processing and Analysis Centerに保管されているInfrared Science Archiveに保存されています。CaltechはNASAのJPLを管理しています。

Spitzerの詳細については、次のWebサイトを参照してください。
www.nasa.gov/spitzer

ハッブルについての画像や詳細については、以下をご覧ください:
http://www.nasa.gov/hubble

最終更新日: 2017年5月12日
タグ: Exoplanets 、ゴダード宇宙飛行センター、ハッブル宇宙望遠鏡、ジェット推進研究所、スピッツァ宇宙望遠鏡 宇宙
愚痴:自動翻訳の精度が上がらない。 Exoplanetを外惑星と訳すし、a star roughly twice as old as the sunを太陽の約二倍の星と訳すし、今回時間に余裕があったからデータ的に間違いに気が付いてよかったけど、自動翻訳の精度が上がらないうちはブログを止められない。こういうのをうれしい悲鳴という。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怪しいパートナー記者会見のナラ | トップ | 食品安全の日の行事のユヨン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL