青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

雪遊びのファミリー旅(二日目)~滑る

2017年01月18日 17時00分00秒 | 同上 (スキー)
1月15日(日)

ホテルのベッドで眠ったのは久しぶりだが、実に快適だった。
ベッドマットが硬めで、広くて自由にゴロゴロできる。
それに夜中じゅう部屋に暖房が入っているから寒くなくて、
あの重い掛け布団から自由になれることは、素晴らしい!

快適睡眠のあとだから、朝食もバイキングだったが、また快食。




▲ 朝食を終えると、息子がスキーをやりたい、というのでゲレンデに出た。
女性陣は温泉へ。

息子のスキー用具はレンタルで。



▲ 昨晩は、少し雪が降ったようだ。

気温もベースでマイナス8度と低いから、雪はパウダー状。
うるさいくらいキュッ、キュッと軽やかな音が下から響いてくる。




▲ 息子のスキーは、彼の学生時代に少し一緒に滑ったくらいだ。

全くの初級だが、今回それなりにうまく滑っていた。
やはりまだまだ若いのだろう。

9時から11時ごろまでの2時間ほど滑った。
宿泊客割引で、一日券大人2千円、シニア1千円だから手軽だ。

~ ⛷ ~ ⛷ ~ ⛷ ~


Umiちゃんが、またママ達に連れられてゲレンデへ来た。
もうキッズランドへ入るのではなくて、ゲレンデの少し坂状になっているところで、



▲ 自分ひとりで滑り下りることを教えた。

それがウケて、きゃあきゃあ言いながら滑り下りる。



▲ そして自分でそりを引いて坂を上がって、

また、きゃあきゃあ言いながら下りる。

自分ひとりでやれれば、楽しさもまた増えることを知ったようだ(^^)。


「Umiちゃん、そろそろおしまいね」

雪遊びは、楽しい時に余韻を持って止めたほうがいい。
そのほうが、また来たくなる。

実際、昼頃には出発したいと思っていた。
日曜日の午後の関越道はスキー客で渋滞するから。



▲ さあ、忘れ物はないかな。

12時過ぎにリエックスホテルを出発した。




▲ またね~!





▲ 佐久の実家近くの、いつもの地場スーパー・ツルヤに寄る。

Yちゃんは、ツルヤは初めてだ。

100円均一のパンを見て、目を輝かせる。
パンをいっぱい詰め込んだ。

都心に住むYちゃんにすれば、小規模のそれでいて割高の何とかマートに比べれば、ここは別世界の買い物パラダイス。

「わーッ、コロッケが40円?!」

狂喜乱舞して(オーゲサだよ)、野菜、果物、アッポジュース、ジャム等々を買っていた。

「お義父さん、ありがとうございます。夕食も買いました。」

「うむ・・そう? 良かったね。」


帰りの関越道は、全く混んでおらず。ガラガラ。
これは明らかに、週末の大寒波警告、不要不急の外出は控えるようにとのお達しが浸透していたから、新潟、北信州へのスキー客が出動を控えたようだ。

都内に入る渋滞区間の所沢IC-練馬ICも、今日はスイスイで。ラッキー。

息子夫婦宅へ送りとどけたのが、午後5時過ぎ。

今夜はコロッケを一人2個食べていることだろう。


ジジババ宅へ戻ったのも7時前だった。
始め悪くても、あとはすべて良し。




総走行距離;409km




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雪あそびのファミリー旅 (一日目)~食べて

2017年01月17日 14時51分37秒 | 同上 (スキー)
1月14日(土)

この難民然とした人たち、狭い場所で寒そうに、おにぎり🍙を ほおばっている。



▲ 左下には白い犬も、おにぎりを欲しそうに見上げている・・

これは私の家族だ。

クルマの室内ヒーターを修理で取り外しているので、クルマの中でも寒いのだ。

朝7時に出発。
関越道・高坂SAにて、寒波到来の折り、みんなで肩を寄せ合って朝食中だ(笑)。

佐久平のICまでの高速道には雪は全く無し。
地道に下りてから多少の積雪はあった。



▲ 12時前に小海リエックスホテルに到着!




▲ 荷物を降ろす。

チェックインは3時からなので、所定の場所に預ける。

まずは、昼食だ。



▲ ホテルの裏手のケーブルカーで下りて、ゲレンデ下のレストラン・エーデルワイスで。

それぞれのゲレ食を食べた。

ボクはハンバーグシチューなんとか、というものを。
リエックススキー場には何度も来ているが、いつもはクルマ内自家製ランチを食すので、ここでゲレ食を頂くのは、おそらく初めてだろう。

味はGoo!
(車内のレトルトカレーに比べればなんだってGooだろうが)

昼食のあとは、何はともあれUmiちゃんのソリ遊びだ。
雪で遊んだことのないUmiちゃんのために、ここに来たのだから。



▲ 時計台横のキッヅランドへ入場(一人500円)。

ジジババは、キッズランドに入らず横から眺めているだけで。

「さあ、行くよッ!」



▲ ママと無事、滑り降りられました。

このあと、Umiちゃん一人でも滑れるように。
良かった、良かった。怖がるとかいうことはなくて。

30分ぐらい、遊んでいただろうか。
そのうち、5歳の我が家のプリンセスは足が冷たいと泣きべそになった。
ブーツに雪が入って。

じゃあ戻ろうね。




▲ 戻る途中、パパが。

「Umiちゃん、見ててごらん」

と雪の中で、大の字に倒れて見せた。




▲ 「Umi もおッ」

と、倒れるかと思いきや、座ってみせた(笑)。

男の子じゃないからな。




▲ 「あ、2時半だ。戻らなくっちゃ。」

いそいそと、ゲレンデに面したホテル裏から、みんな入っていく。

そのわけは、



▲ ウェルカムデザートの時間が2時半からなのだ。

宿泊客は、デザート・飲み物が無料でいただける。

もっと言えば、いくらでも食べホーダイなのだ。

このホテルとスキー場は、洋菓子のシャトレーゼが経営しているのだ。



▲ ケーキが6種類あったかな。ヨーグルトも各種。





▲ 思い思いの好きなデザートを選んで、笑みがこぼれる。





▲ ボクも2種類とってきたよ。

アッポパーイがあったらいいのに(そんなもんあるか)


あらためてチェックイン。



▲ お部屋点検。

ツインルームが二つで。

窓からはゲレンデが見える。


Umiちゃんと息子は、室内温水プールへ。
二人の主婦は、もちろん温泉に行った。

ボクは?



▲ 禁欲的なボクは、誰もいないトレーニングルームへ。ウエアも持参。

バイクをやったが、これが負荷が軽すぎて・・
20分漕いだが、体力消費が 25kcal のみ!
ご飯一杯の1/10だとよ。
夜のバイキングに備えようと思ったのに! これじゃ!。
(どこが禁欲的じゃ)

アホらしくて、それで打ち切った(笑)。


夕食は6時から。そのバイキング形式で。
いそいそと出かける。



▲ 階下にバイキングホールが見える。




▲ サーブされている料理の種類は多かったと思う。

みんなも、ウエルカムデザートの余韻は全く無いようで食欲は申し分ない。
良かったね。





▲ 区分けされたプレートをフル活用。

ほんの少量だけを乗せてきて。

えび、マーボー豆腐、ローストビーフ、しゃぶしゃぶ牛、チキン、タコetc ・・・できるかぎり食べようとした。

2皿目で、大方の料理を味わった。

もちろんデザートも、3個のケーキを食べて。

ちゃんとしたコース料理もいいが、ボクは好きなものを好きなだけ食べれるバイキングの方がいいかな。やはり4人兄弟でもまれて育った生い立ちが関係するか(笑)。


食事の後は、温泉へみんなで入りに行った。
「満天の星温泉」は離れにあるので、コートを着て長い廊下を伝って大浴場へ行く。
これが難点だな、ここの。

温泉は空いていた。
温泉のあとは無料のアイスキャンディーがまたもらえて(笑)。
ここはUmiちゃんのパラダイスだ。


渡り廊下はホテル本館の前で切れて、露天道になってしまう。



▲ 残念ながら雪空で、満天の星は見えなかったが。


明日ぐらいは、自分も少し滑っていいかな。⛷

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

あすあさって今季最大の寒波到来~なのにファミリースキー?

2017年01月13日 21時25分24秒 | 同上 (スキー)
1月13日(金)

明日、あさってには今シーズン最大の寒波が日本列島をおおうらしい。
当然、大雪の可能性もあるらしい。
なのに我らは行く。

待ちに待った降雪、 とは表立ってはいうまい。(言ってるじゃない)
困る人もいようから。

ファミリースキー13/14は予定どおりだ。
ひるむ必要はない。



▲ 信州中部・南部は、それでも今回もそれほど雪は降らないはずだから。

特に八ヶ岳東麓の小海線沿いは、曇りぐらいの天候で収まる(と思う)。

降ったところで、ブリザックをはいた Harmony がいる。



▲ 今晩、息子夫婦が来て泊まっていく。

明日の朝、みんなで小海リエックスへ向けて出発!

主役は孫娘のUmiちゃんだ。
スキー場はもちろん、まとまった雪をみるのは初めて。

ジーさんは、イオンで早速ソリを買ってきた。
気に入ってくれたようで 
準備よし!


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

エクスペリア タッチパネルのトラブルを機に

2017年01月11日 16時41分13秒 | 日々の思い
ボクのスマホの修理が終わったとの連絡がドコモからあった。
早速、もらい受けに店へ行った。

タッチパネルにタッチしても反応しなくなっていて、年末に修理に出してあったものだ。

2年2カ月使ったあとだったが、ウイルスバスターもつけていないのでウイルスにやられたのか!? だとすると修理保証サービスにも入っていないので、有料修理になるかもと心配していたが。ボクの責任ではなくて、よくあることで修理は無料だった(苦笑)。

機種は Sony エクスペリア



▲ 左が修理期間中代替使用していたスマホ。右が修理後のボクのエクスペリア。

また、電話番号以外のデータを登録しなおさないといけないのが面倒だが。




担当者の方が「電話はよく使われますか」と聞くので、「あまり使わないよ」と答えると、電話カケホーダイの通常プラン2,700円/月から、「ライト」1700円/月に変更されたらどうかとの提案があった。そのかわり「ライト」では、5分以上の電話には別途課金される

うむ・・・。ボクの場合は、5分以上話すことはないなあ。


同時に、データー通信でも2GBが上限のSパック3500円/月から、上限5GBのMパック5000円/月に変更されたらいかがですか。ボクの場合は2GBをオーバーして3GB近くの使用が恒常化しているので毎月1000円の超過料金を払っている。したがってMパックに変更しての支払いは500円/月多くなるだけだと。

うむ・・・ 通話を「ライト」にして1000円浮かして、データを「Mパック」にして500円余計に払う、ネットでは500円の支払い減少だ!

仕上がり:1700+5000+300(インターネット接続)=7000/月(税別)

や、やります!


なによりも、データ通信が2GBから5GB(くりこし可)まで引き上げられたのが大きな安堵だ。
なんせ旅先でのインターネット使用が多く、スマホテザリングによるPC使用で2GBなんぞ3GBでもすぐ吹っ飛んでしまうからだ。頼みの道の駅での無料WiFiも、実際は回線が細く自由には使えないことが分かったので。

よし、これで旅先でのモバイル通信環境に、光明が大きく射しこんだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

五竜岳の絶景とともに 滑る

2017年01月08日 05時00分00秒 | 同上 (スキー)
1月6日(金)

昨晩はFFヒーターが壊れて、暖房無しの寒い夜だった。
しかし朝が来れば元気だ。



▲ 「さあ、いこうか」

ここ白馬五竜のリフトは8時から動くが、ボクは悠遊9時から出勤・・ではなくて出動だ。
カラダが動かないのではない、ココロに余裕があるのだ。
これがリタイヤライフだ。


ゴンドラに乗って一気にアルプス平ゲレンデまで上がってしまう。



▲ 樹々は霧氷状態で綺麗だ。

雪質は悪くない。てかてか、がちがちといった雪面はない。

空一面にうっすら雲がかかっている。
しかし天気予報的には、晴れてくるはずだ。



何本か、アルプス平で滑る。

先の頂いたコメントで、けーごさんが外人さんが多いでしょうと尋ねられたが、多い!
我々のホームグランドの八ヶ岳系はマイナー過ぎていないと思うが、ここ白馬はメジャーだから外人さんも来るのだろう。



▲ 二人乗りリフトで外人さんと相乗りになることが多い。

この時も、ボクがあまりリフトの上からパチパチ写真ばかり撮っているので、横にいた外人さんがユウーのも撮ってやる、と頼みもしないので撮ってくれたのがコレ。苦笑気味のワタシです。
ボクは自撮りしかしないナルシストではないことの証(あかし)として。

どっから来たのと聞くと、上海から。カナダ人でケベック出身だが仕事で上海に住んでいるとのこと。飛行機で3時間ですぐだよ、というからオレはクルマで9時間かかって来たと言った。

オーストラリア人のにいちゃんの時は、最初からセーフティバーを早くおろそうと主張するので、why? スキーは初めてでリフトが怖いとのこと。メルボルンは37度で暑いから寒いところに来たかった。このあとヒロシマに行ってミュージアムを見るのだというから、ああオバマも行ったよ。偉いね、と褒めてあげた。





▲ アルプス平のトップから。

初めは雲がかかっていて全く見えなかった五竜の山容が、雲がとれて姿を現してきた。

左端の五竜岳。右のオムスビ形の連なりが面白い。


スマホのタテ画面用に↓



ちょっと休憩タイム。
レストランALPS360に入る。

そしてテラスに出る。



▲ オードリーヘップバーンの「シャレード」ご存じだろうか。

あの仏蘭西のスキーリゾートのワンシーンみたいに優雅に。





▲ はい、りりさんご推薦の

♪ ジスイズ アッポパーイ 

アッポがギッシリ厚いですねー ピコピコ
ウオッ
こーゆーの好きですねー ピコピコ ♪


ここのレストランの前のゲレンデは、先ほどのけーごさんお気に入りのパノラマコース
その名のとおり白馬の壮大な山々が見えてしまうのだ。



▲ 白馬三山 (左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳)。

白馬岳の右下の黒いゴミみたいなのが、八方尾根のトップの八方池山荘だと思う。
八方池山荘から左への雲みたいな尾根が唐松岳へ行く稜線だと思うが・・
左端の稜線が不帰キレット・・

とリフトに乗りながら、滑りながら、こんなパノラマを眺められるのはここだけ。




▲ そして、最後の視界は五竜岳2814mに至る。





▲ リフトトップで、中央の五竜岳をしげしげと眺める。

五竜岳の右側の鞍部状になっているところを、目を凝らしてみると・・
凝らしても肉眼では見えませんが(笑)、
お得意のコンデジを限界までズームアップすると、



▲ 赤い建物が見える。

そう、唐松岳頂上山荘だ。

工藤夕貴主演のNHK「山女日記」でも重要な舞台にもなったあの山荘。


 ボクの山のメモリー:秋の唐松岳・登山(日帰り)~八方尾根スキー場から



このリフトトップから少し滑り下りて、五竜岳を再度探す。



▲ 霧氷でけぶる樹が透かし絵に・・、その向こうに五竜岳。

ここ、いいなあ・・




白馬五竜スキー場に隣接して Hakuba47 というスキー場がある。
共通券で47(ふぉーてぃせぶん)にも行けるので、そちらへ移動した。



▲ 47のトップからは、更に絶景の山容に近接してきて・・圧巻!

左側の遠見山の稜線をたどって五竜岳に至るのだが、日帰りでは行けないだろうか。
行けるのならこの夏に登りたいなあ・・


山を眺めにきたのではなくて、滑りにきたのだからと、またせっせと47でも滑った。



▲ 山を横目に滑る、滑る。





▲ ゲレンデの向こうに見えるのは、もちろん白馬村の町並み。





▲ 3時を過ぎた。陽も斜めになって山の影が伸びてきた。

そろそろ降りようか。

あのアッポパーイを食べた時の休憩だけであとは・・、きょうも良く滑った。

新しい年になって、また一枚の歳を羽織ったわけだが、スキーに関してはその歳の重さは全く感じないようだ。

幸いなことだ。

Simple, Slow but Steady でいこう。

(単純に、ゆっくりと、着実に ~ 72歳の小椋佳さんが今、心がけていること)


コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加