(新) 日本の黒い霧

日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、改竄された歴史について考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL123便墜落事故-真相を追う- 気になる怪説(2)

2009-08-23 16:15:07 | JAL123便墜落事故
■無理はあるが無視もできない、F19(F117)撃墜説

「自衛隊撃墜説を斬る」シリーズで在日米軍との関りを指摘しましたが、そこでストレートに米軍機による撃墜説として登場するのが本説です。


(図:F117 : Wikipedia(英文ページ)より引用)

F19は、後にF117として公表された、米軍のステルス戦闘機です。詳しくは Wikipedia(日本語) でご確認いただきたいのですが、数ある米軍機の中で何故F19が犯人なのか?ネット情報によると、どうも米国の事故調査団の中に、F19の開発メーカーであるロッキード社の調査員が含まれていたとことが根拠にあるようです(追記をご覧ください)。また、1985年の事故当時、この戦闘機の存在は公にはされていなかったことにより、その秘密性がなおさら、疑惑への関与を連想させているように見受けられます。

これはF19だけに限らないのですが、米軍が自国軍の戦闘機を使用して、何故500人以上の民間人を乗せた民間機を撃墜しなければならなかったのか、それについての説明無しではこの説を信じろといっても無理な話です。また、米軍には撃墜任務を遂行できる戦闘機が複数存在していたはずなのに、その存在が知られる危険を冒してまで超極秘のF19を用いて撃墜を行った理由は何なのでしょうか?

加えるなら、相模湾上空の異変と、御巣鷹の尾根の墜落の両方について、F19との関連をどう説明したらよいのでしょうか?ミサイルの破片は何とか説明付けできるかもしれませんが、角田氏が目撃した自衛隊戦闘機との関連はいったい何なのか?唐突に登場するF19説はこのように多くの疑問を残したままです。

軍事評論家B氏のお話だと、F19(F117)は、戦闘機としては大失敗作というのが業界?の定説であり、同機種の存在がほとんど表に出なかったのはステルス技術の隠蔽もそうですが、大ぴらに作戦に組み込めるような代物ではなかったことも大きいとのことです。同機種は空対空ミサイルの装備は一応可能なようですが、その特殊な形状のせいか、飛行性能があまりにも低くて旋回すらままならず、結局は機銃も対空レーダーも装備せず、行って帰るだけの爆撃任務のみに使用されたそうです(湾岸戦争に登用された)。しかも、ユーゴスラビア紛争ではステルス戦闘機のくせにレーダーに補足され、ミサイルで打ち落とされてしまったとか。確かに、莫大な開発費をかけて製造したにも拘わらず、同機種は既に退役しています。気配もなく背後に忍び寄り、標的をミサイルで撃破するステルス戦闘機、そのイメージ自体がどうも漫画的発想と言えそうです。

だだし、ロッキードの社員が調査員に紛れていたというのは、事実でしたら、少し気になる話です。ロッキードという会社が戦闘機などの航空機だけでなく、宇宙分野、ミサイル、防衛システム、情報システム(IT)等々幅広く手がけている企業である点は押さえておくべきでしょう。同社は1950年代から、主に潜水艦発射ミサイルなどを手がけており、事故現場に入った調査員が何を調べに来ていたのかを推測する場合、必ずしもそれがF19に限定される理由もありません。米軍の兵器開発においては、コンペティションで落選したメーカーが、サブシステムを担当するなどのケースも見かけますから、彼らは何か軍用部門に関する調査に来たかもしれません。もちろん、純粋に同社の民生部門に関するものだけだったかもしれません。疑惑の目を向けたらきりはありませんが、ある意味、F19撃墜説にも無視できない一面があることは確かです。

※参考:↓↓↓ロッキード・マーチン社ミサイル・ミサイル防衛部門ページ(英文)
http://www.lockheedmartin.com/capabilities/mmd/

---- 2008.8.28 追記 ----
現場の証言者S氏からイソップさんのブログ http://isoxp-4512.cocolog-nifty.com/blog/jal123/にロッキード社スタッフが写っているとの連絡がありました。その中でも 17)番の写真をご覧ください。大柄の外国人の胸のワッペンは、確かにロッキード社のスカンクワークス(最先端技術開発)チームのロゴに見えます。下記に、左)ワッペンの拡大図、中)ロゴのドットバターンを粗くし傾けたもの、右)スカンクワークスロゴ を並べた図を掲載します。もしも、ロッキード社、それもスカンクワークスのスタッフが入り込んでいたとしたら、これは、文字通り米国の最先端軍事技術が絡む何かがあると考えるしかありません。そこから推測すれば、スカンクワークスが手がけたステルステクノロジー搭載機、F19が疑いの対象となるのも大いに納得できます。また、F19でなかったとしたらそれがいったい何だったのか、これまた気になるところであります。



■爆弾であることが難点の中性子爆弾説

当時、中性子爆弾の製造技術を保有していたのは米国だけだったと思います。ですから、この説自体がストレートに米軍の関与を認めていることになります。ネット情報を検索すると、F19撃墜説とセットで語られることが多いようです。この説の根拠は墜落時のきのこ雲(目撃証言)、そして、現場に残された中性子線ということなのですが・・

この説の難点は、まず言葉の用法がひどく曖昧なことです。「爆弾」とは、目標に固定する、もしくは、目標に向かって投下する武器のことですから、爆弾で飛行機は打ち落とせません。初めから機内に仕掛けられていたとでもいうのでしょうか?墜落した123便に後から投下したというなら、墜落後の発煙の後、爆弾投下までにある程度時間を置いてからの発煙(きのこ雲)が発生しないと辻褄が合わないのではないでしょうか。しかし、それでも相模湾上の異変から墜落するまでの数々の疑惑に答えたことになりません。

「爆弾」はいい間違いで、空対空ミサイルの弾頭に仕込まれていたのだという言い訳も、やや苦しい感があります。中性子爆弾は理論上、水爆とほぼ同じ原理で作られるそうなので、核融合用のセカンダリリアクタを弾頭に備えていなければなりません。当時、通常の爆縮型の核ならばかなり小型化されていたのですが、セカンダリリアクタを装備するとなると、大型化は避けられません。要求サイズがかなりタイトな空対空ミサイルにそのような弾頭が取り付けられるとは考えにくく、逆に「爆弾」か大型ミサイルでないと中性子爆薬の使用は難しそうです。話は逸れるかもしれませんが、B氏によると、軍事情報の世界に中性子爆弾の実験データというものが存在せず、実は、中性子爆弾が本当に実在していたかどうかも疑わしいそうです。その裏付けになるかどうかはわかりませんが、ソ連・フランスなど、かつて中性子爆弾を保有していると宣言していた国は、現在までに全て撤廃しています。表向きは、使用する核種の半減期が短く、弾頭の性能維持コストが高くつくからと説明されているようですが。

なお、きのこ雲については、多量の燃料爆発でも発生するものだそうです。中性子線については、測定値などが一切示されていない以上、私も論じるべき立場にないというのが正直なところです。


QUIA VIDISTI ME CREDIDISTI BEATI QUI NON VIDERUNT ET CREDIDERUNT

管理者
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAL123便墜落事故-真相を追... | トップ | JAL123便墜落事故-真相を追... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
F19ではない (とりすがり)
2009-09-20 10:58:46
F19説は機長の音声「ジュークダ」が根拠のようですが私には「デュークだ」に聞こえました。

日本にも来ていたベトナム戦争の英雄でデュークという名の名パイロットがいたはずです。この人と123便の機長は自衛隊のころ面識があったはず。
Unknown (anon)
2009-11-02 18:29:49
このワッペンの男性は、アメリカ国家運輸安全委員会(N.T.S.B) の R.シュリードです。
http://www.youtube.com/watch?v=xWp4J0O5_es&NR=1
ですから、胸に貼ってあるロゴは、NTSBのものです。
http://en.wikipedia.org/wiki/National_Transportation_Safety_Board
http://www.ntsb.gov/Graphics/logos/NTSBSeal-331x335.gif





Unknown (Unknown)
2010-01-31 19:48:20
F-117は攻撃機です、戦闘機ではありません。
軍事評論家B氏のお話を鵜呑みにしてませんか?
ちゃんと御自分でF-117の事を御調べになったのでしょうか?
疑問です。
お上が物的証拠を残すわけもなく、それが無いからと言って、論議に支障を来す事はない!! (FBI)
2010-02-17 01:08:09
やはり、恩が有るので書いておきます。

リチャードコシミズを唐突に大柄な態度で宣伝に来た奴(大笑)59歳だって(大笑)!!年取ってれば、年下の人達に大柄な暴言じみた言葉吐いても良いって、こう言う年配者が、かってに決めたんだろうか(大爆笑)変だし、何か?そう言うの、ゆるせないな!!
リチャード・コシミズと云う人物は(笑)
宗教の事に関すると誤った見解を示し、とかく政治の事になると偏った意見を述べると言った
所謂、説明慣れしていて、接続詞が聞いていて気持ちが良い感じを受けるので、納得するような錯覚に陥るが(笑)
よくよく聞き惚れなくても間違った思想の持ち主であるとの結論に達してしまいます!

と言いますのも、結局相対する団体や対象人物の資料を確りと読んでいないのが原因だと見受けられますし、この方、あの毎日3人は必ず逮捕者が出ていると言う暴力集団。
Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けると出る、
ニュースで毎日のように報道されている団体に所属している過激な廃徒なので、最も注意が必要な人物なんですよ!!

受けている攻撃の件で?どのページでも創価創価って言わない方がい良いんじゃないか(笑)
それじゃないと、頭おかしいと思われるよ!!実際何かの犯罪をしている人たちの集まりなら分かるけど?日本だけで人口の1割1,000万人団体の良い人ばっかりの集まりなのに?何で有りもしない噂を付加えて、そんな事いろんなところで書き込んでるんだろう?

実際逮捕者が毎日3名以上必ず出ている顕正会宗教団体なら知ってるけど!ここみたいに具体的な監禁や暴行の犯罪を犯しているところや、静岡県の富士大石寺にある阿部と言う人がやっている日顕宗(宗門だか)の法華講員がJRでの痴漢行為やネット詐欺、結婚詐欺で信者が続々捕まっている2009年12月に裁判に敗訴した宗教団体だとかがはっきりしている場合以外は適当な事言うのは学会の人たちに失礼だと人として思いますが?

あまりやってもいない事を正当な人たちに向けて言わない方がいいと思いますよ!何か嫉んでいる人みたいに見えます!

それか?誰かに頼まれてやっているとかに見えますけど!!

後、遅れましたが、管理人さんの今の現状では!!ここの書き込んでいる人達を非難している訳ではありません。が、     例え自分の妻子や子供でさえも、誰も信じるな!!と言いっておきたいです。

1日も早く朝日新聞社の記者が四半世紀前の真実を暴露してくれることを願います!!
話は日航123に戻しますが↓”

JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(3)
の上部の方に書かれてあった↓

Unknown (Unknown)
2010-01-21 16:19:05
日本への圧力として、下田沖で正式な日米合同演習を行いました。・・・・・・・・・・つづく→

↑この方を探して出てきてもらい語ってもらったほうが一目瞭然だと思います。

この方は確実に真実を知ってらっしゃると思われ、丁度このページの中間くらいに1回だけコメントを残していらっしゃる方です。

何やら撃墜説より恐ろしい裏があったみたいです。この方は直接米軍だった人に真実を聞いたらしく、私はこれを観たとき直感でこの情報は正しいと判断致しました。

まぁ~私が出てきて下さいと言っても
私自身、資料や情報を集めているだけですから、③を観たら次は④へ行き、状況証拠を拝見して、皆さんのコメントを上から下まで読んで、一言意見を書き込んだら、もう二度とこのページには立ち寄る事は無いと思いますので、

⑤⑥と先へ先へと待ち構えでもしていないと全く意味は有りませんが、是非でてきて匿名でも良いので一発カキコであの日なにがあったのかを語って頂きたいと思いますし、ここに居る皆さんが一番お聞きしたかった件かと思いますので、何卒、おいでになって教えてくださいませ。

宜しくお願いいたします。

尚、何度も言いますが
( 一言)一度訪れたページには、情報収集のみに訪れているだけですので、もう二度と来る事はないと思います。
こちらは、例えば、④を観たとしたら皆さんのコメントを最後まで読んで、何かあれば一言カキコしてから次⑤へ行くといった形をとっていますので、この後何か自分に対して質問されても見れませんので宜しくお願いします!

自分宛のコメントを観れるとしたら?先回りしてカキコして頂かないと拝見できませんので、その点も重ねてお願いいたします!

尚、決して逃げている訳ではありませんが、例えば:管理人さんなんかに、本人が居ないところで悪く言う程、卑怯で悪質で情けない姿はありませんので、そうならないように願いたいものです(大笑)
でわでわ!お疲れ様です!このページからは去りますので!管理人さんも宜しくお願いいたします!!

追伸:Googleで顕正会カルトと打ち込んで検索を掛けてみてください!!確実だと、全てが確認できますから!!
リチャードコシミズのページは静岡県内でしか開かれないHPなのに何、宣伝してるんだろうか(笑)おかしいともっぱらの評判です!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。