霜をながめて



あっという間に新しい年に入って、もう一週間。
時間を大切に、大切にと思うのに、歳を重ねるにつれて物事をこなすのに時間がかかってしまうなぁと感じるようになった。
でもやはり丁寧さは削らずにいたい。

昨年は人と接する中で、より多くの時間をその対応策に時間を費やした気がします。
この歳になっても、まさかと思うようなモラルの低い信じられない状況に遭遇したり、こんなことする人もいるんだなぁと悲しくなったり、理解しようと努めたりすることは、自分の言動を振り返ることにもなったかな。
経験したすべてのことは、私の未来の糧。

ところで、今朝は次女が起きてきて早々、
「もー、みんなの笑い声で目が覚めちゃったよお」
と叱られるほど、朝からにぎやかでした。

笑い声で目が覚めるような日が、今年もたくさんあるといいな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ピアノ



随分ブログに書かないうちに、
サックスの演奏会も終わってしまいました。
今年は慌ただしかったなぁ。

次女のピアノの発表会がおわりました。
これでレッスンも終わりになるので、なかなかさみしいものがあります。
今年はなかなか練習が進まなくて大変そうだったけど、本番は目標どおりに「間違えずに」きっちりと弾いて、努力の結果を見せてくれました。
感動しました。

ピアノが楽しい♪、音楽は楽しい♪
ということを、ずーっと変わらずに教えてくださったピアノの先生が本当に素晴らしくて、
家族みんなが先生のことを大好きです。

自由奔放な長女も、今回の発表会は急きょスタッフとしてお手伝いしている姿は、こちらはヒヤヒヤしつつも嬉しいものがありました。

ピアノを通じて、娘たちは音楽だけでなく、様々な出会いがあり、成長させていただきました。
10年以上にわたり、素晴らしい日々でした。
ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

規格外

長女が珍しく、今日おうちにいる?どっかいく?と聞いてくるので、
何かあるんだな、と思って2人でお出かけ。
こういう時、次女はすっと、「私は今日は家でのんびりしたーい♪」と空気を読んでくれるのでありがたい。
なんとも「お母さんとお出かけしたい」と素直に言えない長女なのでした。

なんの予定もないけど、、とりあえず川崎までドライブして、ラゾーナ周辺でウロウロ。

もう私よりずっと大きいのに、そっと手をつないでくるのが、長女らしい。
小さいときからなにも変わらない。
手をつなご!!と跳びついてくるのは次女。
次女がそばにいない時に、すーっと寄ってきては、わたしの腕をさわさわしてから手をつないでくるが長女。

オシャレっ気もなーんにもなくて、学校指定の白いスニーカーを、休日だろうがなんだろうがそれしか履かないので、
今日は靴を買うことにした。
試着していくと、長女の足のサイズは25センチでした。でかっ!

相方さんもやたら足が大きいから、買える靴下がないのが悩みだったのに、
なんとなく、この先は長女のパンプスとかも買えるのがあるのか心配になってきた。。。

長女がすこーしだけ履いてたコンバースを、私がお下がりでもらえることになったので嬉しい。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

5月の記録

5月生まれのふたり。
長女14歳、次女12歳になりました。
さっそくインタビュー実施。なかなか普段聞くのは難しいことを。

長女へ。「芸能人で誰が好き?」
長女「うーん。小林幸子!\(^o^)/」
ボカロで知ったんだよね。じゃなくて、男性でお願いします。
小学生のころは志村けんが大好きでしたが?
長女「うぅーん、大野くん(嵐)、手越祐也、あとはねぇ、城島と、ウッチャン(内村光良)!」
やっぱり相変わらずオジサン好きなんだなぁ。
わたしと同い年とかの彼氏連れてきそうな予感がびしばしします。

つぎ、次女へ。「将来の夢を教えてください」
5年生のときの夢は、パティシエでしたが?
次女「仕事とか、職業だと、あんまり決まってないかも」
じゃあ今やりたいこととか、これからやってみたいことは?
次女「中学生になったら、バドミントン部!ぜったい!」
運動部に免疫のない母ですが、じゃあ洗濯がんばります。
次女「あとね、大人になったら、東京はいやだ。長野か北海道でくらしたいかな。自然のあるとこがいい。」
でっかいどー(^^)!

夢と可能性のある2人。
見ているだけで楽しいし、エネルギーもらってます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

捨てて

キッチンに次女がやってきた。
次女「ねえねえ、「捨てる」って、北のほうの方言で言うとなんでしょうか!?」

わたし「ぶちゃる」

次女「(✽ ゚д゚ ✽)ポカーン」
次女「あ、、えっと、、なげるって、、」

それ北海道ね!
わたしの捨てるは、「ぶちゃる」だから!

おぞくなったで、ぶちゃりゃいいわ!
という、長野県民的にな断捨離道をゆく。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ