どこで聞いたの

はじめてパンを焼いてみようと思って、フライパンで作るちぎりパンにチャレンジ。
なかなかうまくできる時と、できない時もあって、しばらくハマりそう。
発酵させてる間にランニング行けるか?とか考えています。

パン生地をこねていたら、次女が
「歳をとると
 男は蕎麦を打ちはじめ、
 女はパンを作り出す」
と、ドヤ顔でいうので、どこでそんな話聞いたの!
てか、なに読んだの!?
笑いつつも、呆れてしまった。

そしたら本日出どころ発覚。
長女「あ、それ私がなんとなく思って言ってたやつ(^^)」
出どころ身内だったー。
てか、なに読んだの!?

そして私はまたパンを作り出す、、、。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名古屋ウィメンズマラソンお菓子編

名古屋は父が単身赴任で過ごしていた街。
ちょうど父が今の私くらいの歳だったんじゃないかなぁ。
名古屋にはなかなか行ったことないけど、とにかくういろう好きなので、たくさん買って帰ろうと思って、スーツケースを新調したほど。
おかげで山ほどういろうを買って帰れました。
青柳のアスリートういろう、餅文、雀おどり、虎屋、大須。
どこもそれぞれ個性があって、とてもおいしかった。
虎屋の生ういろうは日持ちしないので、到着した日と、帰る日2日とも足を運びました。
ホワイトデー限定品もあって眼福ぅ♪
ホワイトデーにういろうを贈る男子がいらっしゃるということですね!素敵すぎる。

高島屋の地下では、生せんべいに初対面。
見るからにわたしが好きそうな雰囲気を醸しまくっていたので即購入。
想像どおり大変美味しゅうございました。

鬼まんじゅうも、高島屋地下で購入。
皮つきと、皮なしがあるのも良かった。帰りの新幹線でのおやつになりました。

名古屋ウィメンズマラソンのエイドで出ていた、ふところ餅も買いたかったけど、どこにも売っておらず残念でした。
エイドに出た商品は、愛知の名産品とのことでしたが、全部ゴール後に購入できるようになっていたら、相当売れるのではないかなぁとおもいました。
レンコンチップスも、ふところ餅も、かりんとうも、全部もう一度食べたかった。

おみやげに買った小倉トースト味のチョコボールは、試食してから買ったけど、これは自分用にも買えばよかった。
あとからジワジワくるおいしさ(^^)。
名古屋、美味しいお菓子ばかり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名古屋ウィメンズマラソン2017

人生で3回目のフルマラソン!
まさかフルマラソンをこんなに何回も走るようになるとは思ってなかった。
そして初めて、ちょっと厳しいかなという目標を持って、前向きに挑んだ。

つくば、東京と、ゴールでボランティア活動をして、ぼろぼろになって帰ってくるランナーさんをみて、私こんなにぼろぼろになるまで真剣に走ってないかも、あまいのかも自分にって反省して、名古屋はきっちりやってみようという気持ちになったのでした。

しかし練習中に右ハムストリングが軽い肉離れになり(肉離れに軽いとかあるのも初めて知った)、ケアの大切さや、先生をはじめ、仲間が本当に親身になって名古屋にむけてたくさんアドバイスしてくれたことも、より真剣に名古屋に挑む気持ちにつながってました。
今回の目標は3時間40分。

当日の天候は快晴、体調は文句なし、不安要素なし。
国家斉唱は渡辺美里さん!カッコ良かった!
そしてスタートでは「マイレボリューション」が流れて、テンションup♪

でも結果は、4時間2分18秒でした。
5キロを26分で最後まで走ろうという予定をしてスタートしたものの、17キロで転倒。
そうだったー、わたし転びやすいんだったー!と、倒れながら思ったけどもう遅い。
あれよあれよという間に救護室へ収容されたものの、なかなか止血できず、仕方なくそのままレース復帰。
もうこの時点で20分とまっているので、自己記録更新は難しい。さあ、どうする?
救護室からは、もう走らないで歩いてもティファニーもらえるよって言われたけど、そういうんじゃない。
わたしは今日、5キロ26分で走ると決めたんだ。
行こう!
決断するのは早かった。
いつもは決められない私なのに(笑)。

汗より出血が気になるとか、なかなか味わえない状況でもゴールを目指せたのは、ティファニーよりも、応援してくれた仲間、一緒に走ってる仲間がいてくれたからこそだと思います。
39キロにいてくれた先生は、私の姿をみるなり通過する何秒間かで「転んだんか!?無理せんでええ!」って声をかけてくれました。
よっぽどな姿だったんだと思うけど、、
つい、「無理しなきゃ、ゴールできないんだよ、、、」って言葉がもれました。
首につけてたネックゲイターが汗ではなく血を吸って固まるくらい、出血してた。

ダンシングクイーンが大音量で流れるナゴヤドームに帰ってきて、ゴールが見えたときは本当に安堵の気持ちでいっぱいに。
4時間切りたかったなー!なんてちらっと思うくらいの余力がありました。

ゴール後、もう一度救護室で手当してもらって、出血のひどさに自分でおどろいた。
そんな外見なので、フィニッシャータオル広げてドヤ顔!っていう写真はオアズケ。
ゆっくり仕度して、あるいて仲間の待つ温泉へ。
心配してくれたみんなと抱きしめあいたかったけど、抱きついたら血がついちゃうので(笑)、ハイタッチとかにとどめる。

スマホみたら、いろんな方から「空白の20分に何があったの!?」とお問い合わせを頂いていて、本当にみんなに見守ってもらえてたレースだったんだなと思ったら、泣けました。

温泉での打ち上げなのに、あんなに毎日節制してきたのに、ケガでお酒飲めないのは悲しかったー!
いくら頑張ったレースだとしても、マラソンはスタートしたらゴールまでとにかく無事に戻ってこないとダメですね!

結果以外に、仲間との絆、無事にゴールすることの大切さを学びました。
名古屋はまたひとつ、私をマラソン好きにしてくれました。来年も走ろう、名古屋!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

その背中を

お年玉で好きなものを買いたい、という娘たちからの申し出があった。
りんぎしょ、と書かれた紙まで持ってきたので、こりゃ本気だな〜と思って、一緒に考えて、
長女は音楽プレーヤー、次女はゲームを購入。

先日、長女は期末テストがあった。学年末テストなので全範囲。
まあ予想以上にズタボロで、ひどい点数だったのを、結構まじめに説教した。
説教するのって本当にいやだ。つかれるし、機嫌わるくなるし。
でも、親っていう責任は何とかしたい。
毎日「宿題やったかな?」って聞くのも、本当につかれる。
でも、なんとかしなくちゃ。

そんなことがあった後、娘たちと欲しいものを買いに行った。
テストの点数よくないのに買うのもどうかと思ったけど。。

好きなもの買ったあと、大きな本屋さんにいきたいと言うのでふらりと立ち寄った。
それぞれ好きな本を物色するので、わたしもちょっとゆっくりした。
しばらくして、さてそろそろ帰ろうかと娘たちを探す。
広いからなかなか難しいけど、どうせマンガでしょと思って長女を探す。
マンガのコーナーには、いなかった。小説のコーナーにもいなかった。
ったくどこ行ってんだか、、と思ったら、
中学生の参考書のところで色々みている長女を発見。
背中をちまっとさせて、じーっと問題集をみていた。

あの背中は、ちょっと前までトントンして寝かせてた、小さなせなか。
今はもう、私とおなじくらいになった。

しばらく、後ろからその背中を眺めてました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

かわる


この1年で8センチ伸びた次女。
成長記録をドヤ顔でもって帰ってきた。
わたしには、いつまでも小さくてまるい可愛らしい次女にみえるけど、
どんどん大きくなっていくんだなぁ。
1年で8センチも伸びたんじゃ、見える世界もずいぶん変わったことでしょう。

そして翌朝、みんなで朝テレビ見てたら、唐突に
ぼそっと一言

次女「1年で8センチなら、高校生になったら170かぁ…♪♪」(ニヤニヤ)

えっ!このまま伸び続けるおつもり(笑)?!
自分の身体の変化が楽しみで、嬉しそう。

そう、たぶん、
お習字で今年の自分を表す漢字を書くのにも
「変化」、「変わる」の「変」を書こうとしたんだろうね。
「代」って書いちゃったけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ