浜風に吹かれて・・・・

阪神タイガースの話を中心に、
   大好きな野球の話を、感じるままにわがままに・・・・

どこが"執念"やねん!

2018-10-01 23:39:03 | 阪神タイガース

この一戦は、ただの一試合ではない。

目の前の一試合に勝つ!
当然そうなのです・・・今のタイガースは。

その中でも、ベイスターズとの距離を少しでも詰める意味において、
この試合は"最重要"であり、だからこそ岩貞投手の先発であったはずです。

あまり、監督の采配に批判はしたくはありませんが、あえて言わせていただきます。

素人考えです。
内部事情もわかっていません・・・・
ですが、ファンは勝敗に関わらず、納得できるものが欲しいのです。

甲子園球場での戦い方・・・・
どちらかといえば、"守備重視"であり、"守り勝つ野球"が理想ではないかと思っています。

しかし、現状置かれている立場・・・・
CS進出を目指すなら、"打たなければならないのは必定"です。

10点とられても、11点とる!

そんな野球をしなければなりません。


象徴的なこと・・・・・

ベイスターズの2番はソト選手。
今日のホームランでトップタイの38本。

一方、タイガースの2番は2割に満たない森越選手。

森越選手の守備力は評価すべきではありますが、
この起用を"OK"とするなら、1回表に1点奪われた段階で"敗戦"です。


高山選手、中谷選手・・・・
バットが遠回りして・・・・
あれなら、インハイにストレートを投げておけば"安パイ"です。

ようするに・・・・
実質、打撃コーチのメインである金本さんの指導が、実っていないといわざるおえないと思ってます。

もちろん、選手個々の問題が主たる問題ではありますが、
ちょっとがっかりしているのは、私ではないはずです。

"執念"という今年のスローガン・・・・

この試合で、"執念"をまったく感じませんでした・・・私は・・・。

それが残念でなりません。

一方的に殴られっぱなしで、殴り返すそぶりも見せない・・・・

監督、首脳陣の気持ち・・・・選手には筒抜けですよ。

「この監督を男にしてやろう!
「この監督を胴上げするんだ!」

そんな風に、選手に思われているのだろうか?

根本的原因は、そこにあるのだと私は思っています。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (4)

備忘録20180926

2018-09-27 00:45:08 | 野球大好き

カープ、セ・リーグ3連覇 おめでとうございます。

『産みの苦しみ』とでも言いましょうか・・・
少し苦労した感がありましたが、ダントツの底力があったということでしょう。


ここ最近・・・
特に今年はセ・パに関わらず、"打高投低"の傾向が高くなっていますね。

ペナントレース・・・・
つまり『長期戦』において、その傾向がより一層高くなっていると思います。

短期決戦の場合は、投げる投手の質が高いので、
そう簡単に打てないので、色分けがより顕著になってきています。

私は基本、CS制度には懐疑的な立場ですので、
目指すはあくまで"セントラルリーグの制覇"であり、"日本一"です。

"CS制度の是非" "CS制度の問題点"については、
オフシーズンのネタとしてキープしておきましょう。


とりあえず、現行ルールに則ってシーズン終盤を迎えていますが、
26日(水)の雨で、なお一層、スケジュールはタイトになってきました。

ナゴヤドーム3試合を除く試合はすべて、屋外球場です。
月末には、台風も本州直撃が予想されます。
全日程を消化しきれない可能性もある・・・・・(規定による打ち切り)

だからこそ、先日のG2連戦は2連勝でな狩ればならなかった。
菅野投手が投げないこの2連戦が・・・・

『備忘録』として・・・・
忘れないように・・・・思い出すようにここに、
書きたかったこと、羅列しておきます。
下記について、オフ・・・・書いていきます。

メッセ、高山、CS、日程、藤川、藤浪 才木、望月、中谷、大山、能見、鳥谷
梅崎、糸原、上本 岩貞、バント、盗塁、出塁率 打順、左右、秋山、阪神園芸、機動力
聖地 甲子園での戦い方(なぜ聖地で勝てないのか?)

金本監督の考え方・・・・・(彼の言う「執念」って・・・「覚悟」って・・・・)


カープ、おめでとう!

強いから勝つのではなく、"勝つから強い"

 

カープは、常勝チームではないと私は思っている。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (2)

個人的には"理解不能"

2018-09-24 22:02:10 | 素人評論

御無沙汰いたしております。

明日も、始発に乗っての出勤となっており、
4時半過ぎには起床ゆえ、じっくり書きたいのですが手短に・・・

試合はずっと拝見してしていました。

現状、タイガースが置かれた立場・・・
特にこのジャイアンツ2連戦に関して、
CS出場を目指す以上、『2連勝』が条件だと考えておりました。

いや、希望的観測を含めても『1つは勝つ』は絶対条件だと・・・・

だからまず、『初戦が第一』

しかしながら敗れてしまいました。

現状『エース』の岩貞投手ですし、
勝たなければならなかった試合です、2戦目は・・・


「試合は選手がするものであり、監督、コーチがいくら鼓舞しても一緒 」

そういう考え方もありますが、
月曜日のような接戦、投手戦においては2つ、言える事があると思っています。

まずは"スタメン選び"
ここは、選手の責任ではありません。

監督、コーチの責任になります。
どの選手を、どこに配置するのか?
どうすれば、勝利確率が上がるのか?

メルセデス投手から、たびたびチャンスはもらえないと想像できるからこそ、
その打順の組み方には、熟考しなければならなかったはずです。

そしてもう一つ・・・
拮抗した展開になれば、試合後半においては、
「ベンチワークが勝敗を左右する」という事です。


個人的に・・・・
この試合の最大の疑問点・・・・・・・

なぜ、スタメンから陽川選手を外した?
8回の裏、無死1塁で打者 梅野選手・・・
なぜ、バントさせなかった?

バントさせなくてもよいときにバントさせるくせに、
この場面は、100%バントではないか?

バントして併殺ならまだ合点はいくが・・・

ついでに・・・
どうして鳥谷選手を使わないのだろうか?
今だから、こんな時期だからこそ、"ベテランに頼る"でもよいのではないでしょうか?


3ヶ月半以上書いていませんでしたが、
26日の水曜日、私用にて"有給"を所得しております。
おそらく、14時には帰宅しますの、雑用がなければ試合前に書きたいと思います。


残り14試合ですか・・・
ネタは山ほどあります。
仕事も、おそらく始発に乗っての出勤は27日が最後と思っておりますので、
少しでも多く、更新しランクアップできるように頑張ります。


それでは・・・・おやすみなさい。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント

確かに継投は難しいけれど・・・・

2018-05-31 03:14:46 | 素人評論

連敗しちゃいましたね・・・と、その前に・・・


前回 書いたブログについて・・・
コメントを頂きました。
「代走だけでは出場とは認められない」という趣旨のご指摘・・・

職場でスマホを見ていたときだったので、
そのコメントにすぐ気がつきました。

で・・・思い出したんですよね・・・・恥ずかしながら、そのコメント見たとき・・・

そう・・・
それで(代走だけで)連続試合出場の記録が途絶えた、Gの坂本選手を・・・・。

代走のみで出場した場合は、連続出場としては記録されない(試合の出場は記録される)
連続出場として記録されるためには、
少なくとも自チームのあるイニングの始めから終わりまで守備に就くか、
塁に出るかアウトになって打撃を完了する必要がある。
ただし、守備の完了、打撃の完了前に審判員によって退場が宣告され試合から除かれた場合には、
例外的に連続出場記録として記録される。

代走 - Wikipediaから拝借!

らんでぃさん、虎さん、ご指摘・・・ありがとうございました。


さて連敗した試合ですが・・・

高橋投手の先発・・・・
ということはこの試合、勝利するには少なくとも中継ぎ一人(最低でね)
そして、ドリス投手という継投が考えられたわけですよね?

先発を含め、4~5人の継投になること・・・・素人でも想像できたのですが・・・

5回終了時、高橋投手は96球を投じていました。
そして5回裏、相手のミスも絡んで同点になった場面でむかえた6回表。

わかりますよ・・・・「もう1イニング投げてくれ」というベンチの思惑は。

7回からはいわゆる『いつもの方程式』でいけますからね。

まして6回表は8番からの攻撃・・・・
先頭を切れば、なんとかしのげると考えたかな?ベンチは・・・・

高橋投手の表情や、球筋、体の動きから見て、
球数以上に疲労していたと思っていました。

5回の裏に同点に追いついたので、続投だったのか?

私は、「同点に追いついたのだからこそ重要な6回表」と思っていました。

個人的な推測ですが、ブルペンの準備・・・・遅れていたのではないかな?

藤川投手を6回から投入・・・
結果はどうあれ、『自軍に流れを確実に引き寄せる』大切な回だと思ったんですけどね。

前日、メッセで落としてます。
勝ちたい気持ちは強かったはず。
いや・・・勝たなければならなかった。

極端な話、6回に桑原投手や岩崎投手でもいいと思ったんですけどね。

打たれたから言うのではなく「なんで続投?」って、マジで思いました。

石崎投手や高橋投手がいれば・・・・でもね・・・・
ブルペンの準備不足の感は否めません。
もしくは、中継ぎ投手陣の消耗を抑えるため・・・
いや・・・・この試合は多少のリスクを抱えてでも、勝ちに執着する試合だと思いますけどね。

しかし、ビハインドの場面ではありますが、尾仲投手、岡本投手は頑張りましたね。
それは素直に「よ~やった、3点差ならまだいける」と思わせてくれましたから・・・・
3点差で3イニング残ってたら当然、期待しますよね。


打線・・・・
もう少し頑張って欲しいですね。
「ここで一本」というところで出なく、後の打席で出る。

1犠飛と2つの相手ミスによる得点。

残念ながら、ロサリオ選手はパニックってますね。
3戦目・・・外してくるんじゃないですかね・・・?

3連敗だけは許されない。
きっちり切り替えて、雨上がりの甲子園をカラッとしてくださいよ!

ここで一踏ん張りや!タイガース!!

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (6)

悔しい試合

2018-05-30 05:35:18 | 素人評論

本当は書く予定ではありませんでしたが・・・・

交流戦の初戦・・・
ものすごく単純に、エースが登板して相手は初先発投手。
『必勝態勢』で臨んだ試合での敗戦は正直・・・痛いですね。
勝たなければならない試合でした。

立ち上がり、メッセンジャー投手がピンチを招き、
結構、厳しい状況を0点の抑えました。

デスパイネ選手に対して、3球続けてカーブという選択。
そのとき、ラジオで聴いていたのですが・・・
「思い切って3球続けたら、ストライクなら三振、だけどかなり勇気もいるが・・・」
と思っていたのです。

サインを出した梅野選手、そこに投げきったメッセンジャー投手。
帰宅して、録画を観ましたが『素晴らしい!』と思いましたね。


この試合は、『1回の裏がすべて』といっていい結果になりました

『試合の流れ』を考えれば、初回のチャンスで1点もとれなかったこと・・・・
"いやな予感"がしたファン・・・・たくさんいたと思います。
ピンチをしのいだ直後だから余計に・・・・

私もその一人・・・・

結果的に『4番の差で負けた』なんていう方もいると思いますが、
(そんな単純なものでは断じてないない!)
『野球の面白さ、奥深さ』を感じられる1回裏でした。

岡本投手は、初先発の緊張、甲子園の雰囲気・・・・
精神的に厳しかったと思います。

地元の選手、選抜だったか・・・甲子園のマウンドも経験があるとはいえ、
タイガースとの戦いは、経験の浅い投手には『試練』だったと思います。

福留選手・・・
センターフライだったのですが、彼はこの打席・・・何を考えていたのか?
「併殺は避けよう、高めの球を叩けば最悪1,3塁を作れる」と考えたのではないかな?

状況に応じて、狙い球を変えて対応する、頼りになるキャプテンです。

捕球した柳田選手・・・
素早くセカンドへの返球・・・・これもお見事です。
当たり前のことと言うなかれ・・・
その当たり前ができるからこそ『一流』なのだと私は思います。


1死1,3塁で、ポジショニングは『1点は仕方がない』といったホークスの守り。
ここで、岡本投手が踏ん張ったのがこの試合のすべてと思っています。

『当たりが出てきた中谷選手、大山選手がこの試合、機能するかどうか?』

昨日からこの一点が最大のポイントだと考えていました。

しかしながら、糸井選手の三振で彼らへのプレッシャーは尋常ではなくなってしまいました。

いくつもの変化球を駆使し、3番以降を抑えた岡本投手・・・・
大きな自信になったと思います。

個人的に思うのは、糸井選手・・・
2球目までに結果を出して欲しかった・・・・たとえ結果が併殺でも・・・・

もう一つ・・・この回に限らず、
捕手が強肩の甲斐選手というのも、タイガースのベンチが動きにくかったのかな?と思います。

まぁ初回は、制球がままならない岡本投手だったので、じっくり攻めたというのは納得ですけどね。

何が悔しかった?
私は『メッセンジャー投手の好投を無駄にした』(結果的に)ということ。

14残塁・・・
そんな試合もありますよ、長いシーズンですから・・・・それが野球ですから。

ただ、この試合・・・・交流戦初戦・・・
『勝って当たり前』といってもいい試合を、しかも貧差で落としたことが悔しくて仕方がありません。
『勝ちにこだわる試合』と思っていたのですがね・・・・

最後に・・・
鳥谷選手の記録が途絶えたこと・・・・

残念ではありますが、「近いうちにこうなる」と思っていたので・・・
「それが今日だったか・・・・」ということです。

最終回のベンチでの表情・・・
「本日、業務なし」がわかっていたと思います。

福留選手が出塁して、代走が江越選手。
当然の選択です、勝利を目指すなら・・・・

記録のためだけなら、『代走 鳥谷』でもよかった・・・・。

それをしなかった金本監督の『英断』であり、鳥谷選手も納得していたと思います。

私は『これが鳥谷選手にとって最良なのだ』と思っています。

これで、彼はすべての呪縛から解放されたのですから・・・

間違いなくタイガースを支え続けてきたプレーヤーであり、
1番を、永久欠番にしてもいいくらいの選手だと私は思っています。

当然、貴重な戦力であり、これからもタイガースをかげ、ひなたに関わらず支えてくれると思います。

ファームに行くことはないはずです。
彼がベンチにいないのは『不自然』なことですからね。

 

『一つの区切り』になった試合ですが・・・

鳥谷敬という男は・・・

「この試合に敗れたことが一番悔しい」と思っている・・・・そういう男です。

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

更新の励みになります。今日もお帰りにポチッとよろしく!お願いします。  

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
にほんブログ村

コメント (6)