東大野球部の優勝を応援する会

東京大学硬式野球部の優勝を願い応援するファンのブログ

東大野球部・動画「いよいよ最終の法政戦」

2021-10-23 08:13:17 | 日記

今日、明日の東京6大学野球は、東大野球部にとって今季最後の法政戦。

現在、法政は6戦3分け3敗、勝ち点1.5点、勝率は0で5位、東大は8戦1勝7敗、勝ち点1点、勝率.125で最下位。

勝ち点制なので勝ち点が勝率に優先する。今季、法政はコロナ禍で打線が調整不足で6試合で得点6点。東大でさえ8試合で得点16点。

ただし、法政は、三浦、山下輝のプロ野球指名組が特にドラフト1位の山下輝が絶好調。

問題は、何と言ってもチーム防御率12.13点の東大投手陣。全投手、制球が悪く序盤で大量失点して試合を壊してしまう。

今日の初戦は、東大はエースの井澤、法政は、調子はいまいちだが、やはりエースの三浦だろう。

東大の自力最下位脱出は無くなったが、何とか初戦を勝ちたい。今季、初勝利をあげた井澤が序盤を切り抜ける事を期待するのみ。

参照動画

東大野球部「最終カードに向けて」約2分。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東大OP戦「東大Bチーム、東京学芸大に惜敗」

2021-10-17 20:41:19 | 日記

【秋季オープン戦】10/17(日)東大球場

東京大学(B)vs東京学芸大学

学大 001 000 000 = 1

東 大000 000 000 = 0

昨日、東京6大学野球は雨天の為に中止だったが、東大球場でのオープン戦、東京学芸大対東大Bチーム戦は無観客試合で行われたようだ。

試合は学芸大が1対0で辛勝。東京学芸大は東京新大学野球リーグ1部で現在、1勝9敗で最下位のチーム。

詳細は不明だが東大はリーグ戦は、残すは週末の法政戦のみ。何とか有終の美を飾って欲しい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京6大学野球・動画「2021年秋季リーグ戦第4週好プレー集」

2021-10-17 03:54:20 | 日記

東京6大学野球2021年秋季リーグ戦は昨日から第5週。プロ野球のドラフト会議で指名された各校の選手が多数出場。

第1日目は慶応が立教に8対5で、早稲田が明治に、やはり8対5で先勝している。

動画は第4週の好プレー集。約2分。

「BIG6.TV」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京6大学野球・動画「東京6大学各校の主な校舎とグラウンド」

2021-10-15 09:58:06 | 日記

野球場はある程度の広さが必要。それだけに地価の高い東京都区内に自前の野球場を持つ学校や社会人チームは少ない。

東京6大学も東京23区内に野球場を持つのは東大、明治、早稲田の3校だったか。

東大球場は東大本郷キャンパス、正確に言えば弥生キャンパスにある東大農学部の一角にある。

若干、狭く古く歴史を感じさせるが東京都の歴史的建造物になっている。都心の緑に囲まれた稀有な野球場。

現在、コロナ禍でオープン戦も無観客試合なので最近2年間ほど行っていないが、それまでは、東大球場で行われる東大のオープン戦は、ほぼ全試合見て居た。

勿論、入場無料。年金生活者には楽しみだった。又、見られるように早くなってほしい。

参照動画

「ベースボールsky」2021年9月3日「空から見る東京六大学」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東大野球部・動画「東大出身プロ野球選手6人のその後」

2021-10-13 05:32:57 | 日記

今季のプロ野球も終盤戦。イースタンリーグは既に終了。ドラフト会議も終わった。私は何回も言っているが江川卓氏が引退したあたりからプロ野球に関心が無くなったので、その後の事情は、よくわからない。もう30年以上、浦島太郎状態。

それはともかく、昔は、ドラフト会議は日本シリーズ後にやっていたと思った。いまのように中途半端な時期に、なぜやるようになったのかは知らないが、どうしても時期的に中途半端。出来れば昔のように日本シリーズ後に戻してほしい。

私が応援する東大野球部からは現役ヤクルトの宮台を含め過去6人のプロ野球選手を輩出している。宮台は、今季、トライアウトでヤクルトへ移籍。プロ入り4年目。

今季は、2回、1軍へ昇格したが1回も登板機会が与えられなかった。昨年の日ハム時代、理由は分からないが制球が酷かったが、今季は2軍では、これまでの先発とは違い、中継ぎ中心で制球も改善。

27試合登板、1勝1敗1セーブ。防御率2.13。25回1/3登板で奪三振26、与四死球6と改善している。プロ入り5年目の来年が最後の勝負の年になるような気がする。

ちょうどユーチューブで過去プロ入りした東大出身選手の動画がアップされていた。私は、学生時代の新治氏と井手氏は見て居ないがプロ時代は見て居る。井手現東大監督は今は77歳の高齢になったが現役時代はハンサムボーイだった。

参照動画

「ノ・ボールガールの野球NEWS」2021年9月6日「東大出身のプロ野球OB選手の5名、現役時代は苦しんだけど引退後は流石だった件w(ノ・ボールガールの野球NEWS)」動画は約10分

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする