骨折ライダーの行動記録

offロードバイクで骨折してから、自転車に乗り換え、あちこち彷徨う骨折ライダーの行動記録です。

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017

2017-05-23 13:11:26 | サイクリング
いい天気だなあ。

シュールルルルとなんか変な音が聞こえる。
下の駐車場を見ると3本ローラーでウォーミングアップしている人が居る。
そうだよ、皆レースに来てるんだよなあ、気合が入ってますねえ。
うちらみたいな、写真撮影ヘロヘロクライムとは訳が違うよね。

朝食済ませて、荷物と自転車を運びます。
ここは6階、何回エレベーターを待った事か、皆さん自転車を降ろすからしかたがないよね。
やっと自転車2台積んで降り始めたら途中で止まった。
人は乗れますよ、と言ったら「いや、ちょっと」と言って乗ってこない、チラリと緑色のスカート(笑)みたいなのが見えた、あのユルキャラだ。
それじゃあ乗れないわ(笑
さあ、開会式場へ行きましょうか。
あれ?ブラックビアンキは車の中だぞ。

ブラックビアンキは膝の痛みが引かないからDNSだそうです。残念です。
07:00 開会式、遠くにチラリと「ざおうさま」の頭が写っている。

スタート地点に向かいます。

07:44[0.4km] スタート1分前
6000番台はロード60歳以上男子、7000番台はロード女子、8000番台はMTB男子、9000番台はMTB女子、同時スタートです。

右下に写ってる、ざおうさまがお見送りしてくれます。

07:45 スタート、500m程走ると坂が始まります。いきなり10%でも短い。
右コーナーを曲がり終わると8%と緩まり、次の左コーナーを曲がると5%とさらに緩まりますが、その後は6~8%で登り続けます。
08:15[4.1km] 斜度が緩くなった所で最初の撮影休憩1分

08:25[5.1km] 滝見台の上の入口付近、三階滝撮影休憩3分

三階滝です。新緑が綺麗です。

こちらは不動滝と思われる。

08:31[5.4km] 先程の地点から300mの所。撮影休憩1分
歩いている人、倒れこんでいる人、停まっている人が居る中で余裕のホワイトビアンキ号。

真直ぐな登りは心が折れそう。200mぐらいしかないのだけどね(笑

08:37[6.0km] 蔵王不動尊。撮影休憩2分

この先がCP1だ。

08:46[6.9km] CP1、給水休憩1分

08:46[7.1km] 八重桜、撮影休憩0.5分

09:07[9.5km] 展望が開けてきた。撮影休憩2分

この後このカップルと抜きつ抜かれつでした。

09:17[10.3km] 10km地点看板。撮影休憩2.5分

09:28[11.4km] 残雪が現れた。撮影休憩3分

09:38[12.1km] 賽の磧。ここCP2じゃなかったのか。

09:49[13.3km] いい眺め。撮影休憩0.5分

この先のコーナーを曲がったら、パトカー先導に下山部隊が降りてきた。
頑張れと声掛けしていただいたが、頑張る気はさらさら無い(笑

09:49[14.0km] CP2で給水、撮影休憩4分

あと5kmって昨日車で測った時は4.6kmぐらいだったぞ。

10:09[15.0km] ミニ雪の壁。撮影休憩2分

10:13[15.2km] 少し大きい雪の壁。撮影休憩2分

10:18[15.4km] 三つ目の下山グループだったかなあ。撮影休憩1分

10:21[15.7km] 撮影休憩0.5分

10:22[15.7km] 撮影休憩1分

10:29[16.4km] 撮影休憩1分

10:32[16.7km] 撮影休憩2.5分
ホワイトビアンキ号、箱根学園を抜くか?

お、抜きました!

10:39[17.4km] 蔵王ハイラインの料金所。撮影休憩2.5分

料金所のおじさんに、ノンビリ写真なんか撮ってて大丈夫?と声かけられた。
2km切ってるし、35分もあるし大丈夫ですよ。

料金所の直ぐ後に「なんじゃこりゃー坂」が待っている(笑
ヘロヘロになって登ってきたのに最後に9%坂は心が折れるだろうなあ。
10:48[18.1km] 最後の雪壁、今年は低いのかな。撮影休憩3.5分

10:48[18.2km] あと1km看板。撮影休憩3分

下の道になんか見えるぞ。

げげっ、ドナドナバスとトラックだ!

まだ雪の壁があったが、カメラマンが待ち構えていたので、停まらずに通過。
あと200mです。と声が掛かる。
11:02[19.1km] GOAL 

駐車場で、バナナとアクエリアスを頂く。
アクエリアスは給水ポイントで貰いたかったなあ。
最終下山時間は11時15分以降だろうから、御釜で写真撮りましょう。
こんな写真が撮れるのは日本の蔵王ヒルクライムの時だけだよなあ。

写真撮り終わって駐車場に戻ってきたら「最終自走下山時間です、集まってください。」とアナウンス。
「これ以降はバスで下山です。」
30kmで走る先導車を追い越さないように、と注意があり、賽の磧とCP1で休憩して下ります。

ゴールまであと2.4kmという所でアクシデント。
ろんぐらいだぁすの紗希ちゃんみたいにガードレールを飛び越えた人がいた、大事には至らなかったようだが、一応救急車で運ばれた。
10分ぐらい停まっていた。
再スタートして直ぐに交通規制が解除されたので車が沢山上がって来た。
車の所に戻ってきたら、表彰式の真っ最中だった、優勝者は57分21秒で登ったんですって、凄いですねえ。
とりあえず自転車を載せて、トン汁を頂く。美味い。

天気が良くて綺麗な景色が堪能できたし、写真も沢山撮れたし、ドナドナされなくて良かったです。
お疲れ様でした。
給水、写真撮影休憩で36.5分停まってる。


今回のコース
http://yahoo.jp/hpRZEk

走行時間 2h47m(行動時間 4h58m)
走行距離 39.08km
平均速度 11.2km/h
獲得標高 1348m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王へ行く

2017-05-22 22:09:18 | ドライブ
日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017に参加するために宮城県蔵王町へ行った。
昔々まだ大学生だった頃、蔵王は山形県と思っていた。
学校の体育の単位を取るために蔵王スキー場に行ったのは約50年前だ。
就職して、スキーに行くようになって、ゲレンデガイドを見て宮城蔵王があるのを知った。
松島で牡蠣食って、遠刈田温泉に泊まってみやぎ蔵王えぼしスキー場でスキーした事が2回ある。
山形蔵王のスキー場といえば蔵王温泉スキー場だが、ここは学生時代に1回、最近?3回行った事がある。
内2回は横浜と新宿から「ごろんと号」と言う寝台車で行った。

で、蔵王と言えば御釜が有名だが、スキーシーズンは素人は近寄れない。
写真や、TVでは見たことがあるが、実際行った事は無かった。

今回、蔵王ヒルクライムのゴールは御釜の直ぐ近くだ。
でもタイムアウトになるとバスでドナドナされるので見る時間は無いだろう。
ならば前日に下見を兼ねて、車で上がって御釜を見てこようと言う事になった。

5時半出発の予定が、盛大に寝坊して6時起きorz
ビアンキカップルを迎えに行き、圏央道相模原愛川ICを通過したのが7時17分。
恒例の八王子JCTからの渋滞が相模原ICあたりまで延びていて、8kmを通過するのに25分も掛かった。
東北道に入って順調か?と思ったら羽生PAの先で事故と言う情報。
加須ICの手前まで延びて来ていたので、加須ICで降りたのが8時49分。
どこかで朝食を食べようと言う事になり、館林ICから乗るつもりだったから、国道122号線が利根川を渡る手前に道の駅があるからそこにしようかとしばらく走る。
でもこんな早く?から食事あるかなあ。
羽生PAの下りに外から入れば食べる所あるんじゃないか?と言う事で予定変更。
たしか羽生PAの下りは面白い造りになっていたはず。
PAの外に割りと大きな駐車場があり、案内のガードマンもいる。
少し歩いて

入口です。

建物の外観

食事処・みやげ処の案内。

軍鶏鍋、そば、うなぎは10時からと言う事なので万七で

味噌豚丼、ちょっとヘビーかな?

それでもデザートに葛餅食べた(笑
本線を見ると降り線は順調に流れている、では羽生ICから入りますか。
駐車場の案内のガードマンに下りのPAもこんな感じなの?と聞いたら「いいえ、普通のPAですよ。」との返事。

佐野を過ぎたあたり温度表示板が30度を表示している。
ホンマかいなと車外温度計を見てみると33度だと、夏日を通り越して真夏日ではないか。
国見SAで牛タン丼を食べて

野菜市場で「ももふる」なるもの発見
http://www.momogaaru.co.jp/productlist
ももの果肉ごと凍らせたやつで、こんな暑い日には最高のデザートだった。
白石ICを2時25分に出て、県道12号線(エコーライン)で遠刈田温泉を抜け、宿泊予定のホテルの前を通り過ぎヒルクライムのコースに突入します。

主催者のコース案内だと18.7kmと言っているけど、ルートラボだと18.0kmしかないのですよ700m差はなんなのでしょう。
車のトリップメーターをチェックしましょう。
スタート地点の鳥居から450m程で、見た目は凄い坂が表れるけど、短い10%坂で右コーナーを曲がると8%になる。
でもあま、7~8%の坂が続くみたいだなあ、明日は大丈夫かなあ。と思いつつ車は楽だねアクセルをちょいと踏めばガンガン登って行くから。
後5km辺りからトリップメーターと差が出る。
ルートラボに寄ると県道12号と蔵王ハイラインへの分岐辺りが後2kmなのだが200m先に看板が立ってる。
蔵王ハイラインは軽、小型、普通自動車は540円。
--------------------------
蔵王ハイライン道は
自動車専用道路のため
歩行者及び、自転車は
通行できません
  宮城交通株式会社

--------------------------
と看板が出ている。明日は自転車で登れるのだ。
駐車場の入口で18.2km、500m短いような希ガス。

御釜が見える、初めて見たよ。

熊野岳は蔵王連峰の最高峰だそうです。

そうです蔵王山という山はありません。
箱根や八ヶ岳みたいな山域を示す名です。
日記書いててウィキペディアで調べて初めて知った(笑

この上が遠刈田岳の山頂です。登ってみましょう。

遠刈田岳の山頂、標高1759mです。

蔵王刈田嶺神社にお参りに行きましょう。

この写真を撮る頃は居ませんでしたが、御朱印を貰う人達が行列していました。
登頂記念バッジを買いましたが、お釜のペイントはブルーなんですよね、説明にはエメラルドグリーンなのに。
だから彩色していない無地のやつを買いました(笑

御朱印帳を忘れたので、と言う参拝者が紙に押印したのを頂いていたので私も頂きました。
初御朱印がこれ。

これからは旅に出るときは御朱印帳を忘れないようにしようっと。

さて、下りましょう。
登りにパスした滝見台に寄ります。

三階の滝ですか、フムフム。

一階しか見えませんが。

なんとか二階。

フェンスの外に出ると見えるのかなあ。
危険なまねは止めてさっさと宿へ向かいましょう。
宮城蔵王ロイヤルホテルの正面の駐車場は既に満杯、横の駐車場に案内された。
その前に入口の前で、荷物や自転車を下ろして組み立てたりしていたので写真はまったく無し。
部屋まで持ち込めるけど、ロビーや廊下は抱えて行ってね。
部屋には新聞紙を敷いてくだしあ。

ロビーの売店でビール、お酒、おつまみを買って、取り合えずとうちゃこ乾杯。
一息ついて、夕食は何処で取るか館内探索に出る。
バイキングか和食か中華か炉端焼か迷ったが炉端焼に決定。
入ってすぐに満席になり、外には順番待ちが出来ていた。
温泉に入らずに食事に直行したのが正解だった。
〆は牛スジの煮込みをシェアしてご飯セットでカーボンローディング(笑

夕食が終ったのが8時20分頃?
温泉に入って、飲みながらウエアにゼッケン付けたり明日の準備して寝たのは10時か11時か分からない。
明日は5時から朝食だから4時半起きだ、と聞いたような希ガス。

今回のコース
http://yahoo.jp/MapxQo7
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒー豆買いポタ09は踏んだり蹴ったり

2017-05-19 09:10:07 | ポタリング
相模川の鯉のぼりを見に行ってから、ほぼ2週間経ってしまった。
久しぶりの太陽だ、さあコーヒー豆を買いに行こう。
町田市からメールが来た、また徘徊老人の情報かなと思って開きもしなかった。
カミサンが雷注意報だと言ってる。

広袴公園、緑が濃くなってきた。

川鵜が2羽

うーん、怪しい空、雷雨に会いませんように。

すっかり夏の様子だ、この白い花は何だっけ。

横浜港北JCT

東名と繋がるやつかなあ

堤防工事だって?綺麗に舗装してあったじゃん、何で掘り返すのだろ。
ここじゃなくダート部分を舗装してくれよ。

トレッサ横浜の丸亀製麺へ行く。
あさりうどんのPOPが無い、嫌な予感。
あさりうどんは無いの?と聞くと、終りましたとの返事。
6月上旬までやりますと言ってたじゃない?と聞くと、きょとんとしている。
それを知ってるスタッフも居たようだが、どうもフードコートに入っている丸亀製麺はあさりうどんは終了しているようであるorz
腹いせに、リンガーハットの「きくらげ塩ちゃんぽん」

自転車はいつもバイシクルセオのバイクラックに引っ掛けている。
さて出発するかと準備していたら、お店のスタッフが慌しく表に展示している自転車を店内に入れ始めた。
あら?雷雨が来るの?
最初の交差点を過ぎようとした所でバラバラと来たよ。
そのまま北棟の駐輪場へ雨宿り。
しばらくしたらザーザー、ピカピカ、ガラガラドッカーン。
ナウキャストをチェックしたらまさに真上が赤色だ。
40分ほどで小雨になり上がるかと思ったが、ナウキャストをチェックしたらすぐ次の雨雲がやってくるのが分かった。
1時間20分ほど経ってやっと上がりそう、だがまだパラついている。
帰れば雨は避けられそうだが、コーヒーショップへはもう直ぐだし買って帰らねば。
だが、次の雨雲が迫っているどうしよう。
ええい、ままよ。と走り出す。
樽綱橋を渡り鶴見川堤防に入ったら雨脚が強まったので樽綱橋の下に逃げ込む。
5,6分ほど様子を見て再スタート。
ドウドウと排水の音が響きます、かなり降った様子。

行く先は暗い。

コーヒーショップに着いた頃は雨は上がっていた。
焙煎が終って、さあ帰ろうと表を見ると、パラパラと降っている。
ナウキャストをチェックすると次の雨雲の端が掛かっている。
元住吉から綱島にかけては弱い雨のようだ。
綱島から先は降ってないようなので、雨の中を帰ることにした。
しかし、新羽橋を過ぎてもまだ降っている。
新横浜辺りでやっと止んだ。

と言うか、道路はすっかり乾いているじゃないか。

落合橋あたりで高校生がスマホで何か撮影している。
そちらの方を見ると虹が出ていた。

恩田川で帰るとしよう。
すっかり田に水が張られている。今年は蓮華畑見損ねたなあ。

ドローンで遊ぶ人達。

家に帰り着いたのは5時半過ぎ、とりあえず洗車をする。
チェーンのクリーニングは明日だ。
ところで、町田は降らなかったそうだ。

今回のコース
http://yahoo.jp/jbzgHa

走行時間 3h32m(行動時間 6h52m)
走行距離 72.17km
平均速度 20.4km/h
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相模川の鯉のぼりを見に行く

2017-05-06 20:04:32 | ポタリング
5月5日は子供の日、端午の節句、鯉のぼりはこの日までかな?
と言う事で近場でとても有名な「泳げ鯉のぼり相模川」を見に行って来ました。
人の話や、ネットの写真や、TVニュースでは散々見聞きしていますが、実物を見たのは初めてでした。

前日の疲れか体がダルイ、眠い、お昼に出発。
コース上に鶴見川参道橋の鯉のぼりもあるのでとりあえず写しておこう。

左岸は激混みだったので右岸を遡ったが、日影の道端に座り込んでるファミリーが沢山(笑

相模原下九沢の丸亀製麺で6月下旬まで延長となった「あさりうどん」を頂く
今シーズン11杯目

三菱重工の工場を横目に走り抜けると、突然広い空が表れる。

南側を見ると山が見える、手前が相模川段丘の際の林

相模川に出ました。

少し走ったら鯉のぼりが見えて来ました。

堤防の上から撮って

河原に降りてみた

こんなゴロゴロ石の河原だから乗れない、押して進みます。

逆光ぎみなんで、右岸へ行ってみよう。
縁日屋台を横断して、堤防に上り高田橋を渡ります。
高田橋の上から上流側

高田橋の上から下流側を見る。
見物客の車、まだまだ余裕ありますね、周辺の道路は渋滞してますが(笑

右岸からの眺め、こっちからの方が写真の色は綺麗です。

さて帰ろう。
水郷田奈の7%坂を登ります。
高田橋に向う下る車線は渋滞しています。
登る方向はほとんど車は来ません。
坂の上からの眺めです。



今回のコース
http://yahoo.jp/E5MDmE

走行時間 2h44m(行動時間 4h20m)
走行距離 43.52km
平均速度 15.9km/h
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋峠ヘロクライム

2017-05-05 22:17:01 | 自転車メンテ


日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017に向け少しは練習しますか?
こんなのどうでしょう?
真木-大峠 15.9km 1149m 7.5% http://yahoo.jp/YGT6U9
琴川ダム 15.2km 1045m 7.2% http://yahoo.jp/VpVUKo
甘利山 14.3km 1285m 9.3% http://yahoo.jp/frPnjw
清里スキー場 17.2km 963m 6.6% http://yahoo.jp/Z-VBqW
草津-渋峠 17.9km 931m 6.3% http://yahoo.jp/mQ0e4M
とビアンキカップルに提案したら、いきなり渋峠へ行きましょうと返事が来た。

雑用その他を調べてみたらなんと5月4日しか自由時間が無い事が分かった。
4時半に家を出て、ビアンキカップルをピックアップして、相模原愛川ICから圏央道に乗る。
中央道相模湖東ICから八王子JCTへ高尾山ICまで連なる渋滞に巻き込まれ、関越に入っても坂戸西スマートICから鶴ヶ島JCTまでの渋滞、嵐山PA辺りの渋滞に巻き込まれ予定より20分遅れて渋川伊香保ICを出る。
連休中日だから少しは空いているかと思ったが、早朝から混んでいた。
遅れているにも関わらず、雪山が見えた所で写真を撮ったり。

これから登る山は写っていません。
日本一短いトンネルを見に行ったりして。

7mしかないそうです。


天狗山第3駐車場に着いたのは10時25分。

気温は14℃寒くはないので、長袖ジオラインの上に半袖ジャージ、長サイクリングパンツ、指切グローブ。
だが上に行ったら寒いだろうと言う事で、長袖シャツと、フルフィンガーグローブを持っていく。
さて出発だ。10時46分

天狗山レストハウスでトイレ休憩。
天狗山ガーデンパークはにぎわっているなあ。

再スタート10時58分。
樹林帯を抜け雪山が見えてきた。11時26分

白根火山ロープウェイの山麓駅。11時35分[停滞3分]

一瞬停まって殺生河原を撮る。

停車駐車厳禁と看板があったが、自転車もなのかな?
ぐるーっと回って殺生河原の上に出た。硫化水素臭い。11時46分[停滞3分]

奇跡的に車がまったく見えない。

撮った時は気が付かなかったが、後で見たら右端の上まで登っていくのだ。

ミニ氷河(笑 11時58分[停滞4分]

随分残雪が増えてきた。12時10分

下の展望駐車場 12時12分[停滞5分]

上の展望駐車場 12時29分[停滞6分]

燧ケ岳や至仏山、条件が良ければ富士山が見えるらしい。

武尊山(ほたかやま)

男体山

段々畑(笑 12時37分

上から見るとこんな感じ 12時39分[停滞2分]

白根山<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続> 12時53分[停滞1分]

ここを過ぎると50m程下ります、斜度6%。帰りも登るのか。
万座道路に10mほど入った所で写真を撮る。 12時58分[停滞2分]

よく見るとあの稜線に道があるのか

北アルプスが見えてきたので駐車場?見たいな所で停まって撮影 13時10分[停滞9分]

白馬三山

道路を渡って下を覗くとさっきの万座道路の分岐が見える

中央分水嶺、左は日本海へ右は太平洋へと流れて行く 13時25分[停滞4分]

振り返ると見事な段々畑が(笑 帰りはあそこ登るのか

風が吹き抜けて行く、寒いので長袖シャツを着る、フルフィンガーグローブに交換。

雪の回廊で撮影タイム 13時35分[停滞3分]

雪の回廊を上から見る 13時41分

展望の良いコーナーがあったのでまた停まる 13時42分[停滞3分]

あの上のコーナーを曲がると最高地点だ

最高地点到着 13時51分[停滞11分]
所要時間 2時間53分、停滞時間45分でした。
しかし撮影待ちの自転車乗りの列が長い(笑
やっと順番が来てガッツポーズ

右側に撮影待ちの人や影が写っているでしょ。

証拠写真撮ったらさあ飯だ、と言う事で渋峠ホテルへ 14時04分[停滞40分]

何ということだ、この時間は喫茶のみと言う悲しいお知らせの張り紙がorz
ホットミルクとシナモンアップルパンで空腹をごまかし、帰りましょう。
その前に渋峠スキー場で記念撮影 14時46分[停滞5分]

草津白根レストハウス付近で 15時11分[停滞5分]
ここからは一気に降り、駐車場に帰り着いたのは15時38分、21分のダウンヒルでした。

あんだけ時間かけて登って、降りはあっという間だ(笑


西の河原露天風呂という巨大な露天風呂に浸かり。
洗い場が無いのでだた浸かるだけ、しかも男風呂は遊歩道から丸見え(笑
とんかつ もり亭でロースカツ定食を食べて帰りましたとさ。

もり亭の駐車場にある立派な桜


今回のコース
http://yahoo.jp/S8CrlZ

走行時間 2h47m(行動時間 4h58m)
走行距離 37.80km
平均速度 13.6km/h
獲得標高 1086m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加