自転車日記

なんとなく買ってみた自転車・・・

浅川CR・多摩川CRランチポタ

2016年05月27日 | 自転車日記(ポタゆる系)
当ブログ初登場となる N師匠 をゲストに迎えての さいくりんぐ♪ その時の日記です。

日野市の黒川清流公園で待ち合わせ。
皆さん定刻 5分前に集まってくれました。
我々の年代では当たり前の事なんだけど、今の若い人には奇跡に思えるかも知れないね。
しばし談笑してから浅川CRと多摩川CRを軽く流す感じでサイクリングを楽しみました。

昼は西国立でカレ−を食べてからワイズ府中で小休止して解散。
身体が暑さに慣れていないせいか、結構 疲れました ^^

帰路は所沢まで後輩くんと一緒に走ったのですが
折りたたみ自転車だったこともあって家路に着くころにはヘロヘロで、この日は21:30就寝。

やっぱりお日様の下で遊ぶのは楽しいわ。

【後記】前週は午前中に定例走行会に顔を出し、午後からは別件で走って久しぶりの132km、そして膝痛発症−
階段の上り下りもままならなかったので、ランチポタと言えども悪化したら嫌だな・・・と、思っていたけど
逆にくるくるペダルを回せたお陰で痛みがとれて、全快〜

 
 
 


・・・おわり
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016大型連休 備忘録

2016年05月14日 | 番外編(自転車関連)
車で出掛けた帰り道、酷道と揶揄される暗闇の道を
ママチャリと思わしき自転車で旅するおじ様たちとすれ違いました。
他にも旅支度をしたサイクリストを目撃− あ〜青春 大人の冒険やね〜♪
皆さん無事 目的地に辿り着いたかな。

さて、わたくしめは、この大型連休中に、久しくお会いしていなかった方々に
連絡を取らせていただき、食事に行ったり、遊びに行ったりしていました。
気がつけば年賀状のやり取りだけになってしまって、いけないな−こういうの、と思って連絡をば。
恩師、先輩、そして友人、やっぱり男同士の付き合いはいいわ、年齢を重ねてからは特に。

そんなゆるい大型連休を過ごしていたわけですが、3日間ほど自転車で出掛けた日がありました。
今回はその数少ない自転車活動日の事を日記に書こうかな。

先ずは当ブログ初登場となるTちゃんと “ 自転車で行く大人の社会科見学 ” 。
深大寺参拝(浅草寺に次ぐ古刹だそうです) → 仲見世通り散策 → 昼食(深大寺そば)
→ 水生植物園 散策 → 国立天文台 … まぁ、こうして綴るとデートみたいだけど男同士の43km。

  
 
  
 
 深大寺仲見世通り散策 
 十割そばの天せいろ


この日は deburin と図書館デート。
建築工学の書を求めてサイクリングがてら武蔵野プレイスに行きました。
噂には聞いていたけど立派な建造物で、書だけではなく、外観、内観、隅々見学してまいりました。
帰路は小金井公園でノンアルビールとコロッケで41辧

 


そんでもって次の日はひとりで航空公園で日向ぼっこをしながら読書day。
眠くなったら木陰で昼寝、飽きたらぶらぶら走ってなんだかんだ63辧
一日中 外に居たので陽バクした (- -;

 2


【後書】 1枚の年賀状に想いを馳せる ・・・
いつもは元気みなぎる語り口調のお便りが、今年は少し元気がないなって。
人伝に聞いた話では体調を崩されご自宅で過ごされる時間が長いとか、もう何年もお会いしていないな。
厳しい上司でした、よく怒られましたし。
反面、ヒューマニストでお茶目で、辛い時にはそっと寄り添ってくれるような。
その方が退職してからはお会いする機会を逸してしまって不義理なことになっています。
会いたいな、と思っているだけではダメですね。
会いたいと思った時にお会いしないと ・・・ 。
淡いピンク色の写真が多かった4月から新緑の若草色の写真が多くなりました。
季節の移り変わりを伝えにでも行こうかな ^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜ライドとテ−ラ−メイド

2016年04月11日 | 自転車日記(走る・食べる)
そよ風にのって桜が舞い、そこはもう別世界でしたわ。
アオゾラに恵まれたお陰で夕暮れ時まで桜を堪能することができました^^
〆は美ノ山の夕桜で、ちょっと神秘的でしたよ。
桜が散ってしまうと寂しい感じもしますが
若葉色に色づきはじめた木々を見ると、次は新緑の季節か−と、心晴れます♪
そんな感傷に浸った週末の桜ライドの様子を写真で綴ってみました。

 
 
 
 
 
 
 
 

(小休止)

昼は親戚宅へ !!
その日の朝に山菜を採ってきてくれたみたいで、山菜の天麩羅や桜ごはんなど
たくさん作って待っていてくれました。
どれも旬の味で美味しくて、桜ごはんは×3杯、あざ〜す !!!!! ご馳走様でした

 荒川上流
 親戚宅へ
 いただきま−す


食事の後に仕立ててもらっていたスーツの合わせ(最終試着)を行いました。
親戚宅は背広を仕立てる職人さんで、年始に遊びに来た時に
“いい生地が余っているから作ってあげる” と言われて、今回もタダで作ってもらいました!
下品ですね、ご厚意に甘えて作っていただきました。
どこの生地だろと思ってロゴを見たら Dormeuil (・・;

オ−ダ−メイド(テ−ラ−メイド)の工程はこんな感じ↓
生地選び→採寸→パターン→裁断→仮縫い→合わせ→修正→本縫い→合わせ→調整→完成
他にデザインを相談したり、裏地やボタンを選んだりといろいろあります。

今回はフォーマルの場でも着たいのでデザインを少し変えてもらい、チーフもおねだり。
まぁ、こうして甘えるのも親戚孝行なのだ ^^

 裁断を見学(1月)
 仮縫いの状態
 裏地選び
 ボタン選び (これ楽しいよ)
 ボタンの数と縫いつけを相談
 チーフ作成中
 完成

仕事場に貼ってあったから “これなあに?” って聞いたら
醸造家の Bruce Gutlove さんという方が、仕事に対する心情を綴った言葉だと教えてくれました。
彼の仕事に対する姿勢や想いに共感し、目につくところに貼っているんだそうです。
仕事に真摯に向き合う、これこそプロフェッショナル !
人生の先輩として、そして仕事人として、尊敬できる人がそばにいて、わたしゃ幸せですわ。

 仕事に対する姿勢 

テーラーメイドに興味のある方は 「大人の社会科見学」 と
銘打って綴った日記がありますのでどうぞ ↓
秩父高原牧場のポピー畑 【おまけ ・・・ 大人の社会科見学】
秩父鉄道サイクルトレイン(長瀞自転車合宿)
大雪で停電、potere & deburin 救出に向かう の巻
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

桜ひとりじめ

2016年04月03日 | 歩こう
今日はワンコが狂犬病の予防接種を受けました。
ブルブル震えて可哀想だったけど飼い主の義務ですからね、我慢してちょうだい。
注射をした後は安静にしておかないといけないので散歩はおあずけ−
ということで、買い物がてらdeburinだけ連れて、
自宅前を流れる川の遊歩道を歩いて隣町にある桜の名所に行ってみました。

片道5kmぐらいなのかな、ゆっくり歩いて1.5時間ほどでちょっとした観光気分が味わえます。
ここは 火気使用OK なんですよ。
花見客の大半が地元住人でマナ−がよいからなんでしょうね。

私たちは途中でパンを買い、桜の木の下で食べました。
水筒に珈琲をいれて持ってきたのですが、これだけで幸せと思えるんだから
私たち夫婦は安上がりな人種だと思います ^^

 
 
 
 
 
 
 
 土筆(つくし)

土筆がニョキニョキですね。 小さい頃に醤油で甘辛く炒めて食べました。
今でも食べる人っているのかな ??  そもそも食べられるの (- -;

地元愛が特に強いわけではありませんが、自慢したい場所のひとつを桜と一緒に紹介させていただきました^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜サイクリング

2016年04月02日 | 自転車日記(ポタゆる系)
あいにくの曇空でしたが桜を見に行ってきました!
開花してから気温の低い日が続いたせいでしょうか、都内でも場所を変えれば
4月中旬ぐらいまで桜が楽しめそうな感じです。
短い距離でしたが自転車に乗っていたのは6時間超−
今日一番の思い出は、今にも潰れそうな弁当屋さんで買った唐揚げ明太子弁当−
フタを開けたら内容がしょぼ過ぎて感動−♪
今時こんな弁当を作って売ってる店があるんだ− (食べ物の怨みは恐ろしいぞ)
桜を見ながら食べれば旨いかな!? と思ったけど、やっぱり不味かったよ(- -
そんな桜サイクリングの様子を時系列でご紹介させていただきま−す。

 500 m
 2 km 映画「あん」ロケ地
 8 km 狭山湖
 18 km 箱根ヶ崎
 26 km多摩川
 27 km 根がらみ前水田
 31 km 多摩川リターン
 32 km 三春の滝桜
*三春の滝桜は羽村市福島県人会より寄贈いただいたそうです

15:30帰着 ・・・ これにて 桜サイクリング おしまい
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

夜桜散歩

2016年04月01日 | 歩こう
4月1日、いろいろな意味で春ですね ^^
    自宅前の遊歩道に咲く桜が満開となりました ^^
        ひんやりとした風が気持ちいい−♪  

 

 

iphone6sで撮った写真です。 
     J-PHONEからvodafoneに変わった時にも凄っ!と思ったけど
          今の携帯カメラはよく撮れますね−
若い人たちはJ-PHONEなんていってもわかんないか (・・;

 

 

今週末は曇マークがいっぱいで
     なんかスッキリしない空模様ですが
          桜と自転車を楽しもうかな ^^
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なにかぁ?

2016年03月01日 | 番外編(自転車以外)
あ− もう 3月。 春近し ・・・ なんか焦っちゃうな、待ち遠しいけど。
と−てっもブログを書きたいのに、書きたいこともいっぱいあるのに
なにかと忙しくてブログ冬眠が続いているだ。

さすがに1ヶ月も放置しておくと忘れ去られてしまうので自画像でも更新しておきます。
えっと、ブログのプロフィールの画像を変えました。
そのうちテンプレートも自作した絵に変えようと思います。

            タイトル:なにかぁ?
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

尾ノ内百景氷柱

2016年02月06日 | 歩こう
今日はトレッキング部 創設記念、その初イベントの日でした。
メンバーは男3人! みんなでグッズやウェアを新調して盛り上がりは最高潮〜
だったんだけどね、メンバーのひとりが 「インフルエンザ感染」 ・・・ という訳で、中止ざんす、ハハ。
山は逃げないから、また日程調整して行きましょう ^^

代わりに行った訳ではないけど
小鹿野(埼玉県秩父郡)の氷柱を見に行ってきました。

 

The観光地 ・_・;

でも、商工会の人達のおもてなしには好感がもてたし、
環境整備協力金 200円も納得だし、駐車場が無料というのも素晴らしいし、
甘酒を振る舞ってくれたりしてたし(無料)、一度は見に行って損はしないと思います。

ココは雪の降る日に行った方が雰囲気があるかもね ・・・ 終
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

奥多摩 百尋の滝

2016年01月20日 | 歩こう
先週 土曜日、氷瀑の百尋の滝を見ようと奥多摩ハイクに出掛けましたが
薄っすらと雪化粧しているだけでした。 暖冬のせいなのかな。
一昨日は東京でも本格的に雪が降ったので、今週末には氷瀑を堪能できるかも知れませんね。
もう一度 行きたいけど、どうしよっかな。


※ 奥多摩 百尋の滝(冬)/ 動いている動物は debirin です / 設定1080p HDでご覧下さい

それでは当日の模様を日記にまとめましたので紹介させていただきます。

まずはJR立川駅からホリデー快速 奥多摩号で終点の奥多摩駅までワープしました。
やはり人気は御岳山周辺のルートなのでしょうか、9割方が御岳駅で降りますね。

 JR立川駅

そして奥多摩駅からはこんな感じの行程です↓

奥多摩駅 ⇔ 百尋の滝
・歩行距離:往復17km(実測17.7km)  歩行時間:5時間20分
・奥多摩駅 4 km 川乗橋バス停 2.6 km 川苔山 登山口(トイレ) 1.9 km 百尋の滝

奥多摩駅から川乗橋バス停まではバスで15〜20分、歩いても70〜80分です。
バスは 1便/2時間 しかないので 歩いた方がストレスがないかも。

 川苔山登山口(川乗橋バス停

川乗橋バス停から川苔山 登山口までは車両通行止となっている舗装路を歩きます。
ココは落石注意!握り拳ぐらいの石が落ちてくるので帽子をかぶりましょう−
実際 落ちてくるからね (--;

 
 
 

ルートを見失う様なことはないけど、一歩間違えれば ・・・ みたいな場所が点在しています。
山肌に身体をあずけながらパスしなくてはいけない狭道とか (滑落すれば20mズルズルズル・・・)
斜めに傾いた木の橋が凍結しているとか (滑れば川へどぼん・・・)
まぁ、自然に身を寄せて楽しむ時には大なり小なり危険が伴います。



百尋の滝までに架けられた橋梁は約10本。 凍結しているので慎重に渡ります。
山からの吹き下ろしの風が谷間(橋が架かっている場所)で舞っていたりするので怖いです。
季節が良ければ全く問題ないルートだと思うけど、冬はねー

写真をクリックすると大きくなります

 
 
 
 


駅の売店で買った菓子パンとインスタントのカフェオレで腹ごしらえ。
携帯コンロで珈琲を淹れようと準備をしてきたけど、トイレを我慢していたのでさくっと食べて出発。

登山口に1ヶ所だけトイレがあったんだけど頑丈な鍵が掛かってて ・・・・・・ 恨む

 
 

百尋の滝 到着〜
 
道中、挨拶を交わしたハイカーは5人だけ。
写真機材をどっさり抱えた男性と、単独ハイクの女性、あとは若者3人組。
冬場の単独って怖くないのかな !?
先着されたお二方が一足先に マイナスイオン に癒されておりました。

帰路は来た道を戻るだけ。
途中で ロッククライミング している人達を見かけました。 楽しそうだけど僕には無理っぽい。



以上、東京にも自然がいっぱいあるよ という日記でした。



・・・・・ 無事帰還
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

阿左美冷蔵の氷池と宝登山の蝋梅

2016年01月15日 | 歩こう
成人の日(僕にとっては遠い昔のことだけど)を絡めた三連休初日の 「歩こう」 日記です。
用事で秩父に行ったついでというか、帰るのが面倒だったので長瀞の親戚宅に泊めてもらいやした。
もし泊まることになったら 「歩こう」 かと思っていたのでトレッキングの準備をしての訪問。
いつも突然で申し訳ないな〜と思いながらも歓迎してくれるので甘えちゃってます。

で、翌朝。 暖冬といってもそこは長瀞、朝霜 が降り、キーンとした冷気がたちこめていました。
この日は冬の風物詩でもある 阿左美冷蔵の氷池 と 宝登山の蝋梅 を見に行くことに。



阿佐美冷蔵は言わずと知れたかき氷の人気店〜
夏場は連日大盛況で3時間待ちなんてことも! 命がけですね (^^;;
こちらのかき氷は宝登山の湧き水により育てられた天然氷を使用していることで知られていますが
この天然氷は通称 氷池 と呼ばれる場所で生成されています。
ハイカーが氷池に行くにはハイキングコース( 野上駅→宝登山→長瀞駅 )を外れて寄り道する形になるため
訪れる人が少なかったようですが、昨今のかき氷ブームで立ち寄るハイカーが多くなったとか。



野上峠(小鳥峠)から氷池に行かれる方は 真新しい道標 に従って歩きましょ−
所々 朽ちた道標 が残っていて、一応 ×印 や 至氷池 なる文字が消されてはいますが
うっかり荒れ道に入ってしまわないように要注意!です。
荒れ道に入ってしまうと100mもしないうちに人が歩いた痕跡がなくなり
不慣れなハイカ−は方位を失いプチ遭難しかねませんよ。
と他人には言っておきながら荒れ道を進んでしまって迷歩、焦った (・・;
→ 低登山でも地図とコンパスはマストアイテムですな



氷池は湧水を塞き止めて作った人工の溜め池なのですが
この湧水というのが宝登山の腐葉土の層を数ケ月間かけて通り濾過された伏流水で
これが阿佐美冷蔵の美味さの源みたいです。

氷池を通り過ぎる時にカラスの死骸( 見せしめの鳥よけ )が吊るされているので
苦手な方は(得意な人はいないと思うけど)視線を上げずに通り過ぎましょう−



氷池からは一旦 下界に降りて、宝登山神社で参拝をすませてから山頂に向かいました。
昼ごはんまでには戻るようにといわれていたので のんびりともしていられず
山道を歩かず山肌をショートカットしながらの時短登山で、無理な傾斜を登ったもんだから
しっかり筋肉痛になりました、押忍。



歩きはじめた時は氷点下だったのに10時過ぎには気温が10℃を超えて、暑っ。
山頂ではハイカーの皆さんがアウターを脱ぎ、春を思わせる服装でくつろいでいました。
記念写真を撮ったり、ラーメンを作って食べていたりと、楽しそう ^^



満開の蝋梅。 例年に比べて開花が一ヶ月ぐらい早いみたい。
開花が早い = 花粉が舞うのも早い ?
なんか危なそうだからマスクをしたけど、今年の飛散量はどんな感じになるのかな?? 憂鬱だ (- -;
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加