TREK 4300 で行く

2012年4月、TREK 2.5 が仲間入り。
マウンテンとロード、2台のTREKを駆って北の大地を疾走します。

旧BBの分析

2016年07月04日 | メンテナンス

プロの技術力で取り外された破損BB。
そのままポイッと捨ててしまう前に、一体全体どういう状況なのか分析しよう。
そのためにも、まずは油汚れを落とさねば。
考えようによっては無駄な時間…。

型番は『VP-BC73T』。
VP Components USAという会社の製品らしい。
現在も販売されているあたり、カートリッジの定番モデルなのかも。
評判はお世辞にも良いとは言えない。
確かに、同じくらいの値段でシマノの『BB-UN26』が買えるからなぁ。
ただ、9年3か月もノーメンテで耐えてきたのは確固たる事実。
粗悪品と切り捨てることなどできようか。

さて、ここからは各パーツを見ていく。
一つお断り。
スモールパーツは取り外し作業の過程で処分されてしまったため、玉の摩耗状態やリテーナーの破断有無などは分からない。
手元に残ったパーツから推測を重ねていくこととなる。

まず、左右のワンを見てみる。
左ワンはサビサビ具合が凄まじい。
右より左が錆びているのは、スタンドで停車させたときに左側に水が溜まるからだろう。
右ワンで気になるのは、ネジ溝の7列目から金属がめり込んでいる点。
シェルとワンの固着(融着?)を示す動かぬ証拠である。
シェルごと捻じ切って取り外す。
こんどうサイクルスポーツの技術力には脱帽だ。(←むしろ腕力では)

次にシャフト。
左右に玉受けの溝があるわけだが、左の溝が粉砕しているのがお分かりいただけるだろうか。
一体何をどうしたらこんな鉄の塊が粉砕するのか、皆目見当もつかない。
ガリゴリいっていたのは、シャフトの玉受けだったのかもしれない。
油汚れの中から1つだけ破片が出てきた。
断面がピタッと一致したので、最近のものと分かった。
これがトドメになったのかもしれない。

続いて胴体の内側。
怪しいくぼみが2つ形成されているではないか。
明らかにベアリングの玉がそこにあったと分かる。
それもここ1週間のものではなく、もっと以前からそうだったのだろう。
リテーナーが破断したのか、玉だけ脱落したのか、いずれにしても玉が2つ正常な位置になかったと断言できる。
恐らくは、シャフトに無用な抵抗を与えていたに違いない。
知らず知らずのうちに負荷トレーニングを積んでいたのかも。

左ワンの玉受けはどうか。
内部を覗くと溝は酸化し、無数の傷が見られた。
長らくベアリングとして機能していなかった可能性がある。
最低でも玉が2個脱落していたのだから、当然といえば当然か。
一方、右ワンの玉受けは金属光沢ピカピカ。
シャフトもそうだが、左右でこんなにも消耗が違うとは…。

素材はというと、胴体以外は鉄製。
胴体はアルミだろうか、磁石はつかなかった。
力が加わる部分には強度のある鉄が、そうではない部分には軽金属が。
ちゃんと考えられている。

以上で分析完了。
9年3か月の働きに感謝して処分する。
ありがとうございました。

【本日走行距離】1.48km
【積算走行距離】2345.4km

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 再始動 | トップ | マイルド »

コメントを投稿

メンテナンス」カテゴリの最新記事