炭と健康人生

炭に関わって健康、人生、自然、免疫力が理解できる根本がわかる。ほんものがわかる。まさに自然は「たこ焼き」だ。

知恵遅れは現代人?

2005年02月26日 | 
感謝する事ばかりです。岡田茂吉師の時代は、土が汚れていれば客土すれば良かったのですが現在のように全て汚れた状態では、客土も出来ないので土を浄化するしかないわけです。それには炭が一番適しているわけで、実に理にかなった方法です。

炭は汚れた土から不純物を吸着して土を浄化して、健康にしてくれます。その上に土壌内の菌根菌を増やして植物を育ててくれます。炭が無ければ土は汚れたままかもしれません。

現代人は科学の発達と共に知能が低下しているのでしょう。特に、生活の知恵に関しては著しいですね。

炭は自然で無いと言う人もいますが、自然を知らないのですね。炭は何千年も前から人類だけでなく、生物にとって無くてはならないものでした。それは現在でも変りません。

アフリカのマダガスカル島では、妊婦は炭をかじっています。かじっていると言うよりむしろ食べているのです。NHKの映像で見る限りでは、大人のコブシ大の炭を若い妊婦は頬張ってかじりついています。まるでリンゴをかじっているようなものです。何故その様な行為をするのかは、炭を食べる事によって妊娠中毒症に掛からないそうです。それは昔からの知恵のようです。

そればかりではありません。そこに生息している猿も同じように炭をかじるのです。それは彼らが食べる木の根に原因があるようです。彼らが食べる植物の根には猛毒のカリが含まれていて、そのまま食べると死にます。その為炭を食べてからその根を食べるようです。
これほど炭は何千年も前から生物にとって欠かせないものなのです。

以上の事実を見ても解るように、現代人の方が無知と言えます。科学も大事ですが、それがすべてではありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷え性には、これ?

2005年02月25日 | 
湯舟たんと炭まくら  写真は湯舟たんです(直径約12cmx高さ20cm)

私はもともと冷え症ではありませんでしたが、長年、川の釣りをしています。2月頃から渓流のあまごや岩魚を釣りに行きます。夏になると川に胸まで浸かって鮎釣りをします。当然体が冷えて冬もあまり体が温まらなくなりました。

そうゆう時には、湯船に木酢液を少しと杉の木炭を袋に入れて一緒に入ります。体が芯まで温まり、お風呂から上がって布団に入っても暖かいですね。

もう一つは、木炭のスミコロン健康まくらをコタツに入れて温めておいて寝るときに枕にせずに抱いて寝るのです。これはいつまでも暖かいですよ!!
もともと木炭は、冬は気温より7度ほど暖かいのですが、それをコタツで温めるのですからなおさら暖かいのですよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬になると結露が大変?

2005年02月15日 | 
そうなんです。冬になると結露が凄くて部屋の隅などはカビが黒くなっています。
換気をすれば寒いし、そのままだと空気は悪くなるし、どうすれば?
こんなときは、スミタワーDXです。
この優れものは、結露防止だけでなく、部屋の空気を清浄化して尚且つ空気中の不純物を吸着して放しません。その上壁についたカビも徐々に消して行きます。

塾などの教室で実験した時は、10人が並んで勉強している教室二部屋に一つはスミタワーDXを置かないで勉強してもらいました。もう一方の教室ではスミタワーDXを4本おいて勉強しました。

結果は一目瞭然。あくびの回数がぜんぜん違います。それから集中力が違いました。これは優れものです。http://blog.drecom.jp/sumi-sizenshoku/archive/29
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コタツ代わりには、これ?

2005年02月15日 | 
炭枕を使います。
これをコタツで温めておいて、布団に入れば枕にせずに抱いて寝ます。遠赤外線効果もあって摂っても暖かいのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症対策

2005年02月02日 | 自然カン
花粉症対策
     関連問題・・・・杉やヒノキが花粉を大量に飛ばすのは何故か?


先ず花粉症なるものは、人間の免疫力低下から生じたものと認識します。その事の原因として考えられる事は、

1.飲料水であります。飲み水を消毒する事によって、人間の身体も消毒してきた。

2.食べ物の汚染です。長年に渡り、農薬、化学肥料、厩肥等で作物を病害虫から守ってきたが、その作物を体内に入れる事により身体も汚染された。その量が微量であるため気づくのが遅れた。

3.滅菌や除菌した無菌状態の食品を食する事で体内の菌が減少してきた。

4.目的に合わせたピンポイントの食品を摂取するようになって来た。

5.医学と科学に頼り過ぎる

6.花粉を飛ばす樹木が生命の危機を感じて花粉そのものが強力になって来ているのかも?

7.まだ他にも考えられる原因があるかも知れません。

次にその対策ですが、

A.水道水を炭で濾過した水にしてから飲む。不純物を除去してミネラル豊富な水になっている。浄水器も良いですが、浄水器は不純物を除去しますが、ミネラルを補給してくれません。必ず最後は炭で濾過して水にミネラルが溶けだすようにしてください。

B.人は、作物を介して土を食べています。土を食べていると思えば誰も汚染された土は食べないと思います。だから健康な土から出来た作物を食べる事です。

C.体内の菌が少なくなると今までなんとも無かった弱い菌が体内に入ってきただけで体調を崩すようになる。

D.目的に合わせたピンポイントの食品は、消化能力が落ちていても栄養を吸収できるので、身体には良いと思いがちですが実際には健康のバロメーターが狂って来る。このような食品を摂り続けるとさらに消化能力は落ちてくる。

E.医学と科学に頼りすぎると自然治癒力が低下する。なぜなら人間の身体はショートカットが好きだから替わりに働いてくれる者が居るとそれに頼る。薬で治ると次ぎも薬に依頼する。自分自身で治そうとはしなくなる。それは人類が発展した来た知恵と呼ばれるものです。

F.生き物は生命の危機を感じたら一番に子孫を残す事にエネルギーを費やす。今のように人工的に植林された森や山が放棄されたら自分(木々)たちは滅びてゆくので必然的に子孫を残す事を考えるでしょう。それはどの生き物でも同じ行動をとると思います。これからは以前にもまして花粉を飛ばすでしょう。

http://2698wtp.jugem.cc/?eid=67
コメント
この記事をはてなブックマークに追加