ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

卵だいすき…です。

2020-03-17 22:54:28 | つれづれ

 

今日いただいた冊子。これは毎月末、新聞代集金の時期になるとついてくるサービス。

以前は料理だけでなく、いろんな特集があったのですが、料理冊子になって久しいです。

今月は「ゆでたまレシピ」でした。わーい。

 

卵は、子供のころから大好きです。

冷蔵庫にぜったい欠かさないものは、どこのご家庭でもあると思いますが、

我が家は実家にいるころから「卵・納豆・油揚げ」です。

卵は毎週生協で10個入りを頼んでいますが、足りなくて買い足すこともしばしば。

たまに1個もなくなると不安になるくらい、卵礼賛者です。

だからと言って、卵料理のレシピをたくさん知っているわけではないのですが…。

なので、この冊子は急いで開きました。

知っているもの、自分でもよく作るもの、知らなかったものイロイロ。

いや、おいしそうだわ…。

 

タルタルソースも、主人がいるころは揚げ物に作りましたが、主人がピクルスが嫌い、

ついでにラッキョウもダメ…代用品がありゃしない。割とすっぱいのに弱かったので、

いっそのこと、とカレー用の福神漬けを少しだけ刻んでいれたら、知らずに食べてました。

漬物全般、ピクルスの変わりになりますが、ピクルスなしでも私はダイジョブ。

この冊子には、和風タルタルが載っていました。

大根とネギ。大根はみじん切りで、たまねぎのかわりに万能ネギ。隠し味にワサビ。

さっぱりしてておいしそうですね。

梅ジソとミョウガってのもありました。和食ブームですしね。海産モノのフライに合いそうです。

 

あとはまぁゆで卵の肉巻きとか、味玉とか…。「焼く・蒸す」が入れば広がりますが、

ゆで卵になると、やはり使い方が限られますねぇ。

我が家ではそのまま食べるか、刻んでサラダか…が多いです。

ちなみにウズラの卵のゆでたのもよく使います。炒め物にはいいですね。

味玉も、我が家では「ウズラ」。あまりしょっぱくなるのがいやなので、

しょうゆもみそもウズラでちょこっと…です。

 

ゆで卵も温泉卵、半熟、固ゆで、とさまざま。実は味噌汁に温泉卵、大好きなんです。

でも温泉卵を作るのが面倒…と思っていたら、先日「レンジで温泉卵」という道具をもらいました。

まだつかってなかったわ…やってみよっと。

 

大好きな卵、昔からコレステロール云々で、年取ると敬遠されがちですし、諸説あって、

○個まで大丈夫…なんていいますね。でも、卵だけを考えるからで、数値的には2個までは大丈夫。

そしてあとは「ほかに何を食べているか。どんな暮らしをしているか」によるのだそうです。

グルメであれば、そちらでたくさんとりますからねぇ。

私はほぼ「粗食」の暮らしなので(つくづく自分で思います)、1日2個、うれしいな、です。

ゆで卵を割れないように作り、更にカラがツルンとむけるように、キッチンにはこれを装備。

卵のお尻側を乗せて押すと、ガリッと音がして、小さな穴が開きます。

 

 

 

便利なんですけどね、たまに「なんでこんなにカラが薄いのよ」と思うようなのにあたって、

おしつけたとたんに割れちゃったりして、大騒ぎすることがあります。

鶏さんには、カキの貝殻をたくさんたべさせてほしいものです。

 

今日の卵料理は、めずらしくもなく「ベーコンとほうれん草の卵とじ」でした。

明日は朝からゆで卵にしようかな。あなたのお得意の卵料理はなんですか?

我が家レシピあったら教えてくださーい。

コメント   この記事についてブログを書く
« これも「紙」です。 | トップ | 今年もタケノコが届きました。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事