見出し画像

信楽タヌキにみる自由の世界

"メス"の信楽タヌキに関する考察 信楽タヌキ紹介#5

「よし、締めのラーメンに行くぞ」と言った記憶が最期、
気づけば津軽海峡で海を眺めていた皆さま。

そんな大変な状況の中失礼します。
けいおうタヌキ研究所です。

今回は久々の信楽タヌキ紹介。
テーマはずばりメスのタヌキに関する考察

これも意外と驚かれる話なのだが、
信楽タヌキには実はメスがいる。
それも結構いる。

でも、メスの信楽タヌキのイメージって、できるだろうか。

信楽タヌキと言えば、大きな腹、大きな玉袋、酒、徳利と
いかにも"おじさん"な姿をしているではないか。

でも、事実としてメスのタヌキもいるのだから、
今回はそんなメスタヌキについて紹介、考察してみたい。


メスの信楽タヌキの特徴



これはオーソドックスなメスタヌキ
なんとなく、乙女心満載のメスに見えるだろうか。

特徴としては、
・玉袋がない。
 代わりに葉っぱで隠している。
・笠を被っていないことが多い。
 代わりにリボンを身に着けがち
・体つきはオスと変わらない。

そう、この特徴を見てなんとなく理解した方もいると思う。
メスのタヌキ、基本的にオスのタヌキと同じ姿なのだ。

オスのタヌキを去勢し、リボンをつけてあげれば不思議、
メスタヌキの誕生である。

でも、どういうわけかリボンがあるだけで、タヌキはメスに見えてしまう。

おそらく、そもそもオスのタヌキがふくよかな体型で、
大きなおっぱいも持っているから、メスになっても違和感がないのだろう。
タヌキのポテンシャルは性別をも超えるのだ。



メスタヌキにはどんなバリエーションがある?

そんなメスタヌキ、どれほど種類があるのだろう。
もとのオスタヌキは姿も服装も持ち物も、だいぶバリエーションが豊富。
であれば、メスタヌキもかなり豊富な種類があるはず。

ということで、手元にあった写真から、いくつかメスタヌキを分類してみた。


オーソドックス型

葉っぱとリボンという、よく見られるタイプのメスタヌキ。
このタヌキはリボンを右手に持っていて、まるで見せびらかしているかのよう。


こちらもリボン。杖も持っている。


かなりでかいが、真ん中のタヌキもオーソドックスなメスタヌキ。
表情は左右のタヌキと同じなのに、リボンがあるだけで妹に見える。


女将型

意外にもこのタイプのメスタヌキは多かった。
結った髪、着物と、裸一貫のタヌキと比べるとだいぶ好待遇。


これも女将型。
ただ、お客さんを持て成すというよりは、
抱えた徳利を誰にも渡すまいと警戒しているように見える。


3体のタヌキを従える女将タヌキ。
女将型のメスタヌキは、全体的に気が強そう。


着飾り型



手元の写真で確認できたのはこの1枚だが、女将姿以外で服を着るメスタヌキ。
ただ、肝心の胸と股間はさらけ出したまま
そんな恥を知らぬところはオスタヌキと共通しているのか。


夫婦型



こちらはオスメスセットになったタヌキ。
リボンと葉っぱというメスタヌキの特徴を備えつつ、オスタヌキと一緒になることで、夫婦やカップルであることをアピールしている。


素っ裸?型



だめだよぉ!
股間を隠さない、恥という概念を知らないメスタヌキもいる。

ちなみに、ふと思ったが、



メスタヌキの手前にいるこの夫婦タヌキ。
オスの玉袋がぐにゃんと伸びている。
なんだか嬉しい。


おまけ 女装型


セーラー服を着ているが、中身は立派な玉袋の付いたオス
こっちのがメスっぽかったりする。


以上、メスタヌキの紹介でした。

今回取り上げたのは、メスタヌキのほんの一例。
いろんな格好のメスタヌキがいるかもしれないし、葉っぱとリボンという特徴も、
実はメスタヌキの「基本形」ではないかもしれない。

そんな謎への興味を抱きつつ、今後もメスタヌキの情報が集まったら紹介します。


名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る