高倉動物病院のブログです

高倉動物病院の院長の近況、感じたこと、飼い主様向けのメッセージなどを掲載していきます。

桜満開

2019-04-04 11:37:38 | 近況

もうツバメがペアで飛来しました。声が聞こえたのは、3月22日で、オスが盛んにさえずっていましたが、今日ようやく相棒を見つけたらしく、二羽で飛び交っていました。今年も、ヒナたちの賑やかな鳴き声が聞こえるでしょうか。

只今、桜が満開です。当院裏の霞川堰堤の桜が満開になりました。来院された後にでも、是非観桜なさってください。

 

 

 

コメント

カタクリ乱花

2019-03-28 06:01:02 | 近況

ようやく霞川堰堤の桜も咲き始めました。本格的に春めいてきて、自然の息吹が感じ取れる季節となりました。

ところで入間市牛沢の一角にカタクリの花が咲き誇る所があります。小さな花ですがとっても美しい花です。ご覧ください。

コメント

環境問題

2019-02-27 09:40:45 | 近況

熱帯魚の水槽を見ていて気づきました。

ミナミヌマエビを一緒に飼っていますが、今までなかなか個体数が増えず不思議に思っていたのですが、

温度を2℃程下げて25−26℃にしたら、小さな子エビが増えてきました。もともと低めの温度が

適温なんでしょうが、冬場で高めに設定し過ぎたようでした。

生き物たちにとって人間もそうでしょうが、環境温度はもの凄く重要な環境因子なんでしょうね。新ためて

痛感しました。普段捕獲されないはずの深海魚が網に沢山捕獲されてしまうのも、きっと水温の変化が要因の一つ

なのでしょうか。徐徐に温暖化が進んでいると言われていますが、100年もしたらきっと恐ろしいことになるので

しょうか。人間の知恵で、その都度解決するのでしょうか。

 

コメント

プレーリードッグ

2019-02-20 17:15:08 | 近況

今年になって初めてのブログです。うっかりしていて、新年のご挨拶を忘れてしまいました。

本年も宜しくお願い致します。

年末から年明けにかけては、高倉動物病院の新築・移転の為銀行折衝で大変忙しかったです。

労力が必要な作業です。私にとっては、これが最後の大仕事になりそうです。

 ところで今日ペットショップを覗いたら、なんとプレーリードッグが小さなケージに入れられて

売り場に展示されていました。日本の野原を走り回っている野生動物ではなく、きっと輸入された

動物でしょうね。或るいは、業者さんが独自に繁殖したのでしょうか。いずれにしても、狭い籠のなかで

飼われるような動物ではありません。”ドッグ”なんて名前がありますが、おそらく人間になつくような動物

ではないと思います。猫みたいに、外に出ても自分で戻って来るような動物ではないと思います。

飼えなくなって、外に放すような事だけはしないで欲しいですね。広い自然を走り回っている

動物をケージの中に閉じ込めて飼うなんて、虐待です。取り締まってほしいです。私達、もし「あなたは一生

この6畳一部屋で暮らしなさい。食事はちゃんと出してあげますから・・」と言われたら、どうでしょうか。

外には一生出られないのですよ! きっと精神異常を来すでしょうね。まさしく、そうなんです。

 

 

コメント

森の神様 フクロウ君のその後

2018-12-14 20:54:47 | 近況

最近になって、ようやく12月らしい冬型の気候になり、北風が冷たく頬に当たるように

なりました。お日様が当たって暖かい方がいいのですが、矢張り冬は冬らしく寒くても

いいのではないかな。四季の移り変わりは、自然の営みに絶対必要と思います。

ところで、保護治療していたフクロウ君、本日無事所沢の森に帰る事が出来ました。

放鳥時はとっても力強く飛び立って、見守ってくれた「いきものふれあいの里センター」

の方々に喜んでいただき、私もホットしました。またケガをしないよう長生きして

もらいたいです。そして、トトロの森を見守ってもらいたいですね。

ところで、来年秋頃高倉動物病院は新しくなって、移転します。ここから歩いて10分

ほどの所です。2月下旬ぐらいから新築工事が始まります。ここの病院は、野生傷病

鳥獣たちの診療施設として残ります。きっと皆様にご満足して頂ける動物病院になるでしょうね。

ご期待ください。

 インフルエンザが流行っているようです。体調管理をしっかりして、楽しい新年をお迎えください。

 

コメント