中韓問題 個人の趣味 乗っ取られたマスメディアの罪そして興味を持たない日本人

日本人の権利が一番に優先されるべき日本社会が在日に牛耳られている現実「取り戻そう日本を」

麻生副総理兼財務大臣の失言を議員辞職しろと言う社民党又市議員

2017-08-30 15:16:57 | 日記





「撤回で済まされぬ妄言」 ヒトラー発言の麻生太郎氏に社民党・又市征治幹事長が議員辞職要求

社民党の又市征治幹事長は30日、談話を発表し、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と発言し、後に撤回した麻生太郎副総理兼財務相に対し、議員辞職を求めた。「ナチス・ドイツの独裁者をひきあいに政治家の心構えを説くのは言語道断であり、断じて許されない。撤回では済まされない妄言だ」と批判している。

麻生副総理兼財務相の妄言を断固糾弾する(談話)

 社会民主党幹事長 又市征治

 1.麻生太郎副総理兼財務相は昨日、自民党麻生派の研修会で講演し、「動機は問わない。結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」、「確たる結果を残して初めて、名政治家だったと。人が良いだけでできる仕事ではないと、皆さんもよく分かっている」などと述べた。ナチス・ドイツの独裁者をひきあいに政治家の心構えを説くのは言語道断であり、断じて許されない。麻生氏は本日、「ヒトラーを例示としてあげたことは不適切であり撤回したい」とのコメントを出したが、撤回ではすまされない妄言である。

2.麻生氏は、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺について、「動機は正しい」というが、アーリア人優位の人種差別主義およびユダヤ人排斥・絶滅政策は正しかったが、その手法が駄目だったとでもいうのか。ドイツやフランス、イスラエルでは、ホロコーストを否定し、ナチスを支持するような一切の発言や表現は法的に規制されている。麻生氏のドイツの「負の歴史」に関する無理解にあきれるばかりである。国際的にも問題を生じさせかねない。

3.また、麻生氏は、「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。人がいいだけでやれるような職業じゃない」とも語ったが、ユダヤ人大虐殺や第2次世界大戦を「確たる結果」とし、ヒトラーを「名政治家」だったとするのは全く理解できない。人種差別や大虐殺、戦争は、政治に携わる者として断じてあってはならないことと深く胸に刻む必要がある。

4.麻生氏は2013年にも、憲法改正について、ナチス・ドイツを引き合いに出し、「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」などと発言している。麻生氏の度重なる暴言・妄言の背景には、国民の声を無視し暴走を続けるアベ政治そのものの体質がある。社民党は、暴言・妄言を繰り返す麻生氏を断固糾弾するとともに、麻生氏の閣僚および議員の職を辞するよう強く求める。


いや~ヒトラーやナチスは禁句、想像以上に欧米では忌み嫌われていてドイツではナチス式敬礼は逮捕と聞く、ヒトラーを擁護するのは相当の覚悟がいると思った方がいい、それを麻生副総理が軽々しく言ってはいけないのは私でも分かる。なにしろ何があっても禁句、例えるならアメリカの大統領にでもすればどこからも少なくとも批判は受けないだろう。

ここでは違った見方をします。又市議員はこの発言で麻生副総理の辞職を要望しました。日本政府の重職であり総理経験のある麻生太郎副総理が辞職することで日本の国益がどれだけ棄損されるか、かたや又市議員の存在価値、又市議員は日本の国益に寄与しているかどうか、議員であり日本国民だから税金はそれ相当払っているだろうが目に見えない国への寄与となれば皆無ではないか。野党4党議員は政権批判だけの存在価値でしかない。

安倍政権が野党4党が言うように独裁で日本を戦争に向わせているとしたらとんでもない事かも知れないがどう考えても野党4党が言うような状態ではない。野党4党が流布させている言動は嘘と決め付けても構わない程だと私は考える。そう考えれば野党議員の中の又市議員は国益を損なわせる可能性は高いが国益を生む力は無い。では麻生副総理に辞職しろと言う前に又市議員が辞職して「俺も辞職したから副総理も辞職しろ」と捨て身で話せば好感が持てたかもしれない。まあ、絶対好感はもてないがそのくらいの気持ちがなければ安易に言うものではない。

麻生副総理もこれに懲りてヒトラーとナチスは禁句と心に決めて事にあたって貰いたい。今麻生副総理が辞職してもなんもいい事は無い。発言で迷惑をかけた国々に深く反省の弁を述べてもらいこの件は収束させること、野党は大騒ぎでしょうが、日本国民の敵は野党4党議員、これを拡散するのが日本を幸せにする合言葉にしたい、そんな空想にふける私でした。



コメント

沖縄反基地ビジネス 凶暴な団体は社民党派だった。

2017-08-30 12:50:12 | 日記





ヘイトを逆手に取る「差別ビジネス」から沖縄を護れ

依田啓示(カナンファーム代表)

 私は幼い時から毎年、慰霊の日に生中継される厳かな慰霊祭を見てきました。小さいころは、学校が休みになるのでうれしくて外に遊びに行った記憶もありますが、戦地としての沖縄県を知るにつれ、戦争や平和について深く考えるようになりました。

沖縄県は、これまで「保守」と「革新」の間で熾烈(しれつ)な選挙が戦われてきましたが、少なくとも、この「慰霊の日」については、どちらの陣営も非常に中立的で、ともに心を合わせて、その日を迎えていたと鮮明に記憶しています。

 ところが、2年前くらいから、本土の活動家が慰霊祭に顔を出すようになり、テレビで報道された通り、厳粛な慰霊祭の最中に現職の総理大臣に向かって罵声を浴びせたり、会場入り口では「反原発」「反差別」など慰霊祭に全く関係のないのぼりやプラカードを持ったデモ隊が騒ぐようになり、心を合わせてともに祈る場であるはずの慰霊祭が「政治利用」されるようになりました。これは非常に残念なことだと多くの県民は心を痛めています。中略

さて、基地反対派ですが、厳密に分けると「暴力肯定派」と「暴力反対派」がいます。ただし、暴力的でない対話派は非常に少数であり、100かゼロかの議論に終始せず、相手の立場に配慮し、現実的な事情を把握するような、冷静に議論できる反対派の「左派」が少なくなったような気がします。

実は、「辺野古移設」だけを見ると保守層の中にもそれなりの反対派が存在し、本土で報道されている「反対派」と言ってもひとくくりにすることはできません。例えば、辺野古移設が実現すると、職や借地料が無くなる「普天間基地」周辺の人たちは当然反対します。

 普天間基地周辺の不動産業界は、広大な土地の返還に伴う返還前の危険物の調査や除去などの整備、そして区画や名義の確認などにかかる空白期間が10年近く及ぶことを知っています。その空白期間は土地の有効利用されず、一切お金を生みません。また、それだけ広大な土地が返還されるということは、不動産の価格、または賃料が劇的に下がるということが確実視されています。中略

さて、反対派について話を戻します。経済的な理由で反対している保守側を除き、沖縄県では社民党(社会大衆党含む)系と共産党系に別れますが、一般的に「革新勢力」と呼んでいますこの「革新」というのは、非常に便利な言葉で、本来、全く連携や連帯をすることがない共産党と社民党が沖縄県では共闘するファジー(曖昧)な関係を構築しています。沖縄の革新系反対派(以後、反対派)に聞くと、そのほとんどは、自分が「革新系」だと答えるくらいで、本土で言うところの共産主義や社会主義のイデオロギーはほとんど浸透しておらず、自分がなぜ共産党または社民党を支持するのか説明できる人はほとんどいません。革新という呼称は、沖縄左派にとっては非常に便利な名称だったわけです。

最近、本土の政党本部からの影響力が増したせいか、そのイデオロギーをハッキリさせるという風潮が強化され、狭い島の「物事を白黒ハッキリとさせない」という処世術、知恵のようなものを否定するような圧力を受けています。つまり、「おまえは共産党員なのか社民党員なのか?」という踏み絵を踏まされるのです。沖縄県民独特の「ハッキリさせない」融和主義が崩壊し始めたことにより、最近の首長選挙では「保守」対「革新」という構図から、「共産党」対「社民党」という風に移り変わっています。中略

反対派の活動ですが、社民系の活動家がどんどん本土から流入していく中で、「山城博治」というリーダー(現在は複数の暴力事件で保釈中の被告)の下、過激さが日ごとに増し、昨年夏の東村高江地区でのヘリパッド建設(着工は約10年前)の集中工事に伴って、現地を完全に無法地帯と変えてしまいました。その抗議団体の構成もさまざまで、労働組合を始め、宗教団体、同和系反差別団体、在日朝鮮系、韓国系団体、反原発系など大小100以上の団体が名を連ねています。特に際立って暴れたのがいわゆる「しばき隊(レイシストしばき隊)」と言われる暴力組織です。本土においても「十三ベース事件」など身内同士の暴力事件を数々起こしている団体であり、在日朝鮮、韓国系の構成員を多く含み、辛淑玉(シンスゴ)氏を頂点とする「のりこえねっと」などの協力で、沖縄県に闘争という目的を持って沖縄に上陸してきました。後略 http://ironna.jp/article/6943?p=1

沖縄が危険な状態というのはよく分かった、だが政府は未だこの危険な沖縄に一歩引いたような態度にみえるのはなぜだろう。外国人が日本の防衛の要である沖縄で活動する事を見逃している。本文にあるように在日朝鮮、韓国系の構成員がなぜ沖縄で活動するのだ、沖縄県民を差別しているといういわれ無き風評で沖縄に入り込み差別差別と騒ぎ日本から沖縄を離れさせ乗っ取りを企んでいる。それがあのシンスゴという在日の女ボスだ。この危険分子を摘み取らなければ沖縄強いては日本が危険に晒されてしまう。日本国民と沖縄県民はこのような左翼に惑わされず日本人の心を大切にするべきである。




コメント

猫に熱湯かけ、バーナーで焼き殺した税理士のいい訳

2017-08-29 17:08:40 | 日記





ひどい!猫に熱湯かけ、バーナーであぶって死なせた動画を投稿 動物虐待容疑で税理士逮捕 警視庁

(写真は本文とは関係ありません)

猫に熱湯を掛けたりバーナーであぶったりするなどの虐待をして死なせたとして、警視庁保安課は動物愛護法違反の疑いで、さいたま市見沼区御蔵の税理士、大矢誠容疑者(52)を逮捕した。大矢容疑者は虐待の様子を動画で撮影し、インターネット上に投稿していたという。「猫は糞(ふん)尿が臭く、爪研ぎで壁を傷つける。有害動物の駆除であり、法律違反になるとは考えていない」などと容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は平成28年4月~29年4月、埼玉県深谷市の廃屋付近で、わなで捕獲するなどした猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたり、ガスバーナーであぶったりして死なせたとしている。後略
http://www.sankei.com/affairs/news/170829/afr1708290024-n1.html?utm_source=browser&utm_medium=push_notification&utm_campaign=PushCrew_notification_1503956425&pushcrew_powered=1


我家には雑種の猫が9匹ほどいる。その殆どが保護猫だ。どれもいなくてはならない我家の家族だ。どの猫も心を持ちそれぞれが意思を持って生活している。どれも同じ猫ではない。そんな猫を3匹野良猫であっても熱湯かけバーナーで焼き殺す事ができる人間は人間ではない。猫の糞は臭い、我家の猫は専用のフードと専用の砂でフンが臭いということはそれほどない。だが知り合いで野良猫が畑にフンをするからとても臭い、大変困っていると嘆いていた。私はそういう時は猫が嫌がる臭いのする薬剤があるからそれをまいてやり過ごしたらと言う。だがこの税理士は猫を有害動物として駆除したという、駆除なら駆除の方法があるだろう。捕まえて愛護センターに送るとか、少なくと飼いたいという人はいる。そこに預けるという方法が今は最良ではないか。

数年前の事、私が通勤で使っている道路の脇に一軒家があり造りはコンクリートのそっけもない税理士の事務所と住まいがある。そこに2匹の犬が飼われていた。真夏の日差しが強い時日陰を作ることもなく犬小屋につながれどうすることもできない2匹の犬、夏の終わり頃には1匹になり、2つあった犬小屋も1つになり毛並みは車から見てもボロボロ、飼い主の愛情を何も感じない状態だった。一度だけ飼い主が家の前にいたとき犬が可哀相だからなんとかしたらと言ったら激怒された。そのうちに残った1匹もいなくなりその家から犬小屋は無くなった。何の為に飼っていたのかは不明だが庭には玉砂利が敷いてあるから防犯用だったのかもしれない。税理士の事務所兼住居道路の前、周りは畑で泥棒には格好の家だったのかもしれない。あの犬を思い出すニュースだった。



コメント

「日本はなめられている」 在日韓国人・・・

2017-08-29 14:55:55 | 日記










【北ミサイル発射】「日本はなめられてる」大阪・生野コリアタウンの住民も憤り
2017年8月29日 11時37分 産経新聞

北朝鮮が29日早朝に発射した弾道ミサイルが北海道上空を通過した事態を受け、大阪・生野のコリアンタウンの在日韓国・朝鮮人からも憤りの声が漏れた。

 韓国飲食店を営む女性(57)は「なぜこんなことをするのか理解に苦しむ。制裁を強め、何とか平穏な日々を過ごしたい」と話した。また、長女が韓国の江原道(カンウォンド)にいるという在日韓国人3世の無職男性(67)は「はっきりいって日本はなめられている。しっかりした軍をもって対抗したほうがいい」と憤った。

 一方、JR大阪駅前では通勤客らが不安の声を漏らした。

 大津市の男性会社員(47)は「関西の近くに飛んできたら影響は大きくなる。発射の予兆があれば早めに知らせてほしい」と話した。 夏休みで大阪に遊びに来たという兵庫県小野市の女子高生(16)は「万が一の際には地下に避難しろというが、ちゃんと避難場所をつくってほしい」と話していた。http://news.livedoor.com/article/detail/13535617/










在日韓国人に言われなくても日本はなめられています。中国にも韓国にも北朝鮮にもそして日本に住む在日にもなめられぱなし。しかし、日本人はなにかあればギャアギャア騒ぐだけで何もできないのが実情のところ何とかしようと安倍政権は安保法制やテロ等準備罪などの法整備をしました。ところが日本に住む日本が大嫌いという考えを持つ者が大騒ぎして戦争法案で徴兵され日本は戦争する国になるといわれ無き風説を垂れ流しされ安倍政権打倒が目的となりました。

日本の防衛などどうでもいいという共産主義者の言動が日本国民を洗脳し何かあれば日本は戦争するとテレビ出演者までが堂々と言うようになり国防の精神はマスメディアによって日本国民の心から消し去ろうとしているのがあの国会前デモなどの反安倍デモと言われる共産党主体のデモなのです。大昔から共産党は表立って行動はしません、下部団体が実動体として色々な騒ぎを起こし政権への痛手を負わせ評判を落とす働きをするのが共産党という売国党の実態です。

その売国党が戦後合法となり選挙で国会議員を送り出し日本の政治で「責任ある野党」などととぼけた標語で日本国民をだまし続けているのが現在の共産党ですが、そこが民進党と共闘することで自民党議員を追い落とし民共主体の政権を作ろうとしています。民進党もそもそも主体のない寄せ集め集団で共産党からすれば赤子の首をひねるようなもの、いずれは民進党の半分を乗っ取り政権の基盤をつくる計画でありそうな状態だと私は考えます。

日本が軍備で強国になれば中国や韓国は反対しますが共産党をはじめとする野党4党も同じように反対をするのです。ミサイルが日本の上空を通過して太平洋の海の中に着弾しても日本人はどこかよそ事、韓国人と変わりません。なぜか、日本国民も韓国人と同じで洗脳されているのです。安倍総理が「我が国」と言った時野党はこぞって我が国とはなんだと批判しました。私にとっても我が国なのですが彼ら野党4党の思想に日本が我が国という考えはありません。だから総理が我が国というと独裁などという突拍子も無い言動で批判するのです。

日本が単独で軍備増強すればアメリカも面白くは無いでしょう。日本は唯一アメリカ連合軍にたてついたアジアの列強だったのです。だからこそ敗戦時日本の力を削ぐ為に色々な仕掛けを造りつくり朝鮮から愚連隊が来ても何もしなかったのです。そして日教組などの反日組織をつくり日本国民の思想を自虐史観というアホのような嘘の歴史を学ばされ2度とアメリカに対抗する国にしないようにしたのです。日本とアメリカの国力の差をみれば絶対に日本はアメリカに勝てません。日本はそれを認めるべきです、勝てない相手と無理に喧嘩するよりは共同で世界戦略を立てたほうが得策、日本国内ではアメリカから独立できない日本と言う者もいますが日本とアメリカは運命共同体、世界一の強国の一番横に付いた日本国を堂々と演じる事で中国やロシアに文句を言わせない。そんな日本が私はいいと思う。最後にアメリカが日本を裏切る時日本は玉砕覚悟でアメリカに迫る、その心を持ってアメリカと運命を共にする。

世界でこんなあまちゃんな言動は笑われるかも知れません。私はWW3があれば日本国は戦勝国にならなければならないと思っている。他国を占領して国土を広げようと意思はありませんがあの悲しすぎる敗戦を二度と味遭うのは嫌なのだ。北朝鮮がミサイルを発射し続けるのも負けられないからだ、負ければ金王朝は崩壊というシナリオが待っている。そこを日本の左翼政党は「話し合えば分かり合える」と嘯くのです。共産党志位委員長は北朝鮮と話し合ってミサイルを飛ばさないでとお願いしろというが彼らが話し合えるのであれば北朝鮮へ行って話し合ってくればいい。ただし、売国的約束はならない。

アマゾンの奥地に未開の部族が相当数すんでいるという、中には敵対する部族を殺害して食べる部族もあるという、もし志位委員長が話し合えるというならそんな部族は怖くもなんともない。そう言えば無責任な学生組織があったが彼らも酒を酌み交わし話し合えばといっていたが考えないのかな、何で敵が彼らと酒を酌み交わす必要があるのか、そして何を話すのか、侵略者は侵略が目的なのだ、侵略された者と何を話すか、話をする者のだけの命ごいそれは話し合いとは言わない。

そんな日本にしたい連中が政権を批判して日本を弱体化させる、在日韓国人はそんな日本は怖くて住めないだろうから祖国に帰って強い韓国に寄与した方がいいのでは日本はなめられているから怖い日本から脱出だ!! ね、辛さんに李さん・・・









コメント

東京新聞 加戸氏の発言を・・・ 佐藤圭

2017-08-27 09:28:48 | 日記






佐藤 圭 ✔ @tokyo_satokei
加戸氏の発言があまり報道されなかったのは、報道する価値がなかったからにすぎない。なぜ首相の友人の大学に決まったのか、そのプロセスこそが加計問題の本質だが、加戸氏が国会で語ったのは「いかに愛媛に獣医学部が必要か」という域を出なかった。http://www.sankei.com/politics/news/170824/plt1708240004-n1.html …
16:45 - 2017年8月25日

佐藤 圭 ✔ @tokyo_satokei
東京新聞特報面では、加戸守行氏の国会発言が加計問題の本質といかに無関係か、そんな無関係な話を国会で延々としゃべらせたことの問題点について丁寧に論じています。東京新聞:加計問題のキーパーソン? 加戸前愛媛県知事の研究:特報 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017071502000175.html …
17:07 - 2017年8月25日

東京新聞Web2017年7月15日
加計問題のキーパーソン? 加戸前愛媛県知事の研究

安倍晋三首相の「腹心の友」加計(かけ)孝太郎氏が理事長を務める学校法人・加計学園の獣医学部新設を巡る国会の閉会中審査では、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官に注目が集まった。その傍らで「ゆがめられた行政が正された」などと安倍政権を称賛したのが旧文部省出身の加戸(かと)守行・前愛媛県知事(82)だ。加戸氏は、安倍首相肝いりの教育再生実行会議のメンバーでもある。加戸氏は加計問題のキーパーソンなのか。 (池田悌一、安藤恭子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017071502000175.html


新聞記者が自身(自社)の判断で報道する価値が無いという事を公言できる環境が東京新聞社という新聞屋”の資質がこのツイートで晒されたのでは、東京新聞では長谷川幸洋氏ぐらいがまあ、良心かとニュース女子では鼻の下をのばしたオヤジだが東京新聞の中いれば異質な人だと分かる。そんな新聞屋のネット配信を読みながら新聞をこのような考えで衆知させるとは、はっきり言おう私は東京中日新聞を長年購読していた、民主党政権誕生の新聞を大事にしていた、恥ずかしい限りだがそんな新聞がこいつらの脳みそでどうにでもなるとは、長年購読した分の金返せ!! 購読やめて4年、ニュースはyahooかgooかlivedoorそれと産経。

ある意味偏ったネットの見かたをしているかも知れない。政治ネタはあまり読まないようにしている。安倍安倍安倍はさすがに見飽きたし、ニュースに載る安倍は「加計のお友達」「森友のお友達」としか書いていない。東京新聞webも加計と総理が通じて大学を建設させるような書き出しはそれしか読まなければ洗脳されると思う。マスコミは自分たちの存在意義を日本を崩壊させる道具としてと見定めた。ニュース女子に出演するコメンテーターはどちらかと言えば中道から右派、左派系は皆無、強いて言うなら司会の女医さんか?程度。

それではニュース女子ばかりをみていると私の脳はどうなるか、左派系メディアの偏向した報道を見なくなる、そうすれば中道から右派の脳に染まるのか。私には唯一つ、日本という自分が生まれた国を思う気持ち、それが日本を大事にする気持ちか軽んじる気持ちかは別として日本を思う気持ちがある。日本なんて潰れて中国に飲み込まれろという気持ちは皆無、そこが東京新聞の記者と違うところだと思っている。東京新聞や朝日や毎日は日本を崩壊させる為に存在している。読んでいないのに分かるのかと言われれば答えは「分かる」そこが今のネットの社会だからだ。

この東京新聞のアホ記者のツイートがネットに掲載されて私はそれを遡って東京新聞webにたどり着き東京新聞の立ち居地があっての記者のツイート、結局新聞記者と自身の考えを述べるのではなく会社の意向を忖度する場、それを読まされる購読者は毎月3000円払って洗脳されているだけ、なんの価値も無いのはこの新聞という押し紙問題を何一つ解決しようとせず高い広告料を企業から頂戴して企業は消費者から上乗せした商品代金を頂戴する。消費者はわかっているのにどうすることもできず商品を手にすることになる。
左翼新聞の購読をやめてその分ネット中心の情報収集を国民はいつかやるようになる。その時このアホ記者と新聞屋は蒼白になりもっと酷い偏りの新聞屋として細々と暮らすだろう。






コメント