日々是好日(膵臓癌と向き合う日々)

膵臓癌になって思ったことや感じたこと、その関連の情報を書いてゆきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これまでの経過(その6)

2010-08-30 20:15:45 | 膵臓癌

8月26日に経過観察のため、CTを撮りました。結果は、2ヶ月前の前回と変化なし。膵臓の腫瘍の大きさ、膵菅の拡張状況、肺転移の疑いの陰影等も変化なしでした。変わったのは、副腎皮質ホルモン剤をプレゾニンからリンデロンに変更した影響によるのか、肝臓の脂肪変性(いわゆる脂肪肝)がみられるようになってきことです。リンデロンの点滴をやったあと、全くなくなっていた痰と咳とが、またほんの少しですがぶり返してきたので、肺への転移の影響がでてきたのかなと心配していたのですが、その心配も杞憂に終わりました。まずは、一安心です。この調子では、無理だと思っていた仕事への時間、業務内容を限定した形での復帰も射程範囲に入ってきたかなと思っています。

話がかわりますが、今週土日で前の会社の友人2人と福井の粟津温泉に行く予定です。昨年5月に愛知県奥三河の湯谷温泉に行って以来約1年半ぶりの再会です。1年半前は、20年前に行ったアメリカ大名旅行を再現する予定だったのですが、突然、私が病気になったため、国内の温泉に変更になりました。因みに湯谷温泉では、川沿いにある湯の風Hazuと言うホテルに泊まったのですが、食事、川に面した露天風呂(HPにある写真そのものです)、川のせせらぎ、新緑が最高によかったです。残念なのは、川に面したテラス等のホテルの設備が老朽化していた点ですが、設備面のマイナスを差し引いてもこの宿はお勧めです。

粟津温泉もよかったら報告します。

コメント (2)