たぼちゃん日記

日常の出来事を、自分の心の目を通して感じたままを綴っていきます。

心が満ちる時

2017-07-31 | 日記
何故だか、夕べは眠れなかった。

もうすぐ初盆がやって来ます。

お供えもちらほら届く様になりました。

あ~、去年の今頃どうしていただろうか?

多分、涙が溢れて止まらなかったんじゃないかな?

残念ですが、今はその時の気持ちを想いだす事が出来ません。

だからと言って、1年前の自分のブログを見たいとは思わない。

ただ、一歩ずつ前進する事しか考えられない。

何故だか、夕べは眠れなかった。





この曲を聴きながら、今夜はゆっくり眠れそうです。

                                    心が満ちる時 
コメント (2)

無償の愛

2017-07-30 | 日記
今、外では凄い雨と雷。

昨日の午後6時過ぎの事、親戚のお兄さんが煮物とサラダを持って来て下さいました。



1ヶ月食費5千円の生活をしている私にとっては、ちょっと言葉は悪いかも知れませんが「棚から牡丹餅」状態でした。

まずはレタスをパリパリ。

う~ん、久しぶり~。

長い事レタスなんぞ食べていなかった。

ポテトサラダも美味しかった。

煮物は、今日レンジで温めて食べる予定です。

そう遠くない時期に、恩返しを出来るといいな。




                                    無償の愛 
コメント (4)

あの頃

2017-07-29 | 日記


今回はフットボールくらいの大きさのスイカを収穫しました。

でもまだ食べませんよ。

暫く日をおいてから食べる事にします。

スイカと言えば、海が頭に浮かんで来ます。

海と言えば、今から20年ほど前に神奈川県の鎌倉へ仕事で何度か訪れた事があり、せっかくここまできたんだから江の島まで足を延ばしてみようと車で暫く走っていると、「うぉぉー、これが江の島かー、来て良かったー」と感激してしまいました。

テレビで観たのと同じでしたけど・・・。

またまた欲が出て、せっかくここまで来たんだから、今度は湘南海岸へ行ってみようとおもい車を浜松方向へ向きを変えいざ出発。

「うぉぉー、しょ、しょ、湘南海岸やー」

対面通行の道路の左側に湘南海岸、そして右側には「うぉぉー、え、え、えの、えの、江ノ電やー」 もう感激で涙がチョチョ切れてしまいました。

今もその時の景色は鮮明に覚えています。

もう二度と行く事はないと思いますが、あの感激は一生大切にしたいと、そう想っています。




                                   あの頃 
コメント

わー、美味しそう!

2017-07-27 | 日記
やっとこさ我が家で作ったスイカを収穫。



苗を買う時、大玉スイカと書いてあったのに、出来たスイカは小玉でした。

でも、一人で食べる分にはこれくらいで丁度いいかも。

とっても甘~いスイカです。

完食。




                                    わー、美味しそう! 
コメント

走馬灯

2017-07-25 | 日記


あれはいつの事だったろうか?

季節は秋。

仕事で軽井沢へ行った時の事でした。

真っ直ぐな対面通行の道を小諸方面へ車で走っていると、辺り一面紅葉でいっぱいになり、道路の両脇が赤や黄色の紅葉のジュータンが敷き詰められた様な状態で、まるで時間が止まり一瞬自分が宙に浮いた様な感覚に襲われた時がありました。

そんな経験をしたのは、後にも先にもその一回きりでした。

不思議な時間だった。

その日は、松本市まで行き宿泊先のホテルの駐車場で車を止め、車のドアを開け「ふっ」と夜空を見上げた。




                                    走馬灯 

コメント

親戚の子供達へ

2017-07-24 | 日記
これから何処へ向かって行くのか?

若い時は、それなりの苦労がある。

齢を重ねても、またしかり。

踏まれても踏まれても、雑草の様に強く生きて欲しい。




                                   親戚の子供達へ 
コメント

いらっしゃいませ~

2017-07-23 | 日記
あ~、今日で卵が無くなった。

でも、まっいいか。

次の特売日まで待とう。

え~っと、次の特売日は7月28日(金)。








                                   いらっしゃいませ~ 

コメント (2)

いらっしゃいませ~

2017-07-23 | 日記
あ~、今日で卵が無くなった。

でも、まっいいか。

次の特売日まで待とう。

え~っと、次の特売日は7月28日(金)。








                                   いらっしゃいませ~ 

コメント

最後の時

2017-07-17 | 日記
今日は久しぶりにA・COOPへ行きました。

レジで並んでいたら後ろの方から「いらっしゃいませ~」の声が聞こえて、何だか温泉に入った様な気持ちになりました。

いつまでその言葉を聞けるだろうか?





                                    最後の時 
コメント (2)

幕引き

2017-07-16 | 日記
今日午後3時前から雷が鳴り、急に雨が降って来たので慌てて家の中へ入りポカリを飲んで休憩していたら雨が上がって晴れて来たので、今から畑の草引き再開です。




この曲とってもいいですね。

北海道はまだ行ったことがありませんが、きっといい所なんだろうな?

いつかきっと行けるといいな。



私が27歳の頃、職場の旅行で沖縄へ行った事がありました。

1泊2日の旅行でしたが、昼間はいろんな名所へ連れてってもらい夜は総勢300人ほどでの大宴会ではお酒も入りみんなワイワイがやがや。

上司も部下も関係なく人間としての心の繋がりがあった様に思います。

いつもそうだと良いですが、いつまでも良い時は続きません。

良い時も、悪い時も、人生いろいろ。

私の最後の時は、沖縄で終わりにしたい。

                               幕引き 
コメント (6)

暑かった

2017-07-15 | 日記
今日も一日暑かったです。

朝5時から畑の草引きと野菜の手入れ。

朝食を食べてから1時間草引きをしては30分家の中に入ってキンキンに冷やしたお水で水分補給してまた1時間草引きをしては30分水分補給を繰り返し夜の7時まで作業をして全身汗まみれでクタクタでありました。

家に入って大急ぎでシャワーを浴び、今日の夕食に玉子丼を作ってみました。




もう長い事玉子丼など作っていませんでしたから腕が落ちたかなと思いましたが、それが何とも美味しかった。

欲を言えば、沢庵が2枚あったらもっと美味しかったかも。






明日も朝5時から畑の草引きをする予定です。

                                暑かった 
コメント (2)

今日は命日

2017-07-13 | 日記
去年の7月13日、午前6時半に母が病院で亡くなりました。

時の経つのは早いもので、もう一年か~。

今日は午前9時過ぎにお寺へ塔婆をもらいに行って、その足でお墓参りをする予定です。

去年もいろいろあったけど、今年もいろいろありました。

人生谷あり谷あり。

これでもかと言うぐらい谷の連続でありました。

昨日の夕方近くのおばさんが、「確か13日がお母さんの命日やったね~」と石鹸で作られた花を供えて下しました。




とても石鹸とは思えない、本物の花の様であります。

仏壇に置いてある写真の中の母に見える様に花を置くと、何とも嬉しそうに微笑んでいる様に私の目に映っておりました。




                                                     今日は命日 
コメント (6)

小さな花を咲かして下さいネ

2017-07-12 | 日記
おかあさん 森昌子 Mori Masako


                                 小さな花を咲かして下さいネ 
コメント

もうすぐ墓参り

2017-07-11 | 日記
明後日は母の一周忌であります。

辛かったね。

悲しかったね

そして、苦しかったね。




                                   もうすぐ墓参り 

コメント

踏んだり蹴ったり

2017-07-09 | 日記
今年の3月に左足の手術をし、4月の初めに退院してリハビリを続け2ヶ月が経とうとした頃、夜お風呂に入りサー風呂から出ようとしたその時のこと、いつもは右足から出る所を左足から出てしまい、バランスを崩してお尻の尾骶骨あたりからすってんころりん。

「あ痛ーっ!!」

お~い、と呼んでも誰もいない。

暫くお風呂の天井だけを見ていました。

何とかかんとか起き上がり、その日は痛くて一睡も出来ませんでした。

時間が経つと共に痛みが増して来て、わずかな段差が登れない。

骨が折れたのかと思うほど痛かったです。

毎日お尻に湿布を貼り、一ヶ月くらいで段差を登れる様になり、今日の段階ではかなり痛みが和らいできました。

長時間椅子に座っていると、腰が重怠くなってくるので気を付けています。






                                    踏んだり蹴ったり 
コメント (10)