たぼちゃん日記

日常の出来事を、自分の心の目を通して感じたままを綴っていきます。

宿り木

2015-11-30 | 日記
昨日高知県へ帰った姉も、少しではありましたが元気を取り戻していた様でありました。

 少しでも脳の機能が回復してくれる事を願っています。

 これは私の意見ですが、我々の姿と言うのは「脳の仮の姿」だと思っています。

 何億、そして何千億年も前から脳(細胞)が生きて行く為に、今日に至るまで姿や形を変えながら存在し続けているのではないでしょうか。

 是非一度、人と話をする時相手の脳をイメージしながら話をしてみて下さい。
 そしたら姿や形、そして全ての雑念が消え去るのだと私は思っています。

 

 明日から12月です。
 
 長い間、クリスマスの事を忘れていました。

 今年は、家の玄関の近くにある木にソーラー発電のLED照明の灯りをつけてみようと思っています。電気代がただなのが魅力的です。

 その光の中に、私の心を宿してみたい。






                                      宿り木 

                                     
コメント (2)

深まる絆

2015-11-29 | 日記
 昨日高知県から来てくれていた親戚が、今しがた高知へ向けて帰って行きました。

 帰り際、少し寂しい気もしましたが、最後にみんなで記念撮影です。
            写真の中のVサインは、姉の主人です。


 続いて、私がみんなの手を撮ろうと提案すると姉の娘がVサインにすれば星の形になるよとアドバイスしてくれ、もう本当に帰る間際の事、みんなの心が一つになった瞬間がありました。
                    

 
                              とどめの1枚です。
                              
                    姉の娘が言いました。背中が一緒や。
                    左が母です。 右がそううつ病を抱える姉です。
                    ホンマ、娘の目は確かな様であります。


          この後、高知県に向けて我が家を後にしました。
 

 一泊二日の、ほんのひと時でありましたが、ほっこりとした余韻が部屋の中一杯に残っています。

 今度は、私が母を連れて高知県を訪ねてみたいですね。

                                                 深まる絆 

 

          
コメント (8)

つかの間のひと時

2015-11-29 | 日記

 昨日の午後4時頃、高知県の親戚が我が家にやって来てくれました。

           

 


 せっかくのオードブルと極上のお寿司を写真に撮る前に、食べてしまったのでUP出来ませんでした。


 そううつ病を抱える姉が、サラダを作ってくれました。
               

                             


 今日の朝食です。
 


 オードブルを撮り忘れたのが、心残りでなりません。
 今年の6月に撮った写真をもう一度UPしときます。
                              


 姉は、以前より少し良くなっている様に見えました。

 姉と私はよく似た所もありますが、若い頃からお互い目指すものが違っていたせいか、昨日今日と話をしていても考え方の方向性が違うんだなと思う所が多々ありました。
 でも考え方の方向性が違うからこそ、私たちはうまくやっていけているのかも知れません。
 

 親戚が帰った後は、早速仕事です。

 最後になりましたが、姉の主人に一言。

              新米のお米30キロありがとう

                                                つかの間のひと時 



 
コメント (6)

秋の足跡

2015-11-28 | 日記



何故だか、黄色い花をみるとホットする。

 
 今年は、京都へ紅葉を観に行く事が出来ませんでした。
 丁度見頃の時期に仕事で身動きが取れず、いつ紅葉が始まっていつ終わったのかさっぱりわからない状態でした。

 私は昔から京都が好きで好きで大好きでたまりません。
 今でも大好きです。
 今から32年前に車の免許を取得してから、これまで京都の名所と言われる所は全て行った様に思います。

 だだ、今年だけは行けなかったのが残念でなりません。




 人は老いを感ずる時、自分の人生の方向性をどう位置付けるのだろうか?

 この紅葉の様に、一年一年今後の人生おいて深みを増して行きたいものであります。

                                    秋の足跡 
コメント (4)

懐かしの映像

2015-11-27 | 日記
昨日は仕事が忙しく、秒刻みで働き体がくったくたになってしまいました。

 こんな時は、温か~いお風呂に入ってゆっくりと時間を過ごしたいですね。




 明日は高知県から親戚が遊びに来てくれる事になっています

                                      懐かしの映像 
コメント (4)

心の杖

2015-11-26 | 日記
つい最近、ブログの中で赤ずきんちゃん様との出会いがあり、その中に「鳥になりたい」の動画を見せて頂き、深く感動してしまいました。

心に届く、心に響く、心に沁みる音楽が私は大好きです。


 足に障害をお持ちの方で、京都にお住いの里の子様、そして神奈川にお住いのグライセン様、日々の生活で何かとご苦労が絶えないと思いますが、心は空高く羽ばたいていて欲しいですね。


 


 障害があってもなくても、全ての人に同じ様な事が言えるのではないでしょうか。

 私は、音楽が大好きです。

                                         心の杖 
コメント (6)

めぐり逢い

2015-11-25 | 日記



いつどこでどんな人と出逢いがあるか分かりません。

 出逢っていても、その事に気付いていないだけなのかも知れません。

 私は、自分に何かしら心に迷いがあった時、いつもこの曲をPianoで弾いています。




     人生、巡って巡って・・・。

                                        めぐり逢い 

                           
コメント (6)

心の灯

2015-11-24 | 日記

暗いと不平を言うよりも

      進んで灯りをつけましょう




 今から50年ほど前、シスター渡辺和子様とすでに出逢っておられた方が昨日の私のブログにお言葉をお寄せ頂いた方の中に一人おられました(私の知る限り)。

 私がシスター渡辺和子様のお姿を拝見したのはごく最近の事です。

 もっともっと早い段階でお出逢いする事が出来ていたならば、私の人生も大きく変わっていたかも知れません。

 心洗われる想いです。

                                          心の灯 
コメント (6)

初心

2015-11-23 | 日記



丁度、去年の今日の事です。

 2014年11月23日午前8時半頃、「たぼちゃん日記」がこの世に産声を上げた日であります。

 今日で、1歳になりました。

 最初のタイトルは「初心」であります。

 右も左も分からず、文字も上手く打てませんでした。
 そんな私が、よくここまでブログを続ける事が出来たのが不思議でなりません。

 これまで、多くの方々のご指導、またご意見を頂いた事に深く感謝申し上げます。


 さて、ブログをさせて頂いた中で数多くの出逢いがあり、その中で親子のあり方にについて考えさせられるご意見がありました。

 その中で、「子供が親に対してきつく命令する」「親が子供にどう対処していいか分からない」など、各ご家庭でこの様な悩みが多く聞かれました。




 これまで、お子様にどんな事をしてあげられましたか?

 また、お子様からどんな事を学ばれましたか?


 私には子供がいませんから、この様な質問に答える資格はありませんが、動画を見て何かしら感ずるものがあるのではないでしょうか。

 今まで忘れていた事・・・。

                                         初心 

                                        
コメント (14)

恩返し

2015-11-22 | 日記

 ただ、ごれだけは思う。

 人への「感謝の気持ちと恩」は、一生忘れる事はあるまい。

 



                                          恩返し 
コメント (2)

マチュピチュ

2015-11-21 | 日記

それは、今から30年前の事でした。

 私の家から気軽に行ける距離にある竹田城跡。

 その頃は、人はまばらでただの石垣といった感じでした。

 頂上にのぼり、ほとんど人影のない広々とした城跡で家から持参した大きい三角おにぎりを絶景を一望しながら口いっぱいに頬張った時の握り飯の味は今でも忘れる事はありません。


 この写真は、今年の5月に訪れた時のものです。
 

 

 休日ともなれば、人で人で駐車場も満車。シャトルバスも大忙し。その光景を見ただけで疲れてしまいますが、遠い所から観光バスで来ておられる方が沢山おられます。

 私の家からはドライブがてら気軽に行ける距離にそこはありますが、30年前に城跡からみた景色は今でも私の心に深く刻まれています。

 




                                        マチュピチュ 
コメント (12)

出逢いと別れ

2015-11-19 | 日記
 「人を愛する」とは、どういう事でしょうか?

 「愛情の形」とは、どんなものでしょうか?




                                     出逢いと別れ 
コメント (4)

置かれた場所で 咲きなさい

2015-11-18 | 日記
昨日は、とってもいい事がありました。

 買い物に行ったスーパーで、それはそれは目の中に入れても痛くない様な可愛い女の子を発見しました。

 お店の外ですれ違う時、彼女はニッコリ笑顔でお辞儀をし、私もそれにつられてお辞儀をしました。

 私はなんて単純なのでしょうか?
 すでに私の心は、宇宙の果てまで飛んで行ってしまっておりました。

 みんなに見せてあげたいですが、見せませ~んョ。

 時々見かける女の子ですが、何かが違う。

 何が違うのか?

 普通の人とは違う何かを持っている。

 私の心の眼に狂いがなければ、彼女は私にとっての「女神様」。

 出来れば、私だけの「女神様」でいて欲しい。

 そんな彼女に、心を込めてこの動画をプレゼントします。




                                        置かれた場所で 咲きなさい 
コメント (8)

癒し

2015-11-17 | 日記

自分が小さい頃を覚えているかと聞かれれば、覚えていないと言わざるをえません。

 ただ私が未だ0歳だった頃、父が私をお風呂に入れていた時、抱いていた父の腕から私がお風呂の中へと滑り落ちお湯の中で白い泡が沢山見えていた事だけは覚えています。




 新しい歌舞伎を観ている様です。

                                         癒し 
コメント (4)

これでいいのだ

2015-11-16 | 日記

昨日はお昼頃から天気が回復して来た事もあり、午前中で仕事を切り上げ紅葉を観に行く事にしました。

 兵庫県丹波市のお寺へ行こうとしたんですが、丁度もみじ祭りの真っ最中でお寺から大分はなれた場所からシャトルバスが出ていて車と人で溢れかえっており、そのお寺をパスする事にしました。

 普段はこんな感じです。
 

 


 結局、篠山城跡の近くの無料の公園で紅葉を堪能させて頂きましたが、人はまばらで今から約15年ほど前、仕事で軽井沢へ車で出かけていた時の事、私の車の前にも後ろにも車が全くなく、辺り一面紅葉したもみじに包まれまるで時間が止まってしまったかの様な感覚を味わった経験がありますが、その公園で軽井沢での事が私の脳裏に甦って来ました。
 母と一緒に行ったんですが、帰りに丹波市内のスーパーへ寄り「見るだけ」と母と約束していたのに、店を出た時にはパンパンに膨れたレジ袋を持っていたので何を買ったのか尋ねてみると、「丹波の黒豆パン」との事でした。
 母にとっては、紅葉より黒豆パンの方が良かった様です。
 何故なら、公園へ行った時よりもスーパーへ行った時の方がニコニコしていたからです。

 断念したお寺の動画があったのでUPしておきます。
 

 


                                    これでいいのだ 
コメント (4)