たぼちゃん日記

日常の出来事を、自分の心の目を通して感じたままを綴っていきます。

アーメン

2017-06-30 | 日記
今朝5時頃凄い雨と雷で、チョット怖いくらいでした。

それでも6時頃には小ぶりになり、百合が心配で外へ出てみたところ、何とか頑張って踏ん張って咲いていました。

                        



スイカはどうだろうか?

雨で割れたりしていないだろうか?

あれっ、スイカの姿がーーーーーーーーー、あ、あ、あったぞー。

軽くスイカにでこピンを3回ほどくらわすと、ポン・ポン・ポン。

良い音してますな。




柔らかい音楽を聴いて、甘~いスイカが出来ます様に。




                                アーメン 
コメント (4)

好きだ

2017-06-29 | 日記
目覚めよと呼ぶ声が聞こえ Chorale BWV645.wmv


今夜はこの曲を聴いて寝るとしましょう。

私はこの曲が・・・。

                                好きだ 

コメント

心を動かす言葉

2017-06-29 | 日記
Stand Alone/森麻季 NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」より




「迷い悩むほど人は強さを掴むから夢をみる」

                              心を動かす言葉 
コメント

夢の続き

2017-06-28 | 日記
今日夜中の3時前に目が覚めました。

目が覚める前、少し夢を見ていた様です。

奈良県から電車に乗り城崎温泉へ行こうとしたんですが、乗って暫くすると右側に真っ青な海が見えて来ていつしか一人で「海は広いな大きな~」と歌を口ずさんでいたら、次の瞬間電車が海の上を走りだしたのです。

一瞬沈没するのかと思いましたが、何と電車が波乗り状態でまるでサーファーの様でした。

暫くすると、今度は道路を走りだし私が卒業した小学校を通り抜け幾つもの山を越え、最終的には六甲山の展望台に到着です。

目的地とは真逆な場所でしたが、六甲山から眺める神戸は絶景でした。

目が覚めてから暫くボーッとしていましたが、時間がもったいない様な気がして洗濯機を回し2合の米を洗いご飯を炊いた。

それから外へ出て、百合の写真をパチリ!


                                             

次は野菜を収穫。



人生もまた、自分が想い描いた通りに上手く行かず、予想外の人生を歩んで行くのかも知れません。

ああ、神戸の展望台へ到着した後私はどうなったんだろうか?

                                            夢の続き 




コメント (2)

母の花

2017-06-27 | 日記
今朝も百合が元気に咲いていました。



これは黄色かな? 


これはピンクかな? 


梅雨が明けると、一斉に花開くかな?





                         母の花 

コメント (2)

よそ行きの声

2017-06-26 | 日記
雨のお蔭で野菜達が急成長です。

フットボールの様な赤くて甘~いスイカ。      


続いては、普通の赤くて甘~いスイカ。             


おっと、ここにも小さいスイカがあったぞ。          


ピーマンもう少し大きくなったらだべる事に。


オオーッ、大玉トマトが赤くなって来た。      


ホッホー、トウモロコシはまだまだやね。 


今朝収穫したオクラと胡瓜です。  


今朝の百合。


昨日の夜7時過ぎに、ご近所の86歳のおばさんから電話があり早速行って来ました。

ジャジャーン!。


昨日はサラダを頂きました。

一つ面白い事があります。

そのおばさんは、電話の時の声はとても高くてお上品な感じなんですが、実際会って話をしている時はオクターブほど声が低くなります。

女の人は年齢にかかわらず、そういう傾向にある様な気がしてなりませんが世間の女性の方はどうでしょうか?

男にはよー解らん。

                                                よそ行きの声 
コメント (2)

ほっと一息

2017-06-25 | 日記
今日からやっと本格的な梅雨に入った様であります。

こんな日は家の中をかたずけたり掃除をしよう。

時々、私の好きな曲を聴いたりして。




                               ほっと一息 

コメント

待っててね

2017-06-25 | 日記
肝臓癌の為、今から20年前の4月23日私の父が他界しました。

病院で意識が薄れる前、父は私にこう言った。

「退院したら、長谷寺へ連れて行ってくれ。一度でええから行ってみたいんや」と。

父の望みを叶える事は出来ませんでしたが、今は母と二人で長谷寺へ行ってくれていると良いなと思っています。

今は独りになってしまいましたが、もし私が亡くなったら、その時は二人を長谷寺へ連れて行って上げますよ。




                               待っててね 
コメント

身を粉にして働く喜び

2017-06-25 | 日記
今朝6時頃、畑で収穫したオクラと胡瓜とミニトマトを朝食にしてみました。

それが無かったら、ご飯と味噌汁と納豆のとてもシンプルな朝食になる所でしたが、野菜達のお蔭でお腹がパチンパチンです。

ここまで野菜を育てるのに大変でした。

私が足の手術の為3月Ⅰ日に入院して、退院した時には桜が咲いていて家に帰ると庭も畑も雑草だれけで辺り一面荒れ放題になっていましたからその光景を見ただけで気分が落ち込んだものでした。

畑の草引き、そして畑に石灰を蒔きくわで畑を耕し肥料を入れ苗の定植、そして支柱を立て毎日朝晩の水やり、そんなこんなで心も体もボロボロになった様な気がしていました。

こんな事を言う様では、まだまだ半人前ですね。

来月の13日は母が亡くなって丁度一年を迎えます。

その日は、私が育てた野菜を母に是非食べてもらおうと思っています。




やればやっただけの事はありますね。

                                                  身を粉にして働く喜び 
コメント

気分転換

2017-06-24 | 日記
今日はメッチャ蒸し暑くて、何だか体がだる~いです。

家の裏の畑へ出てみると、キューリ3本・オクラ4本・ピーマン3個・ミニトマト4個収穫出来ました。

やったー、今日の夕食確保したぞ。

「ふっ」と百合に目をやると、花の数が増えていました。

小ぶりながら黄色い百合も咲いていました。

畑の北側には、白い百合とオレンジの百合の蕾を発見。



百合を観ていると、不思議と体のだるさも何処へやら・・・。

あっ、こんな声が聞こえて来ました。
       「いらっしゃいませ~」





                               気分転換  
コメント (2)

しんどいよ

2017-06-21 | 日記
河島英五 酒と泪と男と女


                                 しんどいよ 

コメント (4)

またね

2017-06-20 | 日記
今朝から体調がすぐれず、体温を計るとかなりの熱がありました。

何とも言いようのない体のだるさがあり、体調が回復するまでブログを休みます。

コメント (6)

今日の朝食0円

2017-06-19 | 日記
最近は、朝4時頃にはもう明るくなっています。

今朝は少し寒かったけど、6時過ぎになると日がさして来て暑くなって来ました。

畑には、胡瓜とピーマンとオクラが食べて欲しそうに私の方をじっと見ています。

早速ハサミを手にして、優しくパチン・パチン・パチン。

胡瓜は皮をむいて薄切りにし、ノンオイルの玉葱ドレッシングを掛けます。

ピーマンは縦に細く切り、サッと炒めて醤油を少したらして絡めます。

オクラは少し茹でてスライスし、ポン酢を掛けて混ぜ繰り返します。




やっぱり野菜植えとって良かったな~。

                                                   今日の朝食0円 
コメント

百合の香りがたまらない

2017-06-18 | 日記
昨日、新しく咲いた百合を撮ってみました。




今度は反対から、もういっちょ。




この辺りでは、今が百合の見頃なんだそうです。

が、私は家の百合で我慢・我慢。





                               百合の香りがたまらない 

コメント

胡瓜3兄弟

2017-06-17 | 日記
昨日はミニトマトとピーマンを収穫です。

ミニトマトはプチプチしていて、とってもフルーティー。

ピーマンは縦切りにして、ニンニク・塩コショウでサッと炒め、最後に醤油をフライパンの周りに少ーし流し入れ一気にフライパンを3回ほど振って出来上がり。



こちらは今朝撮った野菜。

結構スイカが大きくなっていました。            


トウモロコシもいつのまに・・・およよ!  



胡瓜は1本だけ収穫して今日の朝食に添える事にします。


それでは、いただきまーす。

                                               胡瓜3兄弟 
コメント