絵を描こう 旅に出よう

いつもわくわくしていたい

ユーミンからの恋のうた。

2018年04月13日 07時26分32秒 | 日記




ユーミンからの恋のうた。
松任谷由実 45周年記念アルバム

三枚、45曲入り、を買いました!
(今どきは手元のスマホでプチっとするだけで購入できてしまう手軽さ。支払いに銀行へ行くこともなく。)

ユーミンファンのわりにはたくさんCDを買っていませんでしたが、今回はコンサートの先行予約つきだったので買いました。

11日発売で11日に着きました。

三枚のCDにはそれぞれテーマがあります。
DISC1 Pure Eyes 純粋さを、 捨てない。
DISC2  Urban Cowgirl “私”で、 生きてゆく。
DISC3 Mystic Journey 旅を、 やめない。

ああ、やっぱりツボだわー

彼女自身の手書き文字のブックレットもすてき。

彼女が言っているように、このうたたちはタイムマシーン。
45年、つまり、22才から67才、共に生きてきた歌声。
まぁ、いちばん激しく聴き続けたのは荒井由実時代だけどね。

ユーミンのことを「神子」と呼んだ人もいるけど、
たしかに歌の神様がついてる、この人には、
と、わたしは思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お酒はぐっすりその世へ行ってしまう

2018年04月11日 05時59分07秒 | 日記
昨日は保育園の親睦会で、生ビール一杯とお酒を一合ぐらい飲んだだけなのに、帰ってからバタンと寝てしまい、パンの仕込みをしないで朝になってしまった❗
5時半、教室開始まで四時間半、一次発酵に必要なのは七時間、あーあ・・
でも、奥の手あり。
酵母の量を2倍近くに増やす。
発酵温度を高めにする。(30度)
これで四時間くらいで2倍半に膨らむはずです。
さいわいきょうのパンはリッチな生地ではないのでよかった。

準備しないで寝てしまったことは、20年やってて4回目くらいかな・・やっぱり教室前日のお酒は慎むこと。

きのう一緒に飲んだフィリピン人の先生たちは、クリスチャンだという理由でお酒を飲まなかった。

瞑想の修業してる友人も、好きだったお酒を絶った。

やっぱりお酒はダメなのかなー

「その世」へ行ける手段なんだけどなー
(その世とは、この世とあの世のまん中のことらしい)


あの世で思い出したけど、うちのもうすぐ20才の雄猫ネムネムは、お腹におできができていて、痛がりもしないのでほっておいたら、だんだん大きくなってきたので、やっぱりお医者に連れていったら、水がたくさんたまってて、それを抜いてくれた。あとにはまだ芯は残っているんだけど、もう歳だから手術でとったりしないでほっておくことに。
体重はまだ6.4キロ、歯もよく残っていて、まだまだあの世へ旅立つ様子はなし。
足腰は衰えて高いところへ跳べなくなってるけどね。
「百万回生きた猫」を読んでから、猫も何度も生まれてくると信じてるけど、ネムネムは、きっと今度は人間になって生まれてくるんじゃないかなー
どうもただの猫ではないのだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瞑想する友

2018年04月02日 06時02分57秒 | 日記
学童保育で二が月ほどご一緒した方と、その後もどきどきおあいしていたんだけど、今月彼女は岡山のご実家にもどることになり、ゆうべはささやかな送別会。
この年になると、しばしのお別れはもしかしたら二度と会えないお別れかもしれない。
彼女はヨガや瞑想の世界の方で、今はヴィパッサーナ瞑想というものに傾倒し、それをつきつめようとしておられる。心をきれいにしたいとの思いで。
わたしも少しの関心はあるんだけど、○○協会という組織はどうしても敬遠してしまう。
全て無料、おしゃべり禁止、一日二食の粗食、という瞑想研修のコースがあり、彼女はこれから何度もそこへ参加するのだそうです。

わたしは三年前にヨガナンダの自伝「あるヨギの伝記」を読んですごく感動したことがあり、アメリカの瞑想センターにメルマガ登録もしたりしたけど、
瞑想、してないなー
斎藤一人さんの言葉、「この星は行動の星です」からすると、幸せの言葉「愛してます、ついてる、うれしい、楽しい、感謝してます、しあわせ、ありがとう、ゆるします」という、その場を明るくする言葉を発しつつ、行動し続けることが、
10日間黙って座っているよりもいいかなーって今は思います。

でも、1日の始まりのとき、静かに自分と向き合う時間を持つのは大事ですね。
このブログはとても役に立っています。ありがとうございます。

今朝は春霞の美しい朝でした。
ベランダからの眺め。




春の寄せ植え


元気な月桃


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈丁花

2018年03月10日 10時20分19秒 | 日記
早春の香り
母の香り



去年買った鉢です。
ベランダに出ると、
生まれた町の、育った家の、小さな庭を思い出します。母が大切に大切にしていた木でした。

親が自分を育てた家、
自分が子どもを育てた家、
そしていまは、自分で自分を仕上げていく家・・

いつかまたうまれてきたら、
私の魂はこの香りをかぎ分けて、
懐かしさでいっぱいになることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悪いことが重なった日

2018年02月25日 18時12分33秒 | 日記
きのうは

悪いことは重なるものだ、ということを身をもって知った日。

まず、娘に頼まれて大きな姿見を運ぼうとして、車の座席を倒してたら、車に立て掛けておいた鏡が、風に倒されて、通りかかった車にぶつかった!

運転してたのは主婦のかたで、一旦はでは修理費を払いますのでわかったら連絡ください、とわかれたのですが、そのあと電話が来て、やはり警察に届けるから、といわれ、また玄葉に戻ったのですが、なんとその途中、一時停止を見張っていた白バイにつかまり、7000円のキップを切られて・・

まぁ、鏡の事故は交通事故ではないので、二人で話し合ってね、とのことですぐに交番からはかえれたのですが、さていくらの請求が来ますか・・傷は三センチほどの小さなものでしたが、多額の請求をされたら、車の保険は使えないので、辛いですー
個人賠償保険には入ってないです。


でも、だれも怪我をしたのでもないし、お金ですむことじゃありませんか。
ついてるよねー

ついてるんだよね!
鏡が、人に当たってたら大変だったでしょ。

はい、気分を切り替えましょう!
何もかも大丈夫。

娘には、あんなところにたてかけたあなたが不注意!といわれ、(そんなことわかってる!)
下宿のMちゃんには、大殺界なんだから、注意深くしてないと、言葉にも気をつけて、うっかりミスには気をつけてってって言われました。

今の私にお説教はしないで!
責任を問われてるのは私だけなんだから!私は誰にも責任を転嫁してない。
落ち込むのも自分を励ますのも気分を切り替えるように努力するのも私だけなんだから!
世界中の人が私の無理解者に見える。

そんなことはないのにね・・

まぁ、こんな日もあるわね・・

大したことじゃないよね・・

これを機会に注意深く生きていこうね、もっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミスぺルグリン

2018年02月21日 14時40分51秒 | 日記
「ミスぺルグリンと奇妙な子供たち」を観ました。(DVDで)
原題は「はやぶさが守る家」というらしいです。
好きな映画のひとつになりました。
ミスぺルグリンが素敵でした。
そして、1943年9月3日のループに閉じ込められた子供たちが切ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目指してみる?ピロスマニ

2018年02月16日 08時53分52秒 | 日記
寒い冬もあと少しでしょうか。

最近、仕事の時間になると、絵をかきたいなぁ、と思うことが多く、もしかしたらガラス絵の神様が近くまで来てくれているのかもしれない、なんて思います。

15センチ四方のガラスの制作は、空いた時間に描くので、詰めが甘く、仕上がらないままどんどんたまっていきます。

描き散らかす、という感じです。

毎日のように、仕事をすべてやめて年金の十万円だけで暮らしていってみようかという考えが頭をよぎるのです。

自由を求めてかごの中の安楽な暮らしを捨てた

野生の自由さとは、エサを自力で探すこと

暮らしていくためにほとんどの時間が費やされる


これは間違ってる



保育園の仕事
パンの仕事


そろそろ決心するときかも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Death Anniversary

2018年01月13日 07時28分02秒 | 日記
きょうは娘の記念日です。
命日とも言う。

命日は英語ではデス アニバーサリー
直訳すれば死の記念日


それに比べると、仏教の言葉は何て奥深いんだろうねぇ。

どうして命日と言うのか、検索してみました。
いろいろ出てきました。

まず、ヤフー知恵袋では、


しかしそれは、死すなわち終わりではなく、新しい世界(極楽の世界)への始まりであり、誕生ともいえます。仏教の世界ではこれを往生(おうじょう・いきうまれる)といいます。往生の意味は、極楽の世界へいって仏様に生まれるという意味です。このことを成仏ともいいます。

すなわち人の死は(仏教では生きとし生けるもの、命あるすべての生き物)現世の終わりではあっても、新しい世界へ生まれ変わる始まりであり、新しい命を賜る日でもありますので、これを「命日」というのです。


新しい命にうまれかわる日
死後の世界があるからこその言葉ですね。

あと、こういう説明もありました。
住職の法話、というサイト から引用させていただきます。
http://kohrinji.la.coocan.jp/houwa/houwa/2005-12-j.html

 残された私が亡き方を通して、命の儚さ、掛け替えのなさを、そしてその命を “今”“ここに”いただいていることの不思議さ有り難さを学ばせていただく。命日とはそういう時間です。だからこそ「ご命日」と呼び、大切にしていくのでありましょう



キリスト教では死の記念日に何回も親族が集まるということはしません。一周忌、三回忌・・と、何十年も法要をし続ける仏教とはずいぶん違います。
死者の供養という儀式はキリスト教にはないです。



さて、何はともあれ、15回目の命日、また今年も娘の友だたちがお墓参りに行ってくれて、その帰りにうちに寄ってくれます。

いつもは扉の向こうに飾っている写真や記念のものを、出しておきます。

時が過ぎれば悲しみも柔らかくなっていますが、「会いたい」っていうワードひとつで、あのころと同じだけ、わたしの心深くでは喪失の痛みが消えてないことを知らされます。

きょうもよいお天気で、朝陽がきれいです。
救急車で運び込まれた都立病院のICU用の待合室にずっと泊まっていたので、朝になると、
古い病棟の最上階の窓から、日の出を毎朝眺めながらお祈りをしていました。
懐かしいです。あの古い建物はもう跡形もなくなっています。

きょうだけのオレンジ色の思い出。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初海2018

2018年01月03日 10時16分02秒 | 日記
きょうのドライブはこちらのブログに書きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年大晦日、本屋さんのドトールにて

2017年12月31日 09時34分48秒 | 日記
2017年大晦日、9時すぎ
コーチャンフォーのドトールに来ました。

29日は溜まった家計簿とパン教室の会計。夜、来客。
きのう30日は換気扇の掃除。夜、来客。
きょうは床のワックスかけと、年賀状を出すよてい。
のんびりお茶してる場合じゃないんだけどね・・



朝、メールボックスを開いたら、フェイスブックからのお知らせで、ある人からの友だちリクエスト。
それは、30年前、同じマンションに住んでいたY・Gさん。九州にすんでいて、すっかりご無沙汰していた方。すてきな方で、私と同じくらいの歳の子どもがいました。
懐かしく嬉しく、今年の最後の日が輝きました。


今年最後のカフェタイム
来年の計画を書き出してみよう。
★3月で保育園をやめる?(?をつけるところが我ながらずるい)
★会社を作る?

★英語・・DMM英会話?
★そのあと、もう一度ハワイへいく。今度はちゃんと画商として準備して。

来年は、ハワイでの展覧会、やると決めた。

あと、決まっていることは、5月にパン教室の主催で娘のコンサートを近所のホールで開きます。お客様を二百人きていただくのが目標。何せ客席四百のホールだからね。

ハワイでの展覧会にしろ、パン教室主催のコンサートにしろ、私にしかできないこと。
お皿洗いと洗濯と掃除に明け暮れる(これ、ほんとなんです)保育園のお仕事は、申し訳ないけどどなたかに代わっていただこう。目の前の仕事を心を込めてやる、そういいきかせてがんばってきたけど、そろそろいいかな。でもこうおもいつづけて何年もたってるからな・・ぶつぶつ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加