蒼穹

SOU建築設計室の徒然なるブログ

梵寿綱さんの建物

2019年08月18日 00時06分00秒 | 保育園
「あっ!ここにあったんだ」
そんなのも、散歩の楽しみ




まぁ、近場(早稲田)ですが、
ドラード和世陀…    当て字?

このネーミングのセンスから不思議です。

隅から隅まで、エネルギー満載



タイルも凝りに凝って

こんなの、一つ一つ焼いたのでしょうか?

建築家は、梵寿綱(ぼんじゅこう)さん。
普通に読めないし。

本名は田中俊郎さんとの事。
やはり、本名を名乗らないとこから、とても個性的ですね。

そこだけ、日本じゃないみたいな気持ちになる存在感ある建物ですね。
コメント (3)

本日の模型

2019年08月15日 10時12分00秒 | 建築

とにかく、シンプルにつくりました。

アイレベルで見れば、奇をてらわずに。

住宅は、飽きのこない、メンテナンスしやすいが基本です。

コメント (1)

園庭も作るの大変 T保育園

2019年08月12日 10時00分00秒 | 保育園

なにやら箱がいっぱい

こちらは、太陽光パネルの基礎です。
 


こども達が遊ぶ園庭も、こちら屋上
都心ですから、止むを得ず。
 


広々とした、地面の園庭とはいきませんが、安全で快適な屋上園庭つくります。
 
支保工外れて、部屋の内部も少しずつ現れてきました。


 
 
 
コメント

巨匠を挟みうち

2019年08月10日 18時10分00秒 | 保育園
連休初日もきちんと打ち合わせに出かけ、新宿を通る。
噂には聞いていたが、紀伊国屋書店(前川國男作)単体で見られる、チャンスでした。



両隣が同時に建て替えなんて、すごいタイミングですね。

ラスボス感さえ漂います。



この両隣の設計者プレッシャーあるだろうな。










コメント (4)

活動調査、教具の調査

2019年08月09日 17時06分33秒 | 保育園
本日は、現在設計中の幼稚園の、夏季預かり保育の調査で、0730〜1830まで、ずーっと幼稚園にいます。

預かり以外の教室は、いつも賑やかなのに、静かです。
こども達がいつもお仕事している、モンテッソーリの教具も整理整頓されています。







そして、この色鉛筆。
事務所の色鉛筆もこんなに整理されてたら、使いやすそう。
でも、当番作らないと無理ですね。





そして、合間にこども達がスイカ割りをした、おすそ分けをもらう。



おやつタイム























コメント (2)

CGばかりが、パースじゃない。

2019年08月08日 20時09分20秒 | 保育園
写真と見まごうCG全盛の時代、
こんなパースを書きました。
 
CGに「完成予想図のため、実際とは異なります」なんて「注意書き」が入っていて、それが紛争になる、世知がない時代。
 
うちの施主様、そんなケチな事はおっしゃいません!
 
まぁ、パースで出したのがこれですから。
 
でも、白いフレームかなんかで、額装してもらえたら、きっと新築の記念になると思います。
 
写真みたいなCG、リアス過ぎて完成のワクワクも無くなるし、完成したあと要らないですよね。
 
まぁ、言い訳ですが。
 

コメント (1)

認可保育園が受けられる補助金と交付額の目安 NO4

2019年08月05日 14時05分20秒 | 保育園
認可保育園では、国や自治体からの補助金を利用して運営をすることが可能です。
今回は「補助金制度の仕組みや給付される補助金の目安」について解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
 
 
 
認可保育園なら補助金を受けることができる
運営している保育園が認可保育園だった場合、国や自治体から補助金を受けることができ、保育料と合わせて施設運営を行うことができます。
 
一般的に保育園に子どもを預ける場合、保護者は保育料を支払うことになります。この保育料は住民税の課税区分によって上限となる金額が定められています。
そして、その上限金額までの中で自治体が保育料を決定することになります。
 
このように、保育料には上限があるため、保育園の運営者は保育園運営に係る費用の全額を利用者に負担してもらうことができなくなっているのです。
 
そこで、運営の負担となる金額を肩代わりするため、認可保育園に対して補助金が支払われることとなります。
 
補助金制度の仕組み
次に補助金が支払われる仕組みについて解説していきましょう。
 
一般的に、補助金は公定価格から保育料を差し引いた金額が支給されるようになっています。
 
公定価格というのは、ざっくりいうと国が計算する保育園運営のための費用のことをいいます。
そして、公定価格を算出するためには、基本分単価と加算という2つの要素が大きく関係することになります。
 
基本分単価とは、園児一人を預かるための費用の概算単価のことをいいます。
この単価は子どもの年齢や、保育園のある地域、保育利用に関する区分、保育所全体の園児の定員数によって変動することになります。
 
加算とは、公定価格を決めるための費用のことで、それぞれの保育園が実施している保育サービスや保育士の待遇改善などによって変動します。
 
一例を示すと、延長保育を実施している場合なら、その分の保育士の人数を増やす必要があり、人件費やランニングコストが増えることになります。
また、保育士が昇給したり、キャリアアップしたりする場合も、同様に人件費が増えることになります。
 
このような要素と基本分単価を組み合わせることにより、認可保育園への補助金額が算定されることになります。
 
補助交付額の目安
次に、実際どれくらいの補助金が交付されるのかについて解説していきましょう。
 
モデルケースとして、東京都内にある認可保育園で、在籍している保育士などの職員の平均勤続年数が10年以上である施設について見てみることにします。
 
下記に記しているのが、児童一人当たりの保育単価となり、その金額には人件費や事務費、教材費などといった費用項目が含まれています。
この金額は市区町村によって異なりますので、あくまでモデルケースとして考えてください。
 
 
・0歳児:210,000円
・1歳児:135,000円
・2歳児:135,000円
・3歳児:78,000円
・4歳児:69,000円
・5歳児:69,000円
 
 
金額の特徴としては、年齢が低いと金額が高く、年齢が高いと金額が低くなる点です。
また、認可保育園の場合は、各自治体から園児1人に付き2~3万円程度の補助金を給付されることになります。
 
仮に、各年齢の園児が10人ずついる認可保育園の場合、上記の金額の10倍の補助金が毎月給付されることになりますので、
月に700万円弱の補助金を受けながら保育園を運営していくことになるのです。
 
保育園が認可を得るために大切なこと
このように補助金を受けながら運営すれば、よほどのことがない限りは経営を安定させることができるでしょう。
 
そこで大切になるのが、認可を受けられるかどうかという点になります。
 
保育所が認可を受けるためには、まず2つの条件を満たしていなければなりません。
 
 
・児童福祉施設の設備及び運営に関する基準
・自治体が定める基準
 
 
「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」は法律によって定められているもので、認可保育園として保育園運営を行っていくための最低ラインといえます。
 
この基準を満たしたうえで、「自治体が定める基準」を満たす必要があります。
これは、都道府県や政令指定都市、中核市などが条例によって定めた独自の認可基準のことです。
自治体によって内容は異なり、場合によっては最初の基準よりも厳しく設定されている場合もあるため、事前に確認しておくことが必要です。
 
さらに、建設に関する条例や補助金も給付されるため、法令など、さまざまな条件をクリアしなければ認可保育園として認められません。
 
多くの自治体の場合、この時点で施設の計画案(建築PLAN)を求められます。
計画の内容は、定員に見合う面積から始まり、避難安全確保の考え方、サービス動線の考え方のほか様々な内容記載が必要です。
この計画案でおおむねOKをもらったうえで、最後の計画承認と進んでいきます。
 
このPLANは、一般的な建築図と似ているのですが、コツがあり、記述のポイントは全く違うため、保育園の建築に精通した設計事務所さんに任せる必要が出てきます。
新築にしろテナントとしての入居にしろ、この建築PLANで定員など決まりますので、素早く計画案を作成してくれる、
設計事務所さんとの協力関係を作っておくのも良いと思われます。
 
(テナント型の場合は、すぐにPLANを入れて判断しないと、すぐに他に取られてしまいますから)
 
 
 
何も知識や準備がない状態では、かなりハードルが高いものとなりますので、認可に対して経験が豊富な設計事務所などに相談する(できるようにしておく)ことをおすすめします。
 
 
認可保育園は国や自治体から補助金を受けながら運営していくことが可能で、経営も安定させやすいのが特徴です。
 
保育園が認可を受けるためのハードルは決して低いものではありませんが、その分のメリットは大きいので、仕組みや内容についてしっかり理解しておくことが大切です。
 
 
 
 
 
 
 

 

SOU建築の保育園特設サイトはこちら↓

 
清水義文 (株)SOU建築設計室
E-maily.s-soukyu-arc@tbr.t-com.ne.jp
品川区西五反田5-24-10K・オフイィス2階
コメント (1)

久しぶりの木場公園(ギプス外れる)

2019年08月01日 15時21分00秒 | 保育園
久しぶり、木場公園内保育園
樹木に囲まれて、もう見えないです。
 


 
こちらは「獣みち」ならぬ、みんなの道?
 
アスファルトの道より、柔らかく足への負担が少なく歩きやすいことを実感しました
 
しかし、草の中を歩くときは石ころや、不陸とかあり、ひねりそうになり不安です。
 
その点は、アスファルトの方が平らなので安心
 
おまけに朝露で、靴が濡れてしまいますし・・・・
 
ゆっくり、歩き方の練習です。
 


 
ということとで、お陰さまで、ギプスとれまして。
 
普通に靴履けました。
 
 
右足は、だいぶ細くなりました。
 
ご心配。ご迷惑をおかけいたしました。



コメント (1)

企業型保育園OPEN

2019年07月31日 17時23分18秒 | 保育園

当社設計の企業型保育園がOPENしました。

こちらの企業様は「IT系の若い企業様」で、こどもたちにプログラミング教室なども行っていらっしゃいます。

ここでは

「くぼた式育脳教育」というものを取り入れられ、本当に少人数の保育園ですが差別化を図っています。

さて、私たちが担当したインテリアは、

その企業の皆様の「元気さ!」を木の斜め張りの壁で表現、コーポレートカラーの緑色と合わせてみました。

 SOU建築の保育園特設サイトはこちら↓

 
清水義文 (株)SOU建築設計室
E-maily.s-soukyu-arc@tbr.t-com.ne.jp
品川区西五反田5-24-10K・オフイィス2階

 

コメント

暑い日には、シースルーの模型

2019年07月29日 14時28分04秒 | 保育園

設計の、初期の初期にはこんなシースルーの模型も・・・・

法規制などの中で、これくらいなら建ちますヨとお伝えする

VOLUME模型です。

こちらは7階建てにした場合

4階までと、それ以上の階で面積に差をつけています。

おまけで、一部でも屋上植栽したいという提案もすこし

 

もっと低層で、1フロア当たりの面積を増やしましょうとうい提案の

VOLUME模型も作ってあります。

 

この二つの模型を並べてみた写真がこちら。

まあ、単純な内容の説明で紙でもできそうですし、模型も簡単なものですが

立体は直感的ですから、やはりわかりやすいですね

 

 

コメント (2)

社会保険完備は、社長の義務

2019年07月26日 21時09分00秒 | 保育園
喜ばしい事に、1名新たな仲間が入社しました。残念ながら、1名新たな活躍の場をさがし退社しました。

という事で、入退社につきものの、
社会保険関係の手続きに回ってます。

最近、恒例の杖のある写真です。
(しつこくてすいません。)

まずは、雇用保険関係の手続き


次は、健康保険と年金関係

立って書くハイカウンターは、なかなか書きづらいものですね。

杖はホルダーに、初めて使った。




ホルダーつける気配りあるなら
椅子用意して下さい。

書きづらくても、杖手放せないでしょ!
わかってないなー

(最近、より一層、バリアフリーに目覚めた設計者より)


労働保険関係は、全体で加入なので、特に手続きなしでもOKです。

これで、入社したスタッフは安心して仕事できるし、退社したスタッフは失業保険など貰えるし、皆ハッピーになると良いですね。

ちなみに、私がコケたのは、通勤経路なので、普通は労災出るんですが、私は経営者なので適用外なんです。

相変わらず、自分のことはそっちのけで、スタッフのことばかり…

スタッフの皆、ケガするなよ!

でした。



コメント

本日の現場

2019年07月25日 16時22分00秒 | 保育園
こんな感じです。
迫力があります!


中にも入ります。監理者としては当たり前なのですが、
こんななので(松葉杖)
施工者様に迷惑かけてしまいました。

現場では、無事故がなにより大切

ヨロヨロして、またコケたら大変ですから。施工者の皆様にまもられながら見て回ります。

現場の皆様の名誉のために、私がこんななのは現場とは無関係です。



最後に、階段登るのはやめときました。




コメント

比較的低予算で開業できる保育園、費用はどれくらいかかる? NO3

2019年07月24日 12時13分24秒 | 保育園
 
保育園を開業するための予算は、比較的低予算で済むといわれていますが、
実際どのような費用が発生し、どれくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?
今回は、「保育園を開業するための予算」について紹介していきたいと思います。
 
 
 
 
 
保育園の開業費用の目安
保育園を開業するために必要な費用の目安は、以下の通りです。
 
下記はテナントとして入る100平米程度の場合のイメージです。
・内装工事費用:2000万円~
    ・設計費用     :190万円〜
 
上記は、建物の状態、ご要望によりかわります。
 
(また、工事・設計費は行政によりますが、「16分の15」程度の補助金が出ますので、自己負は、僅かになります。)
・備品、消耗品費用:60万円~100万円
・広告宣伝費:20万円~50万円
施設規模30坪(定員19名以下)程度の保育園の開業の場合
 
 
【不動産取得費用】
保育園施設として使用する建物を取得するための費用です。地域や立地、物件の規模や築年数などで費用は異なります。
 
また、保育園の種類によっては、設置基準や指導監督基準に適した事業用物件を選択する必要があるため、注意が必要です。
 
物件を選ぶ際には、周辺の環境や治安、交通状況、周辺の保育園の稼働状況などを調査するようにしましょう。
 
【設計費】
デザインなどはもちろん、建築関連法令の確認、許認可手続き、保育所設置基準に沿った設計が必要です。これらを甘くやってしまうと、最終的に行政の認可を受ける事が出来ないなど大きな問題に発展します。
 
設計は、子どもが快適に、そして安全に過ごせること、保護者が安心して子どもを預けられることを重視したデザインを心がけるようにしましょう。
 
【内装工事費用】
保育園にふさわしい内装にするための工事費用です。内訳としては、素材費、施工費となります。
新築する場合は高額な費用が発生します。
 
また、既存物件を改装する場合でも、こだわりが強いほど費用が高くなってしまうので、現実的な着地点を探しながら、バランスを見て内装を決定することが大切です。
 
【備品・消耗品費用】
子どもやスタッフが使用する備品や消耗品のための費用です。一般的な託児用品(おもちゃ・絵本・テーブル・イスなど)や掃除用具、消毒用品などがこれにあたります。
 
また、保育士が使用するデスクやイス、パソコン、プリンター、洗濯機、冷蔵庫など、日々の業務遂行に必要となるものも、こちらの費用から購入することになります。
 
【広告宣伝費】
保育園をアピールして園児や保育士を集めるための費用となります。
チラシやポスターのほか、求人広告への掲載費やポスティング費用なども必要となります。
 
また、最近では保護者の情報源となるホームページの運営が不可欠となっています。
ホームページ制作費用や運営費用も、こちらの費用でまかなうことになります。
 
保育園の開業資金はそれほど高くない
このように見てみると、保育園を開業するための費用は、他の事業と比較してそれほど高額ではないことがわかります。
 
ただし、それぞれの項目に対して質を高める必要があるため、それぞれ慎重に判断し選択していかなければなりません。
 
内装工事費用を抑えすぎると集客に影響する
 
事業を始める際の開業費用はできるだけ安く抑えたいものですが、
保育園開設のための内装費用を抑えすぎると集客に影響する恐れがあるため、あまりおすすめできません。
 
先述したように、子どもが過ごしやすく、また保護者が安心できる保育園でなければ、園児を集めることができないからです。
 
また、工事会社が損をしてしまうような料金での工事を依頼すると、工事会社もそれなりの対応になってしまうので、
工事中の対応が悪くなったり、トラブルが発生したりする可能性もあります。
ずさんな工事になってしまった場合、園児の安全を確保することも難しくなるでしょう。
 
設計・内装工事には、それなりの費用が掛かるということをしっかり理解したうえで、取捨選択をしていくことが大切です。
 
内装工事費用を適正価格に抑えるコツ
保育園を開業したい人が、内装工事について専門的な知識を持っていないのは、いわば当然です。
 
そのため、費用の抑えすぎと同時に、法外な費用を請求されないように注意しなければなりません。
 
〇設計事務所に頼む
上記のような内容を、専門知識のない保育事業者様が適正に行うのは、実は非常に大変なことです。
だからこそ、保育園の設計に手慣れた設計事務所に依頼することも検討されたらと思います。
・専門知識で必要十分な仕様・設備を設計
・行政検査で手戻りの無い設計と、現場の確認
(実は不慣れな会社に頼んで大きなやり直し工事が発生する事業者は多いのです)
・工事費をコントロール、適正に査定します
 
 
内装工事費用を適正に抑えるためには、信頼できる設計事務所に依頼することも大切です。
 
きちんとした設計で、必要なものと不要なものを吟味し、専門的な知識で工事費の内容も精査してくれます。
 
結果的には、工期も短くなりやすいため、全体的に費用を抑えることが可能になります。
 
また、設計事務所は質を下げずに費用を下げるノウハウを持っているケースもあるので、
予算に合わせた工事が可能かどうか相談してみるといいでしょう。
 
 
保育園の経営費用と削減方法
保育園を開業した後には、経営費用が発生することになります。
 
 
・人件費
・広告費
・賃料
・消耗品費
・水道光熱費
・傷害保険や賠償保険の保険料 など
 
 
これらの費用のうち、一番大きな割合を占めるのが保育士などにかかる人件費です。
経営費用の約7割が人件費で、保育園経営を大きく左右しているといわれています。
 
ただ、人件費はやみくもに抑えることができない費用ですから、採用に必要な費用を抑えたり、
効率的な人員配置について考えたりするなど、適性の範囲内で抑えることが必要です。
 
一番工夫できるのは広告費です。最近ではSNSの発達によってインターネットを介した広告宣伝が可能となっています。
また、ホームページでは保育時の写真のアップや、ブログによる情報発信が可能ですので、チラシやポスターの制作費用を抑えることができるでしょう。
 
また、求人広告の掲載費用や、採用のためにかかる費用もバカにならないものです。
これらの費用を抑えるために大切なことは、在籍している保育士などの職員の定着率を高めること。結果的に経費削減の効果を生み出すことができます。
 
保育園の開業費用は、比較的低額に抑えやすいものです。ただし、必要以上の経費削減は禁物です。
予算をうまく配分し、効率的に保育園が開業できるように計画を立て、進めていきましょう。
 
 
SOU建築の保育園特設サイトはこちら↓
 
清水義文 (株)SOU建築設計室
E-maily.s-soukyu-arc@tbr.t-com.ne.jp
品川区西五反田5-24-10K・オフイィス2階
 
コメント

老人施設の設計

2019年07月22日 15時10分19秒 | 保育園

こちらは、福岡の老人施設です。

遠隔地ということもあり、私たちは基本設計までを担当し、

実施は施主様のお付き合いのある、地元の設計事務所様に引き継ぎます。

しばらくぶりの老人施設です。

コメント

地下の保育園、事業者さまも紹介しました。

2019年07月16日 14時42分10秒 | 保育園

都内に認可保育園がOPENしました。

4月にOPENしてたのですが、ブログUPのタイミングを逃していました。

もちろん保育園部分の設計は当社で担当いたしました。

この物件、いつもと流れが少し違いました。

いつもは保育事業者様と土地や入居テナント物件を探しまわり、それから行政の公募に応募してという形をとるのですが。

この物件、全体は大きなマンションで1階に保育園を入れたいという行政とオーナーの強い希望。

全体はマンションが得意の設計事務所様が設計済で、1階は保育園ということなのですが、事業者がいません。

そんな中で、私たちにご相談が、

いろいろな保育事業者様にお声がけし、入居候補になってくださる事業者様を数社ご案内。

どうにか、その1社様にてOPENまで持っていけました。

じつはこれ、とても運が良かったのです。

ここ数年、私たちの事務所には、地主様から社会貢献したいから保育園を建てたいから設計してほしいとご連絡があります。

でも、行政では、「そこは重点地区ではないから、やりたいなら認可外でどうぞ」などとつれなくされます。

認可外でやってくれる事業者さんはそうはいません、そこで地主様にはお断りするのです。

地主さんは、いつも不思議そうな顔をされます。

保育施設足りないのに不思議ですよね。

 

 では、すこしだけ内装もご紹介します。

↑床は無垢の桐材です、やわらかくて足が痛くならず座っていられます。

かたい床は、子どもたちばかりでなく、立ち仕事の保育士さんにもとても負担がかかります。

また、天上は吸音材を多用しましたが、それだけだと施設感がするということで、丸い部分や照明で変化を付けました。

 

それに、この保育園の特徴は、なんとここ「建築基準法では地下階」なんです。

わたしも、地下って保育園大丈夫だっけ?などと、最初は不安になるくらいでした。

しかし、へたなオフィスの転用保育園なんかより、換気も採光もとれました。

トップライトとか多用していますが

保護者の皆さんも、地下階なので心配されますが、入ると明るいので安心してもらえます。

 

 

 

コメント