キチガイにつける薬

ときどき気ままなジャンル未定

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

禁煙・禁煙・禁煙・禁煙

2015-06-30 20:43:09 | 生活
どこへ行っても禁煙、禁煙。喫煙可能なスペースは隅っこ、端っこ、隔離部屋に等しい別棟プレハブ。
自分が働いている社屋でも、昨今、急激に禁煙の波が高くなり、喫煙者である自分に残されている
場所は、もはや屋外以外にありえない状況となってきました。

職場にある一応の喫煙スペースに本日は何枚もの貼り紙が連ねてありました。「受動喫煙をもたらす
喫煙者は害悪」。そこまでは、こちら側も迷惑をかけないような心づもりでした。タバコの煙(どんな
化学物質が含まれているのかな?)が嫌だというのは理解できます。しかし「喫煙後は手を洗って」
「衣服にも有害物質が残留」。これは「喫煙後、そのまま執務室へ戻るな」「仕事するな」と受け取った。

今から40年以上前の自分が生まれた頃、喫煙者の父親は所謂ヘビー・スモーカー、チェーン・スモーカー
でもなかったです。小学生の頃はマッチで火をつけてあげるが嬉しかったし、小さな自動車で一緒に
出掛ける時は車内でタバコを吸うのが当たり前。子供の頃から相当な受動喫煙の被害に遭っていました。
さて現在どんな健康被害が?今後どんな被害が現れるのか、ある意味、楽しみ。

これからの季節、バーベキュー、楽しいですよ。火起こしの際に出る煙、炭や肉、野菜から出る煙は皆さん
気にならないです。目が痛くなっても咳き込んでも、良い煙、楽しい煙、ラン・ラン・ラン。

お通夜のお線香、お葬式では御焼香の煙に咽る人はいますけど、「線香反対」を唱える人は聞いたことない。
どうやら「有害物質」がキー・ワードだなと誰もが推察するでしょう。

さて、最終的に儲けているのは誰だ?ニコチン・パッチなどの禁煙グッズ?禁煙外来の医師?
コメント

カホン・バッグと同居猫

2015-06-25 22:24:53 | 日記
カホンを始めて半年と少し。理由は一時的にドラムを離れ、アコースティック・トリオを
組んだためです。予想外に面白く難しく、現在も難儀しています。ドラムだってたいした
ことないのにカッコつけて言わせてもらえば、両手だけの表現には限界がありもどかしい。
でも、それを越えられた時の楽しさって、両手両足のドラムでは味わうことができなかった
ことでしょう。改めて「アコースティック」へ誘ってくれた仲間に感謝します。

「カホン?安物でイイや」と、工作好きには最適と思われる自作キットをAmazonで購入
しました。出来上がって叩いてみれば「何、これ?」とスッカ、スカの音。これじゃダメだと
いろいろ物色して辿りついたのが『Schlagwerk Cajon La-Perù CP-4011 Zebrano』です。
結果的にオプション盛りだくさんとなり、当然のように手持ちのA. Zildjian スプラッシュ10"
を導入。それから Schlagwerk の Heck Stick ONE、RhythmTech RT7421ハットトリック
G2 ブラスを導入しました。使いこなせていればカッコいいのですけど。







カホンのオマケで付いてきたバッグは、すっかり同居猫のお気に入りとなってしましました。
気がつけば上に乗って寝ています。このバッグを持って出かけると、いつも帰宅が深夜になる
ことに対する反抗?持っていけないように押さえつけていると見えないこともない。

コメント

最近の処方

2015-06-13 19:55:12 | 健康・病気
双極性II型感情障害との診断を受けたのが2012年。それからバルプロ酸Na徐放B錠
800mg中心の処方が続いていましたが、週休4日に陥ってしまうことが多くなったとの
訴えに対して、4月からラミクタール25が1日置き、5月から1日1錠、今月から1日2錠
50mgの処方となりました。5月は割と出勤できまして、週5日の通常出勤に近づきつつ
あると、今日の通院で報告した結果です。

それにしても高価な薬ですね。甘ったるい匂いも実に気持ち悪い。
  『良薬口に苦し』
と言いますけど、どうやら自分に合ってる良薬なのかもしれません。巷に情報が溢れて
いる重篤な皮膚への副作用は今のところ現れていません。だから今後も大丈夫だろう
と医師も薬剤師も言っていました。もちろん何らかの異変があったら直ぐに連絡をする
ようにと念を押されましたが…。

なぜ癲癇の薬が双極性に効くのか?脳の中で何かが暴走/停滞しており、それを
抑制/活性化するところが共通点なのでしょうか。

気分・感情をコントロールしてしまう薬、悪用されたら怖いですね。倫理あれ。
コメント

YouTube

2015-06-09 21:53:09 | 日記
YouTubeその他で大人気のスコティッシュ・フォールド、Maruちゃんの
動画を同居猫にも見せてやりました。ちょっとは気になっている様子。
でも『アタイには関係ないわ…』と言わんばかり、さっさと画面の前から
去って行ってしまいました。
コメント