michi の てくてく日記

歩きニスト. 73years old。


blog.life
  13年目。

お見舞い。病人であふれる病院。

2010年07月31日 16時54分56秒 | Weblog
追突事故に遭ってしまった、入院中のお嫁ちゃんを見舞いがてら ちびっ子返却!

木曜日 金曜日 土曜日の3日間の 記録を添える。 ☆食べたもの 飲んだもの。 ☆叱ったことがら 等、びっしり書き連ねる。
いつものことであるが これは大切。

「砂浜に 海、と漢字で書きました」


さて お嫁ちゃんはというと 指2本を複雑骨折。 暫く入院らしい。
写真をパチリしたのだが うまく保存されてなかった。残念。


が、病人が多いことには驚く! 生老病死 とはいうものの 病人は相変わらず多い。
わがまま言って 早く退院した方が いいわ、お嫁ちゃん!

朝の海は釣りシニアばかりなり

2010年07月31日 08時00分41秒 | Weblog
久しぶりに海にきた。 夏休みは 若者が夜明けまで にぎやかに海岸で過ごすので 遠慮していたが~~~
若者は居なかった!


釣り人ばかり。

あら 海の家も 一軒もない!



きすが時折跳ねている。 夏休みというのに静かな海だ。

わが家から歩いて12分。 子育ての頃は毎日夕方 私も一緒に海に入ったり~~~~~

子連れで いろんな方々が泊まりでみえたなあ~~~海目当て。

次々鬼籍へ~~お盆も近い

2010年07月31日 06時34分56秒 | Weblog
石井好子 つかこうへい 森毅 ………

あの世 という所は 多分家事などせずに おしゃべりに明け暮れているのではないかしら

飲み放題で。

ただし~~~私、自分の父、昨年亡くなった父に関しては 亡くなった実感がなく まだあの世に行っていない、と。

母もそう感じている。それでいいのだと思っている。
つかこうへいさんの本を読み直している。
森毅先生の本は昔、買ったのがある。 人生はサラリと生きる~~と。
石井好子さんは暮らしの手帖に書いていらしたのでずっと拝読。

「晩年長寿の達人たち」 新人物往来社のこの本、オソロシ~~~遅咲きの達人80人から学ぶ生き方。
年金財源が枯渇してしまう! と いいつつ この本を手に取る私も もうひと花咲かせたい、と願っている? いえいえ滅相もない!

不況かどうかさっぱり判らない!

2010年07月31日 05時51分59秒 | Weblog
週刊文春 今週号の林真理子エッセイに よりますと………彼女の新刊本の初版数が史上最低であった~~~と 始まる。

これからは生活を変えなきゃ、と香港旅を前に真理子センセイは思う~~と展開するわけだが。


世の中、不況なのか否か もうひとつ よく判らない私。

私自身は生活全て 何にも我慢はしていないが それはシニアだからだろう。 欲がない。

街を歩けば 250円や 270円の牛丼の幟旗が嫌でも目に入る。

その一方 東京ディズニーランドは 満員盛況で ホテルもやっと取れました、という状況。
(わが家のディズニー行きは冬休みに延期!)

みんなは何にお金を使っている?
お金を使わない人が増えると 当然不況になる。

ちびっ子を預かっても わが家の様に 散歩や 五目並べ(碁)や カレンダー紙に絵を描いたりしている分には 財布の出番がない。


だから 清貧暮らしと称するのホントでしょ? 鉛筆と紙さえあれば 人生は豊かに過ごせる。

チャップリンは 愛と勇気と 僅かなお金が 人生に必要、と。

私は愛も勇気も無いが~~~鉛筆と紙と 僅かなお金! で 孤高に生きよう!

バッタは跳び蝉は鳴く~~

2010年07月30日 11時56分46秒 | Weblog
うまのすずくさ採集の為、室見川上流に出かけると そこには 赤トンボが舞い バッタが跳び さぎが佇み、まぁ夏休み自由研究そのままという感じ。

しかし~~日差しが強く、まいったまいった。

蝉しぐれの中、 帰宅。 もう外出はごめんこうむりたい~~。

地図帳プレゼントするから何でも書き込んでいいわよ。と、渡す。 地図帳は何冊もある。 こまめに買わないと情報がずれる。
テレビは旧いままなのに、ね。


亡くなっていた人に年金支払い~~って。 各地にありそう。 僅かな年金を搾取する人はまとめて返済なんて無理でしょうね。
年金って~~ズサンなのね。

かにと戯れる朝の散歩

2010年07月30日 08時21分47秒 | Weblog
小戸公園。 かにが 走りまわるなぎさで かに穴をつついて遊ぶ。

時折 飛び魚が身を翻す。
本日も快晴。
熱中症に気をつけなきゃ~~~~~。

帰りに 蝶のごはん、うまのすずくさを採集していかないと~~~~


かに遊びはエンドレス。

ヨットハーバーの背景は雷山になるかな?

「草原の子テングリ」

2010年07月29日 17時24分31秒 | Weblog
ちびっ子二人と私は三越で「春の院展」を自己流に楽しみ 図書館で 映画「草原の子テングリ」に深く感動してしまった。

原案手塚治虫だもん~~21分という作品ながら 素晴らしかった!
モンゴルが舞台。牛が力強く描かれていて 5歳児が しっかり理解していた。


牛を食べ尽くすのでなくチーズという酪農に励む話なのだ。


私達は モンゴルの本を借りてきた。 今夜はモンゴル話で 眠りましょ。


しかし~~風呂遊びに夢中で もう2時間も。
w社からは 丁重なる手紙を添え二人分4万円が書留で届いた。 馬頭琴のミニチュアの横に置き、次回のw社ツアーに使いましょ。

車窓には太宰府の豊満山ぃぇ宝満山

2010年07月29日 11時10分10秒 | Weblog
ちびっ子二人のお預かり。

会うたびに成長が感じられ楽しい。

ランチは何にしようかな?

お泊まりです。

桑田佳祐54 歳食道がん報道

2010年07月29日 07時08分48秒 | Weblog
大きく取り上げられた がん告知と休業宣言。

検診の大事さを 多くの人が感じてくれることだろう。

初期手術なら復帰は早い。

私の場合は マイblogに(4年前の10月)詳しくアップしているが~~担当医k先生に質問「なぜ私が62歳で乳癌になるのですか?」
先生の答「72歳や 82歳では体力が低下、復帰が大変です。だから62歳で 乳癌手術、即復帰出来る為に~~と考えたらいかがですか」


桑田さん! まだお若い。 復帰された後によい活動をされて皆に希望の道筋を示して下さい。

遂に~~亭主までも旅パンフ!

2010年07月28日 18時54分47秒 | Weblog
私は暇さえあれば旅行会社の冊子に目を通しているのだが~~~~
若い女性が ファッション雑誌を何冊も買うのと同じ。

あら と気が付いたら亭主殿も ビール片手に旅パンフを見ている!


カサブランカに行きたいなぁ~~なんて言っている。


リタイアした後、本当に忙しく読書三昧の日々を過ごしていたが 旅行も もっと入れ込まないと世界を見ないで柩に入ってしまう!

リタイア後、アルコール漬けになる男性も多々いる、と新聞にあった。

海外に行きましょ。 ツアーでも充分楽しい~~~~


尤も、うちの亭主は車に乗らない日は 昼夜ビール飲んでいます。

旅でも家でも。