michi の てくてく日記

歩きニスト. 73years old。


blog.life
  13年目。

渥美半島伊良湖街道をひたすら

2009年05月31日 16時17分04秒 | Weblog
写真は  潮音禅寺。
芭蕉や弟子の 杜国の俳句碑を 参加者28人で 覗き読み 詠んでいる風景。

日本各地から 集まって来ています。


メール着。

「赤福の風に誘われ 夏帽子」

俳句を嗜まないマイ亭主の句。

赤福を食べているのね、きっと。 おかげ横丁でしょうね。

プワゾンてふ香水詰めし旅鞄

2009年05月31日 09時25分26秒 | Weblog
夫と長女は さっさとホテルを出ていき 私は青葉に囲まれたクラシックホテルに 独り居る。


マイ脳を俳句モードに切り替えたい私。 昼から1泊俳句研究会に参加する私。

娘と居ると昨夜も遅くまでお喋りしてしまう~~~。よって独りになりたい~~~私。

夫と娘は渥美半島、伊良湖岬→→鳥羽へ渡り 三島由紀夫「潮騒」の島へ→→
そこで、娘は東京へ戻る。
NHK教育、日曜美術館を見ています。
別府で現代アート。混浴。他者に向かい己をさらけ出すことの大切さが混浴にはある、と。

ふ~~ん、成る程!私はblogでありのままの己をさらけております。

長女と夫は三週連続でデートだわ~~~と。

娘の旅鞄と傘をパチリ!ホォックス社の傘。
親の私は贅沢と思い買えぬ品を娘はさっさと買い~~~羨ましい!

旅鞄はフィレンツェ購入フェラガモ。
これも中々私に廻ってこな~~~い。

藤原俊成像の前に座すのは

2009年05月30日 17時54分25秒 | Weblog
インドネシアからトヨタに研修に来ている男性たち。
一人はバリ島、一人はジャカルタ。

この人はどういう人ですか? と聞かれた。
「ここ蒲郡を開発した、らしいわ。
歌人として有名な人ですよ、でも昔昔のことです」と。

竹島も俊成が琵琶湖の竹生島を模し 作った由。


私、蒲郡に来るのは始めてのことです。

万葉歌碑巡り Total210 基

2009年05月30日 17時25分13秒 | Weblog
しほさゐに 伊良湖の島辺
漕ぐ船に
妹乗るらむか 洗き島廻を
柿本人麻呂

万葉集巻き1 の 42。


本日午後 蒲郡で 万葉歌碑10基を 巡り ホテルに入った。



目の前に広々と三河湾。 竹島に通じる橋。

昔ながらの 佳い宿である。

鳶がひょろぴ~~~と鳴いているし 離れ茶室のししおどしが竹の音を発している。


あした天気にな~~~れ。
夕日を浴び、散策中。

週末というのに新幹線がらがらん

2009年05月30日 09時23分05秒 | Weblog
ひかりレールスター指定席は1輛に10人足らずの乗客。

???

高速ドライブなら千円で済むし 65歳以上ならヒコーキが9000円であるし~~

インフルエンザは流行るし~~~移動人口が少ないのだろうか。

利用者が少なくなると即、値上がり! となるのが現状。

いやだわ~~と話していましたら広島着。

結構乗客増えました!
ホッ。

新大阪→→名古屋→→蒲郡で 東京から来る長女とジョイント。

あれっ本日は土曜日だった!

2009年05月30日 07時28分21秒 | Weblog
泰山木の大きな花が空に向き咲き出している。

既に散った花びらは まるで一寸法師の椀舟のごとき様子。
六月が近い~~。

ゆっくり花を見上げてバス停へ向かう道で あらっ人が少ない!
次の瞬間 博多駅行きバスが通り過ぎた。


??!

土曜日なのね、今日は!

参ったマイッタ!
石橋の鉄柵に屈み パチリ!
川を覆う葦と 栴檀木。おうち、です。

天神の賑わいが好き~~

2009年05月29日 16時09分38秒 | Weblog
父の介護に向かう私であるが、天神にしばしの別れを告げに来た。

ザッキンの「恋人たち」に話しかける~~~。

さて ケーキを買って帰りましょう~~~。

糸島半島へドライブ

2009年05月29日 13時28分44秒 | Weblog
ランチはカレント。
ご近所七人で ドライブを楽しんだ。
マイ墓にも立ち寄り 二見ヶ浦 で記念写真パチリ!
波が砕け散る~~~。
大型乗用車の中で 話題は一つ。

「炎上」と「金閣寺」

2009年05月29日 10時08分43秒 | Weblog
昨夜、福岡図書館内の映画館で市川崑監督「炎上」を見た。
1958年作品。
市川雷蔵、仲代達矢。モノクロ。

映画化にあたり 金閣寺の了解が取れず 驟閣寺と、名前を変えてある。が、金閣寺である。

今朝、 三島由紀夫の「金閣寺」を読んだ。
10代の時、読んで以来である。 昔の10代は 三島由紀夫の話題作を発売と同時に読んでいたのだろうか~~~
中学生の私は「美徳のよろめき」を読んだ!
今回、 金閣寺を読んで、これは子供には分からないなあ~~~と。
禅の公案、南泉斬猫が登場する。 この答は64の私にも分からない。 この公案を知ったのは40歳。
三島が しぶとく生きるのは俗悪の象徴~~~と割腹したのは45歳。

金閣寺の美しさはわかる。放火の心理は分からぬ。
久しぶりに三島由紀夫を読むと、読書!という満足感。


三島夫人瑶子 さんも54歳で亡くなられた。

人は亡くなるが 美は存続する。

俺のことならほっておいて~~と

2009年05月28日 18時03分58秒 | Weblog
さて来週から私は親宅に生活の場を移します。

夫は独りで家を守ります。大丈夫かなあ~~~
家事堪能な人だが いい人過ぎるところが玉に瑕。

昔、玄関にセールスマンや販売員がみえると 即、情にほだされ!契約を交わしていた。

新聞三紙取っていたこともある。

シルクロード旅も独り参加になった。 慣れぬ海外で迷子にならないかしら~~~~

「俺のことはなんとかなるさ~~~」と、本人は至って暢気なものだ。


椎名誠「大きな約束」読み終えた。
シーナも手のかからぬ男性だが 世界を飛び回ることに長けた男性で、何等心配要らぬところが、ちと違う!


写真は高速下の未央柳。