せっとんの下道温泉めぐり

一般道をとことこ、ひたすら温泉をめざします

野沢温泉 河一屋旅館

2018年05月23日 | 旅 (長野県)

2018年5月12日(土)野沢温泉の河一屋旅館に一泊。ミズバショウの群生を見に行きましょうという事で、今回も兄嫁と3人旅です。金曜日の夜9時に奈良の自宅を出発。善光寺、水芭蕉の大群生地「奥裾花自然園」を巡ったのち、野沢温泉に向かいました。河一屋旅館は玄関の間口は狭いですが、かなり大きな宿です。スタッフの対応も丁寧でした。通された部屋は3階の角部屋で眺めが良かった。エレベーターあり。※詳しい館内の様子はHP「下道温泉めぐり」にUPしています。

 

露天風呂つき内湯が男女別にあり。写真は女湯。露天風呂は小さめですが、「真湯」の源泉が掛け流しされています。

 

食事処で夕食、朝食をとる。鹿刺、焼き肉、豚しゃぶ、おやきとボリュームは満点。初めて食べた蕎麦の茶碗蒸しは、モチモチした蕎麦がきのような味で美味しかった。デザートは三種類から選べる。抹茶プリンを選びました。

<野沢温泉 河一屋旅館>

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8923-1
TEL 0269-85-4126
2018.5.12 1泊 13.950円

一日目の朝、5時頃に善光寺に到着。人影もまばらな境内の爽やかな雰囲気の中で参拝する。その後、鬼無里(きなさ)の奥裾花自然園を散策。さすが日本一の大群生地。あのように沢山の水芭蕉が咲いている所を見たのは初めて。翌朝、野沢温泉の朝市を見に行く。そこで mari は 野沢に来るたびに欲しくて物色していたが、高価でいつも諦めていたアケビの籐細工の籠を思い切って買う。朝市だったからなのか、かなりお買得でした。まさに「早起きは三文の得」? 最後に、少し回り道になりましたが、奥山田温泉の雷滝、通称「裏見の滝」に寄って帰りました。

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乗鞍高原温泉 アルプホルン (4)

2018年05月10日 | 旅 (長野県)

2018年5月5日(土)アルプホルンに4度目の宿泊。ゴールデンウイーク最終という事で宿泊者は3組だけ。前日までは満室だったようです。4つある貸し切り風呂のうち3か所が利用可能でした。今回の部屋は和室。布団は自分でひきます。冬は床暖房のある洋室が良いですが、夏なら広くて風が入るこの部屋が最高です。トイレも部屋にあります。タバコはロビーで。冷蔵庫も共同で使えます。

   

露天浴室2つ、内湯露天浴室1つ、内湯のみ浴室1つの4か所をそれぞれ使用中の札を掛けて入ります。露天の浴室にも洗い場があります。宿泊客の少ない時は閉められる浴室もあります。今回は内湯のみの浴室(写真最後)が利用できませんでした。

   

4度目の宿泊ですが、毎回メニューのアレンジが豊富で飽きません。煮物の小鉢に誘われて最後にご飯まで食べてしまいました。

<ペンション アルプホルン>

長野県松本市安曇4030-3
TEL 0263-93-2666
2018.5.5 1泊 11.650円(税込み)

乗鞍高原は水芭蕉が見ごろでした。残雪の乗鞍も美しかった。山登りやトレッキングなど、素人の我々夫婦でも手軽に楽しめる場所です。それに良質の温泉があるとなれば、何度も来たくなるのも当然です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根温泉 強羅静雲荘(4)

2018年04月13日 | 旅 (神奈川県)

2018年3月24日(土)富士山を見に行きましょうと、兄嫁を誘って4度目の静雲荘への宿泊。実は前の週末にも箱根に来ていた。その時は天気が今一つでちゃんとした富士山を撮れずでしたが、晴れ女の義姉を誘ったのが幸いしたか、当日は雲ひとつない快晴。乙女峠からの絶景を皮切りに、芦ノ湖、富士五湖、朝霧高原、田貫湖と回り、晴天の富士を存分、カメラに収めることができました。何度も行ってますが、あんなに綺麗な富士山が一日中見れたのは初めてです。ちなみに姉は、「富士山に来たのは初めて~♡」という事。本当にラッキーな人なんですね。

 

 

今回取った部屋は和洋室。兄嫁と三人一部屋でしたが、ベットの部屋が別になっていて互いに気兼ねなく過ごせました。

なんと今回、男湯側の露天風呂が地盤沈下のため使えなくて、浴室が男女入れ替え制になっていました。あの気持ちの良いウッドデッキの露天が交替でしか利用できないのは残念です。

 

食事は、ほぼ毎回、同じようなメニュー。デザートはいつもはメロンでしたが、今回はゼリーでした。

<箱根温泉 強羅静雲荘>

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320
TEL 0460-82-3591
2018.3.25 1泊 11.942円

一日目 忍野八海に行った時は雲に隠れていましたが...そうなんです、晴れの日でも富士の周りは雲が湧く。しかし翌日は奇跡の快晴。富士山を一日堪能しました。写真は、忍野八海と田貫湖からの富士山。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箱根温泉 たきい旅館

2018年03月29日 | 旅 (神奈川県)

2018年3月17日(土)箱根の大平台温泉「たきい旅館」に一泊。小さな温泉地ですが、アジサイの小道で有名です。指示された駐車スペースに車を停めて宿まで歩く。民家の間の細い路地を登った突き当りに宿が見え、「えっ?」その玄関の様子に mari たじろぐ。大丈夫か?予想していたのとかなり違う。とても古い旅館だとは聞いていたけれど。でも、くるくる回る看板が思いっきり私達を歓迎してくれている・・・のはわかる。

  

中に入ると、廊下にファミコンのソフトがズラリと並ぶ。お約束の卓球台から、子供の遊具、カラオケルームなどなどなど・・・部屋にはプレステなど往年のゲーム機が備えてあるし、なんとマッサージ機まである。こんな「もてなし」もありだな。しかし、言っておきますが、部屋はかなり年季が入っています。それでも、どこもきれいに掃除されていました。

 

大小ある浴場を貸切の札をかけて入ります。目的のお湯はきれいな透明。かすかに黒い湯ノ花が舞う、源泉掛け流しです。

  

夕食は部屋の隣にある別室に用意されました。女将さんの作る料理は、1泊8千円の宿ながら中々の内容でした。じゃらんの評価が高いのもわかる。朝食は付きません。

 <箱根 大平台温泉 たきい旅館>

神奈川県足柄下郡箱根町大平台649
TEL 0460-82-3516
2018.3.17 1泊 8.000円 (夕食のみ)

翌日は岡田美術館に寄る。入館料が2800円と少し高いが、日本美術の粋を集めた収集品で名高い。立派な展示室にずらりと並べられた陶器、工芸品、絵画をゆっくり見てまわるとゆうに3時間はかかる。若冲、北斎、大観などの絵画や、埴輪、火焔土器、唐時代の三彩陶器が興味深かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

輪島温泉 ホテルルートイン輪島

2018年03月09日 | 旅(石川県)

2018年2月17日(土)能登半島の二日目の宿泊は「ホテル ルートイン輪島」。ルートインは各地にあるが、天然温泉かけ流し、朝食付きとなればこの宿を選ばない理由がない。今回の旅の目的の一つ、白米千枚田から車で15分ほど。輪島の朝市へは歩いて2~3分と大変立地が良かった。部屋から日本海が一望できるのも魅力。

 

写真は女湯。小さいながら露天風呂もある。ビジネスホテルの掛け流しは、氷見のルートイン以来ですが、今回もなかなか良かった。女湯にはその度フロントで鍵を借りて入ります。人の出入りの多いホテルの一階にある浴場なので必要な安全対策かもしれません。男湯は鍵はいりません。

 

夕食はホテルにある「食・飲み処 花々亭」でとりました。酒の肴に焼き鳥とホタテ刺身、夫婦それぞれにフライの定食を注文し、ビールと合わせて支払いは4千円弱。朝食は無料で、和洋食のビュッフェスタイル。写真は mari の取ったお皿。あくまでブログの写真用と言いながら、一人で全部平らげた。

<ホテルルートイン 輪島>

石川県輪島市マリンタウン1番2
TEL. 0768-22-7700
2018.2.17 1泊 ツイン(2名で)14.800円(朝食無料)

 

雪の白米(しろよね)千枚田はとても寒かったが、イルミネーションは幻想的で綺麗でした。宿に戻る頃には吹雪始め、岬を走る道路は凍ってかなり怖かった。ライトアップは11月からあるので雪のない時に行きましょう もちろん、その後ホテルに戻るやいなや、温泉に飛び込みました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加