今日もどこかで・・殿様釣り♪

ほぼ毎週、熊本天草方面に主人と一緒にルアー釣りに出かけてます。

ヒラスズキは女のロマン!?

2013年11月30日 | ルアー

30日土曜日、中潮、満潮午前5時54分

北の風2m、波2mのち1.5m

殿様の意向はまったく無く、天草西海岸へ拉致されました。

 もちろん狙うはヒラスズキ

海岸は程良く波立ち、素人夫婦には丁度良いサラシが広がり、釣れそうな気がしてきました

夜明け前にポイントに着き、タックルは、もちろん主人がセットします。

「夜が明けたら釣ろうかな?」なんて言ってた主人ですが、やはり我慢できず6時20分釣り始めました

空が明るくなってきたので、私も釣り開始って思ったら、主人のロッドが曲がってます。

 

こんにちわ、ヒロスズキです。

正面のポイントに数投するも、まったく反応なし。

しばらく時間を置き、夜が明けて少し明るくなったので再キャスト

すると、「コツッ」

アタッたような・・・

もう一度同じコースをトレースすると

再び、「コツッ」

アワセを入れると、まったく動きません。

根掛っちゃいました

ロッドを上下にあおると、「グーッ」と引き始めました。

やっぱり魚です

ロッドが大きく曲がり、大物確定!

重量感からして、いきなりのランカーサイズ?

煩悩が頭をよぎった瞬間、ラインブレイク(涙)

さよならショアラインシャイナーR50+SSR

リーダーを1mしか結んでなかったからかな~

でも、いきなりの1バイト、最低限の目標クリアしちゃいました。

気持ちを落ち着かせるため、ゆっくりリーダーを1ヒロで結び直します。

サスケ裂波140をつけ、また同じところを通すと・・・

「ググッ」ルアーが引っ張られます。

すかさず鬼アワセ!

同時に魚がジャンプ、エラ洗い連発。

水面を飛ぶように上がってきたのは

41センチのヒラセイゴ、いやヒラフッコにしといて下さい(泣)

 

 

今シーズンの初ヒラ

 

潮も下がってきたので、ガラ子を置いて奥のポイントへ

1投目に「コツッ」また魚ですか?

同じコースを通すと「ガツン」

重量感のある引きですが、走られないようドラグを締めゴリ巻き

フックは口とエラ2本掛ってるのが見えたので、安心です。

今度はラインブレイクしないよう、ロッドを立てノットが水面から出るぐらいにキープし、弱らせたところでズリ上げ!

落ち着いてやれました。少しは上達したかな(笑)

今度は スズキサイズ

アゴだしですが70cm、体高が半端ないッス!

格好良い!

ヒラスズキは何度見てもホレボレしますね~

その後はアタリもなく、10時前には終了しました。

しかしシーズン初回で3バイト2キャッチ、出来過ぎですよ。

今回で運を使い果たしてない事を祈ります。

 

 

結局ガラ子はノーバイト

ロックフィッシュも狙ってみたのですが、これもまったく・・・

今回主人は大満足だったので、次回は私の番。

完全な殿様釣り宣言

すべてのポイントで先にキャストさせてもらいますよ~~

ヒットしたらランディングまで、よろしく! ヒロスズキさん

ガラ子  

 

 

 

コメント (6)

おかんの悪寒・・(涙)

2013年11月24日 | ルアー

火曜日ぐらいから、風邪をこじらせてたんですけど、何とか週末に間に合いました。

土曜日夕方の干潮が5時13分(牛深)なので・・・

ループ橋に7時過ぎについて、激流大アジ

いよいよこの時期がやってきました。

目指せ「尺アジ」

 

松島有料道路の手前で主人の携帯が鳴りました。

運転中なので私が出ると、職場の大先輩から

「最干から初めて、もう30cmのクロが3枚。今からアジ釣るぞ!」

と、ご機嫌の様子です。

一瞬、姫戸方面に曲がろうかな?とも思ったんですが、今日は大アジ狙いなのでそのまま有料に乗り、レッツ牛深

予定どうり7時にループ橋下に着いたのですが、すでに満員御礼

2人どころか1人入るスペースも有りません。

連休の土曜日の夜をナメてました

仕方なく橋の光が届かない場所でキャストするも、ノーバイト

 

激流大アジを諦め、イカを狙う予定のM漁港に早々に移動します。

M漁港も釣人で一杯、でも何故か堤防角が空いてたのでラッキー

水面でピチャピチャ捕食音が、アジのようです。

すぐ私にヒット~~

なんとかアシストフックに掛ってます。

食いが浅く、中々のらず、ポツポツ釣れるって感じですね~

爆釣とは、いかず、これだけ(最大20cm)

無理やり刺身をとってやる

 

エギを投げてた主人にヒット~~

良いサイズのようで、かなり引いてます。

バレないように慎重に寄せて、私がタモ入れします。

イカの正面からタモを「ザッパ~ン」・・・入りません

怒りの主人「貸せっ!」

タモをイカの後に置き、イカがジェット噴射したところを御用

ヒットエギは、やっぱりエギボンバーリアル赤テープ巻き

今日は他のエギからやってたようですが、結局はコレ

美味しそう! 天ぷらだ~~

 

M漁港はロックフィッシュも釣れてるらしいので、朝マズメにサワラと2本立てで狙おうかな?

日付も変わったし、場所をキープして仮眠しよう。

と思ったんですが、まったく場所が空いてません。

ここは諦め、西海岸ロックフィッシュ&青物へ

 

午前1時30分到着、当然誰も居ません。

午前5時19分の最干潮から、上げ潮にのってくる青物に期待です。

とりあえず5時半ぐらいまで仮眠しよう

ところが午前3時過ぎから、猛烈な寒気が。

チョット熱っぽいし、体がガタガタ震えます。

主人を起こし、車の暖房を入れてもらうも、まだ寒い

「もう帰ろうか?風邪がブリ返したらイカンし」主人から優しい提案

はい、素直に帰らせていただきます

本当はまだ釣りたいんですが、また来週にします。

 

お陰さまで、風邪もひどくなってないようで

今から魚を捌いて、料理頑張ります。

 

ガラ子  

 

 

 

 

コメント (6)

天気悪っ!釣果悪っ!

2013年11月17日 | ルアー

11月17日、日曜日の釣果は

アジ(豆)

バイブレーション(ネンブツダイ)

ガラ子(極小)

以上!

総行程11時間で、これだけ~~

 

一発目、アジを狙ってA工業高校前

最干潮、前回と違ってまったくライズなし

橋脚に上がってキャストするも、まったくアタリなし

有るのは、冷たい風のみ

予報では、最低気温15℃だったけど「寒っつ」

早々に引き揚げ、風裏の東海岸へ向うも全然ダメ

 

波高1.5から2.5mなので、ヒラスズキも考えたんですが

朝マヅメは青物を狙いに西海岸(下田温泉近く)へ

まだ暗い内に主人だけ下りて行き、タックルをセット

エギを投げたり、ロックフィッシュを狙ったり、ゴソゴソやってます。

ガラ子は車中待機、朝マヅメを待ちます。

「そろそろ下りようかな?」と準備してると、主人から

「波風が強くなってきたので、もう止める」

「え~~っつ

結局・・・私、何もしないまま西海岸終了~

これならヒラスズキに行けたかな?

 

また東海岸に戻り、エギングするも全く・・・

墨痕は一杯あったんですけどね~

やっぱり、エギングは良く解りません。すぐ、違う事やりたくなります。

新品スピンテールを数回投げていたら、近くを青物らしき影が・・・

「今度こそ~っ何か釣る~

ボウズ逃れに、雨の中頑張って投げてみたのですが・・・

ついに、雷がにゴロゴロ   終了です。

不完全燃焼なので、帰宅途中も何ヶ所か見たんですが条件が合わず断念

気付けばガラ子、全くのボウズ。ロックフィッシュも釣れなかったし

来週は何を釣れば良いのやら・・・

 

本日唯一のキープは

美味しかったですヨ

ガラ子  

コメント (6)

5目達成!?

2013年11月09日 | ルアー

11月9日、最干潮午前5時40分(牛深)

今日の目標は、刺身5点盛り、ルアーで5目釣ります!

先ずはアジを狙って、A工業高校上島側前。

初めてのポイントなので少し迷いましたが、何とか到着

が、先行者あり

なので、横の浮き桟橋で釣ります。

1投目で

私に! ヒット!

すぐ2匹目

これも 私!

しかし、この後が続きません。

横の本命ポイントでは、バッシャバッシャナブラ立ちまくり

私達の前は、ピチョピチョ時々跳ねる程度

20mぐらいしか離れてないんですけど・・・差は歴然

主人がようやく大アジ、ゲット!

ん~~何か違うぞ?

ヒラ(有明ターポン)だし

引きは楽しいんですが、食べるのはチョット遠慮いたします。

 

2目釣ったところで、通詞へ移動です。

しかし余りの釣人の多さに断念、近くの灯りのある堤防へ

もう午前3時前、かなり潮が引いてテトラが出てるので、数投で撤収しましたが

得意のマールアミーゴで

エギが釣れちゃいました(泣)

 

さあ朝マヅメは、西海岸の磯場で青物を待ちます

青物を待つ間、「今シーズンは終わり」って言ってたロックフィッシュ

アタリは少なく、食いが非常に浅く、ノリません。

主人はアカハタを求めてドンドン先へ進んで、姿が見えなくなりました。

すると私の前にボイル発生!  シーバス?

主人を呼び戻し、バイブレーションにチェンジしてもらい、1投で・・

即アタリ! エラ洗いで即バラシ(>_<)

バグアンツを3インチに変えた主人についに来ました

30弱  タコを吐き出してますね~

3インチだと、こんなのも

20弱、もちろんリリース、来年の楽しみです。

 

すっかり陽が昇った頃、いよいよ青物のボイルが見え始めたんですが

私の投げるポッパーやミノーでは届きません

1度主人のジグが弾かれただけでした。

 

再び旅に出た主人に、遂にあの魚が

小さいながらも、「アコウ」ゲットです

良い感じ~~

 

更に良いモノが見えましたヨ

左上の黒い点、イルカ! ジャンプも見れました!

 

さあ帰ろう~

でも、まだ4目。

先週波平イカも買ったのに、アオリは?

なので、サンパールの手前を左折してエギングやります。

午後1時30分すぎ、もう下潮、釣れる気がしません。

だいたいエギングは苦手で、イカは食べられればいいんです。

すると、離れて釣ってた主人から

触腕1本

300gぐらい、エギはやっぱりエギボンバー

って言うか、こればかり投げてます。

5目達成、これで帰れます。

 

30前後

4点盛り

アカハタ・アコウの食べ比べ、アコウが身が締まって、歯ごたえ有り。

主人はアカハタの方が好きなようです。

 

 これで青物が釣れてれば満足でしたが~~惜しかった。

我家には、まずまずの釣果です。

 18時間釣行お疲れ様でした、もう寝ます

ガラ子  

 

 

 

 

 

 

 

コメント (5)

アジ・・・平日の夜なのに

2013年11月07日 | ルアー

こんばんわ、ヒロスズキです。

11月4日の夕方職場の大先輩から、電話が

「ハッハッハ、アジが爆釣。」

「20cmぐらいが50匹、捌くのが面倒なんで途中で止めたもんね~ハッハッハ」

と終始ご機嫌でした。

 

11月6日、夕食の終わった午後8時、

天気予報は、降水量0ミリの雨予報ですが、上天草のM漁港へ出発。

(panaさん、すみません。平日にA工業高校前まで行く元気はありません。)

満潮が午後10時25分なので、何とか間に合うかな?

午後9時20分到着、大先輩のポイントは空いてます。

が、ほぼ満潮潮止まりって感じで潮はあまり流れてないですね~

魚がピチャピチャ跳ねる音もほとんど無し。

キャストを繰り返すも、まったくアタらず、満潮時間をむかえてしまいました

まさかのアジングでボウズ?

最終手段のガルプ投入(手が臭くなるんですよね~)

すると「コン!」とアタリが!!

そのままフォールさせると「グググッ」

ヒットです。久々のアジの引きを十分味わい

ようやくの1匹目、ガルピンがっつり

これ以上臭くならないよう、手では持ちません(笑)

ポツポツアタルるも、のらず状態が続き、その後2匹追加のみ

 

ガラ子は、と言うと久々のライトタックルに戸惑い、ルアーが右に左に定まりません。

ロッドが大きく曲がってる時は、根がかりだし・・・・

ようやく釣れたのは

豆っ!?

最後に「ビニール?」と言いながら上がってきたのは

いつものガラカブではなく、メバルでした。

結局アジは4匹のみ、先ほど唐揚げでいただきました。

これはこれで美味しかったんですけど・・・

次は刺身が出来るぐらい釣ってやるぞ~~

 

今朝、大先輩に釣果を報告したんですが

「撒餌せんけんじゃ~、撒餌せんでアジがつれるか!」と一蹴

エサ釣りとルアーは違うんですよ(>_<)

 

コメント (4)