今日もどこかで・・殿様釣り♪

ほぼ毎週、熊本天草方面に主人と一緒にルアー釣りに出かけてます。

リバーシーバス in 緑川

2012年09月29日 | ルアー

待ちに待った週末です。\(^o^)/

今週の土曜日は、娘のテニスの試合なので日曜日の朝マズメに

釣友ノッポさんと3人で龍ヶ岳の予定でした。

しかし・・大型の台風が接近中急遽、金曜夜のリバーシーバスに変更!!

4,5年前に、主人とノッポさんが、毎晩のように通いつめたポイントで

現地集合

風が強く大荒れです。

他のルアーマンも諦めて帰っています。

風に弱いガラ子には、とても無理です。

 

そこでポイント移動

橋脚下まで川をのぼると、流石に風も吹いてないのですが、

ベイトの姿もなく、何か静か・・・・ 

何投かしたものの、全くあたりなし。

すぐに諦め、最初のポイントに戻ると、風が弱まっています。

チャンス到来

気を取り直し、何回か、激流のなかにルアーを投げてみますが・・・

何も起きません。

起きるのは、ライントラブルばかり・・・「ヤバイ」  

グチャグチャにもつれたラインを、必死に戻そうと、密かに頑張っているところに・・・

主人の「なんしよっと~

ごめんちゃい。またやってしもーた

 

釣友のノッポさんは、いつもこの場所で釣れてるヒラを狙ってみましたが・・・

残念。 シーバスどころか、ベイトも流れてきません。

雨も降り始めました。

午後11時30分、もう帰ります。朝は4時起きです。起きれるかな~

ノッポさん、今回は残念でしたが、懲りずにまた、ご一緒しましょうね。

 

後日談ですが、娘のテニスは2勝しました。\(^o^)/

このまま台風が通過したら、日曜の夕マズメにでもいこうかな~

 

 

コメント

大分、鹿児島のリベンジは、天草で パート2

2012年09月23日 | ルアー

なかなかのサイズのアコウに気を良くした主人。

今度はジグの上にサビキをつけたジグサビキをやってます。

するとサビキに・・・ちょっといいサイズのガラカブ

ちなみに・・私のニックネームの由来です。

主人が、またロックフィッシュを狙って底をとってゆっくり

シャクっていると、

またしても、あたりが

アコウでっかい サイズアップです。

 

潮の流れも変わり、いい感じで右側に潮目ができています。

「釣れそう・・・私の直観は当たります。

でもかかったのは、主人

最初は、「タモいらない」と言ってたのに、

途中からえらく引きだしたようで

「タモ、タモ」と慌てだしました。

横に走りだし、ドラグもジリジリと鳴ってラインをだされています。

もしかして大物 

最後まで抵抗する魚の正体は

なんとカンパチ(いやいやネリゴでしょう)

40センチのナイスサイズに主人も大満足のドヤ顔

 

私の方は・・・またしても恐怖の根がかりで、主人のお気に入りの

「闘魂ジグ」をロストしてしまいました。

「やばい

すると主人が「俺の竿使う?」と、今日は優しい言葉。

(リーダーを結ぶのが面倒だからかな?)

でも主人のロッドは硬くて重いので、私は上手く投げられません。

そこで主人が投げて、私は巻くだけ。

結局、究極の殿様釣りになりました。

そして、ついにきました、ガラ子

次は

アジです一応青物?

アジは連発するものの、結局私には大物はかからず、

雨も降りだしたので納竿。

帰り道いつもお世話になっているポイント流通団地店に寄り、

写真撮影・検寸お願いしました。

こんな感じです。

今回私は、タチウオ2本、アジ・ガラカブ多数のイマイチな結果でしたが、主人がご機嫌なので、まあいっか

今度は、私が釣るぞ~

   ガラ子

 

 

 

コメント (5)

大分、鹿児島のリベンジは、天草で パート1

2012年09月22日 | 日記
大分、鹿児島の遠征が余りに悲惨な結果だったので、なんとか子供たちを説き伏せ、天草・龍ヶ岳のいつもの波止に出発です。
今朝は必釣を期して、少し早目の午前4時到着。
まず、いつものワインドで狙うタチウオです。
1時間経過・・・全く釣れないどころか、あたりすらありません。
嫌な予感・・・
2度ある事は3度あるのか?
主人は諦めたのか、ジギングタックルを準備しています。
ようやく空が白み始めた頃、ついに 私に ヒット
指3本のタチウオです。

主人もワインドに戻り、すぐに指4本を2匹も釣ります。
「なんで

聞くと、どうやらルアーの色が違うそうな・・・
「自分ばっかり~
ルアーを同じ色に変えてもらうと、私にも指4本が
ルアーの色って大事なんですね。

夜が明けたところでジギング開始
主人のジグにあたりがあり、見ると歯型がついています

何の歯型でしょう?ヒラメかな?ハタかな?それともタイ?
テンションupついでにタイ狙いで、シマノ社の炎月をセットしてもらいました。こんな奴です

投げて、フォールして、ゆっくり巻いて、またフォールして・・・  
よく動かし方が分かりません。あたりもないし・・
他の竿でタコを釣ろうとウロウロしていたところ、
「タモ」主人の声がします。あがったのはアコウでしたが

その口元を見ると炎月が・・・
「なんで
いつの間にか私のを投げてました。
すぐ返してもらいキャストします。しばらくフォールして、巻くとずっしりと重みが
根がかりでした。

さようなら炎月 
その後、主人はジグでアコウを追加
私は、根がかり2回追加
「なんで
パート2へ続きます。

ガラ子
コメント (2)

長島遠征、激沈

2012年09月21日 | 日記
水曜日の大分釣行にて、ヤズ1匹という悲しい記憶を振り払うため、熊本から約3時間の鹿児島県の長島にリベンジ釣行しました。
結果的には  リベンジならず。

では、悲しい結果を・・・
暗いうちにアジでも釣ってと思い、明りの有る港を回ります。
2か所目のやたらと明るい漁港で私にアタリが
「アジ!」

いやいやムツです。
もう1匹ムツを釣って夜の部終了

さあ勝負の朝マズメ、激流の長島海峡

いい感じの潮目があり、ぐんぐんジグが流れて行きます。
主人も頑張ってます。

でも釣れません。
あたりも有りません。
ジギングに疲れ、エギを投げると

コロッケサイズ2匹、あまりの可愛さに笑うしかありません。

気を取り直してジギング再開、満潮潮止まりまで粘ったけど、結局なにも起きず撤収

帰り道・・コスモスがキレイでした。もう秋ですね。



でも青物絶不調。
もう釣れていいはずなのに、なんでかな~


  ガラ子
コメント

大分遠征 Part2

2012年09月20日 | 日記
満潮を過ぎた11時前、田ノ浦ビーチ到着です。

餌釣りの人3名と手前にジグを振っている人が1名、話を聞くと「まったくあたりなし」とのこと
先端が開いていたので2人並んでジギングスタート
全くあたりません。全く潮も動きません。
午後になりようやく主人に小さなあたりが・・

カマスでした。
その後、私に小さなエソ君が掛っただけで午後3時となりました。
朝マズメでハマチサイズを釣って今頃は家に帰っていたはずなのに・・・
夕マズメ近くとなりテトラの上はこんな感じ

結構ジギンガーが増えてます。
すると私に青物のあたりが、ヤズです。一気に足元に走ってきたので慌てて抜き上げたら・・
ビヨ~ンとヤズが水面から飛び出した瞬間、オートリリース  
「なんで~」
午後4時半まで粘りましたが、主人の根がかりを最後に終了。
この時点で誰も青物を上げていません。大分市内から近く実績のあるポイントらしいのですが、今回は残念な結果に終わりました。

きれいな夕焼け空を見ながら虚しく帰路につきました。

今朝の熊日新聞にネリゴが釣れてる情報が
明日は、鹿児島の長島にリベンジだ~!  
懲りないやつです。

 ガラ子
コメント (1)