TO LET~貸家~

お好みのお部屋へどうぞ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「がんばれベアーズ」と「ミラクルズ」

2005-07-26 | 米国部屋


今、一番欲しいDVD2つ。
左の「がんばれベアーズ」は「がんばれベアーズ特訓中」と「がんばれベアーズ大旋風」
の3本組みコンプリートBOXが9月に日本で発売されるので今から予約中
「がんばれベアーズ」シリーズは私のバイブルです。
特に生涯見た映画の中で1,2位を争うのがこの写真の「がんばれベアーズ特訓中」
であるのは間違いないですわ。もう、だ~い好き。
これさえ見れば何があっても生きて行けるというほど、
私の中では大きな存在の映画ですよ。
なので、リメイクされた新作はちょっとな~と思っていますが。

しかし、今一番欲しいのは何といってもこの右側のスキート・ウーリッチ主演の
ドラマ「Miracles - The Complete Series」
これは米ABC放送で2002年に鳴り物入りで放送開始になったものの、
半分も放送しないうちにイラク戦争が始まった為に、視聴率はガタ落ち…
結果打ち切りの目に合うという悲惨な結果に。
当時マメにオフィシャルサイトを見に行っていて、あらすじだけでも
楽しみにしていたのに、いきなり更新しなくなって、あれ~と
思っていたのですが、こういう事だったとは。
しかし、全エピソードをBOXで売ってくれるとは有り難い
こういうドラマこそ、日本でCSなりBOXなりで出して欲しいんですけど…
映画で活躍していたスキートがドラマにシフトチェンジしたのは
ちょっとショックだったけど、新たな活躍の場が出来ただけ良かったよな~
それも主演だし~と思っていたので、是が非でも見たかったのよ!

最近、リージョンフリー機の調子が悪くて
(壊れるには早くない?でも2年ぐらいしか持たないもの?)
見られるかわからないけどAmazon行って、ポチッとしちゃうんだよな~
コメント (2)

ホールド・ユー・タイト

2005-07-23 | 香港部屋


久々にこの映画を見る。
何故か日本版はビデオでしか出ていないようで。
私は香港版DVDを持っているけれども、これって無修正版なのよね…
最近、クー・ユールンを台湾で見かけたので、昔の彼を見たくて
見てみるが、やはり良い。
ルンルンはかなりこの映画では色っぽい。少年から青年に変わる時期の
色っぽさが前面に溢れている。最近見かけた彼は30歳前にしては
意外にも可愛くなっていたので、この7年間のギャップは何なのだろう
とふと思う。
スタンリー・クワンはこの後、桃井かおりや張智霖が出た「異邦人たち」
でやはり“同志”を登場させた後、本格的な同志映画「藍宇」に
向かうことに。
しかし「ホールド・ユー・タイト」の中ではルンルン演じる小哲は自分が
同志であるのか、ないのかわからないままで、実際に登場している
中では曾志偉だけが唯一自覚している人物。なので、これを同志映画と簡単に
そのカテゴリーに入れてしまっていいものなのかとは思うけど。
この映画以来、「藍宇」、楊凡の「美少年の恋」や台湾のドラマ「ニエズ」、
映画「17歳的天空」と続々と出てくることを思うと、当時これだけの表現で
同志映画と括られてしまったことに、そういう時代だったんだな~と思う。
香港映画というか香港社会の「保守的」な部分が感じられる。
実際、台湾は映画やドラマ、MVまでにも同志が出てきて、それを大して
躊躇無く受け入れる土壌があるというのが素晴らしい。
去年の金馬奨には同志映画が2本もノミネートされていたし…
この軽やかさって何なのだろう…

話がそれちゃった。
「ホールド・ユー・タイト」おススメします。
コメント