新歩(歩くことは楽しい知識につながる?)

休日にいろんな所を歩いた記録と感想などを添えて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第一回琵琶湖一周ウルトラフリーウォーキング大会へ

2018年05月03日 | Weblog

第一回

琵琶湖一周

ム ム ム

思わず ポチってしまった

昨年からあまり身体を動かすことが出来ていない が

育ちが大津 という事もあり つい

距離:165キロ 制限時間:47時間(5/3 AM10:00~5/5 AM9:00)

今回の参加は 無理せずリタイヤ ありで

なんとか100キロほど歩ければ

一度眠らない歩きを体験したく

歩いた後は どのようになるのか (^_^;)

5/3 AM9時頃

集合場所の京阪 びわ湖浜大津駅前公園 と~~~ちゃこ

受付を済ませ 預ける荷物と身支度等を整え

私の番号は061

申込締め切りギリギリにポチったので最後の番号

一人不参加があり 参加は丁度 60人

スタート前の注意と準備体操をし

5/3 10:00 スタート

最初はゆっくり歩き出す

競艇場を過ぎたころから少しずつバラけだし だんだん早歩きに

 

11:20~11:32 第一エイド(8km地点)

ローソン大津比叡辻二丁目店駐車場

ここで おにぎりと味噌汁を少し頂き 先へ

 

13:16~13:24 休憩場所(19km)通過

(エイド間が長い時 中間にはコンビニなどの休憩スポットが指定されている)

琵琶湖大橋から北へ

国道の歩道は狭く 出来る限り細かな道に入る

蓬莱駅手前から湖畔沿いの道へ

蓬莱浜水泳場から 天気は下り模様

 

15:05~15:17 第二エイド(31km)

琵琶湖近江舞子沼(内湖) 駐車場

ドリンクと果物を

 

 16:43 白髭神社通過

 

この辺りからだんだん足は重く

この後 高島市の街中に入る交差点で035番の方とお話

そこから一緒に歩くことに

街ではお祭り模様 曳山が

短い間隔で現れる

 

17:55~18:19 指定休憩場所(45km)

ローソン安曇川駅前店

ここで おにぎり等で夕食休憩

(指定休憩場所ではレシートで時間確認)

風が冷たく 暖用にカッパを着こむ

 

次のルートへと向かっていると 分かりにくいルート案内

そこで前に歩く方 043番と出会いあれこれ

そこから三人で歩く事にし なんとか次へ

 

20:06~20:25 第三エイド(53km)

近江今津駅前

ここから別グループ 110キロウォークも始まる

ここで水分・果物など頂 エネルギーチャージ

しかし既に足はくたくた

でも 次のエイドでカレーが振舞われる

と聞き 少し楽しみに

 

ただ次のエイドを過ぎると奥琵琶湖 コンビニなど見当たらない

途中のコンビニで食べ物などを補給

そして歩いていると035番の方が睡魔に

なんと歩きながら眠るので危ない

何度も声を掛け なんとか次に

 

22:18~22:40 第四エイド(61km)

高木浜マキノサニービーチ

カレーライスのおいしいこと

ここから私はストックを使うことに

035番少し仮眠し 次に向かう

直ぐに睡魔に

ふらふら ふらふら

琵琶湖に落ちそうやら 車道いっぱいにふらふら

もう危なくてしょうがない

途中公園ベンチで仮眠して頂も 歩くと また

私は眠気はないが 足は重い

そして雨も降りだす

なんとか

5/4 02:27~03:30 第五エイド(78km)

ローソン西浅井塩津店 駐車場

ここで温かいコーンスープを頂

そしてコンビニはイートイン 丁度三席

中に入り大休憩することに

コンビニに入ると丁度雨脚は強く

食べ物等を確保し席に

042番を間に挟み 膝の上で荷物をいじっていると

042番がすとんと私の腕の中に落ちてきた

数秒間失神

直ぐに気がつくも

お二人にゆっくり仮眠を進める

私は全然眠気は襲ってこない

1時間程すると雨も小雨に 出発することに

 

 035番の睡魔は収まらない(脚は元気)

結局次のエイドまで 危ない危ないと

おかげで私の声はガラガラ

042番と私は 脚はボロボロ

 

ようやく

 07:10 第六エイド(93km)

道の駅水鳥ステーション

大休憩場 仮眠用にテントも設置されている

朝食のうどんや果物を頂

脚のボロボロの二人は ここでリタイヤ宣言

 

で ここからどうやってゴール地点の琵琶湖大橋道の駅に向かうか

(ゴールには預けた荷物が)

最寄JR駅には相当遠い

そして思い出す 大阪の学生時代の友達を

この近くに そして守山駅にも同じ時代の友達を

 直ぐに連絡 朝も早いのに快諾

持つべきものは 頼りになる

段取りも着いた時にエイドの係の方が車の段取りを考えるも その事をお伝えし

また 待つ間にもう一方リタイアされ同行することに

暫くして 035番は起きてきて出発されていった

(035番 普段はウルトラマラソンを楽しむ強者 走る方が楽だと)

 

40分ほどで友達到着 10年振りの再開

私のボロボロの姿をみて ははは

エレベーターの在る最寄駅 長浜駅に

 

 電車を待つ間 少し会話

お二人とも普段はマラソンを楽しまれる

気軽にこの大会に出場

歩くのがこんなにキツイとは と同感

 

JR守山駅近くの友達には 駅から大橋道の駅等運んでもらう事のみを伝え了承

駅で三人のボロボロの姿を見て どうしたん

車に乗込むのも大変 中でやっと事情を説明

相変わらずの無茶を

 

11時過ぎに道の駅

ゴール係の方はゴール者が現れたのかと 少し慌てられ

事情を説明し 完了

そして とりあえず (^_^;)

後は 友達に今日の私の地と お二人を守山駅へ送迎

とりあえず終了

翌朝 脚は重いもお散歩に

5/5 AM6時頃 大橋手前の国道に出ると 丁度ゴールに向かう方々が

2本のストックを使い腰も曲がりギリギリで歩かれている

ほとんど掠れた声で 昨日のリタイアし 応援に出てきた事を伝え

固い握手

その方を見守る3名

一人は出場者 普通に歩かれている

後のお二人は 見守るスタッフ

その場で5分ほどお話を

最後は こういう大会は女性は強い と

お別れし ゴールに向かう背中は 大きく大きく感じました

そして終了のAM9時過ぎに 琵琶湖大橋道の駅を訪ねてみるも

既に撤収済

痕跡等はないかと少しうろつくと

居ました ボロボロの方 005番

目が合い 自ずと近付き お話を

その方は145キロ 第八エイド手前で倒れているところを車に拾われ ゴール地点へ

ゴール横のテントで仮眠していると 7時過ぎに撤収することになったと

家族が遠方から迎えに来ると待たれていた

先ほど名古屋辺り と

まだまだ時間はあるようなので30分ほど

その方は普段ウルトラマラソン

日本で一番長いウォーキングと知り 挑戦

やっぱり走る方が楽 歩くのは今回が最後にしますと

左脹脛は大きく腫れあがっている

売店でアイシング用に保冷材を確保しお渡しして お別れした

今回のルート

今回 アドベンチャーレーサーが使う gurney goo を使ってみた

スタート前 足裏等に塗りこみ

近江今津駅でもたっぷり

おかげで脚にはマメ等も出来す

ただ失敗したのは お尻に塗らなかったこと

パンツの生地で擦れて傷に

ウォシュレットがしみる

 

そして 脚もくじいていないのに 右足首周辺は

靴下脱ぐまで気づかんかった

何せ身体のいたるところが 痛む

好い経験となりました <(`^´)>

コメント