新歩(歩くことは楽しい知識につながる?)

休日にいろんな所を歩いた記録と感想などを添えて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久し振りに金剛山(坊領ルート)へ

2010年09月26日 | Weblog

8時前 道の駅 ちはやあかさか 到着

今日は道の駅隣の郷土資料館駐車場に車を止めさせて頂く

今回は金剛山の歴史有る山の会「剛友会」の例会

ルートは金剛でもロングコースになる坊領山ルート

そして今回我が炉端の会のメンバーがリーダー等を勤める

と 言うことで久し振りの参加することに

集合までには時間があるようなのでゆっくり準備をして

8時18分 集合場所の分水神社へ向かう

今日は天気も良く登山日和

道の駅から309号線に出て少し歩くと

神社の案内が出てきた

8時28分 建水分神社 到着!

 

近くに楠正成の生誕地がある

暫く辺りをうろうろしていると

神社前バス停から沢山の方が到着

なんとこのロングコース36名の方が参加

リーダー未満様の挨拶の後

尊敬する根来名誉会長のお話

ここの神社にまつわるお話を沢山されている

南木神社(なぎじんじゃ)

ここは後醍醐天皇が湊川で戦死した楠正成を祀る神社とか

9時21分 そしてやっと出発である!

9時32分 坊領ルート上赤坂城登山口通過

お地蔵様の見送りを受け

9時51分~10時16分 上赤坂城跡

ここからの眺望は素晴らしかった

遠くに六甲の山並みも

そして名誉会長のお話

10時45分~57分 猫路城跡

話は沢山

11時11分 23日に仲間が整備した眺望地

天気もいいから気持ちよい

11時32分~40分 このルート第一鉄塔

ここは良い雰囲気

これだけのメンバー 隊も乱れず

12時16分~58分 第二鉄塔

やっと昼食タイム

日差しも心地よく

汗をかいた後 丁度の気温

食事後 だんだん急になる山道を抜け

13時57分 青崩道へ

14時2分~10分 青崩道セト手前の少し広いところで

取りあえずの締め 人数を確認して

山頂に向け出発

14時56分~15時6分 金剛山頂

ここで最後のお話の後解散

皆さんそれぞれの下山ルートへ

名誉会長と数人の仲間は ちはや園地を抜け

前のお二人 金剛周辺の歴史談議に夢中

念仏坂を

急なのよね~

16時25分 そしてやっとバス停到着

今日も良い一日でした

皆様お疲れ様でした~

今回のルート

距離は 14.2km

グーグルの鳥瞰で

コメント (4)

和佐又から伯母谷覗(国土地理院)へ!?

2010年09月19日 | Weblog

今日は久し振りに一人で行動

週初めに姉からメール

土曜に大台ケ原に行って和佐又でキャンプする と

私は土曜はお仕事

で 日曜私も和佐又へ少し顔見に行くことに

丁度探索したいところが有ったので (^^♪

三週間前に炉端の会オフ会で行った伯母谷の覗

その覗き 国土地理院の地図と相当ずれている

で 地理院の覗の場所がどのようになっているか

探索するのが今回の第一目的

6時前 和佐又キャンプ場到着

キャンプ場には沢山のテント

果たして分かるかな~

と 思いながら準備をしていると

丁度見ていた方向のテントから姉がひょっこり顔を出した(^.^)

で そのまま準備をしてテントの方向に

すると姉は顔を洗いに行くのか洗面所の方向に

いきなり目の前に現れ カメラを構え撮ろうとしたが

あまりにも寝起きの顔 遠慮しときました(^v^)

で 他の仲間はまだ寝ていると・・・

そこで寝床を襲撃 !!

眠たそう~ 

結局起こしただけで私は先を急ぐことに

歩きだそうとすると 丁度太陽も顔を出してきた

5時56分 出発!

少し歩いてキャンプ場の上に出ると

こちらの朝日もなかなかなので

和佐又から大普賢岳へは何度か歩いているので

数々の窟はスルット抜け

6時55分 日本岳のコル 

ここから覗が丁度視界に

7時02分 石の鼻

此処からの景色も素晴らしい

パノラマ写真中央に日本岳 遠くに雲海

そして数々の鉄階段に歩道や鎖場を越え(南)小普賢岳にご挨拶もして

7時48分~8時04分 大普賢岳登頂

此処で軽くおにぎりを一つほおばり景色を楽しむ

8時58分 炉端の伯母谷覗到着!

ここでもおにぎり一つほおばり

暫し景色を楽しむ

大普賢岳も綺麗に

和佐又テント場もよく見える

もう姉達 テント撤収出来たかな~

たぶんまだのんびりしてるんだろうな~

今日はそのまま帰ると云ってたし

もったいない

9時06分 さて 探索に出かけるとするか

取り合えず尾根をそのまま

軽く山道らしきルートを歩き

で目の前に行く手を阻む大岩

GPSのルートだとこのまま直進しているけど

登れそうなところが見当たらず巻くことに

巻き道は険しいし

なんとか抜けてまた尾根を

GPSの伯母谷覗位置に近づくも それらしきものは見当たらない

その先か・その先と これ以上は無理

引き返して再度

で 地図マーク位置で周囲を見渡すも?

しょうがないから少し戻って

9時49分~57分 それらしきものが?(覗候補02)

でも あまりにも狭いな~?

で そこを離れ次を探すことに

そして

10時丁度~08分 ここではと思える場所に(覗候補01)

この位置 最初出会った大岩の上

反対からだと登れるのだが

松などが生い茂っていて登るのは大変

藪こぎをしながらなんとか

そして谷側には木々が視界を阻む?

でも覗きこむと

めちゃくちゃ怖い

たぶん 此処じゃないか

地図とは此処も少し離れているけど

それ以外見当たらないし・・・

此処も狭いけど岩の上に在る木々がなくなると

昔はなかったんじゃないかな~

探索した周辺の地図

で 探索は終了することに

しかし疲れた ルートは凄い傾斜

探索するだけで足にくる

そして大普賢岳の麓に戻り

奥駈道から七曜岳へ向かうルートへ

12時07分 奥駈を少し入った景色の良いところで昼食に

ラーメン美味しかったは~(^。^)y-.。o○

しかし 足疲れた

食事後 両太ももが痙攣

軽い痙攣だったけど これから大丈夫かな~

12時42分 出発することに

鎖場の始まる此処から大普賢岳・小普賢岳・日本岳がスッキリ

数々の鎖場を抜け

 大峰さしい風景に癒され

13時38分 七曜岳到着

先週行った稲村ヶ岳 そして次にたぶん行くだろう険しいバリゴヤの頭

良いな~

13時41分 奥駈道からの分岐

此処から険しい谷に下って行く

数々の階段などを下り

大峰らしい岩の上の木々

以前も同じ所で撮ったな~

そしてやっと谷底の沢が見えてきた

14時34分 無双洞到着!

 此処の湧水に助けられた

冷たくてめっちゃくちゃ美味しい

持っていたペットボトルの水すべて入れ替え(3ℓ)

500mlのボトルに水を入れるも

指先を水の中に入れるけど

水が入る前に指先が凍えて痛くなってくる

そうこうしていると足の痛みがす~と消えていく感じ

力頂けた

14時46分 少し体力も戻ったところで和佐又へ向かう事に

しかし 長い山道には参った~

どんどんからだはキツクなてくる

でも頂いた水を飲むと力復活!

16時06分 やっとキャンプ場に

今日も沢山の方がテントを

16時13分 本日の行程すべて完了!

お疲れ様~(^o^)丿

今回のルート

 距離は 19.7km

しかし疲れるはずだ!

後で携帯の万歩計を見ると

距離はそこまでではなかったけど

歩いた歩数 なんと53000歩程

(一日の歩数は60000歩越えていた)

平地で歩いた距離とするとマラソン距離越えてる~

でも 山堪能出来ました(^^)v

コメント (2)

観音峯登山口~稲村ヶ岳~母公堂下山

2010年09月12日 | Weblog

またまた 炉端のオフ会

今回も初めての山なので楽しみ

集合は↓に7時

6時25分 観音峯登山口休憩場(標高780m)到着!

既に仲間の何人かは到着されている

また、リーダー数名は下山が別のところになるので

何台かの車をデポしに行かれている様だ

カッちゃん・もんさん・奈良の爺々様 何時もありがとうございます

そして7時丁度 皆さん集合され出発!

7時2分 駐車場からつり橋を渡り登山道へ

前のもんさん 揺れそうなものは直ぐ揺らす

フワフワと歩きづらいじゃん 

7時25分~30分 第一展望台

ここから 弥山・八経ヶ岳・頂仙岳 が望める

それと 双門滝も見えるとの事だが・・・霞んでいて

7時45分~47分 採掘場跡 

7時55分 観音平休憩場

いろいろ有るのでゆっくり

8時丁度 山頂目指して!

8時3分~8時13分 観音の岩屋

上部には

ラクダ ダチョウ とも見えるような?

自然に出来ているのか

背の高いススキ原中央には ↓

8時33分~42分 観音峯展望台(標高1200m)

眺望は良い

ここから今回の目的地 稲村ヶ岳が望めるのだが

雲が掛かっているので山頂を望むのはお預け

9時15分~9時20分 観音峯(標高1347m)山頂

 

山頂は木々に覆われさらっと

少し歩くと

やっと稲村ヶ岳・大日山が顔を覗かせてくれた

尖がった左が大日山 右は稲村ヶ岳

10時38分~10時48分 法力峠

 やっと稲村ヶ岳の正規ルート合流

ここからは急登はないよう

整備された木道や階段

鎖場も幾つか

12時丁度 昼食地 稲村小屋到着!

トイレも在るし水も分けて頂けるよう

軽く食事を済ませ今回のメイン

稲村ヶ岳・大日山はここから直ぐ

大日山は女性の修行の場とか

尖がった山が楽しみ

12時30分 山頂目指して出発

稲村ヶ岳・大日山のキレット

13時丁度~13時10分 稲村ヶ岳(標高1726m)山頂

三角点の基礎が幾分・・・

少し山低くなってきているのかな~

その横にある展望台

これがよくゆれる

またも もんさんがグラグラと

取り合えず 記念撮影

展望台 虫が沢山飛んでいる

よく見ると 羽根蟻?

何で・・・

堪らないので早々と下りることに

そして 大日山へ

 

尖がっているのでルートは急

断崖横を通り

13時29分~37分 大日山(標高1700m)山頂

山頂には祠が二つ

過去に悔いることがある女性は

しっかりとお祈りください

14時丁度 それぞれの山頂を楽しみ 稲村小屋前で休憩

14時11分 下山開始

15時05分~15時20分 法力峠で休憩

杉林を抜けて

稲村ヶ岳母公堂登山口到着

16時丁度 無事下山完了(標高900m)

母公堂

 

お堂左には樹齢400年とも云われる杉の大木

ここで優しい接待を受けました

冷たいお茶にコーヒー おかきに飴

お堂前のテーブルで頂き 30分ほどゆっくり

今回も良い思い出が出来ました

皆様お疲れ様~ 

今回のルート

距離は 17.1km

グーグルの鳥瞰も

 

コメント (4)