時速30㎞の楽しみ

時速25㎞では物足りない。時速30㎞を超えると辛くなる。時速30㎞が気持ち良い。そうです、これは自転車の話しです。

白馬岩岳

2018-08-27 21:32:35 | Weblog
一昨日は、アキ・グリーンカップ・フェスティバルに行ってきました。

会場の、白馬岩岳は、久しぶりです。

開催場所では、好きなところだったのですが、その後、MTBから撤退していました。

相変わらず、いい雰囲気でした。

白馬は、好きです。


ところで、出場した5時間耐久ソロは、長かったです。

当然、まともに5時間走るつもりはありませんでしたが、1時間位走ったところで、ふくらはぎを攣ってしまい、先が思いやられました。

結局、途中で雨が降ってきたので、その間を休み、走ったのは3時間30分程度でした。

案内には、ほぼフラットのように書かれていましたが、結構上りがありました。

会場の実況中継で、言ってましたけど、サイクリストは時として嘘つきで、大したことないと、良く言うそうです。

すっかり、だまされました。

雰囲気の良い会場で、楽しめました。


本日のマシン


走っています。


ゴールしました。

コメント

RITCHEYゆかりのNITTO

2018-07-09 21:01:59 | Weblog
6月14日に、ポッキリ折れてしまった、RITCHEY PLEXUSのシートポストのその後です。

この自転車は、20年前に買ったものですが、レースを引退した後、事あるごとに修理して乗ってきました。

つい最近も、Fディレイラーやワイヤーを交換したばかりです。

今回、シートポストがフレームぎりぎりで折れていたら、抜きとることができずに、修理不可能だったと思います。

幸運にも、抜きとれましたので、再生することが可能となりました。

ところが、このシートポストのサイズは、近年の主流ではないとのことで、注文しましたが、問屋さんには在庫がなく、入荷はいつになるか分からないと言われました。

しかし、いつまでも待とうと思った理由は、RITCHEYが日本の工房でフレームを作ろうとした時に、シートポストにもRITCHEY精神を要求し、その設計を受け入れたのが日東だったと言う話を聞いたからです。

是非とも、RITCHEYフレームと組み合わせたい。

注文したのは、カタログにまだ載っていると言われた、日東S-65 27.0mmです。

こんな話を聞いたら、首を長くせざるを得ませんでした。

そうしたら、以外にも早く、昨日入荷し、取り付けました。

かっこいいです。

たかがシートポスト、されどシートポストです。

このカッコよさは、私にしか分からないのかもしれません。



コメント

ツール・ド・美ヶ原

2018-07-02 21:43:00 | Weblog
昨日は、ツール・ド・美ヶ原に行ってきました。

ヒルクライムのレースです。

今回で、3回目の出場です。

このコースの特徴は、何といっても、激坂&長距離です。

スタートしてすぐの、温泉街の裏道は、すごい激坂です。

激坂は短いかと思っていると、かなり長いのです。

ゴールまでの距離は21㎞ですので、ここまで長いヒルクライムは、あまりありません。

中間地点で、1時間を越えていましたので、2時間を過ぎてしまうかと思っていましたが、15㎞を越えたあたりから、下りもあり、時間をかせげましたので、タイムは1時間56分でした。

なかなか、満足して走り切ったのですが、家に帰ってきて、前回、前々回の記録を見たら、8分も遅かったのが分かって、追い込みが足らなかったと反省しました。


本日のマシン



記念撮影



記念撮影2



コメント

シートポストが折れた

2018-06-14 22:16:52 | Weblog
今日、いつものように、通勤車RITCHEY PLEXUSで帰宅途中に、シートポストがポッキリと折れてしまいました。



こんな感じです。

下り基調で気持ち良く走り、体重移動をしている時に、後ろの方で、何かが落ちました。

緊急停止し、路上を見ると、サドルがシートポストについたまま、落ちていました。

自転車側には、シートチューブに、シートポストが残っていました。

折れたんだ、とすぐに分かりました。

さて、どうやって帰ろうか。

このまま、ダンシングで、のんびり帰ろうと思い、落ちたサドルを、背中のバッグに入れて、走り始めました。

きっと、間抜けな自転車に見えるだろうな、と思いましたが、もくもくと走りました。

しかし、減速、変速、停止、発車、こんなことをしていると、立ったままでは、煩わしいものです。

まだ、5~6㎞はあります。

折れたシートポストを抜いて、折れたサドル付きポストを差し込めば、乗れるかな、と思いやってみました。

抜きとるには、手のひらで握れたので、力は入りましたが、錆びついていて、苦労はしましたが、抜けました。

そして、うまく差し込むことができ、何とか、自転車の形に戻りました。

走る姿は、BMXのような、乗り方をしているだろうな、と思いながら、帰ってきました。

20年経っていますが、こんな金属の塊が、折れるものだな、とつくずく道具ものの怖さを感じました。

それにしても、事故を起こさなくてよかったです。
コメント

つがいけサイクルクラシック

2018-06-04 22:03:51 | Weblog
昨日は、つがいけサイクルクラシックに行ってきました。

ヒルクライムレースですが、好きなレースの一つです。

景色がいい。

季節がいい。

宿がいい。

人がいい。

だから、レースが楽しいのです。


スタート地点が同じ。

ゴール地点が同じ。

コースが同じ。

だから、過去の記録と比較できるのです。

そこで、今回の成績ですが、去年より約20秒遅かった。

今回で7回になりますが、だいたい1時間29~28分ですので、誤差の範囲で、17㎞も上って、ほとんど変わらないのです。

面白いものです。


今年のヒルクライム3連戦、次は美ヶ原です。

本日のマシン


行ってきます。


走っています。


ゴール地点は雪景色です。
コメント

乙女湖

2018-05-21 21:49:43 | Weblog
昨日は、JAPANヒルクライムin乙女湖に行ってきました。

ヒルクライムの大会ですが、レースは2ステージあり、合計タイムで順位を争います。

ステージ1は2㎞、ステージ2は12㎞なのですが、集合場所からステージ1のスタート地点までの移動、ステージ1のゴールからステージ2のスタート地点までの移動もかなりの距離でアップダウンがありましたので、走りごたえは十分でした。

加えて、下山は下りだけでなく、上りもありましたので、まるでグランフォンドでした。

成績は、クラス6位(9人中)、総合67位(88人中)でした。

目標の真ん中よりは下でした。

みんな、速かったです。

富士山が良く見え、果樹園や家並の景色も良く、計測期間以外のリエゾンも十分楽しめました。


本日のマシン


スタートしました。


富士山です。

コメント

赤城オフロード4時間耐久

2018-04-22 21:50:43 | Weblog
今日は、赤城オフロード4時間耐久レースに行ってきました。

もちろん、マウンテンバイクのレースです。(私は)

ですが、マウンテンバイクレースとしていないのは、オフロード用自転車であれば、車種は問わないのです。

確かに、シクロクロスバイクの人や、ファットタイヤの人もいましたし、去年は、トライアルバイクの人もいたとのことです。

私は、迷わずマウンテンバイクで出場しました。

しかも、フルサスのエピックを持って行きました。

本日のマシン


車種選びは、正解でした。

路面は、かなり荒れていましたし、長い下りもありました。


コースは、1周3㎞ほどで、思った以上にアップダウンがありました。

上りは、疲労がたまってくると、かなり苦しくなると思われました。

走り始めは、気持ち良く走っていたのですが、30分を過ぎた頃、後変速機に異常を感じました。

草でも巻き込んだのだろう、と思いました。

シフターを動かした通りに変速しないのです。


1時間経過後、ボトル交換でピットインした時に、巻き込んだものを取り除こうとして、異常の原因を目の当たりにしました。

ワイヤーが、切れかけていたのです。

こんなことになっていました。


このまま、走れなくもなさそうと思い、チェーンをロー側から3番目位に入れて、フロント3枚を使って走れば、何とかなるだろう、と判断したのです。

しかし、前をインナー、後をローでなければ、上りきれないところを、頑張って走ったら、すぐに脚にきてしまいました。

その後、きつい上りで、我慢しきれずに、後変速機を押し込んだら、ワイヤーのよってある1本が切れたような感覚に襲われました。

これ以上、ワイヤーを酷使したら、走行中に切れて、思いもよらないトラブルになるかもしれない、と言う気持ちでピットまで走り、約2時間で棄権することにしました。


これまでの自転車ライフで、レース中に足切りで、降ろされたことはあっても、自ら棄権することは、あまりありません。

でも今回は、自転車に異常がなくても、4時間走り切るのは、どうだったかなあ、と思います。

次回、チャレンジしたいと思います。
コメント

チューブレス化

2018-03-25 21:37:58 | Weblog
チューブレス化を進めています。

シクロクロスは2台とも既に、チューブレスです。

MTBは、通勤車以外の2台はチューブレスです。

そこで、今回、シクロクロスシーズンが、終わったところで、SWISSCROSSのホイールをロードに回し、ロード用チューブレスタイヤを取り付けました。

そして、今日、遊輪館練習 成木周回で、走ってみました。

機材に対して鈍感な私としては、走りの違いは、良く分かりません。

それでも、どうかと言われれば、漕ぎ始めの加速が軽いような気がする、と答えておきましょう。

クリンチャーに比べて、良いところは、色々あるのですが、ふんぎれない理由は、何と言っても、タイヤ装着の面倒くささと、空気の減りでしょう。

コンプレッサータンクを買ったので、タイヤ着脱のストレスからは、解放されました。

これからは、チューブレスタイヤの交換、取り付けが、楽しめそうです。


取り付けたロード用チューブレスタイヤ






コメント

Mistral Cycle Xross Games

2018-03-18 21:13:21 | Weblog
今日は、Mistral Cycle Xross Games第3戦に行ってきました。

この大会は、普通のシクロクロスのレースではないのです。

20分、40分、60分とあって、登録カテゴリーにかかわらず、どれにでも出られるのです。

今回は、シクロクロス60分に出場しました。

通常であれば、60分は、カテゴリー1です。

私のカテゴリーであれば、普段は30分なのですが、同じエントリー料であれば、2倍楽しめた方が(苦しむ?)いいと思い、今日は60分にしました。

コースはフラットで、周回の距離は2㎞と短いので、カテゴリー1クラスの選手には、周回遅れにされるだろうと思いましたが、その通り、速い3人の選手に、2周回遅れにされました。

気持ち良く走れましたので、期待したのですが、結果は17位(24人中)でした。

後ろには、もっといると思ったのですが、混走の60分耐久の人たちだったのですね。


今シーズンのシクロクロスは、今日で終わりです。

茨城、湘南、Mistral、前橋、富士川、今シーズンも楽しめました。


本日のマシン


土手には春が来ていました。


芝生を走ります。


草地を走ります。


林の中を走ります。


シケインを越えます。


間もなくゴールです。

コメント

コンプレッサータンク

2018-03-13 21:47:49 | Weblog


これは、コンプレッサータンクと言います。

別の名称で呼ばれてもいますが、この呼び名で、何となく、何なのかが分かります。


チューブレスタイヤを、リムに装着するのには、少なからず、苦労するものです。

と言うよりも、かなり苦労します。

これを使うと、一発でできる、と言うので、買いました。

そして、今日、初めて、使ってみました。


感動しました。

本当に、一発でできました。

使い方を考えていて、うっかり、石鹸水を使わなかったのですが、見事に装着完了しました。

これから、チューブレスタイヤを使うのが、楽しくなりそうです。


背景は、今回タイヤを付け替えた、乗りたくなる自転車SWISSCROSSです。
コメント