you are my sunshine

~40歳で娘を授かったわたし(50代)のこんな毎日~

Nスペ~看護師たちの限界線~

2021-04-18 | 日々のこと
土曜21時より放送されたのを録画でみる。

コロナ患者を受け入れている東京女子医科大学病院のICUにカメラが入り、
今年3月までの5ヶ月間を追ったドキュメンタリー。

過酷な現場に言葉を失う。
妊娠7ヶ月の看護師までもが応援に入らざるを得ないという現実。

身体中を覆った防護服と1キロもある防護マスクで、これまでの半分しか動けない。
病室に入ったら、ひどい時は5時間くらい出てこれないから、
紙おむつをしている看護師もいるという。
初めてのことでわからないことだらけ、
なのに立ち止まることも考える時間もない。
患者に対して自分のやってあげたいことができないジレンマ。
自宅にも帰れず用意されたホテルから職場へ。
食事は外食を警戒し、ほぼコンビニ。
出かけることも躊躇してしまう毎日。

追い討ちをかけるように、コロナで通院を控えた患者減による経営悪化で、
夏、冬のボーナス減、昇給見送り。

体力、気力ともに折れてしまうひとが次々に出てくるのは、
当然だろう。

GWヒマーなんて、なにいってんだろわたし。

不要不急の外出はしない。
マスクをして、手洗いうがいは欠かさない。

GW前に、この番組を放送した意味を改めて考える。
コメント

GWの予定

2021-04-17 | 日々のこと
急性胃腸炎で4日間はほとんど食べることができなかった。
食い意地の張ってるわたしだけど、
さすがにその間はあまりの痛みに食欲もなかった。

体調が戻った3日後、PCR検査にでかけた。
帰りみち、読書会の課題本、夏目漱石の三四郎を探すため、BOOK・OFFに立ち寄った。
その時、目に留まったのが山本一力著「味憶めぐり」
表紙のカツサンドがあまりに美味しそうで、
なかも見ずに即買い!

山本さんも食いしん坊なんだろうな。
紹介されている全部のお店に食べに行ってみたくなる。

25店が紹介されていたが、行ったことがあるのは、
スマート珈琲店(京都)
吉宗(土のほうが正しい、銀座ではなくわたしは長崎本店)
資生堂パーラー(銀座)
と、この3店だけ。

表紙は、日本橋「宇田川」のカツサンド。
食べてみたーい!
大好きなコメダ珈琲のみそカツサンド(1000カロリー越え!)と、
どっちが美味しいのだろうか。
コスパがいいのはコメダよねー。
でも贅沢してみたい!

帝国ホテルの「パークサイドダイナー」で朝食に出される、
ワッフルとベーコンの組み合わせが、絶妙らしい。
あーこっちも食べてみたーい!

今年のGW、わたしは9連休。
帰ってこないでと言われているので、帰省はなし。
旅行の予定も当然ない。

平日休みに、宇田川のカツサンド、食べに行きたいなー。
話題の東京国立博物館で開催中の「国宝鳥獣戯画のすべて」も観ておきたいなー。
映画も観たいなー。

でも週1の体操も、蔓延防止の発令で、来週から4週間休会となった。
感染者が増えてるし、カツサンドも鳥獣戯画も不要不急ではない。

日比谷公園あたりで黙々と食べて帰ってくるのはどうかしら。
もちろんひとり。
博物館も感染対策されてるだろうから大丈夫かも。
ただチケット取るの、厳しいかな。

9連休、どうしよう。
なんにもないのはつまんないなー。
1年前ってどうしてたんだろ?
すでに思い出せないわ。
コメント

イライラの鎮めかた

2021-04-16 | 日々のこと
なんで最後まで綺麗にすくわないかなー。

っていうか、蓋して、冷蔵庫にまた戻す神経がわからん。
これを誰が塗って食べるっちゆうねん(怒)




朝からイラつく。


昨日、仕事帰りに買ったアンジェリーナのモンブラン。
財布にお金が入ってなくて2個しか買えなかった。

1個を娘と半分こして食べた。
夫は後で食べるというから冷蔵庫に。

結局食べてなかった。

売り子のお姉さんが言った。
「なま物ですから、必ず本日中にお召し上がりください」

ヤバい、今晩だとお腹壊すかもよね。
仕方ない、わたしが食べてあげようではないか!




イライラ鎮まる。

コメント

ユーミン苗場2021 LIVE配信

2021-04-14 | 音楽
すっかり体調ももどった土曜の朝、
ニッポン放送の八木さんのラジオを聴きながら洗濯物干していたら、
今晩ユーミンの苗場LIVE生配信があるよー情報が流れてきました。

ユーミンのLIVEは、もう20年以上行けてない。
アルバムも買って、しっかり聴いていたのも70年から90年までの20年間かなー。
ユーミンのfmはずっと聴いていたけど、平日になってからはたまにしか聴けてない。

苗場は、昔の曲をたくさん歌ってくれると聞いていたので、
一度は!とずっと思っているLIVE。
55才の誕生日は、絶対苗場に行くと決めていたのに、
結局チケットがとれなかった。
それ以来忘れてたくせに、勢いでチケットゲット。
20時からの放送を楽しみに待ちました。

そしてLIVEスタート。

よかったー。
パソコン画面からだけど、よかったー。

やっぱりユーミンはすごい。
67才。どんだけ努力してるんだろ。
あーわたしまだまだだわ、頑張らなきゃって元気もらったわ。

ピアノの武部さんもほんとすごい。
64才(誕生日わたしと1日違い、関係ないけど)
ユーミンの400くらいある楽曲、即座に弾けるのは武部さんだけらしい。
ユーミンが長生きしてほしいと言ってたけど、わたしも激しく同意。

好きだった曲、歌ってくれました。
「ジャコビニ彗星の日」「ツバメのように」「NIGHT WALKER」
新しいアルバム「深海の街」の「ノートルダム」もよかった。

昔のような声量はないけど、やっぱりユーミンはユーミン。
歌ってくれるだけで、もうそれだけで嬉しい。

ユーミン、ずっと歌い続けていてほしい。
必ず苗場、行くからねー!
コメント

コロナかっっ!!!

2021-04-11 | 日々のこと
それは4月1日から2日へ日付が変わった頃始まった。

お腹の真ん中あたりがまるで内臓を捕まれたような痛みと、
下痢の予感で目が覚めた。
急いでトイレへ。水のような下痢。
痛いから寝るのだけど寝ても痛い。
寝返りを打ってすこしでも痛くない寝方を探ろうとしても、どう動いても痛い。
そしてほぼ1時間おきに襲ってくる下痢。
なぜか嘔吐はなかった。
朝まで一睡もできなかった。
普段5時には下に降りていくのだが、
起きてこないわたしを心配(朝ごはんのだろうけど)して部屋に来た夫に、
「悪いけど、起き上がれない」と言った。

トイレ以外起き上がれないくらいの今まで感じたことのない倦怠感。

それから4日間、部屋の前のトイレと病院に歩いていく以外、
ほぼベッドから起き上がることができなかった。
つくづくトイレが部屋の前でよかった(涙)

以下覚え書き。

4月2日(金)
夜中中痛みと下痢で苦しむ。
午前9時ごろ、熱があるような気がする。
37.8℃だった。平熱が35℃台なので、明らかに高い。
お腹は相変わらず痛いし、下痢も続く。
ひたすらベッドの中で腹痛と戦う。
食欲はまったくない。
娘に水やらポカリを持ってきてもらい、それを飲んでしのぐ。
冷えピタを貼る。

お昼過ぎに37.5℃に。
頭痛はないがお腹痛すぎ。
ほとんど眠れないまま、朝を迎える。

4月3日(土)
まだ熱が37.5℃。
トイレ以外起き上がれないし、下痢も治まらない。腹痛も続く。
これはコロナかもしれないと、ベッドからスマホで市の感染症センターに連絡する。
車はないので、自宅から徒歩で行ける検査してくれるリニックを紹介してもらい、
午前9時になって即電話。
11時半に来てほしいを言われ、ヘロヘロになりながら、シャワーを浴びて、でかける。
徒歩20分くらい。ゆっくりゆっくり歩いてクリニックの前に来て電話。
看護師さんが出てきた。裏口を案内される。
職場やまわりからは、医者が出てきて外ですぐ検査と聞いていたが、勝手が違うようだ。

裏口入ってすぐの小さなスペースで問診票を記入するように言われ、
その後診察室に通され、医師からの問診。
「コロナではなく急性胃腸炎です」と言われる。
その場で支払いを済ませ、処方箋を出してもらい、
隣の薬局で薬をもらう。
コロナじゃなかったと安堵したものの、検査してないのに大丈夫なのかと、
帰り、タクシーを使う気になれず、また徒歩で帰宅。

処方されたのは
・カロナール
・ビオスリー
・ブチルスコポラミン臭化物錠

飲んで寝るも、全く状態は変わらずというか酷くなってる気がする。
熱も上がったり下がったり。
まったく食欲なし。下痢が続く。
またほとんど一睡もできず。

4月4日(日)
腹痛と下痢、倦怠感はほとんど変わらず。
熱はなくなった。
一瞬痛みが和らぐ瞬間があり、あーこれでちょっと眠れるかもと思ったとたん、また痛みが始まる。
悪質な拷問。陣痛が何日もずっと続いている感じ。
この日もほぼ眠れず。午後11時5分から朝の5時までほぼラジオ深夜便が聴けた。
それまでの3日間はラジオの音さえも聴きたくなかったのでつけていない。

4月5日(月)
ここにきてもお腹の真ん中の鋭い痛みが治らないし、
この3日間ゼリーを半分とヨーグルトを半分くらいしか食べていないのに下痢がまだ続いている。
朝、娘がお粥とみそ汁の汁だけ作って持ってきてくれたので少しだけ食べてみる。
お粥も汁も恐る恐る口にしたが、美味しくてスプーン5杯くらい食べられた。

ネットで家から歩いて5分のところに消化器内科(最初に検査に向かったところも消化器内科だった)をみつけた。
ここでもう一度診てもらって、PCR検査もお願いしようと思い付く。
シャワーを浴びる気力もなく、顔を洗って歯を磨いただけで午前11時過ぎにでかけた。

ここでも診断は「急性胃腸炎」
PCR検査はしてもらえないのか聞いたら、
あなたの症状は明らかに「急性胃腸炎」だから必要ないと、この先生もおっしゃる。
薬は前のところでもらったことは問診票に書いていたが、また処方箋をもらう。
隣の調剤薬局に行ったら、薬剤師さんがお薬手帳を見て、
名前が違うだけで前のところでも同じような整腸剤がでてますねとおっしゃるので、
先生に確認してもらっていいかお願いする。
前のところが14日分でていたので。

先生は検査に入っていて20分くらいかかるとのことだったので、
では夕方までに連絡もらえれば娘に取りに行かせるからと伝えて帰宅。
着替えてまたベッドへ。
連絡なし。
この日は最悪で、夜中1時間に4回くらいトイレに行くのが明け方まで続いて、
もう入院したいと思った。
お腹の痛みも全然引かない。

4月6日(火)
午前9時すぎに薬局に電話。
どうなったか聞いたら、先生から指示された薬を飲むようにとの返事。
娘に取りに行ってもらおうと思ったが、あまりにつらいので点滴してもらおうと、
午後3時すぎ、しんどい身体でヨロヨロしながらクリニックに。

先生に「痛くてたまらないし食事もここ数日ほとんどできないので、
点滴してもらえませんか」とお願いするも、
高齢者とか小さな子供とかだったらやるけど、
あなたの場合やるなら朝からゆっくり1日かけてやらない限り、
尿で流れてしまいあんまり意味がないよ。
昨日の夕方薬の指示したのに、なんで飲まなかったの?と言われた。
昨日は連絡がなくて、朝こちらから電話したことを伝える。
なんで(薬局は)ちゃんと昨日連絡しないかなと言って、
飲んでよくならなかったら、また薬を変えるからと。
ちゃんともらって飲みますと謝って、先生も、大丈夫、治るからねと励ましてくれる。

帰宅してすぐ、新しくもらった薬を飲んでみた。

ビックリ!
こんなことがあるのだろうか。

よくベンザブロックとかのCMで球体がバンと砕けて粉々に飛び散るシーンがあるけど、
まさにあの感じ。
お腹の真ん中にずっと居座っていたあのどうしようもない痛みが、
飲んだとたん、バッと砕けて四方八方に広がって和らいだのだ。
これほんと。
とたんに身体も軽くなる感じ。
なにをしても引かない痛みに4日以上振り回されていたので、
ちょっと怖いくらい。
でもこれでよくなると確信する。
どの方向に寝返りしても痛かったのに、横になるのが怖くない。

処方されたのは
・ラックビー微粒N
・リーダイ配合錠
・プチルスコポラミン臭化物錠(そこは前のクリニックと同じだか1錠と言われていたのをこちらは2錠飲んでいいと)

夜寝る前に、頓服のプチなんとかをとりあえず2錠飲んだ。
夜中の下痢との闘いが3回ほどで済み、痛みも優しい?ものに変わった。
先生に感謝しながら眠りにつく。

4月7日(水)
朝、目が覚めると、あっ今日からもう起きられると思った。
身体が全然違う。倦怠感がない。

気合を入れようとガッと起き上がり、ベッドから出たらそのままバタンと床に倒れた。
あーおバカ。
また布団へ。でも久し振りにお腹が空いてきた。
初めてオナラが出た。下痢ではない。
あー治ったかもと思えた。痛みもなくなっていた。

お粥とお味噌汁の汁を飲んだ。
身体に染みわたる感じ。
すこしだけ家事をしてみる。
少し動いただけなのに、疲れる。

その日の夜、チョコレートやクッキーを食べまくる夢を見て、
それを夢だとわかっているわたしもいて、
あーやっと食べたいと思えるようになったんだねーとその様子をみているのがおかしかった。

4月8日 (木)
5時半くらいに起きて、
夫に久々コーヒーと、トーストを食べさせる。
この日は洗濯もできた。
あとはまたベッドに横になったり、新聞読んだりゴロゴロ。
今日まで夕食は娘に頼む。

4月9日 (金)
すっかり体調がもどり、5時起き。
燃えるゴミの日なので、トイレで毎回消毒していたペーパー、ゴム手袋、
わたしが使ったタオル、寝付いてから着ていた下着と部屋着すべて捨てる。
シーツとカバーは滝洗いにして、布団は干す。
部屋は何度も拭く。
かなり気分的にスッキリする。

休みながら、家事もすこしづつやり、11時過ぎにクリニックへ。
先生の処方のおかげですっかり元気になったとお礼を伝え、
月曜から仕事も行っていいと言われる。
クリニックを出てそのまま横浜PCR検査センターへ。
土曜の午後11時に結果がわかるとのこと。

結果は陰性。

とりあえず仕事に行けるとホッとする。

こんなに痛かったこと、寝込んだことは初めてだった。
ついでにいやしいわたしが、4日間も食べなかったってことも。

でも治った金曜から、おそろしいくらい沸き上がる食欲に、
これまた自分でも驚く。
あんなに怖くて食べられなかったのに、
白ご飯茶わん2杯とか食べられるし。
揚げ物とか食べたくなるし。
すごく迷ったけど、食べないと力もでてこないし、
この食欲に従おうと食べまくって多分1日で2,000カロリーは食べたかな。
翌日、久々普通便がでて嬉しかった。

家族にも職場の方たちにもいっぱい迷惑かけたけど、
皆優しかった。

わたしは病気しない、丈夫な人間とか、どんだけ傲慢に生きてきたんだろ。
ちょっぴり謙虚さも学びました。

また元気になれたことに感謝して、月曜からの仕事、ボチボチ頑張ります。

久々食べたからなのか、顎のコリが出て、ちょっとウケた。
コメント (6)

『俺の家の話』最終回

2021-03-28 | 日々のこと

最終回、まさかの結末に絶句!
クドカンすごすぎ。
西田敏行すごすぎ。
長瀬すごすぎ。
長州力、棒読みのくせに味があるのがすごすぎ。
(いつもアベノマスクだったから多分山口出身だなと調べたらBiNGO!)

いい家族だったなー。
江口のり子、最後まで笑わせてくれてありがとう!
コメント

帰りたいけど

2021-03-28 | 新型コロナウイルス
シフト調整して6連休がとれることに。

昨年の1月中旬に帰省した時に、
また3月に帰ってくるよ、(父と母を連れて)花見にいこうと姉と約束してました。
夫のほうの両親も別の日に連れていけると考えてました。
でもコロナ。

もう1年帰省できてません。
その間に友人たちの親御さんが相次いで亡くなりました。

今年も桜の開花宣言が出だし、緊急事態は解除されたけど、
感染者は一向に減らず。

迷いましたが休みが調整できたので、姉に連絡。

「来てくれるのは嬉しいけど、監禁状態だよ。
お父さんもお母さんも施設にお世話になってるから、
(もしもがあったら)皆に迷惑かかるしね。
花見はもう1年辛抱しよう」

花見、そして帰省、辛抱するしかないよね(涙)

コメント

2021年 春

2021-03-27 | 娘の受験・中高一貫生活
1ヶ月休んだり、2学期中間テスト受けなかったりで、
留年かもとドキドキしてました。

娘なりに出席日数を計算していたようですが、
今年度はコロナでの休校もあったし、どうなるかわからないねと話してました。

終業式の後のホームルームで、
みんな進級!と担任の先生がおっしゃったそうです。

迷惑をかけた地学の先生が、終業式で退職の挨拶をされたので、
ホームルームが終わってから、挨拶にいったそうです。
先生、上げてくれてありがとうございますと。

先生は「心配しなくても大丈夫だったよ」とおっしゃってくれたそうで。
先生方の温情も多分にあったんだろうと想像してます。

高2はほんといろいろあったなー。
おかげで、わたしも少しは謙虚になれた気がします。
って自分でいうところがまだまだだわね。

夫も変わったし、わたしも変わった。ほんのちょっぴりだけど。
よくないと思うことも実はよいことだったりする。
逆もしかり。

高3はもっとなんやかやあるのは間違いない。
覚悟なんてできない。
あった時に考えよっと。身がもたん。

前の公園の桜が満開となりました。

来年、この桜を、
わたしは、どんな気持ちで眺めるのだろうな。






コメント (6)

桃の節句の朝は富士山も桃色!

2021-03-03 | 日々のこと

夫が「今日の富士山はピンク色」と教えてくれました。

桃の節句にピッタリ。(←これも夫)

夜はちらし寿司‥‥‥…かな。




10分で設置完了!
出すまでが長かったー。
コメント (6)

ミスドの行列

2021-02-26 | 日々のこと
このところ気になってました。
みるといつも行列。
夕方でも寒い時でも雨の日だって行列。
昨日も仕事帰りに通ったけどやっぱり行列。
全然並んでなかったのに、ある時から急に。
それがずっと続いている。

以前?!SoftBankユーザーがいろいろもらえた時あったから、
それだと思ってました。

今日スーパーの帰りにみたら、並んでいるひとが5人くらい。
あら、少ない。
近寄ってみた。
!!!
ピエールマルコリーニとのコラボドーナツだったんだ。

わたしももちろん並ぶ。

六種類あったみたいだけど、四種類は販売終了となり、
二種類だけになったみたい。
だから今日はもう並んでないのかな。
ひとり4個まででした。

どっちの味も食べたいから半分に切って娘と。
夫の分も残しとかないとね。

普通に美味しかったけど、一回でいいみたい。
食べられなかった4種類が気になる。
なんならそっちのほうが美味しそうに思える。

あー早くわかっていれば。
コメント (2)

ローストビーフって超ハイレベルな料理なの?

2021-02-23 | 日々のこと
薬丸裕英さんがblogで、妻石川秀美さんが作ってくれたローストビーフを、
超ハイレベルな料理だと書いてました。
LINEのニュースでみたのだけど。

料理下手なわたしにとって、ローストビーフは超簡単な料理です。
クックパッドみて、それ参考にしてます。

調理30分前には冷蔵庫から出して塩コショウすりこんで放置。
フライパンで全面ゆっくり焦げ目をつける。
つけてる間は基本動かさない。(←これは伝説の家政婦の進言)
全面焦げ目がついたら、ラップで二重に包み、ジップロックにいれて、
沸騰したお湯の入った鍋に投入し3分沸騰し続ける。
火を止めそのまま15分~20分鍋にいれたまま放置したら出来上がり。

めちゃくちゃ簡単なわりに美味しい。

石川秀美さんはどんなレシピなんだろ?
使った肉は超ハイレベルなんだろなって画像でわかったけど。

ヤバッ!間違えた!
どこにも「料理」なんて書いてなかった。
すみませんでした。
やっぱ肉ってことかな。


昨日、ブイヤベースを作りました。
初めてかも。
仕事帰りに久々デパ地下に降りました。
カンパチのカマ2つで600円のものが270円値引きされていたので、カゴへ。
カマはぶりよりカンパチがあっさりしていて好きです。
値段もカンパチの方が安い。
友人の京子ちゃんから教えてもらったのがきっかけ、みつけたら買います。

有頭海老の頭だけが15個くらいのパックが値引きされ250円くらいに。
お店のおじさんがブイヤベースにいいよーと言ったので、
作ってみようかなとカゴへ。
横にあった鱈のアラも値引きされ250円くらい。
あさりは地下は高いので、近くのスーパー3軒寄ったけど売り切れ。
イカを買って、あさりは冷凍のミックスシーフードで代用。
スマホでレシピを確認しながら、
トマト缶ふたつと400円の白ワイン買って帰りました。
白ワインなんて5年くらい買ってないかも。飲まないし使う機会がない。

レシピみて、家にないものは省略して、
適当にアレンジして作ってみたところ、  
海老の出汁が濃厚ー!美味すぎ。
いやぁーブイヤベース、いいですねー!
Soup Stock Tokyoのオマール海老のビスクを彷彿とさせる味。
なーんて1回しか食べたことないからよく覚えてないけど、雰囲気ね。




↑↑↑↑↑まだソースみたいになって残ってます。
朝はすこし鍋にとって、
そこに玄米とブロッコリーをいれてリゾット風にして食べました。

ふたりはまだ寝てますが、同じくリゾットにして、
チーズ載せて食べさせようかな。

今晩はわたしはカマを食べまーす。
明日も休みだから、ビール飲んじゃお。

ふたりにはなにかあっさりしたものを。
カマ美味しいのに食べないんです。

今日は祝日、お雛様でもだそうかなー。(まだ出してない 汗)
明日になるかなー。
コメント (10)

豆苗

2021-02-17 | 日々のこと

はじめて豆苗を買ってみた。

使った後、水入れて置いといたら。

生命力、すごっ!
コメント (2)

我が家の森会長

2021-02-13 | 日々のこと
今朝の情報番組は森会長問題をやっていた。
観ていた夫が言った。

『あー昭和はよかったよなー、ガタガタ言うな!ですんだ』

まぁこの意見は想定内。
続けて

『うちのお袋はこういう女(※1参照)が一番好かん(嫌いだ)もんな』

なるほどー。

こうやって、わが家の
森会長の一丁あがりー!


※1 わきまえない女
コメント (4)

森会長発言

2021-02-10 | 日々のこと
関西や新潟に住んでいた時に観ていた
『そこまで言って委員会』

8名いるパネリストは、
保守系がほぼ過半数を占め、
左系は基本田嶋陽子先生ひとり。
そこに色物系あるいは芸人枠がひとつ、
そして若くて美人が必須条件の女性をひとり用意するのが鉄則。

保守系のひとたちは必ずよってたかって田嶋先生を叩く。
田嶋先生はそれにもめげず、激しく持論を展開する。
容姿もバカにされ、あきらかにヒステリー女の扱い。
多数いる保守系の人たちは、逆の立場になったらあれだけ強くいられるだろうかとよく思った。
きっと彼らにはできないだろう。

そして若くて綺麗な子はただ座っているだけ。
たまにコメントを求められても当たり障りのないことしか言わない、それは事前のお約束!?

あれって日本の社会はこういう風にできているっていうのを、
うまくあらわしているな~と、つくづく感心する。

もし田嶋先生が吉永小百合の顔だったらあそこまで叩かれただろうか。





あるいは森会長が北大路欣也の顔で言ったら、世間の反応はまた違ったものになっただろうか。



いやいや容姿は関係ないだろ。

いやいやあるだろと思うわたし。

『そこまで言って委員会』
たかじんさんが司会の時は、田嶋先生のこともうまく救っていたように思えた。

今も辛坊さんがやっているのかな。
関東ではやってないので観てないけど、
観ていた時は、たかじんさんがいた時もいなくなってからも
辛坊さんは多数派寄りの司会だったように思う。

たかじんさんのような包容力は感じられなかったな。
コメント

あーよかったー!

2021-02-10 | 日々のこと
お昼休み、エレベーターにのってすぐスマホを取り出し、
虹彩認証にしているのでおもむろにメガネを外しました。
メガネをしているとロック解除ができないことが多いので。

そしたらどういうわけかドアが開いたのと同時に、
右手につまんでいたメガネがスルッと落ちて、
それがなんとエレベーターと床の間のほんのわずかの隙間に消えたんです。

ギャーーー!
のっていたのはわたしだけ、思わず声をあげました。

そして急いで防災センターへ。
数百メートル先にあるそこに着くまでの間、
エレベーターでもうすでに事故が起きてるかも、
ケガ人がでて大騒ぎになっているかも、
故障したら全額請求されるのだろうか、
などなど悪しき事態の妄想が渦巻き、血の気が引くわたし。

窓口で焦りながら事情を説明したら、
担当のお兄さんはのんびりとした口調で、
「ポケットがあるから大丈夫ですよ~」と。
落ちたものはそのポケットに入る仕組みらしい。
わたしが降りたのは一番下の階で、それもよかったようです。

月1回の点検が今月はもう終わっていて、
イレギュラーであればその時にみてもらうけど、
とりあえず次の点検まで待ってもらえますかと言われ、
連絡先とメガネの特徴を用紙に記入しました。

よかったー、大ごとにならずに。

そのあと立ち食いそばを食べ、また職場に戻ろうとしたら携帯が鳴りました。
さっきのお兄さんからで、メガネ無事との連絡でした。
わざわざ見に行ってくれたのです。
のんびりしていたわりに仕事は機敏ではないか!
ありがとう、お兄さん。

それにしてもあの隙間にまさか落ちるなんて。
でもポケットがあるってことはわたしみたいなひとが他にもいるのでしょうね。
こんなことなかなかないとは思いますが、皆さまもくれぐれもお気をつけくださいませ。



無傷のメガネ!
コメント (6)