you are my sunshine

~40歳で娘を授かったわたしのこんな毎日~

眠れるわたし

2019-01-21 | 日々のこと

ずっと不眠症に悩まされていました。
枕も替えてみたり(あんなに文句言ったのに、結局3000円のイタリア産!?メディカル枕を使ってる)
高級ポプリも置いてみたり。
自分の中では結構深刻な悩みでした。

眠れないので日曜の深夜に聴くNHKFMの「眠れない貴女へ」が楽しみでした。
23時半に始まるのですが、それが最近は最初にかかる1曲目さえ覚えてない。
ハッと気づくと午前3時くらいだったりします。
以前は最後(午前1時)まで聴けて、それからもあ~眠れないな~と思いながら悶々としたのに。

いつからなのかよくわかりませんが、ここ2ヶ月くらいかな?
テレビで面白い番組がない時は、10時半過ぎになんとなく寝室へ。
パラパラと本をめくりながら、11時過ぎにラジオ深夜便を聴き始めるのですが、たぶんあっという間に眠れてる気がします。

それと同時に朝も起きられなくなってきました。
目覚ましは5時半にかけているけど、6時に起きることも。
とにかく眠いんです。
会社では眠たくなることってほとんどなかったけど。

以前ほど、眠れないってことに悩まなくなっったような気がします。

なにが効いた!?のか、原因を特定できないのが残念なのですが、
意識して小麦製品と加工食品を減らすようにして10ヶ月くらいかな。
それがすこしづつ効果がでてきているのかなと思ったりもしています。

小麦製品は、パスタ、うどん、焼きそば、餃子、ラーメン、お好み焼き、ホットケーキ類をしょっちゅう食べていたのが、
ほとんど作らなくなりました。
パン、ケーキ、クッキーなんかはやっぱり買っちゃいますね。
いただき物があったりするので食べちゃいますし、外でも食べますね。
ただパンも以前に比べたら断然買ってません。
とりあえずパンでしたもん。
夕食作る前にとりあえず菓子パン1個、
なんてことを当たり前にやってました。特に仕事の日ですね。

加工食品も、お弁当があるので、
ウインナー、ハム、ベーコン、魚肉ソーセージ(夫用)、ちくわ、さつま揚げは、
常に冷蔵庫に常備していました。
今はほぼ買いません。たまーにどれかを買うくらい。
外で食べるくらいですかね。

ただお弁当のおかずつくりに困ります。
ウインナーやちくわにキュウリやチーズ入れたので簡単に1品になるし、
場所も埋まるので助かっていたので。

なにはともあれ、以前ほど眠れないと悩まなくてもいいのが嬉しいです。
眠れないからビールやハイボールも飲んでいたけど、
最近はコンビニの前も素通りできるようになりました。

まぁ退職するんで、お金ないってこともあるんですけどね。


あっ!わかった!

仕事辞めることにしたからかも!

きっとそれだ(笑)

コメント

ガーデンバリア(ミニ)をつけてみたが・・・

2019-01-21 | 日々のこと


裏が公園で、坂が多いせいなのか、
とにかく猫が多い。

坂を下りて駅まで向かうのですが、その途中3~4匹は必ずすれ違います。
その地域のボス猫の顔も覚えました。

そして我が家。
台風で塀が飛んだ時期からでしょうか。
猫の糞被害に悩まされるようになりました。

家の裏も玄関の方にも。
ブツを片付けるのがほんと嫌!!!

そうこうしているうちにお隣が、



をつけたのに気づきました。

うちも対策しなくてはとネットで調べて、
柑橘系やコーヒー豆のカスとか嫌うとあったので、とりあえずやってみました。

コーヒー豆挽いて、豆カスとコーヒーも一緒にそのまま塀の下に撒いたら、
見た目がなんとなくウンチっぽい・・・(汗)

さっそくお隣の奥さんにメール。

「ごめんね。うちの塀に撒いてるのコーヒーの豆のかすだから、気にしないでね」
「あと柑橘系のリネンウォーターがあったからそれも撒いてみたけど、臭かったら言ってね」

お隣も、チクチク棘が付いたマットとか猫が嫌がる砂みたいなのとかいろいろやったけど、
それでも来るから、試しに超音波のを買ってみたのよって。
二軒先のお宅の広いお庭に、猫ちゃんたちが集まってくるらしく、
どうもそこの奥さんが餌をあげていて、自分ちは通り道になってると。

うちもちゃんと対策しなくてはと、
Amazonで評価が高かったガーデンバリア(ミニ)を買って取り付けてみました。


がぁぁぁぁぁーーー!
↓↓↓↓↓ このありさま。




わかります?雨どいの下の薄緑のちっちゃーいヤツ。
(ちなみに砂利の上の黒いのはウンチではなく、草です・・・汗)

室外機の上がちょうどいい陽だまりなのか、
朝の8~9時あたりになると、この猫がなごんでるんですよね~。

超音波届かない?
超音波感じない?

どういうこと!(怒)



わたしと目があっても、逃げないのよね。
睨み返してきます。
ハイ、わたしたちのほうが新参者ですから。

夫なんかは気楽なもんで(ウンチの片づけするはずもないから)
帰省した時に、うちの敷地に猫が入ってくるのをみつけると、
「ほらほら、来たぞ!来たぞ!」って嬉しそうに言うんです。
お前は小学生か(呆)

猫は可愛いんだけど、ウンチとなると別問題。

ガーデンバリアつけてから、
そしてお隣もふたつつけてくれたおかげか、
ウンチは格段に減り、喜んでいたら、

元旦の朝、リビングの掃き出し窓の下に、コッテリ・・・。

新年の挨拶なのでしょうか。


我が家も年明け早々運がついて、
幸先のよいスタートがきれたってことかしら!?

コメント (2)

若い大工さんと

2019-01-19 | 日々のこと
家族で「図書室」と名付けている2階の部屋ですが、
洗濯物を干す部屋と化してます。










こんな感じで、物干しざおを窓枠と本棚に渡して使ってました。
建売なんで、最初から室内干しの装備はないし(浴室乾燥はありますが)
サンルームもないし。

使い勝手が悪くて、ネットでいろいろ検索していたのですが、
ホスクリーンをみつけ、我が家には一番よさげだったので、
近所の工務店さんで、台風で飛んだ塀の見積もりをしてもらう時に、ホスクリーンもお願いしました。

ホスクリーン本体は定価だと言われたので、Amazonでわたしが注文して(半額くらいになる)
それを取り付けてもらうのは可能か聞いたら大丈夫ですとのことだったのでお願いしました。



せっかくだからリビングにもつけてもらいました。



使わない時は、棒をクルッと回して簡単に外せます。



天井もすっきり!
なかなか優れものです。

取り付けてくれたのが若いお兄ちゃん。
一緒に現場監督の男性も来たのですが、作業はその若いお兄ちゃんがやってくれました。

監督は途中で別の現場に行ったので、
二人になりいろいろ話しながら作業してくれたんですが、
若い人が大工さんになりたがらないので淋しいと言ってました。

今4年目で、まだ見習いなんだそうです。
40代で自分の家を自分の手で建てるのが夢なんだそう。
9ヶ月の赤ちゃんや飼っている猫ちゃんの画像もみせてくれました。

赤ちゃんがめちゃくちゃ可愛いんです。
色が白くてお目目がキラキラしていて。
女の子と間違えられるでしょっていったら、そうなんですよ~って笑ってました。

赤ちゃんの後ろには彼手作りの木のベビーガードが。
それがまぁ優しい雰囲気が漂っていて、いいんですよね~。

可愛くてたまらないでしょって言ったら、またまた嬉しそうに、そうなんですよね~って。

オムツ替えるの?って聞いたら当たり前じゃないですか!って。

「ねぇ、ハルカなんだか臭いぞ」と口しか動かさなかった夫に聞かせたいわ。


その彼が大工さんになったのは、お父さんが今は家具職人だけど元々は大工さんだったから。
自分は不器用なんだけど、なんかいいなって思ったんだって。

手抜きはしようと思えばいくらでもできるけど、
自分たちは家を建てるのにかかわる(期間)のはわずかだけど、家主さんは長い時間そこに住むし、
ずっと残るものだから、手を抜くことはしたくないと。
こういうのを熱く語るんじゃなくて、朴訥と静かに語るのがまたいいな~と思いました。

奥さんは現在産休中で、春には復帰するというので、
保育園はあるの?って聞くと、まだ決まってないそう。
40人待ちなんだって。

わたしが「横浜は待機児童ゼロなんて嘘だね。それに母子や父子家庭とか病気のお母さんとかが優先されるから厳しいよね」って言ったら、
「そんなのは全然いいんです。というか当然そちらを優先してくださいって感じですよね」って。

自分も両親の離婚を経験し、まず父親と、その後母親と暮らしたって言ってました。
だから料理もうまくはできないけど、やりますって。

こんなことを監督が迎えに来るまで、お茶を飲みながら話してました。

今は女性が4人で建てられるような家もあるそうです。
すごいですよね。

彼は家具も自分で作るって言ってました。
先々、どんな素敵な家を建てるんでしょうね。

若い人が夢を語る顔はいいな~と思いながら、話を聴いてました。

コメント (4)

福砂屋のカステラ 都市伝説

2019-01-18 | 食べ物

お隣の奥さんが、長崎のご実家に帰省されていたそうで、
「福砂屋」のカステラを持ってきてくださいました。

大好きなんです!

夫の転勤で2年くらい長崎に住んでいた時は、「福砂屋」をはじめ「文明堂」
皇室御用達らしい「匠寛堂」の五三焼やら、
ユーミン御用達の「岩永梅寿軒」
そして長崎の地元のスーパーとかにも入ってる地元民御用達の「松翁軒」と、
いろんなお店のカステラを食べました。
というのも両実家への帰省土産と称して、いろんなお店のカステラを買ってたからなんですけどね。

そのなかでもわたしは「福砂屋」のカステラが一番好きです。
ザラメのところなんてねー!

全国のデパートでも買えますが、
わたしのなかでは、福砂屋のカステラは買うものではなく、
お土産でいただくもの。
贅沢品なんです。
カステラ食べたいからって「福砂屋」をわざわざ買うことはないのです。

だからほんと久し振り。
やっぱりおいしいー!

長崎に住んでいた時に知り合った関東出身のHちゃんが言ってたのですが、
福砂屋のカステラは、東京のデパートと長崎本店で買ったのでは味が違うのだと。

断然、長崎の方が美味しいというのです。

作っている場所が違うらしい。
レシピは同じはずだろうけど、やはり長崎でしかだせない『なにか』があるのでしょうか。
寛永元年から脈々と受け継がれる手作りにこだわった製法。
ひとりの職人さんが、卵の手割から焼き上げまでの全工程を請け負うそうです。
そのなかでも長崎の職人さんは別格なのかもしれませんね。

本当のところはわからないけど、
今回久々長崎から買ってきてもらったものをいただいたのですが、
こんなに美味しかったっけ!?って思うくらい美味しくて感動しました。

3歳のお嬢ちゃんも一緒に持ってきてくれたんですが、
お礼を言ってドアを閉める時に、
「よかったね」ってちっちゃい声で言ってるのが聞こえて、
それがまたなんとも可愛らしかったです。

わたし、そうとう嬉しそうな顔してたんでしょうね(笑)

コメント (8)

姉よ、ごめんね

2019-01-12 | 日々のこと
今年の年賀状は、年明けてから作りました。

2日にでかけた明治神宮と一般参賀、
3日目もでかけた箱根駅伝の応援で、10区を走った青学の鈴木君の写真、
この3つを載せた年賀状。

でも業者に依頼したので、できてきたのが9日。
それから書いて送ったので・・・顰蹙だったかも。

今日の朝、姉に電話して「年賀状だけどさ、やっぱり年明けて出すのってよくないかな~」って聞いたら、
「いいんじゃないの」って。

「写真もさ、あの3つってどうかな、つまんないかな?」って聞いたら

「悪いけどさ、いちいち写真がどうかなんて私にはどうでもいいんだけど」
「あんた、ヒマだね~」って。

しまった!と思いました。


1月3日の夜にも姉と電話で話したのですが、
「明日から仕事だからさ、今日は(実家には)行かなかった、
今年初めてのお酒、今やっとゆっくりビール飲んでるよ」と姉。

「えっ、どういうこと!?」って聞いたら

「だって、実家に行くんだから運転しないといけないでしょ」って。

年末年始、ずっと実家に父の介護に行ってたようです。

なのに妹は、帰省もせずに都会でのお正月を満喫のご様子、しかもそれを無神経に年賀状で知らせてくる。
そりゃ嫌味のひとつもいいたくなりますよね。
まずかった(汗)

でも夕方に姉から電話があり
「ごめん、さっきは言いすぎたね」って。

そんなことないよって言いました。

ほんとそんなことない、ほんとのことだもんね。

rimiはお気楽でいいなと思ってるだろうな。


いろいろ落ち込む土曜の夜・・・。


コメント (2)

俺様が怒って帰ってゆきました

2019-01-05 | 日々のこと

今日、札幌に帰る予定だった夫。

わたしは、朝から体操に出かけてお昼前に戻ったら、
夫が『やっぱり明日帰ろうかな、飛行機が飛ばないと嫌だし』と言ってきました。

『えっー!今日帰った方がいいよ』って言ったら、
夫マジギレ。
『そんなに帰ってほしいのか!』とプンプン怒って、
とっとと帰り支度して、
お昼に作ったベーグルサンドとコーヒーも、見送りの言葉も無視して出ていきました。

『飛ばなかったら帰ってくればいいじゃない、明日だったら飛ばない時、月曜仕事行けないでしょ』って、
言ったのも気に障ったらしい。

親に大事に大事に育てられたので、すぐにご機嫌を損ねてしまう夫。
単身になり離れていたから忘れていたけど、
俺様はちーっとも変わってなかったのね。

わたしも、義母みたいにいちいち言い方に配慮(熟慮ともいう)しないから、
ぶつかってしまう。
優しさや感謝、そして知恵が足りないんだろうね。

正月からなんとも気分が悪い。
あっちもそうだろうけどね。

あー4月からが思いやられるわ。
羽を伸ばせるのもあと3ヶ月か~。
2年間あっという間だったわ。
結婚生活20年、神様が2年間だけご褒美をくださったと思うことにしようっと。

やっと薄くなった眉間の縦皺2本、またくっきりしちゃうかも。
怖っ!!!




今朝のFMから流れてきました。ブルーハーツ「ロクデナシ」

『生まれたからには生きてやる』

杉咲花ちゃんもここがいいって言ってました!

コメント (4)

平成最後の一般参賀 天皇陛下からのサプライズ

2019-01-02 | 日々のこと
1月2日、箱根マラソン2区を生麦駅近くで応援して、
明治神宮に移動。
参拝を済ませ、
皇居へ。

二重橋前駅でいったん降りたのですが、トイレの行列がすごくて、
またホームに引き返し、大手町で降りました。
こちらでトイレを済ませ、皇居に移動したのですが、
入場制限があり、あっちにこっちにと歩かされて、
結局正門前にたどり着いたのが12時過ぎ。
それからも長い長い行列で、最後のおでまし、午後14時すぎになっても、
おでましになる長和殿どころか正門にさえ到底たどり着けない状態。

並んでしまったら列をはずれることも不可能なので、
じっと我慢。

わたしたちはほぼ最後かなと思って、正門あたりで後ろを振り返ったら、



まだこんなにたくさんのひとが・・・。(15万人越えだったらしい)

やっと長和殿にたどり着いた時はもう15時を過ぎてしまってました。
予定の5回からもう一度おでましになってくださったようですが、
前にはたくさんのひとがいて、



大画面のスクリーンでみただけでした。

その後、無情にも『本日の一般参賀は終了しました』とのアナウンスが(涙)


残念ですが、どなたも文句など言う方はいなくて、
配慮なのか、『録画です』のアナウンスつきでお出ましになった様子が再びスクリーンに映し出されると、
皆さん嬉しそうにみておられました。

そして、また出口に移動するように案内がありましたが、ものすごい人数ですのでなかなか進まず。
じっと立って進むのを待っていたのですが、どんどん追い越され最後の方に。
周りを見渡すと、人の数もだいぶ減って、後方の警察の方と報道陣の数が目立つように。

そんななか、うしろのほうから『またおでましくださるってよ』と、女性の声が聞こえました。

まわりの皆さん、えっ!?って感じで、ゾロゾロとまた長和殿の方に戻ります。
通常なら身動き一つとれないくらい、ひとひとひとですが、
この時間はだいぶ人数が減ってました。


皇宮警察の方がにっこり笑って
『よかったですね、サプライズですよ』って。

それからしばらくして『16時におでましになる予定です、陛下より新年のお言葉があります』とアナウンスが流れました。

思いがけないことに、みんな興奮しながら待ちます。
背が低いわたしは背伸びしていたら、前に立っていた背の高い男性が振り返った時に、
にっこり笑って『どうぞ、どうぞ』と自分の前に入れてくれました。
なんて素敵なジェントルマン。





キャー、おでましになりました!



皇太子ご夫妻。



秋篠宮家の皆様も。

ガラスを隔てていても、オーラがすごいです。

朝から何回もおでましになり、お疲れのところ、
最後の最後に。7回もです。

多くの人が長い時間ずっと並んでいるのをご覧になっていらして、
このまま返すのは気の毒だと思われたのでしょうか。

娘と感激して、精一杯わたしたちも手を振りました。
長い長い待ち時間でしたが、並んだ甲斐がありました。

ありがとうございました、天皇陛下。皇室の皆様。


新年早々、いいことがあったね!と
娘とふたりニコニコしながら皇居を後にしたのでした。
コメント (4)

2019年 新年は横浜で

2019-01-01 | 日々のこと


明けましておめでとうございます。

夫が、札幌から九州の帰省は、天候的に(金銭的にも)不安で、横浜に帰るというので、
わたしたちも帰省せず、家族で新居で初の新年を迎えることとなりました。


横浜は晴天に恵まれ、穏やかな年明けとなりました。

今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとってこの1年が、
素晴らしいものとなりますよう。




新年最初のたなくじはこれでした!



『何をやっても大吉』

よっしゃぁーーーーー!!!
コメント

平成最後の大晦日

2018-12-31 | 日々のこと

2018年も終わろうとしています。
今年の紅白も楽しかったなー!
わたしもなんでだろ、ユーミンで泣いたわ。

幸せな気持ちで2018年も終われることに感謝です。

今年もブログでお世話になった皆さま、ありがとうございました。

どうぞよいお年を!
コメント

レコ大2018 ピンク・レディーが素晴らしかった

2018-12-30 | 日々のこと

結婚してからもうずっとみてなかったので、たぶん20年ぶりくらい?
それくらい久し振りのレコード大賞。

ピンク・レディーが6分くらいヒット曲をメドレーで歌ったんですが、
ふたりの(特にケイちゃん)キレッキレの踊りに見入ってしまいました。








達成感いっぱいの表情のふたり。

ケイちゃんが「もう死んでもいいと思って頑張りました」と言ってましたね。


スタイルも抜群、とても60歳とは思えない。
素晴らしかったわー。
ふたりに元気をもらいました。
まだまだわたしだってやれそうって思えました。





ピンク・レディーはやっぱり盛り上がるわよね~。
ライブあったら行きたいなー。


ほかにも、去年ライブに行った島津亜矢さん、DA PUMP、そして今年ライブに行ったMISIAと、
聴きごたえのあるひとたちが揃っていて、お風呂にも入らずテレビを独り占めしてみてました。
(夫も娘もそれぞれ部屋へ)

やっぱり音楽はいいな~って思いますね。
明日は紅白。
ユーミンがなにを歌ってくれるのか楽しみ♪

コメント (4)

とらや赤坂店

2018-12-30 | おでかけ
とらや赤坂直営店でだけ購入できるらしい羊羹があります。
『千里の風』です。
屋号にちなんで虎模様なんです。

たまたま近くに行く用事があったので、
叔母と母と姉へのお歳暮はこれにしようととらや赤坂店へ。

なぜなら、3人とも寅年なんです。ただそれだけ。

初めて行ったのですが、今年の10月にリニューアルされたそうで、
檜をふんだんに使った店内は、落ち着いたなかにも洗練された和の雰囲気。
わたしと同じようにお歳暮を買う人、3階の茶寮でお茶をする人たちなど、
クリスマス時期の3連休、たくさんのひとで賑わっていました。



千里の風です。



残月。
これは毎日作りたてのものを、赤坂店でのみ購入することができます。
どこのとらやでも買える残月は日持ちがしますが、
ここのものは3日間くらいだったと思います。
作りたての方は甘さ控えめです。



3階の虎屋菓寮で、この千里の風と抹茶のセットをいただきました。
高いーーー!
なのに残月もつけちゃいました。

ここも順番待ちだったのですが、
2階で発送手続きなどをしている途中で、喫茶の予約を店員さんが入れてくださったので、
あて名書きをしたり、地下にあるギャラリーをのぞいたりして、待ち時間もさほど気にならず。

案内されたのは、前が一面窓のカウンター席だったので、
赤坂御用地の緑を眺めながら、年末の慌ただしさを一瞬忘れゆったりとした気持ちに。

お客さんはたくさんいるのですが、みなさんとっても静か。
独特の雰囲気でした(笑)

お店を出た後は、目の前の豊川稲荷東京別院へ。
ここはジャニーズなど芸能界の方たちが参拝にいらっしゃることで有名みたいですね。
細杉君も、年末にいらしたみたいです。→コチラ

赤坂見附駅に戻る途中、こっちが早いかなと途中で道を曲がって歩いていたら、
小さいけどなんとも素敵な雰囲気のケーキ屋さんが。
『SIROTAE』の文字にピンときました!
レアチーズケーキで有名な『しろたえ』でした。

クリスマスのケーキを用意していなかったので、これ幸いとこちらで購入することに。







レアチーズケーキとショートケーキやロールケーキなど5個買って、1,600円くらい。
お財布にも優しい。
喫茶室は、クリスマスの時期(ケーキ販売で忙しい?)で、お休みでした。
こちらも人気らしいシュークリームもこれまたお休みとのこと。

今時の洗練されたケーキではなく、昔懐かしいケーキといった趣き。
娘はチーズケーキが気に入ったみたいでおいしいと感激しておりました。
わたしはレモンパイやロールケーキが好きでした。

さて、『赤坂とらや』ですが、
元旦の営業は0時から3時まで
初詣のかたたちのためでしょうか、通常の営業のほか、早朝3時間だけ営業されるみたいです。
きっとこの日もにぎあうのでしょうね。

豊川稲荷に参拝にきた芸能人のかたも、こっそりとらやでお茶してたり、な~んてね♪
コメント (2)

2018.12.26でブログ開設から5000日

2018-12-26 | 日々のこと
2005年4月18日からはじめて2018年12月26日本日で、5,000日。


努力したわけでもないし、
自分のやりたいことだったので、
自信とかにはならないのだけど、
10年以上続けられたことが、
そして続けられるものがあったことがとても嬉しい!!!




やったねと

二日坊主の自分ほめ

今日はわたしのブログ記念日 


コメント (15)

NHKラジオ冬休み子ども科学電話相談

2018-12-24 | 日々のこと
5歳のみのり君、


スタジオのオトナたちが、
何度も『えびせん』と言い直すも、

NHKで、


かっぱ  えびせん

元気に連発!







 
コメント

築地本願寺で18品目の朝ごはん

2018-12-22 | おでかけ


福岡の友人が、東京に住む娘さんの引っ越しの手伝いにきてました。

娘さんを見送り、自由の身になったと連絡をもらったので、
会いに行ってきました。
夕方の飛行機だったので、朝から東銀座で待ち合わせ。

わたしが一度行ってみたいと思っていた場所へご案内。

築地本願寺カフェTsumugiです。
ここの『18品目の朝ごはん』を一度食べてみたかったのです。

午前8時から10時半までの朝食タイムの入店は、整理券をもらわないといけなくなったみたいで、
友達と東銀座で待ち合わせた9時前に、先に一度カフェに行って整理券をもらいました。
先着110名までなのですが、わたしたちは81、82番でした。
観光客に人気なのかもね。

40分くらいは待っていただきますと言われたので、
一度出ますとお店の方に伝え、友達を歌舞伎座前に迎えに行き、築地場外市場をブラブラして、
10時前にお店に入ったのですが、順番があるのか、すぐに窓側の席に案内してもらえました。

皿の数の多さに感動!

でもお皿のものは冷めたものばかりで、
お粥でさえ熱々ではなかったので、冬のせいかちょっと残念。
一度食べれば満足かな。

築地本願寺では結婚式が行われてました。
白無垢、綿帽子の美しい花嫁さんでした。

友人とはこのあと、銀座をブラブラして、品川でわかれました。

娘さんは中学からの夢を叶えて、海外へ。
さっそく会社が用意してくれていたお部屋のリビングの画像が送られてきて、
みせてもらったんですが、我が家のリビングより広かった・・・。


コメント

夜と霧 新版

2018-12-16 | 

退職することを、本社に伝えに行った日、
上司とランチをしながら、その旨を伝え、
後は世間話に。

上司であるTさん(女性)も本好きということで、
好きな本の話題になり、Tさんがもう何度も繰り返し読んでいるといったのが「夜と霧」でした。

わたしもこの本のことは知っていて、死ぬまでに読んでおきたいと思う本の1冊でした。
でも内容が内容だけになかなか手に取ることができずにいました。

Tさん曰く、旧訳に比べ新版はとても読みやすい訳になっていると。

というわけで、その日、横浜のブックオフで早速「新版」を買って、一気に読みました。


すべてを理解できたわけではありませんし、
Tさんが何度も読んでいるというのがよくわかりました。
そして、1冊だけ選ぶとしたらという問いに、多くの人がこの本をあげていることに納得しました。

著者は、ナチスの強制収容所から奇跡的に生還したユダヤ人精神科医で、
ロゴセラピーの創始者ヴィクトール・フランクルです。

Amazonなどでいろいろ調べずに、読んでみたほうがいいと思います。
わたしも感想は書きません。



死ぬまでにではなく、今読めて本当によかったと心から思えました。
中学生の娘にも勧めて、彼女は内容があまりに重すぎて、途中読む手が止まったようですが、
2日くらいで読み終わったようです。


ところでわたし
「夜と霧」をなぜか「夜と闇」といいそうになります。

コメント