牡丹に蝶のブログ

政治・経営・宗教的な話に興味があります。過去から現在までの出来事とかを綴ってみたいなと思います。

この議員のファミリー企業を調査してみる価値はあるかもしれません……

2014-10-31 21:51:51 | 政治



川内原発に地元同意 スピード再稼働に安倍官邸「困惑」のワケ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/694.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 10 月 31 日 07:39:05:
igsppGRN/E9PQ


川内原発に地元同意 スピード再稼働に安倍官邸「困惑」のワケ
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154553
2014年10月31日 日刊ゲンダイ

 原発再稼働がいよいよ“秒読み”だ。

 九州電力の川内原発(鹿児島県)について、薩摩川内市の岩切市長が28日、再稼働に同意する意向を表明した。これを受け、鹿児島県は再稼働をめぐる陳情を採決する臨時議会を来月5日招集することを決め、同7日に採決される見通しとなった。
 九州電力も29日、瓜生社長が周辺8市町の首長と会って、安全確保の取り組みを説明すると発表した。

 周辺の活火山群に対する懸念をよそに、再稼働への手続きは“順調”に進んでいる。さぞや安倍政権は喜んでいると思ったら、実は困惑しているらしい。あまり早く進みすぎると困るというのが本音だというのだ。一体どういうことか。

「地元の九電や経済界は燃料費がかさむ冬を前に原発を再稼働させたいと急いでいます。ところが、官邸のホンネは、再稼働を来年4月の統一地方選後にしたい。世論調査では依然、原発再稼働に反対する人の方が多い。冬を前に再稼働すれば、この問題が統一選でクローズアップされてしまいますからね」(霞が関関係者)

 それで安倍官邸は、原子力規制委員会に対し、「ゆっくり審査するように」と暗に“指示”を出していて、規制委が渋い顔をしているのだという。

 原発再稼働が遅れるのは歓迎だが、暴走する安倍政権は原発まで政局に利用するのか。




私見……


川内原発の早期再稼働を
主張しているのは
自民党の「外薗勝蔵県議」のようです!!


外薗議員の『ファミリー企業』である【外薗運輸機工】を調査してみる価値はあるかもしれません……




この記事をはてなブックマークに追加

これは面白い!!創価学会会長と幹部6名が座談会に出席!!自民党離れを示唆!!

2014-10-30 23:25:43 | 宗教問題


これは面白い話しですね

正木理事長達が話していることは最もなことです!

自民党への怒りなどが出るのは当然のことです…
恩知らずの自民党です…

話しが長いので 一部分だけ抜粋させて頂きます



レリーフの話しがあります

なんとも 情けない顔です


ブログ被害者のブログ パート7



[転載]創価学会の会長や理事長らが聖教新聞で自民党をぼろ糞に非難・戦略の転換か・日蓮正宗が創価学会を破門した経緯・池田大作の裸像・怖いカルト創価学会


創価学会会長が聖教新聞で「自民党離れ」
10月30日12時0分配信 FACTA



我らは「人物本位」で政治家を評価--。公明党の支持母体、創価学会の機関紙「聖教新聞」10月4日付に、こんな見出しの記事が掲載され、政界関係者の話題を呼んでいる。
記事は創価学会創立80周年に向けた座談会で、原田稔会長をはじめ正木正明理事長ら6人の幹部が出席。
福田内閣の発足について原田会長が「期待する声、厳しい注文の声等々、国民の反応はさまざまだ」と指摘。別の出席者が「我が創価学会は、あくまで『人物本位』だ」(正木氏)、「我々は政治団体じゃない。どの政党、どの議員を支持しようが全く自由だ」(山本武副理事長)と強調。
さらに正木氏は「特にさんざん応援をしてもらいながら大恩ある支持者を裏切る。逆恨みする。悪党と結託して牙をむく。そういう恩知らずどもとは徹底的に戦おう」と、選挙協力をした自民党を批判したとも受け取れる発言をしている。
同記事には、激しく対立してきた共産党について、1974年に結んだ「創共協定」を引き合いに、「池田大作名誉会長は、あれだけ学会を目の敵にしていた共産党とも協調した。どれほど幅があるか。懐が深いか」などとも書かれている。
創価学会は将来、自民党が野党に転落し、民主党を中心とする反自民勢力結集の動きが出てくることを想定して、戦略を再構築し始めたのではとの憶測も出ている。
------



続きは ブログ被害者のブログ パート7さんの
ブログをご参照下さい


http://blogs.yahoo.co.jp/higaisha_1017/33510855.html


この記事をはてなブックマークに追加

何故 酷似?

2014-10-29 21:49:05 | 政治


塩崎厚労相にも浮上 小渕氏に酷似した「公選法違反」の疑い(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/613.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 10 月 29 日 15:35:05:
igsppGRN/E9PQ


塩崎厚労相にも浮上 小渕氏に酷似した「公選法違反」の疑い
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154529
2014年10月29日 日刊ゲンダイ

 小渕優子前経産相(40)の数え切れない疑惑のひとつが、公選法違反の疑いがある「カレンダー配布」だ。小渕氏のほか、御法川信英財務副大臣(50)の後援会も選挙区内の有権者にカレンダーを配っていたことが発覚したが、同じ疑惑は別の現職大臣にも浮上している。塩崎恭久厚労相(63)である。

 公選法199条は選挙区内の有権者に対する有価物の寄付を禁じている。松島みどり法相(58)が辞任に追い込まれた「うちわ」同様、「カレンダー」配布もアウトだ。

 塩崎大臣の政治団体「塩崎恭久後援会」の収支報告書を見ると、「カレンダー印刷代」として、10年2月に30万4500円、11年1、12月に計28万7700円を支出。支払先はいずれも地元・松山市の印刷会社だ。11年1、2月は「カレンダーデザイン・写真撮影代」で21万円を計上している。記載通りなら、塩崎大臣は「選挙区内で撮影した写真」を使って、「選挙区内でカレンダーを印刷」した。わざわざ30万円もかけて作ったカレンダーを一体、何に使ったのか。仮に選挙区内で配布したなら「アウト」だろう。

 塩崎事務所に質問書を送ったが、4日経っても回答なし。電話の問い合わせにも「担当者から連絡させる」と言うばかり。印刷会社も「答えられない」(総務担当)という。

 塩崎大臣の収支報告書には他にもクビをかしげたくなる記載がある。交際費として、松山市内の果物店から毎月、定期的に「品物」を買っていた。資金管理団体「廿一世紀問題懇話会」は10~12年にかけて総額68万円余りを支払っている。「塩崎恭久後援会」は10~11年に「みかん代」として計6万円を計上していた。

 小渕氏の政治団体も毎年末に選挙区内の農家から特産の「下仁田ネギ」を大量購入していたことが問題視された。「ネギ」が「みかん」に変わっただけで、同じ構図ではないのか。果物店に塩崎事務所が買っていた果物などを問い合わせると「答えられない」と取り付く島もなかった。

 塩崎大臣は12年2月に選挙区内で配った著書が公選法違反に当たるとして急きょ回収したほか、13年2月にも衆院選当選のお礼チラシを地元で配って問題となっている。

 問題が発覚するたびに「事務所として法令順守を徹底したい」と釈明しているが、本当は“確信犯”ではないかと疑いたくなる。




私見……



何故 酷似?


何故 塩崎厚労相の事務所は 回答が出来ないのでしょうか?
不思議ですね…


現在 政党と政治団体が
多すぎることが問題なのではないでしょうか?


現在の政治団体は 同じような団体名が あまりにも
多すぎます!!


団体名の漢字書きが違うだけで 団体名の読み方の名前は同じですよね…


何故 こんなにも 政治団体が多いのでしょうか?


幾ら 結社の自由とはいえモラルに欠けてる以上…


大臣達のスキャンダルをきに 政治団体の見直しが必要なのではないでしょうか?




この記事をはてなブックマークに追加

安倍政権の終焉なのかもしれませんね…

2014-10-28 22:05:18 | 政治


安倍首相は自民党の錬金術学んだ「政治資金疑惑のデパート」(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/549.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 10 月 28 日 07:09:05:
igsppGRN/E9PQ



安倍首相は自民党の錬金術学んだ「政治資金疑惑のデパート」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141028-00000005-pseven-soci
週刊ポスト2014年11月7日号

 小渕優子氏の政治資金疑惑や松島みどり氏のうちわ配布問題で女性2閣僚が辞職した安倍晋三政権。さらには、小渕氏の後任・宮沢洋一経済産業相にもSMバー問題が発覚。塩崎恭久・厚生労働大臣にも地元での口利き疑惑が発覚している。

 大臣の権力を国民の利益ではなく、自分の利益のために使う。そうした私利私欲の政治が安倍政権の根っこにはある。

 第1次安倍政権は「政治とカネ」の疑惑で4人の大臣が辞任に追い込まれた。

 佐田玄一郎・行革相は架空の事務所に「光熱費」「事務所費」など約7800万円を使ったと虚偽の報告をしていたことが発覚してアウト。松岡利勝・農水相が緑資源機構汚職で検察の捜査が迫る中で自殺、後任となった「バンソーコー」で有名な赤城徳彦・農水相は実家を事務所として届け出て政治資金から9000万円の経費を支払っていたことが発覚して辞任した。さらに遠藤武彦・農水相は組合長を務める団体の補助金の不正受給で、在任8日間で辞任した。

 第2次政権でも、体質は何も変わっていない。そもそも安倍首相自身が、あらゆるパターンの自民党錬金術を学んできた「政治資金疑惑のデパート」だ。

 安倍首相の「政治とカネ」の原点は父の晋太郎・元外相から巨額の遺産を受け継いだときで、当時の制度では、政治家が政治団体に寄付する場合は所得から控除を受けることができた。

 晋太郎氏は1991年に亡くなるまでの10年間に自分の政治団体にざっと6億4000万円を個人献金して所得税を節税していたが、その資金を安倍氏は政治団体ごとほぼそっくり引き継いだ。つまり政治資金の仕組みを使った「相続税逃れ」の疑惑がある。そんな政治家が相続税率引き上げ(来年1月)を行なうというブラックジョークに国民はもっと怒っていい。

 そうしたやり方は小渕恵三元首相の跡を継いだ小渕優子氏や、橋本龍太郎元首相の後継者・橋本岳氏のお手本となっている。

 安倍氏は1993年に初当選した頃から「政策はカネ」という感覚を身につけていたようだ。1998年の「金融国会」の頃、安倍氏はNAISの会(※注)を旗揚げ、厚生族議員として売り出し中だったが、金融危機対策に走り回っていた同僚若手議員に囁くように尋ねたという。「金融ってそんなに かるのか? オレもやろうかな」

【※注】根本匠、安倍晋三、石原伸晃、塩崎恭久の各氏が立ち上げた政策研究グループ。4人の名前の頭文字をとっている。

 その嗅覚は、自民党を揺るがした日本歯科医師会(日歯)による一連の汚職事件の際にも発揮された。

 日歯は2000年、厚生族だった安倍氏らNAISメンバーに歯科医師が身体障害者の認定をできるようにする法改正への協力を依頼し、安倍氏側に100万円の献金がなされた。法改正は成立しなかったが、その後、安倍氏が官房副長官時代に厚労省は部長通知で歯科医に認定権を与え、安倍氏は時の日歯代議員会で会長から名指しで感謝された。

「政策はカネ」とは業界や特定企業に対する利益誘導政治に他ならない。現在も安倍氏にはほぼ毎年、歯科医師連盟から献金が続く。


私見……


麻生太郎副総理にも
疑惑が浮上…


総理と副総理のWスキャンダル……


しかし メディアは このWスキャンダルを報じず…


それは 触らぬ神に祟りなし…てことなのでしょうか?


このWスキャンダルが
安倍政権の崩壊を意味しているのかもしれません

この2人のスキャンダルを野党は追及出来るのでしょうか?


野党に興味津々です……


因みに 麻生副総理て
現在も東電株を保有しているのでしょうか?



この記事をはてなブックマークに追加

特別会計で分かる!!財務省官僚の意向!!

2014-10-27 19:29:14 | 政治


ヤフーニュース
時事通信



40人学級復活を議論=生活保護の見直しも-財政審


時事通信 10月27日(月)12時41分配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141027-00000049-jij-pol


財務省は27日午前、財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の会合で、2011年度に制度化した公立小学校1年生の35人学級を従来の40人に戻すよう文部科学省に求める方針を提示した。
民主党政権下できめ細かな指導を目指して導入したが、財政負担増にもかかわらず、いじめや暴力抑制の明確な効果が認められないと主張した。
財務省の試算によると、40人学級に戻した場合、義務教育費国庫負担金を年間86億円削減できる。下村博文文科相は40人学級復活に難色を示しており、年末の予算編成に向けて激しい攻防が展開されそうだ。
また財務省は同日の財政審で、教育研究に必要な経費を国が国立大学法人に支給する一般運営費交付金の配分ルールを見直す必要性を訴えた。


同交付金の約3割を「改革経費」と位置付け、研究論文の数といった新たな評価に基づき配分する内容だ。
財政審は、社会保障についても議論。財務省は、生活保護受給者の医療費に充てる「医療扶助」について、処方する薬を価格の安い後発医薬品に可能な限り切り替えるべきだと主張した。切り替えにより医療扶助を年間約490億円削減できると試算した。




私見……


何故 生活保護世帯ばかりをターゲットにするのでしょうか?


机上で弾き出した数字だけで 財政制度等審議会に
一体 何が分かると言うのでしょうか?


ジェネリックは 必ずしも安全な薬だとは言い切れません…


患者に合った薬を処方しなければ 何の効果もないことだということさえも分からず ただ闇雲に ジェネリック薬を推奨し 一方的な医療扶助費の削減は
生活保護世帯の健康面が危険にさらされる不安を持たざる終えません!!


医療のこと 何も分からないようなのが財政審であることに怒りを感じずには
いられません!!


分からないからこそ
ジェネリック薬を
推奨したがるんです


それでいて……


2013年の【特別会計】では
特別会計は386.6兆円で一般会計の約4.2倍もの予算をつけたと
いうではありませんか?


財務官僚の思惑次第で
特別会計はどうにでも
出来るということです!!


言うなれば 財務省の官僚の意向ひとつで 税金の使い放題だということです!!


自分達の税金の無駄使いや天下り問題は 目を瞑り
挙げ句の果てに黙認ですか?


あまりにも
身勝手すぎるやり方だと言わざる終えません!!


医療のこと 何もわからないような 素人に 生活保護世帯の医療扶助費を削減する権利があると言えるでしょうか?


財務省の財政審に医療扶助費を削減する権利などないのではないでしょうか?


財務省の官僚の意向ひとつでどうにでもなる世の中ならば 私達 国民が 恩恵を受けない理由(わけ)が
何となく 分かってきたような気がします…


これが……
財務省官僚の実態なんだということが…


生活保護世帯への住宅扶助費の削減・医療扶助費の削減に加えて ジェネリック薬への切り替えには 反対します!!


と同時に 【特別会計】の見直しをし 【税金の無駄使い】を改めるべきではないでしょうか?




この記事をはてなブックマークに追加