ジャスミンのひとりごと

甘い香りにつつまれて、気のむくままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新作歌舞伎”廓噺山名屋浦里”

2016-08-04 16:48:40 | ニュース
   鶴瓶の新作落語から勘九郎の発案で歌舞伎化した

   ”廓噺山名屋浦里”がいよいよ9日から上演されます

   浦里を演じる七之助が抱負を語っています

   「芝居に登場する花魁の特徴が凝縮されたような役です

   格の高い花魁のプライドと同時にひとりの人間としの

   寂しさと悲しさもうまく表現された脚本です

   今後いろいろの方にやって頂けるような演目にしたいです」

   
   
   
    勘九郎の酒井宗十郎  七之助の浦里 
コメント   この記事についてブログを書く
« 八月納涼歌舞伎特別ポスター | トップ | 橋之助が芝翫襲名 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事