伊勢志摩つれづれ

伊勢志摩の今を楽しんで頂けます
郷里を離れた方に 今の故郷を 
また 伊勢志摩の旅行の前に ご覧ください

登茂山園地

2020-12-31 18:53:27 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

登茂山園地には広い多目的広場があり

その先端か 内陸部を見渡せるある

夕陽が傾くころの 遠くは 賢島です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夕陽輝く

2020-12-31 18:51:35 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

西南側を眺むれば 太平洋側

夕陽は 和具方向にあり 

その先は 尾鷲熊野方向になる

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美しい夕景

2020-12-31 18:50:23 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

冬独特の色調で美しい景色です

夕陽はぐんと南に寄っているが

右側には 英虞湾口が観える

ワイドな風景です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美しい夕陽

2020-12-31 18:48:58 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

毎日毎日 天候が続き 乾燥状態ゆえに

空気が澄み 場所的には 必ずしもであるが

美しい夕陽が観られた

 

今朝は 昨夜 急激に冷え込み 室内温度は4度

屋根に目をやれば 薄っすらと雪化粧

庭の耕した土は 霜柱 甕の金魚鉢は 

氷が張っていた

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落陽間際

2020-12-31 18:47:52 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

やや風があったが静かな夕暮れ

今年最後の夕陽となった

有終の美の日没

来年は 平穏無事の1年であって欲しい

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

泣いても笑っても最後の1日

2020-12-31 18:46:04 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

界の危機ともいわれる

コロナウイルス禍に 大きく揺すられ

巣ごもりが続く

また 北日本を重心に 地震が続き

各地でも 突発している

住宅地は 山は土砂崩れの危険

平地や海岸は 川の洪水 高潮で危ない

かつての 開発のとがめも有るかも知れない

どうすりゃいいの 

私的には 病に侵され いろいろ悩みの

見通しも無いまま 1年の幕を下ろした英虞湾

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

志摩の青さ海苔は順調に育つ

2020-12-30 18:15:36 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

夜の気温がぐんぐん下がり 海苔の生育には好条件

浜島の迫子川では 川一面がグリーンとなり

美しい景観です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海苔網洗い

2020-12-30 18:14:22 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

引き潮で 網が喫水前後になると 

冬の寒い川や海に入り 網に着いた泥や落ち葉などを

網を振り 落とす 美しいグリーンの海苔があらわれる

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海苔網の採集や移動

2020-12-30 18:12:04 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

海苔養殖の始まりは 川と海の汽水域

山からのミネラルで 寒くなると

海苔が湧く 網は10枚以上の重ね張り

網の海苔具合を見 本張り場所へ移動させる

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

若草色の迫子川

2020-12-30 18:11:03 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

天候よく周りは 鮮やかな春を先取りの若草色

網洗いに精が出る

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

迫子の中海は海苔の海

2020-12-30 18:09:19 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

川に接続の中海 整然と海は海苔網

支え棒や 網の影が水面に映り

おもしろい雰囲気です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立神の正月準備・立石大明神の注連縄掛け

2020-12-29 20:51:46 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

神社関係の新しいお世話をする祷屋人は

17日ころ 昔から費用集めをするため 

米寄せが行われ 近代は殆どがお金らしい

23日 立石の大注連縄を 午前中に作り

潮どきを見 岩に掛ける

海中から岩と水面下の岩で 夫婦岩

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立   石

2020-12-29 20:49:49 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

二つの神の石は 昔 船越村の滝の浜

三頭山対岸に鎮座していたとされるが

滝の上の畑が開墾され 不浄水が流れるようになり

これを嫌い 石神は 自ら立神の阿鎌へ越されたが

この地も気に召さず 再び浮いて 一善浦へ

着き 立石浦と呼んでいる

 

神代の昔 彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)が

御座に来られ 御座から和具 布施田 片田を通って

船越へ 海辺へ落ちる大滝に打たれて体を清められた
その後 登茂山から 一膳浦においでになり

一休みされたとき 「なんと美しい処じゃ 

二つの岩が夫婦のように並んで立っている

この浦を立石浦と名ずけ この石を末永く大切にせよ」と
村人に告げ つぎの地へ去って行った

村人は ここに立石明神をお祀りし、

石に太い注連縄をかけ深く信仰して続けている

海は 透き通り そこまで見える 澄み潮です

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

立神宇気比神社

2020-12-29 20:48:46 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

神社には 稀有な丸注連飾りの作られる神社

ほかに 神社や敷地を囲む注連縄を張る

例年25日であったが 最寄りの土日で

行いたいとの 声があり今年はその日程でされた

すっかり 正月飾りのできた 宇気比神社であるが

正月恒例のひっいぽろ行事は 今年行われないこととなった

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

稀有な丸注連飾(立神 宇比神社)

2020-12-29 20:47:02 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

丸注連飾は お正月の歳神様が 丸注連を目指し

降神してくるといわれ 形も似ているが

パラボラアンテナ?

コロナウィルスの関係で 2基作られるが

今年は1基となり 縄巻き下を芝生で囲うところは

ネットが張りだった

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする