伊勢志摩つれづれ

伊勢志摩の今を楽しんで頂けます
郷里を離れた方に 今の故郷を 
また 伊勢志摩の旅行の前に ご覧ください

内瀬みかん (南伊勢町)

2019-10-31 07:00:06 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
内瀬のみかんは 北に山
南は 海からの潮風と
暖かい日差しで温和な地で栽培され
味の濃い美味しいみかんで定評がある
内瀬みかんは 江戸時代後期
(1800年代)から始まっていた
たわわに実ったみかん 



人気ブログランキングへ

コメント

みかんは鈴なり(南伊勢町内瀬)

2019-10-31 07:00:05 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
内瀬周辺の特産品販売施設 ないぜ自然村では
みかんの販売は もとより
農家から借り上げ みかんの栽培をし
みかん狩りが楽しめる



人気ブログランキングへ
コメント

みかん狩り

2019-10-31 07:00:04 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
子供たちのみかん狩り遠足が引き上げると
岐阜からバスで 次の客が到着
よく賑わっていた



人気ブログランキングへ
コメント

楽しみ味わいみかん狩り

2019-10-31 07:00:03 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
実を選んで取ったみかんは
籠一杯 詰め放題
頑張りました



人気ブログランキングへ
コメント

内瀬自然村の販売みかん

2019-10-31 07:00:02 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
店頭に並んだ 内瀬みかん
色は 浅いが おいしいみかん



人気ブログランキングへ
コメント

アテモヤ (南伊勢町内瀬)

2019-10-31 07:00:01 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
アタモヤは 釈迦頭とチェリモヤから
フロリダで 品種改良されたフルーツ
食感や風味は パイナップルに近い
志摩で栽培されていることは珍しく
美味しい果物です
志摩は 暖かと云えども 
冬春の暖房費が嵩み おいしいフルーツであるが
お値段は やや高く 15㎝直径ほどで1600円
毎年 定期的に まとめ買いする人があるそうです



人気ブログランキングへ
コメント

英虞湾の夕暮れ

2019-10-30 07:00:07 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
ほぼ1日曇りだったが 
ひと時 明るくなり 出かけては見たものの
夕陽は 今一つ
大きな雲が待ち受け 残念



人気ブログランキングへ
 
コメント

大空は 鱗雲 

2019-10-30 07:00:06 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
夕陽は難しいが あるいは空が
焼けるのではないか?と
期待し 時を過ごす



人気ブログランキングへ

コメント

唯一秋の風情

2019-10-30 07:00:05 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
志摩では秋を感じさせる風景は少ない
唯一 雑草が茶色になり
穂が白くなった場所を取り入れ
英虞湾を撮ってみた
  


人気ブログランキングへ
コメント

夜の英虞湾 

2019-10-30 07:00:04 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
しばし時間を過ごしたが
空全体が焼けることはなく
部分的な夕焼け 
夕陽の場所は ず~と左の灯台のあたり
しかし絵にはなった



人気ブログランキングへ
コメント

かすかに夕焼けの残る夜の海

2019-10-30 07:00:03 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
海も空気も静まり返っている
こんな暗い海へ 出てゆく
明かりをつけた舟
また沖には かすかに舟の明かりも見える



人気ブログランキングへ
コメント

英虞湾暮色

2019-10-30 07:00:02 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
暗くなった英虞湾の景色
名残を惜しむ夕焼け 
海は完全による
海には 思いのほか 
点々と明かりがあり
英虞湾の夜の海も良い雰囲気
 


人気ブログランキングへ
コメント

英虞湾に夜が来た

2019-10-30 07:00:01 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
暖色交じりの空は 寒色となり
海のあちこちでは 点々と明かりが目立ち
英虞湾の楽しい夜景の発見!



人気ブログランキングへ
コメント

伊勢・蓮台柿

2019-10-29 07:00:07 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
勢の天然記念物 蓮台寺柿
たわわに実り グリーンの葉の中で
柿は黄赤に色付き 目立ってきた
藤里・前山 勢田 浦田地区で
柿農家は 75~6軒ほどであるが
高齢化で やや少なくなっている 
年間の生産量は 300トン

渋柿であるが ガスで渋を抜くと
滑らかでおいしい柿



人気ブログランキングへ
 
コメント

蓮台寺柿の木

2019-10-29 07:00:06 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
蓮台寺柿は 代替わりをしているが
古木も多い
江戸時代初期から 伊勢神宮周辺で
栽培されていて 原種に近い状態で
今に伝わっている
伊勢勢田町には 鼓嶽山蓮台寺という
寺があったが 明治(1869年)廃寺となった
このお寺周辺で作られてきた柿を
蓮台寺柿と 呼ぶようになった



人気ブログランキングへ

コメント