When I Dream

~気侭な戯言日記~

インフルエンザ治療薬タミフル Part2

2007-03-24 23:30:20 | 医療/介護/病院ネタ
3/21にも取り上げたタミフル・・・やっぱり10代未満にも異常行動があるんじゃん。って事はさ、年齢で効果は違ってくるにしても、20代以上の大人にも副作用による“症状”が出ていると思ってもいいんじゃないのかなぁ?タミフルの添付文書を読んでみたいな・・・精神・神経症状に関する副作用について・・・どう書かれているのかを。
タミフル販売元の中外製薬は、厚労省が所管する独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」に報告した、タミフル服用後の10歳未満の“異常行動、精神・神経症状を起こした”とする件数は、16年4月から17年末までの約2年間に・・・23件で、転落事故や死亡報告はないそうだけど・・・20代以上の大人の数字も出せ・・・と思っちゃうなぁ。大学病院なら薬剤部や使用している科でそのくらいのデーターはあるでしょう?絶対効果を分析してると思うもん。

心療内科や精神科にかかっている人だと、風邪薬として処方してもらうんじゃない?入院しているなら観察もしてるはずでしょ?そうだよ・・・脳神経科学や精神科学の権威ある研究者ならキッチリ分析結果を出せると思う。と言っても・・・今は院外処方が一般的だけど。
でも、その副作用のせいで、幻覚を見たり精神的興奮を伴う意識の混濁もあるのなら、内科医じゃなくてその道のプロの意見をしっかりと聞いて吸い上げるべきだと思うな。
薬剤師じゃ注意喚起に留まるんだしね。

「タミフル」販売元の中外製薬から、横浜市立大横田教授に輸入研究資金計1000万円が渡ってたって記事があったけど、 副作用を調べる厚生労働省研究班長だって??普通に考えて・・・そのお金って・・・政治家に流れているんじゃないの?全額じゃないとしても・・・
製薬会社からの寄付金なんて、不思議でもなんでもない構図だもんねぇ。

タミフルを最大購入&消費している日本だから・・・副作用の報告がほとんど日本なのは当然の事だよね。 タミフルは世界で75カ国が備蓄を始めているそうだけど、それは危惧されている鳥インフルエンザが新型インフルに変異して人へ感染した場合の為に・・・で、外国ではまだあまり使われていないみたい。だから症状の報告はほとんどないんでしょ?
WHOや欧州医薬品審査庁の医薬品委員会は、備蓄する方針を崩してなくて注意喚起に留まっていて、米食品医薬局(FDA)やカナダは、日本からの報告を受けて昨年11月に服用に際しての注意喚起を指導し始めたけど・・・欧米では1週間ほど安静にしていれば治る、通常のインフルエンザではタミフルを安易に服用しないのが普通になってる。
そんな欧米だから症例が極めて低くて、統計データーにしても問題はないだろう・・・って事になっちゃったんじゃない?でも治験結果はどうだったんだろね??

それに対して日本は、年間約860万人に処方されている。
新型ウィルスの為の薬なのに・・・普通の風邪やインフルエンザに使っていたら、効く薬も効かなくなるんじゃないの?今まで飲んでいた薬が効かなくなって、強い薬に変える事ってよくあるでしょう?花粉症の薬とかMRSAがいい例だよね~
日本人って風邪ひいて高い熱が出て辛くても・・・薬を飲んで仕事に行くような民族だからな~抗生物質は8時間ごとに飲んで、横になって安静にするべきなのにそうじゃないもんね。
外国人に投与する前に、日本でテストで使ってるようなイメージがしちゃうな。

タミフルって・・・もしかするとイライラなどの精神的不安を煽って、じっとしていられなくなって、突発的行動や衝動、と言ったモノを増幅させてしまうんじゃ??そうだとしたら、とても安静にじっと寝てはいられないだろうなぁ。するとタミフルを服用した10歳以下の子供から“絶対に目を離さないように”なんて危険過ぎるよね~。→すっごい無責任じゃない?→子供は時として予測がつかない行動をするものなんだしさ~

ひょっとして・・・向精神薬の逆パターン??ある意味激似パターンとも言えるのか・・・。
専門家じゃないから解らないけど・・・。“バナナフィッシュ”を連想してしまいました。
↑↑ この2行はすっ飛ばして読み飛ばすように ↑↑

風邪を引いたら・・・水分摂ってビタミン摂って、消化のいいものを食べ、ゆっくり身体を休めて安静にして、夜はぐっすりと眠ること。そんな基本的な事を現代人は覚えていないって事だよなぁ。薬に頼って薬漬けだしねぇ、DNAの配列に異常や欠陥が増えてるんじゃないの?
っと、思ってしまう・・・。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« タロットカード | トップ | ~退化/劣化~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療/介護/病院ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

医薬翻訳者になるには (医薬翻訳者になる!)
医薬翻訳者になりたい方のために役立つ情報を提供