チビのおしゃべり日記

お星さまになったチビへ
どんぐり母ちゃんが語りかけます。
ねえ、チビ・・・聞こえる?

チビのおもちゃ箱

2015年03月27日 | 日記
お~い、チビ~ッ、ちょっと、そこかしてくれ~ッ。

えッ?? だれ?……ケンタ??



*********************************

あぶないから、シッカリつかまってろよ。



なッ、なんだよぉ 何見てんだよ


こらッ!!ケンタッ!!この子どうしたのッ!どこからかってにつれてきたの!!

勝手にって……やめてくれッ! 人聞きの悪い事言うなッ!!
この子、お前のおもちゃ箱に入ってた子だぞッ。
ずーっと入れっぱなしで遊んであげてないだろ?
かわいそうだから、ぼくが連れて来たんじゃないかッ

『ん??……』…あッ!……そうだ、どこかで見たような気がしてた……

他にもいるぞ、アザラシにシマトラ。でーかい鈴付けられてたぞ。



うーッ、なんか臭う…くさいぞ~な、なんだこれ?…煮干しか?…

あッ!…そうだ…おやつにニボシ入れてあげたの……わすれてた…
コメント (6)

チビの新たな憂うつ・・・

2015年03月19日 | 日記
はァ~今日は疲れたな~
なあ、母ちゃん、小鳥の病院は予約してもあんなに混んでんのか?

小鳥専門病院は少ないですからね。いつもあんな感じですよ。
でも、チビちゃんの健康診断では異常が無かったからホント良かったですね。

うんうん、まずは、一安心だな。

あれ、チビはどうした? 確か今までここに……

*************************************
はァ~ッ もうイヤッ! あんなの見るのぜったいイヤッ!

あんなのつめ切りじゃないッ!! ピカッって光ってこっちにらんでる…



病院と同じの買ってこなくてもいいのに……

つめ切りは大っ嫌いだけど、いままでのピンクの方がまだ良かった…可愛かったもん


チビ、どうした元気ないぞ……どっか痛いのか?

いいもんッ!あたし、こんどは本当に病気になっちゃうかも…


えーッ!!母ちゃ~ん、大変だ~ッ、チビが具合悪そうだぞ~
チビ、また病院へ行こう。どこが悪いか先生にまた見てもらおう

ううん、病院でもダメ、なおらないもん。

あのつめ切りはイヤッ!…こわいもん
あたしのつめ切りはピンクにしてッ!そしたら元気になれると思う…たぶん…


あれは、父ちゃんにぴったりだもん……ハナゲいっぱい切れると思う…
あたしの怖がる気持ちきっと分かるから……

『ハナゲ??…父ちゃんの鼻毛……そんなに伸びてるか?

『ボサボサ……長くてボサボサ…
あたしのハナ、父ちゃんに似なくてホント良かった……

『………



***********************************
今回、病院で使用してる物と同じつめ切り(ニッパー)を購入しました。
先が細く少しカーブしている為、ツメも切りやすく長さも確認出来る為、
わたくし個人としてはとても使いやすく感じました。(ペットショップにて購入)

 


コメント (4)

3.11 あの日、あの時を私達は忘れません

2015年03月11日 | 日記
あの日、あの時、あの時間、私たちは忘れません。

一瞬のうちに消えた大勢の命。

誰もが信じていた『まだ、生きている。必ず生きている。絶対に…生きている!!』
両親を、兄弟を、幼子を、がれきの中、泥水の中、泣き叫びながら探し続けた人達を…

親の死を、まだ分からぬ幼子を残して死を目前に…この子だけは助かって!
多くの子供達が親を亡くしました。
(どんなに無念だったか…この悲劇を私達は決して忘れません)

まだ行方不明のご家族に『亡骸の一片でも帰って来て…』今も海に向かって祈り続ける
人達がいる事を…(私達は決して忘れません)

そんな中、多くの生き物たちの命が失われた事も…大切な大切な家族の一員。
助けてあげられ無かった…と、自分を責め、泣きたい気持ちを抑えながら…
それ以上に大勢の人達が犠牲になったのだから…と、自分に言い聞かせるように
陰で泣き続けた飼い主さん達がいたことを…(私達は忘れません)

そして、辛うじて助かった生き物たちの保護活動をされているボランティアの方々。
多くの生き物が救われました。(私達はあなた方の活動を忘れません)

被災地に、多くの若い人達がテント持参でボランティア活動に参加しました。
がれきの中を、みな泥だらけになりながらも…被災された方々の大きな励みになりました。
(あなた方の優しさに皆涙しました。日本の誇りです。私達は忘れません)

海外の大勢の方々にも多くのご支援を頂きました。
(感謝の気持ちでいっぱいです。私達は、この御恩を決して忘れません)


今なお、避難区域に指定され避難生活をされている方々。
生活の全てだったわが家を、庭を、畑を、牧場を、いつ戻れるかと
苦悩する日々に耐えながら…

そして全てを失い家族とも離れ離れの仮設住宅にお住いの方々。

地域を何とか復興させたいと地道な作業をされている地域住民の方々。

気持ちを抑えてガマンをしないで下さい。私達には計り知れないほどの苦しさに
じーっと耐えて来てるのですから…これ以上ガマンしないで下さい。

辛い時は、声をあげて泣いて下さい。大きな声で叫んでください。
そして、ご自身の心と体を楽にして下さい。

(辛抱強くガマンされてる事を、私達は決して忘れません)

いつかきっと笑顔の戻る時が来るまで……必ず来ます!!


謹んで犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


そして、愛された生き物たちの声が……
(あたしたち、ぼくたち、いっぱい愛してもらって、いっぱい遊んでもらって、
いっぱいお散歩して、いっぱい幸せだったよ。だから、みんなもいっぱい幸せになってね)





コメント (2)

おそとの世界はどんなかな~?

2015年03月04日 | 日記
ねえ、おそとに行ったことある? お空飛んだことある? 
スズメちゃんとお話したことある?

ぼくたちだって、行ったことないからわかんないよ。ここが一番安心だもの。

あたしも、おそとは一度も飛んだことないの……一度、飛んで見たいけど……
父ちゃんと母ちゃんが『お外はキケンがいっぱいだからダメよ。
迷子になったらどうするの?』って……

だいじょうぶなのに、迷子になっても自分の名前は言えるもん。
『どんぐりチビちゃんです』って。

おそと楽しそうだもん……



でも…迷子になったら、名前だけではおよその人はわかんないよ。


だいじょうぶ!言えるもん!
あたしのお家のジュウショは『○#&*@%$¥#□▽*&…の、
どんぐりチビちゃんです』って、どうカンペキでしょ?


『ハァ~…………


インコちゃんやオウムくんなら言葉しゃべれるけど……
文鳥ではヤッパリ無理だよね


『言えたと思ったのに……
コメント (4)