シーカヤック釣り 海をてくてく

カヤックフィッシングとハイキング
足漕ぎカヌー(スワンじゃないよ)と自分の足で、陸上、海上、遊びあるき

熊野本宮をてくてく

2019年03月21日 | 散策

請川から熊野本宮まで、あと40分、熊野古道は続いてますが、車でぴょーん。

自分の足で、山から街、街から本宮に入って行くと、じわじわと感動したかもしれませんが、

山しかない環境から、本宮にワープしたので、体感的につながっておりません。

時間に余裕がある方は、熊野本宮に車を置いて、本宮に帰ってくることをお勧めします。

最初はそのプランだったのですが、バスの時間を逆算すると、大阪4時なんでパスしました。

逆にそんなに山中を歩きたくないという人は、本宮に車を停めて、十数分だけバスで請川に移動して40分だけ歩くのもいいかも。

熊野本宮、明治22年の水害のため、高台に移っています。

ワールドカップの日本のユニホームでおなじみの、八咫烏。

古くからある八咫烏のシンボルを探しましたが、最近の新しいものしかなく、ちょっと残念。

御朱印を頂きました。

参拝道につきものの階段。

ハイキング程度とはいえ、13km程歩いた後、登りはいいけど下りはね・・。

私、ご当地ソフトは食べる人。

ミルクソフト。この辺に牧場あったっけ?

明治22年の水害の前は、熊野川の中州に本宮はありましたが、今は新しい鳥居のみとなっています。

明治22年の水害前の熊野本宮。

2011年にも大きな水害があり、泊まったことのある温泉宿が被害に会ったりして、

この辺は、毎年、台風が直撃したら大きな被害が出そうなイメージが定着していました。

そのイメージでここに降り立つと、なんでこんなところに作ったん?という疑問。

中洲に熊野大社本宮が建立されてから明治22年まで、無事だった期間がいくらあったのかが次に知りたくなった。

 

以下、ウィキペディアを引用。

1871年明治4年)に熊野坐神社(くまのにますじんじゃ)として国幣中社に列格し、1915年官幣大社に昇格した。

現在の社地は山の上にあるが、1889年(明治22年)の大洪水で流されるまで社地は熊野川中州にあった。明治以後、山林の伐採が急激に行われたことにより山林の保水力が失われ、大規模な洪水が引き起こされ、旧社地の社殿は破損した。現在、旧社地の中州は「大斎原」(おおゆのはら)と呼ばれ、日本一高い大鳥居(高さ33.9m、横42m、鉄筋コンクリート造、平成12年完成)が建っている[1]

 

熊野坐神社として、はじまりを調べると851年。

851年から1889年の災害まで、別の場所に移すことを考えないほど、水害がなかったのか、建物が被害にあっても同じところに作り直したのかは不明。

土地はいくらでもあったので、たぶん、1000年ほどの間、水害らしい水害はなかったが正解かと思います。

ここにも新しい八咫烏。

古い八咫烏は見つからず。

昔の堤防の名残。奥が新しい堤防。ここは下流側ですが、新堤防は途中で止まっています。

右側に新しい堤防。

下流側に堤防はなく、開いてます。

今は鳥居しかないので、頑張る必要はないし、水害の後、池になっちゃうし。

ってところでしょうか。

昔の熊野大社の石垣。

まだ時間があるので、湯峰温泉へゴー。

世界遺産の「つぼ湯」の待ち時間2時間半とのこと。

公共の源泉に入りましたが、熱くて少ししか入れず、すぐに出る。

最初から加水の一般風呂に入ればよかった・・。

源泉ありがたがりあるあるでした。

つぼ湯は単体ではなく、熊野古道の一部としての世界遺産。

温泉も楽しんでの世界遺産に納得であります。

ようやく宿。

西日本一でっかい露天風呂が自慢の「わたらせ温泉」です。

好きな温度の場所でじっくり汗をかけるので、自分的にはここがいいかも。

よく、ネットの検索で、お勧めでつぼ湯が出てきますが、宿泊でもしない限り2時間半は待てないし、朝6時でも宿泊客が殺到するので、

待ち時間はいっしょとのこと。

待っている人がいると長湯できないし、温泉来て、せわしないのは温泉ではないのです。

宿は少し高めでしたが、料理はがっちり豪華で損した気分はありません。

安さにこだわって、飯がしょぼいと後で思うぐらいなら、多少散財するほうが良いのであります。

昼飯1コイン以下なんで、罰は当たらない。

次々でる料理の優しい味付けと、生ビール。ひたすら吸収でありました。

コメント

熊野古道をてくてく(小雲取越)

2019年03月18日 | 山歩き

会社の同僚のお誘いで、熊野古道。

小口~請川の13km、中辺路をてくてく。

5時半出発。車で拾ってもらって飛ばしに飛ばし、請川バス停8時半過ぎ。

バスで請川-神丸、神丸-小口の予定でしたが、しっかり時刻表を見てなくて神丸の待ち時間が2時間近く。

歩きスタートが11時過ぎになってしまう。

で、ヒッチハイクの真似をやりつつ、近くの公共温泉施設、神丸温泉「さつき」らへんで、タクシーを探す。

温泉施設を過ぎたあたりで暇そうなおじさんに聞くと、その人がタクシー屋さんでした。

わずか10数分。2000円ほどで小口へ送ってもらい、10時頃から熊野古道へ。

気温15℃。快晴です。

ゆるゆると高度が上がるので、汗も大してかかず、体を動かすには最高でしょう。

ここがピーク。実質高度差は400m程。

展望がなく、ピークもなく、大きな山の中腹をひたすら回っているような錯覚に陥る。

99%はこんな道。木漏れ日は気持ちいいんですけど。

茶屋後が沢山あれど、茶屋はなし。

ようやく展望ポイント。

お握り食って休憩。

高度は低いけど、奧駆道と同じ景色。

山はあれど、人の営みや海はなし。

まだ花もないし、せめて生き物でもおったらなぁ。

と話してたら、ヒキガエル。

動かないんで、調子に乗って写真撮りまくると、突然、ドサッと手前にジャンプ。

春先で動きも鈍く、飛距離もなかったけど、もう少し近くに落ちたら、腰抜かしてたかも。

何かしら、写真が撮れて良かった良かった。

と言いつつ、少し進むと、柄違いのヒキガエル。

今度は♀の奪い合い。

ハイキングルートにあるイノシシの蒐場で、ヒキガエルのプロポーズ大作戦でありました。

こんなところでオタマジャクシがちゃんと育つのか疑問です。

でも、生き物好きとしては、そこそこ満足の中辺路でありました。

川が見えたらゴールはまじか。

コケの植生。複数種が混在しており、一種独裁でないところが好き。

今回歩いた道です。

人気のコースらしいですが、カエルがいないと、実に単調でありました。

飲み物も2.5リットル持参の消費1.5リットル。

15時過ぎに車に帰ったので、ココからは観光であります。

コメント

元町中華街をてくてく

2019年03月17日 | 食う

本日仕事で兵庫県は元町。

10年以上前は、かなり頻繁に通ってました。

そのころは行くたびに宿題がでたので、とんぼ返りか多かった。

仕事も年末に向けて、ようやく落ち着いてきたので、とんぼ返りせず、中華街をぶらぶら。

昼飯は買い食いで済まそう。

まだ、お店もお客もパラパラ。午後からが本番みたいです。

小籠包。

味は良いけど、恒例の焼けどジュースは不発。

うーん。昨日の売れ残りの暖めなおしみたいな・・。

いつも大行列でパスしてた人気店が並んでない。

で、また小籠包。

やっぱり味はダントツですね。

でも、またまた焼けどジュースは不発。

具も少し硬いような・・。

やっぱり、昨日のやつの暖めなおしみたいです。

前回、イマイチだった北京ダックをまた食う。

濃い味噌ダレに硬い皮、キュウリ、ネギ、クレープを一緒に噛む。

ダックはイマイチというか、そのものの味がタレに邪魔されてわかんない。

食感もキュウリ、ネギ、硬いクレープが、ダックの皮より歯ごたえがあって、そっちがメインになってしまう。

包んでいる薄紙と硬いクレープの食感が一緒で、また包み紙ごと、ある程度食ってから気付く。

はっと気が付くと、前来た店と一緒でした。

いっそのこと、キュウリ、ネギ味噌クレープとして、ダック抜きで300円で売ってほしい。

ぼつぼつ人が増えたところで、帰って仕事の午前11時半。

コメント

咲くやこの花館をてくてく

2019年03月16日 | 散策

初めて見る蘭。

茎から四方八方花が出てます。

ヒスイカズラ。

この色はぜひ、現物を見るべし。

サボテンの花、これから増えてきます。

コロコロとして、作り物みたいに人工的な光沢が花にあったりします。

白いケシ。初めて見た。

最後はカインズで桜とイチゴ?のスィーツ。

お出かけが楽しい季節がやってきました。

コメント

花博をてくてく

2019年03月16日 | Weblog

仕事でうどん県

綿谷さんで豚ぶっかけの小とかしわの唐揚げ。

レモンでさっぱり。小でも大阪の大。電車でじっとしていただけなんで、かしわはちょっとしんどかった。

今年の仕事は一段落ついたけど、これからも何回かお邪魔します。

急に春めいてきた。

花見の季節であります。

スーパーで、サッとチンしてお外でランチ。

玉ひも旨し。

ノンアル気分シリーズの完成度に驚かされる。

チャリンコですが、酔う必要って、考えたら特にないんでよね。

オカメ桜に河津桜。

メジロ君をスマホで何とか撮ろうとするのが恒例ですが、

桜をバックにワンちゃんを撮る人が多いせいか、居ませんでした。

野鳥ファンに聞くと、もっと早く来ないとダメとのこと。

続いて咲くやこの花館へ

コメント