シーカヤック釣り 海をてくてく

カヤックフィッシングとハイキング
足漕ぎカヌー(スワンじゃないよ)と自分の足で、陸上、海上、遊びあるき

京都動物園、平安神宮をてくてく

2020年10月29日 | 散策

続いて京都動物園。

京阪電車の駅に向けて、疎水沿いに観光して歩く。

動物園を観ながら中を抜けていく。

ゾウは見てるうちに建物の中に帰ってしまいました。

他、コロナ対策で、ヒョウなども、手前の檻にいなくて、奥のガラスの建物の中。

ガラスの反射で写真になりません。

最後は平安神宮。

枝垂桜の時期以外で、庭園に入るのは初めて。

首都が東京に移って人口も激しく減り、経済的に大打撃の京都。

琵琶湖疎水を動力源として、インクライン、発電、日本初の電車と、

お高くとまっているイメージとは違い、必死に復興の努力をしていた京都。

静かな庭園で、熱いおっさん達の偉業に触れる。

ここの池も琵琶湖疎水。

ひし形のタナゴみたいのがいたので、琵琶湖博物館の知識繋がりで防水カメラで撮ってみるけど、

モロコだけ。

絶滅したと思われたタナゴが、平安神宮の庭園で細々と命をつないでいた。

なんてスクープは、また今度。

もうすぐ17時。

てくてくはタイムアップ。

歩き目的なら、自分の家の近所をぐるぐる回っても良いのですが・・。

琵琶湖疎水を軸に、京都復興に努力した知事の石碑があります。

安くて便利なお京阪で帰宅。

バスで観光するにしても、京都駅を軸にするバスはだだ混みですが、京阪出町柳を軸にするバスは空いてて快適です。

歩き目的でしたが、紅葉も楽しめた、何より静かな京都でありました。

コメント

永観堂をてくてく

2020年10月29日 | 散策

続いて永観堂。

イチョウの黄色と紅葉の赤、常緑樹の緑。

ここもやや進んでます。

ベストな時期は人だらけ。

静かでゆっくりしたい人には、今でもお勧め。

紅葉時期以外でも、コケや建物、風呂など、見どころは結構あります。

コメント

南禅寺、水路閣をてくてく

2020年10月29日 | 散策

南禅寺と水路閣をてくてく。

水路閣。設計もメイドインジャパン。設計は西洋の借り物が多い時代に、頑張りました。

この水路閣で、高い位置を保ったまま、北へ繋げた結果、哲学の道、銀閣寺へと琵琶湖疎水を運ぶことが出来ます。

昔は生活用水から、発電して、日本初の電車まで走らせていました。

今は、主に各寺に水を供給しています。

各寺の滝、池、小川は電動ポンプの循環でなく、この琵琶湖疎水の源泉垂れ流し。

夏場でも緑色にならず、アオコ臭くならず、どこかの、池の水全部抜く番組のお世話にならないのも、

琵琶湖疎水の源泉垂れ流しによるものなのです。

この滝も疎水のおすそ分け。

夏でも、澄んだ水のある風景がアチコチに。

ここでも、紅葉が始まっています。静かです。じっと佇むのも自由。

自分だけ、どこまで行けるかを目的にしてるので、バカみたいに写真撮って次へ。

コメント

天授庵をてくてく

2020年10月29日 | 散策

続いて天授庵。

そこそこ良い感じで紅葉が進んでます。

昨年は真っ赤で見事でしたが、人だらけ。

とても静かな環境で、そこそこの紅葉を鑑賞する。

そういう人は、今が良いかも。

コメント

インクラインをてくてく

2020年10月28日 | 散策

続いてインクライン。

涼しくなったので、着物で散歩も良い感じ。

やっぱり若い人だらけ。

ねじリンマンボ。

京都一周トレイル。また分割して回ろっかな。

コメント